日曜日の初耳学【ムロツヨシが大暴れ!挫折連続の俳優人生&ムロ流~愛され術】[字] …の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

日曜日の初耳学【ムロツヨシが大暴れ!挫折連続の俳優人生&ムロ流~愛され術】[字]

明るさ裏にあった…両親離婚の幼少期&役者をやめようと思った過去&奇跡の朝ドラ抜擢の舞台裏まで全てを語り尽くす▼松丸亮吾がコロナ禍に役立つ『最新映像技術』を調査

出演者
【MC】 林修・大政絢 【ゲスト(50音順)】 赤ペン瀧川 石井亮次 小池美波(櫻坂46) 澤部佑(ハライチ) 高橋真麻 中島健人(Sexy Zone) 【VTR出演(50音順)】 松丸亮吾 ムロツヨシ
番組内容
【インタビュアー林修◆ムロツヨシ】 癖のあるコミカルな役から王道のラブストーリーまで、その明るくポジティブなキャラクターで誰からも愛されるムロツヨシ。2013年NHK朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』で一気に全国で知られるようになるも、その道のりは挫折の連続だった…。 ムロはいったいどうやってここまで辿り着いたのか?“嫌われても決してあきらめない”ムロ流・愛され術の極意とは?
番組内容2
【初耳ハンター◆最新映像技術】 新宿駅前の街頭ビジョンに出現し大きな話題となった巨大三毛猫の3D映像など、我々の想像を超えて進化し続ける映像技術の世界。 今回は、コロナ禍を救う3D映像技術や、触った感触まで再現できる驚きの3D映像、さらに、数百キロの高速で動くものにも投影できる最新プロジェクションマッピング技術など、実用化が進む最新映像技術を松丸亮吾が体験する。
◎この番組は…
いま知っておくべき話題のトレンドを物知りな林先生とやさしく掘り下げ、日曜の夜をちょっとだけ元気にするバラエティ番組。対談コーナー「インタビュア林修」や、気になるワードから今話題のトレンドを紐解く「初耳トレンディ」などをお届けする!
公式SNS
【番組HP】 http://www.mbs.jp/mimi/ 【ツイッター】 @hatsumimigaku https://twitter.com/hatsumimigaku #初耳学 【インスタグラム】 @hatsumimigaku https://www.instagram.com/hatsumimigaku/
おことわり
番組の内容と放送時間は変更になる可能性があります。

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – その他
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ホント
  2. ムロ
  3. 映像
  4. 澤部
  5. 自分
  6. 中島
  7. 空中
  8. 先生
  9. ムロツヨシ
  10. 作品
  11. 松丸
  12. 映像技術
  13. 技術
  14. 最初
  15. 出演
  16. 絶対
  17. 前川
  18. 全部
  19. 本広
  20. コロナ禍

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



TBS
created by Rinker
ノーブランド品

(ナレーション)大反響…。

(林)
今日は よろしくお願いします。

(ムロ)どうぞ
よろしくお願いいたします。

あぁ ムロさん。

チョヒャド。

35歳のとき…。

…に出演。

…を演じ 注目を集めた。

そして。

お前は私の生き方に
文句あるのか…!

…では エキセントリックな
天才建築家 竹元教授を熱演。

を演じることの多かった
ムロだが…。

真司のこと忘れちゃうけど いい?

いいよ。

『大恋愛』で
王道のラブストーリーに挑戦。

(中島)ギャップが
よかったですよね。

結婚してくれる?

誓います。

相手役の戸田恵梨香を
健気に支える小説家を演じ

新境地を切り開いた。

カッコいいんだよな。

明るくポジティブ。

誰からも愛される
唯一無二の役者 ムロツヨシ。

もう ホント お忙しい中。
全然… 忙しくないですよ。

実は…。

あれ?
(大政)あれ?

僕 ちょうど そのね とある…。

で そのときの パネラー…。

そうです そうです!

