沸騰ワード[字]芸能界一人気ロケ弁食べた男&井之脇海が話題の山頂グルメ求め百名山登山…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

沸騰ワード[字]芸能界一人気ロケ弁食べた男&井之脇海が話題の山頂グルメ求め百名山登山

今誰でも買えると話題!超人気ロケ弁を芸能界一食べた男が編み出した最強食べ方徹底解説▼大河や朝ドラで話題!山に取り憑かれた井之脇海が話題の山頂グルメ求め過酷登山

出演者
【司会】設楽統(バナナマン)
【沸騰リーダー】日村勇紀(バナナマン)
【進行】岩田絵里奈(日テレアナウンサー)
【パネラー】ウエンツ瑛士、カズレーザー(メイプル超合金)、黒木華、高橋茂雄(サバンナ)、滝沢カレン、 出川哲朗
番組内容
1.ロケ弁に取り憑かれた芸能人
今芸能人がこぞってSNSにあげ話題!崎陽軒…喜山…浅草今半…オーベルジーヌ…芸能界一ロケ弁を食べまくったと豪語する男が人気ロケ弁を巡り気になり続けたロケ弁ミステリーを追う!某人気番組にだけ提供され続けた幻のロケ弁今夜復活も?!

2.大反響!山に取り憑かれた井之脇海の百名山
今話題の俳優!井之脇海が埼玉の県境にある「水の山」で話題の山頂グルメ求め過酷登山
監督・演出
【企画・演出】水嶋陽
【プロデューサー】笹木哲
【統轄プロデューサー】新井秀和
【チーフプロデューサー】秋山健一郎

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – その他
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ディレクター
  2. 高橋
  3. ホント
  4. 日村
  5. 井之脇
  6. 結構
  7. ウエンツ
  8. スタジオ
  9. ロケ弁
  10. 喜山
  11. 今回
  12. 池田
  13. カレー
  14. ハァ
  15. 稲垣
  16. 金兵衛
  17. 出川
  18. 小倉
  19. 全然
  20. カズレーザー

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥740 (2021/09/25 19:42:01時点 Amazon調べ-詳細)

本日の放送回も 過去の放送回も
いつでも どこでも見られます>

<今夜も われわれの…>

<今回は…>

<…を食べまくる>

<さらに…>

<話題の天空グルメを求め
過酷登山>

<まずは!>

<これまで番組では
さまざまなものに…>

<…を調査>

<その…>

<…をカメラに収めて来た>

<そして 今回…>

<早速…>

(ディレクター) お疲れさまで~す。

あっ…。

(ウエンツ瑛士) 久しぶりです。

ありがとうございます。

<そう 彼といえば…>

<…男として 番組で密着>

<そこで 真の みそラーメン愛を
確かめるべく

食べたラーメンが…>

<…してみると>

このラーメンは…。

泣きそう アカン アカン…。

…だって。

もう あれから…。

何よりも 自分が今…。

…に陥ってるっていうことが。

(設楽)…と思われるんじゃないか。

ガラって開けて…。

…みたいな感じで。

いや 今回は ちょっと…。

とにかく…。

(ディレクター) ロケ弁。

今回でいえば…。

ロケ弁としては。

ホントに まず この…。

ほら! もう…。

…の この感じ。

デコボコの。

あぁ フニャフニャを。
もう 味じゃ ない。

あっ! 素晴らしい。

あぁ この…。

<最近はSNSなどで…>

<その反響を受け

芸能界いちロケ弁を食べている
と豪語するウエンツが…>

<…という>

提案させていただきました。

あっ する?

(黒木) …って聞いて。

新幹線の 乗る前にシウマイ弁当ね。

(出川) 崎陽軒は絶対でしょ。

<すると…>

ちょっと すいません。

完璧なんですよ いただきます。

8等分に ご飯がなってる。

5シウマイで
5ブロックの米ですよね。

で からあげで行く
さかなで行く

タケノコ つまみながら行く。

やっぱ ちょうど
出来てるんですよね。

<ひと口サイズのシウマイに
タケノコの煮付けや

マグロの漬け焼きなどが
入った…>

こう行ってましたね。

うまっ! これです。

<さらに…>

さぁ…。

えっ それ?

