アウト×デラックス【釣った魚で水着作るグラビアにハプニング連発!】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

アウト×デラックス【釣った魚で水着作るグラビアにハプニング連発!】[字]

マツコ大興奮!釣った魚で水着作るグラビアにハプニング連発!衝撃作

番組内容
独特の世界観を持って生きているこだわりの人たちを招き、矢部浩之、マツコ・デラックスとアウトなトークを展開するトークバラエティー『アウト×デラックス』。
干物グラビアアイドル・吉野七宝実が自ら釣った魚を身にまとい、グラビアカレンダーを作成するアウトカレンダープロジェクト第4弾!前回はシースルーカレンダーにも挑戦したこの企画。今回は8、9月のグラビア衣装調達のためロケを敢行。
番組内容2
狙うは黄金の魚・シイラと吉野がこの夏絶対釣りたいと言っていたタコ。しかし、数々の魚を釣り上げた吉野に今回、思いがけないハプニングが起こる…。そして出来上がった鳥肌もののカレンダーとは?スタジオの反応は?
ご案内
“アウトな人”募集中!詳しくは番組ホームページで!! 
http://www.fujitv.co.jp/outdx/index.html 
Twitter公式アカウントはこちら⇒@outdx_fujitv 
https://twitter.com/outdx_fujitv 
〈#アウトデラックス〉でつぶやいてね!
出演者
【MC】
矢部浩之、マツコ・デラックス、山里亮太(南海キャンディーズ) 

【ゲスト】
吉野七宝実 

【アウト軍団】
小原ブラス、戦慄かなの、矢部美穂、横川尚隆(五十音順)
スタッフ
【チーフプロデューサー】
大江菊臣 
【演出】
鈴木善貴 
【監修】
渡辺琢

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 吉野
  2. タコ
  3. シイラ
  4. ヤバ
  5. 黄金
  6. 横川
  7. 衣装
  8. 小原
  9. カレンダー
  10. 今回
  11. 戦慄
  12. 船長
  13. 相当
  14. 漂流物
  15. イェーイ
  16. イカ
  17. ゲット
  18. スタッフ
  19. ホント
  20. ルアー

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



[MC陣が 楽しみで
仕方がないのは 彼女の作品]

[それが…]

[自ら釣った魚を 身にまとって
グラビア写真を撮影し

1月から 12月までのカレンダーを
作る]

[そして 出来上がった作品に
スタジオは…]

[鳥肌ものの
グラビアカレンダーとは?]

(山里)よいしょ! きた!

(マツコ)もう あれなのね。
板付きで 始まるのね。

(吉野)いさせていただきました。
待ってましたよ。 待ってましたよ。

そうよ。

[干物グラビアアイドル
吉野 七宝実による

アウトカレンダー
プロジェクト]

[自ら釣った魚を 身にまとって
グラビア写真を撮影し

1月から 12月までのカレンダーを
作る]

[1月 2月は
荒れ狂う海で 衣装を調達]

[マダイや マハタを釣り上げ

いまだかつて 見たことがない
カレンダー写真を作製]

[3月 4月 5月分は…]

[そして…]

[衣装として 調達]

[スタジオ…]

[さらに 6月 7月は

白身魚の薄造りを使った…]

[魚の背びれを使った…]

[趣向を変えた作品に]

[カレンダープロジェクトは
いよいよ 後半戦へ 突入]

[果たして…]

今回 後半戦に 突入ということで。
前回は 趣向を変えまして

6月が スズキの薄造りを使った

シースルーグラビア。
(矢部)うわ~ いいね。

で 7月はですね カサゴと
メバルの 背びれを使って

高級ランジェリー風。

勢いで見てるから 何となくね

こういうのも ありかなって思って
見てたけど…。

駄目なの!?

今の 2021年基準だと
駄目じゃない? これ。

大丈夫?

何度も 言ってるけど。
俺も やっぱり ここに 来な

見れないじゃない。
(小原)この間 吉野さんの…。

(小原)干物グラビアって。
ニュースになってました 普通に。

(小原)で 僕も 絶対…。

と思って ニュース記事の
下の方にある コメント見たら

一番上に 来てたのが…。

(小原)日本って まだ 何か
耐えられてんだなって

すごい 思った。
新しい時代の扉を 開いてくれて

ありがとう。
ありがとう ホント。

さあ…。

今回 どうでした? 第4弾は。
結構 頑張ったんですけども…。

ハプニング? 何かしら?
何なんでしょう?