あのとき いらっしゃいましたね。
そうです。

『世界は言葉でできている』
っていう番組なんですけど。

僕 あれ もう…。

いやいやいや! いやいやいや。

あれ以来だと思うんですよ
先生とお会いするの 林先生と。

お久しぶりでございます。
すいません 話 それました。

やっぱ こういうふうにね…。

あっ なるほど。

できるだけ最初に。

そうそうたる俳優から
お笑い芸人まで

幅広い交友関係を持ち

誰からも好かれる役者
ムロツヨシ。

まず 林 修が切り込んだのは
そんな…。

そこには 誰にでも役立つ…。

ムロならではのやり方があった。

たぶん 今 その話でいうと…。

20代があったんですよ。
なるほどね。

絶対 話してなくても…。

「全然 話せなくて」
って言ったら…。

…って話になるんですよ。

仲よく。

誰かに…。

そしたら…。

だから…。

人によっては…。

まぁ その…。

…で いってますよっていう。

…っていうくらいなことを
言い返して。

それで また
そういうことを言って…。

まぁ 何というんですか あの…。

…ということは やってましたね。

ホントに。

嫌われたくないんですか?
嫌われたくないです ホントに。

だって せっかく会ったなら…。

僕は ホントに。

今 しゃべっちゃいましたけど。

でも…。

なかなか そういう方
いらっしゃらないと思いますよ。

そうなんですかね?

結構 ホントに。

もう
そうやって言ってくれたら…。

役者界で ホントに。
そういうふうに言われたら…。

すごい。
(中島)すごいポジティブ。

でも ホントに…。

あります あります でも…。

…って 分かるんですよ
伝わるんですよ。

はぁ~ そういう。

気を付けてください 皆さん
ホントに。

懐に飛び込む。

これが…。

(澤部)そのときに
俺と渡辺直美ちゃんと

あと 岡田将生
4人で飯行って。

で 俺と 直美ちゃんも ちょっと
人見知りだったりするので…。

みんな 熱海旅行 行こうか
って話になって。

それが 一発の飯会で。

俺が あそこまで
引っ張られたこと。

(中島)すごいですね。

全く…。

今のところ
受けてるわけですけど。

まず…。

…っていうふうに思ったんですね。

ある人は…。

ある人は…。

ある人は…。

その人たちに…。

まぁ すごい
ネガティブで面白い方も

すごい
いらっしゃると思うんですよね。

僕は…。

…した結果なんですけどもね。

数学科を選ばれただけあって

そういったところ
きちんと計算されて。

そう まぁ 計算… そうですね。

まぁ そうするしかなかった
っていうのが。

本当は…。

意外な告白をした
ムロツヨシ。

では ポジティブな自分を
見せるようになった原点は

何なのか?

林 修が切り込む。

この本を拝読すると
この最初のほうの。

まぁ エッセイ風なんですけど…。

ありがとうございます
読んでいただいて。

はい そうです あの…。

とすると…。

そうですね あの~ そう。

子供ながら 「えっ?」。

…って はぁ~ってなって。

ムロツヨシが…。

父親が
親権を取ったにもかかわらず…。

その後…。

でもね…。

好きなように生きる。

そうなんです。

まぁ ご事情があって で…。

そうですね。

開き直ったと。
あのころからですかね…。

…って すごい言いだす
わざと言うときがあって。

っていうのは でも その…。

やっぱり 預けられてからは
今 考えると。

それが…。

…っていうのは
どっかで思ってたんですよね。

あれ 大っ嫌いなんですよ
あの 何か…。

この人たちの…。

もちろん DVは
よくないと思うんですけど…。

逆に。

…って言わないと
その例も作んないと。

そうですよね。
もう~ 絶対 嫌なんですよ。

そうですよね だから…。

そうですね。

(澤部)すごいな。

だから 最初のころは…。

…って言われたときもあった
友人からも。

言う必要ないっていう判断も
成り立ちますもんね。

これ 不幸自慢なのかな?
で まぁ…。

…っていう人も いるよっていう。

だって もう 戻らないですからね
親は変わらないわけだから。

実の親に
育てられていなくても…。

ムロツヨシの明るさ…。

そんなムロは…。

チョヒャド。

しかし…。

実は 役者としては遅咲き。

15年以上にわたる
長い下積み時代は 挫折の連続。

まさに暗黒期だったという。

具体的に…。

まずは だから もう
あのころって やっぱ

年も 年齢もあるし
時代もあるんですよ。

…だと思ってたんです
叶える側の人間だと。

だから どっかで…。

こうやって やって…。

…って言われるもんだと
思ってたんですよね。

だから もう すごい…。

そうなんですか。

なるほど。

そうですね。

…になりたいんですよ
知られてて。

…だと 今でも思っていて。

…って 今 あがいているとこだと
思うんですけど。

ここにも書かれてますけれども。

テレビで そんなこと…。

先生 そういうこと書いてないよ!
先生 ウソだよ それは。

ダメだよ。

ホントに… 見ちゃったよ。

俺も こういうふうになりたいと
思って…。

ダメだよ 先生!

