林修の今でしょ!講座 2時間SP[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

林修の今でしょ!講座 2時間SP[字]

林修の気になる天気の疑問に答える為に各局の気象予報士が大集結!大型台風に長引くゲリラ豪雨…危険な天気にどうしたらいいのか、天気予報の見方から対策まで徹底的に解説

◇番組内容
林修の今気になる天気の疑問に答えるために、各局の気象予報士たちが大集結!大型台風に長引くゲリラ豪雨…昨今、私たちを悩ませる危険な天気にどうしたらいいのか、天気予報の見方から対策まで徹底的に解説!!講師には木原実、森田正光、天達武史、片岡信和、石原良純など気象予報士界のスターたちが夢の共演!
◇番組内容2
その他、昨今巨大化する台風の秘密や落雷の対策など、知っておきたい情報の数々を紹介!外出時、空にこの雲を見たら要注意!?雨を降らす雲の特徴とは?気象予報士たちも驚く貴重なレア天気映像も続々!更に気象予報士の仕事は天気の予測だけじゃない!?意外と知られていない仕事内容とは?コンビニやスーパーとも密接な繋がりが…。そしてこの時期役立つ!ゲリラ豪雨や水害予測ができる最新気象アプリも紹介します!
◇出演者
【MC】林修
【副担任】斎藤ちはる(テレビ朝日アナウンサー)
【日直】伊集院光
【学友】沢口靖子、川島如恵留(Travis Japan)、伊沢拓司、高山一実(乃木坂46)
【気象予報士】木原実、森田正光、天達武史、片岡信和、石原良純
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/imadesho/

この番組は、テレビ朝日が選んだ『青少年に見てもらいたい番組』です。

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ
福祉 – 文字(字幕)
バラエティ – トークバラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 森田
  2. 高山
  3. 木原
  4. 伊沢
  5. 台風
  6. 気象予報士
  7. ホント
  8. 石原
  9. 天達
  10. 片岡
  11. 天気
  12. 川島
  13. 正解
  14. 気象庁
  15. 森田先生
  16. 疑問
  17. スタッフ
  18. 自分
  19. 実際
  20. 太陽

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



〈各局で活躍中の
人気気象予報士が集結〉

僕は もう ホント

ありがとうございます。

…みたいなところありますけどね
このメンツそろえられたら。

そういう事です!

えっ 大丈夫ですか? 今の感じ。
全然オッケー…。

各局で活躍中の 気象予報士の
皆さんが集まるなんて

豪華すぎるぞ!

〈それでは

日本テレビ
『news every.』より

木原実先生。
よろしくお願いします。

TBS 『Nスタ』より
森田正光先生。

フジテレビ
『めざまし8』より

天達武史先生。
よろしくお願いします。

テレビ朝日
『モーニングショー』より

片岡信和先生。
よろしくお願いします!

そして

(石原)おい!
違う違う 違う違う 違う違う!

ちゃんと 僕は 週1回ね

東京…
ローカルかもしれないけども

『週刊ニュースリーダー』で
天気やってる…。

じゃあ あとで 適当なテロップを
入れておいてください。

あとづけで…。
さて じゃあ ちなみにですね…。

見てます。

特に あの… 気象現象とか

そういうところに
ちょっと違和感があると

おやおやおやと思って
巻き戻してみたりとか。

録画してあるんで。

まあ そういう意味では

森田先生も
映画とかお好きじゃないですか。

そういうの気になります?

空の方を見る感じです
映画よりも。

例えば 『鬼滅の刃』っていう
アニメがありましたでしょ?

アニメでも!?
アニメ!?

去年 見た瞬間に
月齢23の月が出てたんですよ。

月齢23っていうのは
下弦の月から

ちょっと
欠け始めてるやつなんですね。

あっ これ 日にち
あとで推定できるなと思って

すぐ帰って
家で調べたんですよ。

そしたら

煉獄さんが戦ってる最中の時間も
全部 時系列的にプロットして

それで1本記事にしましたもん。
(高山)えーっ!

えっと…。

〈そんな天気のプロが徹底解説〉

〈年々 観測史上最大を記録する
大型台風〉

〈危険から身を守るには
どうすればいいのか?〉

〈台風の進路図を見れば
わかる!〉

〈気象予報士が

対策・予防法を
しっかり教えます〉

〈感動 間違いなし!〉

〈気象予報士も驚く
激レアお天気映像も一挙公開〉

(川島)きれい!

〈見ると幸運になれる
幻の虹?〉

〈年に数回
夕日が沈む瞬間に見られる

奇跡の輝き〉

〈災害シミュレーションとして
役立つ

気象のプロが使っている
最新アプリや

私たちの生活を支えてくれる
意外な仕事まで〉

〈天気にまつわる疑問が
全て解決〉

〈林修が 今 気になる
天気の疑問〉

〈最初は

天気が荒れるサインになる
雲の見分け方〉

〈突然 襲ってくる

激しい雨や雷を伴う
ゲリラ豪雨〉

〈さらに
危険な雹や竜巻など

悪天候に特に注意が必要な
この時期〉

絶対に覚えておきたい

悪天候のサインとなる

注意すべき4つの雲を
教えてくれるよ。

〈まずは…〉

これなんですよ。

これ ちょっと見てください。
いや これ どう見ても危ない…。

(天達)これね
乳房雲っていうんですけど。

これが出ると

これ じゃあ
どこで撮ったかっていうと

実は あの 池袋のサンシャインで
撮ったんです。

海外じゃなく?
(天達)海外じゃないです。

普通にね 日本でも
結構 出るんですよね。

もうね これが出た瞬間
みんな

気象予報士の人って
興奮するんですよ。

で ここ… 窓に みんな
忙しいのに 張り付いて

写真 撮ったりとか。
「おおー!」とか言って…。

(天達)上にいったり下にいったり。
その間に 氷の粒が

どんどん どんどん大きくなって
成長するんですよね。

重くなって落ちてくるので

溶けずに
そのまま雹になったりとか。

あとは 竜巻があったりするので

この乳房雲っていうのを見たら
ダーッて もう…

すぐ逃げた方がいいですね。
危ない雲です。

これがまた不思議な事に
この…。

(石原)これが
ヒューッと平らになると

ザーッと き始める。
(川島)はあ…。

これを見てるうちは
「危ない 危ない」っていって

とにかく これから悪くなるから
避難した方がいいんだけども

これが ヒュッと収まった時に
ザーッときます。

(片岡)雲って
止まって見えるんですけど

10秒間 じーっと見てると

「横に それていってるんだ」
っていう場合と

「あれ? 近づいてきてる」
っていう場合で…

風が雲を運んでくるので

そういう 迫ってきてるかどうか
っていうのも

一度 10秒 空を見るだけで
わかってくると思うので

パッと見で もし見つけたら

10秒間だけ
空を見た方が良いと思います。

へえ… 見よう。
参考になりますね。

雹が降ってきたりとか
あと 激しい雨が降ってくる。

このね サインが
必ず あるんですよ。

それが何かっていうと
風なんです。

風?
(天達)はい。 数分前にですね

こういう
強い雨が降る時って…。

(天達)なんでかっていうと
雨って 落ちてくる間に

大体 5分とか7分ぐらい
かかるんですよね。

その前にね
空気だけ下りてくるんですよ。

ピューッと。 あれって あの…。

(天達)その… それがきたら

もう あの
雹とか降るかもしれないし

強い雨が
降るかもしれないので

とにかく 黒い雲を見つけて

風が ちょっとやばいなと
思ったら

なるべく
避難した方がいいですね。

乳房雲っていうのは危ないって
わかったんですが 天達先生…。

そうですね あります あります。

〈続いては

3日後の悪天候を
予測する?〉

〈うろこ雲〉

これはね よく見る
うろこ雲というね 雲なんです。

これ自体は ホントに
雨も降りませんし

秋によく見る
いわゆる 秋晴れの雲ですよね。

ただ これが
秋とか春なんかだと

2日後 3日後ぐらいに
お天気が崩れる

サインになってしまう
雲だったりするので…。

このあと 2日後 3日後の
予兆って わかるんですか?

(天達)わかるんです。
(高山)えーっ!

