それって!?実際どうなの課[字]【激安(秘)ワケあり物件を調査】【運送業の世界に潜入!】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

それって!?実際どうなの課[字]【激安(秘)ワケあり物件を調査】【運送業の世界に潜入!】

世の中のウマイ話を検証するドキュメントバラエティー!

【狩野英孝&大島てる ワケあり物件の見抜き方】
【年収1000万円以上稼げる?運送業の世界に潜入】

出演者
【MC】生瀬勝久

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)/狩野英孝/大島てる/アキラ100%
番組内容
①【ワケあり物件って実際どうなの?】
立地も間取りも良いのに、何故か激安…。
そんな“ワケあり物件”を、狩野英孝とともに巡るこの企画。
果たして、狩野は物件に隠れた「ワケ」を見抜けるのか?
今回もあの「大島てる」と共に推理する!
番組内容2
②【大量の荷物を運び続ける“運送業”にアキラ100%が潜入!】
年収1000万円以上稼げる!?
トラックの運送の世界に潜入!
重さ20キロの肥料、30キロの床材を運びまくる!そして、運送業の意外なからくりも登場!壮絶な力作業、アキラ大丈夫か!?
制作
【構成】松本建一【演出】立澤哲也【企画・プロデュース】簑羽 慶(中京テレビ)
URL
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
情報/ワイドショー – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 狩野
  2. アキラ
  3. 大島
  4. 森川
  5. 大熊
  6. 物件
  7. 作業
  8. ハハハ
  9. 部屋
  10. 瑕疵
  11. 今回
  12. 運送業
  13. 肥料
  14. ワケ
  15. 金川
  16. 最後
  17. 増築
  18. 調査
  19. 仕事
  20. 事故物件

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥980 (2021/10/24 19:27:40時点 Amazon調べ-詳細)

<いわくつきや
事故物件とも呼ばれ

恐れられつつも
安い家賃ということもあり

一部には…>

<しかし一方で…>

<ということで今回は
皆さんも実践できる…>

<…を調査>

(狩野)どうも!

(森川)あぁ~ ちょっと。

<そしてワケあり物件といえば
この2人>

<今夜は…>

<…を徹底調査>

<果たして2人は…>

(生瀬)さぁ 始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です
よろしくお願いします。

(大吉)お願いします。
(森川)お願いします。

(大島・森川)ハハハ…[笑]
てるさん。

(森川)ハハハ…[笑]
そんなことない。

(大島)確かに。

(狩野)さぁ というわけで
本日もよろしくお願いします。

大島さん 大熊さん。

(大島さん)ハハハ…[笑]
(狩野)何か…

(大島さん)そうですね。

…続いてますよね。

<この企画は
今回で8回目>

<今までに…>

<…を巡って来たが…>

(狩野)何かね…

[セミの鳴き声]

<ちなみにワケあり物件は
以下の4つに分類されている>

<瑕疵とは傷や欠点という意味>

<そして心理的瑕疵が
いわゆる事故物件を指す>

<そして
これらのワケあり物件は

必ず事前に入居者に…>

<…がある>

<不動産広告に…>

(狩野)はいはい。

(大熊さん)あぁ~。
(大島さん)ハハハ…[笑]

<この番組の おかげで
私生活での…>

<…狩野>

<そして今回も
どんなワケありかを2人が…>

<それを通して改めて…>

<本日 最初の
ワケあり物件は…>

<ワケがあることで
およそ1000万円

安くなる物件>

よし これ当てよう。

(狩野)なるほど。

(狩野)…ていう感じは。
(大熊さん)そうですね。

(狩野)レトロ まぁレトロね。

(狩野)セコム的な?

