林修のニッポンドリル 業務スーパー&オーケー激安スーパー売上番付SP[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

林修のニッポンドリル 業務スーパー&オーケー激安スーパー売上番付SP[字]

ギャル曽根・業務田スー子が激安商品を大量買い&アレンジ料理▽オーケーのお弁当はなぜここまで安くて美味い?潜入調査でカラクリ発見

番組内容
今夜の『林修のニッポンドリル』は「業務スーパー&オーケー」と「サブウェイ」の売上番付。

「業務スーパー&オーケー売上番付」では「業務スーパー」と「オーケー」の2大激安スーパーの売上番付を大発表!上位10品をランキング形式で順々に紹介していく。売上ナンバーワンに輝く商品とは!?

「サブウェイ売上番付」では、世界およそ100カ国に展開する世界最大の飲食チェーン・サブウェイの売上番付を紹介。
番組内容2
サブウェイで最も売れているサンドイッチは何なのか?人気上位10品の中から、あなたは売上1位を当てられるか!?

大人から子どもまで家族みんなで楽しめる『林修のニッポンドリル』を、ぜひお楽しみいただきたい。
出演者
【MC(担任)】
林修 
【副担任】
ノブ(千鳥) 
【学級委員長】
風間俊介 
【パネラー】
井森美幸 
藤本美貴 
神田愛花 
川島明(麒麟)
スタッフ
【チーフプロデューサー】
武田誠司 
【プロデューサー】
大和田宇一 高橋陽平 中村倫久 五十嵐元 
【演出】
疋田雅一 
【制作協力】
ワタナベエンターテインメント ハイホーTV 他 
【制作著作】
フジテレビ

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
情報/ワイドショー – 暮らし・住まい
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 業務田
  2. 曽根
  3. 王林
  4. 櫻井
  5. 井森
  6. 川島
  7. フワ
  8. SUBWAY
  9. 業務スーパー
  10. ホント
  11. ローストビーフ
  12. 商品
  13. 秘密
  14. 風間
  15. スーパー
  16. 鮭フレーク
  17. アボカド
  18. 藤本
  19. サンドイッチ
  20. 一般的

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
扶桑社
¥2,530 (2021/09/27 19:39:39時点 Amazon調べ-詳細)

[まずは…]

[その…]

[ウインナー 1kgで 何と…]

(ノブ)安っ!

[さらに マカロニサラダは
1kg 入って 何と…]

安いって!

[そんな業務スーパーの
3大人気ジャンルの中で

一番売れている商品は
どれなのか!?]

[売上番付 上位10品は こちら]

[大容量で人気の
冷凍揚げ物シリーズに

忙しい主婦の味方
使い勝手抜群のお総菜]

[さらに 子供から 大人まで
ファンの多い スイーツの

計10品]

[果たして この中で 売り上げ
ナンバーワンは どれなのか!?]

[スタジオの一番人気は
林先生と 神田さんが選んだ

フライドポテト1kg]

(藤本)そういう問題!?
そうですけど。

(神田)自分で作らないで。
(風間)僕 フライドポテトか チキンナゲットだと。

(藤本)そうかな?
(風間)やっぱり…。

入れない
入れない 入れない。

あと…。

はいはいはい!
それ よく ご存じで。

そうだ! ポテトだ 先生。

[そして ノブは 唐揚げ]

[藤本さんは 白身フライと
揚げ物を予想]

和風鶏もも唐揚…。

私も どっちかだと思う。
(井森)それも思った!

私は ノブさんの唐揚げか
これ…。

そうっすよね!
今 もう…。

全然。

確かに チキン くるじゃない
この番組。 でも…。

みたいな。

て思いました。 私。
そうそうそう。

えっ!? と思いましたよね。
(川島)やっぱり この…。

といいますか…。

ていう。 僕は…。

て呼んでますから。
やはりね 何でもいいんですよ。

ホントだ!
誰も…。

[まずは…]

出た! お弁当の大定番。
(藤本)チキンナゲットじゃない!?

(花房)第10位は…。
(井森)違う 違う 違う!

(神田)唐揚げじゃない?
(風間)だし巻き卵じゃない?

ナゲットじゃない? ナゲット!
(風間)ナゲットはない。

(風間)ナゲットは 定番ではない。
確かにね。

だし巻だ。
ちょっと待て! やめろ!

和風鶏もも唐揚です。

これは やった!

[衝撃価格を この後 発表!]

[冷凍唐揚げの中で
一番人気の 和風唐揚げ]

[香ばしい しょうゆベースに
生姜をプラスした

日本人が大好きな
王道の味付けだが

唐揚げ弁当なら
5人分は作れる

500gという大容量で
幾らで 売っているのか!?]

[その衝撃価格を
調査してくれるのは…]

(曽根)おはようございます。
[そして…]

(業務田)初めまして。

(曽根)
業務田スー子さん! うわ~!

[ちょっと 業務スーパー愛が
強過ぎるお方なんですが

そんな…]

[まず…]

[一般的なスーパーだと
500gで およそ660円だが

業務スーパーでは…]

(曽根)
これ お値段 お幾らですか?

(業務田)408円です!
(曽根)安っ! えっ…。

(業務田)だいたい…。

(曽根)お~! 15~16個!?

(曽根)でも…。

(業務田)ですよね。
[とはいえ…]

いただきます。

おいしいと思うよ。

(曽根)これ…。

[その安さの秘密…]

[本社が 卸売業だけでなく
別の業種も 兼ねているので

コストを削減できるそう]

[では 井森さん
10秒で お答えください]

えっ… ちょっと待って 待って。
あの…。

そうです。

(業務田)これを輸入している…。

(業務田)
ていう所が やってるんですね。

(業務田)だから…。

[業務スーパーの本社が
こちらの…]

[本業は 卸売業なんですが
同時に 商社としての業務も行う

珍しい企業]

[輸入している…]

[海外の…]

[そして ここからが
業務田スー子の真骨頂…]

[あんかけ唐揚げ焼そばを
業務スーパーで売っている

商品だけを使い
衝撃価格で作るという]

[果たして…]

[早速…]

[まずは…]

(業務田)
ちょっと待って。 見ないで!

