TOKIOカケル【桐谷健太が初告白…歌番組初出演で感謝の恩人▽足ツボ我慢対決】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

TOKIOカケル【桐谷健太が初告白…歌番組初出演で感謝の恩人▽足ツボ我慢対決】[字]

超超超お友達!桐谷健太が初告白…FNS歌謡祭初出演の裏で背中押してくれたアノ恩人は?▽V6森田剛と共演の赤っ恥映像公開&全員驚愕(秘)絶景写真▽絶叫!足ツボ我慢対決

番組内容
TOKIOのメンバーとゲストが、さまざまなオリジナルゲームを展開しながら、時に際どい駆け引きをするバラエティー番組『TOKIOカケル』。
今回の“友達ゲスト”は桐谷健太!そして女性代表ゲスト、通称“エンジェルちゃん”として相席スタート・山﨑ケイが登場。
番組内容2
TOKIOとエンジェルちゃんが、ゲストの知られざる一面を引き出すため、友達だからこそ聞ける!教えてくれる!質問をぶつける企画〈友達ってことで聞いていいですか?〉をお送りする。番組に度々出演している桐谷の知られざる一面が明らかに!
出演者
TOKIO 

【友達ゲスト】
桐谷健太 

【エンジェルちゃん】
山﨑ケイ(相席スタート)
スタッフ
【チーフプロデューサー】
清水泰貴 

【プロデューサー】
五十嵐剛 
鈴木浩史 
疋田雅一 
増谷秀行 

【演出】
加藤智章 

【制作】
フジテレビ第二制作部

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 松岡
  2. 城島
  3. 山崎
  4. ホント
  5. 長瀬
  6. カード
  7. リーダー
  8. 給料
  9. 無理
  10. ハマチ
  11. 桐谷
  12. 駄目
  13. 大丈夫
  14. 鳥羽
  15. イメージ
  16. エンジェル
  17. ケイ
  18. メンバー
  19. 健太
  20. カメラ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
扶桑社
¥2,530 (2021/09/25 19:33:03時点 Amazon調べ-詳細)

(国分)本日のゲストは
桐谷 健太さんでーす!

(松岡)たってるんだね。

(松岡)そうだ。
(城島)すごいメンバーですね。

(桐谷)みたいなん あって。
長瀬がね。

で 山田君?

僕らってさ ピンで来てるような
イメージ ないですか?

(城島)最後 持っていってるよね。
たぶん…。

歌わされたりとか。

でも こなしてくれるじゃない。
ラップも そうだし。

いやいや… 楽しみます。

そして
エンジェルちゃんですけれど…。

(山崎)そうですね。

(山崎)先週 怒られた反省が
生きてないですね。

(松岡)エンジェルちゃんに
振るまでが 長いって。

ゲストの方と 盛り上がり過ぎて
私たち 入ってこれないから

ていうことだったんですけど。

(山崎)今日 ちょっと
3分ぐらい かかってました。

(山崎)しっかり座ってますね。

(松岡)うちのエンジェルちゃんたちが
集まって…。

(松岡)まず ちゃんと座れって。

ちゃんと座ってなかった?
いつも ふにゃふにゃしてた。

(城島)あと 僕は NGワード…。

「大変じゃないですか」
(松岡)やっぱ そうでしょ?

[今夜は

桐谷 健太の 懐かしい秘蔵映像
てんこ盛り!]

♬~

[フジテレビ 初出演ドラマに…]

[さらに…]

武田 鉄矢さんに…。

とか言われて。 何で?

