遠くへ行きたい「純烈・酒井一圭が岡山へ!驚き桃尻グラス&名物かくし寿司」[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

遠くへ行きたい「純烈・酒井一圭が岡山へ!驚き桃尻グラス&名物かくし寿司」[解][字]

今回は純烈の酒井一圭が桃太郎の国・岡山へ▽桃の形をした極上ぶどう▽かわいい桃尻グラス▽仰天!木製スーパーカーに試乗▽絶景の大露天風呂▽絶品チーズ&和牛ステーキ!

詳細情報
出演者
酒井一圭(純烈)
番組内容
今回は純烈の酒井一圭が桃太郎の国・岡山を旅する。日本屈指のフルーツ王国・岡山で、桃の形をした極上ぶどうに遭遇し、こだわりの「桃尻グラス」を生み出す工房を訪ねる。真庭市では西の横綱といわれる大スケールの露天風呂「湯原温泉・砂湯」につかり、蒜山高原でとろけるチーズフォンデュと和牛ステーキを堪能!世界が注目する仰天の木製スーパーカーに試乗し、岡山名物「かくし寿司」の美食へのこだわりに感動します!
音楽
【テーマ曲】
「遠くへ行きたい」
歌手:森山直太朗
作詞:永六輔
作曲:中村八大
制作
ytv
テレビマンユニオン
番組ホームページ
★https://www.ytv.co.jp/tohku
★http://www.to-ku.com
★ツイッター&フェイスブック&インスタグラムでも情報発信中!
取材地
岡山~湯原温泉~蒜山(ひるぜん)高原

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 桃太郎
  2. 純烈
  3. 岡山
  4. 岡山県
  5. 酒井一圭
  6. 祝詞奏上
  7. ホンマ
  8. マジ
  9. 横綱
  10. 桃尻グラス
  11. ダム
  12. チーズ
  13. ハハハ
  14. ホント
  15. リーダー
  16. 家具屋
  17. 真庭市
  18. 早速
  19. 挑戦
  20. 日本一

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥740 (2021/09/25 19:42:01時点 Amazon調べ-詳細)

(酒井一圭) 出た出た出た出た。

桃太郎です。

猿 犬 キジ 桃太郎 書いてある。

いやぁ やって来ましたよ。

純烈・リーダー
酒井一圭でございます。

今回は 岡山県ということで。

行きたいと思います。

ホッ!

<日本一の桃太郎は
純烈にとって憧れの的>

<その人気にあやかろうと

吉備の国
岡山にやって来ました>

<チーム桃太郎の力の源
きびだんごをいただきます>

実は…。

『紅白歌合戦』これを鬼退治と
なぞらえるのもあれですけど

まぁ その…。

何か 一緒に…。

そういう感覚は すごいあります。

だから 何かね…。

お待たせしました。
お~ ありがとうございます。

<来ました きびだんご>

<きびだんごといえば

もち米と
きびの粉を蒸したもの>

<しかし このお店では

油でカラっと ひと揚げし

食感を
ガラリと変えてあるそうです>

いただきます。

<揚げたてきびだんごの味は?>

熱っ!

外サクサクの 中モチモチの。

おいしい。

めちゃくちゃうまい!
ありがとうございます。

アハハ!
これは 鬼ヶ島 行ってしまうわ。

<桃太郎の国へ どんぶらこ>

<純烈・酒井一圭の
遠くへ行きた~い!>

♬~ 知らない街を 歩いてみたい

ぶどうやけど
桃みたいな割れ目がある。

<なんと…>

<その味やいかに?>

うわうわうわ ホンマ。

<こだわりぬかれた色と手触り>

<桃尻グラスが かわいい>

<ダムの直下に湧き出す
露天風呂の横綱に

いざ 入浴>

あ~。

<ジャージーミルクの
チーズフォンデュに舌鼓>

<世界唯一の木製スーパーカーに
試乗します>

<…に ビックリ仰天!>

<日本一の桃太郎にあやかって

ひと夏の大冒険!>

<岡山県といえば
日本屈指のフルーツ王国>

<桃畑を見に来れば
貯水タンクまで桃>

<さすが 桃太郎の国ですね>

<辺りは
おいしそうな桃が鈴なりです>

うわ~ 桃。

そう! そこの…。

<桃農家さんから
いきなりのお裾分け>

すごいね こんなとこで…。

うわ~ うれしい!

