有吉ゼミ▼ギャル曽根VS女子バスケ銀メダリスト!▼激辛VS小林幸子&中川翔子[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

有吉ゼミ▼ギャル曽根VS女子バスケ銀メダリスト!▼激辛VS小林幸子&中川翔子[字]

爆盛りタイプレートに女子バスケ銀メダリスト髙田&赤穂が参戦!▼デカ盛りVSサッカーレジェンド軍団▼激辛VS小林幸子&中川翔子&渡辺裕太&U字工事

出演者
【教授】有吉弘行
【秘書】水卜麻美(日本テレビアナウンサー)
【ゼミ生】坂上忍、博多華丸・大吉、矢作兼、ギャル曽根、U字工事
【ロケ出演】髙田真希、赤穂ひまわり、鬼越トマホーク、インポッシブル、近藤岳登、那須大亮、小林幸子、中川翔子、渡辺裕太、U字工事
番組内容
▼チャレンジグルメ
①3kg超!超爆盛りトリプルタイプレートに女子バスケ銀メダリストの髙田真希&赤穂ひまわりが緊急参戦!鬼越金ちゃんも意地を見せる!
②秋の贅沢爆盛り松茸ご飯!サッカーレジェンドOBの那須大亮・近藤岳登が参戦!インポッシブルひるちゃんも爆食
③激辛に小林幸子・しょこたんがまさかの参戦!悪魔のレッド天丼VS小林幸子&中川翔子&渡辺裕太&U字工事が悶絶
監督・演出
【企画・総合演出】橋本和明
制作
【チーフプロデューサー】秋山健一郎
【プロデューサー】横澤俊之、越山理志
【制作協力】えすと、AXON、極東電視台
おしらせ
有吉ゼミはTver&Huluでも見逃し配信中!
水曜7時からの姉妹番組「有吉の壁」もぜひご覧ください!

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – 旅バラエティ
情報/ワイドショー – グルメ・料理

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. スタジオ
  2. 曽根
  3. 有吉
  4. 頑張
  5. ギャル曽根
  6. 益子
  7. 到達
  8. 小林
  9. 福田
  10. 矢作
  11. 完食
  12. 水卜
  13. 赤穂
  14. 渡辺
  15. 今日
  16. 一方
  17. 大食
  18. ニセ曽根
  19. 高田
  20. 坂井

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥740 (2021/09/25 19:42:01時点 Amazon調べ-詳細)

(水卜) 『有吉ゼミ』。
(有吉) 開講!

<これまで 数々のチャレンジグルメ を
制覇して来た ギャル曽根>

(ギャル曽根)…が来てくださいました
この方々です!

(スタジオ:有吉) 出た バスケ。

<…で 強いフィジカルを武器に
得点を量産し

チームをけん引>

<に貢献した…>

<さらに>

(実況) 赤穂のスリー。

決まった!
(解説) いいですね。

<攻撃の要となり
勝利に貢献した…>

<大食いには自信があるという
女子バスケコンビが…>

(金ちゃん) フォルム 似てるだけ。

<以前…>

<…に挑み>

いただきました!
<初参戦で見事 完食>

<鬼越トマホーク・金ちゃんが
参戦>

<やって来たのは…>

<ギャル曽根を…>

(店員) お待たせしました。
(金ちゃん) デカっ!

(高田) うわ~ デカっ!

<その量 なんと…>

<まずは ジャスミンライスに

フライドガーリックを加えて
炒めた…>

<どどんと豪快に盛り付ける>

<その量 なんと…>

<続いて…>

<甘酸っぱい味が特徴の…>

<大量投入し

野菜と炒め上げた…>

<これでもかと…>

<山のように盛り付けたら

牛乳に カレー粉とラー油を混ぜた
溶き卵を

たっぷりの野菜と炒め

素揚げしたエビを加えて
ふわふわに仕上げた…>

<どっさりと…>

<ひき肉と野菜を
甘辛く炒めた…>

<たっぷりと…>

<大量に>

<ライスを覆い隠すよう…>

<エビのすり身と ひき肉を
ぎっしり詰め込んだ…>

<その数 なんと…>

<トッピング>

<彩りに パクチーを添えれば

定番のタイ料理が
一度に味わえる…>

<…が完成>

<総重量は 驚異の…>

(店員) スタート。
(一同) いただきます!