(業務田)これだよ。 ジャジャン!

(曽根)確かに もう…。

(業務田)これ…。

(業務田)これ だいたい…。

(曽根)なかなか ほぐれない。
(業務田)これはね 出すだけで…。

(曽根)もう ほぐれてるんですね。
(業務田)そう。 だから これ…。

[続いて 焼そばの…]

(曽根)何ですか?
(業務田)これ…。

(曽根)ジャン?

(業務田)ていうのが
いっぱい あんの。 その中でも…。

最初の 「ジャン」が いらない。

(業務田)
そうです。 豆板醤とかの醤で…。

(業務田)入っている…。

(曽根)え~!

[業務スーパーは…]

[他のスーパーにはない…]

(曽根)でも これ…。

(業務田)これ 普通に
卵かけごはんの上に ぶっかけて

おいしい卵かけごはんに
できたりとか。

(曽根)ネギと 生姜を
掛けちゃうんですか?

(業務田)そう!

(業務田)めっちゃ おいしい。
(曽根)他は 何に使えるんですか?

(業務田)これ…。

(曽根)楽! 楽!
(業務田)めっちゃ 楽。

[さらに…]

(業務田)これで 239円。

(業務田)めっちゃ 安いから!
(曽根)ていうか…。

(業務田)そう!
(曽根)確かに 私…。

[これ以外にも
超お得な特大ごま油や

冷凍野菜などの商品を 購入]

[果たして
あんかけ唐揚げ焼そば 1人前は

幾らになるのか?]

[作り方は 至って 簡単]

[1kg焼そばをほぐし
業務スーパーで買った

冷凍野菜と 唐揚げを投入]

[さらに 姜葱醤などで
あんを作れば 完成!]

焼いて これを…。
(業務田)そう。 もう…。

(曽根)うわ~!

(曽根)最高ですね。

[1人前 27円の
超激安の麺だが

果たして そのお味は?]

例の…。

(曽根)だから この…。

[ギャル曽根 絶賛!
それでは 気になる…]

[な… な… 何と…]

[この激安が
業務スーパーのすごさ]

ホントに。

[続いて…]

フライドポテト。
(神田)まだ 来ないで。

第9位は…。

(井森)どれ?
(藤本)だし巻は 食べれるかな。

鮭フレークには 言わんか…。

ぷち大福です。

[こちらも 衝撃価格!]

[第9位は…]

[袋の中には
冷凍の小さな大福が 何と…]

[気になるお値段は…]

(曽根)このぷち大福は…。

(業務田)これ 何と 321円です。

(曽根)え~!?

(曽根)ほぼ…。

(曽根)
ほぼ タダではないですけど…。

[何と…]

(業務田)ねっ!

(曽根)結構…。

(曽根)もちっとしてて。

[1人前 67円で
アジアンテイストなデザートに]

[そんな…]

(花房)実は これはですね…。

[激安の秘密を探るべく
ぷち大福が作られている

宮城の工場へ。
中を のぞいてみると…]

[レーンを流れているのは…]

[いったい…]

[そう! 激安の秘密は

一度に 超大量生産できる
このスーパーマシン!]

[通常の13倍の速さで
作るマシンで

大幅なコストカットを
実現していたのだ]

[続いて…]

[大人気商品]

第8位は…。

鮭フレークでしょ そろそろ。
(川島)いや タピオカ タピオカ。

タピオカかね。
[果たして!?]

♬~ (真矢)デンタルリンスで
ケアしたいこといっぱい!

私は 贅沢な香りもほしい

だから ケアも香りも

ぜーんぶ お願い!

《8つの機能をひとつに》
♬~ ハグキプラス

《「プレミアム リンス」誕生》
贅沢な香り~

♬~

(新津) 「バスタブクレンジング」!

≪シューーーっと まんべんなく≫

60秒後 流すだけ
(主婦)ラク~!

♬~こすらず洗える
「バスタブクレンジング」

銀イオンプラス大好評!

[1位に輝くのは!?]

(花房)第8位は…。
鮭フレークでしょ そろそろ。

(川島)いや タピオカ タピオカ。
(藤本)タピオカじゃない?

タピオカ ビビンバ
鮭フレークでしょ。

やわらか煮豚です。

すごい数 売れてますね。
(川島)全然 違ったやん 今まで。

[もはや 価格破壊]

[第8位…]

[豚のタンルートという
タンの根本部分を

特製しょうゆだれで
軟らかく 煮込んだ一品]

[年間売り上げは 何と

140万個の 超人気総菜]

3つ 入ってるんですよ。

ねっ! これ見て 買うよな。

[一般的なスーパーの
豚の角煮は

600gで およそ1, 540円だが…]

(曽根)これで…。

(業務田)これね 実は…。

(業務田)入っていて 496円。
(曽根)安い!

(曽根)「分厚あつ」?

(曽根)分厚あつ。

(曽根)「歯茎で食べられる」

でも 何か…。

[歯茎でいけるほど
軟らかいという煮豚]

[そのお味は?]

いただきまーす。

(曽根)普通に…。

(業務田)
しかも めっちゃ 軟らかいでしょ。

(曽根)これ ホント…。

だって…。

そうそう。 もう…。

[そして この商品で作る
アレンジ料理が…]

(業務田)これね…。

(曽根)ルーロー飯!

[今 ブーム到来]

[香辛料 香る 角煮が
たまらない…]

[これを
業務田スー子レシピで…]

[ポイントとなるのが
業務スーパーで売っているという

魔法の調味料]

(業務田)
これ お薦めしたい調味料。

(曽根)お~! これ 結構…。

(業務田)そうなんです。

(業務田)入っている…。

(業務田)これ めっちゃ…。

(曽根)これ…。

(業務田)五香粉ってさ…。

(業務田)だから…。

(林)賞味期限は!?

