熱闘甲子園[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

熱闘甲子園[字]

2年ぶりに夏の甲子園が帰ってきます!今年も変わらず、球児の熱いプレー、熱い表情、熱い涙をお伝えします。そして、去年の3年生から受け継いだ想いを繋げていきます!!

◇今日の熱闘
【第1試合】京都国際(京都)× 敦賀気比(福井)
【第2試合】石見智翠館(島根)× 智辯和歌山(和歌山)
【第3試合】明徳義塾(高知)× 智辯学園(奈良)
【第4試合】神戸国際大附(兵庫)× 近江(滋賀)
◇出演者
【熱闘甲子園キャスター】
古田敦也
ヒロド歩美(ABCテレビアナウンサー)
◇音楽
【テーマソング】
なにわ男子『夢わたし』
~2021 ABC夏の高校野球応援ソング~
◇おしらせ
※この番組は休止および内容が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

☆番組HP
 https://www.asahi.co.jp/netto/
☆公式Twitter
 https://twitter.com/nettoh_koshien
☆公式Instagram
 https://www.instagram.com/hirodo_ayumi/
☆公式TikTok
 https://vt.tiktok.com/ZSJGpeGgw/

ジャンル :
スポーツ – 野球
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 近江
  2. 打席
  3. ボール
  4. マウンド
  5. 年前
  6. エース
  7. サヨナラ
  8. センター
  9. ワンアウト
  10. 三振
  11. 勝利
  12. 智弁学園
  13. 智弁和歌山
  14. 鉄壁
  15. 同点
  16. 満塁
  17. スクイズ
  18. チーム
  19. チャンス
  20. デッドボール

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



当番組は同時入力のため、誤字脱字が
発生する場合があります。

また、内容により字幕放送を中断させて
いただく場合があります。

ことしのセンバツ。
京都国際は勝利まで

あとアウト1つ。

屈辱の逆転サヨナラ負けを喫した
2年生・森下瑠大。

この言葉どおり…

見逃し三振。

三振!

2試合連続の2桁奪三振!
さらに、バットでも。

浜風に乗せて、

エースが打ちました。

リベンジに燃えるこの男が
投打で魅せる。

センバツの借りを返しに来た
この夏。

きょう4番に座った森下、
まずはバットから。

ライト、思い切り引っ張り込んでいった

2打席連続のヒットを放つも、
敦賀気比の本田を前に…

4回まで得点を奪えない。

直後の5回。

先発のマウンドを託した平野が
ランナーを三塁に背負う。

センター、下がって、

ボールは伸びて、

センターの頭上、ジャンプ!

捕っている!

センター松下の好プレーが
チームを守り立てる。

試合は動かぬまま6回。

森下がこの夏3度目のマウンドへ。

ピッチャー返し。

ここからは、エースの役目を。
しかし、8回。

デッドボール。

ワンアウト、一塁二塁のピンチ。

迎えるは、5番前川。

ショートゴロ。

レフトがボールを捕る。

ホームに帰ってくる。

送球がそれた!

先制点は敦賀気比。

ついに均衡を破られる。
このままでは終われない。

2点を追う8回。

ワンアウト、満塁のチャンスを作ると

打席には、3番中川。

浮いた!

押し出しのフォアボール!

1点を返し、森下へ回す。

もう1点。

高いバウンド。

ボールを捕ったが、

その間に同点に追いつきました、

京都国際!

9回。
この地で借りを返したいのは…

仲間も同じ。

サヨナラのランナーを二塁に置き、

きょう2安打の松下。

高いバウンド、

ファースト捕れない!

しかし、ライトが前進守備で。

ボールをはじいている。

二塁ランナー、

一気に平野がサヨナラのホームイン!

春とは逆の立場で迎えた幕切れ。

リベンジの夏はまだ続く。

智弁和歌山 高嶋奨哉。

甲子園にやってくるのが、
幼いころから恒例のイベントだった。

智弁和歌山に憧れる
きっかけとなったのが、おじいちゃん。

甲子園最多勝利数を誇る
名将・高嶋仁(ひとし)。

おじいちゃんの教えを胸に

レギュラーをつかみ取った高嶋を

チームメートは…。

3回戦では、堂々の2安打。

おじいちゃんが見守る中、

チームの勝利に貢献した。

幼いころから憧れてきた
この場所で

名将譲りの勝負強さを見せられるか。

高嶋名誉監督のお孫さん。

2回。高嶋の第1打席。
対するは石見智翠館のエース山崎琢磨。

初球は厳しい内角攻め。

2球目。

レフトへの大きな当たりが飛んでいくぞ。

スタンドに入りました!

ファーストスイングで描いて見せた
特大アーチ。

おじいちゃんから教わった
積極的な一振り。

それが勝負強さの秘密。

この一発が、チームに
流れを引き寄せる。

4回のチャンス。

三塁ランナーは、高嶋。

1番宮坂のタイムリーで、
大切な追加点のホームを踏む。

続く、2番大仲。

智弁和歌山がさらにリードを広げました。

着実に点数を積み重ねていく。

4対0の6回、ワンアウト、二塁三塁。

打席には3番角井。

スクイズできた。

ランナーホームイン。

どんな場面でも1点を取りに行く。
これが智弁和歌山の野球。

おじいちゃんの前でしっかりと見せた。

石見智翠館、関山和君。

2年前、

憧れのお兄ちゃんと甲子園に。

結果は初戦敗退。

その思いを胸に。

この場所に帰ってきました。

セカンド関山の好守備。

成長した弟の姿に

兄は…。

兄の思い、

つないだ夏。

名門が誇る矛と盾。

鉄壁の盾、明徳義塾のエースは、

3回戦で完封を見せた代木大和!