<監視カメラの理由を
考えつつ…>

(狩野)わぁ~。

(狩野)おぉ~。

これ ちょっと待って 何か…

だいぶ古いな。

<昭和感 漂う 最初の部屋へ>

(狩野)怖い あぁ~。

(狩野)ホラー映画とか
ドラマとかで見るような家だね。

怖いよ。

まず1個 気になるのが…

(狩野)年配の方が住んでいた
可能性が高い。

見てみるとさ…

<しかし そんなことよりも…>

<果たして中身は?>

(狩野)まぁ もちろん中は
空っぽですけど。

<しかし>

(狩野)EIKO金庫ですね。

(森川)ハハハ…[笑]親近感。

(狩野)ちょっと1回…

(狩野)住んでる人の…

<ここを どう見るか?>

(大島さん)ちょっと暗いので
ここを開けると。

(大島さん)…だろうなと。

<これは場所によって
その割合が定められている>

<簡単に言うと土地いっぱいに
建物は建てられないということ>

<こちらの家は…>

<そして続いての部屋へ>

(狩野)えっ!

<狩野…>

(森川)そのまんま?

(狩野)何かね…

<なんと ダイニングと
おぼしきエリアに…>

<…が残されている>

(華丸)緑川さん呼ばないと。

<中を見てみると>

(狩野)ずっと残ってるんだけど。
あれ?

(狩野)えっ じゃあ これ何?

<さらに…>

(狩野)こっちからも いけるし。

こっちからも いける。

(森川)いい冷蔵庫。
(大島)あるね。

(狩野)そこの住人が急にパッと

いなくなってしまった
状況なんじゃないかな?

例えば…

<これに関しては…>

(大島さん)私は…

差押さえ。

住宅ローンを返せなくなって

強制的にオークションに
かけられると。

<その後 残置物から
ヒントを得ようとするも…>

<しかし ふと…>

(狩野)えっ?

(狩野)…つけてるの?って
感じなんですけど。

<すると…>

(狩野)ここに…

(狩野)そのベッドっていうのは…

<その他 車庫にある残置物や

お風呂場を調査したが

これといった…>

生活感 残りすぎですもん。

<しかし すでに皆さんが見ている
映像の中に…>

<続いては2階を調査>

<まずは階段を上がって
左手の…>

<しかし狩野が…>

<…狩野が>

<傾き加減を得意の
体感ヤジロベーで計測>

(狩野)…感じがする。

<そう…>

<しかし この家の傾きは

何度以上 傾いたら
アウトという…>

<一般的な傾きの許容範囲は…>

<…と いわれているが

これは あくまで
基準にすぎないのだ>

<しかし
こちらの表にあるように

0.6度 傾くだけで

めまいや頭痛を起こす人も
いるという>

(狩野)ほら。

<これに対し…>

(大島さん)
ボコボコするっていうのも…

むしろ…

<果たして…>

<続けてダイニング上部にある
洋室を調査>

(狩野)ここは洋室だ。

何か 例えばね ポッと出てきた
洋室とかだったら

リフォームしたのかななんて
思うけど ここは…

(狩野)むりくり洋室にしたって
感じは ないですね。

<そして2階 最後の部屋を調査>

(狩野)あれ?

<どうした?狩野>

(狩野)えっ 何?これ。

(狩野)床が。

<狩野が注目
したのは…>

<…に分かれた
おかしな床>

(狩野)…だろうなって感じは
あるんですけど。

(狩野)かといって新しい方が

最近 替えたかって言ったら
そうでもないんですよ。

(狩野)ここに…

(狩野)…家ですよっていう
可能性もあるね。

<つまり狩野は2つ前の
住人が原因で事故物件となり

その当時にリフォームしたと
推理した>

(狩野)あれ?何?これ。

(狩野)こっち外だもんね?

<なぜか部屋の内側にある窓>

(狩野)何?これ。

(狩野)うわっ!

(森川)えっ 何?

(狩野)えっ 何?この窓。

(狩野)あたかも
外に つながってる空気

醸し出してる窓ですよね。

<なぜか室内から室内を
眺められる窓>

(森川)どういうこと?