[では ご覧の材料を使って
超簡単ルーロー飯作り]

[湯煎した煮豚を
お好みのサイズに 角切り]

[そこに 五香粉を
小さじ2分の1ほど 掛けたら

煮汁と よく混ぜ合わせるだけ]

[このクオリティーで
気になる…]

いただきまーす!

もうね…。

おいしい! やっぱ…。

(業務田)そうです そうです。

ねっ!
(曽根)お店 出せる これで。

「とった」って言うな!

(業務田)すんごい 私たち…。

[続いて…]

第7位は…。

アレンジできる… どれ?

鮭 アレンジできない。
(川島)いや できるでしょ。

できない できない!
(川島)鮭なんか アレンジの宝庫。

白身?

6種類の具材入りビビンバです。
あっ ビビンバだ!

[第7位は…]

[300g入りで
お値段は 何と…]

[大豆もやし ゼンマイなどを

しょうゆベースのたれに
漬け込んでおり

そのままは もちろん…]

[石焼ビビンバなど
アレンジしだいで 様々な料理に]

[そこで 達人の
超激安アレンジレシピは…]

(業務田)普通…。

(曽根)
えっ? ご飯じゃないんですか?

(業務田)作ろうと思います。

[ピリ辛の味付けが 激うまの
ビビンうどん]

[果たして…]

[まず…]

(曽根)たまげる?
(業務田)たまげる!

(曽根)安っ!
(業務田)安っ!

(曽根)ごめんなさい。 ちょっと…。

(業務田)安いってことです。

[と ここで レシピとは別に
達人が どうしても 紹介したい

破格商品が]

(業務田)絹ごし豆腐 何と 28円。

(業務田)めっちゃ 安いの!
(曽根)安い!

(曽根)私…。

(曽根)66円とか。

(業務田)ほらっ ここ 充てん豆腐
って書いてあるじゃないですか。

(業務田)充てん豆腐は
これごと 製造工程のとき

煮て作ってるから
私たち 食べるときも これを…。

(曽根)えっ!?

(業務田)これね…。

[達人お薦めの
パックごと 温めた

充てん豆腐が こちら]

[パックのまま 温めることで

軟らかい充てん豆腐でも
煮崩れせず

とろとろ食感が
よりいっそう 味わえるのだ]

[再び
ビビンうどんの材料を 買い出し]

(業務田)はい これ! これね…。

(曽根)お~! コチュジャン!

[ビビンうどんの味の要
コチュジャン]

[一般的なスーパーと比べると
およそ4分の1

500gで 318円]

[こちらが
業務スーパーで買った食材]

[果たして
1人前 幾らで作れるのか?]

[購入した 格安コチュジャンで
たれを作り

それを うどんに絡め

業務スーパーの激安ビビンバ
キムチを載せて 完成]

[気になる…]

[わずか 73円。
超激安ビビンうどん…]

(曽根)うわっ!

(曽根)つるっと もちっとしてて
うどんも そんな…。

(曽根)うーん!

はい そうです。

みんな もう…。

はい そうです。

ギャル曽根 良くない。

[続いて…]

[人気商品]

第6位は…。
(風間)タピオカ?

だし巻じゃない?
だし巻?

まだ 大丈夫。
鮭でしょ そろそろ。

(藤本)え~!?
(井森)やめて やめて!

タピオカドリンク
ミルクティーです。

[第6位は…]

[1袋に 4食 入り
ストローまで入って

お値段は…]

[冷凍された タピオカ入りの
ミルクティーの素を

お湯で 4分 加熱し
溶けたら グラスへ]

[そこに…]

(曽根)え~!? 嘘だ~!

じゃあ ちょっと いただきます。

(業務田)ねっ!

(業務田)ねっ!

[味は 専門店レベル。
店で飲めば 1杯 600円はするが

このタピオカのお値段 何と…]

すごーい!

いや ホントに!
めっちゃ おいしい! ホントに?

私のね…。

(業務田)これ お薦め。 これね
アマンディホイップっていって

冷凍のホイップなんだけど
これをね…。

(曽根)おいしそう!

(業務田)これ 1, 000ミリ 278円。

(曽根)うわっ すごい!

(曽根)これ…。

(業務田)最高! 飲んじゃって。
(曽根)絶対 おいしいやつじゃん。

これ ぜいたく…
めっちゃ これ…。

(曽根)いただきまーす。

もうね…。

[定番商品]

あ~ ちょっと待って!
はい 出た! フライ。 どっちか。

ポテトか チキンだな。
これは これだな。

第5位は…。

ナゲットか…。
(井森)ポテトか ナゲット?

ポテトかな?
もう これは 覚悟した。

鮭フレークも好きよ。
(井森)えっ!? ホント?

あれっ? 白身?

ナゲットだ!

チキンナゲットです。
ナゲット!?

(川島)そっちか!

[第5位は…]

[袋の中には
大量の冷凍ナゲットが]

[その数 およそ22個と
これまた 大容量]

[一般的なスーパーだと
チキンナゲット 500gで

およそ510円だが…]

(業務田)500g 入って 321円です。

(曽根)最高!

(業務田)もうね しっかりした
ちゃんとしたチキンナゲットです。

(曽根)大好き!

(業務田)夢が詰まってる。

[このチキンナゲットを
使って…]

(曽根)お~! おいしそう!

[果たして 業務スーパーなら…]

[早速 必要な食材を お買い物]

[その…]

(曽根)焼き鳥 おいしいですよね。

(業務田)値段 これね えーっと…。
(曽根)50本 入って…。

(業務田)1, 274円。

(曽根)焼き鳥が食べられる。

(川島)言い方!
おい! もっと あげて。

[業務スーパーの人気商品…]

[ももや 皮など 5種類ある中

達人が 一番おいしいと
太鼓判を押すのが

肉汁あふれる 鶏とろ串]

[では チキン南蛮丼の食材
買い出し 再開!]

[すると…]

(業務田)
これも すごいの! 見て!