オープン よし… あ~!

<創業 明治28年>

<…を手軽に味わえると

芸能界でもファンの多い…>

<ここでも…>

ちょっと 1回…。

タレ付いてますね。

うまっ!

…のマネしたの?
(笑い)

似てました。
やめてくださいよ。

私は この…。

<割り下が染み込んだ豆腐で
ご飯半分をかき込んだら…>

うわっ…。

あっ 何か さすが…。

<残り半分は
黒毛和牛と共に頬張り…>

今半のさ さっき
すき焼きも出てたけどさ

卵のさ 牛玉 あれもうまい。
(岩田) おいしい。

<と…>

僕は…。

そしたら。
お願いします!

<その…>

はい。

よいしょ~。

ご協力いただけるそうです。

<さらに…>

何か…。

それがね…。

…は入ってたっていう。

途中で…。

甘えてた?

みたいな時期もあって…。

(滝沢) 何かホントに…。

(日村) 俺ら 死んでるよね。

<食べた数 芸能界いちの…>

<お店に感謝を伝えつつ

長年 疑問に思っていた
おいしさの秘密を探る>

<さらに…>

…かかってる感じ。

…感じ。

あ~ はいはいはい。

<まずは…>

サンドイッチ。

皆さんが…。

…っていう形に。

えっ? 食べてないってこと?

出てる 出てる…。

(笑い)

結構 喜山
多いんじゃないですかね。

僕 やっぱり…。

まずは のり弁ですか。

のり2段幕の内だったと
思うんですけど。

こいつ…。

多分 鮭ですよね。

こいつ何なん?って思いません?

あれ うまいねぇ
のり弁も好きだけど

豚の生姜焼きかな
あれもうまいよね。

津多屋さん のっちゃってますもん
ご飯の上に。

そぼろのお弁当が好きなんですよ
おいしいんですよね。

いつも断腸の思いで選んでますね。

(高橋) 赤いフタの 鮭入ってる…。

鳥久。
あっ 鳥久の…。

鳥久は でも人によって
色 好き好きが分かれんだよね。

紫が一応 幕の内という形で
一番…。

俺 紫派なんだよね 完全に。
一番 バラエティーに富んでる。

(黒木) 野菜が すごくたくさん
入ってるので

女性が結構 喜ぶ…。

おしゃれ現場のメシって
超おしゃれだもんね。

そうですね。

(出川) 俺は喜山 大好き。

他の弁当 冷たいけど
喜山だけ なぜか…。

確かに!

(カズレーザー) 俺も喜山 いいっすね。
喜山ね おいしいね。

喜山と あと塚田農場
むちゃくちゃ好きなんですよ。

最近だ。

燦膳っていうとこの
デッカい芋が入ってる弁当が

あんだけど 甘く煮た…。

(日村) 一時期 全員…。

(笑い)
(日村) 全員 持って行かれる。

<と…>

<やって来たのは…>

見えますかね。

あ~ もう間違いない。

(日村) 四谷にあんの?

<冷めてもおいしい
カレーは…>

<…も販売>

<誰でも気軽に
その味を楽しめる>

オーベルジーヌって…。

(高橋さん) どうも こんにちは。
お邪魔します へぇ~。

(ディレクター) どう思ってました?

イートイン時代が
あったんですね。

タレントさんも
来ても食べたいっていう…。

うわ…。

これです これです
オーベルジーヌ。

ちょっと この…。

…かかってる感じ。

…感じ。

ちなみに…。

ナス?

