ネタパレ【ヤバいネタ大集合SP!そいつどいつ・流れ星・5GAP・ゾフィーほか】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ネタパレ【ヤバいネタ大集合SP!そいつどいつ・流れ星・5GAP・ゾフィーほか】[字]

バイきんぐ小峠・長濱ねるが大爆笑のヘンテコキャラ大集合!そいつどいつ・流れ星・5GAP・ゾフィー・トンツカタン・守谷日和▽実はカップル!ぽんぽこ深堀り

番組内容
「笑い」を愛する俳優・ミュージシャンなど幅広いジャンルのゲストに、毎回1組登場していただき、今見ていただきたいネタを劇場支配人達と一緒に楽しみながら鑑賞する番組『ネタパレ』。今回はスペシャルゲストに長濱ねるが来店。長濱を迎えてお届けするのは〈ヤバ~いネタスペシャル〉7組の人気芸人やニュースターが、ひとクセもふたクセもあるヤバいキャラになりきって爆笑ネタを披露する!長濱一押しの芸人は果たして誰か!?
出演者
【MC】
南原清隆 
陣内智則 
増田貴久(NEWS) 

【パネラーゲスト】
小峠英二(バイきんぐ) 

【スタジオゲスト】
長濱ねる 

【ネタパレード】
ハナコ、ラランド 

【ヤバいネタパレード】
そいつどいつ、ゾフィー、トンツカタン、流れ星☆、5GAP、ぽんぽこ、守谷日和 
※五十音順
スタッフ
【演出監修・P】
木月洋介 
【チーフプロデューサー】
情野誠人 
【ゼネラルプロデューサー】
赤池洋文 
【演出】
登内翼斗 
【制作】
フジテレビ第二制作部

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. トモ
  2. 市川
  3. 瀧上
  4. サイトウ
  5. カヤヌマ
  6. 森本
  7. ホント
  8. ヤマナカ
  9. 松本
  10. 上田
  11. 先生
  12. 抹茶
  13. お願い
  14. ヤバ
  15. 高木
  16. 絶対
  17. 浮気
  18. アトラクション
  19. お前
  20. ギフニーランド

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(ブザー)

(南原)こよいも 当劇場
『ネタパレ』開演いたします。

本日のお客さまは
長濱ねるさんでございます。

(陣内)お願いします。
お願いします。

今夜は ヤバ~いネタSP。
当劇場が誇る…。

長濱さん ぜひ楽しんでください。
よろしくお願いします。

小峠さん
ヤバいネタということですが。

いますからね。

ここに出れるってのは
ヤバいけど…。

好き勝手やってますから。

[『ネタパレ』初登場!]

わぁ やっと届いたな
通販で買ったマッスルスティック。

これさえあれば
痩せれるっつってたもんな。

そういえば初回特典版の
DVDが付いてたな。

ちょっと見てみようかな。
よし ポチッ。

はいはい。 はいはい。
(トモ)明るい感じのやつ出てきたね。

さあ 今回 このマッスルスティックの
初回版をお買い上げいただき

本当に どうもありが…。
ありが…。

(トモ)おい マジかよ これ。
DVD傷ついてんな。

驚いた?
(トモ)ムカつくな!

何だこれ。 えっ?

今のが初回版の特典だ。

(トモ)得してねえ。
いらねえよ そういうの。

さあ このマッスルスティックの
使い方を しっかりと覚えて

私のような
パーフェクトボディーを手に入れよう。

(トモ)中肉中背じゃない?
大丈夫? この人。

「どこがパーフェクトなんだよ」
だって?

ハハハハ…! アハハハ…!

カットできただろ ここ。
(クボケン)アハハハ…!

早送りしよ。 よいしょ ポチッ。

(早送り音声のまね)
(トモ)何してんの? 何してんの?

何これ? ホントに。
ここら辺かな? よし ポチッ。

アハハハ…!
(トモ)まだ笑ってんのかよ!

もういいよ。 いいよ ホントに。
やれよ。

それじゃあ 早速
レッスンを始めるけども

ここで この付属品のマッスルウエート。
(トモ)送られてきてたな。

これを付けて トレーニングをすると
より強力な負荷がかかって

腕を痛めてしまうので
使用は禁止だ。

いらねえのかよ。
何で送ってきたんだよ ホントに。

だから こんな物は えいっ!
(トモ)捨てちゃったよ。

お前
肩 痛めちゃってんじゃねえかよ!