[数々の魚を釣り上げた…]

[まずは 8月]

[吉野さんが狙う 衣装は?]

ていう すごい魚なんですよ。
だから…。

[狙うは 黄金の衣装]

[果たして どんな魚なのか?]

[スタッフは…]

[そして これまで 様々な魚を
釣らせてもらっている

アイランドクルーズに
ご協力いただき…]

(吉野)いってきまーす!

[横浜にある港を 出発]

[船を走らせること
およそ1時間半]

[三浦半島の 城ヶ島付近へ]

[すると 目の前に…]

[衣装調達成功を 予感させる

見事な虹が!]

[これは いいことありそう]

[黄金の魚は
このような 海に浮かぶ…]

[海の中を のぞいてみると…]

[この習性を生かし

まずは 船で移動しながら
漂流物を捜索]

[見つけると 船を近づけ
ルアーを投げ入れる]

[そして すぐさま
リールを巻き…]

[黄金の魚が 食い付くのを狙う]

[この釣り…]

[しかも この漂流物は…]

[何回か 投げると…]

(吉野)はい。

[次なる…]

[釣り開始から 1時間]

[パヤオと呼ばれる
魚が集まりやすいポイントへ]

[すると…]

(吉野)いる いる いる!

[船上から…]

[そこには 悠然と泳ぐ…]

(吉野)こうやって…。

(吉野)そう。

[しかし
吉野さんの願いも むなしく…]

[そして…]

[その後も 流木や 樽など

様々な漂流物を 探し出し

投げて 投げて 投げまくる!]

[しかし…]

[まったく…]

[釣れたのは…]

(吉野)あっ…。

(吉野)ごみ 釣っちゃったよ。

[このままだと 8月は

藻グラビアになってしまう]

[これは まずい。 吉野さんの…]

これ ちょっと 引いて
ちょっと 薄目にしてみると

相当 ヤバいですよ
皮目の方が。

ちょっと 薄くして。
ちょっと ぼーっと見て。

ちょっと ぼーっと見て。
相当 ヤバいから これ。

[しかし ここで…]

(吉野)かな?

[3時間以上 一番揺れる
船の先端で 釣り続け

夏の日差しと
海面からの照り返しで

体力は 消耗]

[それでも なお…]

(吉野)いや もう…。

[何とかしたい スタッフは
やむを得ず…]

[当番組の釣りおじさんを 投入]

[過去 何度か 助っ人として
登場した このおじさんは…]

(琢)何だろう? きた!

[船酔いしながらも 釣り続ける
吉野さんのためにも…]

[しかし…]

[やーっぱり 空気を読めず
ただ ただ 時間だけが経過]

後ろ姿 あれ。

[そして さらに 吉野さんの…]

(吉野)何なんだろう?

(吉野)いや 何か…。

[投げた数は…]

[これまでの…]

[そんな中 ふと…]

(吉野)はい。

[小さ過ぎる漂流物のため
期待できないが…]

何で 2投だけ…。
何で 2投って言ったんだろうね。

(吉野)あっ きた きた!
あ~! きた!

(吉野)何だ!? これ!
[海面ぎりぎりで

起死回生のヒット!]

(吉野)きた きた きた きた…!
きた きた!

うわっ 奇麗!

(吉野)やった~!

[太陽の光を浴び…]

(吉野)やった~! 危なっ!

[こちら!]

黄金や。

カッコエエ!

[黄金に光り輝く魚 その名は…]

[大きくなると…]

[過去最大のピンチを 乗り越え

黄金の衣装を使った
8月カレンダー]

さあ では では
お時間 やって参りましたよ。

お待たせいたしました。

そういうことでございます。
さあ では 参りましょうか。

あとは…。

あのシイラだけじゃ
絶対 隠せなかったんで。

さあ 参りますか。
黄金に輝く シイラと

藻で作られました 8月。

このようになってます。
いきましょう。

よいしょっと!

黄金に輝く シイラと
藻で作られました 8月。

このようになってます。
いきましょう。

よいしょっと!

あ~…。

なるほど。 ちょっと…。

そうなのよ!
ちょっと がっくりして…。

藻が すごい でかいのが
あったんですよ。

それこそ…。

藻量が 激し過ぎよ!
(美穂)もうちょっと 何か…。

そうなのよ。
ちょっと 藻が…。

横川さんも
ちょっと 浮かない顔してますね。

どうされたんでしょう?
横川さん どうしました?