(業務田)あります。
(曽根)うわ~! 最高ですね。

(業務田)これね 645円。
(曽根)え~!? 安い!

(曽根)めんどくさいです。

[では ご覧の材料を使って
チキン南蛮丼作り]

[しょうゆ 酢 砂糖で
味付けした…]

[その上に 先ほどの…]

[仕上げに
業務スーパーの 激安…]

[食欲そそる クオリティーの…]

[気になる…]

[何と たったの…]

(曽根)ふわっとしてて。 おいしい。
(業務田)しかも この…。

(曽根)おいしい!

これ あったら 絶対 使っちゃう。

そう。

[あの商品]

「お弁当」!?
鮭か… あっ 白身フライだ!

え~! 嘘!?

第4位は…。
(川島)だし巻は?

だし巻もあるね。
(藤本)え~! 白身じゃないよ!

お弁当 大活躍ですもん。
あと だし巻もあるよね。

だし巻もあるけど…。
(井森)だし巻じゃない?

(井森)怖い 怖い! やめて。
ここまで 来たら。

白身フライです。

[サクサクの衣と
分厚い身が特徴で…]

[超人気商品]

[一般的なスーパーだと
白身フライ 10枚で

およそ680円だが…]

(曽根)これ…。

(業務田)321円です。

(業務田)もう…。

(曽根)感謝です! っていう意味。
(業務田)感謝ですよ ホント。

(業務田)うんめぇーんだよ これ。
(曽根)タルタル…。

[先ほどの…]

[パンに挟んで
フィッシュフライサンドにしても

1人前 たったの…]

[こちらも…]

[さらに…]

(曽根)でも…。

(業務田)あっ そう!

(業務田)ギャル曽根ちゃん。
(曽根)うわっ ハムカツ!

(業務田)このハムカツの
何がいいってさ…。

(業務田)それが 逆に…。

「聞いてよ」!

(業務田)これ 熱いの ホント。
熱く語りたい。 これは…。

(業務田)そしたら…。

(曽根)あ~! それが…。

[このソースハムカツごはんは

1杯 60円で 作れちゃいます]

[ぜひ お試しあれ]

[業務スーパー 売上番付]

鮭フレーク 残ってるの…。
あるんじゃない!? これ 1位。

これ あるよ。

魚なのに。

[それでは…]

第3位は…。

だし巻か フライドか。

フライドポテト? だし巻か
ポテトに行ってほしいな。

さすがに 鮭フレーク
ここで 終わりでしょ。

あ~!
(井森)ポテト ポテト。 だし巻。

(井森)やめて やめて。

京風だし巻です。

だし巻だ!
すごっ… えっ!?

決勝だ!
(風間)鮭フレーク。

[第3位は…]

[かつおだしを利かせた
優しい味付けで…]

[3位に ランクイン]

[一般的なスーパーの だし巻は

同じ大きさだと
1本 300円はするが…]

(業務田)これ サイズ…。

(業務田)何と 147円。

(曽根)
お~! 材料も こだわってる。

[安さの秘密は 国内の
グループ工場で 作っている]

[さらに ホニャララを入れることで
ふんわり食感を出しつつ

低価格を
実現させているのですが

いったい 何を加えているのか?]

[料理上手の ミキティー!
10秒で お答えください]

ふんわりする物って
何か あります?

そうですね だし巻ですから。

た…。

炭酸水!

正解やったら すごいけど。

実はですね 卵焼きっていうのは
当然 卵を入れるわけですけども

一部の原料を…。

その分…。

[豆乳も…]

[さらに…]

[残る商品は この2つ]

うわ~!
(川島)頑張れ!

どっちだ?
鮭 いけ!

[果たして
1位が決まる 第2位は?]

ついに…。

きた!?

時代 きた!

[この後は
ディスカウントスーパー…]

え~!?

[果たして
1位が決まる 第2位は?]

「ロングセラー」!
(藤本)どっちか 分かんない!

第2位は…。

頑張れ!

(井森)お願い! 頑張れ 頑張れ!
頑張れ! ここまで 来たら。

井森さんが ついに 天下 取るぞ!
井森さんの天下か。

(川島)井森さんが 天下 取るぞ!
(井森)きた!? 時代がきた!?

(川島)きた! 時代 きた!
(井森)イモちゃんの時代!

鮭フレークです!
(井森)うわ~!

でも 人気薄で よく きた! 2着。

[驚きのコスパで
第2位に ランクイン]

[果たして その…]

[一般的なスーパーの
鮭フレークは 160gで

およそ465円だが…]

(業務田)199円。
(曽根)安っ! このサイズで!?

(業務田)こういう瓶に入ってんの。

(曽根)え~! すごい! これ…。

(花房)入ってます。

[実は この鮭フレーク…]

[しかも ホニャララが
入っていることも 人気の理由]

[それが…]

(従業員)その辺が
安さの秘密になってます。

使ってますやん!
使ってますよ 井森さん。

[そう。
業務スーパーの鮭フレークは…]

[通常 3枚におろしたときに出る
中骨の部分は 廃棄されるが…]

[廃棄コストを削減]

[しかも 鮭の…]

(曽根)キャ~!
いただきまーす。 大好き!

(曽根)この…。

[この鮭フレークを使った…]

[手の込んだ パスタ料理
業務スーパーの食材なら…]

[早速…]

(業務田)これ!

(業務田)ホントに! これ!

(曽根)「5kgのパスタ」!

(曽根)すごい量!
(業務田)はい いくよ。 はい!

(業務田)めっちゃ 重いよ!

(業務田)これ 何と 928円。

(曽根)928円!

(業務田)5kg入りだよ?
(曽根)安っ!

(業務田)だって これね
イタリアのやつだもん。

(業務田)おいしいの。

おもろいな この2人。

[では ご覧の材料を使って

サーモンクリームパスタ作り]

[パスタが ゆで上がるまでの間に
ソース作り]

[本格的な
サーモンクリームパスタ]

[こちらが 1人前 何と…]

そうだよ。

(業務田)これ ぶっ込めばいいだけ
こうやって。 だから 手間いらず。

(曽根)いいパスタ 買ってたの
何だったんだって思うぐらい

おいしい。

めっちゃ おいしいよ。

[ということで 堂々の…]

(曽根)ありましたか。

(業務田)あるよ。 見て!