(狩野)でも確かに…

(狩野)それこそ…

<しかし ここで狩野が…>

<…を見せる!>

(狩野)やっぱ…

(狩野)これ…

<以上で…>

<狩野は この部屋を
増築したことが

瑕疵に あたると推理した>

<それでは…>

<そんな大島てるの
推理は?>

(大島さん)はい えぇ~ 法的…。

(大島さん)ハハハ…[笑]
いや ちょっと これ…

(狩野)いやいや[笑]

<そう これ大島てるが
推理中に見つけて

肌身 離さず
持っていた…>

(大島さん)
欲しいんですけど。

<実は 大島てるは
事故物件と同じくらい…>

何?その情報。

(大島さん)一択。(狩野)一択!

(大島さん)あまりにも
ピチピチに建てすぎている

ということで
建ぺい率オーバーで…

<大島てる この物件を
法的瑕疵と…>

<これに対し…>

(大熊さん)はい。(大島さん)はい。

(狩野)これ 増築したんじゃ
ないかなと 思うんですよ。

そこの ガレージの上の部屋。
(大島さん)はい。

(狩野)増築したってことは
平米数を超えてしまった。

<しかし 狩野は
もう1つの瑕疵があると

推理した それは?>

(狩野)
2階に 上がってみるとですね

所々 こう ゆがんでたりとか

その ふすま開けようと思っても
こう スッと いかずに

こう ガタつくとか。

<狩野はダブル瑕疵と
結論づけた>

<果たして…>

(狩野)イェ~イ!

<しかし
理由は?>

(狩野)うわぁ~ すげぇ!

<狩野 瑕疵の…>

<こちらの物件は
増築してしまったことによる

建ぺい率オーバー>

<法的瑕疵となる>

(狩野)ちなみに…

(狩野)あっ こっちなんだ。
(大熊さん)はい。

<実は こちらの家
裏から見ると

増築が一目瞭然>

<この…>

<そして 家と家との隙間に
入ってみると>

<元あった壁と増築部分を

さらに 見分けることができる>

<そして 狩野は
もう1つ瑕疵があると

踏んでいるが…>

(狩野)うぉ~!きた~!

(大熊さん)はい その瑕疵とは。

(狩野)うおぉ~っ!きた きた…。

(狩野)すごい!

<狩野 まさかの…>

もう
目が肥えてきた。

(大熊さん)上の お部屋で
傾いているという。

あちらが ようするに
物理的瑕疵と

いったところで。

(大島さん)ハハハ…[笑]

<ちなみに こちらの物件は

およそ1.2度 傾いているため

十分 瑕疵に該当する>

(大熊さん)こういった形で…

…もありますので。

(狩野)なるほど。

(大熊さん)…と させていただきます

(森川)厳しい。
厳しい 厳しい。

<増築して
家の規模を大きくした場合

その部分の…>

<そのため 中古物件で

増築している家を
購入する際には

注意が必要>

<ちなみに
気になった方も多いと思うが

こちらの窓は…>

(大熊さん)結構ですね…

(狩野)あっ そうなの。

<つまり こちらは
前の住人が自分で作った

まさに…>

(森川)ハハハ…[笑]
何用 なんだろう?

