それって!?実際どうなの課[字]【ワケあり駐車場】【森川葵×驚きスプレーアート】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

それって!?実際どうなの課[字]【ワケあり駐車場】【森川葵×驚きスプレーアート】

世の中のウマイ話を検証するドキュメントバラエティー!

【駐車困難なワケあり駐車場を徹底調査!】
【女優・森川葵がスプレーアートで大作に挑戦!】

出演者
【MC】生瀬勝久

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)/狩野英孝/大島てる
番組内容
①【ワケあり駐車場を徹底調査!】
どうやってここに停めたの?と思ってしまう駐車場には何かワケがあるはず!
そんな“ワケあり駐車場”を、狩野英孝とともに巡る新企画。
「大島てる」も参戦し、停めづらい「ワケ」に迫る!
車幅ぴったりの駐車場に、50メートルをひたすらバックする駐車場!
狩野は無事に駐車することができるのか・・・?
番組内容2
②【女優・森川葵がスプレーアートに挑戦!】
様々な世界の達人たちが長年かけて習得したワザを、たった1日で成功させてしまう、“何でも出来ちゃう女優”森川葵。
今回は美しい作品を生み出す「スプレーアート」に挑戦!
プロの圧巻の作品に森川も感動!
森川は新たな才能を開花させることが出来るのか!?
URL
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
情報/ワイドショー – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 大島
  2. 狩野
  3. 森川
  4. ファイター
  5. 駐車場
  6. ハハハ
  7. 本当
  8. スプレー
  9. 田中
  10. 見事
  11. バック
  12. 塗料
  13. ワケ
  14. 今回
  15. 車庫
  16. キレイ
  17. ミラー
  18. 今度
  19. 佐藤
  20. 作品

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥980 (2021/10/24 19:27:40時点 Amazon調べ-詳細)

<皆さん 町を歩いていると…>

<…と 思ってしまう駐車場を
見たことは ありませんか?>

<そこには きっと 何か…>

<そこで今回は…>

(狩野)どうも。

(狩野)よろしく!

<そして この お方
Mr.事故物件…>

(狩野)大島さん。(大島さん)はい。

<果たして 今夜も2人は…>

(生瀬)さぁ 始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です
よろしくお願いします。

(大島)お願いします。
(大吉)お願いします。

今回 例のワケあり駐車場。

(華丸)はい。
結構 言われるんですよ。

あれが ちょっと私…。

(森川)えっと…。

忘れてないです[笑]

(大島)ハハハ…[笑]
(森川)忘れてないです[笑]

(狩野)あっ なるほど。

<実は 寄せられた…>

<自分の駐車場ではなく

近所にある 他人の駐車場>

(狩野)なるほど。
自分の所の駐車場を

挑んでほしいっていう方がいたら
ベストっていうことですね?

話が早いわけですね?

どんな駐車場でも入れますから。

かかってきてください。

<それでは本日最初の
ワケあり駐車場は…>

(大島さん)そうですね。

(狩野)どうなんだろうね?

(大島さん)ハハハ…[笑]

分かるんだ。

(森川)ヤバイ。

<2人が目にしたのは…>

(森川)何?これ。

<…程しかない>

(狩野)…ですね これはね。

(狩野)…ここはね それを…

(大島さん)ですよね
そういうのありましたね。

(狩野)えっ?

(狩野)人気のワケあり駐車場。

<ということで早速
住人の田中さんに話を伺う>

(狩野)あっ 4回目?
(田中さん)うん。

(狩野)アイデアの塊?

これがですか?
(田中さん)そうです。

(狩野)これが だって…

<実は こちらのマーキング>

<さらに…>

<…が あるという>

(大島さん)はい。

(狩野)助かるよね?

(森川)ハハハ…[笑]

(狩野)あ~っ。

(大島さん)ハハハ…[笑]

<こちらは最新のアイデアでは
ないようだ>

(狩野)つぶつぶ。

あのね…

<まさか これが
最新のアイデアか?>

(狩野)これ…

これって…?

(狩野)これが全て?

(田中さん)やっぱり…

(田中さん)目立つように。

<ということで…>

(狩野)あっ 本当だ。

(狩野)…ていうことですね?

