セブンルール【内気な少女が「バービー」になったワケ…▽(秘)新婚生活】[字][解]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

セブンルール【内気な少女が「バービー」になったワケ…▽(秘)新婚生活】[字][解]

内気だった北海道の少女が、自由奔放芸人「バービー」になったワケ…▽実業家・下着プロデューサー・新妻…七変化する彼女の顔から見えてくる7つのルール

番組内容
◎“今、最も見たい女性”“今、最も見てもらいたい女性”を7つの「ルール」で描き出すドキュメント!

▽今回の主人公は、お笑いコンビ“フォーリンラブ”・バービー。自由奔放なキャラクターでバラエティー番組を中心に活躍する一方で、芸人としての枠を超え多方面で才能を発揮。執筆活動やコメンテーターに加え、大手下着メーカーへ自らデザイン画を持ち込み、下着のプロデュース業も行っている。さらに、
番組内容2
自身の地元・北海道の地域再生に努めるなど、実業家としての顔も併せ持ち活動の幅は広がり続けている。

▽今回カメラは、幅広い現場で活躍する彼女の日常に密着。内気だった幼少期から、たどり着いたお笑いの舞台で、ありのままの姿を通して伝えたいこととは何か。お笑い芸人・バービーの7つのルールに迫る。

▽さらに、今年4月に結婚した、6歳年下・一般男性との新婚生活にも密着。夫婦間のルールに、スタジオも爆笑!?
出演者
【スタジオキャスト】
青木崇高/尾崎世界観(クリープハイプ)/長濱ねる/本谷有希子/YOU

【ナレーター】
小野賢章
出演者2
【今週の主人公】
バービー(フォーリンラブ)/北海道出身37歳。
大学卒業後、放送作家を目指し、養成所へ。
その後、芸人に転身。2007年にハジメと「フォーリンラブ」を組むとネタ番組などで大ブレイク。現在は、芸人の枠を超え、下着プロデューサー・実業家・コメンテーターなど、幅広い分野で活躍している。
ご案内
◎公式ホームページ
http://www.ktv.jp/7rules/
◎公式ツイッター
@7rules_ktv
◎公式インスタグラム
@7rules_ktv
◎公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCCJXsrnSZ5OgS4xOeuITEmA

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 青木
  2. 彼女
  3. 本谷
  4. 長濱
  5. 活躍
  6. スタッフ
  7. ズル
  8. ルール
  9. 自分
  10. 尾崎
  11. テレビ
  12. バービー
  13. ハジメ
  14. バラエティー番組
  15. フォーリンラブ
  16. プロジェクト
  17. プロデュース
  18. 結構
  19. 自分自身
  20. 実業家

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(青木)えっ? ははははっ。
(YOU)踊ってる。

(ナレーション)「セブンルール」
今回の主人公は…。

(バービー)貯金してください。

あなたの愛を。

(ハジメ)イエス。
(2人)フォーリンラブ。

2008年 このフレーズで
ブレークを果たし

自由奔放なキャラで

バラエティー番組を中心に
活躍する彼女。

(バービー)

その活躍は 芸人の枠を超え…

さらに…。

自ら 大手下着メーカー…

(長濱)大人気で
買えないぐらい すごい…。

(本谷)美意識
すごい高い方な印象があって

すごいフォトジェニックな写真
撮ったり

ファッショナブルな格好を
し始めた

はしりだった気がするんだけど…。

ほかにも 地元 北海道の
地域再生に努めるなど

実業家としての顔も併せ持つ。

(大島)

そして 今年の4月には…。

入籍いたしましたので

皆さまに
ご報告させていただきます。

ふふふふっ…。

ははははっ。

公私ともに順風満帆に見える
彼女だが

人知れず抱えている思いが…。

なんか…

イジられ 笑われ…。

それでも自分自身の姿を通して
伝えたいこと。

お笑い芸人 バービーの
7つのルールとは…。

「セブンルール」 始まります。

大阪でのテレビ収録。

いやいや もう… どうぞ…

座ってください。

本番2時間前
番組スタッフとの打ち合わせ。

ああ~ はい。

打ち合わせで
彼女が気になったのは…。

いいですか?

オープニングの演出について。

さらに リハーサルでは…。

カメラの動きを自ら指示。

(スタッフ)20秒前で~す。

みんな 元気にやってる~?

ははははっ。

こんな湿った日はさ

み~んなで
楽しいことしな~い?

ははははっ。

「2時45分からは スローで
イージーなルーティーンで」

始まっちゃうよ~!

テレビって バ~ッて

ザッピングして見てる人たちが
多いと思うんですけど

目を引くってなったら…

ちょちょ ちょ…。
(スタッフ)あれ?

ねえ。

この日は コンビそろっての…

(ハジメ)

(青木)こちら用で。
(長濱)何用なんだろう?

明るいキャラクターで
人気者になった彼女だが

もともとは
内気な性格だったという。

1984年 北海道生まれ。

大学卒業後
テレビの放送作家を志し

養成所の門をたたいた。

しかし…。

その後
イモトアヤコとコンビを組むも

ほどなくして解散。

そんなとき 声をかけてきたのが
相方 ハジメだった。

なりふり構わず
テレビで もがいているうちに

いつしか
明るい性格になっていた。

どんどん どんどん…

…になってったと思いますね
多分。

派手な服装が
トレードマークの彼女。

服選びにもポイントが…。

そのために
体重キープも欠かさない。

から揚げ 食べんの?

理想の曲線美を保つため

体重は
72kg前後を目指している。

ああ なんか こう…

休日 自宅に お邪魔すると…。

ん?

