てれまさむね[字]震災10年女川の街は▽水道事業売却で企業決定▽七ヶ浜の祈望の鐘に旗…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

てれまさむね[字]震災10年女川の街は▽水道事業売却で企業決定▽七ヶ浜の祈望の鐘に旗

女川町唯一のスーパーがオープンして1年。にぎわいを取り戻そうと動き出す街の取り組みを伝えます。▽宮城県の水道事業の売却をめぐって、優先交渉する企業が決まります。

ジャンル :
ニュース/報道 – ローカル・地域

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 被害
  2. 住宅
  3. 震災
  4. 地震
  5. 先月
  6. JR東日本
  7. 活動
  8. 水道事業
  9. 今月
  10. 水道管
  11. 断水
  12. 地域
  13. 地元
  14. タラ
  15. 階段
  16. 県内
  17. 石巻市
  18. 仙台市
  19. 速度
  20. 津波

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)

こんばんは。
てれまさむねです。

きのうは震災10年の特別版と

してお伝えしましたが最後に

伝えきれなかったことが
ありましたので改めて言わせて

ください。
てれまさむねはこれからも皆さん

の日々の営みや復興の動きを
お伝えしてまいります。

今夜の主な内容はこちらです。
天気は篠原さんです。どうやら

雲行きが怪しそうですね。
今西から低気圧が近づいています。

この低気圧、発達しながらあす
東北地方へと近づいて日曜日に

かけて通過していきます。
県内はきょうのところは雨の降る

ことはありませんが、あすは
朝から雨が降り始めて、次第に

雨足が強まります。大雨や暴風と
なるところもありそうです。

この土日の天気については後ほど
詳しくお伝えします。

新型コロナウイルス。感染拡大に
歯止めがかかりません。

きょうの感染確認は49人。
県はきょう夕方緊急の記者会見を

開いて、最大限の警戒を
呼びかけました。

県が開いた緊急の記者会見。

そこで明らかにされたのは。

県と仙台市によりますときょうの
新たな感染確認は49人。

市町村別では仙台市で39人、
大崎市と石巻市で3人などと

なっています。

一日ごとの感染確認者の数です。

きのうは1月22日以来の
50人超えとなったのに続いて

きょうも49人。
先月19日以降、

増加傾向にあります。

7日間の平均で見ると38.8人。

増加のカーブが急になっている
ことが分かります。

さらに1週間の人口10万人
当たりの感染者数でも

宮城県は全国で3番目。

緊急事態宣言が出されている1都
3県と同様の水準になっています。

リバウンドの理由について
県保健福祉部の伊藤哲也部長は。

飲食店に対し、再び時短要請に
踏み切るかどうかについては。

伊藤部長はこのように強い危機感
を示したうえで飲食を伴う大人数

や長時間の会食の自粛や歓送迎会
などの自粛を求めました。

一方県は、来月12日から始まる
65歳以上の高齢者を対象にした

ワクチン接種について市町村への
配分計画をまとめました。

高齢者の人数が多い自治体順に
配られることになります。

それによりますとまずは1箱
975回分を

配分するとしています。
具体的な配分計画です。

4月5日の週は仙台市と石巻市、

4月12日の週です。
ご覧の10の市となっています。

4月19日の週。
こちらです。

この週までに合わせて22の市と
町に配分されます。

しかし対象となる65歳以上の
高齢者は県内に67万人余り。

今回配分される22箱分は
1.6%にとどまっています。

県によりますとこれとは別に

4月26日の週にはすべての

市町村に1箱975回分が
配分される予定ということで

厚生労働省から
示されているということです。

さて次は東北新幹線についてです。

震度6強を観測した先月13日の

地震の影響で一部区間で速度を

落として運転していましたが
