アウト×デラックス【朝のお天気キャスターで話題の片岡信和がモテない理由とは?】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

アウト×デラックス【朝のお天気キャスターで話題の片岡信和がモテない理由とは?】[字]

イケメンなのになぜモテない?朝のお天気キャスターで人気の片岡信和の秘密

番組内容
独特の世界観を持って生きているこだわりの人たちを招き、矢部浩之、マツコ・デラックスとアウトなトークを展開するトークバラエティー『アウト×デラックス』。
俳優・気象予報士として活躍する片岡信和。黙っていると爽やかでイケメンだが、しゃべるとなぜか残念なアウトなのだという。早速スタッフが、生放送終了後の片岡に密着。独特のライフスタイルと数々の名言から見えてきたのは…はたしてスタジオの反応は?
番組内容2
元ハロー!プロジェクト「メロン記念日」のメンバー・大谷雅恵。2010年の解散後、ソロアーティストとして活動中なのだが、現在は借金まみれなのだという。一体何が起きたのか?そして気になる今の生活をスタッフがロケ取材。そこから見えてきたアウトな面とは…。
ご案内
“アウトな人”募集中!詳しくは番組ホームページで!! 
http://www.fujitv.co.jp/outdx/index.html 
Twitter公式アカウントはこちら⇒@outdx_fujitv 
https://twitter.com/outdx_fujitv 
〈#アウトデラックス〉でつぶやいてね!
出演者
【MC】
矢部浩之、マツコ・デラックス、山里亮太(南海キャンディーズ) 
【ゲスト】
大谷雅恵、片岡信和(五十音順) 
【アウト軍団】
小原ブラス、戦慄かなの、塚田僚一(A.B.C-Z)、遠野なぎこ、矢部美穂、横川尚隆(五十音順)
スタッフ
【チーフプロデューサー】
大江菊臣 
【演出】
鈴木善貴 
【監修】
渡辺琢

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 大谷
  2. 片岡
  3. スタッフ
  4. ホント
  5. 気持
  6. 今日
  7. 似合
  8. 結構
  9. イケメン
  10. 遠野
  11. 自分
  12. 面白
  13. Tシャツ
  14. オススメ
  15. お願い
  16. タイダイ
  17. ライブ
  18. 横川
  19. 活動
  20. 気象予報士

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
扶桑社
¥2,530 (2021/09/25 19:33:03時点 Amazon調べ-詳細)

[バッキバキに鍛えられた
腹筋。 整った…]

[そして…]
(片岡)お知り合いが見えてますよ。

[俳優でありながら
朝のお天気キャスターも 務め

爽やかな印象で
好感度も 超グッドの…]

(片岡)そうなんですよ。

(マツコ)うわ~! この人 何!?

(片岡)この空気の感じ
すごく 今 驚いてま~す。

[まずは…]

(山里)
それが この方でございます。

(矢部)お~!
気象予報士ですか? この方。

片岡 信和さん 36歳。

気象予報士さんでもあり
俳優さんでもございます。

テレビ朝日 『羽鳥慎一モーニングショー』の
お天気キャスターをされてまして。

黙っていると イケメンだが
しゃべると 何か 残念という…。

ちょっと 今…。

虫!? 遠野さん 虫が…。

なぎこを さっき
カメラさんが抜いたとき

ちょうどね 肩に乗ってたの。

ハエ!?

でっかい ハエ!
逃げないのよ。

なぎこの所 ずーっと いるの
あの子。

面白い!
(遠野)よかったです。

飼ってんじゃない!? それ。

絶対 離れない!
そう。 ずっとなんですよ。

よかった 気付いてくれて。

奇跡ですよ! これ 遠野さん
誰でも できる 笑いじゃないから。

ホントに よかったよ!
まだ 逃げないですもんね。

ちょうど 今
お飾りみたいになってて…。

もう…。

すごい 逃げないよ。

なぎこさん…。

「そうなの~」って言ってたよ。
「そうなの~」じゃないんですよ。

こんなに 出にくいこと
ないだろうね。

こちら 黙っていると イケメンだが
しゃべると 何か 残念という。

お伺いいたしましょう。
≪(ドアベルの音)

おはようございまーす。
よろしくお願いします。

おはようございます。

片岡です。 こんにちは。

[俳優として 活動する傍ら

2019年に 国家資格である
気象予報士試験に 合格]

(羽鳥)お天気 片岡さんです。
(片岡)おはようございます。

[現在…]

[朝から 爽やかに
情報を お届け!]