[そして…]

「桐谷さんは 長瀬と共演…」
(長瀬)「『タイガー&ドラゴン』っていう」

(城島)「あと 即興で ラップする…」

(長瀬)「たぶん これ
みんな 聴きたいだろうから…」

♬(長瀬のヒューマンビートボックス)

♬~

「天才だよ」

「番組でも ちょっとしたことを
盛って話すタイプでしょ?」

「人を ペテン師みたいに言うの
やめて… 嘘つかないですから」

「僕 今日 ホンマの話しか…」
♬(長瀬のヒューマンビートボックス)

♬~

「これ マジ すごいと思うわ」
(松岡)「母音を合わせるんすね」

「斗真を あーだ こーだね」
「でも まあ…」

(松岡)「これは カットだよ」

「あれは 高1ぐらいの…」

「あの…
ポケットベルって あったんです」

「で ぱって開いたら…」

「ヌ?」
「アイシテヌ?」

「片仮名で ヌ」

「そういうことかと思って」

(長瀬)「それが
ショックだったっていう…」

リアクションが違ったのね 俺らの。

♬「やっぱ好きやねん」

♬「やっぱ好きやねん」

♬「きつく抱いてよ」

♬「今夜は」

「何か言った 何か言った!
何か言った」

すごいね。 頑張ってるね。
いや めちゃめちゃ…。

(松岡)ちゃんと
いろんなこと やってるよね。

(城島)でも 無茶振りしてんのは
誰かって 分かったけどね。

ケイちゃん どうですか?

いつも 結構… 何ていうのかな?
真面目っていうか…。

みたいな印象だったんで
あんな 何か… いじっていい…。

(松岡)フランクだよね。
フランクなんだよ。

(松岡)けんちゃん 優しいのよ。
やってくれちゃうのよ。

(松岡)のみ込んでくれちゃうから
俺らも そこ 調子ぶっこいて

やっちゃうじゃん。

あの…。

もう 後が怖い。
だから 動悸してくるんすよ。

だから 今日も
爆笑が いっぱい…。

(松岡)あと さっき 聞きました
貴重な情報ですけど…。

あっ 連絡 取って?
あの~… やってます 連絡は。

(松岡)もう すごい 長瀬は
けんちゃんが来ると 喜ぶから。

ホントですか? うれしい。

連絡 取られてないですか?
取ってないな~。

この間だから。
4月… まだ 4カ月ぐらいだから。

さあ
カード 1枚 選んでください。

じゃあ… これ いこうかな。
(城島)やっぱ そこ?

これで。

(松岡)これ あの~…
僕の質問なんですけど。

[実は このカードに関しても

前回 エンジェルちゃんから
駄目出し!]

[毎回 同じ ハマチの話をする
松岡に対し

リーダーと 太一が
ノーリアクション過ぎると

指摘されていました]

(松岡)
僕は 初めての給料 ジャニーズ…。

(松岡)
そんときに… どうしても 僕…。

ハマチ?
(松岡)ハマチ 食べるの。

(松岡)さくで食ってみたくて。
で ハマチを…。

給料で出たやつで
ハマチのさくを買って

それに
しょうゆを付けて 食べて

やっぱり 切った方が
おいしいんだって分かったんです。

(松岡)うるせえな。 うるせえな。
(城島)難しいね これ。

これ 僕ら 何回か 聞いてる話で
そのときのメンバーの顔が

つまんなそうな顔してるって
言われたから

今 リーダーが リアクションを取ったという。
前回を引きずってる状態です 今。

(松岡)いろんな仕事… バイトとか
したでしょ? 一番最初 何?

[けんちゃんが
初めての給料で 買ったものは

当時 友達に 一切 理解して
もらえなかったものなんだって]

めちゃくちゃ
やってるんですけど…。

ビルとかに使う ボードなんすけど
それを運んだりして

日給 幾らで もらったりとか…。
幾つんとき?

まあ 東京 出てきてからなんで
18 19とか。

どのぐらい やってたの?
それは 3年ぐらいっすね。

(松岡)結構 やったね。
あと…。

で バイトしたりとか 色々…。

でも 夢は 役者だった?
そうですね。

したくて 東京に来たので。

何 買ったんすか? 初めての給料。
ちょっと…。

て言われたんすけど あの~…。

僕…。

だったんですね。 で 何か その…。

透明な
足の形してるやつがあって。

そこに こう… いろんなツボの
所に ちょっと 穴があって

また 溝みたいなのがあって
ボールみたいなのが 付いてるんです。

で ここ 肝臓
ここ 腎臓みたいなやつを…。

それ 初めて買いました。

(松岡)初めての給料
足ツボマッサージ器?