<次々と
お友達が集まって来ました>

お嫁に来て。
みんな来たんよ お嫁に。

桃なんか
つくったことなかったのにな

主人がしよるから
しょうがないがんな。

こんな画ある?

<皆さん 大歓迎ありがとう>

<幸先のいい
旅のスタートが切れました>

<実は
岡山県には桃じゃないのに

桃太郎の名の付いた
極上フルーツまであるとか>

<早速 農園へ>

あっ すごい 透けて見えるけど。

失礼します。
≪はい≫

入ってよろしいですか?
≪はい どうぞ≫

おっ!
いきなり いきなり ぶどうが。

これが?
(西崎さん) 桃太郎です。

桃太郎ぶどうなんですか。
そうです。

収穫されてないぶどう
初めてですけど

これ…。

へぇ~。

<まさに衝撃!>

<ぶどうの一粒一粒が
桃の形をしています>

うわ~ すごい。

そんなぶどうなんや。

<品種は 瀬戸ジャイアンツ>

<生産組合の管理の下

糖度16度を超えたものだけが
「桃太郎ぶどう」を名乗れます>

<種なしで
丸ごと食べられるのが特徴>

これ?

皆さん聞きました?
こっちが濃い。

では 1つ 行きます。

<手に取ると1粒が
ゴルフボールほどの大きさ>

まんま行っちゃっていいんですか。
(西崎さん)行っちゃってください。

すごい… 行きます。

う~!

甘っ!

ブリッブリですね 実も。

実のブリブリ感と あと甘さ。

あとはその食べた時の軽さ
っていうか…。

すごいわ。

<東京では
なんと1房1万円を超えるそう>

ヤベェ…。

僕やったら
これか これ取りますよ。

もうそんな…映さなかったら
いいだけなんで大丈夫です。

ありがとうございます。
もうちょっと大きいほうが…。

そんなできない できない。

<岡山の農家さんは
みんな優しい>

<桃太郎ぶどう 最高でした!>

<JR津山線で
岡山市の北東に広がる

赤磐市へ向かいます>

<ここには
桃太郎ぶどうともまた違う

驚きの桃をつくる方が
いるんです>

住宅地ですよね ここ。

桃がつくられてるっていうイメージは
全くないんですけどね。

え~? ホント?

こんにちは。

(堀口さん) そうですね。

あっ そういう桃。

お尻を観賞する感じです。
うわ すごい。

超高級桃。

確かに ええお尻ですね。

ハハハ…。

<まさか
桃尻グラスとは驚きました>

<しかし この桃

本物と見まごうばかりの
肌合いや手触り>

<それをガラスで表現するのは
至難の業だといいます>

色ガラスを…。

…というか
ふわっとした色にしたくて。

これを何回も…。

おっ ピンク。

<2色の色ガラスをにじませ

実物の桃に似せて行くそう>

うわ デカくなってる。

コーティングするんだ。

<コーティングが終われば
一気に空気を吹き込みます>

うわ~!

さぁ いよいよ。

よいしょ。

おおお! ホンマや。

おもろ!

全部フリーハンドなんで
緊張しながら。 へぇ~。

入れて行ってます。

<形も色も いい感じです>

出来て冷めた分が
これになるんですよ。

そうなんですよ。

マジ?