[さらに…]

[この…]

[そんな 片岡さんですが…]

[と言われてしまうそうで…。
どんな感じか 見てみましょ]

そうね。
それぐらいの待ち時間が…。

よかったです。 お願いします。
何か ちょっと もう…。

何で そんなこと 言うの?
何か ちょっと 雰囲気が…。

そうですか?
「気持ち悪いね」って… マツコ。

ちょっと…。

しゃべらないと。
雰囲気は イケメンでね。

だって もう 二~三言
しゃべっただけで ちょっと…。

こぼれてました!? もう。
まず 女性陣に お伺いしたいです。

いかがですか? ぱっと見た感じ。
矢部さん。

(美穂)第一印象。

戦慄ちゃん いかが?
(戦慄)ちょっと 何か…。

「パキってる」! 「パキってる」!
どういうことですかね?

ほらっ! あと 今のさ
「あぁ そうですか」っていうね。

何か もう ちょっと…。

ちょっと 気持ち悪いのよ
やっぱり。

ちょっと こぼれてるんですかね。
よく言われる?

初対面で 気持ち悪いって。
いや 僕…。

もう あふれ出てますよ。

結構 ディレクターの方だと
「片岡さん 正直…」

ほらほらっ ほらほらっ!
ほらほらっ!

ねっ!? ほらっ!

今 ざわっとした。
きましたね。

え~… 「驚いてま~す」

今日で 自分自身 見つめ直して
いこうかなって思いましたね。

何で 2回 言ったの? 今。
鈴木 奈々みたいな。

ちょっとずつ 出てきたかな?

ブラス どう?
この手の感じの方は。

(小原)何ていうのかな? あの…。

何か 何を考えてるかが
分からないのと。

とはいえ…。

イケメンですねって言った瞬間
口元が ピクッと。

うわ~! 怖ーい!

この人 何!?

ぞくぞくしますね!
ぞくぞくするね この人!

僕 今まで 結構 ホントに…。

何!? この人!
何回 言うねん! 「かもしれない」

取り乱してますけど 言い聞かせて
いきたいと思ってます。

こんなこと 言われたことない?
ないです ないです。 ホントに…。

でも 初めての経験と
おっしゃるけど…。

いや 何か うちの…。

初めての仕事
現場 行くときとかも…。

ずっと 本 渡されてたんですよ。
へぇ~!

今 思えば
それ 20代 続けてたんですけど…。

しゃべらず ただ 本だけ
ひたすら 読んでたときが。

だんだん 話したくなってきて…。

言われることもありますし。
だんだん 首 かしげられ始めて。

面白いね。
もっと 知りたなってきた。

いっても このボディーとかですよ。
仕上がってるボディー ありますから。

結構 すごく
ジムとかで 鍛えてるように

思われてるんですけど
僕 ホント…。

決めてて。

正直…。

ていう持論があって。
今の言葉 横川 どうなんですか?

あえて 鍛える必要なんかない。
重力の中で 生きてればね…。

(横川)でも すごいと思います。
めちゃくちゃ…。

やっぱ 基本 筋肉…。

自分 含めてな!
まあ 自分で言ってんだからね。

俺は 日本一 仕上がってるから
こうなってるんで。

うちの メインMCを
流すんじゃないよ!

何で あいつ 流したんや?

すいません すいません。
まあ ちょっと 変わってる方が

多い気がするんで 確かになって。

結局 みんなの中では 変わってる
って方に 入ってしまうんですね。

まだ 謎でしょ? 一応…。

[爽やかな…]

[といわれてしまう
片岡 信和さん]

[彼のプライベートを
のぞいてみると その原因が

幾つか 見えてきた]

何か 分かるなぁ。

(片岡)おはようございます。

(スタッフ)すいません。
今日は よろしくお願いします。

[生放送を終え 自宅に帰る
片岡さんと 合流]

(片岡)無事に 天気予報も終えて。

(スタッフ)「勉強」?

(片岡)言われるんですけど…。

(片岡)だって…。

[自宅へと向かう…]

(片岡)気になりますよね。

[この調子で 隙あらば

名言みたいなものを
放り込んでくる 片岡さん]

[中へ。 すると…]

(片岡)でも…。

(片岡)そうなんですよ。

[こちらが 片岡さんの ご自宅]

[2LDKの間取りで
もう1つの部屋も

ほとんど 何も置いていないそう]

[クローゼットの中も…]

きっかけとしては…。

結構…。

ていうふうに 教わってたところが
あって。 それで…。

[小栗 旬のような言い方で
説明されたが

いったい どれだけ
嫌なことがあったのか

ちょっと…]

(スタッフ)それ 何でですか?

(スタッフ)まあまあまあ…。

(スタッフ)「集中してたい」?

(スタッフ)なるほど。

(スタッフ)どういうことですか?

そうですよね。

[とにかく まとめると

この イスなし生活を
2年 送っており

食事は 冷蔵庫を 机代わりに
立って食べ

暇な時間は ボールで
足裏を マッサージしながら

電子書籍で 読書]

[そして テレビは
基本 クローゼットの中にあり

どうしても 見たいときだけ
セッティングし 立ち見]

[1日の中で 唯一 座るのが

ピアノ練習の 30分]

クラシックとかでも 何か…。

♬『2つのアラベスク 第1番 ホ長調』

♬~

(スタッフ)どういうことですか?