3年前に出会った
6歳年下のご主人。

はい。

うん。

はい…

(スタッフ)えっ?

(青木)へえ~。

お酒が好きな2人は
出会ったその日に意気投合。

ふふふふっ。

そういう…

ははははっ。
(長濱)かわいい。

互いに尊敬し合う2人だが
時には ぶつかることも…。

はい。

そうですね。

そんなとき
仲直りの印に行なうのが…。

(青木)おっ? はははっ。

はい。 ふふふふっ。

ははははっ…。

はあ~!

ははははっ。
ははははっ。

(本谷)何? これ。

やめろよ。
うん… う~ん うん!

かわいい。

ははははっ。

(青木)すごい楽しそう。

かわいかったね
夫婦の背負い投げ。

最高でしたね。
ああいう なんか 約束…。

(本谷)ないですか?
(青木)ええ~?

恥ずかしいの ください。

(青木)

ははははっ。
(青木)いろいろ…

いわゆる 甘いものとか

ちょっと 冷蔵庫 なんか 見て
みたいな…。

ああ~ みたいな。
ええ~ 効かない? みたいな。

むずいよね 1個の
その決め事で終わりにするって。

(青木)そういうルールを作るの

女性側だったりするじゃ
ないですか。

いや ほんと そんなんじゃ
ないからって言われたら

もう 終わりますよね。
すごい 女子 言いそう!

いやいや いやいや…
いやいや いやいや 決めたやん…。

いや 何 笑ってんの?
みたいになる…。

(長濱)はははっ。
(尾崎)はははっ。

いやいや いやいや…。
(YOU)

(尾崎)ははははっ。
(本谷)始まってる。

ああ…。
(本谷)そうなる瞬間 いいな。

お前が作ったルールじゃん!
(青木)俺の…。

ウソだろ? みたいな。
(長濱)かわいそう。

この日 訪れたのは…。

2年前から 下着のプロデュースを
行なっている…

プロデュースを始めた きっかけ。

それは 自分自身の
ある悩みからだった。

風潮がっていうか…

そこで 自ら デザイン画を描き
さまざまな会社に売り込んだ。

すごい。

さらに 彼女の活動は

下着のプロデュースに
とどまらず…。

地元 北海道で
50万円の古民家を購入し

観光客を呼び込む
町おこしプロジェクトを設立。

へえ~。

さらに
農家のための通販サイトを

自費で立ち上げるなど
実業家としても活躍する彼女。

その活動には こんなルールが…。

実業家としてのプロジェクトは
全て

融資を受けず
自腹で取り組んでいる。

(青木)ふ~ん。

ふふふふっ。 なんか…

ふふふふっ。

週に一度
コメンテーターを務める

情報番組の生放送。

(恵)

コメンテーターを務めて1年。

最初は ネットでの批判も
多かったという。

(長濱)う~ん…。

幅広い現場で活躍する彼女。

その陰で 日々
欠かさないことがある。

新しいプロジェクトや
プライベートのことまで

今 やるべきことを整理する。

ははははっ。

仕事終わり
彼女が向かったのは…。

(青木)ふふふっ。

忙しい日々の合間を縫って

月に一度は
こうして 1人飲みを楽しむ。

(本谷)おっ。

ははははっ!

ははははっ!

クラブ?

芸をするとき
心に決めていること。

レギュラーを務める
テレビ番組の収録。

(村上)

(村上)はっ!
(スタッフ)ははははっ。

フォーリンラブを結成後

わずか1年足らずで
数々のバラエティー番組に出演。

その一方で こんなことも…。

なんか…

バラエティー番組で
活躍することが

逆に 誰かを傷つけていた。

そんな経験を経て
彼女が心に決めたことがある。

モヤモヤ~ フウ~!

またね~!

自虐はしない。

それは
お笑い芸人としての武器を

1つ 捨てること。

内気だった少女が

周りに流され たどり着いた

お笑いの舞台。

イエス。
(2人)フォーリンラブ。

自分自身を通して
今 伝えたいこと。

その生き方が
誰かの勇気になりますように…。

そう願いながら 彼女は
自分らしく生きていく。

(尾崎)いろいろ葛藤しながら
たどり着いたんだな

っていうのが わかりましたね。

彼女が連載してる…
なんだったかな?

記事を読んだときに
すごい しっかりした考え…。

そうだよね。
(本谷)持ってると思って。

なんか 割と こう… それまでの
女性芸人さんの流れと

違う動きをしてた人だな
っていう印象。

(本谷)見てた人が
「自分が虐げられる存在なんだな

と思いました」って
言ったとしても

あっ 申し訳ないことしたなって
思うんだと思って。

なかなか思えないですよね。
(本谷)でも 確かに

自虐は 気分悪いとき あるもんね。

自分も結構やるので…
まあ ズルい…。

あっ ズルいよね。
(青木)ははははっ。

(長濱)えっ わかります。
ズルいは ズルいよね。

ははははっ。
(本谷)なんだろ。 やめたら?

そんなことないよって
言われるかと思った…。

(笑い)

(本谷)いやいや いやいや…。
よくやるね。

ああ そうか…。
(長濱)でも わかりますよ。

コンプレックスを
言われるほうが傷つくから

先に言っちゃおう…。
(尾崎)でも そういう

恥ずかしいところに
表現することが

結構あるんですよね
自分の中では。

そういうところで
歌詞にしたり 文章にしたり。

なくすっていうのも やっぱ
もったいないなと思ってて

結構 財産でもあるので。

そこ バランスですね。

[今週の
『ドリームバイト!』は…]