失礼しました。

養成所に通っても なかなか…。

それが…。

そうです
ホントに劇場に行って…。

書いて。

ほう で それ…。

『ある一人の青年』 ほうほう。
何か文学的なね ちょっとね。

びっくりするぐらい。

確か。

だから…。

その舞台を見に行った
当時のバイト仲間

角田さんに感想を聞いてみると。

すげぇ! チラシ持ってる。

(スタッフ)まだ 持ってらっしゃる。
(角田さん)これ あったんですよ。

また…。

でも パンフレット…。

そうですねぇ。

そうなんですか。

ホントに 角田さんが
おっしゃるとおり もう…。

ホントに…。

長いやつ ずっと続くんですか?
そうですよ。

みんな 30分すぎから
もう もう…。

いや もう みんなね もう
こうやって もう…。

ホントに こう 時間をね。

さぁ これ…。

いや 下積みっていうか
まぁ あの…。

やりたいって言って 野球の実況を
ずっとやってたんですけども。

周りの情景描写に
気を取られ過ぎて…。

…っていう
痛恨のミスを。

(笑い)

(石井)それ以来 クビになって。

(澤部)ちゃんと…。

(瀧川)あったまってるなぁ。

ムロは 1人舞台の失敗が
トラウマになり

その日から
舞台に立つことはおろか…。

そのとき。

…と思ったんですよ
泣けてきて。

そんな…。

さっき言った…。

…のもあるんですけど。

ふられたっていうより…。

…って思って。

自分が。

…って言ってくれたんですね
自分が 「全部 捨ててください」。

図りましたね。

こうやって やって…。

…って言われるもんだと
思ってたんですよね。

それまでの…。

ムロツヨシ。

その結果。

お前は私の生き方に
文句あるのか…!

朝ドラや 大ヒットドラマへの
出演を果たすことになるのだが。

死ぬまで大事にします。

一体 自分を
どう変えて成功したのか?

そこには…。

…があった。

具体的に
どう行動されたんですか?

その後…。

つながるんです。

なるほど。

今は難しくなりましたけど…。

…もあったりするんですよね
演劇ってね。

まぁ 気に入ってくれた
というよりは…。

本広さんか。

もう すぐ そのときの…。

もう 行き方 違うから。

もう 誰に 何 言われてもいいから
共演者とかに。

たぶん…。

それで 名前を
しっかり覚えていただいて。

そうですね 隣で ずっと
嫌われるまで言って。

で…。

そこで決まりました。

待ちの姿勢を変えたムロは

「出してください
出してください」と…。

そして それが…。

…へと つながる。

その作品が…。

…ってことは これ すごいよ。

昨日に行って
壊れる前のリモコンを取ってくる。

で…。

まさか 俺…。

(中島)すげぇ。

もう びっくりして。

伺いたいですね。

電話 鳴らない。

その都度…。

全部の作品に。

で 意図的なのかどうかは

ご本人に聞かなきゃ
分かんないですけど…。

最終的には出てるかどうか
分かんない役までいったんですよ。

最後が『少林少女』かな。

しなきゃいけない
っていうことで…。

あるときは…。

人と同じ…。

戻ってしまう。

そこで 覚悟を決め…。

すると そんな…。

現れる。

今度は 「こいつ…」。

それで いよいよ 福田組の。
そうなんです。

役が小さくなってた
本広さんには…。

って言われて もう…。

ときに 今度は 福田さんが…。

正反対のことを?
正反対のこと。

こう だから…。

本広さん それを見てくれてたの
かもしれないんですけど。

今度 助走は…。

スパ~!って
いかせてくれたのが…。

…っていう
ドラマだったんですけど。

人の鼻の穴を上に向ける
ハナブーという呪文だ。

ブレイクのきっかけとなった

福田監督の
『勇者ヨシヒコ』シリーズ。

ムロは このとき 35歳。

あっ こぼれた こぼれた。

そして この作品を機に

次々と話題作への出演を
果たしていくのだが。

実は この日
『初耳学』の収録の後に

別の仕事が入っているムロ。

…と 現在に至るまでの
成功をひもとくのに

残された…。

(中島)何とかして!
(澤部)何だ これ。

と思って さっきから…。

…って指令が出ているんですよ。
残り20分? はいはい。

その中で この…。

(澤部)ひどいインタビュアー!

(澤部)
めちゃくちゃなインタビュアー。

先生! いやいや いやいやいや
言ったじゃない。

ホントに申し訳ないです。
駆け足でやります?

あのね 今日 たぶん 皆さん…。

はい。

随分 後です。

誤解しないでください。

だとしたら
ずっと しゃべりますよ!