おっ。

(曽根) おいしい!

≪よっしゃ~!≫

<大食いでも メダリストらしい
堂々とした食べっぷりを見せる

女子バスケコンビ>

(曽根) 早い。

この…。

(スタジオ:有吉) うわ うれしいね。

<練習後…>

<…だという高田>

<今日は
作戦を考えて来たそうで>

私…。

なので このボールを
ご飯にバウンドさせて。

(笑い)
(スタジオ:有吉) 何をしてんの?

<『有吉ゼミ』に出た際には
必ずやると決めていた…>

<序盤から
テンポよく減らして行き>

(曽根) 早い。

<…に到達>

ちょっと…。

<序盤から豪快な食べっぷりを
見せる高田に 焦るギャル曽根>

<すると>

(スタジオ:有吉)
なるほど 素晴らしいね。

<…と言うと>

(スタジオ:水卜) 3ポイント食い。

うん 3ポイント。
(スタジオ:有吉) 何 それ。

<現役女子バスケ選手たちの
お株を奪う3ポイント食いで

メダリストと真っ向勝負>
(坂井) 早いな。

<見る見る
おかずを減らして行き>

(金ちゃん) 早っ。

<…に到達>

<一方 負けじとハイペースで
食べ進める…>

(金ちゃん) 赤穂さん めっちゃ早い。

(坂井) すげぇな。

<オリンピックでも
スピード感あふれるドリブルで

相手を抜き去って来た赤穂>

<今日も
持ち前のスピードを生かし

スタートダッシュ>
(スタジオ:有吉) いいね。

(曽根) すごっ。

(曽根) お~!

(スタジオ:有吉) 何でよ。

(スタジオ:有吉)
そんなことしなくていいんだよ。

(スタジオの笑い)

<試合中は熱いが…>

<赤穂>

<若干 照れてはいるものの
春巻き3ポイント食いで勢いをつけ>

(曽根) ヤバっ!

<…に到達>

<片や 大食い女子たちの
技の応酬に負けじと

ハイペースで食べ進める
鬼越トマホーク・金ちゃん>

<今日は…>

見ててくれて…。

マジで。

だから また…。

<家では…>

<平らげ 特訓をし…>

(曽根) すご~い。

(坂井) いや 早いよ。

<…に到達>

<だが ここで…>

(金ちゃん)
タイ料理はね ちょっと…。

<そう 油の染み込んだ
ガーリックライスや

タイのラー油が
たっぷり200m入った

クンパッポンカリーなど…>

<そんな中>

(スタジオ:有吉) さすが。

<ギャル曽根 大好物の…>

(金ちゃん) すげぇわ。

<大食いクイーンの
貫禄を見せつける

圧巻の食べっぷりで…>

(金ちゃん) 早っ。

<パッタイを
ほぼ制覇し…>

(スタジオ:有吉) いいよ。

<ギャル曽根の挑発に
メダリスト高田が…>

(金ちゃん) 感動した。

(高田) 詳しい。

…を取りたいなと思います。

<メダル獲得後 LINEには…>

<チームの本拠地
愛知県刈谷市からは

市民栄誉賞の贈呈も>

(曽根) すごいなぁ。

<大食いでも みんなに感動を届け
祝福のメッセージが欲しい>

<…に到達>

<そして 赤穂も
ペースを変えずに懸命に>

(坂井) すごいね。

<実は どうしても…>

(スタジオ:有吉) 厳しいね。
(赤穂) だから…。

<実は…>

<アスリート一家で

勝負である以上…>

<父に いい知らせを届けるべく
食べ進め…>

<ギャル曽根に迫る…>

<一方 金ちゃんも
箸を止めずに食べ続ける>

<実は>

(曽根) わぁ~!