JR東日本は今月26日から

通常運転に戻すと発表しました。

先月13日の地震で被害を受けた
東北新幹線。

現在仙台と郡山の間で速度を
落として運転しているため、

仙台と東京の間の所要時間が
通常より30分ほど

長くなっているほか、
運行本数も通常の8割程度と

なっています。
これについてJR東日本はきょう

全線で安全確認の見通しが立った
として、

今月26日から速度も運行本数も
通常どおりに戻すと発表しました。

JR東日本では東日本大震災以降、

電柱や高架橋の補強工事に
取り組んでいて

先月の地震でも工事を終えたもの
は被害を受けませんでした。

JR東日本では引き続き補強工事

を続け新幹線の耐震性を高めたい
としています。

県が目指す水道事業の運営権の
民間への売却について

有識者で作る委員会は、

売却先の民間事業者を水道事業の

国内最大手メタウォーターなど
10社で作るグループに絞り

村井知事に答申しました。

きょうは県庁で有識者で作る
委員会から村井知事に答申が

手渡されました。

選ばれたのは水道事業の国内
最大手で上下水道の処理施設など

の建設を手がける
メタウォーターや

世界的な水道事業会社である、
フランスのヴェオリアのグループ

企業など10社で作るグループ
です。

県は急激な人口減少で今後

水道事業の運営が
難しくなるとして

運営権を民間企業に売却し
コストの削減を図る方針で

有識者などで作る委員会は応募
した企業グループを1つに絞る

作業を進めていました。
選ばれた企業グループは

県が設定したおよそ200億円の
コスト削減額を大きく上回る

287億円の削減が可能だと提案
したことや

施設の維持管理などを担う新たな

会社を県内に作り雇用の創出にも
つながることが評価されました。

県は6月の県議会にこのグループ
に運営権を与えるための新たな

条例案を提出する予定で
可決されれば来年4月から新たな

水道事業が始まることになります。

『水道事業の運営権を売却する
事業者が事実上決まったことで

今後は県との間で具体的な交渉が
始まることになります。

先月の地震で発生した
塩釜市や多賀城市での断水は

水道管の老朽化が断水が
長期化した要因の1つと

見られていて多額の費用がかかる
水道管や浄水場などの更新は

全国の自治体が抱える課題です。
きょう選ばれたグループはすでに

国内外でメンテナンス事業などで
実績があり、

県は民間のノウハウを活用して
施設の更新を進めることで

将来的な水道料金の値上げを
避けたい考えです。

一方で県民の生活に欠かせない

水道事業の運営を
民間企業に任せることへの

不安の声は根強くあり
水質をどう担保するかなど

県には透明性ある交渉が
求められます。』

6時18分です。
ニュースを続けます。

宮城県と福島県で震度6強を観測
した地震からあすで1か月です。

住宅の被害が相次いだ山元町では、

依然としてり災証明書の申請が
相次いでいます。

山元町役場の窓口です。

住宅の補修の支援金を受け取る際
に必要なり災証明書の申請が

依然として相次いでいます。

先月13日の地震で震度6弱を
観測した山元町では

宮城県内の市町村で最も多い
1148棟の住宅が被害を

受けました。

町によりますと

被害を受けた住民からの依頼が

相次いでいるため業者の対応が
追いつかず

住宅の修理はなかなか進まないと
いう実態もあるということです。

今回の地震で、断水が
およそ4日間に及んだ塩釜市。

長期化した断水の
背景にあったのが

先ほどのニュースでも取り上げた
水道管の老朽化です。

給水を求めて並ぶ人たち。

塩釜市での断水は最大で
およそ1万6000戸に及び、

市民生活に大きな影響が出ました。

『ちょっと不安ですよね。
いつごろになるか。』

当初の断水の原因は

地震で灯油タンクの配管が壊れ、

大量の灯油が水源の川に
流れ込んだことでした。

塩釜市は給水を止めて
油を取り除き、

復旧できると思ったやさき、
想定外の事態が起きました。

水道管の老朽化で発生した
さびで水が変色。

市内の学校では水が赤く濁り、