(業務田)これ!

(曽根)あ~! 大好きなやつ!

[第1位は…]

[使い切るのが 大変そうな
1kg入りながら 何と…]

[こだわりの商品だが
一般的なスーパーと比べて

どれほど 安いのか?]

(曽根)これ…。

(業務田)何と 210円。

(業務田)めっちゃ 安い!

[それでは 1位のフライドポテトを
超激安アレンジ]

(曽根)お~!
ミートチーズポテト 何か…。

(業務田)そうね。

絶対 染まらんようにしてるよな。

[達人オリジナル 絶品…]

[買い出し!]

(曽根)でも…。

(業務田)これ 何と…。

(業務田)212円。
(曽根)安い!

(業務田)これ 安さに特化してるの
めっちゃ すごいよね。

(業務田)味も ちゃんと…。

(曽根)おいしいんですか?
(業務田)おいしいんです。

[では ご覧の商品を使って
ミートチーズポテト作り]

[調理は 簡単]

[油で揚げた
フライドポテトの上に

温めた 大盛ミートソースを
1袋 掛けてゆく]

[そこに ナチュラル…]

(曽根)うわ~!

(曽根)これ あの…。

(業務田)使ってるだけです。
(曽根)で 上から チーズ。

[このミートチーズポテト
1人前で 何と…]

(曽根)うわ~! おいしそう!
いただきます!

(曽根)うわっ おいしい!
(業務田)これ すごいっしょ!?

(曽根)めっちゃ おいしいですね。

(曽根)確かに。

えっ! ホントにですか?
(曽根)はい。

[続いては
ディスカウントスーパー OK]

[ここ10年で 店舗数が倍増し

首都圏を中心に 131店舗 展開]

[その人気の秘密は
高品質なのに とにかく 安い!]

[おにぎり 1個が…]

[数々の激安商品が並ぶ中

特に 安過ぎると
話題を集めているのが…]

[人気の上位10品は こちら]

[具だくさんのおかずが詰まった
定番弁当から

ボリューム満点の 肉系丼!]

[さらには
ちょっと ぜいたくな お重系や

若者向けの ピリ辛弁当まで]

[果たして
売り上げ1位は どれか!?]

[こちらが スタジオの1位予想]

[全員の意見が割れた中
ノブは のっけ鮭弁当を選択]

私は のっけ鮭弁当に
させてもらいました。

いや ちょっと…。

重いってこと?
重いなとか。

エブリデイ。
私は こだわりの焼鳥丼。

(井森)これ 見ると…。

確かにね。

さあ 林先生が
牛カルビ焼肉丼。

載ってますね!
これ 載ってんすよね。

(川島)載ってる!
これが載ったことによって…。

[そして 神田さんが選んだのは
がっつり系の チキンカツタルタル丼]

ちょっと 濃いなとか。
そういう場合は…。

川島さん。
海老野菜天重。

相当 入れてます。

全部 茶色。

パワースポットですね。

[激安スーパー OKの…]

(櫻井)第5位は…。

(風間)この中でのボリューム
っていったら 天重じゃない?

天重 牛カルビ…。
(井森)ロースかつ?

え~! ロースかつかな?

ロースかつ重だ!

国産チキンカツタルタル丼です。

早っ!

[店内のフライヤーで
じっくりと揚げた

軟らかーい 国産のむね肉を
豪快に 盛り付け]

[そこに たっぷりと掛ける
甘酢と タルタルソースが

食欲をそそる 一品!]

[チキンカツが これだけ
入っているにもかかわらず

驚きの価格設定だという]

[王林は…]

(櫻井)重いですか?
(王林)ずっしりしてる。

(王林)聞き付けて
感じたとしても…。

(櫻井)299円です 税抜きで。
(王林)安っ! これで 300円なの!?

(王林)そこまで 安いと。

[王林が 恐怖すら感じる 安さ]

[何と…]

[気になる味は どうなのか?]

じゃあ いただきます。

うわっ! えっ!?

(櫻井)生パン粉… パン粉です。
生パン粉。

(櫻井)そちら…。

わざわざ そんなことして…。

[実は…]

[あるというのだが…]

(王林)この辺 全部。
(櫻井)はい。

(王林)うわっ おいしそう!

[お総菜売り場で
トップの人気を誇る

ジャンボチキンカツ]

[実は このチキンカツは
お弁当と 同じ鶏肉を使用]

[これが
格安お弁当を出せる からくり]

[実は チキンカツで使う鶏肉は

同じお肉で
5種類以上の商品を 展開]

[同じ食材を
他の商品でも使うため…]

[という 大量の鶏肉を仕入れ

これにより
材料費を削減しているのだ]

[続いて…]

[あの商品]

濃いめに味付け。

第4位は…。

牛カルビじゃない?
牛カルビね!

先生 きましたわ。
それを 卵が 中和するでしょ。

(藤本)おっ!

焼鳥丼だ。
牛カルビ。

牛カルビ焼肉丼です。

はい 先生 4着。
だから…。

[しょうゆベースのタレに
隠し味で 梨や レモンの果汁を

プラス。 甘めに仕上げた
牛肉と 温泉卵が

絶妙にマッチする 一品!]

[果たして…]

(王林)たぶん…。

(櫻井)299円です。 こちらも
税抜き価格で 299円となってます。

(櫻井)そうですね。
(王林)一つ一つ ちゃんと。

(櫻井)はい。
(王林)じゃあ…。

[何と こちらも 299円!]

[チキンカツタルタル丼と
同じように…]

(櫻井)ちょっと 違いますね。

(王林)
これと見比べたら 分かりますか?