うろこ雲は 成長すると

もっと大きなひつじ雲に。

そのまま大きくなると

雨雲になる事が多い雲なのよ。

昔から うろこ雲は3日後

ひつじ雲は翌日に雨っていう

言い伝えもあるの。

ここで 片岡先生と木原先生も

天気が荒れるサインを
教えてくれたぞ。

皆さん 飛行機雲とか…。
(高山)うん うん。

(片岡)ある時見た 飛行機雲は
しっかり残ってるのに

あれ? 飛行機雲
すぐ消えちゃってるなって…。

それって 何か
飛行機が出している排気ガスが

関係しているのかっていったら
そうじゃないんですよ。

単純に
空気が乾いているか いないかが

それで わかるんですよね。

飛行機雲が長く延びていたら

その上空 すごい高い所の空気が
湿っている。

(片岡)これが
10分以上残っている場合は

うろこ雲に変身する事も
あるんですよ。

えーっ!
(片岡)そうしたら もう

2~3日あとには
天気は崩れてくるかもしれない。

空気が…
だって 上空が 湿っているから。

そういう時 じゃあ どうすれば…

実際 雨降るかどうか
判断すればいいかっていうと

天気予報で…。

うん。

っていう言葉も
あると思うんですけど…。

日本列島の西側に
もし 低気圧があって

かつ 上空に このように
飛行機雲がしっかり残っていたら

ホントに 2~3日あとには
雨が降るかもしれないな

っていう事もわかるので

すごく役立てるかなって思います。
(伊沢)合わせ技なんだ。

さらに…。

(木原)ちょっと白っぽい空かな
なんて見えて

雲には見えない事もあるんです。
ところが

太陽があった時
周りに こうやって

輪っかができる事が
ありますね。

ハロというんですけれども…。
昔の人は

お日様が かさかぶったとか

月が かさをかぶったというように
表現していたんですが…。

これがですね 薄い雲が
もうすでにきているという事を

発見できるんですよ。
(伊沢)なるほど。

(木原)つまり このあとに
今度は うろこ雲がくるぞ

ひつじ雲がくるぞ
やがて 雨雲がくるぞという

これを知らせてくれるのが
この輪っかなんですね。

(2人)へえ~。

ちなみに 雲は

太陽の熱で温められた水蒸気が

冷たい空の上で 水の塊に戻って

たくさん集まる事で
できるんだったよね。

ここで
木原先生が

雲のできる
瞬間がわかる

面白い実験を
見せてくれたわよ。

おっ!

(木原)ここに…
これ ポンプになってますから。

ここには 外にある
空気を入れてるんです どんどん。

(木原)この中に どんどん。
で 水蒸気が多くなる。

(木原)圧力かけると
温度 上がりますから。

この栓を抜きます。

すると
一気に気圧が下がります。

気圧が下がると
温度が下がります。

(石原)雲ができるところを
再現している。

(木原)そう
雲ができる事を再現している。

いきますよ。 3 2 1…。

(高山)おお~!

これが雲だ。
(伊沢)白くなった。

すごい!

本当に
真っ白い雲みたいになったぞ!

ペットボトルの中の温められた水蒸気が

急激に冷やされた事で

中の水蒸気が固まって
雲みたいになったのよ。

ちゃんと目で見えるっていうのは
いいですよね。

やってるよね?

あれ? 良純先生も
言いたい事があるみたいだぞ。

そうなんです。 いいですか?

(石原)いや 違う…。

(石原)あの雲 なんかやばくない?
って 例えば 言った雲は

結構 概して
やっぱり 害を与える。

で 空で…。

今 良純さんが
そんな話をしたあとで…。

でもね ホントに
色んな雲が順番にくるって…

天達さんが いらっしゃって
片岡さんが いらっしゃって

最後 石原さんがきたら
やっぱり 土砂降り…。

もう 避難しなきゃダメだ…
みたいにはなりますね。

ここからは
特に要注意。

見つけたら
最大限に注意してほしい

危険な雲。

(高山)なんか不吉。
(天達)これは…。

(天達)もう これ
一番危ない雲なんですけど…。

スーパーセルっていう

積乱雲の中でも
巨大積乱雲ですよね。

雨が降ってる所と晴れてる所は
しっかり…。

(天達)その中に入ったら
ものすごい突風が吹いてたりとか

雹が降ったりとか… はい。

すごいな。 素人が見てもわかるね。

(天達)あとは この…
漏斗雲っていって

雲の下に
漏斗状に出ている雲は

これ 下までつけば
竜巻なんですよね。

なので 竜巻が これ もう

ついてるかもしれないん
ですけれども…。

これを見たら
竜巻の危険があると。

なるほど。

良純さん おっしゃったように
さすがに これは

そうです。
で やっぱり あれを見て…。

そういう事なんですよ。

漏斗雲なんか 相当珍しいから

「ちょっと インスタ上げたいんで
撮ってよ」みたいな人だって

いそうですけど…。
そうですね。 海上から

陸地に やって来る場合も
あるので。

で 竜巻って

40キロから50キロぐらいで
移動する場合もあるので

もう 見つけたら
ホントに すぐ 建物に入って…。

ガラスだと
ホント 危ないですよね。

ガラスが割れて
被害が起きる時あるので。

できれば 1階 もしくは地下に
避難っていう… はい。

1階でも
なるべく 周りにガラスがない

壁が頑丈な お風呂場かトイレに
避難するっていう…。

簡単に言うと…。

(天達)下に 必ず避難…。

危険な雲を見つけるには

何よりも まず
空を見る事が大切。

雲を よく見る事で

悪天候や危険から
身を守る事に繋がるので

これは覚えておこう!

〈各局で活躍中の
人気気象予報士が集結〉

〈林修が 今 気になる

天気の疑問 徹底解明スペシャル〉

〈続いては…〉

こちらですね。

ホントに ゲリラ豪雨が

年々 ひどくなってると
思うんですけれども

これも理由があるんだろうと
思いますので

それを ぜひ 教えて頂きたいと。

〈急に現れて
一時的に猛烈な雨を降らす

〈しかし
今 天気予報を見ていると

こんな言葉を耳にしませんか?〉

〈猛烈な雨を
広範囲に長時間降らし

河川の氾濫や
土砂崩れをも引き起こす

線状降水帯〉

この線状降水帯
ゲリラ豪雨と何が違うのか?

その対策法も教えてもらおう。

〈被害に遭わないための対策法を
しっかり学びます!〉

〈最近 天気予報でよく耳にする
線状降水帯〉

〈まずは
ゲリラ豪雨との違いについて

学んでおきましょう〉

この 線状降水帯と

普通のゲリラ豪雨
っていうのは

どう違うんですか?

一つ一つ… 積乱雲が
1つでダーッと降らせる。

ところが
線状降水帯というのは

その単独の積乱雲が
いくつも積み重なって

次々とやって来るんですね。

だから 1人でやって来るよりも
群衆でやって来る方が

怖いですよね。

(伊沢)なるほど。

(森田)この画面で見るように

同じ場所に 次々と
上昇気流が起きるんですね。

単独でできた場合で
雨を降らせるのは

ゲリラ豪雨です。
しかし それで

いったん できたのが

風下の方に
どんどん流れていって

こうなると 線のように
大雨のところが続きますよね。

左から右 西から東に向けて

線状に伸びるようになってきたら
危ないと。

だから 単独でも
もちろん 怖いんですけれども

線状降水帯になると
広い範囲で

しかも 大勢の方が被害を被る
という事になりますよね。

さあ では
このゲリラ豪雨と線状降水帯の

雲の違いがわかる
映像がありますので

こちらをご覧ください。

(森田)この黒いところが
通過している時に

今 すでに雨が降ってるんです。
これ 雨が降ってるんです。

雨が降ってるけれども
地上に届いてない。

この黒い雲が抜けたあとに
雨が画面について… これ。

だから 雨が落ちてくるスピードが
わかるんですね。

(一同)へえ~!

さあ では 続いて
線状降水帯の雲の移動です。

こちらです。

(森田)これ 次々と積乱雲…。

もちろん
早回ししてありますけどもね。

で 1つが抜けていっても
どんどん どんどん やって来て…。

(伊沢)確かに 大きいのと小さいの
って感じですね。

(森田)多くの人に
警戒を呼びかけるために

今年の6月から
線状降水帯情報というのを

発表するように
なったんですね。

(森田)回数が増えたのは

海水温の上昇と
気温の上昇という事が

大きいのではないかというのが
いわれていますね。

(森田)そうです そのとおりです。

なるほど。

〈危険な水害を
起こすかもしれない

線状降水帯〉

〈ここで 最低限 押さえてほしい

3つの対策法を

検定問題でチェック〉

まずは こちらの問題です。

〈いざという時
より安全に避難する方法がわかる

検定問題から〉

…という問題です。

では いかがでしょうか。

お手元の札をお上げください。
どうぞ!

