仰天ニュース…謎すぎる…眠り続ける娘&オシッコ止まらない女性&心臓飛び出た少女[字] …の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

仰天ニュース…謎すぎる…眠り続ける娘&オシッコ止まらない女性&心臓飛び出た少女[字]

ひどい肌荒れ女性…まさかの方法で劇的回復▽鼻毛抜いたママが大出血の謎!実は抜いてはいけない真実▽風邪が原因?ヒドイ眠気と闘う少女…地獄の中学生活!

出演者
【MC】笑福亭鶴瓶、中居正広
【ゲスト】杏、中川大志、小峠英二(バイきんぐ)、峯岸みなみ、おいでやす小田
【アシスタント】杉原凜アナウンサー(NTV)
番組内容
5つの謎の病!①トイレと食事以外眠り続ける女子中学生の謎の生活とは?②鼻毛を抜いただけで鼻血が2時間止まらず命の危機に!?驚きの原因とは?③ステロイド薬をやめて肌荒れと闘う400日間の衝撃実写④オムツも覚悟…異常な喉の渇きとトイレの回数に悩む女性!地獄の苦しみの真実⑤心臓が飛び出したあの少女が中学生に成長していた▼スタジオでは中居とおいでやす小田が大絶叫!杏や中川大志が失敗エピソードを語る

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
ニュース/報道 – 海外・国際

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 彼女
  2. 小田
  3. 女性
  4. 症状
  5. 医師
  6. 結構
  7. 元気
  8. 場合
  9. 鼻毛
  10. 病気
  11. バルサビア
  12. ホンマ
  13. 小峠
  14. 少女
  15. 中川
  16. カート
  17. ステロイド
  18. ステロイド薬
  19. ハァ
  20. 仰天ニュース

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥740 (2021/09/25 19:42:01時点 Amazon調べ-詳細)

<…まさかの原因>

<なぜか…>

<ひどい…>

<謎の病SP>

<ゲストは仰天体験を持つ

こちらの5人>

…を招きました。

<それは去年の10月に起きた>

うん いいよ いいよ。

<音大出身で
アメリカ ニューヨークの

カーネギーホールでも
演奏経験がある えつこさん>

<そのキャリアから…>

<…を開いていた>

<で…>

<言われる>

<なんと 私としたことが…>

<出ていたなんて!>

<いつも身だしなみを
気にしていたのだが

コロナ禍で
マスクをするようになり…>

<それにしても

はみ出していると
恥ずかしい鼻毛は

なぜ 生えて来てしまうのか>

<鼻で空気を吸い込むと

鼻の中の空洞の

上の部分にある神経で

においを感じ そのまま空気は

肺に送り込まれる>

<そして鼻毛は 体内に

キレイな空気を送り込むため

ほこりや病原体などを

フィルターのように取り除き

さらに 鼻の中の湿度を保ち…>

<かなり重要な役割を
果たしている>

<しかし いかに…>

♪~

<この時 えつこさんは大好きな

『レ・ミゼラブル』の曲の
リズムに合わせて

勢いよく抜いていた>

<ピッピッと抜くと
痛みをほとんど感じない>

<そして ここから…>

あぁ…。

(娘) ホント。

<なんと鼻血が しかも…>

(娘) ティッシュ ティッシュ。

<なぜか…>

<全然…>

<止まらない出血に…>

<すると医師は…>

<鼻血が なかなか
止まらない場合は

電気メスで血液が流れ出ている
血管の損傷部分を焼き

ふさぐことで 血液がこれ以上
出て来ないようにする>

あっ…。

<傷が深過ぎるのか…>

<それでも ある程度
出血がおさまって来たので帰宅>

<少し仮眠をとった>

<で…>

<なんと 枕が…>

<すぐに…>

<この時 えつこさんは
鼻血が出続けていたのと

緊張により
ショック状態に陥り

血圧は上が60 下は25と
かなり低くなっていた>

<一体…>

<実は…>

怖いわ。

(中居)
さぁ 皆さんの仰天ニュースを
お伺いしましょう 杏さん。

スーパーで買い物をして
自分の袋に詰めて

それをカートに載せて
入り口まで そのまま行って。

駐車場 行ったりとか
出入り口まで行って。

そこまで行ったら
カートを返してって…。

結構な距離 そのまま
カートを押して

街中を歩いてしまって。

え~?
「あぁ…」っていう感じで。

「えっ あの人 マイカートだ」って。

ちょっと何か ホントに…。

(笑い)

集中してないからね こっちにね。

さぁ 大志君 仰天ニュース。

(中川) 意識がなくて

いろいろ機械をつながれて
入院してるっていう役で

ちょっと緊迫したシーン
だったんですけど。

スタンバイ中も ずっと
ベッドに横になってまして

気付いたら
寝ちゃってたんですよね。

パッて目を覚ましたら
本番中だったんですよ。

あぁ すいません 寝てました
ごめんなさい ごめんなさい

…とか言ったら
誰一人 笑ってなくて。

(笑い)

