お笑い実力刃[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

お笑い実力刃[字]

MCアンタッチャブルとサンドウィッチマンのもとに、実力派芸人たちが集結!珠玉のネタを披露し、MCたちとネタや笑いについて熱くトークする硬派ネタバラエティ!

◇番組内容
今夜のお笑い実力刃は、映像&音声を駆使した“ひとりコント”が人気の陣内智則を1時間丸ごと大特集!
選りすぐりのコント4本を披露するほか、トークでは独自のスタイルを貫いてきた、映像ネタのパイオニア・陣内らしい「ネタのこだわり」が次々と明らかに…!さらに、ネタ作りの現場にカメラが潜入!“映像ネタ制作のウラ側”も大公開!
◇出演者
【MC】アンタッチャブル、サンドウィッチマン
◇出演者2
陣内智則
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/owaraijitsuryokuha/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 陣内
  2. 佐藤
  3. 面白
  4. アカン
  5. ネタ
  6. 映像
  7. ニュース
  8. 映画
  9. 最初
  10. 時間
  11. 柴田
  12. 本当
  13. お前
  14. 銀行
  15. 自分
  16. 絶対
  17. 大丈夫
  18. 年後
  19. ボケ
  20. 希望

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



♬~

(陣内)そっちやったら
ベース あれやろ。

ここも カタカナ…。

〈普段は 番組を盛り上げる

バラエティタレントの顔を持つ
一方で…〉

〈映像を使ったピン芸人の一面も
併せ持つ〉

ちょっと早う来すぎたな。
上映まで まだ時間あるな。

久しぶりに
『テトリス』やってみよう。

懐かしいな。 できるかな?

うわー 懐かしい!

うわー! やってたな 昔。

〈陣内は 映像ネタの
パイオニアとして

自身のお笑いのスタイルを
確立している〉

〈しかし
その唯一無二のスタイルに

たどり着くまでには
数々の挫折があった〉

もともと…。

イヤでしょうがなかったから
僕は もう…。

…を バカリズムは パーンって
跳べるじゃないですか。

そのやり方は憧れたけど
これ 違うなと。

〈陣内智則〉

〈1992年 リミテッドという

コンビを結成〉

〈しかし 3年後に解散〉

〈その後 ピン芸人として

映像を使った唯一無二のコントで

人気を集めている〉

〈なぜ 陣内は 20年以上も前に

映像を使ったコントをするように
なったのか?〉

そもそもが でもさ
コンビだったわけじゃないですか

陣内さん。
だから…。

もともと…。

イヤでしょうがなかったから
僕は もう…。

(山崎)ええー! お笑いを?
やっぱり なんかね やっててもね

恥ずかしいし…。

それがイヤやったんですよ。

それがイヤで

なんか 誰かに
ツッコもうってなったんですよ。

「誰かに もう」…。
俺は もう 真人間になろうと。

(一同 笑い)

ずるっ!
誰かに責任を。

誰かに責任を負わせようって
思って

僕が 電車の中で… 乗ってたら

アナウンスで 結構 かむとか…。
ああ ああ…。

「さあ お待たせしました」とか
言う人おったんですよ。

「次は何々」って。
待ってへんしとか。

…と思ってたのよ。
あれ? これ ええかも。

なるほど。
これ 俺じゃなくて

誰か… 第三者を
ラジオから聞こえてくるとか

誰か
アナウンスに僕がツッコんだら

おもんなくても ウケなくても
こいつが おもんないだけやと。

(一同 笑い)
自分で作ってるのに?

逃げたんですよ。
スベりたくなくて

って事なんですね。
スベりたくなくて。

そこから 音でやりつつ
音で なんか なんとなく

「面白いよね 陣内って」って
言われだして

じゃあ もっと面白い事
できるんじゃないの? って。

それこそ
フリップとか静止画とかは

よくあったんですよ 昔。
ああ なるほど。

これ 映像にしてる人
いないよねと思って…。

同期のヤツで 辞めてすぐ
コンピューターグラフィックを…

チラシのポスターとか
作ってたんですよ。

僕が 「テトリス」っていうネタを

こんなんやったら おもろいよなと
思って 原田専門家に

「これ こういうの 俺 ネタ
できる?」って頼んだんですよ。

これ できるんやったら
ちょっと 映像やろう。

そこから 今の

今も そこから
ずっと付き合いというか 一緒に。

「テトリス」っていうネタから
映像で動くっていうのは。

〈1本目に披露するネタは
「ATM」〉

〈ATMといえば
急ぎの振り込みや

お財布に現金がない

そんな切羽詰まっている時にこそ
助けになる存在〉

〈しかし 陣内の手にかかれば

ATMも
利用者を絶妙にイライラさせる

ボケマシーンと化す〉

〈それでは 開演〉

♬~

ああー よかった!
銀行 間に合った。

3時までやからな。
うわっ ギリギリやな。

今日中に振り込まなアカンもんな。
よっしゃ ちょっと振り込もう。

「いらっしゃいませ」

「ご希望のお取引を
押してください」

えーっと
「お振込み」やから これやね。

「ご希望のお振込み方法を
押して下さい」

カードで振り込みます。 「カード」。

「お振込み先の金融機関を
押して下さい」

あじさい銀行… ああ これか。
「あじさい銀行」。

「支店名を入力して下さい」

えっと… 汐留やから
「シオドメ」と。

「あじさい銀行 汐留支店で
よろしいですか?」

はい 大丈夫です。 はーい。

「暗証番号を入力して下さい」
よかった よかった はい。

ええー! 何? これ!