<そう 田中さんは…>

<次 取材が来たときに
止めやすいように…>

(森川)優しい。

(田中さん)今回が初めての。

(田中さん)いない 今回…

<しかし田中さん…>

<そして駐車の前に…>

(狩野)とにかく…

<…余裕があるが>

(狩野)ギリギリ。(大島さん)はい。

<車から出られるように

なるべく助手席側に寄せたい>

<そして>

<難易度は下がるが…>

<果たして 狩野と大島てるは…>

<それでは駐車…>

(狩野)さぁ いきますか。
(大島さん)いきましょう。

<まずは ゆっくりと車庫の前へ>

<今までの駐車場と比べると

進入角度が
大きく勝負を左右するため>

<慎重に角度を整え 入っていく>

<まずは狩野側を
しっかり入れることで…>

<狩野側は
余裕を持った状態だが

一方の…>

そりゃあ足らんでしょ
お~お~っ。

<このまま行けば…>

<…する必要があるが>

<狩野 これを…>

<そして再び車庫の中へ>

<しかし>

<きり返しの具合を
誤ってしまい

今度は…>

<と ここで>

(狩野)左に?

(狩野)きって。
(大島さん)きって 前に行って。

<あやふやで おなじみの…>

<しかし モゴモゴ モゴモゴ
言いながらも

不思議と車庫へと入っていく>

<後方から見ても 問題なく…>

(大島さん)いや 大丈夫です
大丈夫です[笑]

<大丈夫とは 言うものの

やはり このギリギリ具合>

<その狩野側が こちら>

<こちらも 全く 余裕がない!>

<これぞ…>

(大島さん)はい。

<見事に
車庫へと吸い込まれていく>

(大島さん)ハハハ…[笑]

<狩野 目視で
目印となるLEDを捉えた!>

(大島さん)下がってください。

(大島さん)いや もう ここに…

<果たして 後方に…>

(狩野)大島さん 前も見といて。
(大島さん)大丈夫です。

いやギリギリだな
奥も。

(狩野)うお~!

<見事 ぶつけることなく
止めることができた>

<しかし
駐車成功と思われたが…>

<確かに人が降りるには
かなり…>

<ということで
降りられれば成功>

<降りられなければ
再チャレンジとなる>

<どうか?>

いや 開かないでしょ
もう ここ…。

(大島さん)えっ 本当ですか?

ハハハ…[笑]

<細身の狩野で この状態なら…>

(森川)絶対 無理じゃん
これは。

(森川)仕切り直し。

(大島さん)はい。(狩野)この段階で。

<修正ポイントは…>

<ここから
バックで入れようとするが>

(狩野)無理?
(大島さん)あっ いや え~っと…。

あっ 今…

(大島さん)きってました?はい。

(大島さん)はい。

<よりギリギリを狙うため

ミリ単位の修正を
余儀なくされる>

(大島さん)ちょっと これは
ぶつかるんで。

(狩野)ぶつかる?

<確かに このままだと
確実に ぶつかってしまう>

(狩野)やり過ぎ?(大島さん)はい。

(大島さん)ここで 本当に…。

はい。

(大島さん)はい あの…。

(狩野)う~わ!ちょっと待って!

(大島さん)そうなんですけど。

(大島さん)はい。

(狩野)て 言いながら…

(大島さん)はい そうです
そうですね。

(狩野)ウソ。

<そして さらに修正を重ね>

<ようやく車庫へと
進入し始める>

(大島さん)このまま。

<迷いなく進入していくが>

(大島さん)あっ でも ちょっと
え~っと…。

(大島さん)ハハハ…[笑]

(森川)言っちゃダメ
そんなこと。

<田中さんの
LEDを守るため…>

<今度は どうか?>

(大島さん)バック はい。

そのまま。

(大島さん)後ろは。(狩野)本当?

(大島さん)いいですか?

