世界の何だコレ!?ミステリーSP【忠犬ハチ公の真実&都市伝説&仰天映像!】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

世界の何だコレ!?ミステリーSP【忠犬ハチ公の真実&都市伝説&仰天映像!】[字]

忠犬ハチ公!感動物語の裏にあった壮絶秘話…関係者に取材した学芸員が語る「空白の2年」▽スペインで大騒動!消しても床に現る謎の顔&世界に匹敵?日本人“幻の大発明”

ご案内
皆さんの身近にある「何だコレ」を大募集!“開かずの金庫を開けて欲しい”“家にある謎の物体…その正体が知りたい”“私の街にはこんなフシギな場所・都市伝説が”など、皆さんが「何だコレ」と思えるものであれば何でもOK!番組で採用されたら1万円(動画・写真は5千円)を贈呈致します!ご応募は「番組HP」または「LINEの番組公式アカウント(LINEアプリで何だコレ!?ミステリーと検索)」からお願い致します!
番組内容
▽日本一有名な待ち合わせ場所「忠犬ハチ公像」―亡き主人を渋谷駅で待ち続けた忠犬ハチ公の“感動の実話”は世代を超え今も語り継がれる。だが、この感動物語の裏には、ハチとその家族の“壮絶な生涯”があったことをご存じだろうか。関係者200人以上に取材してきた学芸員が語ってくれた「忠犬ハチ公」の真実とは…!?スタジオでも思わず涙が…
番組内容2
▽今から50年前、スペインのとある町で、消しても消しても“謎の顔”が床から浮かび上がってくる…という不可思議な現象が起きた。その話はスペイン全土に広がり大騒動に…真偽も含め“都市伝説”化していった。近年になって、現代科学による再調査が行われると、当時浮かび上がってきた顔が“ある人物”と酷似している!?という驚きの真実が見えてきた!今も語り継がれる…都市伝説の謎に迫る。
出演者
【MC】
蛍原徹 
きゃりーぱみゅぱみゅ 

【ゲスト】
陣内智則 
若槻千夏 

【ドラマブロック出演】
西村和彦/中岡創一(ロッチ) 
橋本マナミ/田中卓志(アンガールズ)
スタッフ
【編成企画】
南條祐紀(フジテレビ) 

【チーフプロデューサー】
高松明央 

【監修】
たぐちゆたか 

【プロデューサー】
白鳥秀明 
佐藤大樹 
大谷利彦 

【演出】
中嶋亮介 
富田一伸 
酒井秀樹 
川村公人 

【総合演出】
木伏智也 

【制作著作】
オクタゴン

ジャンル :
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ハチ
  2. 八重子
  3. 映像
  4. 男性
  5. 上野博士
  6. 陣内
  7. 当時
  8. マリア
  9. 松井
  10. スタッフ
  11. 若槻
  12. 渋谷駅
  13. 女性
  14. 日本
  15. Bトロン
  16. お住まい
  17. スペイン
  18. 改札口
  19. 坂村氏
  20. 専門家

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
扶桑社
¥2,530 (2021/09/25 19:33:03時点 Amazon調べ-詳細)

[日本のおじさんが

水中から
引っ張り出そうとしているのは]

[これからが旬の…]

[一方 アメリカのおじさんが

水中から
引っ張り出そうとしているのは]

[んっ!?]

[水中から…]

[これは…]

[ご本人に伺うと]

[お次は…]

[水中で…]

[さあ ここで問題]

[陣内さん これ 何をしているか
分かりますか?]

くるくるしてるでしょ?
これ だから…。

バイトですよね?
バイト!?

警備じゃないですか?
周りを見渡してる。

[専門家いわく
このアザラシは…]

[続いて…]

[そこで撮られた映像が こちら]

[確かに飛行機が空中で…]

[止まっている!?]

[これは…]

飛行機が動いてるか
止まってるかは

飛行機を見ただけでは
分からないっていう条件。

[つまり これは…]

[ここは飛行機と車が

並行に擦れ違う中心に

ずっと同じ木があることにより

目の錯覚が起こりやすい
珍しいエリア]

[続いては]

[確かに髪の毛が
派手に逆立っている]

[ここで問題です。
若槻さん]

[いったい彼女に…]

だから ちょっともう
目玉のおやじ的な…。

感じてますよね?
えっ?

妖気みたいな…。
妖気を感じてますよね?