<そして もう1つの謎>

<この…>

<こちらの物件は
一度 取り壊し 建て直すことで

法的瑕疵を なくそうとしている>

<…ため このように
物が残っているのだ>

<続いては…>

<この謎を
あなたは 解き明かせるか?>

<それが 同じ 葛飾区にある

築45年の一軒家>

<間取りは3DK>

<ワケがあることで
およそ1000万円 安くなる 物件>

(大熊さん)そうですね。

<今 狩野が…>

<こちらの接道義務のこと>

<接道義務とは 建物が
立つ土地の 接している道路が

建築基準法にそった道路に
2m以上

接していなければ
ならないというもの>

<もし 接していない場合は

建物を取り壊し再建築することが
できなくなる>

(大熊さん)一軒ありますね。

<狩野は どうやら…>

(森川)うん。

<いろいろと考えながら
早速 中を調査>

(狩野)さて さて さて。

<ドアを開けると
2階に延びる階段と

1つ目の部屋へのドアが現れる>

(狩野)早速 こちらの扉
開けていきましょう。

(狩野)まぁ どシンプルだね。

(狩野)意外とフローリングで…

<しかし こちらの部屋には…>

<さらに奥に進むと>

(狩野)あぁ~。

皆さん…

(狩野)そして…

<…にもかかわらず

室内が
それに そぐわない きれいさ>

<これは 事故物件の

大きな特徴のひとつ>

<例えば…>

<一部分だけ きれいに
リフォームされていたり>

<ドアが他の部屋と
違っていたりするなどが

挙げられる>

<こちらの お風呂場も
かなりきれいに

リフォームされている>

わぁ すごい。

(大島)新しい。

本当。

(狩野)おそらく…

(狩野)で 死体があって

変色してしまって

床を替えなきゃいけない。

壁を替えなきゃいけない。

(狩野)…ということですね。

<簡単に言っているが
本当だったら…>

<対する ミスター事故物件は
どう見るか?>

(大島さん)…ということは 単純に…

(大島さん)…というだけで。

<古い建物を
単純にリフォームする際

水回りから作業するのが一般的>

<ミスターは
事故物件であることを否定した>

瑕疵がないと
いけない。

<そして 狩野は2階を調査>

<窓の外の何かに気付いた>

(狩野)あれ?

<向かったのは 家の外>

(狩野)この家と この家は
別ですよね。

でも…

<なんと!>

<一軒家のはずだが…>

<…できるように
なっているのか?>

二世帯?

<この…>

<あの トイレと
お風呂場が あった場所>

はぁ~ なるほど。

<つまり こんな感じで
繋がっている>

(狩野)さっきの…

[コン コン…]

[コン コン…]

薄い?

(狩野)てことは…

(森川)えっ?

(狩野)死体を。

<それならば…>

<かつてない謎の構造に
戸惑う 狩野>

(狩野)完全に…

<もともと
行き来できた通路が あったが…>

<再び 上から
その部分を確認する>

<特に…>

<むしろ 古ささえ感じる>

<狩野…>

<見つからず>

(狩野)屋敷 瑕疵。

<しかし この物件は
まさに この部分が

瑕疵と
大きく関わっている>

<スタジオの 森川さん

この壁この謎 解けますか?>

(森川)いや ちょっと…

ねぇ。

(森川)なんのために 今
埋めてるかってことですよね。

うん。

分からない。
(森川)無理だ!難しすぎる。

<以上で…>

<ちなみに 大島てるも
家の接続部分に気づき

これを法的瑕疵と判断>

<同様に対する…>

<果たして…>

(狩野)お~!

<そして 気になる…>

(狩野)あ~っ はいはい。
(大熊さん)ただ…

<つまり
家と家が 繋がっているため

片方だけ 取り壊すことが
不可能となった

特殊な
法的瑕疵なのだ>

(森川)なんで
繋がってるの?

(狩野)…家の中から。
(大熊さん)いや…

(狩野)じゃあ 下の キッチンの…

(大熊さん)あのままです。

<実は こちらの物件
30年ほど前に はやったという…>

<…というもの>

<ひとつの土地に対して 基本は

ひとつの家しか
建てられないのだが>

<ふたつの家を繋げることで
あたかも…>

<しかし この建て方が…>

(大熊さん)いや…

<例えば…>

<…で 販売できる物件が
あるとして>

<それを
連棟式で建てることによって

ひとつを2000万円で販売し

1000万円 多く稼げるという
からくり>

<しかし はやった…>

<この建て方が
見直しされたため

ローンを組むことが 難しくなり

少なくなっていったという>

(大熊さん)…というかですね
だから 狩野さんにとって…

…な 物件になってくると。

(狩野)持ち帰りますね これ…

<皆さん…>

<なんと…>

<…と 厳しい この時代に…>

(アキラ)はい はい
は~い!は~い…!

うわっ 危ない。
(大島)お~。

攻めるねぇ。
危ない危ない。

(アキラ)はい OK!

