ガイアの夜明け【ANA 大逆風に立ち向かう】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ガイアの夜明け【ANA 大逆風に立ち向かう】[字]

ANA再生に向けた218日の記録▼あの巨大飛行機を再びハワイへ▼会社を立て直すため…飛行機売却の舞台裏▼テレ東にも?出向者たちのホンネは…

詳細情報
番組内容
ANAホールディングスの再生に向けた218日を追った。コロナで約4000億円の巨額赤字に陥ったが、片野坂真哉社長は社員の「雇用維持」と21年度の「黒字化」を約束。グループの生き残りをかけた大改革に踏み切る。ANAは再び空で輝きを取り戻すことができるのか。大逆風に立ち向かう現場社員たちの奮闘を取材した。
出演者
【案内人】松下奈緒

【ナレーター】山中崇
音楽
【音楽】
新井誠志
【テーマ曲】
◆オープニング曲
 「鼓動~ガイアの夜明け」(作曲/岸利至)
◆エンディング曲
 「夜明けのうた」(宮本浩次)
「ガイア」とは
ギリシャ神話に登場する「大地の女神」を意味し、後にノーベル賞作家のウィリアム・ゴールディングが「地球」を指して“ガイア”と呼んだことから「ガイア=地球」という解釈が定着している。「ガイアの夜明け」という番組タイトルには、地球規模で経済事象を捉えることで21世紀の新たな日本像を模索すること、そして低迷する経済状況からの再生=「夜明け」を目指す現在の日本を描くという意味合いが込められている。
関連情報
◆ホームページ
www.tv-tokyo.co.jp/gaia/
◆公式Twitter
@gaia_no_yoake

ジャンル :
ニュース/報道 – 特集・ドキュメント
ドキュメンタリー/教養 – 社会・時事

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ANA
  2. 出向
  3. 飛行機
  4. 井戸
  5. 社員
  6. コロナ
  7. 頑張
  8. 山本
  9. 会社
  10. 内藤
  11. アメリカ
  12. コスト
  13. フライングホヌ
  14. 企業
  15. 機体
  16. 仕事
  17. ハワイ
  18. 一方
  19. 羽田空港
  20. 客室乗務員

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



コロナになんて負けない。

誰よりもそう思い
闘っている人たちがいます。

今回は 会社の危機に立ち向かう
ANAの社員に密着。

あのユニークな巨大飛行機を
再び飛ばすために奔走する人。

少しでも無駄をなくすために
なんと 飛行機を売る人。

頑張って。
頑張ってくるわ。

そして 活気あふれる
空港が戻ってくるまで

別の会社で働くことを選んだ人。

6月下旬 羽田空港 国際線ターミナル。

フライトの案内ボードを見てみると

やはり というか 多くが欠航。

運航しているのは
ほんの数便です。

そこへやってきたのは
ANAの内藤哲也さん。

何を見ているのでしょうか?

内藤さんの仕事は
乗客の動向を分析し

運賃や座席数を管理すること。

担当地域は アメリカです。

夏を前にした この時期

いちばん気にかけている
路線がありました。

ハワイ ホノルル便です。

目につくのは 外国人ばかりで

日本人の姿は
ほとんどありません。

実は 使用する機種にも変化が。

以前は 大型機が中心でしたが
今は 中型機。

しかも 座席は半分ほどしか
埋まっていない状況です。

やっぱり ああいう

日本人が大好きな常夏の島 ハワイ。

コロナ前は
150万人以上が訪れていました。

そこで ANAは2年前

成田 ホノルル線専用として
世界最大の旅客機を投入します。

ウミガメが描かれた

ウミガメは ハワイの言葉で ホヌ。

フライングホヌ 空飛ぶウミガメです。

最初から高い注目を集めました。

こんばんは。 アローハ。

座席数は…。

多いときは 週10便も往復。

それでも
ほぼ満席だったといいます。

しかし コロナの影響で

去年3月からは
運休が続いています。

そんななか
コロナになんか負けない と

実は ある取り組みが。

はい チーズ。

ホヌを活用した不定期のイベントです。

その名も

この日は 209人が参加しました。

さまざまなイベントや
機内見学ができて

8席しかない
ファーストクラスも体験できます。

はい チーズ。

これは まさに旅行気分。

メインは 機内食。
これは ファーストクラス用です。

どうでしたか?

そんな声は 内藤さんのもとにも
届いていました。

イベント参加者からのアンケートです。

みんなの思いが伝わってきます。

こんな時期だけど
なんとかホヌを飛ばしたい。

日本の航空業界は長らく

という時代がありました。

ところが

路線の拡大が制限されました。

そんなライバルを尻目に ANAは

(一同)GO! ANA!

売上も2兆円を突破!