何? これ!
ちょっと じっとして。

ちょっと待って。 「4」…。

「4」をいきたいねんけど
じっとしてほしい…。

「もう一度 最初から
やり直して下さい」

なんで動くねん!
見た事ないわ! こんなん。

動かんといて。 時間ないねん。
ちょっと もう1回…。

「いらっしゃいませ」

「ご希望のお取引を
押して下さい」

「お振込み」です。

「ご希望のお振込み方法を
押して下さい」

えーっと 「カード」です。

「お振込み先の金融機関を
押して下さい」

「あじさい銀行」ね。 これ。

「お好きなフレームを
お選び下さい」

いる? これ。

何? これ。 いらん…
真ん中のお花でええわ。

「支店名を入力して下さい」
いや いらんやろ!

このチョイス いらんやろ!

なんで 支店名の時に
お花のフレームやねん!

いい… 汐留!
えっと 「シオドメ」と。

頼むで。

「暗証番号を入力して下さい」
動くなよ 動くなよ。

ああ よかった。

「暗証番号は 4649」

「“ヨロシク"で
よろしいでしょうか?」

なんで言うねん! 言うな!
お前 だだ漏れやないか!

絶対 言うたらアカンやろ!
個人情報。

「4649でよろしければ
確認ボタンを押して下さい」

ああ よかった これで。 えっ?

これ? えっ? えっ?

どれ? どれ?

どれよ? 嘘やろ?

えっ? 全部… いけるかな?
いけるかな?

全部 やんなきゃいけないの?

「最初からやり直して下さい」
いや 多いねん!

多いわ!

1個でええわ! 確認ボタン。
時間ないねん! 俺。

「いらっしゃいませ」
はい 頼むわ!

「ご希望のお取引を
押して下さい」

「お振込み」や言うてるやん。
覚えてくれ 「お振込み」や。

「ご希望のお振込み方法を…」
「カード」や 覚えてくれ 「カード」。

「お好きなフレームをお選び下さい」
もう なんでもええ! これ。

もう お花でいくわ!

「お好きな背景をお選び下さい」
まだあんのかい! これ。

もうええわ!
東京タワーいくよ 東京タワー。

(シャッター音)
えっ なんか 写真撮ったな。

「ご利用ありがとうございました」

何してくれてんねん! これ。

なんのシステム? これ。
なんなん?

盛りすぎやろ!
「振り込み記念」って

振り込んでへんわ! ほんで 俺。

何? 時間ないねんて!
ちゃんとして! 頼むわ 次。

「おふる込み先の 金融…
きけん… 機関…」

「最初からやり直させて下さい」
いや お前のせいや。

なんで お前がかんだら
終わらなアカンねん。

そもそも かむっておかしいやろ。
時間ないって! 頼むわ もう。

(バットでボールを打つ音)
えっ?

「ファウルボールに ご注意ください」
どこでやってんねん!

危ないな! 野球やめてください!

もう 時間ないねんて!
頼むわ もう。

「あじさい銀行の汐留支店に
カードでお振り込み」

「暗証番号は4649
“ヨロシク"でおなじみの

目黒区在住 陣内智則様で
よろしいでしょうか?」

全部言うたな 大きい声で。
全部言うなよ!

この写真使うな! ほんで。
恥ずかしい。

もうええわ! それで。

「この内容でよろしければ
確認ボタンを押して下さい」

もう頼むで。

えっ!

ええねんな? これしかないしな。

押すよ?

「最初からやり直して下さい」
どうしたらええねん!

どうしたらええねん!
確認ボタン…

角煮ボタンしか
なかったやないか。

もうええわ! もう。 アカン!
もう この銀行やめや!

もうアカン。 ちょっと もう
全部引き出したろ こうなったら。

「ご希望のお取引を
押して下さい」

もう 「お引出し」や 「お引出し」。

「ご希望のお引出し金額を
入力して下さい」

もう 全部引き出したろ!
この銀行 アカンから。

100万。
100万円 全部引き出したれ。

「ご利用ありがとうございました」
二度と来るか! こんな銀行。

(小銭が落ちる音)

いや なんで小銭やねん!

(拍手)

すごいな。
すごいね。

ハハハハ…!
いやいや いやいや…。

ATMとか行った時に
やっぱり ああいう なんか

なるほど!
モニターあるな 音出るな

ああ じゃあ なんかできるかも
っていう 本当 その感覚。

カラオケも ちゃんと
やってるでしょ? カラオケ。

カラオケもやってます。
だから 本当 最近 それが もう

自分の中で
まだ あるんでしょうけど

ホンマに
あれ もう あるかな? って

俺 全部やっちゃったんちゃうか
って思ってしまうぐらい…。

スマホは? スマホ。
スマホもありますよ。

でも 今… 難しいのは スマホって
なんでもできちゃう…。

はあ…!
Siriも ボケたりするのよ。

(柴田)ボケたりしますもんね。
Siri…。

だから そこのね
難しさというか…。

いっちゃってるから

そこが難しいなっていうのは…。
そうか。

〈これまで 映像ネタを
100本以上考えてきた 陣内〉

〈しかし その制作の裏側には

「チーム陣内」といわれる

映像ネタのプロフェッショナルが
存在している〉

〈今回は
『お笑い実力刃』だけ特別に

その制作現場を
テレビ初取材させてもらった〉

「これは めちゃくちゃ
貴重じゃないですか? これ」

一応 僕の…
まあ 「チーム陣内」というか。

この4人で
ずっと いろいろ 昔から

いろんなライブ
やったりとかしてるっていう

まあ 一応
チーム陣内のスタッフです。

まず 伊藤さんは
もともと 『エンタの神様』で

もう… いつですか?
でも 2003年とか…?

2003年からですね。
もう 十…。

18年ぐらい…。
18年ぐらい前に…。

その流れですね。 一応…。

(スタッフ)なんで
やる事になったんですか?

(一同 笑い)

そして こちら 長澤。
あっ お願いします。

長澤君はね 作家なんですけど…。

で ここが 原田専門家っていって
まあ これこそ…。

本当 相方ですね。

(柴田)「なるほど。
そういう事ね」

〈このメンバーで
どのように

映像ネタは
作られているのか?〉

例えば 1個の設定が
決まったら

最初のボケを
決めていこうかっていう。

最初のボケというか
ボケ案を みんなで こう

話し合っていく
という感じですかね。

どのぐらいですかね?
10なのか15なのか

わかんないですけど
1回 出すと。

(スタッフ)映像は でも
できないですもんね?