さびのようなものが

確認されました。
濁りはなかなか消えず、

断水は結局、
およそ4日間続きました。

なぜ、これほど、

老朽化が進んでいたのか。

水道管の耐用年数は40年。

全国的に高度経済成長期に

整備が進み、今、更新の時期を
迎えています。

実は塩釜市、

県内で最も早く明治45年に
近代的な水道が整備されました。

その後、再整備などが

行われましたが耐用年数を過ぎた

水道管の割合は34%と
全国平均のほぼ倍です。

市内の水道管の総延長は
341キロ。

耐用年数で更新した場合、

今後5年間で
およそ164億円が必要とされ

財源をどう確保するかが課題です。

インフラの老朽化に詳しい
専門家は。

先ほどもお伝えしたように
宮城県は上水道を含めた

水道事業の民間への売却に向け
準備を進めています。

生活に欠かせない水を災害時に
どう安定して供給するのか。

今回の地震は改めてその課題を
突きつけたといえます。

こちら
東日本大震災で被害を受けた

七ヶ浜町の海水浴場に飾られた
その名も祈望の鐘です。

地域の復興に関わってきた
この鐘に込められた思いを

取材しました。
祈望の鐘は震災発生から

10年となる今月、
菖蒲田(しょうぶた)海水浴場に

飾られています。

きょう、鐘の周りには、およそ
750枚の旗が飾られました。

一枚一枚異なるデザイン。

地元の中学や高校に通う
子どもたちが海と自分をテーマに

描きました。

この鐘は地元に住む骨とう品の
愛好家が所有していたもの。

震災の直後、がれきの中から
見つかりました。

所有者の許可を得て
ボランティア活動の

拠点に設置され、
集合の合図に使われてきました。

しかし5年前、
公園が整備されることになり、

鐘を置いておくことが
できなくなりました。

そこで、鐘を引き取ったのが
近くでカフェを営む

久保田靖朗さんです。

千葉県出身の久保田さんは
ボランティア活動を経て

七ヶ浜町に移住しました。

久保田さんは、祈望の鐘を
震災10年の今月1か月間、

菖蒲田海水浴場に
設置することにしました。

多くの人に海を訪れてほしい
という願いが込められています。

祈望の鐘は来月、
カフェの駐車場に戻されますが、

誰でも自由につくことができます。
久保田さんは

あの日に思いをはせながら
同時に未来に向けた思いもはせて

たたいてもらえればと
話していました。

次です。

仙台市議会の2月定例会はきょう
最終日を迎え、

新型コロナウイルス対策の費用
などを盛り込んだ一般会計の

総額で
5770億円余りの新年度

令和3年度予算が可決
成立しました。

きょう開かれた本会議。
一般会計の総額で5770億円

余りに上る新年度令和3年度予算
が全会一致で可決成立しました。

新年度予算には

新型コロナ対策として

自宅で療養している患者への
食料品などの支援や妊産婦を

対象にしたPCR検査費用の助成
費用などが盛り込まれています。

また、
国の計画に先行して35人以下

学級を小学3年生に拡充すること

電子書籍を借りることができる
電子図書館を設置する費用が

盛り込まれています。
このほか、

自然豊かな市の強みを生かし

景観と建築物の調和の取れた

都市空間を作ることなどを
盛り込んだ今後10年間の市の

基本計画も可決されました。
真ん中天気です。

こんばんは。真ん中天気です。

きょうは雲の多い天気となり
ましたが気温は高くなりました。

きょうの仙台の最高気温は
13.5度ときのうより高くなり

ました。そのほかもきのうより
高くなったところが多く各地で

平年の気温を上回りました。この
時間もまだ気温が高くあすに

かけても強い冷え込みは
なさそうです。

さて県内は厚い雲に
覆われてきましたがきょう

いっぱい雨の降ることは
なさそうです。ただ、あすは広い

範囲で雨が降って大雨になる
おそれがあります。

では現在発表されている注意報
からお伝えします。

あすの県内は大雨による土砂災害

や低い土地の浸水、河川の増水
また暴風による交通機関の乱れ

などに警戒してください。