[このような状況に
遭遇したら…]

[…することが大事だそうです]

[インドネシアの動物園を訪れていた
ロリータさんは

ある動物の柵の中に…]

[そのときの映像が こちら]

[柵の中にいたのは…]

[すると]

[サングラスでおしゃれを楽しむ
オランウータン]

[なぜ オランウータンは

サングラスが目を覆うものだと
分かったのか?]

オランウータンって
すごい…。

ていうのが
やっぱりあったと思いますね。

[優しいオランウータンは

サングラスを ちゃんと
持ち主に返してくれました]

[好奇心旺盛な方は日本にも]

[愛知県にある こちらの大仏]

[電車が通るたびに
おしゃれを楽しむらしい]

[いよいよ その瞬間が]

[サングラス掛けながら
ウインク]

[お次は…]

[街中の防犯カメラに写る
犬を散歩させる男性]

[すると]

(男性)ちょっと! 痛い!
痛っ! ちょっ ズボン!

ズボンが脱げてるから!
ほらっ やめろ! 痛たたた…。

[突如 何かに襲われた]

[現地に問い合わせると…]

[襲ってきたのは…]

[母ネコが 自分の…]

何で ゆるゆるやねん ズボン。

[続いて こちらは…]

[大きめに
手を振りながら歩く女性]

[そのとき]

[突如 白いもやのようなものが
現れ…]

[実は これ
天井から大量の水が落下]

[この日は台風が直撃]

[大量の雨水が屋根にたまり

その重さにより屋根が抜け

水が
一気に落ちてきたんだそう]

[人は四足から…]

[しかし 近年]

[クマ出没注意の看板を
あざ笑うかのように…]

[様々な動物たちの
二足で立つ姿が

目撃されている]

[そして その最先端をいくのが
こちらの…]

[二足立ちによって
脳が発達したのか…]

[動画の内容に合わせて…]

[飼い主に お話を伺うと]

ベガに…。

[今後 どこまで進化するか
楽しみですね]

[続いては…]

[…の屋根にしがみつくネコ]

[なぜ こんなことが
可能なのか?]

[動物に詳しい
里中さんに伺うと]

強靱な爪を持ってるので。

[続いて…]

(カラスの鳴き声)

[鳴きながら空を舞う…]

[その中央に]

[黒い何かが浮いている!?]

[話を伺うと]

(杉田)あっ ちょうど今…。

[カラスは何らかの…]

[だが その…]

[中国では近年…]

[…が報告されている]

[まずは こちらのお宅]

[確かに
ベッドが火を噴いている]

[さらに…]

(悲鳴)

[ベッドが
強烈な火を噴いている]

[意外なものだった!]

[中国では近年…]

[…が報告されている]

[さらに…]

(悲鳴)

[ものすごい破壊力で
ベッドは ぼろぼろに]

[中国北部ではベッドを温める

暖房設備を備えている
家庭があり

本来は燃料として
まきを燃やすはずが…]

[大爆発を起こしてしまった]

[中国の農村では

このような事故が
報告されているそう]

[続いては…]

[カメラを置いた次の瞬間]

[追い掛けていく2人]

[このとき…]

[これ]

(陣内)何か ほら 手…。
手な。

[何かが…]

[動いた]

[彼らは周囲を捜索したが…]

[続いては ソロモン諸島で撮影された
びっくり映像]

これは…。

(倉林)オオミズカキガエルで…。

今までの…。

[所変わって アラスカでは]

[車道の真ん中を堂々と歩く…]

[アラスカには…]

[ここまでの大きさは
珍しいそうです]

[お次は…]

[いったい…]

[そのときの映像が こちら]

[空から一直線に落下する
謎の物体]

[この映像は…]

[ニュースでも…]

[国の脅威となる
物体かもしれないと…]

[あの物体を見つけるべく
捜索が行われた]

[いまだ謎のまま]

[続いては…]

ちっちゃい人
立ってたんじゃない?

(陣内)水色っぽい…。

人? 何か立ってますよね。

[確かに 二足歩行らしき

謎の生物が
歩いているように見える]

[通報を受け…]

[だが…]

[続いて…]

えっ!?
(若槻)泳いでんのに脚がある。

[その感動物語の陰に…]

(八重子)ごめんね ハチ。

(松井)邪魔だって言って
足で蹴られたりとか。

[知られざる…]

[それを乗り越えたとき
奇跡が]

今まで よく頑張ったね。

[誰かが足を引っ張るので
振り返ってみると]

[あれっ?]

[確かに女性の後ろで

誰かが足を引っ張っているように
見えるが]

[所変わってイギリスでも]

だから…。

[そのときの映像が こちら]

[おや?]