おっ 割れました。

A 2名 B 3名という事に
なりましたが…。

(一同 笑い)
(伊沢)間違いない。

傘は引っ掛かるので。
一方向に入れると

広がっちゃったりとか
邪魔になったりして。

しかも 冠水してる所に
置いていったら

他の人にも邪魔なので

むしろ 傘持たない方が
いいんじゃないかという。

さっき
如恵留くんが言ったように

それにプラスする情報は…

もうね もう一人いるのに

勉強します。

さあ では 森田先生
正解をお願いします。

高山さんと沢口くんが正解。

やった~!

(森田)伊沢くんと林くんは
考えが足りない。

なぜかっていうと…。

傘は…
長いやつですよ もちろん。

(森田)だから
水がある所 こうやって

何かないかみたいな…。
(川島)頭いい!

結構

やはり 傘っていうのは
もちろん 差すのも大事ですし…。

足元には マンホールが

もう 開いてしまって
落ちてしまうとか 用水路に。

足元を確認するっていうのは
すごく大事な作業なので

ぜひ 傘を有効活用して頂けたらな
って思います。

(伊沢)うわ~ なるほどな。

(高山)これは こっちだろうな。

どうぞ!

おっ A 4人 B 1人
という事で…。

でも この想定してる長靴が

魚市場なんかで
ここまであるやつだったら…。

長靴がいいんだ
って言われたら

また ぐうの音も
出ないですけどね。

〈果たして 正解は…〉

〈冠水した道路の歩き方〉

〈このあと 徹底解説!〉

〈気象予報士も学友たちも
大興奮〉

〈そして この時期
特に注意が必要な

〈気象予報士が
対策法を徹底解説!〉

(相葉) 柔軟剤をお使いの皆さん
(主婦) はい!

気になる衣類のニオイ 消しても消しても

キリがない!

だったらこれからは「ソフラン」!

進化した防臭力で 臭くならない服に変える!

「ソフラン プレミアム消臭」
(相葉・二宮)いっしょだと最高!

(相葉) 「ソフラン ウルトラゼロ」は 次世代の柔軟剤

<悪臭を感じる前に ニオイをブロック>

<強い香りで ごまかさない!>

嫌なニオイも
(男性)臭くない!

「ソフラン ウルトラゼロ」
<今こそトライ!>

冠水した道路を歩くなら

スニーカー 長靴 どっち?

これは
A スニーカーですね。

沢口くん以外
正解となりました。

ただ
長靴でも 上が こう…

ひもで… 口のやつが
あるじゃないですか 結ぶやつ。

あれは大丈夫ですよね。

だから とにかく 水が
入らなければいいわけですから。

一般的な長靴を想像すると
一般的な環境だと…。

…と思います。

〈続いては

〈水があふれ
下が全く見えない状況で

どこを歩けば より安全なのか?〉

〈問題〉

どうぞ!

これ 皆さん Bとなりましたね。

だから 穴が開きづらい場所
なのかなと思って

Bにしました。

道路って
フラットじゃないですよね。

正解はB。

という事で
皆さん 正解です!

(拍手)

おっしゃるとおりで

舗道の真ん中は モワッとして
上がってる所なんですが

端っこは色んなものがあって
転びやすいし つまずきやすいし

それから マンホールなんかも
あったりしますね。

だから やっぱり
道路の場合 真ん中。

全て真ん中。 なんでも
真ん中がいいと思いますよ。

道路が冠水している時は

傘を つえ代わりに使う。

靴は 水がたまりやすい長靴よりも
スニーカー。

そして 道路を歩く時は

障害物の少ない真ん中。

いざという時のために

覚えておこうね。

やっぱり 本当に 近年

ようにしていかなきゃ
いけないって事ですよね。

(森田)いつも
我々は思うんですけれども

一番 事情というか

〈林修が 今 気になる

天気の疑問 徹底解明スペシャル〉

〈続いては

今まさに気になる こちらの疑問〉

続いてのお天気の疑問
林くん お願いします。

みんな 気になるところですが…。

〈近年 日本に上陸している

(アナウンサー)「24時間の雨量が
500ミリ近くと…」

(アナウンサー)「函館市も 24時間で
305.5ミリの雨が降り

こちらも

「観測史上1位」って
最近 よく聞くよね。

例年 8月 9月に
最も上陸しやすく

まさに今が
本格的な台風のシーズン。

一体 今年の台風は
どうなるのかしら?

その対策法も
教えてもらうわよ!

「観測史上初」という
こんなフレーズも よく聞きます。

(森田)伊沢くん
ぼーっとして聞いてました?

なんででしょう?
(伊沢)「なぜでしょう?」…。

なぜか?

海水面の温度が上昇。
海水温が高い?

ああ… さすがですね。

(川島)えっ そうなの?
(伊沢)危ねえ! 焦るなあ。

聞いてないようなフリして
聞いてるし…。

(森田)で こちらを
ちょっと ご覧頂きましょうか。

〈こちらは およそ30年前の
海水温度を示した地図〉

〈ピンクの部分が
最も温度が高い場所〉

これ あの… 1990年

今から30年ほど前
なんですけども…。

(森田)
そうすると 1990年に比べて

去年は明らかにピンクのゾーンが
広がってますよね。

(伊沢)全然違う。
(森田)だから水温が高くなってる。

(森田)海水温1度って普通じゃん
って思ったら大間違いですよ。

(森田)大体 水温が1度違うと
水蒸気の量で

10パーセントから20パーセントぐらい
増えるんですよ 水蒸気量が。

従って その水蒸気の量が増える
という事は

雲の発達に寄与するわけですから
当然 雨量も多くなるし

それから 積乱雲も発達するから
台風も強くなると

こういう仕組みなんですよね。

さあ そして なんと…。

だって しゃべっても
カットするでしょ? 君たち。

いや いや いや ここは…。

なんで 求めない時
やたら入ってくる…。

(石原)いや でもね

(石原)
あの… 今年 台風8号かな?

初めて宮城県に上陸しました。

で 初めて上陸すると
何が起こるかっていうと…。

(石原)また 2018年に

北海道に上陸したんですよ
強い台風がね。

そうすると 北海道に

100ミリとか150ミリって

雨ってめったに降らないんですよ。
で そうすると…。

僕 そのあとに
北海道行ったんだけど…。

(石原)流れた跡が残ってて。

今まで来なかった所に来るとか
っていう事で

過去の経験則が当てはまらない
って事は

やっぱ ちょっと
注意しておかないと…。

ちょっと 怖いですね やっぱりね。
大体 僕らが小学校の時には

北海道には台風がないって
書いてありましたよ 教科書に。

うん 書いてあった。
それが こういうふうに上陸して

害を及ぼすように
なったんですから…。

(森田)実に…。

これまで台風っていうと
九州とか四国とか

そちらの方に上陸するのが…。

という事も
書いてあるんですね。

ちなみに 今から5年前に

発生した台風は 観測史上初の

とっても珍しい動きをしたんだ。

日本に近づく台風は
上空の強い風の影響で

西から東へ進む事が
多いんだけど…。

♬~

どこに向かうと思う?

なんと ここでUターン!

♬~

このような
珍しい動きをした事から

この台風は
Uターン台風とも呼ばれたんだよ。

〈では 過去に例を見ない
台風上陸の可能性に

どう対策すればいいのか?〉

(片岡)だって
その日に急に降ってきたら

なんの準備もできてない。
でも

そう 台風は 急に出現する
ゲリラ豪雨と違って

数日前から
準備をする事ができるんだ。

その鍵を握るのが

天気予報でよく見る

台風の進路予想図。

実は 片岡先生によると

この進路予想図を
正しく活用できている人は

圧倒的に少ないそうよ。

台風シーズンの今だからこそ

正しい見方を教えてもらおう!

〈気象予報士が教える

台風進路図の正しい見方〉

〈まずは

(片岡)こちらをご覧ください。

これは ある日の
台風進路予想図なんですけれども

川島くん いかがですか?

この台風 見て どういう印象を
パッと見 まず 受けますか?

日本列島直撃だなって
思いました。

(片岡)そうですよね。
その感じ。

この白い円 見えますよね。
予報の白い円。

これ 予報円と
いうんですけれども

この予報円の意味って
川島くん わかったりします?

(片岡)いい回答を
ありがとうございます。

実はですね
この円の中に入る確率が

70パーセントだという事を
表してるんです。

つまり
大きければ大きいほど

まだ 進路にバラつきがありますよ
っていう事なんです。

(片岡)つまり これ この…

例えば 本州
東日本一帯にかかってる

この白い円 大きいですよね。
これは台風の大きさではなく

まだ こっちに行くかもしれないし
北海道に行くかもしれないし

まだ 進路にバラつきが大きいよ
っていう

全然…。

(片岡)
よく 台風が発生しました

この進路を見てください
っていう時に

ネットで
「うわ 台風が日本直撃だ!」

「やばいよ どうしよう!」
っていう…

SNSで
出るんですけど

この円の大きさは
台風の大きさではない。

じゃあ 実際 台風
現在 どういう大きさなのか?