(トモ)おい! おい!
(クボケン)フゥッ フゥッ フゥッ。

(舌を鳴らす音)
(トモ)カットしろよ。

いらねえんだよ ホントに。
(クボケン)それでは 早速

レッスン1 腕と脚の筋肉。

腕枕をするのに
ちょっぴり自信がない自分は

今日でさよなら!
(トモ)ダセえなぁ。

腕と脚を鍛えるには
こちらを 10時10分で握ってくれ。

9時15分だけどいいな?

そして この状態から
リズムに合わせてやるから

しっかりついてこいよ。
それじゃ いくよ。

ワンツー ワンツー。
(トモ)こういうのいいね。

ワンツー いよ~!
ワンツー。

(トモ)大丈夫? これ。 痩せる?

じいちゃん じいちゃん
じいちゃん じいちゃん。

じいちゃん からの ばあちゃん。
(トモ)変わんねえだろ!

ばあちゃん ばあちゃん。

台風ではしゃぐ ばあちゃん。
(トモ)どういうこと!?

ばあちゃん ばあちゃん専用ETC。

(トモ)ねえよ そんなの。
(クボケン)ばあちゃん ばあちゃん。

はい! デンデデンデデンデ…。

逆だよ!

はい!
♬(ドラムロールの音まね)

ディン!
(トモ)取れよ! 取れよ。

ぴ~な どっこいしょ。

助けてくれ~! 助けてくれ~!

(トモ)
何 見せられてんだよ ホントに。

トトント テ~ トトント テ~
トトント テ~。

ホワ~!
(トモ)知らない 知らない。

知らない 何だこれ。

さあ 続いてレッスン2いくぞ。
レッスン2は

この突っ張り棒を
使っていくからな。

(トモ)マッスルスティックじゃねえのかよ!
だまされた~!

[今夜の漫才は
いつも以上にヤバ過ぎる!]

どうもどうも~!
こんにちは~!

流れ星☆です。 よろしく…。

何やってんの?
(ちゅうえい)ん~ ケツ毛 ボン。

(瀧上)うるせぇんだ お前。
小道具みたいに使うな。

いいから。
何ウケてんだ 一番 自分が。

じゃ 自己紹介しましょうかね。

流れ星☆の瀧上と…。
(ちゅうえい)ちゅうえいです!

♬「そして輝く ウルトラソウル」
ちゅうえい!

よろしくお願いします。
僕ら 岐阜県出身なんですけども。

岐阜って
ちょっと地味なんですよね。

こいつが高山出身で
僕 下呂温泉出身なんですけどね。

隣の愛知県とか
結構 派手なんですけどもね。

派手だね。 あと愛知県って
有名なもの いっぱいあるよね。

結構 名物ありますよね。

最近の有名なものっつったら
やっぱ あれやよな。

♬「メダルかじり虫」
(瀧上)絶対やめろよ お前さ。

絶対やめてください。
名物とかじゃないからね。

観光地でもないですし それは。
違いますよ ホントにね。

もっと岐阜を はやらしたいんです
やっぱりね。

確かに。 そのために
俺 岐阜のテーマパーク考えてきた。

いいじゃないですか それ。
(ちゅうえい)名前も考えてある。

名前 何ですか?
(ちゅうえい)ギフニーランド。

訴えられそうですけどね。
ギフニーランド?

そんで もうね
マスコットキャラクターも考えた。

どんなんですか?
(ちゅうえい)こんにちは みんな。

気持ち悪い。
(ちゅうえい)僕は ギフニーランドの

マスコットキャラクター
岐阜県に一番近い存在の

長野県君です。
(瀧上)隣の県じゃねえか。

何で隣の県がマスコットなんだよ。

体は松本城で
頭は信州そばでできてるよ。

絵が浮かんでこねえよ。
どういうシルエットなんだ。

じゃあ 今から
ギフニーランドの始まりだ!

僕についてきて! ギフフフ…。

気持ち悪ぃな。

遠くないかな!?
アトラクションまで。

もう始まってるよ。
(瀧上)始まってんの!? 何これ?