電源 落とすなよって
言いますよ それは。

(澤部)仕事あるから。

…となったムロ。

そして 自分の…。

…と つながる。

…ことになりますし。

それも…。

「主役も いきるから」って…。

(一同)えぇ~!

(妻)どうした?
(夫)早く帰ってきてください。

シャンプーしてたら 後ろに気配が…。

そういうときあるから。

≪(猫の鳴き声)ニャーオ!

何かいる! 早く帰ってきてください!

無理だよ メキシコだし。

いつ帰ってきますか?
あした? あした? あしたとか?

No te preocupes!

え? ねぇ ちょっと…。
<部屋があなたを守ります>

<セキュリティ賃貸住宅 「D-room」>
おかえりなさい。

ニャーオ!
ひぃ!

ふふっ。 ただいま。
<見学会やります>

自分の好きな芝居を
やり続けたムロ。

そして それが
あの名作に つながる。

それも…。

「主役も いきるから」って
ふざけて やった…。

えぇ~!

ホンットに びっくりする
あの人たち。

絶対 遠いとこですよ。

変態 出してはいけない番組…。

とい とい とい! といだぞ!

『変態仮面』が きっかけとなり…。

ムロは…。

知られるようになったのだ。

朝ドラも…。

自信がありますって。

でも ホントに 近藤正臣さんと
ご一緒したんですよ。

ずっと…。

でも そこは大きかったですね。

だから 好きなことやってるほうが
嫌われることも多いけど

見てくれる人も多いっていうのも
分かった日で。

でも ここで 福田監督が

ムロさんのこと
おっしゃってますけど…。

だから
好きなことやってっていうと…。

…があったように
僕は印象を受けたんですけど。

だとは思いますが…。

こういうとこでも 「あそこで…」。

絶対…。

それは ないと やっぱり…。

ホントは でも…。

…とは
よく 佐藤二朗さんと話します。

(澤部)なるほどね。

どの作品でも 「好きな芝居」を

好き勝手に
やっているわけではないが…。

見せなければ…。

これが…。

そんな 人とのつながりを
大切にしたことで

ある名作が誕生したという。

それが。

真司のこと忘れちゃうけど いい?

いいよ。

コミカルな役柄を
演じてきたムロが…。

でも そんなことやって
覚えてくれて…。

そのときに また…。

…って 『大恋愛』っていう
ドラマをやらせていただいた。

実は このキャスティングをした
プロデューサーは

ムロが かつて出演したドラマ
『空飛ぶ広報室』で

当時 ADだった女性。

(一同)へぇ~。

ムロだからこそ この…。

ムロさんが…。

2枚目のシングル
『Lady ダイヤモンド』って曲の…。

(中島)それを…。

(高橋)すごい。
ムロさんが踊ってくれることで…。

ってなって…。

ですが…。

最初のデビュー作の
本広さんが拾ってくれた

『サマータイムマシン・ブルース』
というとこで

そのときには
ラインプロデューサーという。

メインのプロデューサーでなく

ラインプロデューサーとして
やってた方が…。

…という作品なんですけど。

と思うのと 半面 やっぱり…。

…と思って。

演じるのは 妻に先立たれ…。

病に侵された娘を救おうと
奔走する…。

ちょっと…。

それが…。

…っていうところに
まず 自分と。

…じゃないかっていうところも
あったので。

とにかく…。

僕 実は もう 先に
見せていただいたんですけど。

ホントですか
ありがとうございます。

ワイルドな。
何か 変な言い方ですけどね…。

…と思いましたね でもね。

ご自身で そう思われたんですか?
うん。

ホント お話 伺ってると…。

受けたんですけれども…。

今 いろいろ
悩んでる人たちもいるので。

どっちかといえば ちょっと…。

…かもしんないです。

いろんなことを。

けど…。

失敗とかも そうですが。

0にする。

いろんなこと… だから…。

取りあえず まず…。

そこから できること…
っていうふうに お考えに。

これは 大沢たかおさんみたく
映りたいから…。

(澤部)それを言っちゃうんだな。
ハハハ。

お願いしますよ 先生!

まぁ こうね…。

いや~…。

これだけは でも
言っておきたいんですけど

これを引き出す…。

いやいやいや。

ぶっちゃけ力みたいなね そこで
結局 うまいこといくっていう。

じゃあ 僕からも言いますけど
もともと すらっとして…。

決して…。

っていうのを…。

(笑い)
そうなんですか?

演出なんだ 全部。

続いては…。

今 一番気になる現場で
クイズ探し!