[驚くべき 安さの秘密 実は…]

[それでは 神田 愛花さん
10秒で お答えください]

さあ 神田さん。 容器。

[正解は…]

(櫻井)はい。
(王林)この辺…。

(櫻井)そうです。 OKでは…。

(王林)そっか。

[さらに 丼だけでなく
ほとんどの弁当を たった…]

[同じ容器を…]

[しかも
作業が シンプルになり

人件費も
大幅に 削減できるんだそう]

[店内の至る所に]

[例えば こちらの…]

(王林)安いですね ホントに。

(王林)えっ!?
(櫻井)普段 これに…。

(王林)あっ!

(櫻井)
そうです。 つまっていいます。

(王林)正解?

(王林)やった!
(櫻井)ちなみに…。

(王林)ホントだ!

[通常 スーパーの刺し身には…]

[OKでは
つまは 別売りにすることで

その値段分を値下げ]

[さらに 食べられない飾りは
一切 入れないことで…]

[そして こちらの飲料売り場にも
スーパーの常識を覆す…]

[何と 陳列の工夫で
年間 7, 000万円以上の

コストカットに
成功したんだそう]

[スタジオの風間君
10秒で お答えください]

陳列で 安くなるの?
はい。

そうなると… えっと…。

(櫻井)飲むときって…。

違う 違う。 その前や!

(王林)どういうことですか?

(櫻井)そう。

(櫻井)電気代の節約等も含めて。
(王林)えっ!

[冷やすのが 当たり前だった
飲料売り場から…]

[大幅なコストカットにより
激安を実現したのだ]

[続いて…]

第3位は…。
ロースかつ重だ。

揚げて すぐ 売れるんですよ。

(川島)そうなん?
(風間)それでいったら 天重も…。

天重ね。 天重か ロース。
数量限定。

どうだ? 天重だ。

ヤバい! やめて! やめて!

のっけ鮭弁当です。
やめてよ!

[おかず三銃士]

[店内で
香ばしく 焼き上げた鮭に

揚げたての…]

[さらには…]

[数量限定だが とことん
安さに こだわったという

このお弁当…]

(櫻井)198円になりますね。
(王林)えっ!? 100?

(王林)イチキュッパ。

(王林)そりゃそうですよ。
こんなに…。

[数量限定とはいえ
ちょーっと…]

(王林)うーん!

(王林)ふわふわ。
(櫻井)こちらの鮭も…。

(櫻井)今の焼き時間に。

皆さんに。

[200円を切るという
衝撃のお値段]

[それを 実現しているのは…]

[実は…]

[ということで…]

(スタッフ)すいません。
(櫻井)はい。

(櫻井)今…。

[そう。 実は OKの弁当は

各メーカーと
共同で 開発している]

[一般的なスーパーでは…]

[しかし OKでは…]

[売り上げ3位の
のっけ鮭弁当は…]

[ご覧の 9社のメーカーが
開発に参加]

[食材 一つ一つの最安値を
メーカーと交渉し

規格外の激安価格を
実現していたのだ]

[あの商品]

専門店!

えっ?
どうだ? かつか!?

(櫻井)第2位は…。
(神田)ガパオかもしれない。

(風間)ビビンバも
あるんじゃないですか?

これは 低いでしょ。
焼鳥丼専門って ないもんな。

どうだ?
かつ?

あっ!

こだわりの焼鳥丼です。

焼鳥だ!
うわ~!

[香ばしい炭火の香りが
食欲をそそる]

[老舗の焼鳥専門店の味を
目指し

OKが
半年以上 研究を重ねた

オリジナルの厳選だれを
使用]

[焼鳥 3本分はある
大満足の丼だが

気になる その…]

(王林)これは もう そろそろ…。

(王林)「焼鳥屋専門店の味を
再現しました」

(櫻井)大丈夫です。

[味に 絶対の自信があるという
こちらの丼]

[早速 試食]

(櫻井)
そうなんです。 焼鳥なんです。

[まだ ランクインしていない
6品]

[パネラーが選んだ お弁当が
こちら]

こっちの方が
王道じゃないですか? 鮭弁当。

また 違うんですよね。

そうそうそう!

いや もう…。

腹ぺこなんです。

どこのデータなんですか? それ。

[果たして 売り上げ1位は!?]

[何と…]

鮭じゃない?
(藤本)鮭かな? じゃあ。

第1位は…。

鮭だね。
めちゃくちゃ 安いんじゃない?

これ 値段だよ。
(川島)ロースかつ あるんじゃない?

(井森)何だろ?
(風間)ここ 止まって!

かつ? かつじゃない?

ロースかつ重です。

やった~!

[ジューシーな…]

[肉質がやわらかく
ジューシーさが特徴の

カナダ産…]

[そのおいしさと
驚異の安さにより 何と…]

[大人気商品]

[果たして そのお値段は?]

(王林)でも…。

(王林)ずっと。

(櫻井)
こちらも 299円になります。

(王林)何で これも 299円?

(櫻井)こちら…。

(王林)年間で 400万!?

(王林)うん!

(櫻井)ありがとうございます。

(櫻井)万です。

[こちらの…]

[何と ボタン1つで

大量のロースかつ重を 調理できる
優れものなのだ]

[揚げたての 厚切りとんかつを
一度に 9枚も並べ

独自に配合した 秘伝のタレを
掛けた後

手作業で 卵をまとわせれば
準備OK!]

[あとは 容器に ふたをして

何と 6段 同時に
スチームコンベクションに投入]

[一度に 54食分を
仕上げることができるのだ]

[一般的に 丼用の鍋で
54食を 1つずつ 作ると…]

[スチームコンベクションを使えば
わずか8分で 完成]

[コストカットもでき
驚きの低価格を

実現しているのだ]

この間…。

と思ったら…。

[サンドイッチの…]

[その…]

[まさに
世界最大の飲食チェーン]

[パンや ドレッシングなどを
自由に カスタマイズでき

野菜たっぷりのヘルシーさが

女性を中心に 圧倒的な人気]

[そんなSUBWAYで 今
最も売れている サンドイッチは

どれなのか?]