これは岐阜出身のマラソンランナー
Qちゃんの気持ちになりきろう。

フルマラソンだ。
(瀧上)何でフルマラソンなんだ。

何で いきなり42.195km
走んなきゃいけねえんだよ。

特訓だから これ
アトラクションっていうかさ。

アトラクションないの?
(ちゅうえい)ジェットコースターあるよ。

ジェットコースターいいじゃん。
(ちゅうえい)いくよ。

スプラッシュゲロマウンテンだ。
(瀧上)汚えな 何か。

乗りたくない それ。
(ちゅうえい)今から

ゲロの海に飛び込むよ!
(瀧上)汚えよ お前。

汚いから ゲロの海って。
(ちゅうえい)臭い 臭い 臭い。

「臭い 臭い」って
言ってんじゃねえか。

他のアトラクション 何かないの?
(ちゅうえい)じゃ シューティングアトラクション。

今から そこにある
関市の刃物を使って

迫り来る敵をやっつけろ。
レディー ゴー!

刃物 投げ付けていいの? これ。

合掌造り 合掌造り。
(瀧上)合掌造り 歩いてきた!

これ 刃物でやっつけんの?
シュッ。

パンッ! バカン!
世界遺産なのに。

どういうこと これ?
屋根 割れちゃったよ。

♬「デンデンデンデン
デンデンデンデン」

(瀧上)Mr.マリックさん
岐阜出身とか誰も知らないから。

シュッ。
(ちゅうえい)ハンドパワー。

どういうことだよ それ。
(ちゅうえい)ハンドパワー ハンドパワー。

ナイスハンドパワー。
(瀧上)押しただけだよ 最後。

何だ このゲーム。 シュッ。
(ちゅうえい)続いてのアトラクションです。

長野県君だったの? 今。
大丈夫!?

敵みたいに出てきたから!

駄目だよ
そんなタイミングで出てきちゃ。

誰の差し金だ?
(瀧上)差し金とかじゃない。

心臓 刺さってんじゃん 大丈夫?
(ちゅうえい)もわ~ん。

どうやって治した? 今。
どういう治癒方法なの? それ。

どうだった? ギフニーランド。
(瀧上)全然楽しくねえよ。

絶対はやらないよ こんなのは。

もう何でそんなこと言う…。
(瀧上)何で泣いてんだよ。

真夏の大冒険。
(瀧上)うるせぇな もういいわ。

どうもありがとうございました。

[あなたのそばに
いるかもしれない]

あの 探偵さん。
(サイトウ)ヤマナカさん どうされました?

あの 浮気調査の結果が
どうしても気になってしまって

今日 店 閉めて こちらの事務所に
足 運んでしまいました。

そうでしたか どうぞ。
(上田)すいません。

で どうだったんでしょうか?
浮気してたんでしょうか?

これを。
(上田)ああっ! ああ…。

嘘だ… 信じられない。
あり得ない~…。

うちの…。

うちのラーメン屋の常連さんが
他のラーメン屋で ラーメン食べてる!

これ 浮気ですよね?
(サイトウ)浮気ですかね?

浮気でしょ!
だって この人 週に2回

多いときで週3回
うちでラーメン食べてたんですよ。

もう絶対
常連 確定じゃないですか。

だから こっちは
常連扱いしてたのに。

だから こっちは
トッピング サービスしてたのに。

ふざけるな! 煮卵 返せ!

ヤマナカさん?
(上田)私もね 誰にだって

煮卵あげるわけじゃないんですよ。
(サイトウ)ヤマナカさん?

この人だって決めた人にしか
煮卵あげないのに。

それなのに! ウエッ…。
(サイトウ)ヤマナカさん!?

(上田)賄い 吐いちゃう。

賄い 吐いちゃうよ
こんなんだったら。

あ~あ。
へ~ こんな顔して すするんだ。

初めて見た。
これ どこのお店ですか?

それは表参道です。
(上田)表参道!

ずいぶん 小じゃれたとこで
浮気するんですね。

つまり あれですか?
うちみたいな笹塚の家系は

お役御免ってわけですか。
(サイトウ)そんなことないんじゃ…。

そうでしょ。
お客って みんな そう。

お客って みんな
浮気する生き物だから。

「いや 違う 違うんだ。
同じもんばっか食べてたらさ

他のもん食べたい みたいな気分
あるじゃん」とか言っちゃって。

取っ換え引っ換え 店をかえ
結局あれじゃん。

食べたいだけじゃん!

自分の食欲を
満たしたいだけじゃん。

食べたら すぐ帰るし。
食べたら おしまい。

こっちからしたらね
お客なんて みんな 食い逃げ。

(サイトウ)いや さっきから
何言ってるんですか?