それは この黄色い円で
表されているんです。

(片岡)台風の大きさは
黄色い円なんです。

この円の大きさで
どんどん…

例えば これだと数時間先だったら
まだ 円 小さいですよね。

皆さん パッと見で
これは まだ

ほぼ確実に こっちに進むよって
いう事がわかる。

そうなると まだ数日先の
日本に近づく頃には

進路が まだ 全然 定かじゃない。
じゃあ どうすればいいか?

常に…。

でも これ やっぱり
高山さん…。

(片岡)そうなんです。
これ 見るとね なんか

北海道辺りで
一番 大きくなるんじゃないか

っていうふうに
思っちゃう人もいるんですけど

それは大きな間違い?
(片岡)そうなんです。

北海道に行くと思いきや
全然 太平洋 日本の東にそれて

全然 行く場合もあるっていう…。

この絵を見た限り…。

(片岡)この時期から
例えば 窓ガラスの補強とか

やっぱり 保護フィルムとか
最近 すごくいいのがあって

それを1枚 貼るだけでも

窓ガラスが
割れなくなるんですよね。

(伊沢)なるほど。
(片岡)…という事なんですよね。

〈気象予報士が教える

台風進路図の正しい見方〉

〈続いては

例えば これ 台風が もし

真ん中の線を進んだとしますね
白い線。

仮に進んだ場合
自分の住んでいる場所が

この線の右側なのか 左側なのか。
これが とても大切です。

この台風は 恐らくは
東京湾辺りに上陸して

関東を突っ切る形に
見えますよね。

その時 房総半島は

(木原)右? 右になりますね。
台風というのは

グルグル グルグル
円運動で風が吹いています。

…と同時に 時速数十キロで

進行方向に向かって
進んでます。

となると 進行方向の右側は
台風の円運動の風プラス

進行速度の風が加わるんです。

さらに風が強くなる。

ですから この進行方向に…

もし 自分の家が
右側に入りそうだと思った時には

特に 風に対する対策を
重点的にとるという事が

安全にやり過ごす方法になります。

こちらは アメリカのNASAが

宇宙から捉えた
台風の貴重な映像。

台風の目を中心に

反時計回りで
回転しているのがわかるよね。

台風の右側は

進行方向へ向かう風と

反時計回りの風が合わさるため

より 風に注意が必要。

覚えておこう!

(一同)えーっ!

(木原)お弁当箱ぐらい
なんですが…。

もし 外で何かあった時…
自分には 何も準備がない。

でも
これぐらいのものがあれば…。

(木原)こういうものを…。

じゃない?
(森田)何 入ってるの?

(木原)例えば まあ…
こういうものは普通にあります。

(伊沢)外側にライト?
(木原)スマホでも

ライト付いてますけど
あれ もったいないです。

スマホの電源をね
照明に使っちゃうの。

それから…。

これは必要ですね。
薄いから 入ってて大丈夫。

それから もし…。

寒い寒いという時に
困らないように…。

(木原)昔は 大きなシーツみたいな
形だったんですが

どうせ寝るんだったら
寝袋型にしちまえって事で

今 そういうのもあります。

もう すっぽり 体入って
暖かく。 あと…。

絆創膏ですね。

それから…。

(伊沢)ああ ありますね。

(木原)これ 端が
ピタッてくっついて固定できる。

すぐくっつくやつ…。

〈他にも 万が一
火災が発生した時のため

煙を防ぐフードなどを

木原先生は常備しているんです〉

最後に1つ お願いします。

(高山)えーっ! 素敵!

〈ちなみに 良純先生は

自分だけでなく

他人に迷惑をかけない
台風対策を実践〉

(沢口)はい。
おっ きた。

もう一つ 自分が…。

(石原)それは 要するに

例えば ベランダに
椅子を置いておくとか

植木鉢を置いておくとか

っていう事をしていると
それが飛んでいって

誰か 当たっちゃったりするかも
しれないじゃないですか。

だから 自分が被害者じゃなくて

自分が 半分 加害者に
なってしまうような事もあるから

自分の身を守るのと同時に

周りに迷惑をかけないっていう
準備をするっていうのを

ちょっと 覚えておかれると
いいかなって…。

それこそ…。

(沢口)それは思いますね。

〈実際に

〈このあと
貴重な実験映像を公開〉

〈台風対策のためにも
しっかり学びましょう!〉

〈京都大学防災研究所が実験した
映像があるので

見てみましょう〉

〈まずは
家の外に置きがちな 傘〉

〈一般的な家の窓で使われる
ガラスに向け

強い風の力を加えると…〉

うわっ…!

〈続いて 回収日の前日に
外へ出してしまいがちな雑誌類〉

〈さらに
水が入ったペットボトルは…〉

〈ガラスを突き破るという
結果に〉

他の人に迷惑を掛けないためにも
台風接近中は

ものを外に出さないよう
心掛けよう!

先生方 おっしゃってるように

色んな災害がある中で
台風っていうのは

こういうふうになるな
っていうのが予測ができる。

〈さらに 台風と同じく
この時期 注意が必要な雷〉

〈身を守るための対策法

このあと 気象予報士に
詳しく教えてもらいましょう〉

〈人気気象予報士が集結〉

〈林修が 今 気になる

天気の疑問 徹底解明スペシャル〉

〈続いては…〉

気象予報士の方も驚くような

貴重な珍しい天気
っていうのがあれば

教えて頂けるでしょうか?

〈空を見上げると…〉

〈今まで見た事もない
美しい光景に

思わず立ち止まってしまった経験
ありませんか?〉

〈ここからは
貴重映像満載〉

〈気象予報士も
感動!〉

〈目撃したら幸運になれる!?
レア天気〉

〈まずは…〉

まずはですね 虹が大好き
木原先生に答えて頂きましょう。

虹 好きなんですか?

へえ~!
(木原)もう 見とれて…。

テレビ局に お天気カメラって
いくつも置いてあるんですよ。

色んな所に。
それ見て 映ってると

「回して 回して! 収録して!」
って。

「どうするんですか?」って
スタッフに言われて

「どっかには使えるから」って
言って 回してもらったりしてね。

そんな木原先生が

めったに見られない貴重な虹を

教えてくれたぞ!

〈まずは…〉

〈その光景が…〉

わあ~!
きれい!

〈その光景が…〉

(高山)ああ~!
(川島)あっ きれい!

(高山)ホントだ!

(伊沢)しかも
きれいに全部出てる。

(木原)これがですね
ダブルレインボー。

通常 普通の虹がある

その外側を
よく見てください。

見逃しちゃうかもですね。

(木原)もう一本 虹があるの
気づきません?

沢口さん
虹って何色ですか?

(沢口)7色です。
(木原)7色ですよね。

普通に出てる虹って
外側が赤いでしょ 一番。

外側にある副虹って
色 逆なんです。

内側が赤いんです。
逆だ。

これは 太陽の光が
特に強い時に見られる

とってもレアな現象で

見ると幸運が訪れるとも
いわれているんだ。

〈続いては

(高山)わあ! えっ?
何? これ。

(木原)こちらです。

パッと見ると
虹のようにも見えますが

これ 違うんです。
環水平アークという。

これ 太陽の高度が
高い時にですね

その光線が
やはり 雲に当たって

分光して出てくる。

太陽高度が58度以上
という事ですからね。

なかなか これ
条件が整わないと

見られないんですけれども。

これね 見た時は
ラッキーなんですよ。

きれいでしょ?
(伊沢)きれいですね。

この環水平アークは

太陽が高い位置にある
3月から9月

特に お昼前後が
見られるチャンスらしいぞ。

〈続いて

(木原)こちらです。

その美しさから
日本では 古来から

吉兆の前触れ
瑞雲とも呼ばれてます。

神様の祝福といわれてきた
すごい虹なんです。

(高山)わあ~!

きれい!
(川島)きれい!

(木原)まるで この

天女の羽衣のようにも
見えますよね。

(木原)これ 彩雲と
いわれてまして

これ 虹のようにも見えるんですが
ちょっと でき方が違うんです。

虹は 太陽光線が
水滴の中に飛び込んで

出てくるものなんですけど

これは 水の粒の周りを
ぐるっと光線が回り込んで

7色に分かれてくる
っていう形なんで

ベールのように
広がって見える。

阿弥陀如来が

この彩雲に乗って
やって来たなんていう

そんなふうなですね
絵も描かれるぐらいに

大変これはありがたい
光学現象。

私も探してみよう!