(伊藤さん)映像は できないです。
だから その

陣内さんが 例えば 言った
このボケを

果たして 映像化できるのか
っていうのも その場で

こういう風なロケをして
こういうCGをかぶせたら

こういう風にできますよ
っていうのも プレゼンしながら。

だったら これ 成立するな
っていうんで…。

だから 1日 大体 平均したら
1個じゃないですかね。

1個もできない日があるんで
平均したら 1個。

それだけで
10個集めるとしたら 10回

打ち合わせしなきゃいけないので。
大体… そうですね。

(スタッフ)どういうのが採用される
とか あるんですかね?

(長澤さん)あんまり こう
はやりに寄らないものというか。

まあね… はい。
誰もやってないね。

そう。 なんか シュールな… とか
憧れてたんですけど

でも これは もう 俺じゃないな
っていうのに気付いて

もう みんながわかる設定で

みんなが経験した事を
やろうっていう。

で やっぱり 僕のルールは

1人じゃないとアカンやつを
やろうっていう。

例えば タクシーと…
運転手さんと 乗客やったら

絶対 コンビの方が
面白いじゃないですか。

はあ…。
これが 僕がやっても

多分 コンビには勝たれへんなと。
(柴田)なるほど。

1人じゃないと意味がない設定。

まあ 他… ATMとかね。

何人かで
下ろしに来るのはないからね。

そうね。 だから

…っていうところから
ネタ作りを始めて

で モニター 音声とか
まあ そういう事ですかね。

〈それでは 次の段階〉

〈映像制作について

笑いを生むための
こだわりとは?〉

画と音ですね。

音というか ナレーションとかの
タイミングは…。

本当に…。

(原田さん)まず 1回
普通につないだやつが…。

「ご注文しますか?」

(電子音)
「間もなく 店長が到着します」

「ご注文 繰り返します」

(原田さん)っていうのが
ここの…。

(原田さん)オーケーのやつが…。

「間もなく 店長が到着します」

(原田さん)
これだけ伸ばしてくれ…。

で ひと言 「店長?」って

陣内自身が
お客さんにわかるように

なんか 変な事 言ってるぞ
っていうのを伝えるために

そこ 間を伸ばしたりとか。

もうちょっと こうしてくれ
ああしてくれっていうのは

本当に

(拍手)
(柴田)いやあ すごい!

いや まあ そうですね。

まあ その4人が… そうですね。

一応 ネタを作った…
僕が出来上げた。

さあ ここからって…
ここから スタートを。

確かにね。 そこから
映像にしていくっていう…。

そうですね。
それが 時間かかっていくのよね。

だから じゃあ このネタは 映像…
ロケ行かなアカンよねとか。

じゃあ これ 音声 必要やから

誰か 呼ばなアカンよね
とかやから

ネタ作るというか
作ったあとの方が…。

確かに そうだわ。

それで すぐ 本番いけますけど
そういう寸前の調整…。

難しいですもんね。
難しいから。

だから アドリブもきかないしね。

失敗しても
もう そのままいかなアカンし。

だから それまでが
もう 相当 慎重に…。

そうそう。 そこまで
もう 決めていかんと

やっぱり アカンな
っていうのはありますよね。

そこね。
僕が…。

だから 本当に
毎回 違うという感じしますよね。

じゃあ…。

でも 逆もある。 今…。

(一同 笑い)
いや 来い 次! みたいな。

これ なんでしょうね?

だから 相方やと思ってるんです
映像が。

でも やってて 間が違うかったら
イヤでしょ? ボケの人も。

今のツッコんでくれよとか。
ツッコミ側も 多分

いや そのボケ ちょっと
だらっとしてるなとか あるやん。

あります。
多分 それに近いもんが…。

多分 そこやと思うんですよね。
ええー!

だから ホンマ
相方に言ってるって感じ。

ピンじゃないですね 僕は。
陣内さんってね。

〈老若男女がわかる
普遍的なネタ選び〉

〈そして ツッコミのタイミングを
計算し 作られた

まさに 相方のような映像ボケ〉

〈この2つの要素が
陣内のネタには必要不可欠〉

〈これから披露してもらうネタ
「ニュース番組」も

この2つの要素が入ったネタ〉

〈総勢20人以上のエキストラを
使ったロケを行い

壮大な映像ボケを
繰り広げている〉

♬~

さあ 皆さん 間もなく
ニュース 本番 始まります。

生放送なんで
ミスないように。

カメラさん 大丈夫?
AD 大丈夫ね?

さあ いきます。
ニュース 本番。

5秒前 4 3 2…。
V どうぞ。

♬~

さあ いくよ。

はい カメラさん ゆっくり
クレーンダウンしてください。

はい キャスター
お願いします。

いや いきすぎや いきすぎや!
いきすぎや!

どこまでいって… 戻して!
戻して! カメラさん。

こんばんは。 ニュースの時間です。
名前のテロップ入れましょう。

どこ入れてんねん もう。
縁起悪いわ こんなん

ニュース番組で。
犯罪者やないか こんなん もう。

戻して。 はい いきましょう。
ニュース お願いします。

まず 最初のニュースです。
政府予算案は 今日…。

あれ? おい!
ガムテープは?

ガムテープ
取り忘れとるやないか!

おい! 右下! AD!

ちょっと
こっそり ガムテープ取って!