<大島てる
攻略への糸口を つかんだか?>

<今回 初めてミラーを閉じる>

(大島さん)はい。

(狩野)それは もう…

(大島さん)え~っと…。

いや もう ちょっと…

<すでに…>

<田中さんの思いの詰まった
LEDを

壊さずに…>

(大島さん)はい。

<しかし
LEDと同時に こちらの…>

(大島さん)いや ちょっと…。

(狩野)ゆっくりいきます
ゆっくり。

<大島てるが
しっかりとミラーをつかみ…>

(大島さん)はい。

<果たして どうか?>

(大島さん)お~っ!

あれ?当たった?

(大島さん)お~っ!

(大島さん)お~っ!

<ミラーと壁の隙間は
1cmにも満たない

ギリギリ具合!>

<もはや 障害物と化した
LEDライトも

カメラで見る限りは無事!>

(森川)よかった。

<しかし まだ終われない>

<しっかりと
車庫に入れなければ…>

(狩野)…このまま!

<だが ここで…>

<バックをしようにも
なかなか下がらない>

(大島)怖い 怖い…。

(森川)ヤダ ヤダ…!
うわっ うわっ…!

(狩野)ちょっと待って…!

大島さん…

<スロープがあるため…>

<思わず
ヒヤヒヤしてしまう瞬間だった>

<今度は うまくいくのか?>

<どうか?>

<ぶつけることなく 車庫の中へ>

<そして…>

(大島さん)はい。

(狩野)ほんの ちょっとだけね。

<確かに まだ…>

<もう ひとアクセル
踏み込まないと いけない>

<しかし!>

(大島さん)あっ…!

(狩野・大島さん)ハハハ…[笑]
(大島さん)終わり。

<間一髪のところで 助かった>

<見事 駐車…>

(狩野)入ってるでしょ!

<あとは2人が
無事に脱出できるか>

<狩野 脱出!>

<大島てるは どうか?>

<ギリギリ脱出!>

(狩野)あ~っ よかった!

(狩野)ねぇ?(大島さん)はい。

<そして 本日2軒目の
ワケあり駐車場も

同じく
東京都 墨田区から>

<場所は 大通りから

およそ50m進んだ所にある
駐車場>

<2人が目にしたのは

50mを ひたすら
バックしなければならない

ワケあり駐車場>

(狩野)ちょっと こうさ。

(狩野)電柱が邪魔だったり…

<すると…>

(狩野)…実際 ほら。
(大島さん)こっちも あります。

<しかし この駐車場
いろいろと…>

<早速 住人の佐藤さんに
話を伺う>

(狩野)ちょっと…

(佐藤さん)そうですね。

(狩野)そうですよね。
(佐藤さん)はい。

<さらに…>

(狩野)向こうの入り口から
バックで…

(佐藤さん)まず…

入り口が[笑]

<実は 真っすぐバックして
来られないワケがある>

(大島さん)違いますかね?
(佐藤さん)そうなんですよ。

<そう!こちらの大通り…>

<さらに 駅が近いことで
歩道の通行量も多く…>

<そのため こちらの
交通量の少ない路地から進入し

一度 きり返したのち

バックで駐車場まで
入ってくる必要がある>

(狩野)そうか でも
そうしたほうが…

(佐藤さん)そうなんですよね。

<ワケも分かったところで

挑戦の前に…>

(狩野)…実は。

(狩野)今度…

<これに加えて
バックで進入する際の

3本の電信柱に
気を付ける必要がある>

<ちなみに 使用する車は…>

<…大きさ>

<それでは…>

<まずは…>

<そこから…>

<しかし…>

<そう!問題の…>

<まずは…>

(狩野)おぉ!
(大島さん)大丈夫ですか?

(狩野)そうそう…。

<そう この企画…>

<アクセルの…>

<だが
2人に立ちはだかるのは…>

<まずは 1本目!>

<…な 駐車場なのだが>

(狩野)ミラーどう?

<…していく>

<3本目は…>

<…に なっているため
通過する際には

気を配らなければ
ならない>

(大島さん)大丈夫ですかね?