〈そして もう一つ

めったに見られない貴重な虹から

林くんに挑戦状〉

(木原)さあ…
これ わかりますか?

これも
レアな虹なんです。

白い虹なんですね。

この白い虹…。

白く見えるっていう事は
結局 全部の色が集まっちゃって

結果的に
白に見えてるわけですよね。

だから 分光してない…

あるいは いったん
分光したものが

再度 一つになってる…。

ちゃんと 答え出さないと
まずいですよ あの感じは。

いやいや そんな事ないですよ
そんな事ないです!

よし 伊沢…。

きたよ。 さあ 伊沢くん。

白い虹が尾瀬で出てるのを
ちょっと見た事があったので…。

なるほど。 伊沢くんの答えは霧。
(伊沢)霧じゃないか…。

(木原)正解は こちらです。

おっ!

(拍手)

(高山)すごーい!

いやあ… さすがです。
(伊沢)ありがとうございます。

沢口さん なんか ちょっと
印象に残ったものありますか?

(木原)ダブルレインボーですね。
(沢口)ダブルレインボー… はい。

(片岡)だから 雨上がりだと思って
虹を見たいなって思ったら

太陽を背にした方向の空を見たら

もしかしたら
見つけやすいかもしれません。

太陽の光が当たって

それが反射して
僕たちの目に入ってくるので

太陽を背にする方向に
虹は見えるんです。

白い虹が よく見られるのは
伊沢くんも言っていた尾瀬。

霧がよく出る事がポイントなの。

〈気象予報士も
感動!〉

〈見ると幸運になれる!?
激レア天気〉

〈続いては…〉

片岡先生は 見ると
テンション上がっちゃう

貴重な天気ってありますか?

朝焼け派?

『羽鳥慎一モーニングショー』で
天気予報をやってると

やはり 3時半に起きて もう
5時前に出社してるとなると…。

(片岡)毎朝 出社する前に
撮ってるんですよね。

(川島)きれい!

(片岡)これが 朝焼けだと

こういうふうに
赤く見える時もあって…。

これが なんで赤く見えるのか

林くんに挑戦状したいなとか
思ってるんですけど どうですか?

朝焼け 夕焼けは赤く見えて

でも 太陽が上に昇ると
青空になりますよね。

それは やっぱり
赤の光の波長が長くて

青が短いから なるっていう…。

(拍手)
ホント詳しいね。

林くんが
おっしゃったとおりですね。

赤の光って波長が強いんですよね。

太陽の光には

赤や青 緑とか
色んな色があるんだけど

一番遠くまで届く色が
赤なんだ。

朝や夕方は
太陽との距離が遠くなるよね。

遠くまで届く色は赤だから
きれいな赤色に見えるんだよ。

ちなみに 私たちの身の回りには

遠くまで届くっていう
赤い光の性質を利用したものが

たくさんあるのよ。

(片岡)それを利用して
例えば 赤信号とか…。

ちゃんと すごく伝えたいですよね
止まってほしいから。

車のブレーキランプでも
赤って 伝わりやすいですよね。

だから そういうふうに…。

ちなみに そんな朝焼けで

空が真っ赤に染まる

貴重な映像を見てみよう。

♬~

うわあ きれい!

こうして見ると

本当に赤色が遠くまで届く
っていうのがわかるわ。

〈さらに

奇跡といわれる
貴重な夕日を

天達先生が
教えてくれた〉

(天達)これ 夕日なんですけど
今 沈んでいく瞬間なんですね。

皆さん よーく
一瞬なので見ててください。

沈む瞬間を…。

ものすごい
いい天気ですよね。

これで 今
夕日が水平線にかかって

ここから沈んでいきます。

これ 昔の

(天達)赤から…。

(高山)えっ?
(伊沢)えっ?

(天達)うわあ 色が…。
これです。

わかりました? 今 皆さん。
わかりました わかりました。

(天達)赤い夕日が
緑に変わる瞬間…。

うわあ すげえ!
(天達)これのために

みんなね カメラ構えて
見に来てるんですけど。

石垣島とか 割と離島で

見えるチャンスが
年に数回あるんですよね。

僕も 実は これ 前の番組の取材で
見に行ったんですけど

その時はね 3日連続で見えてた。

だから 僕も行こう! と思って
行ったら…。

このグリーンフラッシュは
水平線や地平線で見られるんだ。

蜃気楼が光を屈折させる事で
緑に見えるらしいけど

本当にレアな現象らしいぞ!

石垣島の他にも
小笠原諸島なども

グリーンフラッシュの
スポットとして知られているんだ。

〈さらに
天達先生は

夕焼けだけ
じゃなく

雲も大好き〉

〈雲マニアだからこそ知る
激レアな雲が登場〉

〈秋から冬にかけ 峠や山の斜面で
運が良ければ見られる貴重な雲〉

〈天達先生も息をのむという
圧巻の光景が こちら〉

(高山)うわあ…!
(川島)うわっ!

あっ すげえ。
ただ雲海じゃないんだ。

(天達)
これ 雲海がね ホントに

朝 冷え込んで
あふれ出してきてるんですよね。

ものすごく気温が下がって

朝霧は晴れっていうんですけど
これ出る時って晴れるんですよね。

滝雲は 雨が降った日の翌日
早朝が狙い目!

〈さらに

(高山)うん?
(川島)何? きれい!

(天達)これはね 僕は

(天達)これ 気象衛星の
画像なんですけど

模様みたいに
クルクル回ってますよね。

これ カルマン渦っていう
雲なんですけど。

これも
自然が起こす芸術というか…。

これも ホントにね
自然現象なんですけれども

これ見るとね 僕らも
テンション上がるんですが…。

それでは ここで 僕もですね…。

このカルマン渦は
なんで起こるのかわかりますか?

なんで起こるのか?

済州島という島があります。
その… ここの画面の中に。

済州島をきっかけにしてできてる
と言っていいのかな…?

(天達)そうですね。

じゃあ 例えば
水の流れに 指を突っ込むと

流れがブワッと分かれて
っていうのに近い原理で

その島にぶつかって 流れて

こういうふうに
分岐してできる渦なんですか?

(森田)大正解じゃないですか?

(拍手)
いやいや…。

いやいや 俺ら

全然ヒントになってないと
思いながら聞いてましたから…。

これは もう
違反ヒントぐらい頂きました。

いやいや いやいや…。
でも これ ホントに

もう季節風が
ビューッて吹き荒れてる時に

この済州島に
季節風がぶつかる事で…。

で 林さんが言ったように
こう グルッと回るように…。

風下側に
渦ができるんですけど

ただ 雲ができてるので

やっぱり 下の方の海は
結構 水温が高くて

あったかい空気が
どんどん上昇して

上は季節風で冷たいんで
そこで雲ができるんですよね。

風の流れになると…。

はい。
なんか こう 新幹線の…。

寝てしまうかもしれないですけど
オススメの空ってありますか?

見てて面白いなって…。

(石原)あっ じゃあ
1つ オススメを…。

で さっきの
カルマン渦じゃないですけど…。

(石原)強い北風が当たって…。

で それが 富士山に
ボコンとぶつかって

上昇して下りてきて

ヒュッて上がった所に
雲ができるんですけど…。

つるし雲っていう雲が 小田原の…
小田原とか あの辺りで

ちょうど見られると
思うんですけど

これが クラゲが浮いてるみたいな
あんどんが浮いてるというか…。

不思議な雲が出るのが
冬なんです。

(高山)へえ~。

(石原)なんか そんな…。

〈気象予報士も
感動!〉

〈激レア天気〉

〈トリを
飾るのは

森田先生〉

さあ そして…。

僕は 別に 注目とか
あんまり ないんですけども

じゃあ ちょっと
川島くんに質問してみようかな。

はい! なんでしょう?
(森田)あの

僕が…。

消す?
うん 消す。

えっ…?
何を消すでしょうか?

えっ!?
自然現象。

毎日 散歩中にそれ やってます。
(川島)散歩中ですか?

(森田)散歩中に。
(川島)何かを消してるんですか?

何かを。 「これ 消えろ」
「これ 消えろ」 「これ 消えろ」…。

(石原)偉いね。 偉い 偉い。
人んちの?