こっそり! こっそり…
がっつり撮ってどうすんねん。

どんなニュース番組や これ。
どう思うねん? 視聴者 これ。

やめろ! もう。 戻せ!
ガムテープ 撮るな! カメラさん。

戻して!
次のニュース いきましょう。

近年増加する振り込め詐欺の
実態をつかむため 当番組では

元振り込め詐欺グループの
リーダーだった男性に

匿名を条件に 独占取材する事に
成功いたしました。

はい いきましょう。 詐欺の…
はい VTR お願いします。

はい ここから 立て直すよ。

そう こういうね
悪の組織のね

インタビューっていうのは
興味あるからね。

これ 視聴者が
すごい食い付くから。

今 こう
視聴率をね 上げるために

このVを長く…
いや 顔 丸出しやないか!

顔 丸出しや! この人。

大丈夫か? おい。
明日から この人。

なんで 誰も気付けへんねん
これ。

全然足りてへん もう… 戻して!
ニュースキャスター!

今日未明
青森県にある青森動物園から

オスのオランウータンの
オラン君が逃げ出しました。

はい VTR いきましょう。
動物園側は

職員 およそ50人で
捕獲に乗り出しましたが…。

おい! 青森の字が違うやろ。
何 考えてんねん。

「木」の… 「木」3つで「森」や!

お詫びのテロップ出せ 早く。
苦情くるから。

飼育員の話によれば…。
わかるやろ? これぐらい。

ちゃんとお詫びしろ お前。

「てへペロ」やあるか! お前。

どんなお詫びや! ニュースで
「てへペロ」見た事あるんか?

ちゃんと謝れ!
「ぴえん」やないねん!

ちょっと古いな ほんで。

「ぴえん」やないねん!
謝れ! ちゃんと。

「ぴえん こえて ぱおん」は
絶対アカンわ。

見た事あるか? こんな。
若い子と付き合っとるな 誰か。

戻して 戻して!
今もなお 捕獲されておりません。

十分 お気を付けください。
はい お願いします。

ここからね 頼むよ。
次のニュースです。

昨年5月
詐欺罪で起訴されていた

ヤマダ被告の初公判が
今日 行われました。

はい いきましょう 裁判の絵。
ヤマダ被告は

黒のスーツに
白のワイシャツといった姿で

法廷に現れ 裁判官の質問に対し
時折 目にうっすら涙を浮かべ

深く うなずく姿も見られました。

オラン君おるよ!
オラン君 来てるよ!

青森の 逃げ出したオラン君
来てるよ!

キャスター! キャスター
オラン君や チャンスや 今。

次のニュースです。
おい なんか言えよ! お前。

アドリブきかんな。
オラン君 おったやないか 今。

オラン君が逃げ出して
裁判 見に来てるやないか。

では ここで
軽犯罪に詳しい専門家の方に

お越しいただいております。
はい お願いしましょう。

よろしくお願いいたします。
(一同)よろしくお願いします。

何人 呼んでんねん!
何人 呼んでんねん お前。

1人で ええわ! こんなもん。
どんだけ 金 使ってんねん!

今回のような
ひったくりをなくすには

どうしたらいいですか?

誰か なんか言えよ!
誰か なんか言え!

ありがとうございました。
「ありがとうございました」や

あるか! おい!
終わりかい ここ!

数年間にわたり…。
金 使いすぎやろ! 最悪やな!

逮捕されました。
頼むよ。 はい 下着…

押収された下着のVTR
いきましょう。

調べによると 男は…。

押収された下着のVTR
出てないよ。 おい!

今 これ 押収された下着のVTR
出てへんやないか。

もう キャスター 伝えて。
次のニュースいきましょう。

むちゃくちゃやな! 今回。
絶対 クビやな 俺。

もう ええわ! 次や!

出てなかった!

もう…。

ただ今
映像をお見せできませんでした。

大変失礼いたしました。
はい もう 次のニュース。

気を取り直していきましょう。
さあ 続いては

女性には大変にうれしい
スイーツの話題です。

はい 気を取り直してね。
期間限定のスイーツ博が

開催されております。
中継がつながっています。

会場のワタナベさん。
はい 中継 お願いします。

(ワタナベ)見てください。
いや さっきのやつや!

さっきの押収されたやつ!
出したかったやつや!

(ワタナベ)どれもこれも
本当においしそうで

よだれが止まりません。
よだれ出すな! こんなんで。

(ワタナベ)中でも 一番人気なのが
こちら!

えっ?
(ワタナベ)こんなにたくさんの

イチゴが入ってるんですよ。
うまい事なったな ほんで。

うまいパンツや!
(ワタナベ)ぜひ 皆さんも

スイーツ博にお越しください。
いや パンツや! これ。

(ワタナベ)のちほど スタジオにも
お届けしまーす!

いや 持ってくな!
パンツ 持ってくな!

もう アカン! 次や!
スポーツいこう スポーツ。

続いては スポーツです。
もう むちゃくちゃやな。

まずは この話題から。
はい。 プロ野球ね。

いきましょう
プロ野球の話題。

カバディじゃないよ。

うん プロ野球。 プロ野球
いきましょう。 はい…。

女子セパタクローでもないわ。

プロ野球や。
わかっとるやろ?

なんで ロックなんねん 1回。

ロック解除して…
なんや? これ。 えっ?

(効果音)

プロ野球の話題です。
どんな演出やねん これ もう。

長いわ! よくあるけど
こういう ちょっとした演出。

プロ野球いこう 早く!

新ユニフォームが発表されました。
いきましょう ユニフォーム。

いや パンツや!

(拍手)

(柴田)ああ 面白い。
躍動感があるね 今回のも。

いやあ 本当に。

いろんな映像がありましたけど
ニュースの。

あれ ロケとかも 全部
陣内さんも一緒に行って…?

行ってるやつは
もちろんあります。

へえー!
で もっと こうやってほしい

ああやってほしいっていう。
ホンマ

はあー…!