初めて使った給料が それです。

まあ でも 実際 やっぱり こう…。

(山崎)それはね そうですよね。
友達には 「何で?」って言われた。

僕…。

それまで
駒澤大学 僕 行ってたんで。

(松岡)近いから。
紹介で 下馬の方に 住んでました。

(松岡)結構 するね。

ワンルーム?
1Kです。

(松岡)だからだ。
高いんだね ちょっとね。

(城島)ちなみに…。

(城島)あっ そっちなんすか。
何か おしゃれな所に…。

(松岡)出会いがあるかなって?
そこは ものすごい…。

奥田 民生さんとか いろんな方が
すごい 来られるとこだったんで

いろんな出会いが
あるかもと思って。

(松岡)きっかけは? 友達の紹介?
そうです。

それで…。

それ 言った?
だから その…。

おんなじ店じゃないんですけど
その おんなじ系列んとこで

前に 一緒に
演奏させてもらったりとか。

(松岡)すげえ!
それが 1年半とか 2年ぐらい…。

最近の話ですね。

だから もう…。

覚えててくれたの?
覚えててくれてました。

すごい!
やっぱ そういうの すごいね。

(松岡)運命だね。

さあ じゃあ
次のカード いきましょうかね。

ドン。

これ 私ですけど。
だいたい 覚えてます?

(山崎)はぁ~!

けんちゃん 出てる?
僕 あの…。

(山崎)いや~! どの…。
ちょろっと 出てるんです。

めちゃくちゃ…。

(山崎)ホントですか?
じゃあ VTR 見てみましょうか。

マギーって役で いたんです。

あっ 剛だ。

ムカつくんですよね こいつが。

出た! あ~ いた!
お~!

「ご無沙汰してます 修史さん」

「昔の落とし前
つけさせてもらいますよ」

悪い人だ。

(森田)「何だよ お前か」

あれっ やられちゃった!
あんなに いたのに。

あんなに いたのに。

[その後も…]

[さらに けんちゃんの快進撃は
止まらなーい!]

♬「空の声が 聞きたくて」

♬「風の声に 耳すませ」

[『紅白歌合戦』にも
出場するなど

活躍の幅を広げている
けんちゃんでした]

いや~ ホントに
『ランチの女王』だったんだね。

出てたんです。
へぇ~!

めっちゃ 強いんですよ。
(松岡)剛 超強えじゃん。

(城島)でも やっぱり それでも
せりふはあって リーダー格みたいな。

そうなんです。
覚えてますか? 当時のこと。

覚えてます。
あれ 8話だったと思います。

8話と 3話にも…
3話は でも 顔 ほとんど

映ってなかったんですよね。
それが すごい ショックだったのも

覚えてますし
あ~… みたいになって。

でも 8話で
こうやって 出させてもらって。

そんとき 僕…。

何か グーングーンみたいな。

だから 最初だけ ちらっと…
全然 僕 関係なく

引きで 映ってましたけど。
確かに 全然 気付かなかった。

一応 バイクも
だから 練習したのを…。

いや もう…。

「何だ お前かよ」 言われて。

(松岡)
最後に ちょっと 出てた あの…。

俺 あんとき すげえ 覚えてて

歌う前に TOKIOと
みんなで しゃべってて…。

(松岡)俺ら 見て 終わって
エーイって… イェーイって…。

そうなの!?

すげえ 覚えてんの。 長瀬が
「よしっ 健太!」みたいな感じで

ばーんってやって 「いってきます」
っていうのを見て…。

ていうのがあるから
よーしっ! 行っといで みたいな。

たぶん 俺…。

ホントっすか。
行ってこい 健太って言ったのを

すごく 覚えてる。
そういう ちょっとしたことで…。

ホンマに 感じます。
緊張してたもんね。

めちゃくちゃ 緊張しました。
(松岡)俺たちも してたもん。

その後 いろんな場所で歌うでしょ
『紅白』でも歌ってるし。

何か…。

それこそ
皆さんも そうですけど…。

1人で やるっていう。

あれも 相当…。
よう やりましたね!