[何かしら 言わないと
気が済まないのか…]

[こんな片岡さん
スタジオの皆さん

いかがですか?]

いや~ 面白かった。
面白い。

でも ああいう表情になっちゃう
女性陣の方々。

女性陣は そうなるよね。
(遠野)あれ でも…。

女性が来たら 僕 座ります 全然。
ただ…。

(片岡)ならないんですね 皆さん。
違うんですよ。 何か その~…。

名言を置かれたんですけども…。

あそこら辺ですよ たぶん。
一番 名言風なやつは

「今日が 一番若い日」とか…。
あれ すごく そうだなって思った。

自分は この年だから やらなくて
いっかって 残りの人生

生きてくよりは…。 だって…。

あるじゃないですか。
(小原)それ 僕…。

(片岡)いや でも 何かしらで

そういうのが 回ってくもんじゃ
ないですか 世の中って。

どーんと けえへんねん。

「悔しいです」!
ホントに 悔しい! 今日。

ザブングルや。

カチカチだし。

風のくだりとか どうですか?
何か おっしゃってましたよね。

(片岡)だから 風 強いなって
嫌な気持ちになるより

今日 風 気持ちいいなって
思った方が いいじゃないですか。

ひどいよね。 理解してくれてない。
(美穂)いちいち その風に対して

普通は みんな 言葉を発さない。
なぜ 言うんだろう? と思って。

意外と 目先に 楽しみって
あるよねってことが 伝われば…。

もう 言わないっす!
言わないっす!

好きな子できたら 言わないっす!
(美穂)好きな子には 言わない。

もう ホントに 言わない!

(片岡)言わないよ!
名言 言わないの!?

そんな 変えちゃっていい…。
(片岡)こんなはずじゃなかった!

(山下)すいません!
山P!

気象予報士だから! 天気の話だ。

取りあえず 来週…。

素晴らしい!
本職が しっかり ありますから。

大丈夫?
ドキドキしちゃう。

ハロプロ側の人間が おるから。
いや ホント ちょっと 心配よ。

≪(ドアベルの音)

(大谷)どうも~。

お邪魔いたします。
お邪魔いたします。

ベテランよ。 大ベテランよ。
リアクションが 芸人さんやった。

(柴田)♬「いつまでも
Ah 赤いフリージア」

♬「プレゼントすると誓ってよ」

[17歳のとき…]

[合格者4名に選ばれ…]

[当時 爆発的人気を誇った…]

[ちなみに メロン記念日という
かわいらしいグループ名だが

歌は
ロックテイストのものが 多く

それに合わせたメークや 衣装で
ライブ]

[しかし…]

[惜しまれながら 10年間の
活動に ピリオドを打ち…]

[メンバー4人は
それぞれの道へ]

[大谷さんは 現在…]

[ところが 同時に…]

[大谷さん…]

そんな メロンみたいな
おっぱいになっちゃって あんた。

太ったんですよ すごい。

でもね 今 ちょっと
気になりませんでした?

「まみれ」だからね。

はい。 活動してます。

(大谷)収入は…。

(大谷)ネイルも…
資格は ないんですけど…。

ネイリストって
資格なくても なれるんですけど。

(大谷)お友達と一緒に…。

(大谷)それが ちょっと…。

店 開く前に 駄目になったの?
(大谷)駄目になりました。

[ネイル事業失敗の他にも

自作の彫刻や
自作のキャンドルなど

様々な物を売ろうと 試みるも
まったく 売れず…]

[そして…]

準備するお金だけ 使っちゃって
売れないから 売り上げがない。

ライブもないから 収入もない。
ない。

りんとして 受け答えることじゃ
ないと思うんですけども。

約…。

5?

まみれてますね これは。
いやいや それは でかいよ。

[稼ぐための投資が
気付いたら…]

「タイダイ」?
タイダイって 分かります?

夏になると よく はやる
ぐるぐるの模様の

カラフルなTシャツとか…。

(大谷)そうです。

そうです。
どうやって?

へぇ~。

生地を ぐるぐる巻きにして

たこ糸で ぐるんぐるんに 縛って。
あっ 絞り染めだ!

(大谷)そうです。
1着ずつ。

あんま タイダイのTシャツって
何枚も 買わないもんな。

どんな状態か VTRが
あるんです。 ご覧くださいませ。

(チャイム)
(大谷)はーい。

[お部屋に お住まいの
大谷さん]

[まず 着ていた…]

これ…。

(スタッフ)老眼鏡なんですか!?
(大谷)老眼です。 どうせなら

おしゃれな方がいいかしら
っていう感じで。

商品は 一応…。

[こちらが 大谷さんの…]

[Tシャツを仕入れ お風呂場で
一点一点 染めている

手作り商品]

8個 作って
7個 残ってますね これ。

もう 夏 終わっちゃうなと思って。

(スタッフ)「私が使いたい」!?