更に オリンピックの開催に合わせ
採用を拡大。

従業員数は この10年で

およそ1.5倍
4万6, 000人になりました。

しかし それが
コロナで大きな重荷に。

2020年度は
飛躍の年になるはずでしたが

一転 4, 000億円を超える
赤字に転落したのです。

この逆風は
海外の航空会社も直撃。

タイ国際航空が 経営破綻。

ドイツのルフトハンザは 3万8, 000人の
従業員削減を発表しました。

一方で こんな復活の兆しも。

ワクチン接種が進んだアメリカでは
国内移動する人が急増。

にぎわいを取り戻している
ところもあります。

そこで 大胆な戦略をとったのが
アメリカのユナイテッド航空です。

コロナ後を見据え
航空機270機の新規購入を決断。

なかなか先が見えない
航空業界ですが

わずかながら 光が
差し込んできてもいるのです。

(スタッフ)よろしくお願いします。
こんにちは。

2015年から
ANAホールディングスの社長を務める…。

ネットでつないだ社員に
訴えかけます。

客を乗せて飛ばなくては
金が稼げない業界が

どうするのかと思ったら
これだそう。

貨物を引っ張るトラクターに
乗っているのは

片野坂社長。

コロナ禍にあって この貨物輸送が

売り上げを
大幅に伸ばしているのです。

ですから 貨物は…。

大量の貨物が 飛行機の周りを
取り囲んでいました。

これからシカゴへ向かう便です。

アメリカや中国などの一部では
需要が回復。

その影響です。

一方
こちらは ベルギーから到着した便。

乗客の代わりに
飛行機に乗ってきたのは

ファイザー製のワクチン。

実は
ANAが輸送を担っているのです。

貨物の売上は

過去最高の1, 600億円を
超えました。

旅客事業にかわって
今や 稼ぎ頭です。

一方
コストを抑える改革も進んでいます。

それが
社員に別の会社で働いてもらう

出向制度です。

ここに 出向することを
決意した人がいます。

井戸さんは 憧れの航空業界1本に
しぼって就職活動し

2018年に地上職として
念願のANAに入社。

しかし わずか2年で
コロナが襲ったのです。

静まり返った 国際線カウンター。

井戸さんの定位置だった
この席も

もう1年
あるじがいないままです。

って思ったことも
あるんですけど…。

勤務最後の日。

同期が井戸さんのもとに
やってきました。

1年間。

それは 戻ってくる。
戻ってきてください。

頑張って。
頑張ってくるわ。

頑張れ。
頑張れ 尋絵。

頑張ってください 井戸さん。

年度も変わった

井戸さんの姿が 奈良に。

いったい どこに出向するのか?

やってきたのは

ミシュランガイドに
6年連続で掲載された

奈良でも評価の高い高級ホテルです。

興福寺など 観光名所も目の前。

部屋数は わずか14室で

料金は 1泊およそ5万円から。

井戸さん
ここで1年働く予定です。

スタッフは22人と 少数精鋭。

皆さん ホテル業界で腕を磨いてきた
プロばかり。

研修などはなく
初日から接客の最前線へ。

新人で
いちばん下っ端の井戸さん。

エレベーターは使わず

お客さんの荷物を持って
階段を上がります。

大きな荷物を取り扱うのは
慣れたものです。

高級ホテルならではの接客。

先輩を見て 学びます。

しかし… いや やはり

空港のサービスとの違いに
戸惑っていました。

はい。

覚えなければならないことは
山ほどあります。

はい お願いします。

期待されているのは 即戦力。

井戸さん 前途多難です。

井戸さん以外の人は

どんなところに
出向しているのでしょうか?

松下さんが専門家に聞きました。

VTRで 先ほど
ホテルに出向されている方

見てきたんですけれども

他には どんな所に
出向されているんでしょうか?

そうですね 今…。

たとえば
家電のノジマであったりとか

スーパーの成城石井
また 通信業界ではKDDI

また ゼネコンの高松建設。

そういったところも含めて
多くの社員が出向してますし

また 県や市など
自治体などへの出向というのも

ANA社員の方が
いかれています。

もう ホントに
ジャンルさまざまといいますか

もう まったく航空業界とは
また別のところにも

出向されるんですね。
そうですね。

企業もそうですし 自治体にも
出向しているんですが

実は 松下さん…。

そうなんですか!?
今 いらっしゃいますか?

いらっしゃらない! フフフ…。

そう テレビ東京にも5人います。

打ち合わせをしている この人は

イベント事業部に配属された
河野文香さん。

ANAの客室乗務員です。

当面の仕事は これ。

テレ東のマスコットと仕事するのは…。

高瀬さんも客室乗務員です。

人気のバラエティー 異色のドラマ化。

ドラマ化 決定しました!