〈それでは
切れ味質問にいきますね〉

〈2003年から およそ7年間の
レギュラー放送の中で

数々のブレイク芸人を
輩出していた『エンタの神様』〉

〈陣内さんも
そのブレイク芸人の1人〉

〈『エンタの神様』出演を
きっかけに

ネタ作りで
変えた事はあるのでしょうか?〉

(柴田)テレビを意識してか。

まあ でも やっぱり…
そうですね 一緒に出てたもんね。

そうですね 我々も はい。
でも やっぱり… まず

みんながわかるやつをやる
という僕の中のルール。

そうですね。
あとは 途中から見て

パッと テレビつけられて
途中から見てわからないのは

やめようと。
なるほど なるほど。

ああー!

伏線回収とかあるじゃないですか。
振りを見てない人がいるから。

へえー!
そうなの?

僕は だから 『エンタ』の時ね
結構 芸人さんは…。

「イヤや」と。 こんな…
例えば 「テロップ出すな」とか。

ちょっと 賛否両論。

僕は 最初から
「全然 出してくださいよ」と。

わかりやすくなるから。
自分が思うには そういう…。

でも バカリズムとかは
すごくハードルを高くして

「こんな設定で
どうやっていくの?」を

バカリズムは パーンって
跳べるじゃないですか。

じゃあ もっと軽やかに なんか
ピョンピョンピョンって

陣内 跳んでいったなみたいなんを
作ろうって思いましたね。

あっ! それまで あれなんだ?
どっちが…。

ネタによって変えてたんですよ。
(山崎・柴田)ああー!

それ どうやって決めたの?

たまたま ピザ屋のネタが
1発目なんですけど

その時 僕がツッコミの
ネタなんですよ あれ。

「そのままいった方がいい」と。
じゃあ もう 変えない方がいいと。

視聴者の人は
わかんなくなっちゃうから。

ああ…!
ええー! じゃあ すごいね!

『エンタ』が このスタイルを
築いた。

ハハハハ…!
(富澤)「お手本にしなさい」って。

ええー! ハハハハ…!
『エンタ』からもらったの?

(富澤)はい。
へえー!

〈3本目は 陣内得意の
「映画予告」ネタ〉

〈老若男女に
笑いを届けるために

名作『E.T.』から

『鬼滅の刃』まで網羅した

最新版を披露してくれる〉

♬~

いやあ 映画 楽しみやな。
久しぶりに来たな 映画館。

ちょっと早う来すぎたな。
上映まで まだ時間あるからな。

でも 本編始まる前に
CMとか予告あるからな。

それ見て時間潰そう。
ああ 楽しみや…。

(ブザー)
あっ 始まった!

♬~

うわっ 『E.T.』。

「未知との遭遇」
あっ またやるんや これ。

「未来への架け橋」
絶対 見に行こう。

「この感動をあなたに…」
うわあ 楽しみやな!

「E.T.C」
いや うれしいな。

いや CMやったんかい!

ETCのCMやったんかい!

紛らわしいわ!

『E.T.』の予告かなと思って
テンション上がったのにな。

恥ずかしい 俺だけ。
紛らわしい!

「劇場内での
映画の撮影 録音は犯罪です」

これ よく見るわ。

「法律により 10年以下の懲役
もしくは1000万円以下の罰金

または その両方が科せられます」
絶対 盗撮したら アカン。

「しかし 彼らには 使命があった」

えっ? えっ?

「奇跡の物語」?

映画なんの? あれ。

あれ 映画なんの?
映画泥棒のやつ。

あの「カシャカシャ」いうやつが。
奇跡の物語?

めちゃめちゃ面白そうやな
見に行こうかな? これ。

あっ ここからね
「最新映画情報」。

なんか面白そうなのあったら
見に行こうかな。

えっ 何?

「犬と少女の物語」…。

「HANAKO」?
あっ 面白そうやな。

「週間興行収入 第76位」

誰が見んねん!
見るか! こんな映画。

下手くそやね 予告作るの。

いや 3週連続 第84位って
ほぼ最下位やろ! こんなもん。

絶対 見に行かんとこ これは。

ええー すげえ!

何? これ。

いや 知らん 知らん 知らん。

まだやったんかい!
まだ撮影もしてへんのかい!

気が早いわ!
撮影終わってから予告作って。

なんの映画やったんや? これ。

「HANAKO2」やったん?
2いけたん? 「HANAKO」。

全米 あんな鼻で笑ってたのに。

アカン…
ええ~ 面白いやつ ないな 全然。

♬~「Oooh きっと来る」

「恐怖が連鎖する」
えっ… 怖いやつや。

「貞子には娘がいた」
貞子の娘?

「怨念が育てた 呪いの娘」
めちゃめちゃ怖いやん。

「彼女の名は…」
うわ これ 見に行こうかな。

いや キラキラネーム
付けるな!

なんでや? 貞子。
自分の立場 わきまえろ! お前。

なんで 貞子の娘
宝愛瑠にしたの?

いやいや アカンって!
貞子 宝愛瑠はアカンわ。

怖くないから 見に行かんとこ。

♬~

『コナン』ね。
「勝つのは コナンか? 犯人か?」

『コナン』 面白いもんな。

(2人)コナン最高!
コナン最高。

えっ 見に行こうかな。

なんで言うねん!

犯人 言うな!
醍醐味やろ! 犯人 捜すの。

はっきり言うたよ 女の子。
「犯人は毛利小五郎」って。

カットせい こんなとこ。

2002年?

「2002年2月24日」

えっ 何? これ。

全貌が?

「事件発生から 衝撃の結末まで
その全記録を追った

長編ドキュメント」
えっ ドキュメント?

「我々は この事件から
目を背けてはいけない」

えっ 何?
こんな事件あったっけな?

どうでもええわ!
どうでもええわ! あったな!

覚えてる人 少ないわ これ。

ワイドショーで
連日やってたけども。

ヘリで間に合うか間に合わんか
みたいな。

節子さんが出てきて…
どうでもええわ!

♬~

あれ? これ あれやん。
人気ドラマや。

えっ! 映画なるんや。

これ 見に行こうかな。

誰!? 誰!?

いや 『半沢直樹』やと思うてた。

「半沢川直行」?