もういいです!
表参道でしたよね。

ヤマナカさん どこ行くんですか?
(上田)どうして うちの大事な

常連さんに手 出したのか
直接 お聞きしたいんです。

(サイトウ)ヤマナカさん
そのことなんですが…。

これを。
(上田)えっ! ああ…。

嘘でしょ。 えぇ~…。
そば屋 行ってる。

うどん屋 行ってる。
パスタ屋 行ってる。

片っ端から麺いってる!

とんだ勘違いでした。
(サイトウ)ヤマナカさん。

本命 ラーメンだと思ってたのに。
(サイトウ)ヤマナカさん?

遊び気分で ラーメンいじられた。
(サイトウ)ヤマナカさん。

だってそうでしょ!
私 この人 名前も知らないのに…。

だ~れ この人 何て人?

すいませんでした。
家系は 家に帰ります。

さよなら。
(サイトウ)ヤマナカさん!

(上田)何ですか!
(サイトウ)私 家系 好きですよ。

(上田)えっ?
(サイトウ)いや 家系ラーメン好きなんで

今度 食べに行かせてください。
(上田)あっ… あっ…。

じゃあ よかったら
今晩 うちでラーメン…。

さすがに はしたないか。
(サイトウ)何を言ってるんですか?

ごめんなさい よかったら これ。
それじゃ!

煮卵サービス券?

[ヤバいのは どいつ?
演技派コント師]

おお 市川 気合 入ってんな。
(市川)先生。

いよいよ追試だな。
勉強は ばっちりか?

ああ 先生が
毎日 補習してくれたおかげで。

(松本)そうか。
(市川)先生 俺 絶対

この追試 合格して
高校 卒業すっから。

ああ。
しかし立派になったもんだな。

どうしようもないワルだった
お前が

倒れたお母さんのためにって
必死に勉強 始めてな。

高校ぐらいは出て
安心させてやりてぇから。

(松本)そうだな。 俺もな
お前が 無事 追試を合格して

卒業してくれることを信じてる。
(市川)先生…。

大丈夫だ お前なら。
自信持て!

頑張ってきたもんな。

疑ってんのか?

先生 俺が どっかに
カンペ仕込んでるって疑ってんのか?

何言ってんだよ。
俺が お前を疑うわけないだろ。

疑ってるよね?
(松本)疑ってないよ。

先生 俺 変わったんだよ。
もう ひきょうなまねなんか

しないって。
(松本)分かってるって。

お前が…。

背中にもないよ。

先生の背中に 答え貼って
見たりしないって。

写真?

(市川)「ホントに市川かなぁ?」
じゃねえよ!

替え玉なんかするわけねえだろ
誰だと思ってんだよ?

カヤヌマ カヤヌマじゃないか?
うちのクラスの。

何でだよ 確かに俺とあいつは
よく似てるけど

あいつは坊主で もっと芋くさ…。
あっ。

あっ。

すいません。
(松本)カヤヌマだ~!

うわ~! カヤヌマだ~!
(市川)バレた~!

疑ってよかった~!
お前 ばっちりカヤヌマじゃねえか!

頼まれて… 市川君に頼まれて。

市川君が
原付より速い自転車くれるって!

ねえよ そんなの!
お前ら うり二つだからって。

市川 呼んでこい!
(市川)はい!

あ~っ!
(松本)カヤヌマだ。

めっちゃ頭良くて
あの走り方で陸上部より速い

カヤヌマだ!
≪(市川)先生~!

すまねえ バカなまねしちまって。
もう1回 チャンスくれ!

カヤヌマ~!
(市川)あ~っ!

カヤヌマだ。

ジーパンで雑巾を作ってきた
カヤヌマだ!

(市川)先生!
すまねえ バカなまねしちまって。

もういい もういい カヤヌマだろ。
(市川)いや 今度こそ市川だって。

(松本)ヅラ取ってやる。
(市川)ちょっ やめろ やめろ。

てか待て。 先生こそ誰だ?
(松本)あっ?

(市川)オオヌキじゃないか?
よく見たら。

松本先生に憧れてて
たまに松本先生のふりして

教室 入ってくる大変人。
(松本)何言ってんだ。

俺が そんな…。
(市川)オオヌキ~!

あ~っ!
(市川)オオヌキだ~!