番組を宣伝する仕事をしています。

すごく楽しそうに お仕事
されていましたけれども

その出向者の
受け入れ先というのは

どういうふうに
決められているんでしょうか?

そうですね ANA側から要請した

企業というのもあるんですが

それ以外にも 企業とか自治体が

ANAグループ側に対して

出向を受け入れたいと

そういったような
話というのも

多くありまして
結果的に今

1, 000人以上の社員の方が
出向している

という
現状があります。

ちなみに その
お給料というものは

どういうふうに
支払われているんでしょうか?

お金というのは 基本的に企業
出向先の企業から

いったんANA側に
支払われて

そのあと社員のほうに
支払われる

ということになりますので
社員については

基本的には
今までと同じような形で

給与を受け取るという
ことになります。

会社としては その
人件費を削減しながらも

その雇用を維持できるという
わけだと思うんですけれども

その出向している
社員の方というのは

どういう思いで そこで
働かれているんでしょうかね。

数々の競争のなかで
入社できた

そして 憧れの空で飛んでいると

そういった方が
多くいらっしゃるんですが

この出向というのは決して
ネガティブではなくて

ポジティブに いろいろ
人間関係であったり

自分の仕事のノウハウを
更に身につける…。

ホテルの寮に住み込みながら

休みのたびに
観光地を巡っていました。

井戸さんが出向して
4か月たちました。

こちらの その

落ち着いた対応。

長年 ここに
務めているかのようです。

秘密は こんなところに。

まとめてあります。

ひと言で説明できる
キーワードを添えて

写真つきで オススメスポットなどを
ノートにまとめていたのです。

休みのたびに観光地に
行っていたのは このため。

来たばかりのころは
時間もかかり

苦労していた
テーブルセッティングですが…。

褒めませんと言っていた
あの先輩が なんと…。

充実した日々を送っている
井戸さん。

今の正直な気持ちを
語ってくれました。

一方こちらは 羽田空港。

出向とは違う道を選んだ
社員がいます。

(息子)
父さん 引っ越しくらい プロに頼めよな。

(母親)また出掛けちゃったのよ。
これが父さんのお宝…。

あんたのカメラ好きは父さん譲りね。

しかし 風景写真ばっか。

家族でいるより
一人で風景撮りたい人だもんな。

そうでもないのよ。

<かけがえのない「時」を描き出したとき
「EOS」はただひとつの存在として完成する>

<その「EOS」は 世界にひとつだ>
父さん 写真うまいじゃん。

3月下旬
ANAの客室乗務員として

最後のフライトに向かう人がいました。

入社7年目の

国際線の勤務が多く

多い時は 月に90時間
空の上でした。

それが コロナ以降
4分の1に減ったのです。

杉江さんが選んだ道とは…。

実家へ戻るという杉江さん。

なぜ休職を選んだのでしょうか。

ANAにとっても 休職制度は
人件費の抑制になります。

コロナに直面した
航空会社にとって

その巨額のコストを
どう減らすかというのが

すごく大きな
課題だと思うんですけれども

そもそも その航空会社には

どんな費用が
かかっているんでしょうか?