「倍返しやで」?
気の強い関西人やん こいつ。

こんなん見ても しゃあないな。
なんか 全然おもんないぞ。

♬~「かじかんだ手」

「感動を呼んだ韓国映画」

見た! めっちゃ感動した これ。

うわっ!

「あの名作
『アルマゲドン』のスタッフと

夢のコラボレーションが
ついに実現」

うわっ すごいコラボや。

あっ 決まった! これ 見に行こう
絶対 感動するわ。

「私の頭の中マゲドン」
タイトル考えろ!

タイトル考えろ!
もうちょっと真剣に。

せっかく
ええスタッフ集まったのに。

「私の頭の中マゲドン」は
イヤやな!

チケット買うの恥ずかしいもんな
これ。 アカン! もったいなっ!

♬~

「冤罪をテーマに 世間に波紋を…」
これ見た。 加瀬亮さんのやつや。

これ 良かったよ この映画。

♬~「Don’t wanna close my eyes」

「あの名作
『アルマゲドン』のスタッフとの

コラボレーションが ついに完成」
大丈夫かな。

やっぱりやないか!
やっぱりやないか! これも。

『アルマゲドン』サイドに
問題あるわ! こうなったら。

冤罪でも なんでもないわ!

「それでもボクはやるマゲドン」
言うてんねんから。

常習犯やろ! こいつ。 なんや!
「やるマゲドン」って ほんで。

アカン!
全然見るやつないな 映画。

♬~「僕たちは燃え盛る」

これ見てない!
動員数 記録作ったやつ。

もう あれ…
どうせ また こいつ

「鬼滅のドン」とか言うんやろと。
見るか! こんなもん。

何? それ。

(拍手)

いやあ すごい。
へえー すごいな。

すごいな。
畳み掛けたな。

特に映画のやつっていうのは
もう ピッて再生したら

全部 あのタイミングで
流れていくのか…。

あっ それ 最初は
もう 僕のひと言…

僕のきっかけ SE
きっかけ SEって

やってたんですよ。
で 一番最初 やったの

僕ね MDの時代やから。
ああー! MDね。

自分のMDを
音声… 音響さんに渡して

こう 声録りしてて。

覚えてるのは その… えっとね
「ラジオ体操」ってネタがあって

それを
劇場で「ラジオ体操」やってたら

突然 ちょっと バグって…。

(一同 笑い)

僕が聴いてた河村隆一が。
「You are my only」ね。

MDから。 そっから だから
MDの時代も終わって

なんか そういう
コンピューターの… なって。

だから 今はね ある程度は流して

きっかけを決めて…
でも まあ 細かいやつもあるし

それはネタによりますよね。
あっ ネタによるんだ。

〈それでは 続いての
切れ味質問にいきますね〉

〈少し
聞きにくい事なんですが…〉

これは 辛辣な なんかね。

〈陣内さんの映像ネタ〉

〈やり始めた頃と
最新のものを比較すると…〉

〈確かに
20年以上やっているのに

ほとんど クオリティが
上がっていないようにも

思えますが…〉

〈現在までに

映像の技術は進歩しているのに

クオリティを上げようと

思わなかったのでしょうか?〉

これ さすが
ファン歴 長いなと思いますけど。

いや でも これはね
正直 言って…。

ああ…。
なんか 今の時代って

すごいじゃないですか。
ええ ええ…。

CGなんて使ったら
なんでもできるし。

じゃあ 例えば
ゲームやろうってなった時に

すごい事なってますよ。
あんなんしてしまったら

ホンマ
なんでも いっちゃうよねって。

だから

チープさをやろうってなって。
だから…。

このぐらいがいいんですよね?
このぐらいに抑えとこうかな。

だから わざとっていう事ですね。

でも やっぱり
今 悩みどころは そこですよね。

今って すごい
本当に進化しすぎてるから。

そっちバージョンのネタも

作っていかなくちゃ
いけないんですかね?

どうなんですかね?
(柴田)これって もう…。

陣さんのネタの中で。
ああ 逆にね。

「いや 急に映像すごいな!」
みたいな感じの

ボケになるかもしれないね。

(柴田)いや 思ってますよ。

ちゃんと思ってますよ。
ちゃんと思ってます。

「30年後の僕へ」

ちょっと聞いてみよう。
全然覚えてない。

相談乗ったれよ! お前。

〈学生時代の交換日記を
読み返して 思い出にふける〉

〈そんな
ノスタルジックな経験すらも

陣内は笑いに変える〉

〈音声を使った
「交換日記」の会話劇に

陣内が鋭くツッコむ〉

♬~

いやあ だいぶ片付いたな。

あとは この段ボールだけやな。

えっ? えっ 何? これ。

うわっ ホコリかぶってる。
フッ…。

えっ? 交換日記?

「5年2組 陣内智則」

えっ
交換日記なんかしてたっけ?

5年2組って事は
もう30年以上前やな。

えっ 全然覚えてない。
こんなん入ってた。

うわっ ちょっと
読んでみようかな。

交換日記なんか やってたっけ?

(陣内)「今日から 佐藤さんと
交換日記をする事になりました」

「これから毎日 学校で交換して
日記を書きます」

えっ 全然覚えてないな。

(陣内)「何を書いたらいいか
わからんから

僕のプロフィールを書きます」
プロフィール 懐かしいな。

(陣内)「5年2組 陣内智則」

「下から読んだら
りのもと いなんじ」

なんか よう 下から読んでたな
子どもの時。

何がおもろいねん? あれ。

(陣内)「誕生日は2月22日生まれ」
ああ そう。

(陣内)「下から読んだら
ちににうじゅにつがに」

いや それはええわ!
誕生日 下から読まんでええわ。

だいぶ好きやな
下から読むの 俺。

(陣内)
「趣味は 面白い事を考える事で

特技は 面白い事を言える事」

「長所は 面白いところで

短所は
面白すぎるところです!」

大丈夫? 大丈夫?