…っていう手紙は
子供から もらったんで。

だから その…。

(笑い)

<最近 自分がテレビに映ると

何ともいえない 絶妙な顔で
テレビを見てくれる息子に

パパの頑張っている姿を見せ…>

(曽根) すごい。

<…に到達>

<だが ここで…>

(曽根) えっ?

(赤穂) ご飯の下に。
(金ちゃん) ご飯の下?

(曽根) えっ?

(赤穂) ご飯の下に。
(金ちゃん) ご飯の下?

(赤穂) とんでもないものが
埋まってます。

(金ちゃん) マジだ!
(曽根) 何 これ!

<そう ライスの下には

オーブンで じっくり焼いた後

油で カラっと揚げた…>

<巨大チキンの出現に
メダリスト赤穂も>

(スタジオ:有吉) ヤバい。

<一方 キャプテン高田は

ガイヤーンに
真っ向から食らい付く>

はい。

<自腹で自分の
焼肉Tシャツを作り

それを着て
焼肉屋さんに行くことも>

<お祝い事の際は 決まって
肉ケーキを食べるほど…>

<お肉の出現で
かえって 勢いがつき…>

<…に到達>

<として…>

(一同) うわ~!

<ここに来ても
まだまだ余裕なギャル曽根>

(高田)
ホントに すごいですね。

<ペースを落とすことなく
減らし…>

<だが ここで 最後の…>

<魚介の風味が香る…>

<…をはじめ

日本人には食べ慣れない…>

<終盤になるにつれ
エスニックの濃厚な味付けが

挑戦者を苦しめる>

<ここまで奮闘して来た
女子バスケ選手も…>

<一方 その隣で いまだ
攻めの姿勢を見せる金ちゃん>

<実は…>

<そう かつては 喜矢武と共に

甲子園を目指した高校球児>

<今でも…>

<高校の…>

<喜矢武に

完食して 日頃の感謝を伝えたい>

<一方 大食いクイーンは>

<ナンプラーが たっぷりの
超濃厚ガパオを前に

なかなか…>

<…と>

(店員) はい。

<なんと チャレンジ終盤にも
かかわらず…>

(スタジオ:水卜) さすが過ぎ。

(スタジオ:有吉) よく食べるね。

<量は増えているはずだが
お構いなし>

<最後まで おいしくいただく
ギャル曽根スタイルで

ラストスパート!>

(坂井) すごいな。

天才だ。
(高田) すごい。

(スタジオ:有吉) すげぇ。
(スタジオ:水卜) あ~ さすが。

(坂井) うわ すごいわ。

(スタジオ:有吉) お見事~。
(スタジオ:矢作) あ~。

(曽根) ごちそうさまです 完食。

<ギャル曽根…>

<余裕の完食>

<そして>

≪終了です≫

(金ちゃん) ん~。

<結果…>

<気になる…>

(曽根) タロイモのプリン!

<ちなみに…>

…に来ていただきました。

<…を務め

Jリーグでは…>

<にも輝いた…>

<さらに>

<6年間…>

<として活躍した…>

<そして>

(えいじ) シュ~。
(ひるちゃん) ボッ ブワ!

<インポッシブルから
ひるちゃんが参戦>

<やって来たのは…>

<今回…>

(店員) お待たせいたしました。
うわ~!

(曽根) すごい!
(ひるちゃん) デカっ!

<その量 なんと…>

<まずは…>

<土鍋へ…>

<かつおだしを注ぎ入れたら…>

<ぜいたくにも…>

<たっぷりと>

<じっくりと 40分 炊き上げ

黄金色の土鍋に
これでもかと敷き詰めれば

香り豊かな…>

<その量 なんと…>

<さらに 山形牛のすね肉が入った
特大だし巻玉子を…>

<サシの奇麗な神戸牛を

黒糖を使った割り下で
すき焼き風にし…>

<豪快に盛り付ければ…>

<…を添えたら

なんと…>

<1枚800円以上
するという…>

<トッピング>

<仕上げに…>

<添えれば…>

<…の完成>

<総重量は 驚異の…>

私…。

≪スタート≫
(一同) いただきます!