[何やら…]

[んっ?]

[確かに映像を見返してみると]

[誰かに 繰り返しリモコンを…]

[引っ張られているように
見える]

[この不可解な現象]

[信じるか
信じないかは

あなたしだい]

[皆さんには

こちらの…]

[隣の部屋を見つめる女の子]

[どうやら…]

(笑い声)

わぁ~! わぁ~!

[怖くて たまらず
お母さんの元へと逃げ去る

女の子]

[すると ふざけていた女の子も]

(悲鳴)

[やはり この世には…]

[…が あるのかもしれない]

[さらに 今から50年前
スペインで

あるものが見え
国中を巻き込んだ大騒動に]

[それは]

[消しても消しても
床から浮かび上がってくる…]

[とある一軒の家で起きた
怪現象は

スペイン全土に知れ渡り

語り継がれ 都市伝説と化す]

[現代科学を用いた調査で]

[語り継がれる都市伝説]

[解き明かした…]

[スペインのベルメスという
小さな田舎町]

[マリアは
夫のフアン 息子のミゲルと3人

貧しいながらも
幸せな生活を送っていた]

ありがとう マリア。

[そんな…]

(フアン)これ…。

[何もなかった
コンクリートの床に…]

[…に見える染みが]

[実際に その顔を目撃した…]

[夫のフアンが…]

[しかし…]

[消したはずなのに…]

[二度目に浮かび上がってきた
実際の顔の写真が残されている]

[それが こちら]

うわ 顔やん ちゃんとした顔やん。

これが浮かび上がってくるの?
(若槻)怖いですね。

[これが そのときの様子]

[マリアの家を取り囲む人々]

[玄関から長蛇の列ができ

まるで
巡礼者のようだったという]

[さらに]

[次から次に
顔が浮かび上がり…]

[疲弊するマリア]

[そんな中 村を挙げて…]

[顔の写真を売りだすなど…]

[そして…]

[騒動を聞き付けた…]

[騒ぎが これ以上大きくなるのを
見過ごすわけにもいかない]

[床下に
何か原因はないだろうかと

調査を開始]

[すると]

えっ?
(陣内)じゃ そういうこと?

[突如 床に現れた…]

[それは スペイン全土を巻き込む
大騒動に]

[騒ぎが これ以上大きくなるのを
見過ごすわけにもいかない]

[村の職員が…]

[すると]

[自宅の…]

[しかし]

なので…。

[本当の事件かと思われる
騒動もあった中…]

[今度は
スペイン政府の内務省が]

[いったい…]

[当時 新聞記者として
現場を取材した…]

[当時の政権は

顔が浮き出る原因を検証するため
専門家を投入]

[そして…]

[誰が行ったかは
特定できないが

セメント除去剤を使って
顔を描いた可能性があるとした]

[すると 今度は

捏造報道が相次ぎ…]

[だが 隣人のペレイラ氏は]

[本物か偽物か]

[信じる人と 信じない人の論争は
絶えることなく

謎の顔は いつしか

スペインの都市伝説となる]

[…が図られた
大騒動ではあったが]

[犯罪学の専門家が
現代の科学を用い

マリアの家にある顔を
再調査する番組が放送]

[当時の政権が主張した
セメント除去剤による手法が

本当に正しかったのかという
検証が行われた]

[すると]

[ルイス博士は…]

[4週間にわたり
様々な科学的検証を行った]

[だが]

…と考えています。

[現代の技術をもってしても

何らかの塗料や化学薬品
筆などが使われた痕跡は

発見できなかったという]

[そして]

[スペインの…]

[描かれたのでないとすれば…]

[それを解明しようと
顔分析プログラムを用い

いろんな人物の顔を照合する
検証を行った]

[すると…]

えっ!?
これはこれで すごいことですよ。

(相葉) 柔軟剤をお使いのみなさん!
(主婦) はい!

♬~ 気になる衣類のニオイ

消しても消しても キリがない!

だったら これからは 「ソフラン」!

進化した防臭力で

臭くならない服に変える
「ソフラン プレミアム消臭」

(相葉) 「ソフラン ウルトラゼロ」は 次世代の柔軟剤

<悪臭を感じる前に ニオイをブロック>

<強い香りで ごまかさない!>

嫌なニオイをつけても

(男性)臭くない!
「ソフラン ウルトラゼロ」

[スペインの…]

[解明しようと
顔分析プログラムを用い

いろんな人物と照合する検証を
実施]

[すると…]

[一致
したのは…]

マリアさんちだけじゃないから。
だけど…。

[騒動から しばらくたった後も
マリアは こう語っていた]

[博物館まで建てられ
今なお 人々がやって来るという]

[千葉県にお住まいの
堀さんからの投稿]

[こちら]

[隙間から 姿を現した…]

(スタッフ)このときって
堀さんは何してたんですか?