こんな 自分の事 面白いって
言うヤツ 絶対おもろないよ。

だいぶ 俺
ハードル上げてるけどな。

(陣内)「血液型はO型」
うん。

(陣内)「星座は ギョーザです!」

最悪なやつやん! これ。

NGワードのやつや これ。
絶対 言うたらアカン。

星座で「ギョーザ」いうやつは。

(陣内)「カッコ これは
星座の“ざ"と ギョーザの“ザ"が

奇跡的に同じなので 面白い!」
いや おもんないわ!

何が
「奇跡に同じなので 面白い」や。

うわっ 俺 大丈夫?
こんな「面白い」って言って。

(陣内)「返事待ってます」
佐藤さん… 覚えてないな。

返信… あっ きてる。

(佐藤さん)「陣内君は面白いね」
だいぶ気ぃ使ってくれてるな。

(佐藤さん)
「私は 面白い事とか苦手やけど

頑張って
プロフィール書いてみます」

「佐藤ゆかり」
佐藤ゆかりちゃん。

(佐藤さん)「誕生日は
今から約11年前生まれ」

いや ざっくりしてるな。

(佐藤さん)
「血液型は お母さんと一緒」

いや お母さんわからんから
わからへんやん。

(佐藤さん)「星座は30分もしたら
足がしびれてきます」

こっちの方が 全然面白いやん!

クオリティ
めちゃめちゃ高いやん!

ゆかりちゃん だいぶ面白いよ
これ。

俺 ボロ負けやで! 大丈夫か?

(陣内)「佐藤さんのプロフィール
読みました」

「面白度は はっきり言って
4点です」

偉そうに言うな! お前 0点や!
「ギョーザ!」言うてたから。

(陣内)「特に “星座は30分もしたら
足がしびれてきます"

っていう意味が
一向にわかりません」

なんで わからへんねん!
なんで わからへんねん! お前。

面白い事 考えるの 趣味やろ!

星の星座と 座る正座
かけてんねん 佐藤さんは。

(陣内)「佐藤さんの事
いろいろ知りたいので

好きなタイプとか
教えてください」

えらい積極的やな 俺
佐藤さんに対して。

(佐藤さん)
「私の好きな男の子のタイプは

ちょっと悪そうな人です」

この時期 不良みたいなタイプ
好きになるからな。

(陣内)
「お前の日記 読ませてもらった」

いや 悪なったな!
急に悪なったな! 俺。

今まで「ギョーザ!」言ってたのに
急に悪なった。

(陣内)「最近 廊下 走ってまーす」
なんのアピールや? これ。

(陣内)「注射した日でも
余裕で 風呂入ってまーす」

いやあ ちっちゃい
悪いアピールするな 俺。

(陣内)
「センコウなんかに支配されず

明日 宿題せんと学校行きます」

いや 悪なってる! 急に。
「センコウ」言うてるやん。

いや 宿題せんかったら
先生 怒られるよ。

(佐藤さん)「今日 陣内君
宿題忘れて 先生に怒られてたね」

やっぱり 怒られてるやん
先生に。

(佐藤さん)「これでもか
っていうぐらい泣いてたね」

いや どんだけ泣いたんや!

(佐藤さん)「朝から6時間目まで
ずっと泣いてたね」

いや めちゃめちゃ泣いてるやん!
朝から6時間って

だいぶあるよ 6時間目まで。
めちゃめちゃ泣いてるな 俺。

(佐藤さん)「もう二度と
宿題忘れませんって

泣きながら 200回ぐらい
先生に謝りに行ってたね」

もうええやろ そんな行かんでも。
先生も困るわ。

7~8回で 陣内
来んでええよってなったやろ。

めちゃめちゃ泣くな 俺。
恥ずかしい。

(陣内)「えっと あれは
泣いてたんじゃなくて

ゴミに目が入っただけです」
いや どんな言い訳や!

それを言うなら
「目にゴミが入っただけ」や。

ゴミに目 入ったら
大惨事や こんなもん。

(陣内)「明日は 待ちに待った
ぎょう虫検査!」

えっ?
(陣内)「引っかかるなよ」

ぎょう虫検査
待ちに待ってるの? 俺。

「待ちに待ったぎょう虫検査」
言うてるやん。

何を楽しみに生きてんねん。

(佐藤さん)
「陣内君 ぎょう虫いたね」

おったんかい! 恥ずかしい!

「引っかかんなよ」
って言うてたやん。

ぎょう虫おったん? 俺。
めちゃめちゃ恥ずかしいな。

(佐藤さん)
「もう二度と ぎょう虫検査

引っかかりませんって
泣きながら

200回ぐらい
先生に謝りに行ってたね」

いや 先生に謝っても
しゃあないやろ。

いや 陣内 これ 俺に言われても
知らんわって 先生なったやろ。

いや めちゃめちゃ
謝りに行くな 俺。

(陣内)「えっと あれは
ぎょう虫がいたんじゃなくて

お尻に虫が入っただけです」

いや それがぎょう虫や。

それが… お尻に虫が入ってるのが
ぎょう虫言うねや。

(陣内)「そんな事より
最近 佐藤さん 元気ないね」

あっ そうなん?
(陣内)「僕でよかったら

話してください」
ええ関係になってきてるやん。

なんかあったんかな?

(佐藤さん)「実は最近
お父さんとお母さんが

けんかばかりしています」

「離婚するかもしれません。
陣内君 私 どうしたらいい?」

ああ 多感な時期やからなあ。

まあ こんな相談されるって
えらい親密になってきてるな。

へえー すごいな。

(陣内)「今日プラモデルを買いました!」
いや 相談乗ったれ!