だから…。

…って ずっと思ってたのに。

結構 ずっしり…。

何か こう…。

<多くの芸能人を
とりこにする…>

<その門外不出の作り方を
探るべく

厨房へ潜入>

おっとっと… うわ…。

うわ~。

(高橋さん) それが
こういった形になります。

<特別に味見させてもらうと…>

(スタジオ:日村) こんなの飲めんの?
(スタジオ:高橋) これ すごい。

(スタジオ:設楽)
分かんないんじゃん? 味が。

ごめんなさい そんなに…。

…ぐらいな あれでした。

<そんな…>

(高橋さん) この中に…。

<甘さとマイルドさを
引き立たせる>

<そこへ…>

<小麦粉多めの
秘伝のルーを入れ

なじむまで火にかける>

(高橋さん) いや これは…。

ここから大量の牛肉を中に入れて
煮込んで行くような形で

全部 ダシ自体は
牛肉で取ってます。

またここで もう一回 ダシを。

<ボイルした…>

(高橋さん) こちらになりますね。
全然 違う。

(高橋さん) 牛肉の脂が
中に溶け出しているのが…。

あとは バターが入ってますので
火 入れると分離してしまうので。

で ここに…。

(高橋さん) 4段階になります。

甘さは全部 同じなんですね
辛みスパイスの量が違うだけで。

<そして…>

<さらに…>

(高橋さん) ここは…。

わ~ わ~ わ~…。

いや~。

(高橋さん) 当店のカレーは 結構
味が濃いものになりますので

白米ですと浮いちゃうんです
お米が。

カレーに合うように
バターと一緒に炊き上げて

工夫してますね。

あ~ ちょっと待って…。

マジで ホントに ここの米
パンパン過ぎません?

ギュってしてますよね?

なるほど。

<そして 丸ごと1個入った
じゃがいもは

余熱で じっくり火を通した…>

…っていうね。
ドンと入ってますもんね。

<めったに味わえない
出来たて…>

ほら…。

いただきます。

う~ん!

ただ…。

ちょっとね…。

新しくないですよ
みんな やってません?

(ディレクター) ホントですか?

うまっ!

<熱々のカレーを…>

すげぇうまかったです。

ロケ弁じゃなくて…。

もう…。

じゃ まだ お店で食べれる時。

(出川) だから…。

ホントに おいしいから。

<そして…>

私…。

そして これからも引き続き…。

(高橋さん) こちらこそ
よろしくお願いいたします。

<続いては…>

(ディレクター) どんなお店なんですか?

絶品ですよね。

<それは…>

<…だというが>

16歳の時とかに
『ごくせん』とかで

ドラマ系が多いですけどね。

こう行きながら もう…。

誰か1人ぐらい…。

卵か からあげか…。
そう 選べるんですよね。

1個 配布されるけど…。

あれを俺は…。

どっちが好きなの?

(笑い)

<そして…>

来ましたね 来ました~。

そちらにございます。

ありがとうございます!

こんにちは~。
≪こんにちは いらっしゃいませ≫

お邪魔します。

(池田さん)ありがとうございます。

もし よろしければ…。

(池田さん) はい。
いただける。

<創業55年 デパ地下や
駅中でも買える

とんかつの名店 まい泉>

<と まずは…>

いや こんなに
山積みにしていただいて

ありがとうございます。

いいですか
じゃあ 開けちゃって。

よし… あ~! これです!

…でございます。

これが こうね…。

裏 やっぱ見ないと
僕は 端っこ 好きだから…。

これ だからホントに…。

(池田さん) …っていう形で
その高さになっております。

そうなんですね。

いただきます。

(ディレクター)
お寿司のように食べますね。

で この…。

でも…。

が残っていて そして この…。

そうなんだ。

<さらに 入念な…>

うまいよなぁ。

ところを そういうものを…。

…というのが きっかけで。

バーガータイプみたいなのが
置いてある…。

あっ!て…。

後半も頑張ろう!って
なりますよね。

(池田さん) よくご存じで
ありがとうございます。

<そう プリプリ食感と
エビの甘みが広がる…>

<風味豊かな北海道産の
カマンベールを使った…>

<…も大人気>

<そして…>

<さらに…>

え~ 何?