(堀)たばこ 吸ってました。
(スタッフ)たばこ 吸ってたんですね。

(堀)はい。
(スタッフ)堀さん

奇妙な生物を
目視してるじゃないですか。

(堀)見ましたね。 はい。

(スタッフ)なるほど。

[野生動物に詳しい 里中さんに
映像を見ていただくと]

で その後…。

[続いては
埼玉県にお住まいの田所さん]

ちょっとずつ ずれてってる。

早送りすると分かる。
すごいずれてる。

[確かに…]

[こちらが…]

(田所)
ということに気付きました。

なんですけど…。

[何人かの専門家に伺ったが

明確な答えには至らず]

(スタッフ)田所さん的に…。

[確かに…]

[こちらは東京にお住まいの…]

(陣内)ごみ? これ。

浮いてるね。

何もないと。 何で?

(陣内)何もないよね。

何でやろ?

[確かに…]

(横村)何かにつらされてれば…。

(横村)それもなくて。

丁寧でしたね 撮り方が。

あれがいいよね。
ああいう方のおかげで

この番組 持ってるからね。

[続いては
愛媛県にお住まいの渡辺さん]

[それが こちら]

(陣内)緑?

えええ… えっ?

これ 藻が付いてるだけちゃうの?

[こちらのお魚 よく見ると

髪の毛なのか コケなのか…]

[水中生物に詳しい専門家に
映像を見ていただくと]

(池田)おそらく これはですね…。

(池田)
といった状況かなと思いました。

[お次は
千葉県にお住まいの石川さん]

[その映像が こちら]

何か飛んでるね。
(陣内)あの奥のやつ?

飛んでるよ。
半透明の。

(若槻)これこれ。 これ?

動いてるよね 奥で。
(きゃりー)何か透明人間みたいな。

(若槻)奥の?

(陣内)妖精みたいな。

[こちらは…]

自宅が。

[ただ…]

お化けっていうか すごく…。

言ったりとかすることは あって。

どっちが多い?

女の人が多い?

(スタッフ)にらんでるの?

[お母さん…]

[続いては]

[あなたは…]

[およそ30年前…]

[かもしれないという
都市伝説を]

[そんな IT業界の
都市伝説を教えてくれるのは…]

パソコンの中身っていうか。
それがね…。

[だが]

[ある出来事を
きっかけに

それは…]

[それは…]

[東京大学の…]

(坂村)そしたら…。

(男性)はあ。

[坂村氏は あらゆる…]

[近年 注目を集めている…]

[と同じ構想を
30年以上も前に思い描いていた]

[そう…]

[あったとしても]

[その難しさ
例えば 今のパソコンでは

ファイルを移動したいときは
移動先にドラッグするだけ]

[しかし 当時は
ファイルを移動させるだけでも

コンピューターへの指令を

英語で 一文字一文字
入力しなければならず…]

[そんな時代の…]

(男性)すごい。

[坂村氏が開発した…]

[Microsoftなら Windows]

[Appleなら macOS]

[そして
日本で開発されたOSが

Bトロン]

[当時 普及していた
コンピューターの問題点や

使いにくさを解消し
将来 広く使われる

コンピューターの
あるべき姿を考え

坂村氏が開発したもの]

[ちなみに
パソコンが普及し始めたのは

1995年ごろといわれており]

うん。

あっ。

いやいや…。

[そして…]

[時代は 昭和から平成に変わり
日本は…]

[アメリカを…]

[日本の
自動車や半導体は売れ…]

[そんな ある日のこと]

[日本のIT業界の
運命を変えた出来事]

[Bトロンが そのリストの候補に
挙がったことが

大きく報道されると]

[Bトロンパソコンに
参入しようとしていた各メーカーが

アメリカに忖度し
次々と見送ってしまったという]

Yes.