特にあす、お出かけするという方

は最新の予報をこまめに確認する
ようにしてくださいね。

気象情報でした。

映像が乱れ、申し訳ありませんで
した。おでかけ

キャッチ、
内藤美穂リポーターです。

震災から10年たちましたが
大切な家族や友人を失うなどして

心にショックを受けた人、
身の回りにいたんじゃないで

しょうか。そうした人の心を
アートで癒やそうと活動してきた

団体の活動を振り返る展示会が
仙台市で開かれています。

ハートや動物などの手芸品が
壁一面にたくさん飾られています。

避難所や仮設住宅などで
作られたものなんです。

こちらには写真と共に当時の
エピソードが紹介されています。

避難所では最初のころ
子どもたちは枕を作るという

ことが多かったそうです。
多くの物が流されてしまった中で

アートでも必要な物を作るという
状況だったんですね。

そして、こちらの男の子。
イカでしょうか、作品を持って

すごく楽しそうですね。
皆さんそれぞれの表情で

写真に写っています。

この活動は被災した方が自分で
物を作ったり絵を描いたりする

ことで心のケアになればと
震災の僅か10日後から

始まったそうです。

宮城や岩手、福島などを
回る活動は、この10年間で

1300回に上っています。

そして、こちらの絵。
シャボン玉ですね。

幼稚園や保育園などで
描かれたものです。

カラフルな色合いで気分も
ぱっと明るくなりますよね。

それに対してこちらの絵は
黒く塗りつぶされている

部分もあります。

このように当時は不安や
いらだちを絵にぶつけるという

子どももいたそうなんです。
活動を続けている代表の

高橋さんです。お願いします。
『こんにちは。』

この活動を始められたのは
どういったきっかけ

だったんですか。

そういった病院での活動が
あったからこそ、すぐに

動きだせたということなんですね。
『そうですね。』

そして人が少なくなって寂しく
なった町をなんとかしたいという

高校生たちの思いを聞いて
仮設住宅や公園、児童館などを

明るく塗り直す活動も
してきました。

最後に高橋さん、
この10年間続けてきて

どのようなことを感じていますか。

展示会は
今月21日まで開かれています。

もう1つ催しを紹介させて
ください。石巻市では

ど根性ひまわりの写真展が
開かれています。

震災1か月後に

がれきの中に建てられた

がんばろう!石巻の看板のそば
で咲き、そのたくましい姿から

ど根性ひまわりと呼ばれています。
会場には、およそ60点の写真が

展示されています。
感染対策をしてお出かけください。

おでかけキャッチ、
内藤さんでした。

こちら気仙沼市にある
住宅なんですけれども震災の教訓

を伝える民間の震災遺構として
整備が進められています。

保存に向けた取り組みを
取材しました。

気仙沼市にあるこの住宅。
外側にらせん階段が

取り付けられています。
震災のとき、

地域の人が階段を上って避難し
助かったことから地元では

命のらせん階段と呼ばれています。

『当日は30人の方が
ここに避難して助かった。』

地域で語り部をしている
気仙沼市の橋本茂善さんです。

津波の恐ろしさを
多くの人に知ってほしいと

考えていますが
最近は難しさも感じています。

震災の記憶を伝える震災遺構。
保存は一部に限られます。

気仙沼市のこの漁船も
解体されました。

住民の声や維持管理費などが
主な理由です。

命のらせん階段がある住宅を
所有する阿部憲子さんです。

住民がみずから命を守る
自主防災の大切さを伝えたいと

阿部さんは
住宅を残すことにしました。

らせん階段は、おととし
亡くなった父親の泰兒さんが

震災の5年前に取り付けました。

昭和35年のチリ地震津波を
経験していた泰兒さん。

高台まで距離があるこの場所で
津波が来ても地域の人が

逃げられるようにと考えたのです。

震災のとき、守られた命。

当時、妊娠していた
こちらの女性もその1人です。

この地域は新たに住宅を建てる
ことができない災害危険区域に

指定され、今後、
グラウンドとして整備される

ことが決まっています。