これ すごいよ。

<茶道では
器の裏側まで愛でるのが作法>

<それに感銘を受け
桃尻グラスにも

ひと工夫を凝らしたそうです>

<その答えが こちら>

<飲む姿の この愛らしさ>

いいですね~。

<そして さらに>

これ。

これが かわいいのよ。

これ 純烈マダムとか

このかわいさが
めちゃ好きやねん。

こういう感じ。

<少し触れれば お尻フリフリ>

<この桃尻グラス
かわい過ぎます!>

<次は岡山が誇る
絶景の露天風呂に入浴>

うわ あぁ あ~。

<純烈・酒井一圭の岡山県の旅>

<真庭市にやって来ました>

<ここに全国露天風呂番付で
西の横綱に選ばれた

湯原温泉があるんです>

<銭湯アイドル
純烈・リーダーとして

どうしても訪ねなければ>

ものすごい
ええ感じの空気ですよ。

町全体が。

ちょっとお尋ねしたいんですけど。

(高橋さん) そうなんです。

うわわわ…。

ダム?

…といわれています。

自然にあふれて 開放的で。

確かに…。

はい そうなんです。

<ダムが見下ろす川辺に湧く

湯原温泉 砂湯>

<このスケール感
まさに横綱の風格です>

<それでは いざ 入浴>

うわ あぁ あ~。

気持ちいい。

このお湯と…。

すごい。

<全国的にも珍しい
足元湧出という二重の贅沢>

いや
ついに 純烈・リーダーとして

たどり着いたなと思いますね。

このお湯の中と 今 出てる所

あと こう お湯行った後

この風
これが よそにないんですよ。

もう…。

神ってるよね これホンマ。

すごい。

<露天風呂の西の横綱を制覇!>

<銭湯アイドルとして
冥利に尽きる入浴体験でした>

<ごっつあんです!>

<最高の湯につかった後は
すがすがしい風景を求めて

鳥取県境にある
蒜山高原にやって来ました>

<ここは広大な草原を生かした

全国屈指のジャージー牛の産地>

めっちゃいますね。
はい ここの牛舎で今

130頭ぐらいいますね。
130頭。

うわ すごい!

<牛舎の中には
成長を待つ子牛がズラリ>

<そして
親牛が野に放牧されています>

この広さとこの傾斜が。
そうですね。

いい運動になってるんですね。
はい。

<ジャージー牛のミルクは

イギリス王室でも
愛用される逸品>

<脂肪分やタンパク質
ビタミンなどの

栄養価が高いことで
知られています>

<ここ ジャージーランドでは

そんな贅沢な牛乳を使って

国産ゴーダチーズが
つくられています>

<熟成を終えたゴーダチーズを
たっぷりと溶かし込んだ

レストランいち押しのメニューが
このチーズフォンデュ>

<早速 いただきましょう>

僕 テレビでしか見たことないの。

これ もう そのまま?

このままグッといいですか?
(大江さん) はい。

落とさないように。

めっちゃ熱いんちゃう?

めっちゃ湯気出てる。

多分 もう冷めてると思います。

ホントだ 冷めてる。

うまっ。

難しいチーズっていうか
外国のチーズやと

癖があり過ぎてっていう。
匂いとか強いですね。

これは全然そんなことない
バクバク 子供も食べると思う。

ありがとうございます。

<続いては…>

<…が お出まし>

これ絶対おいしいもん こんな。

いただきます
ありがとうございます。

すげぇ…。
(大江さん) アハっ。

えっ… こんなうまいの?

はぁ… うまっ!

結構 栄養価が高いですので。

ちょっと忘れられへん
ひと口目が。

<そして次は
夢のコラボレーション!>

ジャージー&ジャージー。

これは…。

う~ん。

これ でも やっぱり

チーズが
めちゃくちゃうまいんやわ。

ちょっと抜けてうまいと思うよ
これ。

いやぁ…これはうまかったわ。
ありがとうございます。

<真庭市が誇る名所
神庭の滝にやって来ました>

遊んでる 遊んでる。

<野生の猿に遭遇>

こんなんやってる。

うわ~ かわいいな あのコ。

<この辺りで暮らす群れで
よく水遊びに来るんだそうです>

<桃太郎の世界に迷い込んだ
ような猿との出合いと

この清涼感に癒やされました>

<豊かな里山の広がる真庭市は

林業が盛んな所>

<木材に関するスペシャリストが
多く暮らしています>

<そんな中 小さな会社ながらも

技術と発想で日本一を目指す
家具屋さんがあると聞きました>

佐田建美 ここや。

へぇ~。

もしや?