歯ブラシを耳かきにして…。
(松本)そんなわけねえだろ!

カヤヌマ~!
(市川)あ~っ!

カヤヌマだ。

[今夜…]

うわぁ 気持ち悪い。
ああ もう最悪!

≪(ノック)
(お抹茶)開いてる。

お邪魔します。 へ~。
結構女の子らしい部屋なんだな。

そんなこと どうだっていいから。

Gが出たのよ Gが。
カサカサって。

あのさぁ
いくら近所に住んでるからって

そんなことで呼び出すなよ。

そんなことって何よ。
あんたが連絡つかなかったら

110番する予定だったんだから。
(森本)絶対やめとけよ。

お前みたいなやつがな
日本を駄目にしてんだよ。

じゃあ もう早く退治してよ。
ベッドの下にいるから。

あぁ ったく…。
しょうがねえなぁ。

あっ あっ あっ あっ…!
何 何 何…!?

(お抹茶)出たー!

私のうちに勝手に上がり込んでは
ベッドの下に潜り込む

Gことゴトウよー!

110番しろー!

ガサガサ。
(森本)あー! 怖い怖い怖い!

早く退治してよ!
(森本)無理 無理!

武器 弱い 武器 弱い!
(お抹茶)もう貸して!

えいっ! えいっ! えいっ!

(櫻田)カサカサ。
(お抹茶)ああ また…。

クッソ… 逃がした。

今度こそ退治してやるんだからね。

よし 後は任せたぞ 森本。

(森本)警察に任せろ!

これ 素人が手 出しちゃ
いけねえやつじゃねえか。

何すんだ。
(お抹茶)「お前みたいなやつが

日本を駄目にする」でしょ?
(森本)事情が違う 事情が。

逮捕しなきゃいけない あいつは!

≪(櫻田)ガサガサ ガサガサ。

(森本)うわぁ… 全然慣れない。

早く退治して!
(森本)ちょちょ ちょっと待って。

いったん…
いったん話し合いましょう。 ねっ。

あの すいません 初めまして。
あの あなた なぜ

この方のベッドの下に
潜り込んでしまうのでしょうか?

ばあ。
(森本)怖い 帰る帰る帰る…!

早く退治して!
(森本)もうやだ やだ!

ごめんなさい! ごめんなさい!
(お抹茶)いけいけいけ!

飛ぼうとしてるー!

ちょっと待って ドア開けろドア!
このまま逃がす! ドア開けろ!

あっ あっ あっ あっ…。

(お抹茶・森本)ハァ ハァ ハァ…。

ちゃんと逃がした?
(森本)うん。

今 信号待ちしてる。
(お抹茶)よかった。

ありがとね。 森本君って

意外と 男らしいとこ あんじゃん。

切り替え早くない!?
あれの後に このムードいける!?

実はね 私 この部屋に
男の人 入れるの初めてなんだ。

2人目 2人目。 絶対2人目。

私… ずーっと前から
森本君のこと…。

えーっ! 何で何で何で…!?
(お抹茶)キャーッ!

Gは1人いたら
100人はいると思えー!

(森本)110番しろー!

いいじゃないの? え?
♬「掻き毟った午前16の…」

ぽんぽこと申します。
お願いします~!

何? 何? ちょっと。
いいじゃないの? え?

今日は吉日 今日は吉日。

うちの『チャイルド・プレイ』とね…。
(高木)ピッ。

その共犯者で…
やっております。

あーっ!

たぶん「よろしくお願いします」
って言ってます。

まあまあ
いきなりなんですけどもね

子供の頃ってさ
いろんな遊びしてたでしょ。

あ~ 犯罪すれすれのね。

そんな ギリギリのことしないでしょ。

フフフフ。
(そえじま)何して遊んでたの?

うんとね
校長室のドアノブなめてた。

バカじゃないの ホントに。
ドアノブなめると何かあんの?

校長のその日の体調が分かります。
(そえじま)全然楽しくないじゃん。

(そえじま)罰ゲームだよ それさ。
(高木)あっ あっ あっ。

もうちょっとさ
普通の遊びしなかった?

う~ん まっ 強いて言えば
なぞなぞを少々。

あっ なぞなぞね。 俺もやったわ。
(高木)えっ。

久々やろうよ。
(高木)いいよ!