う~わ!

…でございま~す。

こりゃ うまいわ。
いいなぁ。

<その味は…>

う~わ!

やっぱ 出来たてのほうは…。

すごい!

(池田さん) ちょっと こちら…。

うちのパン粉は
生パン粉を使っておりまして

水分を持ってるんですね
で これを揚げる時に…。

水分が抜ける時に

一緒にパン粉が立ち上がるんです。

まい泉のとんかつが…。

最高です 最高じゃないですか。

<揚げたてのおいしさに…>

ありがとうございます
終わっちゃいました。

へぇ~。

かつサンドのソースと…。

あれも…。

まず 着いて…。

(日村) うわ~。

<続いて…>

<そこで ウエンツが…>

<やって来たのは…>

こちら…。

普段は マジで ここ…。

こんなふうに…。

お邪魔しま~す。

あ~ どうも~
いつもお世話になってます。

育てていただいて…。

(稲垣さん) こちらこそ
ありがとうございます。

<創業27年>

<ウエンツも うま過ぎて
プライベート で来たという

ロケ弁界の横綱 金兵衛>

<ここにある…>

生姜焼きは結構 入ってます。

豚肉がごろっとしてて
うまいんです。

サバの一夜干し これもね
結構 入ってるんですよ。

<そんな定番に並んで
店頭には…>

こんなの だって…。

(ディレクター)
えっ 高級じゃないですか。

これは並ぶでしょ。
(ディレクター) マジっすか?

何これ!

(ディレクター) もはや
ご飯 見えないじゃないですか。

これは1段になってて
パッと食べやすい形にね。

(ディレクター) ちなみに…。

う~わ…。

でも やっぱ…。

<金兵衛の一番人気…>

<脂がのった…>

<ひじきや卵焼き
マカロニなど6品の副菜も>

いいんですか? ここ。
はい。

いや…。

やっぱり
じゃあ 銀だら行きますか。

(スタジオ:カズレーザー) この脂の のり…。

この お魚のね おいしさが
別格ですから。

そして やっぱ しらたき
明太子しらたき。

好きなんです これが。

(稲垣さん) マカロニサラダ
明太子しらたきは…。

(日村) これ うまい。

<大好きな銀だら弁当を…>

この 金兵衛さんで

今は ないという幻のメニュー

…っていうのがある
と伺ったんですが

それは事実ですか?

で それ どうにかして…。

(ディレクター) やったじゃないですか
ウエンツさん。

(稲垣さん) はい。
(ディレクター) あっ 来ましたよ。

ありがとうございま~す。

行きます。
(稲垣さん) どうぞ。

オープン。

あ~。

緑。
何? このパッケージ。

うれし~い いや 俺…。

何か 俺 逆に…。

(ディレクター) ホントですか?
はい。

<果たして…>

<さらに…>

(笑い)

♬~ (真矢)デンタルリンスで
ケアしたいこといっぱい!

私は 贅沢な香りもほしい

だから ケアも香りも

ぜーんぶ お願い!

《8つの機能をひとつに》
♬~ ハグキプラス

《「プレミアム リンス」誕生》
贅沢な香り~

♬~
(新垣)《いままでの柔軟剤は 着るときには

香りが変わってた》 <そうなんです>

<香り変わらず続くのは ただひとつ>

ただひとつ? <「アロマリッチ」だけ>

おんなじだ
《「アロマリッチ」》

ジャ~ン!

い~や!

<そう 幻のロケ弁の正体は…>

<鶏と豚のひき肉を
たっぷり詰め

とろりと甘い…>

<…を絡めた一品>

<…ものの
タネの仕込みや肉詰めなど>

<…かかるため 販売中止>

<ひそかに…>

<…され続けた>

いただきます。

うんま!

…してて おいしい!