だって 動くってこと? これ。

<目に飛び込んで来たのは
なんと

木でつくられたスーパーカー>

<家具屋さんなのに これって?>

ええ もう ホントに…。

世界初! すげぇ ハハハ!

全部 木で出来ていて。

ホイールも見てください。

<合わせ木という技で

路面からの衝撃を
吸収しています>

ポリシーでして。

何でも つくろうと。

ちなみに…。
うわわわ!

こうやって 上がるの。

これで。
(エンジン音)

マジ?

<175cc
最高時速は100キロ>

<高速道路も走れるそうです>

<佐田建美は
そもそも 組子という

日本伝統の技を得意とする
家具屋さん>

<この繊細な技術と

海外から学んだ大胆な発想を
組み合わせ

これまでにない
製品づくりに挑戦>

<数々の賞に輝いています>

はい。

ここに
実はシンクを入れたんです。

はい ハハハ…。

それから…。

で これを押さえると…。

あら。

これで もう…。

つくるものについては…。

それで
みんなに反対されながら…。

じゃあ…。

…というのが発想なんです。
なるほど。

<佐田建美自慢の
木製スーパーカーに

乗せていただきます>

おっ ホホ…。

何か ホンマ!?

すげぇ。

<木の可能性に懸ける
佐田さんの夢の結晶>

<体に受ける風が心地いい~!>

<純烈も もっともっと

新しい挑戦を続けなくては>

<岡山の市街地に
帰って来ました>

<その目的は かくし寿司という

岡山を代表する郷土料理>

<瀬戸内の魚介を使った

豪華絢爛な料理とのこと>

<早速 いただきます>

<酒井一圭の岡山県の旅>

<岡山の豪華絢爛な郷土料理

かくし寿司をいただきます>

どうぞ。
ありがとうございます。

え? え?

何か イメージと全然違う。

マジ?
開けていただきまして。

それで
フタを開けてみてください。

底のほうに…。
ちょっと待って こんな豪華なの?

しっかり。
めっちゃおもろい。

実は…。

…という伝説からですね。

お殿様には卵しか
食べてないですよってやって。

<このお店では 逸話に倣い

遊び心たっぷりの工夫を
凝らしたそうです>

白身魚ですので
煎り酒と申しまして

日本酒と梅干しでつくった

江戸時代では
お醤油代わりに使われてたと。

あっ。
少し さっぱりと

召し上がれると思います。

マグロはお醤油のほうがいい?
はい お醤油のほうで。

お造りのお醤油。

でも 殿様が言ったことを

隠れて聞かないっていうのは…。

そうですね。

私…。

そうなんですね。

その母の血を私 継いでるんで。

これは 私の…。

父はスラっとしてますから
大阪のほうは。

<僕のルーツを1つ
悟ってしまいました>

<いよいよ 旅もクライマックス>

<桃太郎のモデルになった
神様と鬼を祭る

吉備津神社にやって来ました>

<実は僕 ここでやりたい

重要なミッションがあるんです>

<長い回廊の先に現れた…>

<ここで 桃太郎伝説にちなんだ

鳴釜神事を行っていただきます>

(上西さん)
…といういわれがありまして。
えっ! ここに?

…のお知らせというふうに
いわれておりまして。

鳴らないこともあるんですか?
(上西さん) もちろん ございます。

えっ… マジ。

<神事が始まりました>

<僕が占ってもらうのは

今後ますます
純烈が活躍すること>

(祝詞奏上)

<純烈の ますますの活躍を占う

神事が始まりました>

(祝詞奏上)

(祝詞奏上)

(うなり声のような音)
(祝詞奏上)

<お釜から
うなり声が聞こえて来ました>

<吉報です>

(うなり声のような音)
(祝詞奏上)

<御釜殿に響き渡る
力強い鬼の声は

まるで 僕たちを

叱咤激励してくれているように
感じました>

鬼 ありがとう。

<桃太郎の国を巡った今回の旅>

<挑戦を続ける大切さと
楽しさを学びました>

<ただただ感謝>