<すると!>

(大島さん)ハハハ…[笑]
ちょっと待ってください。

<ミラーと
電信柱が…>

(大島さん)ハハハ…[笑]怖い。

<1軒目同様…>

<しかし>

<狩野…>

<…出てしまった!>

<一度 前進し…>

<すると ミラーと
電信柱との あいだに…>

<これで3本目も 見事 攻略!>

(狩野)いける?いける?
(大島さん)いきました はい。

<そして…>

<しかし ここで>

<…引っかかった!>

<…狩野>

<踏み方次第では
誤って…>

<ここを…>

(大島さん)ブレーキを押せば。

<見事 クリア!>

<これで 駐車成功も目前>

<慎重に 幅寄せを行い

駐車スペースの中へ>

(狩野)乗ってる?

(大島さん)じゃあ もう終わりで。

<終わってみれば
なんとスペシャルで

生瀬課長が たたき出したときと
同じ

10分で 駐車を成功させた!>

おぉ!完璧。

(狩野)ホールインワンですか?

本当だ。

(狩野)いや すごい!

<達人たちが
長い年月をかけて磨いてきた

技の数々を

空気を読まずに…>

<一切…>

<今回は 水性スプレーを使って

あっという間に
美しい作品を生み出す

SNSでも話題の
パフォーマンス

スプレーアートに挑戦!>

何?これ
え~っ!思ってたのと違う!

(スタッフ)きょうは…

<早速…>

<中には 何色ものスプレーを

キャンバスに吹き付けていく
男の姿が>

へぇ~。

<今度は 紙を取り出すと>

えっ どういうこと?
どういうことなの?

えぇ~!

<2つの山が現れた>

(大島)どういうこと?

<そして!>

何?これ。

<星空との
コントラストが美しい…>

<…を描き出した>

(森川)全く…

<彼こそが…>

ファイターさん。

(ファイターさん)…ていうもので。

うん。

(大島)へぇ~。

<そう 達人 ファイターは

スプレーアートを使った…>

<こんな…>

<…を目指し
エンジンを ふかし始める>

(森川)最近 何か もう…

…何か いろいろ これまで…

(森川)すごい…

<そうウィキペディアだけ見ると
森川は…>

いや 本当だ。
本当だ。

<やはり…>

(大島)行くな 行くな。

<初心者の森川は…>

<…から学ぶ>

(森川)虹?はい。

<スプレーの使い方の基礎が
詰まっているという

オレンジ 黄色 緑の
3色で描く こちらの…>

(ファイターさん)ポイントはですね
ここの…

(ファイターさん)…ご自身の…

(森川)あぁ~ 濃い。
(ファイターさん)ものすごく…

<虹に…>

(森川)あっ!つかない。

(大島)あぁ~ 難しい。
難しい。

(森川)えっ?どうやって そんな。

あっ 本当だ。
(大島)へぇ~。

うん。

スピードが要るね。

(森川)ハハハ…[笑]笑っちゃった
えっ!?

<達人と比べると 太さや色に

かなりムラが目立つ 森川の虹>

(森川)難しいんですよ。

(大島)いやぁ~
見えたな。

<狙った位置に 的確な分量を
吹き付ける感覚をつかむのが

スプレーアートの…>

(ファイターさん)自分の…

<すると>

(ファイターさん)おっ!

(ファイターさん)あっ 黄色 キレイです
キレイです。

(森川)おっ!いい感じですか?
(ファイターさん)はい。

<徐々に感覚をつかみ

少しずつ太さや色に…>

(森川)…いけないんですね これは
(ファイターさん)はい。

<そして>

おぉ~ もう。
(大島)うまい。

(森川)あっ キレイ!
(ファイターさん)キレイです キレイです。

<あっというまにスプレーの
感覚をつかみ 美しい…>

思い切りが。
思い切りが 本当に。

(ファイターさん)こんなに…

<つづいて 基礎2つ目>

<水性スプレーは乾燥する前に

色を落とすことができる>

<その性質を生かして
生まれる作品が こちら>

<ヘラを使って
黒の塗料を剥がすと>

(大島)何?これ。

<ビルが浮かび上がった>

スゴいな。

(ファイターさん)こんな感じで ヘラが
インクを剥がすことによって

下地が出てくるんですけど。

<森川も虹色の下地を作ると>

<上から
黒のスプレーを重ねて…>

これ難しいよ。おっ!

