熱闘甲子園[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

熱闘甲子園[字]
2年ぶりに夏の甲子園が帰ってきます!今年も変わらず、球児の熱いプレー、熱い表情、熱い涙をお伝えします。そして、去年の3年生から受け継いだ想いを繋げていきます!!
◇出演者
【熱闘甲子園キャスター】
古田敦也
ヒロド歩美(ABCテレビアナウンサー)
◇音楽
【テーマソング】
なにわ男子『夢わたし』
~2021 ABC夏の高校野球応援ソング~
◇おしらせ
※この番組は休止および内容が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
☆番組HP
 https://www.asahi.co.jp/netto/
☆公式Twitter
 https://twitter.com/nettoh_koshien
☆公式Instagram
 https://www.instagram.com/hirodo_ayumi/
☆公式TikTok
 https://vt.tiktok.com/ZSJGpeGgw/
ジャンル :
スポーツ – 野球
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 甲子園
  2. 三振
  3. 年生
  4. チーム
  5. 吉岡
  6. 先輩
  7. 長崎商業
  8. チャンス
  9. ピッチング
  10. 空振
  11. 熊本工業
  12. 試合
  13. 鹿島学園
  14. 盛岡大付属
  15. 先制
  16. 専大松戸
  17. 明豊
  18. スタート
  19. ストレート
  20. タイムリー

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



当番組は同時入力のため、誤字脱字が
発生する場合があります。

また、内容により字幕放送を中断させて
いただく場合があります。

長崎代表・長崎商業。
去年、中止が発表された、あの日。

あのとき、先輩の涙を
間近で見ていた2年生は…。

そうして挑んだ長崎大会。

接戦を勝ち抜き
甲子園出場を決めました。

2年分の想いをつなぎ

長崎商業、69年ぶり
甲子園での勝利を目指します。

涙にくれた去年の3年生の分まで。

背負う想いは同じ。

相手は、九州の強豪・熊本工業。

長崎商業、先発の城戸は、1回。

ランナーを三塁に置いて
熊本工業、2番前高。

打っていった、二遊間破る!
熊本工業が先制。

一・二塁間抜ける!

チーム打率4割を超える
熊工打線につかまり、2点を失う。

しかし、その裏。

6番松井の
タイムリーで同点に追いつく。

続く、7番鬼塚。

はじき返した!
ホームに帰ってきました。

熊本工業エース吉永から
逆転に成功する。

追いつかれた長崎商業は、3回裏。

第1打席タイムリーの松井。

一・二塁間、抜ける!

2打席連続のタイムリーになりました。

先輩たちの想いをバットに乗せた。

これが先輩たちと一緒に見たかった
甲子園の景色。

一方の熊本工業も追い上げを見せる。

7回。

4番、2年生の増見がタイムリー。

さらに8回。

熊本工業が、ツーアウト満塁。

この試合、最大の勝負どころが訪れる。

先輩から託された想いと想いが交錯する。

ピッチャーゴロ!
スリーアウトになりました!

しのいだのは長崎商業。

ピッチャーゴロ!
スリーアウト!

先輩たちの想いをつないだ夏。

長崎商業が
69年ぶりの甲子園勝利をつかんだ。

お兄ちゃんがいなかったら
野球もしてなかったし

多分ここにも入ってきてなかったと
思うんで。

いいお兄ちゃんだなって思って。

千葉大会決勝。

サヨナラ満塁ホームランで
チームを甲子園に導いた

感情あふれる熱き男
専大松戸、吉岡道泰。

歓喜の涙の裏にあった
苦い記憶。

ことしのセンバツ1回戦。
0対0の7回。

レフトを守る吉岡は
ダイビングキャッチを試みるも

打球を後逸。

これが決勝点となり
試合に敗れ、号泣。

リベンジの夏

勝利に導く男になるために

誰よりも熱く
チームを引っ張ってきた。

試合前からテンションマックス!

1回。
専大松戸の熱男、吉岡の第1打席。

相手はセンバツ準優勝校、明豊。

その初球。

初球、打っていきましたが
レフトフライ。

風は、ほぼありません、甲子園。

レフトフライでもセカンドまで走りきる。

抑えきれない、この試合への思い。

また初球打ちです。
右中間、打球伸びる!

続く2番苅部も初球を捉え
チャンスを作ると…

キャッチャー、そらしています。

それを見て三塁ランナー、スタート。
苅部、先制のホームイン。

僅か3球で先制。

吉岡の熱さが、チームに勢いをもたらす。

さらに、チャンスは続き…。

一塁ランナーがスタートします。

そして三塁ランナーがスタート!
ダブルスチール!

積極的な攻撃で
明豊のエース京本から2点目を奪う。

しかし、3回。

明豊、塘原にヒットを許すと

この試合、初めてピンチを迎える。

バッターは京本。

バスターで来た。空振り。

ストレート!

ここはエース深沢が踏ん張り
相手に流れを渡さない。

4回。今度はチャンスで回ってきた。

いい当たりだ!

吉岡、ガッツポーズ。

トップバッター吉岡、タイムリーヒット。

吉岡が熱くなればなるほど
その熱はチームに広がる。

守備でも熱さ全開!