それはでも…。

(笑い)

それ やらないと。

それ 焦るね。
(中川) 焦りましたよね。

<血圧も低下>

<激痛を伴った…>

<そもそも 鼻毛は

鼻の入り口の
皮膚の部分に生え

粘膜には生えていない>

<そして 鼻の真ん中の
軟骨の皮膚と

粘膜の境目辺りに

キーゼルバッハ部位
と呼ばれる…>

<恐らく 彼女は
鼻毛を抜こうとして

血管がたくさん集まった

キーゼルバッハ部位と鼻毛を
一緒につまんでしまった>

<それを…>

<この処置は…>

<ちょっと長めの…>

<このあたりで
えつこさんは…>

<最後に…>

<こうすることで
圧縮スポンジ が鼻の中の空間に

隙間がなくなるほど
大きくなり

出血部位を十分に圧迫し
止血することができる>

<この治療で…>

<それは なんと…>

<かまとばあちゃんが…>

(歌声)

<この…>

<なんと かまとばあちゃんは…>

<…という生活を
送っていたのだ>

≪いや 起きてますよ これ≫

<…飲んでいた>

<そんな かまとばあちゃん>

<高齢なので…>

<…と思われていたが
それとは違い

100万人に1人といわれる
謎の病によって…>

<それは…>

(母) ちょっと…。

眠い。

<…彼女は>

<終えると…>

<そう 少女は…>

<…陥っていた>

<元々…>

<…だった彼女>

<それが…>

<熱もあり…>

<そして ここから…>

<なのに…>

<そして…>

<…に襲われた>

<家族は そう思ったが>

<やがて彼女は…>

<それは…>

<だが…>

<それは…>

ねぇ 聞いて!

(友人) 早くない?

<…の彼女だったが>

<…でしゃべってしまう>

<そこには…>

<突然 眠り続けるように
なった少女>

<そして…>

<…ほどだった>

<そして…>

(友人) もう大丈夫なの?
うん ごめんね。

(医師) そうですか。

はい。

<…と>

<が 結局その後も
異常に眠る症状は…>

<こうして…>

<両親は…>

<ついに…>

<とも呼ばれる…>

<…のが特徴>

<非常に稀な病気で発症は…>

<…といわれ いまだ
原因は分かっていないが>

<眠気以外の症状は…>

<…など>

<こちらの女性は…>

(英語)

<普段は このように
ハキハキとしゃべっているが…>

(英語)

<そして 彼女も…>

<この強い眠気の…>

<症状が重い場合は
なんと…>

<そんな…>

小峠さん 大変な経験。

後輩3人に電話して

「今からラジオブースまで…」。

「持って来てくれ」っていう内容の
生電話をしたんです。

ちょっとしたら
後輩が自転車の荷台に

洗濯機を巻き付けて…。
(一同) え~!

バカだな そいつ。

結構 何kmだ…。
結構だよ。

結構ありますよね 来たんですよ。

それを持って来て
「お前 すげぇな」。

「洗濯機って」みたいな。

次 2人目が来て
家の洋式便器を引っこ抜いて

担いで持って来たんですよ。

このまんま。

「お前 何でそんなに遅かったんだ」
っつったら来る途中に…。

(笑い)

(小峠) 確かにそうだなと。

小田さんは… 何か実家?

いう話ってことですけど。

(おいでやす小田) ちょっと
待ってください 俺が…。

楽屋でスタッフさんに
変えさしてくださいって

別の話あったのに…。

(笑い)

(小田) やめてよ! 闇に…!

俺が今… やっぱり俺
芸人さんじゃないから。

(小田) 完璧でした。

(小田) だから うちの家庭では

耳掃除を
耳かきとピンセットで

お母さんが
やってくれてたんですよ。

それを当たり前やと
思ってたんです。

ペン立てには
耳かきもピンセットも

あったんですけど
友達の家 行ったら

ペン立てに
耳かきしかなくて

「不思議だなぁ」って…。

(笑い)

一緒や そりゃそうやて。

(笑い)

(笑い)
(小田) 恥ずかしい そんなもん。

<…という病で
長期間 眠り続けてしまう少女>

<…してしまった>

<現在…>

<…はあるというが>

(母) そうですか はぁ…。

<だが 実は…>

<そんな患者を支えながら…>

<を開き この…>

<実は朝井さんも…>

結局…。

<ひどく荒れた20代女性の肌
しかし…>

<都内のIT企業に勤める
25歳の女性>

(女性) おはよう。

<突然 頬の辺りが赤くなり

ポツポツとした発疹が>

<そこで彼女は…>

<…をもらっていた>

<ステロイド薬とは…>

<強力な…>

<…がある>

<実は彼女 以前から…>

<現在の会社に勤める前
彼女は美容師をしていて

一日に何人ものシャンプーや
ドライヤーをしていたため

日常的に手荒れが>

<だから…>

<が…>

<そして ある…>

<…が欠かせなかった彼女>

<今度は…>

<顔の肌荒れにも…>

<だが しばらくすると…>

<なぜか…>

ヤバくない?