<キレイに下地の
グラデーションが出てきた>

何で こんな できるの?
(大島)うまいよ。

<そして>

あれ?

(森川)はい!

<きらびやかな…>

(大島)すごい すごい。

(森川)ありがとうございます。

<そして いよいよ…>

<その妙技を
とくと ご覧あれ>

(森川)お願いします。

<まずは緑色>

(森川)何 描いてるんだろう?

<さらに上から水色のスプレーを
吹き付けると>

海?
海?

<次に紙を取り出し

塗料を剥がし始めた>

<そして今度は黒いスプレーで

およそ半分を
塗りつぶしてしまった>

<次に取り出したのは フタ>

<さらに黒を敷き詰めていく>

<そしてフタの上からも
スプレーを吹きかける>

<すると>

(森川)うわっ スゴい!

<宇宙空間に浮かぶ
地球が完成>

<わずか1分で鮮やかな
大陸までも表現した

これがプロの
スプレーアート>

(森川)うわっ スゴい!

いや すごい!
面白いね。

<森川も見よう見まねで
挑戦してみるが>

(森川)紙で。

こうやって やって。

あれ?

<そう 紙を使って
大陸の形を作り出すまでが

最初の難関>

(ファイターさん)まず…

(ファイターさん)ちょっと大きい方と。

まぁ 日本ぐらい。

(ファイターさん)はい。

<そして青で塗りつぶすと>

(ファイターさん)このあとで のせて…

(ファイターさん)そうすると…

(森川)本当だ。

<地球らしさを強調する
大陸を描くためには

紙に ひねりを加えて

塗料に動きをつける
手の感覚が

必要不可欠>

<ポイントを聞いて
森川も挑戦するが>

(森川)あぁ?

<…が なかなか つかめない>

(ファイターさん)緑の…

<しかし この先にも

地球に立体感を
生み出すための

さらなる難関が待ち受ける>

<そう あらかじめ…>

<…を想定して 内側と外側の…>

<しかし…>

しかし?

<すでにスプレーさばきが
板についている>

<次は紙を使って
大陸を作り出す難関>

<果たして どうか?>

ひねった?

<大胆に ひねりを加えた>

<この勢いのまま
立体感を出すための後半戦へ>

いや なんか
それっぽいよ。

<フタを かぶせる位置も
迷いなく合わせた>

<そして いよいよラスト>

<立体感のある地球を
描くことが できたのか?>

<森川の作品に 一同 驚愕>

(山さん)つける?・・・うぇいー!

ゆで卵は 今入れていい?
(崎山さん)ゆで卵は入れましょ

ホントに?
あ いいよ

ダーン!
あっ おいしそー

うぇーい!
これはいいなぁ・・・

♬~もう うまいもん
もう うまい!ふふふふふ・・・

んー!

♬~すぐおいしい~すごくおいしい~

(2人)うぃー!
やってしまったね!
やったっすね!

<立体感のある…>

<果たして!>

(華丸)うわっ!

<見事 美しい…>

<こちらが…>

<宇宙空間に浮かぶ
立体感も

見事に表現できている>

<苦戦していた
大陸の部分も

リアルな質感で
作り出してみせた>

<一切…>

<降臨!>

<しかし ここから…>

<まずは…>

<3色のスプレーを使って

グラデーションを
作り出していく>

何やってるんだろう?

<まだ 全く山には見えないが>

(生瀬)ここで
分からないんだよな。

<紙を取り出すと>

(大吉)また出た 紙。

こいつで
山 作ってるのかな?

うわぁ~!