[電話の相手は…]

[直接交渉の場が設けられた]

[そして
通商代表部との交渉から…]

[待ちに待った答えが
やっと届いた]

ええ仕事したな。
(若槻)急にバラエティーになったけど。

(男性)よかった。

[しかし 一度 リストにあがった
Bトロンが

パソコンに搭載され
商品化されることは なかった]

ホントやったら それこそ

macとか
Windowsみたいなことに

なってたかもしれないんでしょ。
そういうことでしょ。

[そんな思いで開発した
Bトロンの生みの親 坂村氏は…]

[あれから31年
取材に応じてくれた]

(坂村)こんにちは。

[こちらが…]

[現在 70歳]

[東大名誉教授であり
東洋大学 情報連携学部で

コンピューターに関連した

最先端技術の指導にも
当たっている]

[世に広まらなかった Bトロン]

[あの当時を振り返り 坂村氏は]

と 私は思いますけど。

[だが IT業界の…]

そっちは 全然
影響 受けなかったですから。

関係ないですから。
ですから これは もう 今でも…。

[パソコン用としては
普及しなかったが…]

今 どんなものに
使われてるんだっていったら…。

例えば
よく知られてることでいうと…。

[そう あの…]

[ミッション成功に
導いたんだそう]

[今現在 トロンは

世界中のあらゆる電子機器に

組み込まれている]

それが さらに進んでですね…。

ホントに きたんだなと思うと…。

[人知れず…]

[今…]

[100年に一度といわれる
大規模再開発に伴う…]

[日本一有名な
待ち合わせ場所として

そのシンボルともなっている

ハチ公像の行き先が
心配されている]

(田中)そんなハチ公像…。

[それは 亡き主人を
改札口で待ち続けたという

感動の実話があったから]

[しかし]

[当時の関係者
およそ200人に取材し

ハチの生涯を調べてきた
松井氏は]

[実は 主人が亡くなった後

ずっと 渋谷駅で
待ち続けていたわけではなく]

ハチには…。

[200名以上に及ぶ取材から
見えてきた…]

[時は…]

(菊三郎)先生 届きました!

先生!

[秋田県 大館市から
送られてきた…]

[子犬をもらい受けたのは…]

カワイイわね。

よしよし ほらほら。

[農業土木の生みの親とされる
上野氏は

門下生からも そして
住民からも慕われる人格者]

おいで。

[という たっての願いで
こうして出合うことに]

(上野)ハチさんか。

お前の名前は ハチだよ。

(八重子)ハチ。

[子供がいなかった
上野夫妻にとって

ハチは わが子同然]

[そんなハチであったが]

(上野)よし。

[もらい受けた当初
ハチは 体が とても弱く…]

[そして…]

(上野)いってきます。

[上野博士の 通勤の送り迎えを
するようになっていた]

[ときには 駒場にある…]

[時には
渋谷駅の改札まで見送る]

[上野博士の自宅があったのは

現在の
東急百貨店 本店が ある辺り]

[渋谷駅までなら…]

[大学までなら…]

ハチ おかえり。

[見送りが終わると
自宅へ戻り…]

[見送った場所で
上野博士の帰りを出迎え]

(上野)よ~しよし。

じゃあ 帰ろうか。

へえ~ そうなの?
偉いね。

[本当の親子のように…]

[だが…]

じゃあな。

[その日 上野博士は…]

[そのまま…]

[ハチが…]

[上野博士の死後…]

[しかし

上野博士と八重子は

双方の親の許しが
なかなか もらえず

籍を入れない…]

[博士の死後は その家を
出ていかなければならず…]

ごめんね ハチ。

(八重子)私は居候する身で
ハチを連れていくことはできず

ハチを
知人に預かってもらえるよう

お願いに参ったのです。

(八重子)そこでの ハチの生活は
しかたのないことなのですが

一日中
綱で つながれた生活でした。

[散歩へも
あまり行けなかったという]

[さらに]

[そんな中…]

[女性の…]

(男性)おい!
(女性)びっくりした!

(男性)おい!

(女性)大丈夫です。
あ~ びっくりした。

もう 急に…。

(八重子)行こ。

(八重子)そして ハチは
親戚に預けることになりました。

[しかし ここでも また
つながれたままの生活]

(男性)あ~あ。

(女性)行こ。

(松井)なので やっぱり…。

(松井)そのために
やっぱり こう…。

[あのころとは…]

[そして…]

[もう 行く所がない ハチと

どうすることも
できなくなってしまった 八重子]

[そんな…]

え~。

(少年)プハー!
カルピスって なんでおいしいの?