≪デカいな!≫
(スタジオ:水卜) すごい。

うん!

(曽根) この しいたけも
いい しいたけなのか

すごい大っきい。

<さらに>

<そう…>

<甘い脂が たっぷり>

<そんな強敵を前に
大食いクイーンは>

う~ん!

<重たい脂よりも
おいしさのほうが上回り

もう 箸が止まらな~い!>

<秋の味覚を
存分に堪能しながら

次々と胃袋に放り込み>

<…に到達>

<だが さらに
すごかったのが>

(えいじ) うわ!

<…に挑む>

<今日は 朝6時から体を動かし
胃を空っぽにして来たという…>

(那須) これ…。

≪えっ!≫
(曽根) すごい!

(曽根) おぉ~!

≪出た ダブル食い 那須さん≫

<右脳と左脳の両方を使う
トレーニングの一環で

現役時代から 食事は
左手で食べていたという那須>

<その…>

(ひるちゃん) えっ 早い!

<ギャル曽根に並ぶ…>

<片や 神戸牛をいったん避け

しいたけや だし巻玉子を
コツコツと攻め続ける…>

<実は>

<そう 前回 序盤から
ハイペースで飛ばした結果…>

(近藤)
そしたら 大体…。

<膝のケガをした際も…>

<見事 復帰>

(曽根) カッコいい。

<…に到達>

<その隣で>

<現在…>

<…をしている
ひるちゃん>

<普段 食べられない…>

(スタジオ:有吉)
いいよ 勝手にやれよ。

(曽根) うわ ひと口。

<ニセ曽根には さすがに
負けられないギャル曽根も…>

(曽根) んっ!
<お互い譲らず 1.5kgに>

<だが ここで ニセ曽根に…>

<そう 鍋の深さは…>

<一見 行けそうな気がするが

食べても食べても>

<1.6kgの松茸ご飯が
減らない>

<そんな中>
(えいじ) うわ!

(曽根) ヤバっ。

<大量の松茸ご飯に
ひるむことなく

パワープレーで攻める那須だが>

(ひるちゃん) すごいペース!

…っていわれてて。

<実は 那須 大盛りのカツ丼を
食べた後

天丼で締めるほどの ご飯好き>

<今日 活躍して…>

<…の称号をつかみたい>

(えいじ) ライスキング頑張れ~!
(曽根) 頑張れ~!

<面白いように
ご飯が減って行き>

<と ここで ニセ曽根が…>

(えいじ) あっ 出た! 出た!
(スタジオ:矢作) 出た?

<ご飯を掘り進めながら
次々と口へ運ぶ

ニセ曽根の秘技…>

(曽根) 早っ!
<すると>

(スタジオ:有吉) 本家。

(スタジオ:水卜) うわ!
(スタジオ:矢作) 量 違うね。

<本家がマネすると
ひとすくいが桁外れ>

<結局 ギャル曽根のペースを
上げてしまい>

≪すごいな≫

<…に到達>

<と ここで…>

(曽根) えっ 何? 何?

めっちゃ大っきい!

<そう ご飯の中には
脂身たっぷりの巨大角煮

200gが隠されていたのだ>

<神戸牛の脂を食べた挑戦者に
今度は…>

<…が襲い掛かる>

<そんな中>

(曽根) でも 近藤さん
めちゃくちゃ減ってません?

(ひるちゃん) すごい!
(えいじ) すごいよ。

<ここまで コツコツと
食べ続けて来た近藤は

脂にも ひるまず ひたすら
マイペースで食べ続ける>

(えいじ) すごい!