いい?
じゃあ 問題出して 出して。

では 30と40の
なぞなぞをご覧ください。

いや 恥じいわ 何か。
言わないでいいでしょ。

第1問 パンはパンでも
食べられないパンって な~んだ?

いやいやいや
簡単過ぎるでしょ これ。

フライパンでしょ?
みんな知ってるわ。

違うよ。
(そえじま)違うの?

じゃ 答え 何よ。
(高木)答えは

あなたが触ったパン。
(そえじま)いじめだよね それ。

個人的な感情 入ってきてんじゃん
もう。

近所のニートも言ってた。
(そえじま)誰なんだ そいつ。

腹立つわ。
ちょっと待って 待って…。

何?
(そえじま)こんなのさ

全然なぞなぞじゃないよ。
(高木)それ 昔さ

校長にも言われた。
(そえじま)まず誰と遊んでたんだ。

もういいよ。
どうもありがとうございました。

ママ~! ん~っ! ん~っ!

あ~っ!
(長濱)アハハ…。

[顔も動きも全部ヤバい!]

10, 100…。

ああっ… カハッ…。

ふにゃふにゃやな。

もうちょっとやらなあかんのかな。

腕立てして 汗かいて
ベットベトやな。

カチカチで
サラサラになりたいのに

ふにゃふにゃで ベットベトやな。

(♬『Mr.ファントム』)

♬~

♬「じれったい頭を掻き毟った
午前16の転調」

♬「意味のないフレーズに犯されて
また横になった」

♬~

♬「その音は やがて綺麗な闇を
掴んでは負に向かって」

♬「知らない顔した拍子が
線を描き重なっている」

♬~

♬「ハウリングの感触を
まだ知らない存在感を」

♬~

♬「まだ知らないはずの
存在の音」

♬「狂っちゃいなよ」

♬「ハウリングの感触を
切り腐った感覚を」

♬「ハウリングの感触を
まだ知らない存在感を」

♬「君の音は 僕の手に
壊してさ 引きつけて」

♬「今 誰も知らない事
君は もう知ってんだろう?」

♬「君は もう知ってんだろう?」

♬~

カチッカチで サラッサラ。

どういうネタやねん。
ヤバい。

あ~ ヤバかったね。

気になった方いましたか?
皆さん ヤバかったんですけど

ゾフィーさん 面白かったですね。
面白いね。 いい設定ですよね。

浮気っていうのは
よくね 男がね 違う

たまには こういうの
食べたくなるっていうことを

言ってしまうのを
ちゃんとラーメンとして。

支配人どうですか?
一番最初の 5GAP?

あれ 面白いですね。
5GAPって もう…。

全部ボケ。
あれがすごいっすよね。

フリとか伏線とか知らない。

流れ星☆さん 『ネタパレ』の…。

そして最後のね。

ヤバいネタやったね。

さあ 長濱さん
話してみたい芸人さん いますか?

ぽんぽこさん 私 初めて
拝見させていただいたんですけど。

一瞬で ちょっと
とりこになっちゃいました。

(エレベーターの到着音)
(高木)よろしくお願いします。

世界最大級のアイドルフェス
TOKYO IDOL FESTIVAL2021が

10月に開催します。
私 長濱ねるが

今年から
チェアマンを務めさせていただきます。

とても熱いフェスです。
ぜひお台場に遊びに来てください。

(エレベーターの到着音)

よろしくお願いします。
(そえじま)お願いします。

(そえじま)いやいや 「いん」って。
大先輩ですよ どんな返事ですか。

僕が15年
ちょっと バラバラなんすけど。

40歳なの? ホントに。
はい ホントに40です。

40歳と…。

広いね。
10歳ずつ違うねや。

でも まっすー
すごい情報があるんですよね?

そうなんすよ。
あるお笑いライブで…。

え~?

(そえじま)急に言われて。

7年!?

特に… このまんまっちゃ
まんまなんすけど

でも…。

(そえじま)結構うまいっす。
もう一緒に住んでる?

(そえじま)僕の…。

えぇっ!?
(そえじま)そうなんすよ。

こういう感じで見てる…。

(そえじま)
そんなあからさまに出さない。

でも…。

そうなんです。

何ずしでもいいけどね。
(高木)フフフ…。

ニュースターパレード
グランドチャンピオンシップ開幕。

[ニュースターパレードに登場した
88組の中から

真のニュースターが決まる]

当劇場が責任を持って
決めさせていただきます。