インターホン 押して
電気消して…。

〈森田先生が

散歩中に行っている特技〉

〈それは 雲を消す事〉

〈ある晴れた日に
スタッフが呼び出されたのは

テレビ朝日の屋上〉

消えますね あれ。

(スタッフ)あの雲がですか?
(森田)うん。

もう いっぱい
密集してるけどもね。

(伊沢)結構 優しい感じ…。

どんどん…。
(スタッフ)もう消え始めてる。

(森田)そう。
もう消え始めて…。

〈森田先生の祈りが
天に届いたのか…〉

〈およそ1分で
雲が消えてしまった〉

(スタッフ)ああ でも もう…
もう ないですね。

こういう感じですよ。

(森田)あの左の雲。
ビルがあるでしょう。

あのビルの 平面の…
横になってる平べったい雲。

(スタッフ)ああ 確かに。
(森田)不安定な感じ。

(森田)消えなさそうでしょ?
そうですね…。

(スタッフ)2分 かからないぐらいで?
(森田)2人で話してる間に。

〈森田先生が2分以内で消えると
予言した雲は…〉

おお…。
(伊沢)内側からバラバラになってる。

へえ…。
(川島)ホントになくなってる。

〈1分で消えてしまった〉

(森田)あれ
下の雲は消えてないんですよ。

〈なぜ 雲を消す事が
できたのか?〉

〈森田先生
詳しく教えてください〉

要するに…。

へえ! 不思議。

絶えず どの雲も
実は 消えるんですよ

長い時間 かければ。

でも 1分か2分で消える雲を
見つけて

「それだ」 「これだ」って
言ってるわけ。

まあ 選ぶのは
ちっちゃい雲 割と。

それ 友達の前でやると
絶対に みんな ビックリするから。

(森田)そうそう。
だから 普通に こうやって

「あの雲 消そうか?」
っていって

それで ちょっと
「こっち見よう」っていって

2~3分 話して
「見て! ないでしょ?」って…。

みんな ビックリしますよ。

いやいやいや…
出せないな それは。

〈ここで 高山くんから
雲に関する気になる疑問〉

地震雲とかも
よく聞いたんですけど

あれはウソですか?

ないです!
(高山)ああ あれはウソなんだ。

これぐらい ないんですね。
そのあと盛り上がらないぐらい。

あれだけ しゃべった人が。

(高山)うん そうですね。
(石原)だから…。

(森田)たまたま 当時 奈良の
市長だった方なんですけども

地震と雲 関係があるんじゃないの
っていう感じで

本に書いたら
それが すごく広がって

地震と雲を関連付ける
皆さん 研究が増えていって。

その時に 気象庁が明確に

地震雲はないっていうふうに
答えてるんですね。

その理由は 今 良純さんが
おっしゃったように

関連がないって
なったんですけどもね。

〈続いての疑問に行く前に

台風とともに
今 注意すべき雷について〉

〈落雷の
被害件数は

近年 増加傾向〉

〈その多くが

8月に
集中しているんです〉

〈いつ 自分に
降りかかるかわからない雷〉

〈正しい雷対策を知るため

クイズ形式で
学んでおきましょう〉

〈雷から身を守れ!
ウソ ホントクイズ〉

〈まずは

(高山)えーっ…。

お手元の札をお上げください。
どうぞ!

割れた!
おっ 割れましたね。

沢口くん いかがでしょうか?

はい。 なんか…。

私は…。

それのイメージです。

雷レベルになると

関係なく くるような気が
するんですけれども。

さあ では 森田先生
正解をお願いします。

はい もちろん… ウソです。

ああ~ ウソなんだ。
林くん 伊沢くん 正解です。

(森田)ゴムは
全く関係ないです。

これ
実験で証明されていて…。

(森田)落ちる所には。

確かに 金属を身に着けていると

雷が落ちやすいって
よく聞くよね。

うわ~…。
難しいですね。

ちょっと
みんなも混乱してくるような…。

さあ では
お手元の札をお上げください。

どうぞ!

ホントが2人 ウソが3人
という事になりました。

…って思いましたね。

さあ では 森田先生
正解をお願いします。

ウソですね。

林くん 伊沢くん 高山くん
正解です。

(拍手)

みたいな事 言う人
いましたけど…。

迷信ですか?
そうだったんだ。

〈雷から身を守れ!
ウソ ホントクイズ〉

〈ここからは

聞きますけどね。
安全かどうか…。

さあ では
お手元の札をお上げください。

どうぞ!

あっ 間違えた… こっちか。
これか。

皆さん
ホントという結果になりましたね。

それが ホントであってほしいな
って思いました。

さあ では 森田先生
正解をお願いします。

これは 正解 ホントです。

はい。 という事で
皆さん 正解です。

(高山)へえ~!
(森田)鉄の箱というのは

雷が落ちると
必ず 外側を電気が通りますから

その中にいる限り
電気は入ってきません。 はい。

どうぞ!

皆さん
ホントという結果になりましたね。

避雷針みたいな感じで。

来た時に そこから逃げる電気が
危ないんじゃないかなって思って。

僕 大学時代
ゴルフ部だったんですけど

ゴルフ場で 目の前で
木に落ちたの見ましたから。

えーっ!
木なんて危なくて…。

森田先生 正解をお願いします。

ホントですね。
皆さん 正解です。

(森田)ただし 木に落ちて…

木から
4メートルぐらい離れてれば

木には落ちるけれども
そこから離れてるから安全ですね。

木の すぐそば…
木の下で雨宿りは危険だけども

4メートル以上 離れてれば

むしろ
安全といえるかも知れませんね。

光るだけで 音が聞こえない時
あるじゃないですか。

(指を鳴らす音)
(高山)あれは…?

指を もう 鳴らしてますね。
木原先生。

光はですね かなり遠くでも
見えるんですけど

音は やっぱり減衰してくるんで…
吸収されたりして。

届かなくなってくるんですよ。
ですから 音は

その場所では鳴ってるんですけど

届いてこないだけで。
(高山)なるほど。

でも…。

(高山)
へえ~! あっ 低い音…?

(木原)だから
高い音の雷は怖いんです。

近いですから。
(高山)なるほど。

一番近い時は
ピリピリピリっていいますから。

だから…。

音は 大体 温度によるけど
350メートルっていわれてるから

ピカッていって ゴロゴロゴロって
鳴るまでの間を数えるのね。

(高山)ああ~!

(石原)ピカッと光って
1 2 3… で鳴ったら

350かける3だから 1キロぐらい。

今 ピカッと光って
ゴロゴロまで3秒かかったら

あっ 1キロぐらい先で
鳴ってるんだっていうふうに…。

(石原)危ないからね。
でも ありがとうございます。

雷が鳴ると
おへそ 取られちゃうから

隠せとか
よく言ってたじゃないですか。

あれは どういう事なんですか?

(高山・川島)えっ?

(木原)つまり
落ちてくる雷 怖いんで

体を低くしろっていう…。

(高山)
ああ そういう事だったんだ。

おへそを隠すと低くなるから…。
(木原)なるんですよね 自然に。

こうやって
おへそを隠して逃げると。

諸説ありますけど。
(石原)あと だから…。

雷が鳴るような時って
グッと冷え込んだりするから

風邪引かないようにね
っていう…。

だから おへそを隠せ
っていうような事も

ありますよね 言いますよね。
(木原)腹巻をするとか。

ちゃんと理由があったんだ。
(川島)すごいですね。

〈雷が鳴ったら

身につけているものを
気にするより

まず 車や建物の中に避難〉

〈これは覚えておきましょう〉

〈そして

災害シミュレーションとして役立つ
最新アプリ〉

〈このあと 徹底解説〉

〈人気気象予報士が集結〉

〈林修が 今 気になる
天気の疑問〉

〈続いては…〉

今 気象予報士として

気象庁に登録されている方が
1万人程度もいらっしゃる

というふうに
伺ったんですけれども

たくさんの方がいる中で

普段 どんな仕事を
されてるんですかと。

〈私たちがよく知る
気象予報士のお仕事といえば

ニュース番組で
天気予報を伝える事ですよね〉

でも 気象予報士の皆さんは

僕たちの身近なところで

とっても大事な仕事を

していたんだよ。

まずは スーパー・コンビニ編。

意外と身近なところで
スーパーとかコンビニにも

気象予報士の業務が
関わってきたりする…。

川島くん どんな事を
気象予報士はしてると思う?

スーパーやコンビニのために
やってる…。

(一同 笑い)

(石原)ほら なんか こう…。

そういうものを…
暑くなるよとか。

例えば 雨が降るよとか言ったら
ほら 傘が並んでたり…。

そういう 商品の入れ替えとか

売れ行きを予想して
アドバイスする。

こういうものを…
品物 置いてください

っていうような事も
やってるんですよね。

まあ わかりやすいのは
アイスクリーム。

気温が25度以上…
26度ぐらいから売れ始めて

30度になると
逆に氷菓子というか 氷菓が

売れるようになるんですよね。
(高山)食べたくなる。

(森田)もちろん その時に応じて

仕入れを変えたりとか
ありますよね。

自動販売機でもあると
思うんですけど

それも やはり…。

(高山)わかる!