このため阿部さんは住宅をレール
に載せて移動させる引き家という

方法で80メートル先に
移設することにしています。

ご紹介した阿部さんの父親は
震災前に地域の住民を集めまして

らせん階段を上る避難訓練もした

ということなんですね。
阿部さんは住宅を通してこうした

自主防災の取り組みも伝えたいと
話していました。

引き家の工事が終わるのは今月末
の予定で住宅は早ければ6月にも

一般に公開されるということです。

女川町で1年前に営業を再開した

スーパーマーケットです。
きょう取材すると震災後、どう

町が変わったか見えてきました。

女川町唯一のスーパー、
おんまえやです。

きょうも
多くの客が訪れていました。

営業を再開させたのは
ちょうど1年前。

『頑張れ。』

東日本大震災の津波で
全壊しましたが、かさ上げした

もとの場所に店舗を構えました。

きょうは1周年を祝って
セールを行いました。

女川町の人口は
震災前と比べて6割に。

現在は町全体の4割が
お年寄りです。

地元に寄り添うスーパーとして
1人暮らしのお年寄りへの

サービスを強化しています。
こだわっているのは総菜です。

1人で食べやすいサイズに。
安心して食べられるよう

手作りしています。

震災後、人気のコーナーに
なっています。

宅配サービスにも
力を入れています。

近くの住民すべてが
高台に移転したからです。

2000円以上購入した人には
100円で町内のほとんどの

地域に届けます。

町内を巡回するバスもスーパーの
前に停車するようになりました。

頑張っているのは
スーパーだけではありません。

2015年にオープンした、
シーパルピア。

海を望む新しい商店街として
おととしは32万人が訪れました。

しかし、新型コロナの影響で
観光客が激減し、

去年は3分の1以下に。

石けんの専門店は人気だった
ワークショップを感染防止のため

やめざるをえなくなりました。

これからはオンライン販売などに
力を入れながら店の魅力を

高めたいとしています。

さて東日本大震災の津波で大きな
被害を受けた石巻市の小学校の

児童たちと交流が続いている大阪
の木材会社と地元の木工職人の

男性から
卒業する子どもたちに記念の

写真立てが贈られました。

写真立てを贈ったのは
大阪・堺市の木材会社と

震災で3人の子どもを亡くした
地元の木工職人、遠藤伸一さん

です。
きょうは石巻市の渡波小学校を

訪れ、
来週卒業式を控える児童46人の

集合写真と共に写真立てを児童
一人一人に手渡しました。

震災で校舎が浸水する大きな被害
を受けた渡波小学校では

卒業生の記念品として毎年校庭に

置くベンチを制作していて

この会社と遠藤さんは制作に
協力して交流を続けています。

写真立てはベンチと同じ素材で

作られ
下の部分にそれぞれの児童の名前

が刻まれています。

津波で被害を受けた
沿岸の自治体の10年。

きょうは名取市です。
仙台空港は津波で浸水し

およそ1か月、旅客機の運航が
できなくなりました。

ターミナルは名取市にあります。

そして閖上地区。
市内で最も大きな被害を

受けました。

名取市内では関連死を含めて
992人が犠牲になったほか

1万5000棟余りの住宅が

被害を受けました。

閖上地区の再建は
現地か内陸移転か。

意見が大きく分かれました。

かさ上げ工事が始まりました。
現地での再建が決まったのです。

災害公営住宅が
相次いで完成しました。

開発が急速に進みます。

『それではどうぞ。』

商業施設、かわまちてらす閖上が
オープンしたのは、おととし。

閖上地区の人口は
1600人余りにまで回復し

名取市全体でも震災前より
およそ6000人増えました。

しかし、災害公営住宅では
入居者の孤立死も出始め

コミュニティー作りや心のケア
などが課題になっています。

おととしの台風で大きな被害を
受け、解体されることになった

大郷(おおさと)町の小学校
だった建物を地元の人たちに見て

もらおうという見学会が
開かれました。

見学会が開かれたのは
大郷町の旧粕川(かすかわ)