もう 皆さん 言うたら
馬を 見に来てるから…。

(松岡)あの日本一のレースだから。
歓声だけじゃないわけですよ。

怒号も あるわけですよ。
ある。 うん。

それでも
関係ない 関係ない… みたいな。

てなる感じで…。

みたいに くるじゃないですか。

地鳴りのようなね。
でかーいね ズアーッていうね。

[そのときの 実際の映像が
こちら]

1人だ。 ホントだ。

♬「君が代は」

♬「千代に八千代に」

(拍手・歓声)
この声ね。

(拍手・歓声)

あ~ すごい!
こんだけの人の前でね。

いや~ そうっすね。 いい経験。

ホントに 素晴らしい経験
させてもらったなって思います。

色々。
でも こうやって…。

それまで 歌ってなかったもんね。

(松岡)
どこまで 恩着せがましい…。

(松岡)
俺たちって そういうとこ ある。

さあ じゃあ
カードを選んでください。

ドン。

これは 今回 誰?
(松岡)これ 今回 私です。

今まで 風景を撮るとか
あんま なかったんですけど…。

(松岡)そんなことを…
年も あるのかもしれないけど…。

いや~ いいことですね。
変わったね。

(松岡)そうなんですよ。 で メンバー…
それを また 変わったのが…。

(松岡)僕 そんなこと メンバーに
したこと 1回もないんで。

(松岡)ちょっと 仕事で 北海道…。

あまりにも その広大な自然と

ちょっと ふと 見た駅が
何て すてきだろうと思って

思わず 写真を撮ってしまいました
ちょっと ご覧ください。

すごい!
いい時季に!

空も 奇麗。
(松岡)そう。

めっちゃ いいじゃないですか。
あんとき すごくて…。

(松岡)鳥羽?
そう。 リーダー 鳥羽。

(松岡)で あなた 川越?
(山崎)川越!?

(松岡)ばらばらで。
そうそうそう。

(松岡)
俺たち どうした!? っていう。

めっちゃ いいじゃないですか。
(松岡)「わし 鳥羽にいるよ」

鳥羽にいた 鳥羽にいた。
(松岡)で 埼玉か どっか…。

どっかだったね。
「こんな感じでーす」みたいな。

みんな 自然のとこにいて。

(松岡)て送って。 覚えてんです。
そのときの文章も

「ちょっと 汚れた性格を…」
それ 言わなくていい。 それ…。

で これ 送ってきたんですよ。
もう2枚… 見てください。

うわっ 奇麗!
(松岡)パノラマで。

パノラマで 撮ったの。
これ 家に飾れますよね。

そうでしょ。
そして 何か 知らないけど

素朴な富良野駅。

いいでしょ?
いい写真!

(山崎)すてき。
ちょっと 驚いてるわけですよ。

松岡とか こういう景色
撮っているイメージが なかったし

何か…。

般若 撮ってるって。
般若とか 撮るのよ。

そういうイメージだったから。
何か 素朴で いいでしょ。

いいっすね。

いいですね。
(松岡)あの~… ホテルの前から

コンビニ 行くのに 1個だけ
陸橋 通んなきゃいけなくて

その陸橋 こうやって 渡ってて
ぱっと見たら 汽車 止まってて。

(松岡)わーっと思って
何げに撮った1枚なんだけど

感動しちゃって。

(城島)
どっちかというと 何か 写真…。

ていうタイプで 生きてきてる
人間のイメージ あったから…。

そこの驚き。
あ~!