そして、もう一人が

ことし完成したばかりの変則トルネード
吉村優聖歩。

僅か1週間で作り上げたという
このフォーム。

鉄壁のツインシールドが警戒するのは…

最強の矛、智弁学園4番山下と

2試合連続でホームランを放っている
前川右京。

ぶつかり合う名門のプライド。

明徳義塾、きょうの先発は
2年生、吉村優聖歩。

この詰まり方です。

磨きをかけた制球力で
強力打線をねじ伏せる。

真っすぐで見送り三振。

智弁学園先発は
今大会、無失点の西村。

西村、滑った。

相手エースに生じた、ほころび。
ここで名将は…

ここで満塁からのスクイズ!

まず馬淵監督、

動いて先制点。

待望の先制点。
直後の4回裏、ランナーを背負い、

打席には智弁学園4番山下。

山下がはじき返しました。

二塁ランナー、今同点のホームに帰って
きました。

警戒していた男に…
してやられる。

互いに譲らぬ名門対決は9回。
5番代木。

快音。

センターへ。

センター下がる。
センター下がって、

大会第31号、

勝ち越しホームランになりました!

マウンドに登るまでは
強力な矛として。

しかし、その裏。

三遊間。

バットを立てた。

打った!

鉄壁の盾に智弁打線が牙をむく。

迎えるは、3番前川右京。

おっと、これもインサイド。

きょう2つ目のデッドボールです。

満塁で、打席には
またしてもこの男、4番山下。

このつながりを絶つことができるのか。

押し出しのデッドボールで、

まずは同点。

エースの登板は…

まだ。

逃げずに立ち向かえ。

詰まっている。

詰まっている!

これが落ちた!

名門対決、

勝ったのは智弁学園!

貫かれた鉄壁の盾。

おまえは泣くな。

来年こそは
揺るぎない強さを持って。

代木君の熱い思いというのは、

後輩たちにつながっていると思います。

勝ちました智弁学園、

岡島君の試合後のインタビューです。

まさに気持ちで打ったというような当た
りだったんですよね。

ただ、逆転サヨナラゲームって、

めったに起きることじゃないんですよね。

準々決勝に挑む近江。

よみがえるのは
あの夏の記憶。

2018年、金足農業と激突した一戦。

スクイズやったー。

セーフ!

サヨナラ!

奇策ともいえる大胆な攻撃に屈した。

あれから3年。

準々決勝の舞台は、

3年前と同じ。

第4試合、三塁側。

2回、

近江の4番新野。

鋭い当たり、

センターに飛んでいく。

新野の打球、入った!

神戸国際大付属から1点を先制する。

近江の先発は、

きょうも2年生の山田。

三振。

4回までパーフェクトピッチング。

相手に何もさせない。

2点リードのその裏。

チャンスを作った近江。

打席には9番津田。

スタート切った。

得点は奪えるだけ欲しい。

もう一つ牽制。

挟まれた!

三塁ランナーはどうする?

明石はスタートを切る。

タッチプレー。

セーフ!

三塁ランナー明石がかいくぐる。
きょうの相手は、

甲子園が地元の強豪。

5回、

4番西川に

2試合連続のホームランを浴び、

3対1。
それでも…。

打ち返した!

追いすがる相手を

3番山田が力で引き離す。

3年前は1点リードで迎えた9回。

きょうは4点もある。

近江のマウンドには、

エース岩佐。

幾度となる山田と

勝利の方程式を完成させてきた。

三遊間。

破った!

しかし、神戸国際大付属の粘りにあう。

ツーアウトから代打で攻めてくる。

引っ張った、

抜けた!

1点返した神戸国際大付属!

3点差。

ピンチは続く。

いい当たりだ!

またしても代打にタイムリーを浴び、

2点差。

ツーアウト、満塁となり、

近江ベンチが動く。

ここでピッチャーを代えますか。

勝利の方程式を崩し、

先発山田が再びマウンドへ。

迎えるは、

1番関。

打った!

抜けた!

4点差から

まさかの同点。

サヨナラ!

3年前の悪夢、

ことしもまた飲み込まれてしまうのか。

同点で踏みとどまった。

9回裏、

近江はワンアウト、一塁で、

7番キャプテンの春山。

ランナー走りました。

そして打ったキャプテン。

右中間、真ん中、

走る!

ボールが返ってきましたが、

届きませんでした。

近江サヨナラ勝ち。

ようやく悪夢を振りほどいた。

3年前、

涙にくれたあの光景が、

きょう笑顔に変わった。

9回、

神戸国際の執念を感じましたよね。

サヨナラヒットを打たれてしまった、

2年生ピッチャーの中辻君でしたが、

電話で取材していたときも、

ずっと申しわけないと言っていたんです
ね。

3年生たちが、気にするな、

打てなかった俺たちが悪いと、

声をかけてくれて、

二枚看板!

近江。

優勝を知る名門!