<そこで病院へ>

<すると…>

<実はステロイド薬には

さまざまな種類があり

その強さが5段階に
分類されている>

<で…>

<…が処方された>

(女性) ごめん お待たせ。

<すると…>

<…を繰り返した>

<処方できる一番強い
ステロイド薬でも

肌荒れを治すことが
できなくなっていた>

<調べてみると…>

<それは…>

<なんと…>

<…という方法>

<彼女の場合…>

<…と思われた>

<その結果 薬でしか
ステロイドを取り込めず…>

<…起きてしまっていたのだ>

<なので…>

<ここからの実写がある>

<これが1日目の状態>

<ステロイドをやめた直後は

頬全体が少し赤く
腫れている程度>

<だが…>

<そんな不安もあったが…>

<そう思えることができた>

<さらに…>

<そこでステロイドを
使わない以外に

気を付けるべきことを
教えられた>

<まずは…>

<…するためには>

<そして…>

<本来の…>

<…する効果がある>

<だから洗剤の使用も減らし…>

<一方で…>

<6日目には
ニキビのような発疹>

<…が襲う>

<そして…>

<なんと乾燥した…>

<さらに頬から下で
漏れ出した液体が固まり…>

<かさぶたが
さらに大きくなり

なんと 顔だけでなく…>

<…広がった>

<これらは…>

<…と呼ばれるもの>

<薬をやめたことで…>

<これまで抑えられていた…>

<これを治そうと…>

<顔はかゆみと痛みに
襲われていた>

<こんな肌では恥ずかしくて…>

<しかし…>

<…しなければならない>

<肌荒れが悪化する可能性が
あるため…>

<さらに かさぶたで
口がうまく開けられず…>

<…吸うしかなかった>

<それでも…>

アハハ…。

<同僚が変に気を使うことなく
接してくれたおかげで…>

<そう思うことができた>

<しかし 1か月がたつ頃には
さらにひどく

顔だけでなく
首や腕も かさぶたで覆われ

肌がただれるようになった>

<だが ここから…>

<…女性>

<で覆われ…>

<だが ここから…>

<かさぶたが取れ…>

<…見えるように>

<赤みもなくなり
見た目は…>

<首や腕も10日前と比べると
ご覧の通り>

<そう思っていた しかし…>

峯岸さん 仰天ニュース。

間に…。

お店は結構 こう…
何ていうんですかね。

…ような感じの
お店だったんですけど。

入って…。

何か 安心感があって
鍵を閉め忘れちゃったんですよね。

で 共演者の井戸田さんに

バンって開けられて
バッチリ目合って

そっから
井戸田さんに会うと
すごい恥ずかしくなっちゃって。

掛け忘れるって あんまないよ。

ぬくもりのある
いい感じのお店で。

(小田) はい。

大変…。

違う 違う
僕が聞いた話ですけど…。

はいはい…。
そしたら…。

…しちゃったみたいな話
聞いたんですけど。

(笑い)
違う。

実際 どういう話?
(小田) 実際 ホンマ その通り。

その通り だから ホンマに。

小学校の時やな?
はい。

(小田) で 花火するってなって…。

(笑い)
(小峠) いや そうですよね!

何で僕が怒られてるんすか!

そうそう。

(笑いと拍手)

2回目なんやから。
すいません。

(笑い)

ロケット花火
砂浜に挿して

火 付けて離れた瞬間に

クククク パタって
倒れたんですよ。

ほんで ビュ~ンって

全然 知らない人の
テントに入ってって

パ~ン!ってなって

で 煙まみれの大人が

5~6人
出て来たんですよ。

(笑いと拍手)

シャウト。
言葉バージョン。

…っていう。
分析やめてください。

ちゃんと…。

皆さんに「やめられないこと」
お伺いしましょう。

なかったら いいですよ?

これ けど…。

僕 貧乏性で。

最近でいうと…。

弁当 持って帰るじゃないですか。

家やから
家のお箸があるじゃないですか。

ほな 割り箸は余るんですよ。

けど 捨てれないんですよ。

使う機会もなくて。
意外とね。

ホンマ 今 家に…。

(笑い)

(笑い)
ちょっとおかしいて ここの…。

早いわ!
何の恨みあんねん 僕に!

いかだを…。

『仰天』で…。

いかだ 作らないの?
作らないし ほんで…。

(笑い)
(小田) そら そうや。

そら そうや 例えやないか!
何で!