あら ヤダ。
隠し過ぎましたかね 今回は。

シイラ くわえてんのは
すごい いいと思った。

あれは すごく いい。
片方 隠してんのね シイラで。

『はじめ人間ギャートルズ』的な
ものなのね あれね。

(吉野)藻が絡まって 揚がってきた
みたいなイメージで 作ってみました。

でも これ 藻の量が もう少し
少なかったら 皆さんも 絶賛の…。

これ 戦慄ちゃん どう?
同じ女性から 見て。

ちょっと ゴージャスに
見えんねんな。 藻が。

(戦慄)そうですね。
(吉野)ファーも イメージしました。

でも これ ちょっとですね
色々 ご苦労がありまして。

なんで 今回
この写真だけ…。

よくね グラビアなんか 撮るときって
基本的に お肌の修整とか

あるんですけども
吉野さんは かたくなに…。

吉野さんは ノー加工です。
(吉野)シイラの方を 奇麗にしました。

シイラだけ すいません!
加工させていただきました。

ブラスも ちょっと 何か 表情…。
何かね ポーズとして

この 脚で こう隠すの…
何ていうの?

この部分で隠すのって 禁止。

あら~。
(小原)藻すら いらないもん それ。

ルール違反になっちゃいました
これ。

何で こんな…。

目線が プロデューサーやねん。
いいの 作りたいですよね!

いやいや でも 皆さん…。

たまに こういうのも
用意しとかないと。

釣りたいと思います。

[実は…]

[吉野さん]

夏になると 東京湾に タコが
去年も おととしも すごい…。

タコ!?
タコ!? これは…。

(吉野)そうなんですよ。 だから
どうやってやろうかって 今から

考えてるんですけど。
ハードル 上がってますね。

はい。 かなり 自由自在なので。
生…。

クルンってね。

(美穂)私…。

墨だ!
墨だ! ビューって。

ビューって 墨 吐いちゃう?

[相当
プレッシャーを感じつつも…]

[一行は 三浦半島沖から

出発地点である 横浜港へ]

[船酔い中の 吉野さんは

移動の1時間半 しっかり 仮眠]

[そして
ポイントに 到着するころには…]

(吉野)
そうそう そうそう。 何か…。

[タコは 意外にも…]

[餌は エギと呼ばれる

エビのような形をした
ルアーを使用]

[このエギを
海の底まで しっかり 落として

強弱をつけながら 動かし
岩陰に隠れるタコを 誘い出す]

[タコが ルアーに抱き付き…]

[早速…]

[不安が押し寄せる]

[相当なプレッシャーを
感じながら…]

[たわいもない雑談中
それは 突然 訪れた]

(吉野)あれっ?

(吉野)あっ きてる!
きたきた きたきた!

(吉野)早く 入れて!

(吉野)イェーイ!

[吉野さん…]

(吉野)素晴らしい!
ありがとうございます。

(吉野)この タコの手 開いた感じ。

(スタッフ)吸い付かれる。

[しかし
喜んでいる場合ではない]

[すると…]
≪船長も 船長も 船長も!

(吉野)ナイス~。

[吉野さんのために さおを
出してくれていた船長が ゲット]

[何とか…]

[と そのとき…]

≪あっ… タコ タコ タコ!
タコ タコ タコ タコ タコ!

(吉野)ナイス~。

[釣りおじさんも ゲットで…]

[すると ここから ミラクル…]

(吉野)きた! きた!
でかい でかい! でかい!

(吉野)イェーイ!

(吉野)タコちゃん!

(吉野)きた! きた!

(吉野)イェーイ!

(吉野)すごいよ~。

(吉野)そうなんですよ。

(吉野)きた!

(吉野)
ヘイヘイ ヘイヘイ ヘイヘーイ。

(吉野)きた!

[怒濤の…]

[そして…]

(吉野)きた!

≪でかい でかい でかい!

(吉野)やった~!

[この日…]

[わずか30分で
合計 10匹のタコ ゲット!]

[さあ 9月のカレンダー写真
いったい…]

いい。 やっぱり いい。
お疲れさまでございました。

(吉野)タコはね めちゃくちゃ
釣れたんで ホント よかったです。

すごかったですね。
タコですよ。

やはり。 お二人も ずっとね…。

そりゃそうですよ。

やっぱ タコですよ。

さあ どんな仕上がりになったのか
いきましょう。

うわ~! うわ~! うわ~!
うわ~…。

おっと… おっと! 横川さん!