小学校です。
長年地域の学校として親しまれ

9年前に閉校したあとも障害の
ある子どものための施設として

利用されてきましたが
おととし10月の台風19号で

近くを流れる吉田川の堤防が
決壊して大きな被害を受け

近く解体されることになりました。

きょうは小学校の卒業生などが
訪れ、被害を受けたかつての

学びやを見て回っていました。

大郷町では台風19号で200棟
を超える住宅が浸水の被害を

受けていて
町や国は旧粕川小学校を解体した

あとの跡地も利用してより水害に
強い堤防を造ることにしています。

春の訪れを告げる山菜のタラの芽
の収穫作業が蔵王町で

始まっています。
農業用ハウスで栽培されている

タラの芽。
長さが6センチほどに

育っています。
蔵王町ではおよそ10軒の農家が

タラの芽を栽培していて
ことしも今月上旬から収穫作業が

始まりました。
佐藤頼夫さんの農業用ハウスでも

朝早くから家族総出で収穫と出荷
の作業が行われ

育ったタラの芽を選んで、専用の
小刀で丁寧に切り取り

収穫していました。
蔵王町のタラの芽は

ほろ苦い味わいと独特の強い香り
が特徴で首都圏などで人気がある

ということですが
去年は新型コロナウイルスの影響

で旅館や飲食店での消費が
落ち込み、出荷量も例年より2割

ほど減少したということです。

タラの芽の収穫は来月上旬まで
続き、

首都圏に出荷されるほか、町内の
農産物直売所で販売されます。

この時間までに入っている主な
ニュースの項目です。

新型コロナウイルスの感染拡大に
歯止めがかからず、きょうの

感染確認は49人。
県は緊急の記者会見を開いて

最大限の警戒を呼びかけました。
県が開いた緊急の記者会見。

そこで明らかにされたのは。

県と仙台市によりますと
きょうの新たな感染確認は49人。

市町村別では仙台市で39人、

大崎市と石巻市で3人などと
なっています。

一日ごとの感染確認者の数です。

きのうは1月22日以来の50人
超えとなったのに続いてきょうも

49人。
先月、19日以降増加傾向に

あります。
7日間の平均で見ると38.8人。

増加のカーブが急になっている
ことが分かります。

さらに1週間の人口10万人
当たりの感染者数でも

宮城県は全国で3番目。
緊急事態宣言が出されている

1都3県と同様の水準になってい
ます。

リバウンドの理由について
県保健福祉部の伊藤哲也部長は。

飲食店に対し再び時短要請に
踏み切るかどうかについては。

伊藤部長はこのように強い危機感
を示したうえで

飲酒を伴う大人数や長時間の会食
の自粛や

歓送迎会などの自粛を求めました。

震度6強を観測した先月13日の
地震の影響で一部区間で速度を

落として運転している東北新幹線
について

JR東日本は今月26日から
通常運転に戻すと発表しました。

先月13日の地震で被害を受けた
東北新幹線。

現在仙台と郡山の間で速度を
落として運転しているため

仙台と東京の間の所要時間が

通常より30分ほど
長くなっているほか、

運行本数も通常の8割程度と
なっています。

これについてJR東日本はきょう
全線で安全確認の見通しが

立ったとして

今月26日から速度も運行本数も
通常どおりに戻すと発表しました。

JR東日本では東日本大震災以降、
電柱や高架橋の補強工事に

取り組んでいて
先月の地震でも工事を終えたもの

は被害を受けませんでした。

JR東日本では引き続き補強工事
を続け新幹線の耐震性を高めたい

としています。