(小田) そら そうや!

(峯岸) 全然じゃないですか!

(小峠) 随分 盛ったな。
よくないですよ ホンマに。

<…女性>

<このまま良くなる
そう思っていたが…>

<また ポロポロと…>

<そのせいで
口の周りは白く覆われ

数日後には…>

<しかし 1回目の
リバウンド 症状よりも状態がいい>

<これが体内で必要な…>

<…証拠>

<その後
良くなったかと思えば

同様の症状が現れたが…>

<…されて行き>

<1年後には症状の範囲も
小さくなり…>

<そして…>

<すっかり…>

<その後 症状は現れず
現在も…>

<2年前>

<なぜか…>

<なので…>

<だが…>

ハァ! ハァ…。

<こんなこと…>

<だが それは その後も…>

<…日々>

<で その…>

<そう…>

<…に襲われる>

<それなら…>

<そう思っていた>

<実はこの時 彼女は…>

<風呂に入っている間も…>

<トイレの回数も増え…>

<しょっちゅう
トイレに行きたくなり…>

(店員) どうぞ。

ハァ…。

<こんな日が続き…>

<ついに彼女は…>

<調べると…>

<確かに…>

<…がある>

<だが…>

<では この…>

<この頃の実際の写真がある>

<なんと この量を
1日に飲んでいた>

<そして 喉が渇き始めて…>

<なんと…>

<…ようになった>

<しかも あれほど…>

<そして ついに その…>

<それは…>

<すると…>

<…ほどだが

この時 なんと…>

<明らかに…>

<これを見た医師は…>

(医師) はい。

え?

<体の中では…>

<この時…>

<その働きを促す
成分の一つに…>

<…があるが

中枢性尿崩症の場合…>

<その結果…>

<あの…>

<ひどい…>

<彼女も…>

<実は…>

<しかし 彼女に…>

女の子ってね。

さぁ ということで杏さん。

謎の病っていうのは
ありますでしょうか?

やるんですよ。
いや 僕が聞いてんのは…。

(笑い)

僕が聞いてんのは…。

私が声優を
務めさせていただいた映画

『鹿の王 ユナと約束の旅』
というものが公開されます。

(杏) それに翻弄されながらも
信念に生きるという

主人公たちの姿を描いたという

何かメッセージ性があるという。

ぜひとも ご覧いただきたいと…。
ぜひ。

<…に苦しむ女性>

<…だというが>

はい。

<彼女は あれから…>

<そして…>

<がある場合は…>

<この町に…>

<住んでいる>

<少女の病気は…>

<なんと
心臓が飛び出しているのだ>

<先天性の病気>

<世界でも症例が少なく

治療の最も困難な病気の一つ>

<本来あるべき…>

<…していたために

ろっ骨の間から…>

<さらに…>

<…が開いていて 医師から

「長くは生きられない」
と宣告された>

<「娘を助けたい」>

<娘を見捨て…>

<絶望の中 唯一の救いは…>

<なんと
お風呂に入れるまでに成長>

<時々
血液の循環がうまく行かず

呼吸困難になるため
呼吸器は手放せなかったが…>

(せき込み)

<バルサビアちゃんは元気に…>

<すると…>

<すぐに…>

<…予定だった>

<それは心臓を停止させて行う
大手術>

<しかし…>

<これは…>

<…の映像>

<まだ手術は受けていないが

暖かい気候の中
元気に暮らしていた>

<糖分が多めのものは
ほとんど食べさせない>

<体調管理には気を使う>

<この病気は…>

<あるのだが>

<バルサビアちゃんは元気に…>

<…通っていた>

<そして なかなかのおてんば>

<こちらが
冷や冷やするくらい元気!>

<…にも通っていた>

♪~

<実は バルサビア ちゃんの心臓は
大きくなり過ぎていて

ろっ骨に収めることが
難しいという>

<そんなバルサビアちゃん…>

<中学生になっていた>

<今も…>

<…だが 元気に暮らしている>

<新しいお父さんがいて…>

さぁ 大志君
ドラマがあるということですが。

(スタジオ:中川)
今週 ついに最終回を迎えます。

僕が演じる 間が悪い殺し屋と
暗殺ターゲットの運命の恋も

いよいよクライマックスを迎えます。
間が悪い殺し屋は

殺し屋になれないからね。

(スタジオ:中川)
衝撃と感動の最終回

今週9月12日 日曜
夜10時30分から放送です。

<次回は

「えっ? 2日目のカレーは
危ないの?」>

<「実は危なくなかったの?」>

<昔は良かったのに
今はヤバいこと

常識が変わったSP!>

<番組では
食べることが大好きな…>

<エピソードを
番組ホームページまで>

<TVerでは 番組の最新話が
無料で見られます>

<そして huluでは
本日の放送回も過去の放送回も

いつでも どこでも見られます>