今回 松丸亮吾が気になったのは

進化が止まらない…。

(中島)これ すごいですよね。

なんと 今にも…。

これは目を引きますよ。

この猫…。

夜になると…。

そこに実在するかのような
動きをする3D映像なんですが。

…っていうことは
ないんですか? これ。

≪はっちゃけてますね 今日≫

…を取り入れて
立体的に見せている。

この映像を

ある角度から見ると

映像内の外枠に…。

そこで…。

そんな映像技術の最先端の現場に
松丸亮吾が潜入。

1つ目は…。

それが こちらの機械。

(松丸)これ 具体的に
どういう映像装置なんですか?

空中に映像を浮かせる
ことができるという装置です。

空中に映像?

実際に その映像を見てみると。

(松丸)空中に ここにね

たんぽぽのね
葉っぱがあるんですよ ここに。

ここに 今 ほら 僕…。

松丸君の目には

このように…。

浮かんでいるように
見えているのですが

この装置は…。

空中に浮き出て見える仕組み。

そのため 残念ながら…。

では ここで…。

実は この
空中に映像を浮かせる技術が

コロナ禍で役立つと 今 大注目。

えっ…。

一体…。

林先生 お答えください。

みんなが交わしているように
見えるようになる?

(中島)
集まらなくてもってことですね。

実は この映像…。

(松丸)えっ すごい これ。

<この男は 身の丈に合うことを信条として
生きている ごく普通の人間である>

<そんな彼の心の中に
新しい「家」の姿が生まれた>

(松坂)<その「家」は完璧でなくてもいい>
<…と思っている>

<自分と同じように>
<家族と一緒に作る 伸び代のある…>

<そんな「家」がいい>

<家は 生きる場所へ>

この映像技術の何が
コロナ禍を救うんですか?

(前川さん)そうですね さらに
それに センサーを追加することで

空中にある映像を触って
操作するということができます。

すごい じゃあ この
たんぽぽも触れるんですか?

(前川さん)触れます。

中に埋め込まれた…。

(松丸)おぉ!

えっ すごい これ えっ。

このように…。

すごい時代だ。

実は この技術 すでに…。

こちらの…。

さらに こちらの…。

このように 不特定多数の人が
触るものを ちゅうちょする…。

…が集まっています。

ちなみに
今 こうやって触ってて…。

(前川さん)そうですね。

それって 今後
変わってったりするんですか?

超音波等で
触覚を作ってるメーカーさんが

いろいろ ありますので。

超音波ってことは 空中で
触覚を与えられるってことですか。

(前川さん)そうですね。
すごくない? それ。

それが…。

まだ 実験段階の装置なのですが

片方の…。

そして…。

さらに驚きなのが

その触覚が 超音波で

実際の風船にも伝わり まるで…。

これが実用化されると

コロナ禍で中止されている
櫻坂の握手会も

バーチャルで可能に。

(小池)私は すごく…。

続いての…。

…にしたりと
多様に利用されている映像技術。

さらに…。

こちらの最新装置。

(石川さん)出してください。

(松丸)あれ?

壁に投影された
こちらの映像に…。

なんと 動くボールに
プロジェクションマッピングが投影された。

えぇ~! すごっ!

こちらの最新装置では

映し出した映像が…。

すごい技術だ!

しかも。

これ どれくらいのスピードまで
対応できるんですか?

例えば スポーツ関係…。

160キロ?

実は これ…。

このように…。

さらに 新たに開発した
高速プロジェクター。

それら 全てを組み合わせることで
実現可能に。

この技術は実用化されると

どんなことに
使えるんでしょうか?

例えば ネットショッピングで…。

実際に どんなものなのか…。

ちなみに これって 何か

例えば ライブで 早着替えとかも
あったりするじゃないですか。

そういったことにも
使えたりするんですか?

そうですね 簡単にできます。

ということは…。

♪~ (歓声)

このプロジェクションマッピングがあれば…。

♪~ This is my Mission

この後…。

すごい映像技術。

(瀧川)…が出始めまして。

CGの撮影のときって
いつもグリーンバックで撮って

後から映像を
はめ込んでたじゃないですか。

最近 バーチャルプロダクション
っていう

グリーンバックを
一切 使わないんです。

どうしてるかっていうと
LEDのモニターを置いて

そこに 後々はめ込む予定の映像を
まんま映して

それごと
カメラで撮っちゃうんです。

どの角度で撮っても

その 光の加減だったり
奥行きだったり

全部 リアルタイムで
調整してくれる。

このことによって
撮り終わった後の…。

(澤部)えっ もう そのまま?
(瀧川)そのまま撮れちゃう。

先生 そういうこと書いてないよ!