(木原)という事が
わかっているんだったら…。

「あっ これだ これだ」といって
どんどん売れると。

そういうふうに
30年ぐらい前から

商品と売れ筋はどうなのか
っていう研究が

すごく行われてます。

(伊沢)なるほど。
すごいですね 実際の…。

(片岡)そうなんです。

(片岡)すごく重要な仕事が
あるんですよね。

他にも 豆腐の売り上げの予測を
専門にしている…。

過去の売り上げデータや
SNSのデータ

それから
気象データを組み合わせて

将来の豆腐の売り上げを予測する
ロジックを開発しています。

気象予報士が
売り上げ予測をする事で

売れ残りを減らし

食品ロスの削減にも
繋がっているんだ。

続いては
交通業界。

実は こんな所でも
気象予報士は活躍しているんだ。

今 本船…
船の上の本船の

今 本船が走っているコース
航路ですね

それの最適な航路を

そちらの方から
出してもらっています。

これは すごいですよね。
実際に

我々 飛行機 関係ないじゃん
と思うんですが…。

(森田)さらに気温も…。

(一同)へえ~。

気象予報士の
お仕事。

続いては
スポーツ業界。

大昔の話です。

ドームじゃなかった時。

だけど 気象庁の「雨でしょう」とか
「曇りでしょう」だけでは

決められないんですよ。

少しの雨なら
野球できますから。

試合があれば
バンバン売れるんですけども

試合がなくなると
一生懸命 その弁当を

今度は
西武沿線の駅へ持っていって

駅で売りさばかなきゃいけない。
大変なんですよ。

だから 気象庁の
雨とか曇りじゃなくて

試合ができるかできないかを
教えてくれという

そういう契約があったらしい。

それで 実際に野球場で

担当者の方が 双眼鏡で雲…

大体 30キロぐらいまで
見渡せますから

双眼鏡 見てて
「雲がきた!」っていって

すぐに… あと1時間後に
雨が降るかな みたいな事を

実際にやってたそうです。
(一同)へえ~!

(木原)
かなり昔の話ですけどね。

でも スポーツ関連
っていうんであればね

すごい波 立ってたじゃない?

あれ 外房 そんなに年がら年中

あんな強い波が
立ってるわけじゃないけども

やっぱり 台風の進路に合わせて
競技日程を変えて

波あるうちにやっちゃえとか。

それから 大きく言えば
気温の問題で

マラソンを北海道 持っていった
なんかも含めて

やっぱり スポーツ競技には
色々と…。

天候によって
長い時間やってると

どの時間が有利になるかとか
あるじゃないですか。

そういう やっぱり

スポーツ業界は 結構 気象情報を
頼ってるんじゃないかな。

ちなみに 東京オリンピックでも
気象予報士たちが

たくさんの競技を
サポートしていたらしいんだ。

例えば マラソン競技であれば

コースの どの辺りが
日陰になるのか日なたになるのか。

それによって
コース取りが変わってきまして…。

日陰の情報を提供しています。

本当に色んな場所で
気象予報士が活躍しているんだな。

〈人気気象予報士が集結〉

〈林修が 今 気になる

天気の疑問 徹底解明スペシャル〉

〈続いては…〉

はい。 こういう事 言うのも
なんなんですけれども

天気予報は 一体
どこまで当たるんでしょうかと。

で また 気象予報の最前線は
どういうところまでいってるのか

っていう辺りを
教えて頂けないでしょうか?

〈林くんの疑問に
答えてくれるのは

今回は 気象予報士の山岸先生が
特別講義に来てくれたんだ。

(石原)おいおいおい…。

(一同 笑い)

僕はね やっと 華やかな感じ
出たと思うんですよ。

いい絵面でございます。
(石原)なんかな…。

そうか。 頑張れよ。

面と向かって言われたら
照れるなよ!

〈気象予報の最前線〉

〈まずは…〉

これは 我々も
相当 気になるところですよね。

(伊沢)早めに
教えてほしいですもんね。

ゲリラ豪雨 いきなり遭った事
あります? 林先生。

学生時代は
3日連続で すごい夕立を

西日暮里で食らった事
ありますけどね。

場所も
特定で覚えてるんですか。

〈今まで

〈なぜ 発生の30分前までに

予測する事ができるのか?〉

〈このあと徹底検証〉

〈そこには
突然の雷雨を的中させる

♬~ (上戸)大人になってハグキが下がると
根元が無防備に…

実は ここが…ムシ歯リスク3倍!

だからハミガキは「オレンジのクリニカ」

《歯の根元まで しっかりコーティング》

《フッ素がムシ歯を防ぐ!》
♬~「オレンジのクリニカ」

(だいすけお兄さん)
<手指の消毒ジェルで

「キレイキレイ」な手>

<携帯用で 「キレイキレイ」なおでかけ>

<ひろげよう キレイの輪>

(キレイキレイママ)<キャンペーンやってます!>

〈予測不可能といわれたきた
ゲリラ雷雨〉

〈なぜ 発生を
予測する事ができるのか?〉

〈そこにあったのが

ゲリラ雷雨防衛隊本部〉

具体的にはですね

サポーターと呼ばれる
ユーザーの皆様から頂いた情報が

一番の軸になって
進めていきます。

そうなんだ!

〈ウェザーニュースアプリに
登録している人から

現地の雲の画像を送ってもらい

風向き 雲の発達速度などを
分析し

今後 どこに
ゲリラ雷雨が発生するのかを

予測するのだという〉

なるほど。

(スタッフ)結構来るんですね。

そうですね。
頂いております。

なるほど。

それだけ たくさんの人に
情報をもらう事で

ゲリラ雷雨を予測する事ができる
って事なのか。

〈実際に この日は…〉

これからだと…。

と思われます。

(スタッフ)群馬県の高崎?
(金城さん)群馬県の高崎です。

(金城さん)これは
かなり危険な雲だと思われます。

〈現地のお天気カメラを
見てみると

黒い雲が急発達した様子が
わかる〉

(金城さん)送ります。

(スタッフ)
このオレンジになってる所に

アラームが鳴ってると…。
(金城さん)はい そうです。

〈という事で 番組スタッフが
検証のため現地に急行!〉

〈アラーム発生から40分〉

〈現地に到着した頃には
まだ 小雨程度だったが…〉

(スタッフ)うわ~!
降ってきた 降ってきた。

〈それから5分ほどで…〉

(スタッフ)
うわあ~! すげえ降ってる!

(雷鳴)

〈猛烈なゲリラ雷雨だったが

わずか30分ほどで
青空が見えるまで 天気は回復〉

〈という事で ユーザーからの
生の情報をもらう事により

ゲリラ雷雨は 予測する事が
可能になったという事なんです〉

へえ~!
木原先生 いかがでしたか?

実は ウェザーリポート

ただ 文章がね…。

そういうのって
実際 何ミリかっていうのは

ちゃんと計測してないんで
わからないんです。

(木原)「ゲリラ雷雨だ!」とかね。
でも 実際は

そんな強い雨じゃなかったり
する事もあるんで…。

なるほど。 プロは プロなりに

また1つ 自分の技を足していく
っていう事ですか。

それじゃあ 俺たちいらないのか
って事にはさせねえぞ

っていう辺りが そこは
ちゃんとしっかりしてますね。

でも それこそ…。

(森田)もちろんですね。
僕は…。

ラジオのリスナーの方から

今 雨 降ってるよっていうのを
送ってくれっていうふうに

やってた事があるんですけども…。
やっぱり それでも少ない。

そういう意味では
ウェザーニューズのは

色んな方が
来るわけじゃないですか。

ありがとうございます。

〈気象予報の最前線〉

〈続いては…〉

(山岸)
では こちらをご覧ください。

こちらは 気象庁が設置している
観測機の場所。

全国に
およそ1300カ所あるんだけど…。

その10倍!

およそ1万3000カ所に
観測機を置く事で

より狭い範囲の天気予報を
可能したんだ!

そんな狭い範囲での天気予報を

表した言葉があるのよ!

それが 1kmメッシュ。

あんまり
聞き慣れない言葉なんですけど

この1kmメッシュ
どんな意味なんですか?