<実は…>

<…され
今日のリベンジを決めたそうで>

行くぞ!

<2018年の引退後
吉本興業に入り

今は…>

<子供に…>

<自分も…>

<与えたい>

(ひるちゃん) えっ すごい。

<オリンピックと聞いた
ニセ曽根も>

へぇ~!

<された…>

(えいじ) すごいよ。

<目指し…>

(えいじ) うわ
すごい!

<共に 2kgを突破>

<だが 一番 勢いが
すごかったのが…>

(曽根) ヤバっ。

<大好きなご飯を中心に

果敢に攻め続け>

(曽根) すごい!

<ギャル曽根に
100g差と迫る>

<と ここで…>

(曽根) 鯛?

(曽根) 出て来たんですけど。

<そう このチャレンジ…>

<…が自動的に追加される>

<さっぱりとした…>

<…で 秋のフルコースを
締めるのだが>

<だが ライスキングが思い付く>

≪なるほど≫

<さっぱりとした だし汁で
肉の脂を落とす…>

(曽根) えっ すごい!

<一方 ギャル曽根は>

≪うわ おいしそう≫
(スタジオ:有吉) 最高じゃん。

<果たして…>

≪ライスキング すごいな≫

(スタジオ:有吉) もうちょっとだ。
<だしを一気飲み>

(ひるちゃん) 頑張れ!
(スタジオ:有吉) 何してんのよ。

(スタジオ:有吉) ダメだ。

<それを横目に>

(スタジオ:矢作)
いや~ おいしそうに…。

いただきます うん。

ごちそうさまです。
<ギャル曽根…>

<秋の味覚を堪能>

<そして>

≪3・2・1

終了です≫

<結果…>

<…で終了>

<成功の…>

(曽根) おぉ~ すごい!
お米 300g!

<ちなみに 全員…>

(坂上) 最近 日に日に…。

…ような気がして。

ただ それ以上に ニセ曽根が…。

たぶん…。

(笑い)

何なんだろう あれ。

(益子) プチ情報で言うと…。

へぇ~!

(笑い)
(博多大吉) それ 入れるんだ。

<挑戦するのは>

<前回…>

<…に挑み>

<汗だくになりつつ 見事…>

<現在…>

(福田)
…が来てくれました この方です!

♪~

(小林) そうです 私が…。

<ど派手な姿から

若者からラスボスと呼ばれる
小林幸子が まさかの降臨>

<さらに>

<自身のYouTubeで

辛さ10倍の
激辛ラーメンに挑み

水を飲まずに完食するほどの
激辛好き>

<しょこたんこと
中川翔子が初参戦>

<そして>

(渡辺) 母ちゃん…。

<郁恵さんの
ピリ辛料理が大好物>

<渡辺裕太が参戦>

私ね…。

(中川) ハハハハ!

<やって来たのは…>

(店員) お待たせしました。
(中川) うわ~!

(渡辺) 赤っ!
(福田) 赤っ!

<ご飯に…>

<さらに…>

<を加え 真っ赤になるまで
染め上げたら…>

<天ぷら粉には…>

<さらに…>

<激辛スパイス その名も大魔王>

<これを加え

辛さが行きわたるように
よ~く混ぜ合わせれば…>

<大量の唐辛子に流し入れ
丸ごと揚げたら…>

<続いて 具材のエビには…>

<…を たっぷりかけ

激辛天ぷら粉で揚げ

真っ赤な…>

<これを2本 立て掛ける>

<隣には 今が旬の…>

<ししとうを添え

ダメ押しに…>

<を振りかければ…>

<…が完成>

<その あまりの辛さに>

<…に挑む>

≪スタート≫
(一同) いただきます。

<3度目の完食を狙う…>

<真っ赤なエビ天から>

(スタジオ:有吉) おっ 行った。
(スタジオ:水卜) 頑張れ。

(中川) うわ~ どうしよう。

うわ~!