(お姉さん)それはね…

(お爺さん)国産の生乳を

(お兄さん)このタンクに入れると

(乳酸菌くん)僕たち乳酸菌と
(酵母ちゃん)私たち酵母のチカラで

発酵して!発酵して!発酵して!発酵して‼

100年受け継がれる
あの あまずっぱ~い おいしさになるの。

…なんで知ってるの?
(お姉さん)それはね。

(長澤)CM 長いことやってるから。

<発酵生まれのおいしさ>

<カラダにピース カルピス>

皆さんが気になる謎を大募集。

不思議なものや謎現象
開かずの金庫など

番組が 徹底調査いたします。

待ってます。

[もう 行く所がない ハチと

どうすることも
できなくなってしまった 八重子]

[そんな…]

[お世話になった上野博士の妻
八重子のためにと

多くの教え子たちが協力し…]

(八重子)
かつての暮らしのように

ハチが 好きに
動けるようにしてあげると

家の外に出ては
元気に遊ぶようになりました。

[そんな ある日のこと]

ハチ?

[夕食の時間には
必ず帰ってくる ハチが

なぜか この日は帰ってこない]

[夜も更けたころ…]

[ハチは…]

[そして]

(八重子)
渋谷で暮らした幸せな日々。

(八重子)それは ハチにとって
忘れ得ぬもの。

(八重子)今でも…。

(八重子)そう直感した私は

ある方のことを思い出し
決心したのです。

≪はい。

[訪ねたのは…]

[菊三郎は…]

[ハチは 世田谷の家より

渋谷駅に近い
この家にいた方が幸せなはず]

[こうして ハチは…]

[渋谷駅の改札口で
ハチが待つようになったのは

このころから]

えっ…。

[菊三郎の家で
お世話になり始めると…]

(男性)おい おい おい おい!

あっち行け ほら!

けっ! しっ しっ しっ! しっ!

[おとなしいことをいいことに
高価な…]

[胴輪のない ハチは…]

いたぞ!

(松井)中には…。

そういうようなことを
面白がって する人もいて…。

[渋谷に来てからも
厄介もの扱いされる日々は

5年も続き

他の犬にかまれ
左耳が垂れてしまったのも

そのころのことだった]

でも…。

(松井)ただ黙って
改札から動かないで

その当時の人の話によると

遠くを見て 誰かを
ホントに待ってるようだった

っていうふうに言ってましたね。

[そして…]

[ハチにも…]

[その…]

[それが…]

[「いとしや老犬物語」]

本当に まるっきり…。

(松井)「ハチ公は
何て 偉い犬なんだろう」

「何て けなげな犬なんだろう」
っていって…。

(松井)で 翌日にはですね
小学生の子供たちが ハチ公の…。

[そして 駅には

子供たちからの手紙や
お金も届けられたという]

「このお金は 僕が 時々 頂く
お小遣いを ためたものです」

「どうぞ ハチ公の好きなものを
買ってやってください」

[やっと…]

[しかし すでに 10歳の老犬]

[そこで 亡き主人を待ち続けた
ハチの物語を…]

[という声が高まり]

[ハチの…]

[除幕式に…]

銅像の…。

ハチは見てたんだ。

[除幕式に…]

銅像の…。

[それが こちら]

[現在の場所とは違い

駅舎の屋根の下
改札に背を向けるように

建てられた ハチ公像]

[八重子や各界の名士
300人以上が集まり

感激で ざわめいた]

[その様子を眺めていた
ハチではあったが]

[残された時間は
そう長くは なかった]

ハチ 大丈夫か?

[声を掛けても動かない]

[そこで いつでも
改札口に来れるようにと

駅の小荷物室の一角に
寝床が用意された]

[毎日 ハチは
改札口へと向かった]

[と信じて]

(八重子)そして…。

(八重子)ハチは
改札口とは反対側の路上で

ひっそり死んでいたところを
発見されました。

[およそ7年半
ハチは 渋谷駅で

上野博士を待ち続けた]

[そして 八重子は…]

[その生涯が閉じたことを
人々に知らせた]

[ハチは たくさんの人々に
愛されていた]

[その亡きがらは
国立科学博物館で…]

[そして…]

[生前 彼女には
こんな願いがあった]

ですが…。

[それは
愛した家族を見守り続けた

八重子の…]

[そして 時は たち
時代は 昭和から平成に]

[渋谷で開かれた
ハチの展示会をきっかけに

関係者が働きかけ

青山霊園にある
上野博士のお墓に

入ることが できた]

(八重子)先生が亡くなって
およそ100年。

再び…。

[日本一有名な待ち合わせ場所
ハチ公像には

そんな秘話があったのだ]