(山岸)メッシュという言葉は
予測範囲の狭さの事なんです。

例えば 気象庁から発表される
天気の情報というのは

20kmメッシュ。

一般的な お天気のサイトでは
5kmメッシュ。

そんな中
1kmメッシュだと

駅と駅の天気の違いまで
予報できるようになりました。

ホントにピンポイントのが
見れるんですね。

(石原)これね みんなね
昔からやりたかったんだよ。

僕もね 「アメダス」じゃなくてね
「ズミダス」を作ってやろうと

ホントに思ってたんだよ。
それで 気象庁を出し抜いて

俺の方が詳しいじゃねえかって…
みんな 思ってましたよね。

確かに…。

でも それこそ

気象庁より すげえ予報を出したい
っていう意識は

それこそ
森田さん 昔からあった?

もちろんですね。

実は 気象界のレジェンド
森田先生は

昔 ある予報をしたせいで

気象庁に
怒られちゃった事が!

私自身の桜の開花予想を

気象庁しかやってはいけない時に
やったんですね。

そしたら 翌日 産業気象課
というところに呼ばれて…。

言っていいのかな? こんな事。

いや 森田さんはいいですよ。
ホントに。

それで 「君 昨日 桜の予想ね
やったけれども

あれはダメだ」って言われて。

まあ 怒られたって言うと
あれですけども

一応 注意を受けました。

あれ? 森田さん あれですよね
1週間予報で…。

それもありました。

そんなのばっかりですよ
私の傷口…。

あれ 1週間しか
気象庁が出さないわけですよ。

それを
ゴールデンウィークだったので

森田さんが
まあ サービスというか

全部 知りたいじゃないですか
5月7日ぐらいまで。

出したんですよ。
そしたら 気象庁が

「これは どういう資料で

これをやってるんだ?」って
いって。

山ほど ありますから
もう ホントに…。

でも あれですよね ホント
今は ものすごい便利になって…。

僕ら だって 気象庁に
データを取りに行くみたいな事

やってましたよね メディアはね。
(森田)昔ね。

全部
お天気相談所に行くんですよ。

今は ホントに
それと同じものが

タダでインターネットに…
バンバカ 取れるわけ。

僕らは よく 「空を見てくれ」って
今日 たくさん出てきましたけど

空を見るのと同時に

そういう
データを照らし合わす事が

簡単にできるんですよ
家にいて。

だから そういうものを活用すると
色々 面白いですよ。

〈気象予報の最前線〉

〈続いては…〉

〈報道番組などで流れる
「30ミリの雨」や

「1メートルの浸水」という言葉〉

〈数字を聞いても
いまいち ピンとこない

という方も
いるのではないでしょうか〉

実は 自分が今いる場所を
カメラで映すだけで

大雨や浸水被害を仮想体験できる
最新アプリがあるそうよ。

〈このあと
気象予報士が使っている

災害シミュレーションとして
役立つ最新アプリを公開〉

〈さらに 森田先生も落第?〉

〈災害シミュレーションとして役立つ

最新アプリを公開〉

では 実際に ちょっと
雨を降らせてみてもいいですか?

はい。 今ですね

では この降水強度を
どんどん上げていきます。

降ってきた。
強いな。

これ 相当きちゃったな。
(伊沢)結構 降ってますね。

(山岸)では
80ミリ 体験してみましょう。

これが? これはすごい。

(山岸)こんな降り方なんですね。
(木原)もう 冠水してますよね。

(山岸)こちらのアプリですと

視覚的に非常にわかりやすい
というメリットがあります。

では

(山岸)浸水モードに
切り替えていきます。

おおっ!
うわっ 結構リアルだな おい!

(伊沢)上段でよかった 今日。
ああ…。

あっ 俺 これ 靴 買い取りだな。
(一同 笑い)

足元が ぬれちゃいますね。

(山岸)こちら
深さも変える事ができますし…。

(川島)うわ~。
ああ もうダメだ。

うわ~ 上段うらやましいな 上段。
上段 ありがたかった。

(山岸)このように
ARの技術を使う事によって

被害の状況というのを
可視化する事ができますよね。

自分事として捉える事によって
対策をする事ができると思います。

自分の身を守るには

被害に遭う前から
しっかり対策しておく事が

何より大切なんです。

そのために
ぜひ 活用して頂きたいのが

ハザードマップです。

ハザードマップとは
災害が起きた時に

どこで どんな被害が
予想されるのかを示した地図。

(山岸)調べたい住所を入力し

左側の欄から
洪水をクリックすると

ご覧のように

地図が赤く示されている事が
わかりますね。

この 色が変わった所は
洪水によって

浸水する可能性がある場所を
表しているの。

東京23区で見ると 荒川流域は

赤く色がついた所が多いわね。

そんな荒川流域の

川が氾濫した時の予想被害を
シミュレーションし

対策をしっかり練っているのよ。

〈ゲリラ豪雨 線状降水帯に
大型台風〉

〈水害に備え

ハザードマップの使い方は
覚えておきましょう〉

〈気象予報士の様々なお仕事を
聞いたところで

林くんから こんな疑問が〉

気象予報士の試験の合格率って

大体 5パーセントぐらいって
いわれてて

やはり 結構
難しい試験なんですよね。

〈1994年から開始された

気象予報士試験〉

〈この試験 受かるのは

かなり大変なんです〉

実は 森田先生は

この試験が始まる前から
テレビに出演し

お天気博士として大人気に!

でも 第1回の試験を受けた時

世間をにぎわす
大騒動になったらしいんだ。

予報士の試験が
どれぐらい難しいのか

答えられる方 いますか?
まあ だから…。

(森田)そうですね。
第1回目は

そりゃ もう 気象予報士を
作らなきゃいけなかったから。

だけど 今は

5パーセントぐらいで
推移されてて…。

そう。

そう 1回目に…
第1回の気象予報士試験で落ちて

「森田さん 落ちる」って こう
新聞の記事になったんですよ。

お天気といえば
すでに 森田さんだったのに…。

(森田)そうですね…。

それ 第1回?
(森田)はい。

良純さん 第1回は
難しい 簡単で言うと…?

(一同 笑い)

(森田)ハッキリ言うと そんなに
難しくなかったと思います。

例の…。

いや でも 多分ね
これ落ちると…

(木原)つまり…。

そんな風潮だったんですよ。

実際は そんな事ないんですよ。
気象庁の予報とか やってる…。

だけど なんか
そんなふうになってるんで

みんな こう 肩たたかれて
「受けるよね」って言われて。

そうですね。 例えば
台風が左に曲がる原因とか

不思議な動きまで ちゃんと
答えられるようになってから

ちゃんと
資格を取ったという事で…。

っていうのは聞きましたね。

僕は 今後ね
非常に 気象予報士って

必要になってくると…。

〈気象予報士が増える?〉

〈その理由に 林くんも驚き!〉

僕は 今後ね
非常に 気象予報士って

必要になってくると思う。

例えば これ
高山くんに聞きたいんですけど

知らないおじさんと
知ってるおじさんに

「おい 危ないから逃げろ!」って
言われたら

どっちの人の言う事を聞く?
絶対 知ってるおじさんです。

どういう事かっていうと

顔が見えてる人の事を
やっぱり 聞くんですね。

それで いくら 例えば…。

(石原)近所でお世話になってる
住職のおじさんとか

東京にいる親戚に電話して…
僕 よく言うんですよ。

「お母さん やばいよ」と。

「今度 台風来るから
早く公民館に逃げなよ」って。

やっぱり

で 今後 やっぱり

これだけ厳しい気象現象が
起こるとなると

そういう人間が 各役場にね
一人ずつ いるような事を…。

普段は
普通の役場の業務をやるけども

そういう人間を
率先して入れといて…

気象のプロをね
そういう 色んなとこに入れて

それは
普段は 「元気でやってる?」とか

「おばあちゃん なんとか…」とか
「これ持ってきたよ」とかっていう

顔が見える距離に そういう人が

僕は 配置されていくべきなんじゃ
ないかなと思うので。

そういう意味では…。

…という事ですが
林くん いかがですか?

やっぱり 我々
こう 生活が便利になって

そして ビルの中から…

建物の中から出ないような
暮らしをしてますけど

今のお話を伺ってると

そりゃ
どんなに便利になったって

天気と我々の生活が

切り離せるわけじゃ
ないわけですから。

そこに どういう関係があるか
っていう事を

きちんと わかるように
専門家の方が分析して

より 我々が快適に暮らせるように
色んな情報を与えてくださると。

だから そういう働き…
なるほどなと

非常に納得できます。

〈最後に 学友の

『科捜研の女』が
ついに 映画になります。

シリーズ22年の集大成。

衝撃の最終実験に挑みます。

ぜひ ご家族でご覧ください。

映画『科捜研の女-劇場版-』は
9月3日公開です。

どうぞ お見逃しなく。

(拍手)