<スパイシーな
エスニック料理が大好物>

(スタジオ:矢作)
いや 信じられないよ。

(スタジオ:有吉) 大丈夫かな?
(スタジオ:矢作) 行けんの?

<続いて
超激辛唐辛子を常に持ち歩く…>

≪うわ~≫
(小林) 食べ方がかわいいよね。

んっ!

今 来た 今 来た! あ~。

<たったひと口で…>

(福田) はい。

<母 郁恵さんのピリ辛麻婆豆腐を
食べて育った渡辺裕太は

ご飯を攻める>

(スタジオ:有吉) いい顔するね。

<天ぷらも ご飯も激辛仕様で
逃げ場のない辛さに>

辛っ…。

<なかなか…>

あっ!
<渡辺は 早くも汗だくに>

<そんな中>

(益子) 行け~。

<こちらも
大量の汗をかきながらも

手を止めない福田>

矢板の おしらじの滝を
思い出して いただきます。

(益子) おしらじ いい。

(益子) 頑張れ 頑張れ~!

<おしらじの滝の
魅力は

清涼感
たっぷり…>

<一向に汗は引かないが

栃木の癒やしの情景を
思い浮かべながら 食べ進め>

(小林) すご~い!

<…に到達>

<福田の頑張りに…>

何か そんな…。

<になった今も
同年代に頑張りを見せたいと…>

<…している小林>

…って名前にして。

(小林) だから そのためにも
私は これを…。

<この頑張りを
同年代の人に見てもらい…>

<…に到達>

<…と>

<大先輩の食べっぷりに
刺激を受け

しょこたんも食らい付く>

<実は>

もう ホントに…。

<この…>

<するほど大好きで…>

私 今日は…。

「さくせん ガンガンいこうぜ」で
行ってます。

<大好きなRPGさながらに
激辛にひるまず…>

<念願の出演で

まさに ガンガン行く作戦の
しょこたん>

≪大丈夫?≫

<それでも…>

<…に到達>

<と ここで…>

(益子) お~ すごい。

<見た目は安全そうな
ナス天に手を伸ばす小林>

(小林) これ 何?

<実は この天ぷら

柚子胡椒に
たっぷりの粒山椒を混ぜ

ナスの間に 丁寧に挟み込んだ…>

<その見た目とは裏腹に>

うぅ~!

うぅ~。

<ひとかみで 強い痺れが襲う>

<すると>

<…と言うと

痺れナス天に
臆せず挑む ラスボス>

あっ。

(小林)♪~ ロマンスの神様
この人でしょうか

<…を思い浮かべ 果敢に>

あぁ 辛~い。

<一方 渡辺は>

(福田) 渡辺さん…。

<ご飯に たっぷり使われている
唐辛子の発汗作用で

さらに ずぶぬれに>

<それでも 休むことなく
食べ続ける>

…と思うんで。

<…と言うと
ナス天を 一気に ひと口で>

うん!

<今年で…>

<中継で 思いつきの
小ボケを試し続けるが>

(渡辺) はい どうも…。

さぁ えぇ あっ…。

<いまだに 全然…>

(スタジオ:有吉)
よく クビになんないね。

<これを機に…>

<…を見せたい>

<ナス天を
ほぼ制覇し…>

<…に到達>

<…と ここで 挑戦者たちに

さらなる試練が>

(スタジオ:有吉) うわ ヤバそう。

≪いや…≫
(小林) しょこたん すごい。

おぉ~ ほほ…。

<この真っ赤な かき揚げには…>

<恐ろしい かき揚げなのだ>

<そんな中>

≪すげぇ≫
(スタジオ:有吉) 強いね。

<懸命に かき揚げに食らい付く
しょこたん>

この番組で…。

<そう 以前 中山秀征は…>

<…に挑み>

<年齢を感じさせない
食べっぷりで…>

(益子) えっ! すげぇ。

<8年間 一緒に
番組をやっていた時には

たびたび…>

<優しい大先輩>

<今日は 完食し…>

<かき揚げを制覇し…>

<片や ラスボス小林は>

<かき揚げの あまりの辛さに…>

<すると>
これを…。

<そう 小林の頭の中は…>

<…のことで いっぱい>

<その一心で
かき揚げにも果敢に>

(中川) 幸子様の。

もうダメ もう…。

<67歳 小林幸子
激辛かき揚げに撃沈し…>

<すると ここで
隊長の意地を見せたい

福田が奮起>

い~や!