今 ここで 作ってもらって。

ありがとうございます。

(高橋) まだ食べてない。

あれ 誰も食べてない?

すいません。

(日村) 何 何?
(高橋) 何で?

(笑い)
どうした?

金兵衛さんの 一番高い懐石弁当
ってのがあるんですけど

それを ぜひ
皆さんに食べていただきたく

自腹で差し入れしたんすけど
誰も… 誰も食べてない。

懐石弁当あると思って
何? これって思って。

感想 言えないっすか 今 ここで。
(出川) 言ってよ! 言ってよ!

何で言ってくんなかったのよ!?
(カズレーザー) 勘でいいっすか?

(笑い)
エビフライじゃ ない。

<続いての
取り憑かれた芸能人は?>

(ディレクター) お疲れさまで~す!

お疲れさまで~す!

(井之脇) お久しぶりです。

井之脇です。

<朝ドラや大河ドラマなど

話題作に多数出演>

<そんな…>

…かもしれないっす。

僕は…。

<前回 その1つ…>

<…を見せる>

<そして…>

…っていわれてる山で。
へぇ~。

その お水を使って…。

…が楽しめるらしくて。

わぁ!

<果たして…>

<そして…>

<後日>

井之脇さん
あ~ ありがとうございます。

…という山に登りに行きます。

甲斐の国と 武蔵の国と

信濃の国の頭文字を取って

甲武信ヶ岳っていう。

はい。

<中でも 今回 登るのは…>

<…のハードコース>

<だが その道中には

絶景や天空グルメなど

ここでしか体験できないことが

めじろ押し>

<と…>

何ですか? これ。
何でしょうね? これ。

<一体 その正体は?>

早速 行きましょう。
はい。

…みたいな。

…があるというか。

ハハハ…。

井之脇さんは…。

思い出。

<日本百名山では…>

<井之脇もコレクション>

これ見て
また お酒 飲むんですか?

15座目。
はい。

(日村) これは すごい。

お~。
いいですね。

登りますね。

すごい。

ありがとうございます。

なかなか…。

ホントですね。

え~ すごい。

落ち着きます?

あっ 僕も いいですか?
もちろんです もちろんです。

へぇ~ あっ すごい…。

ホントです 染み出て来て。

<さらに>

あっ 小倉さん…。

あそこに生えてんのも 多分…。

きっと…。

すごいっすね そう考えると。
うん。

これ。
はい。

サルオガセとかいったかな。

標高の高い
空気がキレイなとこしか

ならない植物らしくて。

結構 生えてるんで めちゃめちゃ
空気がキレイなんじゃないすかね。

シカがいた。

…って感じですね。

シカ 出て来た時 もう…。

…って いっぱい
いそうじゃないですか?

自然を見て あの木から生えてる
葉っぱを学ぶとか。

確かにね。
そういうの してなかったな

と思って
あんなお父さんが…。

(笑い)

まだ。
いや…。

足 痛いっすか?

乳酸が そうっすよね。

それこそ…。

<井之脇>

<そして…>

よいしょ。
あれっ。

ナメ滝。

こういう形状の
滝のことなんですね。

うわ~。

癒やされますね。

<こちらは…>

<…となっている>

<だが その先は さらなる…>

<と…>

えっ。

うわ~!
(高橋) めっちゃいい。

ちょっと…。

やりたいこと?

<ザックから…>

<すると…>

えっ?

(スタジオ:ウエンツ) 何 何?
よいしょ。

これ…。
かわいくないですか?

これはですね…。

…作って来ました。

めっちゃかわいいっすよね。

めっちゃいいですね。

<井之脇特製…>

<…で気力も回復>

何か ああいうふうに…。

…だなって思いましたね。

…っていう気持ちに。

なっちゃいますよね で また…。

だから…。

…を見せられるって。

ホントだよね。

<と…>

ちょっと 今…。

ちょっと きつかったら
言ってください グッてやるんで。

お~…。

多分 ちょっと…。

さすが。
ごめんなさい。

いやいや…。

まだまだ 岩が…。
僕の関西弁のマネしましたか 今。

せやで。
ちょっと…。

<すると…>

これは?