[人気の上位10品は こちら]

[ローストビーフや 生ハムなど
ジューシーな肉系から

アボカドや たまごといった
サラダ系サンドイッチ]

[さらに 高タンパク
低カロリーなチキン系]

[果たして この中で
売り上げ1位は どれなのか?]

[こちらが スタジオの1位予想]

[最も 票を集めたのは
王道のBLT]

僕はですけど がっつり
肉 いきたい方なんですが…。

で ちょうど この…。

あのね ホント 私…。

[林先生と 日向坂の潮ちゃんは
えびアボカドを選択]

そうなんよね!
(潮)やっぱ…。

あ~!

もういいやん 別に。
ごめんなさい。

生ハム&マスカルポーネ。

言われてませんよ。
陸の何ですか?

個人的に言ってるだけです。
いや でも…。

結婚披露宴 SUBWAY。

[サンドイッチの…]

[今回 番付を発表してくれるのは
このお方]

[日本のSUBWAYのトップ…]

[何と 以前は サッカーの
超有名クラブ レアル・マドリードの

ベッカムら スター選手の
通訳などもしていた

異色の経歴の持ち主]

[そんな社長が教えてくれる…]

[あの商品]

ヘルシー!

ローストチキンだったら いいですね。

ローストチキン ここで いってほしい。
(井森)ローストチキンじゃない?

ヘルシー。
(風間)ローストチキンじゃないかな。

[果たして!?]

[この後…]

えっ!?
へぇ~!

(角田)第5位は…。
(川島)ローストチキン いってほしい。

(風間)ローストチキンじゃないかな。
(井森)ねえ。

(井森)チキン系だよね。
えびアボカドでしょ。

(潮)ローストチキンで。

生ハム&マスカルポーネです。
(川島)えっ!?

生ハム ヘルシーですわ。

[フレッシュなチーズと
ジューシーな生ハムの

ハーモニー]

[ベスト5入りした
人気の秘密は

SUBWAYの中で
最も ホニャララに合うから]

[この秘密を
調査するのは…]

(フワ)いただきまーす!

(フワ)うーん! うまーい!

[実は 学生時代には…]

[果たして
常連のフワちゃんは…]

やっぱ パン。

(フワ)超…。

[そう。 実は
この生ハム&マスカルポーネは

SUBWAYの中でも 最も パンの味を
引き立たせるメニュー]

[とにかく おいしいと評判の
SUBWAYのパンは

注文のとき
5種類から 選択可能]

[ベーシックなホワイトや
ウィート]

[さらに…]

[ハチミツの甘味を加えた
ハニーオーツなどを

取り揃えているのだが…]

[その おいしさの秘密は…]

[パンのために SUBWAYが
わざわざ していることとは?]

[井森さん!
10秒で お答えください]

私の知ってるの。
そうですよね。

[正解は…]

トースターしか
焼いたことないよ 私。

[その秘密は キッチンをのぞけば
分かるという]

(角田)そうなんですよ。

(フワ)うわ~! すごっ。
これは ホントに 私…。

[店のスタッフは
開店の2時間前

何と 朝6時ごろには
パンを焼くために 出勤]

[生地の発酵から 焼き上げまで

特製のオーブンで 一本一本
丁寧に仕上げているのだ]

[ちなみに
昼のピークタイムの直前…]

[さらに
実は SUBWAYには この…]

ていう…。

(フワ)マジで? 特注!?
(角田)特注。

(フワ)何で
あなた そういうこと言うのよ。

(フワ)こっちが 気まずいよ。

[実は SUBWAYでは…]

[トーストの場合でも
お客さんを待たせたくないと

導入したのが この…]

[では この…]

[実際に 焼いてもらうと…]

チクタク チクタク チクタク。

言うか! 言うか!

(アラーム)

(フワ)9秒!? 早ーい!

(フワ)見て。

ホントに…。

あ~!

[家庭用トースターの
倍以上の加熱で

この驚異のスピードを 実現]

[各…]

[電子レンジ機能で 中の具材も

最高の状態に加熱できる
すご技マシンなのだ]

[続いて…]

[あの商品]

はい ローストビーフです。
さようなら 丹生ちゃん。

第4位は…。

丹生ちゃん お疲れさまでした。
(風間)てり焼きも あり得るよ。

あるね。

ローストビーフです。
何? ボリュームあるやつだよ。

てり焼きチキンです。
てり焼きだ。

[甘辛く仕上げた
ボリューム満点のチキンが

大人気!]

[その人気の秘密は…]

[隠し味に…]

[一度 食べれば
病みつきになる味なんだとか]

[さらに 社長が お薦め!]

していただくと もう 自分の味に
していただくことができます。

[そう。 SUBWAYの醍醐味といえば
好みに合わせた…]

[基本の野菜 レタス トマト
ピーマン オニオンだけでなく

ピクルス オリーブ
ホットペッパーという

アクセント野菜 3種まで

計…]

[ということで
SUBWAYヘビーユーザーの

フワちゃんに いつものように
トッピングしてもらうと…]

いつも 言ってる言い方は…。

[さらに…]

[驚きなのが…]

もう 駄目や。

[この 野菜のみずみずしい
シャキシャキ感には

SUBWAYの 並々ならぬ企業努力が]

[果たして 野菜の
みずみずしさを保つ秘訣とは!?]

[「日向坂46」の丹生さん
10秒で お答えください]

(丹生)えーっと…。
何や!? 徹底的に 保存…。

[その秘密を探るべく
全国から 野菜が集まる…]

[すると…]

(従業員)そうですね。

[何と わずか…]

[しかも この工場
3フロア 全てが

まるで 巨大な冷蔵庫のように
冷やされており…]

[もちろん 野菜も…]

[例えば レタスは 長野県の

標高 1, 200m以上の畑で
育てられた

甘味が強い物を 使用]

[さらに…]

[それを 可能にするのが…]

[こちらの…]

[カットしたレタスを
すぐさま…]

[洗浄しながら 冷やされた
レタスは さらに冷たい

次のプールへ 移動]

[こうして…]

[最後は 何と 凍る寸前

わずか…]

[こうすることで
中の水分が逃げず

シャキシャキとした みずみずしさを
実現しているのだ]

[さらに これを運搬する際も

トラック内で
5℃以下の低温を保ったまま

加工した…]

[抜群の鮮度を維持して

お客さんに 提供されているのだ]

[しかし SUBWAY…]

[どうなんですか? SUBWAYさん]

そうなんですよ。

キュウリの…。

でも…。

用意できれば…。

ホント…。

先やなぁ。

レストラン!? あっ!