(スタッフ)
そのパターンもあるんですね。

売れた場合は…。

(スタッフ)大丈夫なんですか?

あんまり 嫌じゃないかなって
勝手に 思ってるんですけど。

[いきなり アウトな運営 発覚!
ちなみに オススメは?]

[第3位! シックな色合いの…]

[第2位! 地層をイメージした
渋めの タイダイTシャツ]

[そして 第1位]

はい。 これ…。

[大谷さん
それ 当たり前ですからね]

[ちなみに 大谷さんの
タイダイオススメコーデが こちら]

(大谷)だいぶ オススメです。

あの~…。

(スタッフ)あっ 塚田さん。
(大谷)あとは…。

(大谷)これも いいでしょ。

(大谷)これ 付けて
2万円で どうでしょう?

(大谷)絶対 好き!

(塚田)結構 カラフルなの 好きですよ。

[しかし…]

外に出るのも あれだし。

(大谷)心配をされてる方がいて。

(大谷)ていうふうに 返事 返して
すぐ送ります。

(スタッフ)その後は すぐ…。
(大谷)次の日に 送ります。

この…。

そうなっちゃいますかね。

[そんな ズボラな大谷さん

実は…]

これ ありますね。
(スタッフ)それ ちょっと…。

[大谷さん。 すると…]

ていう事件が ありますんで…。

ていう感じで…。

これで 5月からのお気持ちが

晴れるならばっていう感じで。

[さらに 買ってくれた方に

感謝の気持ちを込めた
お手紙を添える]

そうですね。

もし やってる方いたら
活を入れてほしい。

[梱包作業が終わり
郵便局へ行く 大谷さんに

ついていくと…]

[まず
自宅付近から バスに乗り

揺られること…]

[バスを降りて
着いたかと思いきや…]

(大谷)そうですね。

(大谷)今日は 少ないですけど
荷物 持ちながらって

なかなか 体力いるんで。

[大谷さん どんなに遠くても

お客さんファーストで
お願いします]

5月って 分かるし。

だって それ 夏に着る物じゃない。
いまさら もらったって もう…。

言葉 選んであげて!

「捕まるよ」!

(大谷)でも コンタクトは
すごい 交わします。

買った方。

例えば 「とりさん ごめんね」って。
さっき 送った方なんですけど。

そしたら…。

とりさんは
一番太い お客さんなの?

初めての人に よくやるわね
そんなこと。

慣れてる人だったら いいけど。

(大谷)そうです。

出すことにしてるんですけど…。

気付くのが 遅かったわね。
時すでに遅し。

お客さん 全部 離れちゃったね。

どうした?

物によりますけど…。

じゃあ ちょっと 見せてよ 物。

これ… 似合いそうですね。
売ろうとしてる。

いいね 山下!
そんなね 上から来られてもね。

「じゃあ いいです」
値段 付けろなんてね。

[さらに VTRでも
オススメしていた この商品も

スタジオに 持参]

塚ちゃんっぽいね。

(大谷)これ 最初 出したとき…。

(大谷)そしたら…。

こんな感じで いいですかね?

こんな感じで いいですかね?
(大谷)うわ~!

(大谷)あれっ?

何かは 言いませんが。
何かは 言いませんが。

パーカー 似合うね やっぱ。

(塚田)パーカー 普通に…
これ 着心地も いいですね。

[さらに 味を占めた 大谷さんは
横川にも]

似合う 似合う!
ホントに!? こういう系 似合う?

やっぱ お前みたいな ちょっと
がたいが良くて 色 黒いと

そういうのに勝つんだな。
マジっすか!?

(戦慄)何で 私に!?

似合ってるって話。
大谷さん 幾らやったっけ?

4, 200円。

お前 カード 使えねえだろうよ 今。

そうやなぁ。 もう…。

皆さんの意見を聞いて
どうされます? 手作りで

着てたやつとかってなってくると
熱狂的なファンは たぶん…。

今って…。

その方だったら たぶん 高値で…。
でも だいたい 自分で…。

ライブやって 必ず 来てくれる
ぐらいのファンって

今 何人 ついてるって思う?

絶対。 2人は います。
確実なのは 2人。

幸せやけどな。
ありがたいよな この2人は。

ありがたい ホントに。
ありがたいけど 2人だと

何枚 買ってもらわなきゃ
いけないのよ 1人に。

そうやなぁ。 もう…。

応援してる。

いや~ うれしいです。

ごめん。 絞り出した答えやけど。

[『アウト×デラックス』は…]