<どうなの課…>

<運送業とは 法人・個人から
手数料を受け取り

目的地まで 人や荷物を運ぶ仕事>

<今回は 数ある
運送業の中で

トラック運送を行う>

<しかし そこには
過酷な作業が待っていた>

<果たして 高額な仕事…>

<向かったのは 今回
アキラが お世話になる…>

<こちらが 会社の
代表取締役社長…>

<早速…>

(アキラ)1人で…

<…独り立ちするには>

(田中さん)よろしくお願いします。

<今回は 見習いとして…>

<お世話になるのは>

<こちらが…>

<この日の最初の作業は…>

<…作業から>

<と そこに>

(田中さん)来た 来た。

<やって来たのは…>

(アキラ)すげぇ!

(森川)こんなに
大きいの?

<そして トレーラーから
降りてきたのは>

<彼が この会社の
エースドライバー…>

<早速 トレーラーを開ける>

何が載ってたの?

<トレーラーに
積み上げられた…>

<その数…>

<なんと…>

(アキラ)はい。

<運送業は…>

<さらに…>

<…ことが できるのだ>

<よって 倉庫への運送物の…>

(金川さん)8段ですね。
(アキラ)はい 分かりました。

<およそ20kgの肥料を
パレットへ積み込む>

20は 腰 くるな。

(アキラ)よっ!よっ!

<6段を超えると…>

<およそ20kgの肥料が
アキラの腕に重く のしかかる>

(アキラ)重い う~っ あっ!

後半のほうが
きついんだ。

<この肥料を上げる…>

(高津戸さん)はい。(アキラ)はぁ…。

<積み上げたパレットは
フォークリフトが すぐに回収>

フォークリフト
偉いな。

<息つく暇もなく
2つ目のパレットへ 積み込む>

(アキラ)あ~っ!

<アキラ 早くも…>

<しかし 反対側で作業をする
金川さんたちは

怒濤のペースで
積み込んでいく>

小さいもの
運んでるみたい。

<しかし ここで…>

♬~ 女心の未練でしょう

♬~ あなた恋しい北の宿

<本鰹と宗田鰹>

<Wだしだから 旨いんだ!>

<「どん兵衛」買ってくれ~>

<しかし 既に
限界を迎えていた>

(アキラ)ヤバい…。

(大吉)座った いや
もう しょうがない。

<もだえ苦しむ
アキラ>

<アキラは止まっても
お構いなしに 作業は進む>

(高津戸さん)大丈夫ですか?
(アキラ)大丈夫です すみません。

(アキラ)気を付けないと。

<もう既に…>

(生瀬)本当に[笑]

<目を そらしたくなるほどの
果てしない量の肥料>

<しかし アキラ
ふらふらに なりながらも

肥料を運んでいく>

<積み込み続けること…>

<ここで…>

(金川さん)とりあえず…

(アキラ)はい。

<運送業は 時間厳守>

<どんなに作業が多くても
つらくても

次の場所に間に合うように

休まず
作業をしなければ ならない>

<そして>

(高津戸さん)最後!(アキラ)うわ~っ!

(金川さん・福田さん・高津戸さん)
お疲れ様です。

<積み卸し終了>

(華丸)ハハハ…[笑]

<アキラ…>

<続いての作業は 建材の…>

<工場から…>

<そして いよいよ
大型トラックに乗り込み

納品へ向かう>

(金川さん)…なかなか。

(金川さん)さっき…

<ちなみに この企画で
よく登場する

ミキサー車や ダンプカーは
大型免許で乗ることが できる>

<先ほど登場した…>

<運送業界の…>

<現場に到着>

<納品先に着くと

運送業は ただ荷物を運んで
終わりではなく

資材の運搬を誘導し>

(金川さん)オーライ はいOKです!

<最後まで安全に送り届けるのも
大事な仕事>

<すぐさま 次のトラックへ>

<お世話になるのは 建材の運送を
専門とする…>

<トラックに乗ると すