ホンマでっか!?TV【木村拓哉SP!捨てられないモノ診断】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ホンマでっか!?TV【木村拓哉SP!捨てられないモノ診断】[字]

木村拓哉が捨てられないモノとは…?26年間持ち続けるお宝に小杉&りんたろー。絶叫▽学ラン姿でスタジオ登場!高校時代の(秘)エピソード▽ヤンキー文化の今と昔

ご案内
Twitter公式アカウント⇒@fujitv_honma 
https://twitter.com/fujitv_honma 

ホンマでっか!?マンのLINEスタンプが登場!!LINEスタンプの専用URLからアクセス 
http://line.me/s/sticker/1109236 
または、LINEスタンプショップにて「ホンマでっか」で検索♪
番組内容
今回は、木村拓哉スペシャル!木村をゲストに、1時間たっぷりお届けする!!
捨てられないモノ診断では“いつか捨てようと思っているけれど、なぜか捨てられないモノ”を、レギュラー陣も含めてスタジオに持参。評論家からは、捨てられないエピソードから分析できる人間性や性格、活用法、ホンマでっかな情報が伝えられる!
“ビーバップホンマでっか”では、木村やレギュラー陣が、自分たちが高校生だった当時の学生服に
番組内容2
着替えて登場。今の若者たちが実際には見たことがないヤンキーの実写やコミックが、なぜ一定の周期で爆発的にはやるのか…木村の疑問に評論家が答える。
出演者
【MC】
明石家さんま 
【進行】
加藤綾子 
【パネラー】
磯野貴理子 
ブラックマヨネーズ 
EXIT 
【ゲスト】
木村拓哉
スタッフ
【チーフプロデューサー】
武田誠司 
【プロデューサー】
大江菊臣 
五十嵐元 
【総合演出】
出口敬生 
【演出】
西田賢 
【制作】
フジテレビ 第二制作部

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 小杉
  2. 木村
  3. 吉田
  4. 磯野
  5. 兼近
  6. 中野
  7. お前
  8. 牛窪
  9. 美有姫
  10. 和田
  11. モテ
  12. 自分
  13. 拓哉
  14. アホ
  15. モノ
  16. 男性ホルモン
  17. 門倉
  18. ホント
  19. ヤンキー
  20. 加藤

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
扶桑社
¥2,530 (2021/09/27 19:39:39時点 Amazon調べ-詳細)

(加藤)本日は 皆さんの自宅にある
特に 使っていないけど

なぜか 捨てられないモノを
持ってきていただきました。

その理由から 分析できる人間性や
そのものの活用法など あれば

先生方に 発表して
いただきますので お願いします。

(さんま)携帯の…。

電話番号ですか!?
(りんたろー。)分かる。

会わへんし 連絡もないし。

(りんたろー。)急に 責任転嫁。
(吉田)いや そんなの…。

吉田…。

(吉田)はい。

ひょっとしてってのがあるんで。
なあ! これ 情けないことに…。

(木村)
何か それ あれじゃないですか…。

(吉田)そんなん 自分で
思ったことある人じゃないと…。

本人 そういうこと
しとれへんのに。 完全に 非常食!

[使っていないのに
なぜか 捨てられないモノ]

[木村 拓哉は
ちょっと すごいぞ!]

[まずは ブラマヨ 小杉]

[数年前に 購入したという
こちらの洋服]

(木村)スカジャン?

(小杉)すごい かわいくて
気に入ってるんですけど

まず これを買ったとき
すでに 僕

サイズ的に 着れなかったんです。

(小杉)でも あまりにも
カワイイから これ 買って…。

と思って そっから また…。

かねちに あげろよ!
(兼近)どうせ 捨てるなら…。

(小杉)今日のタイトル 聞いた?

せっかくだから
今日 捨てちゃえばいいんすよ。

小杉…。

どうせ まあまあ…
合わへんやろうけどもな。

(磯野)おなか すごい!

(小杉)違いますよ!

それ…。

(小杉)誰が…。

あっ カッコイイ!

(りんたろー。)似合う 似合う!

(磯野)いいじゃん!
(吉田)ええやん 別に…。

誰が スカスカジャンやねん!?

頭 スカスカジャン ちゃうわ! アホ!

[こちらは
太って 着れなくなった

10万円のレザージャケット]

ウッ!

ウッ! いや 違う。

そんなん いらんねん。

それと これなんですけど。
(りんたろー。)えっ?

はい。
ゴルフ せえへんやろ。

(小杉)ハヤシダさんって
いうんですけど。 「小杉君 今度…」

て言われて…。

5年前!?
そんなん 俺 よう言わんくて…。

たぶん…。

わざわざ くれはるということは。
(りんたろー。)そうか。

これ…。

そんなん なると思ったから!
いやいやいや せやからやて。

個人的に 作ってはんねんて これ。
使ってみな パターって 分からへん。

(小杉)うわ~…。

これ びっくりして。

そんなことより…。

言われたやつ さんまさんに…。
「こういうの さんまさんに」って

渡されへんもんなの?

(吉田)だって 絶対…。

て 勝手に思うんで。

(吉田)だから やっぱり…。

ええの あったら 使うで?
俺も いっぱい パター…。

おそらく 家に 20本ぐらい

パターは 持ってるよな? 木村な。

(小杉)帰ってきましたやん!
やっぱり 帰ってきました!

(りんたろー。)リリース!

はい 中野さん。

(中野)小杉さんが
捨てられないのは まず 1つは…。

はぁ~!
(磯野)希望?

はぁ~!

(小杉)「捨てられない」っていう
言い方ってことは…。

(中野)
捨てなくてもいいんですけど…。

そういう こだわりを
持ってるうちは。

(吉田)だから お前…。

やかましいわ! アホ!
お前 誰が…。

そういうことや。
(小杉)だから 受け入れてたら

頑張って 痩せる努力は するけど
俺の…。

(吉田)じゃあ…。

(吉田)痩せることには 近づく?
(りんたろー。)捨てた方がいい。

何でやねん! アホ!

くれ! お前。

お前 バブばっかり
送ってきやがって 家に。

[続いて…]

(兼近)何ですか?
(りんたろー。)僕 結構…。

とか 言われたら…。

ちょっと これだけは
あげられないっていうので

拓哉さんが愛用した
ブランドとか

ドラマのときに 愛用した
ブランドに行って…。

追い掛けて 買ってたのか!
(りんたろー。)爆買いしてる。

(りんたろー。)今 着てるのも
そうなんですけど

番組で 拓哉さんが着られてた
Tシャツを…。

(りんたろー。)アッシュグレー 着られてた
色違い 持ってるだろうと思って

白を買ったんです。

それさ 普通 その会話って…。

(兼近)そうなんですよね!

見守ってほしいんですね。

だから 昔じゃなく
今も 追い掛けてしもうてんのか。

この間 拓哉さんが
ワンちゃんと 写ってるときに

こうやって 写ってたんですけど
ここのソックスが 写ったんですよ。

(りんたろー。)そしてね これね。
これ 見てください! これ!

(りんたろー。)で ファンたちは…。

ヒスなのか シュプなのかって
探したら

ファミリーマートで売ってる
ソックスだったんですよ。

(りんたろー。)そういう 庶民的な
一面も あるのかっていうので…。

(りんたろー。)ホントに!
すごーい!

いや そうやねん。 もう…。

(兼近)
厄介なのが これ 自分一人で

やってるんですけど…。

ごめんなさい。
お前…。

お前…。

(兼近)一応 木村君って。
今までは…。

1回 番組で 拓哉さんって
言ってたことがあって。

拓哉君とか 言ってたんですよ
ふざけて。 そしたら…。

ガチャッ お疲れさまですって言ったら
「昨日 見たよ」って言われて。

て言われて うわっ!
すいません! 失礼でしたよね。

すいませんでした!
っつったら…。

て言われて。 あ~!

(兼近)あざっす! って。
お前 ジャニーズ ちゃうやないか!

ジャニーズ!
俺 Jの意志 継いでるんですよ!

俺 ハニトラ後輩 嫌なんすよ!

ハニートラップ後輩は
ちょっと…。

(兼近)だから 優し過ぎて
声 掛けられるから

より うれしくなっちゃって
いっちゃうんですよ。

この間…。

(磯野)嘘でしょ? 何やってんの!?
(兼近)どうしても それはって…。

こいつ アホやろ。

て言ってました。
「ただただ 跨りてぇ」

すごいなぁ!
はい 中野さん。

(中野)何か…。

確かに…。

考えられなくなっちゃうんで。
考える領域 オフになっちゃうから。

(中野)それぐらいの存在を
いつも 身近に感じて

俺も 頑張りたいってものだから
これ もはや 物ではないんですよ。

(中野)お守りのようなもの。
お守りみたいなもんなのか。

どっちかというと そういう感覚。
(中野)それ もし 捨てちゃうと

自分の あの~… 幸運とか

自分の夢が かなわなく
なっちゃうんじゃないかとか

そういう恐怖が
あると思うんですね。

(中野)そう。 洗脳の一部ですね。

してない してない。
知らん間に 洗脳してんねや!

だから すごい教祖やねん。
収納して しまっちゃうのも

手なんですけど…。

何か カッコ良く
見せるようにしておくと

いいんじゃないでしょうか?
分かった。 俺 お前らのとこに…。

(兼近)神格化させてもらって。
お前らの所に 俺が…。

[続いて 木村 拓哉]

[捨てられないモノとは?]

私の捨てられないモノは
こちらの…。

カウボーイハットです。
(小杉)おっ!?

違う! 違う! 違う! その…。

違う! 間違うてる!

こんな カッコエエって カウボーイハット
あるやないかい どこでも。

(木村)もう 穴とかも
開いちゃってるんですけど。

(木村)これ 二十… 自分が…。

しばらく お邪魔して そこで…。

そのときに…。

はぁ~。 ホンマもんの。

どれ?
あの… 行って すぐ…。

(小杉)首に… 首から 雪 入るか
何か 言われて。

そうです。

(兼近)そんな骨董品なんですか!?

(小杉)誰が 薄ボーイやねん!

薄ボーイって 何なんですか!?

(木村)と あと 僕…。

お~!
(磯野)投げ縄?

ちゃう。 ちゃう。
そんな… そんなん ちゃうぞ!?

お前の発言が 意図から ずれる!
これ 牧場で もらった?

(木村)はい。 「お前 帰るなら
これ 持ってけ」っつって。

投げ縄を?
「で 日本に帰って…」

(一同)うわ~!
おしゃれやぁ!

お~!

≪フゥ~!

[そのときの映像が こちら]

カッコエエな どっちも。
(りんたろー。)若え。

22? 木村 これ。
22ですね。

うわっ 似合うなぁ。

「チクショー」

(磯野)すごい。

すげえ!

(木村)「イエス! イェ~!」

「イェ~!」

「うわ~」

いや すごいな。 こんなもん…。

いや だから 捨てられないモノを
っていうことで。

はい 門倉さん。

(りんたろー。)
「拓哉さん」って呼んでる!

勇気を振り絞って。
(門倉)拓哉さん…。

買い取って…。
思い出を?

「エブリデイゴールドラッシュ」
っていうお店なんですけれども

いらなくなった物を
買い取ってくれるとき

査定するんですけれども
それを持ってた人の思い出も

一緒に査定してくれるんですね。

思い出査定額を加えて
買い取ってくれるんです。

ちょっと 拓哉さんのエピソード
聞いて もう…。

えっ? そんなん いらんねん!
久々に 登場してきて。

何か チャレえぞ。
何 前日に 勉強しとんねん!?

そういう商売も
あるということなんだ 今。

はい 中野さん。
(中野)これは 記憶の印なので

安易に 捨てない方がいいとは
思うんですけれど

1人の人間として
向き合ってくれた

その体験ということであれば

もしかしたら 今 もう
ご家族がいらっしゃるので。

(中野)なので…。

ていうのも ありなのかなと。

(木村)えっ!?

じゃんけんって やめろよ!

何でやねん!?
(兼近)吉田さんも 参加して。

俺も やっぱ…。

そうなのか みんな やっぱり。

(吉田)初めて
お会いさせてもらったのが…。

木村さんが 僕らのことについて
「お二人が出てる番組を…」

て言ってくれはったんですよ。
(小杉)覚えてる。

放送のやつ やっぱ…。

(吉田)で もう 本体に
入ってるやつなんですけど…。

もう 出たまんま
返ってこないんですよ。

その状態の
ハードディスクですけど…。

デッキごと。
チャンネル変えたことありませんって

そんな優しいこと 言うてくれた?
(小杉)覚えてます。

(吉田)そのときに 僕は…。

て言ったことまで…。

[続いて 磯野 貴理子の
捨てられないモノには

深い理由が…]

(磯野)私の捨てられないモノは
こちらの 炊飯ジャーです。

壊れたとかではないですよね?
(磯野)壊れてない!

(磯野)全然 すごい 使えます。

(磯野)いえいえ!
もう 今は 使ってなくて。

(吉田)捨てれそうやけどなぁ。
(磯野)そんな 古くないんです!

そうそう。

どうして
使わなくなったんですか?

私 ほらっ…。

その前に使ってて…。

今 もう ちっちゃいマシン…
鍋で炊いたりしてるから。

でも まだ 新しいし
もしかしたら…。

次 またね 使えるでしょ。

そのとき また 使えるから…。

(吉田)何か そんとき…。

そうそう!

(吉田)あるんやったら。
それは お前 磯野…。

(磯野)
だって まだ 使えるんですよ!?

和田先生は
これは もったいないから?

(吉田)ホンマや!
(小杉)せめて そこの…。

(小杉)何で メルカリやねん!
(磯野)あっ 査定してもらって?

こういうのも いけるんですか?
いけますよ。 思い出エピソードを

語っていただければ。

そうや そうや!

(磯野)
同情…。 同情の金額が付く。

前の人のものが 残っている
っていうのは…。

(磯野)そんなのは ないんですよ!
前の記憶なんか 全然 ないんです。

貴理さんは いいかもしれないけど
新しい方が 来られたときに

「あっ 取っとく人なんだ」
っていうふうに 思われるのは

非常に 良くないと思いますよ。
(磯野)そっか。 そうだ。

捨てます。
和田さんに あげろよ。

だったら だから…。

[続いて…]

皆さんも そうだと思うんですけど
何か もらうCD。

芸能人の方とかの…
アーティストの方から。

歌番組とかで
一緒になったときとか。

それも サイン 付けて。
捨てられないのか。

(兼近)これ 捨てられなくて
信じられない数 家にあるんです。

皆さん たぶん とんでもない量
もらってると思うんですよ。

お前…。

みんな 捨てられないんだろうなと
思いながら 皆さんに お配りして。

これ 大黒 摩季さんで。
(吉田)大黒さんとか そういう…。

「聴ける」
何か あんまり…。

頂くじゃないですか。
そういうのは 俺 マンションの

げた箱の横とかの…
ちょっと 空いてるやないですか。

(りんたろー。)ヤバッ!
むちゃくちゃ ヤバいな この人。

本棚でもないやん!

家の 何でもない隙間に
積んでいってんの?

(和田)CDも ホントに
もう どうしようもない

いらないっていう場合には…。

CDって…。

あの部分を利用してですね
えーっと…。

(和田)CDに はさみを
入れるんですよ。 そうすると

硬いプラスチックの部分が
ぺろっと剥がれて

キラキラの部分が 取れるので
それを使って…。

(りんたろー。)
えっ チャラ! 作れんの?

(和田)こうやって はさみを
入れるじゃないですか。

(磯野)
こんなに細かくしちゃうんですか。

(和田)で この球形のですね
100均とかに売ってる

発泡スチロールのやつに
くっつけまーす。

(兼近)ウェーイ!
(りんたろー。)しょぼくね?

しょぼいけど…。

大きいのを 作りゃええねんな。

CD よかったら 聴いてください
って言ったら 見て…。

と思って!
(兼近)他の皆さんは 全員…。

(小杉)してへんわ アホ!
(兼近)全員 捨てるけどって顔で。

捨てるわ アホ!

めちゃめちゃ いいミラーボールに
するって決めたんや 今!

[続いて…]

この バカラの… 頂くんですけど。

あ~! いや 分かる それも。

(吉田)これ もう…。

ロックグラスとか ちょうどいいの
もらうんですけど

何か こう…。

(りんたろー。)分かるわ~。

せやねん!

で 嫁が 洗いもんしてくれて
戻した後 嫁 見てないところで

大丈夫やろうな?

(吉田)で あとは
この ボートレースの…。

え~… この間 オールスターって
いうのがあって。 半年ぐらい前に。

そのキャンペーンで…。

ボートレーサー 1, 600人ぐらい いて
ベスト6人の人気選手。

そのTシャツ詰め合わせ。
(りんたろー。)え~!

(吉田)
その6人 戦ったんですけど

1号艇 峰 竜太のは
ちゃんと 白で

3号 毒島選手は 赤で
みたいなんが…。

(吉田)Tシャツ詰め合わせセット
当たったんですよ。

俺…。

(小杉)自力で当たったんや?

キャンペーン…
会員 入ってるんで。 電話投票の。

舟券は当たらないっすけど 価値
あるんちゃうか みたいなんで。

これ 月曜から土曜まで
1色ずつ いけるで 俺! とか

思ったんですけど…。

着れなくて そのままなんですよ。

ボートレース…。

それも当たったんですけど。
男子のチャンピオンと 女子のチャンピオンの

詰め合わせ 当たったんですけど
使えないんですよ!

(吉田)コンビニで買うっていうたら
おにぎりと お茶とかじゃない。

(磯野)分かる 分かる。

はい 中野さん。

可能性あるので 仕事に 意欲的に
なったりとか うまくいく可能性

高くなりますから 使ったり
着たりした方が 絶対 いいです。

男性ホルモンが出るんだ。
へぇ~!

男性ホルモンを比べた実験が
あるんですけど

男性ホルモンは 高級車に乗ってる
人の方が 高かったんですよ。

(中野)これは 普段 男性ホルモンが
高い人が よく稼ぐから

高級車に乗ってるわけではなくて
実験で 普通の人を集めてきて

どちらかに乗せて 男性ホルモンを
測る実験をしてるんですね。

乗ってるから…。

違うわ アホ!

違う 違う! 違うって。 向こうが
「お食事 行ってください」って

言うたからやないかい。
(中野)そういうことですよ。

(小杉)
誘ってくるってことですよね。

(りんたろー。)誰と?
(小杉)今 あえて…。

いや ホルモンの塊やからやなぁ。

僕は 何も…。
免許は ありますけど…。

確かに
りんたろー。さんと比べたら 俺…。

せやな! この間も
話したばっかりや それな。

(りんたろー。)
ブランドもん 着てても その…。

(中野)ブランドの価値を
認知するから 出るので。

別に 高い物を着てるから
っていうわけじゃなくて

これは 高級品だ! って思う物を
使うっていうのが…。

(りんたろー。)
駄目だ お前。 男性ホルモンが…。

だから お前 女性 あんまり…。

思いますよ!?
(小杉)無理やん。 だって…。

童貞なわけないでしょ! こんな
イケメンの童貞 いるわけないでしょ!

(小杉)ピンクの童貞やねんから
無理や お前。

おいら もう あれ…。

要するに ちょっと 稼いで
長くなったんで…。

靴とか 時計も。

だから もっと これは…。

(中野)そうですね。
でも さんまさんの場合は…。

も あるじゃないですか。

(兼近)いらないな。
写真 いらないな。

もちろん…。

(中野)
そうじゃないですか? もう…。

(木村)歩く男性ホルモン!?
歩く男性ホルモン…。

(兼近)浴びたいな~。

(小杉)いる! それは いる!
(りんたろー。)ちょうだい!

何で それが いんねん!? アホ!
(小杉)いらん いらん いらん…!

さんまさんにいく前に 私も
捨てたいのに 捨てられないモノ。

こういう…。

ブランドの箱って
捨てられなくないですか?

あっ 箱を!? 中 入ってないのか。

(中野)袋は 私は
紙袋 取っとかないんですけど…。

(磯野)えっ?
(りんたろー。)あ~ 売るんだ。

(磯野)あ~! それで!
(りんたろー。)加藤さん…。

ちょっと待って!

お前 俺…。

ありますよ!

(小杉)
「ゴールドラッシュ」 行って…。

1個も 売ってないですよ!
当たり前じゃないですか!

ひどい! 何てこと言うんですか。
はい 門倉先生。

(門倉)加藤さん…。

いや そういうことやな!
そういうことや。

違う 違う!

(門倉)もし そういう気持ちが
おありでしたら…。

捨てないで…。

銀歯…。

加藤さん 銀歯 あるの!?
(小杉)銀歯 あるわけないやろ!

(門倉)今…。

今?

(門倉)銀歯は
実は 銀ではなくて…。

(門倉)このパラジウムが くせもので
自動車の 排ガスの浄化装置に

使われていて。 今 環境問題で

すごく 脱炭素社会で
パラジウムの需要が 上がってるんで

金銀パラジウム合金も
めちゃめちゃ 上がってるんです。

お金が上がってるんだ。 値段が。

(門倉)
だから 銀歯 金歯ショップに…。

すいません。 加藤…。

(小杉)あるわけないやろ。

はい 和田さん。
ブランドの紙袋とか 箱とか

捨てられないの すっごい 気持ち
分かります。 もったいないなと。

(和田)ちょっと前にですね
コーヒーショップの紙袋。

あれを使った お財布とか
こういうバッグ。

(和田)これを 自分で リメークして
作るってのが すごい はやって。

(和田)これは
コーヒーショップの物ですけれど…。

(木村)初めて知った。
じゃあ 例えば この…。

(和田)そうですね… でも 私は…。

(中野)箱が売れるっていうことが
高く売れるってことなんですよ。

[最後は…]

1つ目は とんでもない ホンマは
値打ちもんなんやってんけど

これ あの…
棒高跳びの イシンバエワ選手の

俺に 直接 書いてくれた
サインなんですよ。

(りんたろー。)
それ 何をする物なんですか?

棒。

それが 向こうは
直接 さんまに あげてくれと…。

俺が ちょっと インタビューで
気に入られたんで 昔。

ほんだら 違う別件で行ったときに
これ さんまに あげてくれって

わざわざ 自分の使ってる棒に
サイン 書いて くれはった。

そしたら…。

もう 責任 持たへんねん
飛行機会社は。

で 折れてしもて。
飛行機の中で!?

飛行機ん中で。
ひどい!

これが…。

終わってんねん 今。
ほいで これを もう…。

その辺に。

逆に カッコエエやんか。
何でもない物を。

(小杉)とがってる所!?

歩いてたら アイタッ!
また こいつや! とか言うて。

すごい物を 蹴ってんねんけど。

棒高跳びの棒って…。

面白いけど…。

あの長さは。
そうか?

(小杉)どんだけ でかい家…。
(木村)いや だって あの…。

そんなに ないよ!
(木村)あるよね? 走り高跳びの。

やってる人 いるか! そんな…。

(りんたろー。)こん中に いる?

(兼近)
確実に 棒が恋しくて なってるな。

そして これが
フジテレビさんから頂いた

感謝状なんですよ。

ほんで こんなもん…。
(小杉)何の感謝状ですか? それ。

今まで 頑張ってくれたという…。

『27時間テレビ』
頑張ってくれたとか 色々…。

三十何年間も
頑張ってくれたとか

そういう感謝状を
もらったんですよ。

ほいで こんなもんって…。

(小杉)いやいや いやいや…。

捨てたってええやん こんなん。

ホンマの賞ちゃうからね これ。
単なる 番組上の

しゃれの感謝状やからやな。
でも 何か…。

それが 嫌やねん!

(木村)でも それ よく考えたら…。

あるねん。 社長賞は 頂いてる。
うわ~!

(磯野)すごいな。 素晴らしい!
(小杉)すごっ!

おかげさまでな。
でも こういうの…。

お部屋に。
これ 飾るのも カッコ悪いやろ!?

うちには マイケル・ジョーダンの
45万のユニホームが あるわやな

デル・ピエロの何々は あるわ
お前 メッシの何々は あるわ…。

(磯野)いいですよ!
いいですよ~。 いいです。

(吉田)
そんで たぶん さんまさんって…。

できへんわ! そんなもん。

(小杉)
置いといた方がいいですよ 絶対。

博物館 造らへん…。
(吉田)ちょうど…。

(木村)「何やかんや」って 何だよ。

(小杉)最高ですよ。

人生の最後に ありがとう
ございましたということ?

(吉田)こんなに 言われてたんだな
っていうので。 一応 博物館の

動線としては 結構 最後 奇麗に
終われるんじゃないかと。

(磯野)素晴らしい。

[ここで 今日のゲスト…]

[なぜ 不良は どの時代も
変わらず 人気があり

注目されるのか?]

[今夜は…]

本日の企画なんですけれども
実は 木村さんの ある疑問から

始まったんですよね。
(木村)スタッフと 話 してて

それこそ…。

(木村)て言って。 その 今…。

(木村)
て言って 見せに来たんですよ。

(木村)で 見せに来てて
ばって その中を のぞいたら

『リベンジャーズ』の それこそ…。

(木村)あの世界観だけではない
その後ろにいる

それこそ ホントに こう…。

(木村)必ず こうやって
座ってる人たち いたじゃん。

(木村)て言われて…。

(木村)「ホントに!?」っつって
盛り上がって。

(木村)でも そういうのって
何か いつの時代も…。

そうそうそう。
(木村)必ず…。

(木村)
それこそ 最近でいったら…。

(木村)で 今でいう…。

ずーっと 続いてんねん。
そうなんですね。

(木村)
それって 何でかな? と思って。

ということで 本日はですね
皆さんには 学生服で

参加していただいております。
よろしくお願いします。

要するに
その時代時代に はやった

ヤンキーの服なのか。

いかつい仕上がり。
(兼近)俺 見たことないっす。

木村 これは どういうことなの?
(木村)僕は あの~…。

(木村)ていう駅から
ちょっと 歩いた所に…。

(木村)そこに行ったら…。

(木村)だいたい これ
今 はいてるやつと…。

(木村)ワタリが 43の
下が サンパチっていう。

(木村)
作ってもらったやつを はいて…。

(木村)着て 行ってました。
はぁ~!

ホントに この格好で 通ってた…。
当時 その格好やったってこと?

(木村)はい。
(小杉)いかつっ!

いやいや…。

(木村)いけない いけない。
小杉さんと…。

違うね。 ホント まったく 違うね。
(小杉)いやいやいや。

(磯野)あっ! あれれっ!?
あれ やった?

(りんたろー。)
絶対 CAX いってんすよ!

(吉田)
そんなやつ おれへんかったやろ。

(兼近)小杉君 振ってんすわ 今日。
(小杉)おい! 先公に

振ったこと 言うんじゃねえぞ!
(りんたろー。)小杉君 ヤベえよ。

染めたら 怒られるけど
CAXって どうやったんやろな?

学校で
CAXは 許してくれんねやろな。

何か 池田先生も…。

(りんたろー。)マジっすか!?

≪え~!?

そうそう! 時代はね。

(池田)乗り込んでいってね
最終的には…。

池田先生と!?
(磯野)先生 そんな人なんだ!

(りんたろー。)池田先生が!?

負けても 勝ってもね。 それで
なぜ カッコイイかっていうと

やっぱり 何か ひきょうじゃない
っていう感じがあったじゃない。

(池田)俺らのころは…。

ていうのが
カッコ良かったんだよ。

俺の もう1つ前やな だから。

えっ すごい!
素肌!?

寒いの 我慢しててんって。
(小杉)素肌に 学ランで

他校と タイマンしてたんですか!?
(りんたろー。)ヤバッ!

(りんたろー。)名前 変わってる!
重太さんではなく

美有姫さんです。

(小杉)美有姫になっちゃった!?
この間まで 重太フトコみたいに

書いてたやんか。

(美有姫)あれで 私の夢は
昔から 言ってるんですけど…。

て話になっちゃって。

それ ちなみに…。

何 笑うてんねん お前は。
いや だって…。

(小杉)娘さん 爆笑してますよ。

(小杉)やっぱり 漢字のこと
言われとるって感じで 笑ってる。

(美有姫)SORAは 昨日の夜から…。

「大丈夫?」って。 「大丈夫?
ホント 大丈夫?」しか…。

「大丈夫?」って。
それだけ 一安心です。

それで?

海外の人は できないので。
これ できないの!?

(美有姫)できないです。
アジアンスクワットって いわれていて

できる人は すごい 人気がある。
海外では できないです。

皆さん できますか?
できるやろ? 全員。

(美有姫)それで ちょっと…。

すごいって…。
全員 日本人なんで。

(美有姫)これ…。

(小杉)ホンマかいな!
(木村)マジで!?

ちょっと 美有姫! それは…。

みんな 海外の人たちって 空港で
座り込んでませんか? 昔っから。

日本人が
地べたに 座らないときから

お行儀悪いって言われてるような
時代から 座り込んでるんですが

それ できる人 いません。

そばを すすれないと一緒で
やってないから。

ちょっと もう1回。
(美有姫)かかとが 浮いちゃう。

これからの… ちょっと上げ。

(美有姫)それ…。

(兼近)どういう層に?
(小杉)人気って 何!?

すいません。 あの…。

それ 見たことないですね。

ですよね。

(小杉)でも できないっすよね?

たっ…。

いやいや…
今 加藤さんが 普通に…。

(りんたろー。)このままのスタイルで!?
立ってじゃないですかね?

こうやって? こういうこと?
(りんたろー。)カッコ良過ぎる!

こういうこと!?
かっちょいい!

木村さんがやれば。
ちゃう ちゃう! 木村…。

野グソやから。
いや…。

こういう塀があったら… ハイ!

(りんたろー。)今 出てんの!?

えっ においすんだけど
何か してねえ? とか。

♬~ルックプラス
(主婦)あっ…フチ裏

洗いにくいのよね
♬~ (新津)それなら

洗いにくい所も 泡におまかせ!

「泡ピタ」! 《ヒミツは

密着泡 60秒後に流すだけ》

《便座も床も》
♬~「泡ピタ」! 《新発売》

♬~ (真矢)デンタルリンスで
ケアしたいこといっぱい!

私は 贅沢な香りもほしい

だから ケアも香りも

ぜーんぶ お願い!

《8つの機能をひとつに》
♬~ ハグキプラス

《「プレミアム リンス」誕生》
贅沢な香り~

(原田)最近
ヤンキーコンテンツブームで…。

(原田)ていうのも
去年 アニメ化されて。

それが なぜか まさに 木村さんと
お嬢さんのやりとりと 一緒。

お嬢さん世代からすると
周りに ヤンキーがいないんで

ハリウッド映画を見てる
感覚なんです。 「こんな感じ!?」

木村さん世代の お父さん世代は
いたよ 懐かしいよっていうんで

親子が 会話ができて
親子セットで とれるんで…。

そうか そうか。
それで 今 ヤンキーコンテンツが

すごい ホットになってると。

そうか。 親子と… 子供が見る
というので 広まってるんだ。

はい 牛窪さん。

(牛窪)このときは
4万2, 510人 暴走族がいたと

いわれているんですが
今 もう 約9割 減っちゃって

4, 000人ぐらいしか いない。
まだ 頑張って やっとるんですか。

グループに
入んなくなったっていう。

今 スマホもあるので リーダーが
ここ 来いとかいうことで

序列が 縦にあるっていうよりは

みんな 集まろうぜ みたいな
感じで。 要するに 緩くないと

人が集まらないように
なっちゃったんですよね。

でも やっぱり 憧れ あんねやろ?
『リベンジャーズ』見て こうなりてえとか。

(牛窪)ただ…。

実は あんまり…。

昔の男子のモテの推移
みたいなことですね。

(牛窪)小学校のとき まず 上から
いくと 足が速い子がモテる。

モテた! せや せや。

(牛窪)中学校から 高校になるか
ならないかぐらいのときに

不良がモテる。
で 大学生ぐらいになると

今度は コミュ力がある
ウェイ系っていうのが…。

ウェーイっていう。
パリピに近いような感じ。

お前らやな。
ウェイ系ですね。

(牛窪)まさに ウェイ系がモテて
その後に リーダー系が

ビジネス界に入ると モテて。
最終的には 20代 30代になると

加藤さんの旦那さんみたいな
お金 持ってる人が モテるという。

(りんたろー。)「ほくそ笑むな」!
ほくそ笑んでないです。

3年前に ある研究所が調査した
ところ 今の子供たちには

ヤンキーは まったく モテないと。
(りんたろー。)え~!?

(りんたろー。)どういうこと?

女の子で サバサバ系で
どっちかっていうと

男の子と おんなじように
ガンガン 物 言うとか。

ちょっと まあ…。

ちょっと ミステリアスな感じ。
それと…。

(りんたろー。)「ヌンチャク」!?
マジっすか?

えっ ヌンチャク!?

そっから ヌンチャクは
ブルース・リーの影響や 言うたけど。

ヌンチャクが はやって…。
(りんたろー。)ヤンキーが ヌンチャクを?

そうそう! 女の子が。 不良たち
集まって 稽古しとったもん。

なるほど なるほど。

この年ってね 実は…。

(池田)不良っていうの みんな
憧れてた。 なぜかっていうとね

このとき 日本の経済
絶好調だったんですよ。

それで 大人が すごい 自信あって
少年にしてみりゃあ

大人っていうのは 立ちはだかる
大きな壁だったんですよ。

(池田)だから それに…。

人間は 好奇心だとか 功名心とか
冒険心とか 持ってるじゃない。

それを満たすのに 大人に反抗する
ってのが 一番 簡単で

カッコ良かった。 だから そのとき
すごい 不良が はやったよね。

(池田)それで
今は どうなったかっていうと

日本の経済も 政治も どんどん…
でしょ。 だから 大人は

立ちはだかる壁では
なくなっちゃった。

だから 反抗する意味も
なくなっちゃった。 それで

若い子 何考えてるかって
自分が もう 大人 関係なく

とっとと いっちゃおうと考えた。
だから 自分で起業して

ベンチャー 起こして むちゃくちゃ
金 もうけるっていうふうな

そういうタイプの子が モテる。
それに憧れて うちの息子も

そんなこと やっとるわ。 ベンチャーの。
はい 原田さん。

今の ヤンチャな子たち
減ってきてはいるんですけど…。

ちょっと 悪いことを歌ってる…
完全に…。

ラッパーが おしゃれなんで
SNSで その情報を得るんで

洋服も こんな感じじゃなくて
おしゃれになってる。

だから 見えにくくなってる。
はい 牛窪さん。

今 あの…。

(牛窪)ていうふうに
刺しゅうする子たちが すごく…。

[全てを疑う刑事と
お客さまを信じる ホテルマンが

再び 難事件に挑む]

[木村 拓哉主演の
『マスカレード・ナイト』は 9月17日に公開]

「犯人は 今日 このホテルで
人を殺すかもしれません」

(牛窪)昔 彼女とか 彼氏の名前を
刺しゅうするっていうのが

はやってたんですけど 今 もう
ヤンキーも 恋愛 めんどくさいや

みたいな感じになってきて ママと
パパに ありがとうってことを

刺しゅうするっていう。
特に ママですよね。

(牛窪)「産んでくれて ありがとう」
とか… お父さん お母さんが

自分のときに 着られなかったから
息子 娘のために

こういうのを注文して
作ってあげるっていうことも

増えてきてるんですよ。
こんなもん 学ラン ちゃうよな!?

(原田)まあまあ こういう方も
一部 いらっしゃる… 今ですね

実は こういう
皆さんが着てらっしゃる…。

(原田)空前の。 すごいブームで。
それ 誰が着るかって…。

(原田)女子高生が 男の子とか
彼氏に 学ラン 借りてきて

プリクラで撮るっての めちゃくちゃ
全国的に はやってます。

(原田)借りれない子は 男友達が
少ないとか 彼氏がいないって

コンプレックス 感じて いっぱい
いろんなの 借りれる子は

それだけ 社交的というか
交友範囲が広いっていうんで。

だから 『今日から俺は‼』とかの
影響もあるのか。

すいません。 あらためて ちょっと
1つ いいっすか? やっぱ…。

そうや!
やっぱ 俺だけ どう考えても

優等生の着こなし…。
短いから 優等生じゃない。

(りんたろー。)ここが短い。
(兼近)これ 正解なんすね。

(小杉)おった おった!

ヤンキーの童貞 おるよ!
ヤンキーの童貞 いたとしても…。