(城島)それは すごい 感じたね。
(松岡)そうかもわかんないですね。

それがね
3枚 送られてきたからね。

(城島)すてきやね。
で けんちゃんですよ。

けんちゃん 何を撮ってるのか。
ぜひ 見ていただいていいですか。

うわ~!

これ ベネズエラの
テーブルマウンテンっていう

東京23区ぐらいの おっきさの

もう 上が 真っ平らな
ショートケーキみたいなんが

ぼっこんぼっこん あるんですよ。

これ 山っていうより…
上は 平坦なんですよ。

で あれ 滝なんですけど。
滝なんだ!

エンジェルフォールっていって
世界一 落差のある滝で

もう 約1, 000mあるんで…。

面白ーい。
あの滝が ばーって 出てる横で

テント 張って 生活してました。

(松岡)何で? 何で? 何で?
これは…。

ちょっと 見えにくいですけど
真ん中ら辺の 白いのが 滝で

だんだん 水が増えてきて
あの奥から ぼわーって。

テーブルマウンテンの上に いたのは
1週間ぐらいですけど。

でも 1週間 いたんだ!
(城島)それ ドキュメンタリー…。

そうですね。

そこ 重要ですか!? もっと
景色が どうとかじゃなくて

それが 民放なのか BSなのか。
(松岡)先週 言われたとこだよ。

で この中で その 何か…。

水がたまって 砂浜があって。
そこに行くためには…。

てなって…。

させてもらったんですよ。
懸垂下降って… こうやって

レスキューみたいな。 それが…。

トーン トーンって やるやつを…。

「桐谷さん 大丈夫ですよ」みたいな
感じで 分かりましたって言って。

これ ちょっと あの…。

これ 黄色いのが ヘリコプター。
上に テント。

で ちょっと あの…
真ん中 見えますか?

あっ いた!

(松岡)これ けんちゃん!?
これ…。

(松岡)それで いい。
同じこと やってるので。

真ん中で 何mぐらいになったの?
えーっと… これ だから 全部…。

ぐらい あって。

だから もう 空中なんですよ。

(松岡)もっと あんじゃない?

これ その下に まだ あるので。

(松岡)ちょっと待って。 それ…。

(松岡)3m これだべや。
しかも 壁があったんですけど

その気持ちで 行ったら…。

(松岡)壁 ないもんね。
(城島)踏ん張れないし。

どうやって帰るの?

え~! 上に?

上に 何人か 待機の人がいて。

ここまでして 下りて…。

真っ暗の中 ずっと。 だから…。

(松岡)そこで 寝泊まりするんだ。

そのビーチは。
あっ…。

その顔… その顔!

それは すいません。 あの…。

それだったら BSか 民放か
ちゃんと 教えてよ!

では 次のカードを お願いします。

ドン!

(松岡)これも 僕ですね。

[けんちゃんが
人生で 一番ビビった人は

海外で出会った
ある人なんだって]

番組で
ちょっと 局 違うんですけど…。

さっきも 『ウルルン』かと思うぐらい。
そうっすね。

あれ 行かせてもらって。
それは…。

会いに行くみたいな
旅だったんですけど。

それで 初めて そこに着いて
もう カメラも回ってますよね。

で いろんな そこの家族が
ばーって 来る中で

男の人の1人が…。

俺のとこに。
で 俺は まあ 最初に…。

でも 言葉も通じへんし…。

みたいな。 あるわけじゃない。
でも カメラも回ってるから

ここで 下がったら めっちゃ
ダサい。 めっちゃ ダサい。

絶対 あかんって思いながらも
なた 持って 来てるんで…。

ほんなら その人が…。

握手してくれて。

ぎりぎりの めっちゃ
カッコ悪いところを カメラに撮られて。

それは ホント ビビったんだね。
ちょっと 見てみますか それ。

(城島)いや これは…。

これ 怖いっしょ?
(松岡)これは 怖いよ! だって

今 俺ら…。

そうなんです。 これ 字幕なしで
1回 見てほしいですね。

しかも 三男とか 分かんないもん。
分かんないし。

(松岡)我慢してるの 見たい。

ここまで 我慢して。 あ~…
我慢したんですけど もう 駄目。

こう 置いた瞬間の

この感じが めっちゃ あ~ あかん
って思ったんでしょうね。

こう 来るんかなぐらいの。

自分の方に 近づいてきた
っていうかね 完全に。

その… だから 業界の人で
ビビったっていうのより…。

(松岡)いや~ ビビるよ。
(城島)これ 1位やと思う。

(城島)さっきから
生き死にの話ばっかしよね。

じゃあ
次のカード いきましょうかね。

ジャジャン!