横川さん それ
押さえ付けてません!?

どんな仕上がりになったのか
いきましょう。

いきますよ?

うわ~! うわ~!

うわ~!
うわ~…。

うわっ! すげえ!
うわ~…。

吉野さん!

これ すげえな!
これは 皆さまがね 下さった

アドバイスを 全面的に 生かして。
(吉野)全部 入れました。

これは 振り切ったよ。

墨も ちゃんとな。
何をもって ちゃんとなのか

分かりませんが。
さあ これは… おっと!

何か もう…。

4Kの方々なら
確認できると思います。

生々しさが
めちゃめちゃ いいですね。

(美穂)ずんずん きます これ。
山ちゃん 山ちゃん…。

おっと! 横川さん!

横川さん それ
押さえ付けてません!?

ヤバい ヤバい ヤバい!
ヤバい ヤバい! あの子 ヤバい!

(横川)でも 僕の目線だと

吉野さんがいて
画面に映ってるんですよ。

なるほど。
これは もう 最高だと?

頂きました。

(戦慄)あの…。

気になるんですけど…。

(戦慄)え~!
(吉野)タコ自身の ぬめりと…。

マツコさん いかがですか?
タコとの絡み。

確かに
ちょっと 何か…。

人類代表として
犠牲になってるの。

壮大。
「私で よければ」っつって。

その代わり…。

ありがとうございます!
そういうメッセージです これは。

じゃあ 今 曲は
エアロスミスですかね。

そういうことです。
ありがとう 地球を!

地球 助けました。

と思ってるんですよ。

(小原)顔に出てるの それが。
あれは もう…。

なるほど!

[ちなみに…]

(吉野)うーん!
めちゃくちゃ おいしいです。

[今回 衣装になった
タコ シイラは

吉野さんが 自ら さばいて 調理]

(吉野)うーん!

ここで 皆さん ボルテージ マックスかも
しれませんけど あと3カ月

ございます。
これ すごい ここで…。

そうですね。 結構 大作
持ってきちゃったなって。

アブラボウズと タコは

やっぱり 突き抜けてるよね。
はい。 何 狙う?

(吉野)
一応 今 考えてるのは あの~…。

コラボすんねや。

ロケに 同行させていただけたらな
と思ってて。

(吉野)マグロです。
ちょっと 調整中なんですけど。

ちなみに 吉野さん…。

ちょうど この時季になると…
夏 相模湾に入ってくるんですよ。

これくらいの。
いやいや…。

何あれ?

ホンマやな。
どういう釣り会だ? これは。

(吉野)違います これは。

これは 私の活動を この船の方が
応援してくださってるんで。

あれ 何マグロ?

キハダって あんな おっきくなんの!?
(吉野)これは 結構 でかいです。

あれって でかい方だよね
キハダにしちゃね。

まあ 平均的なサイズだと
30kgいくぐらい。

ちょっと 何で…。

うるさいねん。 うるさいねん!

何を… 何を話してんだよ!?
あのジジイたちは。

本番中や!
吉野さんに… こっちの方で…。

演者が しゃべってんねん!
そうよ。 お前 それ…。

何 みんなで けんけんがくがく
ジジイが もんでんだよ ホント!

これぐらい チーム一丸となって
作ってる カレンダーでございますから。

じゃあ マグロは 取りあえず
決まりました。 その後は また

おいおい 考えてくって感じ?
(吉野)そうですね。 あと…。

まだ やってないので。

より 鋭角的になるのね。

危険よ! イカは。 イカはね…。

すごいんだから イカ。
ピュッ! って動くから あいつら。

あかんの?

甲殻類!

アホや。

カニフェア やるかもしれないです。
12月… まあ 冬かな?

冬だね。

ほぉ~! 31日分!
12月だけ 日めくりで。

カレンダー めくったんですね 今。
カレンダーを めくったのよ 今。

(中嶋)告白されたら 断れなくて
付き合ったこと 何回か あります。

[次週 どんな頼みも断れない
アーティスト]

断れなくて 付き合ったことも
何回か あります。

「1人 足りないから
入ってほしい」って言われて。

1人だけ ノッてないの
伝わってくるよね あれ。

[『アウト×デラックス』は…]