<天ぷらに
根性のみで食らい付く>

(益子) うわ 行ってる 頑張れ。

<2人とも
顔をびしょぬれにしながらも

食べ進め…>

<…を突破>

<果たして…>

すご~い。
すごい。

♬~ (真矢)デンタルリンスで
ケアしたいこといっぱい!

私は 贅沢な香りもほしい

だから ケアも香りも

ぜーんぶ お願い!

《8つの機能をひとつに》
♬~ ハグキプラス

《「プレミアム リンス」誕生》
贅沢な香り~

♬~
(高畑)頭痛い…
《バファリン 効いてくれるよね》

《でも 眠くなると困るな…》

(姪)おねーちゃん?
<バファリンAは

眠くなる成分が 無配合なんです>

いたみは止める わたしを止めない
♬~《ぴんぽん》

<…に挑む>

<だが ここで…>

(益子) 辛い。
(福田) あぁ~ 米も 辛ぇ。

<ご飯の上から かけられた
こちらの天つゆ>

<を加えた…>

<時間とともに ご飯に染み渡り

食べ進めると強烈な辛さが襲う>

こんな…。

<…と>

(益子) ヘイ! 行け行け。

<先陣を切ったのは
激辛隊長 福田>

毎回 頑張ってます。

2人で ぎゅうぎゅうで
入って来たから。

もうちょっと…。

<完食して 記念に…>

<買ってあげたい>

(益子) 頑張れ。
(スタジオ:水卜) あぁ 行けそう。

(益子) もうちっと。

(小林) 息子が見てるよ
お父さん 頑張ってる。

(スタジオ:水卜) お父さん。
(スタジオ:矢作) 行けそう 行けそう。

(益子) すげぇ進んでる。

(益子) 行ける 頑張って。

≪頑張れ≫
(スタジオ:矢作) やるね。

よっしゃ。

<U字工事・福田…>

<残るは
限界間近の しょこたんと

放送できるギリギリの顔の渡辺>

<すると>

…に出させていただいたんですよ。

(スタジオ:有吉) そう 下手なんだよ。

<そう 『有吉の壁』で 母…>

♪~ チュウ チュウ チュチュ
夏のお嬢さん

行きます。

<郁恵さんからは…>

<…という渡辺>

<何としても完食し
せっかくならば…>

(小林) すご~い。

(スタジオ:有吉) うわ すごいね。

<最後は 器を持って スパート>

(スタジオ:矢作) すごい すごい。
(スタジオ:有吉) あっ すげぇ!

行った!

<渡辺裕太 根性の…>

<残るは 中川翔子 ただ1人>

(スタジオ:曽根) 頑張れ しょこたん。

(スタジオ:有吉) 激辛女って 何?

(中川) 行くぜ!

<アキバ系タレントの
先駆者として

走り続けて来た しょこたんも
気付けば…>

(益子) 頑張れ。

<目指して ラストスパート>

(益子) あと ご飯だけだべ。

うわ 行ってる。
すっごい。

<器を持って 一気に>

(小林) やった~。
う~ん!

<中川翔子…>

全クリ。

<成功の…>

<ちなみに…>

(福田) おいしい。
(渡辺) 最高。

(博多華丸) …って 作戦コマンド。
はい。

(矢作) でも 裕太君が 俺ね…。

(矢作) だから…。

小ボケにね。

<TVerでは 番組の最新話が
無料で見られます>

<そして Huluでは

本日の放送回も 過去の放送回も
いつでも どこでも見られます>