あぁ あそこっすね。

<この源流から流れる
一滴一滴が

日本海へ通じる…>

<…の始まり>

<さらに 荒川 富士川と

3つの大河川の水源を

抱えることから

「水の山」との異名を持つ>

なるほど そういうことか。
そういうことか。

ここですか?
あれ…。

ここに…。

ここにコップがあるってことは…。

全然… 全然 出てないです。

全然…。

いや…。

うわ~。
これ…。

あ~。

優しいな。

あっ でも ここ もう…。

これ これ これ。
あ~!

へぇ~!

やりたいこと?
はい。

<おもむろに…>

はい。

お~ はい。

<さらに…>

<山に取り憑かれた…>

えっ? えっ?

はい。

<豆の粗さも調整可能な…>

あっ ホントだ
これで全部 ひけた。

はい。

お~。

いや~。

楽しいですか?

<そして…>

(スタジオ:ウエンツ) 贅沢なコーヒーだ。

うわ~。

ハハハ…。
(日村) うまそう。

アハハ…。

なるほど。

山小屋グルメなんで。
へぇ~。

行きましょう。

はい! お願いしま~す。
よし! 行きましょう。

確かに。

<山頂付近の…>

小倉さん…。

いや あの…。

急ですね。

<源流点を過ぎた後は…>

<…が立ちはだかる>

そうですね。

よいしょ…。

ホントっすか?

…なんやなって思いました。

ああやって励ましてくれたら
めっちゃいいなって。

僕も…。

一緒に行ったん…。

…って しゃべるから。

(笑い)

<過酷な急角度の道を…>

ちょっと ひと息しましょうかね。

ハァ ハァ…。

<沸騰ディレクターとは
打って変わり…>

<実は…>

どうしても…。

…んですけど。

こう…。

あっ すごい…。

…っていうのが思いましたね。

皆さん 大変っすよね だって…。

確かに そうですけど…。

(笑い)

<すると…>

小倉さんは…。

<もはや…>

<そこに現れた…>

じゃあ あれですね。

え~。
さっき使わなかったやつですけど。

ハハハ…。
もう少しだよって。

もう少し…。

<井之脇が…>

<最後の力を振り絞り…>

<ついに…>

ハァ ハァ…。

お疲れさまで~す。

わぁ~ 登頂しました~。

うわ~。

うわっ すごい。
いや~。

<標高2475mの山頂からは

晴れていれば…>

<登山好きの間でも名高い秀峰>

…と思ってるんで。

なるほどね。

でも あれですよ。

はい はい はい。
ちょっと…。

<最後の目的 山小屋の…>

<帰路とは逆側へ
下ること10分>

小倉さん…。

<果たして
井之脇が楽しみにしていた…>

え~。

<来週は…>

(竹内) 見て。

<さらに…>

<山に取り憑かれた…>

(宗村さん) お待たせしました~。

ありがとうございま~す うわ~。

(ディレクター) 井之脇さん これは?

これは もう…。

<6つの具材が入った…>

太平洋まで…。

わ~い。

ちょっと…。

ちょっと…。

…感じが。

ちょっと考えちゃいましたもんね。

ロケ弁なんだね そこはね。

俺 冷静に考えると…。

(笑い)

食べてないから…。

おっ。

甲武信ヶ岳。

これ また お酒 飲む…。

いやいや…。
(ディレクター) ありがとうございます。

「いつも いつも」って でも…。

いやいや…。

黒木さんから沸騰ワードが。

私の沸騰ワードは…。

結婚5年目の
漫画家夫婦が繰り広げる

手に汗握る心理戦が
見どころの映画です。

見終わった後は すがすがしく

爽快な気持ちになれる作品です。

9月10日より公開となります。

ぜひ 劇場でご覧ください。