すぐ ローストビーフって
言うじゃないですか!

[果たして…]

ローストビーフやわ。

(角田)第3位は…。
(丹生)嘘だ! 違う 違う。

(川島)ローストビーフやわ。
ローストビーフであることに

全ベットするわ 俺は。

ローストビーフです。
(川島)危ない 危ない 危ない。

ローストビーフです。
(風間)ローストビーフ。

[しっとり ジューシーなお肉が
これでもか! と入った…]

このローストビーフは…。

えっ!?

言い切った。

[SUBWAYの自信作だという
ローストビーフは

どれほどの味なのか?]

[そこで スーパーで
販売されている…]

いただきます。

(フワ)うんうん。
おいしいですけど…。

うまい!

(フワ)
もう お肉だよね ちゃんと。

[ローストビーフの作り方には
SUBWAY独自の企業秘密が]

[何と 今回 特別に
ローストビーフを作っている…]

[こちらが
某有名ホテルで シェフとして

23年もの間 腕を振るっていた

ローストビーフの開発者…]

(山口)ジューシーさを…。

[早速 製造工程を拝見]

[使用するのは 程よい…]

[味付けは…]

[サンドイッチとの相性を
考え…]

[すると もも肉が ご覧の姿に]

[そして ここから…]

[一流ホテルでは
まず フライパンで

外側に
焼き色を付けていくそうだが…]

[絶対に 企業秘密という

独自の方法と 機械を使い

超高温で 肉の表面を加熱]

[続いて 第2段階]

[一流ホテルのレストランでは
オーブンで焼くのだが

工場でも ジェットオーブンを使い
中温で ロースト]

[本来は これで 完成だが…]

[SUBWAYでは より…]

[もう一手間。 向かうのは…]

[100℃以下という 低温の蒸気で
真空調理]

[肉汁を閉じ込めたまま
じっくりと 火を通し

ジューシーに仕上げているのだ]

[出来上がった ローストビーフを
切ってみると

外は 香ばしく
中は 見事なピンク色]

[手間暇を惜しまず 作ることで

一流ホテルに負けない味を
再現していた]

[サンドイッチといえばの…]

定番!?
(井森・潮)定番!?

第2位は…。

(井森)あっ ツナとか?
ツナ たまご。 ツナ たまご。

まだ あるよ。 まだ ある。

ツナ たまご。
(潮)ツナ たまご!

ツナじゃない?
BLT やめてよ。

えびアボカドだ!
(丹生)BLTだ!

BLTです。
や~!

[黄金トライアングル]

[第2位…]

[SUBWAYでは 鉄板の
3つの具材に

セミドライソーセージを加えて

ボリューム満点な一品に]

(フワ)うーん!

(フワ)あ~…
アン ミカさんが 自分で…。

て聞いたら…。

[さらに このBLTには…]

ちなみに BLTは…。

えっ? そうなの?
(角田)はい。

[実は SUBWAYのサンドイッチは
全て プラス330円で

中の具材を サラダに 変更可能]

[もちろん パン抜きなので
わずか118キロカロリーと

サンドイッチの およそ3分の1]

[ダイエットに うれしい
メニューがある その一方で…]

[それは…]

(フワ)
ちょっと 何!? あんた! その…。

(フワ)ヤバッ これ!

[通常の
8倍のボリュームを誇る

SUBWAY最大のサンドイッチ…]

[具材は 通常…]

[そこに
野菜を これでもかと載せ…]

いただきまーす!

(フワ)うーん!

[いよいよ 第1位の発表!]

[残るのは ご覧の6商品]

今 見たら 高いんやね。
やっぱ…。

[絶対王者!]

あります。

ツナとか たまごかもよ。

うわ~! ヤダな。 えびアボカド。

大丈夫! 潮ちゃん。
[果たして 1位は!?]

[サンドイッチの…]

[絶対王者!]

第1位は…。
えびアボカド 15年もあるかね?

あります。
ツナとかですかね?

あります。
そうですか。

うわ~! ヤダな。 えびアボカド。

大丈夫! 潮ちゃん。
大丈夫ですか? 先生を信じます。

えびアボカド
意外と 入らないのかも。

えびアボカドです。
これだ!

(川島)すごいね。
この当たり方だ。

[最強コンビ]

[2006年の登場以来 15年連続で
売り上げ1位を誇る

SUBWAYの絶対王者]

(フワ)うん!

(角田)やはり…。

もう…。

[おいしさの秘密は

うま味を閉じ込めるため
エビは 殻のままで 蒸し…]

[さらに アボカドは
世界一と称される

本場 メキシコ産を使用する
こだわりぶり]

[そして このサンドイッチが…]

[実は
より 野菜を感じてもらいたいと

ホニャララがベースの
ドレッシングを 開発したのだ]

[そう。
えびアボカドの 人気の秘密は…]

[ドレッシングの概念を覆し
あえて…]

[使用するのは
玉ねぎ トマト 人参など

6種類の野菜]

[これらを ペースト状にし
お酢などの調味料を加え

特注のミキサーで…]

[これにより
生野菜だけでは 味わえない

6種類の野菜の
濃厚なうま味が 詰まった…]

[出来上がるのだ]

ねえ!

番付番長?

だって 今までやった 井森さんの
2回に もう 並んでるんだ。

やめてよ!

私も…。

ホリプロ…。
ホリプロ 権之助坂。