センバツ準優勝校を圧倒していく。

セーフティーバントで行きました。
いいところだ。

一塁、セーフ。

熱き男、吉岡道泰。
専大松戸の新しい歴史を作る。

ストライク!

専修大学松戸高校
春夏通じて甲子園初勝利です。

専大松戸のエース深沢鳳介君

見事な完封勝利でした。

いいピッチングでした。

センバツ準優勝の明豊高校

特に左バッターがよかったんです。

三振もたくさん取りましたが
きょう注目は

その追い込み方ですね。

深沢投手なんですけれども

三振を取ったシーン。

低めの変化球、落ちる球ですね。

そしてこの緩いカーブであったり

時にはインサイドへずばっと行って三振
を取ります。

三振を取る球もいいんですが

そこまでに追い込まないといけない。

アウトコース、ストレートであったり

ツーシームであったりこのコースを間違
えない。

いいところに投げて

キレのあるボールを投げる。
バッターはファウルで追い込まれてしま

う。
攻めた結果、いいピッチングができまし

た。

深沢投手は

右のサイドハンドぎみで

サイドハンドのピッチャーは左バッター
を打ち取るのが

本当に難しいんですが外側を

しっかり投げ込んでファウルを取る。

積極的なピッチングでした。

一方、敗れた明豊のエース京本君。

ある思いを胸に

戦っていました。

強い当たりだ!

初回から京本を攻め立てます。

ストライク!!

センバツ準優勝、明豊高校
初戦で散りました。

学校統合後初の甲子園。
徳島・阿南光。

率いるのは、6度の聖地を知る名将。

先発の2年生エース森山暁生。

引っ張る、レフト線フェアになります。

強豪・沖縄尚学に先制を許す。

さらに4回。

ピンチは続き
迎えるはクリーンナップ。

まずは、3番仲宗根。

アウトコース!見送り三振!

ツーアウトで、4番知念。

これ以上、点はやれない。

空振り三振!
満塁の大ピンチ、しのいでみせた!

これがエースの粘り。

流れは引き寄せた。
次は点を取りにいく。

空振り三振。
白い歯が見えました。

しかし、沖縄大会から無失点を続ける、
エース當山が立ちはだかる。

味方を信じて腕を振り続けてきた2年生
森山。

徳島大会から1人で投げ抜いてきた。

詰まらせた。
セカンド。

最後までマウンドを守った。

9回。
阿南光高校、甲子園での1点へ。

空振り三振!

沖縄尚学エース當山渚、完封勝利。

強豪の壁は、高く…。

だが阿南光としての証は、確かに。

鍛え抜いた肉体は
まるでソルジャー!盛岡大付属。

その戦闘能力たるや…

ベンチ入り18人で
通算ホームラン312本。

一発で決める野球は
名付けて「マッスル破壊」。

練習をのぞいてみると
バッティング直後にも関わらず

な、な、なんと、ベンチプレス!

この日のために仕上げてきた。

パワーを試すには絶好の舞台。

1回。

岩手大会新記録
5試合連続ホームランの3番金子。

球足が速い!

地をはうヒットで
初出場、鹿島学園のエース薮野から出塁。

4番は、高校通算47本、小針。

外野は長打への警戒を怠らない。

包囲網に… かかった。

鹿島学園のエース薮野は
変幻自在のテクニシャン。

多彩な変化球で追い込み…

やっぱりここも真っすぐ勝負!

薮野のすばらしい投球が光っています。

パワーが投球術に翻弄される。

得点が奪えないまま、4回。

詰まっていますが
力で運んでいきました。

4番小針が、突破口をこじあける。

ツーアウト。初めて作ったチャンス。

打席には、高校通算35本
6番平内。

たか~~く上がった無風の甲子園

中段まで飛ばしていきました!

これが盛岡大付属のパワーです!

スリーランホームランで先制点!

狙っていたのは、ストレート。

これぞマッスル破壊!

一発で決めるのが盛岡大付属。

強打が際立つチームで
マウンドを守ってきた、エース渡邊。

その投球は繊細だ。

力ではなく
丁寧にコースを突くピッチング。

ゼロを並べていく。

9回。

初出場の鹿島学園が1点を奪いにくる。

ピッチャー返し!
しかし、ダブルプレーになりました。

ダイヤモンドで見せた
筋肉にもまさるかたい守備。

甲子園で始まった…

マッスル破壊の進撃。

盛岡大付属の打線

本当にすごかったですね。

パワフルでしたね。

一方、敗れた鹿島学園なんですが

2年生キャッチャーの高久塁君は

3年生エースの薮野君に対して

どんなに劣勢の場面でも

まだまだこれからだぞと言っていたそう

2年生が3年生を勇気づけるのは珍しい
です。

実は

寮で同部屋だそうで

野球ノートを共有することで

バッテリーとして力をつけました。

2年生高久君は

薮野君と一緒につくり上げた野球ノート

強力投手陣を誇る東海大菅生と

重量打線
6度目の頂点を狙う大阪桐蔭。

東西名門校が激突!