<荒々しい山が現れた>

<そして最後に
コテで形を整えると>

この辺 ちょっと
油絵みたいな。

<光が降り注ぐ
神々しい山を描き出した>

<神秘的な光と
荒々しい山の質感は

とても一瞬で
作り出したとは思えない

圧巻の作品>

<一気に…>

<うまく描くために
まず必要なのが…>

(ファイターさん)山の形にそって
黄色を1つ 入れておきます。

<さらに 赤と黄色を
もう一度 塗ることで

色の境界線が なじみ

より鮮やかなグラデーションに
できるという>

(ファイターさん)山頂を頭に入れつつ

白い光を入れてあげる。

<そして ここからが
紙を使って…>

(ファイターさん)指をですね山の形で。

(森川)あぁ~。
(ファイターさん)動かしてあげる。

(森川)あっ すごい!かっこいい。

<しかし 余分な塗料が
紙に付かないようにして

山の形だけを作り出す この…>

<…が とてつもなく難しい>

<森川も…>

<ひとまず
色の配置は理解できた>

<…は どうか?>

(森川)こういうことですか?

あぁ~ 無理じゃん?

めちゃくちゃ張り付いてます!

ハハハ…[笑]

<指でなぞった部分以外にも
紙が張り付いてしまい…>

(森川)あぁ~。

<片方の手では
キャンバスとの空間を保ち

紙に余分な塗料が
付かないようにしながら

もう一方の手で正確に
山の輪郭をなぞらなければ…>

(森川)これ…

<…の森川>

<しかし その後も挑戦するが>

紙の使い方が
難しいんだ。

(森川)紙が
張り付いちゃうんですよ。

いかん いかん 付いた。

(森川)付いちゃった。

<どうしても余分な塗料が
紙に付いてしまい…>

<さらに>

<そう…>

<…が山の輪郭を左右するため

達人に比べ
手の小さい森川は…>

<しかし諦めることなく
挑戦し続ける>

<すると>

<あらかじめ紙を2つに折って
折り目をつけることで

余分な塗料を
付きにくくしてから

半分ずつ指を動かすという

自己流の作り方を
ひらめいた森川>

<すると ここで森川が
逆境を跳ね返す>

<光と山をイメージして
色を重ねていく>

<色の配置までは順調>

<ここからが勝負>

<自己流の山の作り方は
通用するのか?>

<自己流の山の作り方は
通用するのか?どうか?>

<山の形を作り出した>

<これに立体感を加えれば>

(森川)よし!

<これこそが…>

<美しい光の
グラデーション>

<そして雄大で
力強い山を描いた>

(ファイターさん)だから これは…

(ファイターさん)…したじゃないですか。
(森川)はい。

<しかし森川も…>

<すると これを聞いた達人が
急きょ…>

<…を森川に提案>

<それが こちら>

(ファイターさん)よいしょ。(森川)すごい!

<いや…>

<惑星 富士山 そして湖を

見事な構図で一枚に収めた>

<明らかに…>

<どう考えても初心者が…>

(ファイターさん)お願いします。

<…を目指し アクセル全開!>

<複雑な手順を覚えながら
練習を続ける森川>

<そして ついに…>

<それでは ご覧いただこう>

<スプレーを扱う手際も

きょうだけで
かなり上達している>

<塗料を剥がすのにも
迷いはない>

<ここからは富士山の土台作り>

<色を重ねていく>

<そして>

<大きく裾野が広がる
富士山の輪郭が浮かび上がった>

<さらに山の細部を整えると>

<次は湖面を表現していく>

<いよいよ大詰め>

<森川の作品は どうか?>

(森川)いきます!

ダン!

(華丸)おぉ~。

<見事に壮大なスケールで

惑星 富士山 湖面を
描いてみせた森川>

<惑星も さることながら

特に描きたいと言っていた
富士山は

圧巻の迫力>

<山頂部分も この荒々しさ>

山梨側からかな?

<きょう 身につけた流れるような
スプレーさばきで

わずか…>

いや これ すごいよ。

(森川)ダン!

(ファイターさん)3つ全部やるとしたら…

(森川)やった~。

<しかし…>

<SNS用にスプレーアートを
作る動画を撮りたいという>

<そして>

おい 地上波から出ていくなよ。

(森川)まいります!

ジャジャ~ン!

上がってる!
(生瀬)上がってる。

<さらにアーティスティックな
作品を作り出してしまった>

ラッセンやん もうラッセン!

<女優とパフォーマーの
二刀流を目指し

今回も…>

(森川)本当に。
もう 本当の。

(大島)あぁ~ いいですね。

(♪~)

(♪~)