そうですね まず1つは
人件費というのが

航空会社は 他の企業に比べると

大きなウエートを
占めているところがあります。

オリンピックの東京開催が 決まって

特に2016年以降は

従来の2倍の新入社員

特に客室乗務員と グランドスタッフ

現場で働くスタッフの

採用を積極的に進めてきた。

ですが 結果的に2020年に

コロナがきてしまったことによって

その人たち採用したまま 雇用を
維持したままということで

人件費というのが 重く
のしかかっている状況にあります。

他にかかっている
高いコストというものは

どういうものがあるんでしょう?
そうですね まず…。

そのひとつが
羽田空港とか成田空港

空港のチェックインカウンターが
ありますよね。

それからあと バックオフィスといって
客室乗務員が出発するために

ミーティングをする場所とか
フライトのオペレーションをする。

そういった施設も
すべて これ 借り物で

その賃料っていうのも ものすごい
多い金額になっています。

払うんですね?
はい。 これは所有物ではなくて

空港を ターミナルを
運営してる会社に その賃料を

普通の家賃のような形で
支払う形になってますので

そのコストというのも
非常に かかりますし

あと今 飛行機が飛ばない
状況であるということで

羽田空港 成田空港には
多くの飛行機が止まったまま

駐機したままに
なってるんですが

これも駐機料といって
置いとくだけで

駐車場のような形でお金がかかる。

これも一つのコストになっています。

飛行機自体に お金がかかる。

そうですね。 本来であれば…。

実際に購入している飛行機と
リースで手配した飛行機

というのがあるんですが…。

という状況にあります。

日本から遠く 8, 800キロ離れた

アメリカ ロサンゼルスの近く。

そこに不思議な場所があります。

砂漠の真ん中に突然 現れた
飛行機の群れ。

世界中から
集まってきているようです。

止まっている機体を
よく見てみてください。

エンジンが付いていません。

再利用できる部品だけが
取り外され

いらない機体は
野ざらしのままです。

ここは 別名
飛行機の墓場と呼ばれる場所。

そのなかには ANAの機体も。

今年1月。

羽田から あのモハベ空港へと
飛び立つANA機がありました。

その出発を
複雑な思いで見送る社員がいます。

会社の大事な財産でもある飛行機。

それが今
役目を終えようとしていました。

そうですね。 もう…。

というとこですかね。

山本さんが
悔しさをにじませるのには 訳が。

それは 生き残りをかけた
経営判断でした。

ANAは コロナで出番が減った35機を

手放す決断をしたのです。

そのすべてを売却することが
山本さんたちの使命です。

胴長の大型機 ボーイング777-300。

次に売却される機体です。

機内は まだ とてもきれいです。

定期的な整備を欠かさず いつでも
飛べるようにしていました。

しかし そのコストも
会社に重くのしかかるのです。

削減予定の35機。

なるべく高く
売らなければなりません。

山本さんは 大学院を卒業した…。

4年前から調達部で

機体や部品の売り買いを
担当してきました。

コロナ以降 山本さんは
むしろ忙しくなったそうです。

それでも去年 ANAは
社員の給料を3割カット。

山本さんも例外ではありません。

これ この間…。

2人の息子さんは
共に受験を控えていました。

家計への影響は…。

やはり 今の…。

3月末までに売却しなければ
ならない飛行機が

このとき
まだ10機 残っていました。

あと2か月半で 売り先を
決めなければなりません。

しかし…。

相手からの提示額が
想定以上に安かったのです。

くらいは
いっただろうと思われます。

売却する機体の
中古市場を見てみると

去年1月に
80億円ほどだったものが

わずか1年で
半分になっていました。

少しでも高く売りたい。

山本さん 思案のしどころです。

売却の計画案を見せてくれました。

それを バラして売ります。

部品メーカー 商社など
多くに声をかけ

合計金額を
引き上げようというのです。

山本さん 売却先の候補と交渉へ。

今回 特別に
その現場へ カメラが入りました。

ギリギリの交渉が続きます。

はい 了解しました。
はい はい。

すみません どうも
ありがとうございました。

10日後。

複数の交渉相手から
最終的な価格の提示がありました。

その結果は…。

山本さん
高値をつけた

ここまではね よくきたよ
ここまで。

これで35機の行き先が
すべて決まりました。

羽田空港。

大量売却の締めくくりとなる
最後の1機です。

これもアメリカの あの
飛行機の墓場へと送られます。

一方 およそ500日間
運航していない

再び ハワイへ飛ばそうと
考えている人が。

しかし 想像以上の逆風が。

♬~

(医師)だいぶ良くなってると思いますよ。

<キヤノンのヘルスケアITでは

病院をまたいだ治療の経過も
時系列で一元管理>

<AIを活用しながら
的確な診断をサポートします>

<生きるを支える
もっと優しく もっと確かに>

去年3月以降
運航を中止している フライングホヌ。

空飛ぶウミガメ。

ホヌをハワイ路線で 復活させたいと
考えていた内藤さん。

ある人を待っていました。

おはようございます。
(内藤さん)おはようございます。

早速 内藤さん。

フライングホヌを 503日ぶりに
飛ばしたいと 直談判です。

社長は…。

もともと

頑張りましょう。
はい。

快諾してくれました。

早速。

ホームページ上で 販売を始めます。

内藤さんは ある場所へ。

(ノック)

失礼いたします。

待っていたのは それぞれが
旅行代理店を受け持つ

ANAのセールス担当者たちです。

オンラインでも 大勢参加しています。

ふだんなら 旅行代理店も
販売に協力してくれますが…。

旅行代理店の多くが
新規の海外ツアーを控えていました。

打つ手がありません。

販売開始から およそ1か月後。

予約状況を見てみると…。

いちばんの理由は…。

ってことが
まず1つあると思っております。

それでも あえて
フライングホヌを飛ばす狙いを

社長に聞きました。

いよいよ その日が
やってきました。

いよいよ フライングホヌが
503日ぶりに動き出します。

向かうは ハワイ ホノルル。

搭乗口には お客さんの列が。

ANAの内藤さんも
見送りにやってきました。

正直な感想ですね。

フライングホヌが 飛び立ちます。

搭乗客は 目標にしていた
3割に満たない145人。

空席は目立つものの
記念すべきフライトです。

およそ7時間後
現地時間 午前8時40分。

ホノルルに 無事到着しました。

多くの日本人が ハワイ旅行を
安心して楽しめる。

その日が来るまで。