[芸能人の 自分だけができる
ちょっと 変わった特技]

[これまで たくさんの特技を
披露してもらったけど

けんちゃんは 何が得意なの?]

僕 これ マジで…。

(城島)10位!?

これ さっきの話に ちょっと
戻る部分 あるんですけど…。

僕 ホントに…。

[ということで
早速 やってみまーす!]

さあ それでは
対決 スタートでーす!

乗ってください。

まだ この状態で 大丈夫…
けんちゃんは 余裕そうですね。

松岡とか どうですか?
まだ 大丈夫。

ケイちゃんも?
乗るだけは 平気です。

リーダーも?
なかなかの刺激で。

まず スクワットを
3回 やりましょうかね。

(松岡)スクワット? あぁ…。
(山崎)動いたら 痛い!

(松岡)動かさなきゃよかった。
いきますよ。 せーの…。

1 2 3。

あ~ 大丈夫そうですね。

余裕ですね。
でも 動かさなきゃよかった。

全然 大丈夫です。
では 続いて…。

(松岡)えっ!?
片足だけで 立ってください。

よーい… スタート!

(山崎)あ~! 痛い! 痛ーい!

片足立ち 10秒 いきましょう。
よーい… スタート!

あ~! 痛い! 痛ーい!
あ~! 痛い!

ギブ? ギブ? ケイちゃん ギブ。

8 9 10。

はい 終了。

ケイちゃん 駄目?

そこ? バランスの問題。
体幹が 駄目だ。

続いて ももを 90度まで上げて
足踏みを 10回。

いきます。 せーの…。

1 2 3 4…。

あ~‼
リーダー! 8 9 10!

うお~!
強い!

リーダー 駄目?

じゃあ 続いて ジャンプ3回。

(松岡)バカ!
(山崎)うわ~ 痛いよ…。

では いきます。 せーの…。

いや もう 駄目だ…。
よっしゃ!

すごーい!

(松岡)
無理 無理 無理 無理 無理 無理!

すごいわ やっぱ けんちゃん。
僕 もう…。

歴が 長いんで。

武田 鉄矢さんに お前 やったこと
あんのか みたいに言われて。

全部 ちょっと
スライスするんですよっつったら…。

…とか言われて。

そんな けんちゃん 舞台をやると。
9月3日から 明治座で

あと 10月1日から
大阪の 新歌舞伎座で

『醉いどれ天使』という
舞台をします。 これは

黒澤 明監督と 三船 敏郎さんが
初めて タッグを組んだ

伝説の映画の舞台化です。
演出が 三池 崇史さんで

ホントに
素晴らしい作品になりますので

ぜひ 見に来てください。
お願いします。

武田 鉄矢さんに…。

みたいに言われて
ちょっと やったんですけど…。

とか言われて。

いや 分かんない。
何で? って思うじゃないですか。

(松岡)そりゃ だって 自分は
映画で やってたからじゃんね。

でも その後に…。

みたいに言って。 あ~ みたいな
感じで 終わったんですけど。

でも 一瞬 「何で?」って。

何で そんな ひどいこと
言うんやろって思いましたよ。

はい! ということで
どうも ありがとうございました!

[9月の 『トキカケ』は
5週ぶち抜き 超豪華ゲストフェスティバル]

[第2弾は 田中 圭さんと
オリンピック選手が バスケ対決

やっちゃうよ~!]

天才だよ。

[さらに…]