相談乗ったれよ! お前。
お父さんとお母さん

離婚するかもしれません
言うてんねや お前。

相談乗ったれ! ちゃんと。

(陣内)「お父さんとお母さんと
仲良く作りました」

デリカシーないな!
一番言うたらアカンやろ

「お父さんとお母さんと
仲良く作った」って。

最悪やな 俺。

うわっ ない! ここから
佐藤さんからの返信。

最悪やな 俺は。

うわっ 佐藤ゆかりさん
元気にしてるかな?

申し訳ないな。 うわっ
こんなん知らんかったな。

えっ ちょっと待って。
こんな… テープある。

「30年後の僕へ」

あっ なんか
俺 部屋にこもって

1人で なんか
自分に対して しゃべってたな。

「30年後の僕へ」

ちょっと聞いてみよう。
全然覚えてない。

何言ってたんやろ。 再生と。

(陣内)「あっ あっ あっ…」
言うてる。

(陣内)「30年後の僕へ」

「6年1組 陣内智則」
1年後や。

(陣内)「下から読んだら
りのもと いなんじ」

どんだけ好きやねん!
どんだけ下から読んでんねん。

何がおもろいねん! それ。

(陣内)
「えっと 僕には夢があります」

「30年後 僕は
プロ野球選手になってて…」

ああ なってないわ。

(陣内)「阪神の4番バッターで
通算打率は2割2分で

ホームラン4本
打ってると思います」

クビや! そんな選手。
すぐクビや!

2割2分の4本やったら
通算が。

(陣内)「それかパイロットになってて…」
ごめん パイロットなってない。

(陣内)「大阪~新大阪間を
飛び回ってると思います」

邪魔や! 邪魔や 上空。
あんなもん

電車で2分ぐらいで行けるわ。
邪魔や!

(陣内)「きっと 30年後の日本は
僕の予想では

もっと
便利な時代になってると思う」

それは当たってるな。

(陣内)「電話とかも
今は黒い大きい電話やけど

30年後には もっと小さくなって
すごい薄くて

スマートな電話になってて…」
えっ すごいな! 俺。

(陣内)
「なんか 名前も みんなから

“ウスホ"と呼ばれてると思う」

いや 惜しい!
惜しい! スマホやねん。

ウスホ… だいぶ近付いてるよ 俺。
すごいな。

(陣内)「最後に
卒業アルバムでも見ながら

昔を思い出してください」
なんか ええか

こういう時に こう
ノスタルジックになるのもな。

あっ… 卒業アルバムなんか
卒業して以来 見てないもんな。

35年ぶりか。
ええー ちょっと見てみよう。

俺 1組やったよな。

うわー 懐かしい。
ああ これが俺か。

ああ 可愛いな。 小6やもんな。
みんな元気にしてるかな?

でも 俺 自分のクラスしか
見た事なかったな。

あれ? 2組とか 誰おったっけ?
2組 見てみよう。

休みすぎや! 2組。
2組 休んだな!

他の日 撮ってあげたら?
2人しか来てへんよ 2組。

こんな事あるの?
3組 誰おったっけ?

多いな!
ギュウギュウやな 3組。

もうちょっと
バランス良く分けてあげて。

4組 誰おったっけ?

4組 遠い!
4組 可哀想。 全然遠い。

5組 誰おったっけ?

5組の子 古っ!

(拍手)

ああ 面白い。

声が 陣内さんの時と
陣内さんじゃない時があるでしょ。

そうですね。 基本は 最初
ずっと 僕でやってたんですけど

やっぱり 僕1人じゃ… ねえ
声色も変えられへんし そこまで。

昔は だから
芸人にやってもらってたの。

サバンナ高橋に
「ちょっと これ読んで」とか

フットの岩尾
「ちょっと これ読んで」とか

なんか 結構
芸人にやってもらってたけど

そこから そういうプロの人に
頼むようになったりとか

ありましたね。
大変じゃないですか?

自分のニュアンスを 人に言って
こう言ってもらうって

結構大変じゃないですか。

ええー! マジっすか。
やっぱりね 言えない。

可哀想じゃないですか それ。

〈では 切れ味質問にいきますね〉

〈過去に…〉

あんまり 僕の口から言うのも
あれやけど やっぱり その…

イメージが… やっぱり
離婚っていうのが もう

すぐ バーンってきてたじゃない…
その時期なんですよ。

♬~ What? カップヌードル 辛 麺

♬~ は? new カップヌードル

♬~ え? 辛、 辛麺 yeah

♬~ 旨くて辛い 旨い 辛い

♬~ 唐辛子 good お腹 グー グー

♬~ 旨くて辛い 旨い 辛い 旨い

♬~ は? new カップヌードル

♬~ え? 辛、 辛麺 yeah 旨くて辛い

<ぶっかけ焙煎唐辛子 入り。
旨み6 辛さ4 これぞ旨辛 新定番>

<「カップヌードル 辛麺」登場!
他のも よろしく>

〈2011年の
韓国でのライブを皮切りに

ラスベガス ロサンゼルスでの
ライブを

成功させた陣内〉

〈なぜ 海外公演を
するようになったのか?〉

あんまり 僕の口から言うのも
あれやけど やっぱり その…

イメージが… やっぱり
離婚っていうのが もう

すぐ バーンってきてたじゃない…
その時期なんですよ。

韓国行ったのも
本当 その やっぱり…。

ほんで やっぱ なんか
俺 せなアカンよなって。 で…。

みんな 映画 作ったりとか
本 書いたりとか。

俺が唯一できるのって
やっぱり このわかりやすさを

一応 心がけて作ってきた
老若男女… ってなった時に

世界… 海外に行こうと。

なんかね そういう…。

その10人のうちの2人が
僕と こいつだったんです。

(柴田)ええー!
再会を遂げるんだ そこで。

しかも 僕 遅刻しちゃって。
ええー すごい。

〈次週
バイきんぐだけスペシャル〉

〈実は
バイきんぐの人生を変えた?〉

〈錦鯉が参戦〉

〈キングオブコントの裏側も〉

(小峠)面白いですって言って

それで
よし やろうってなったネタ…。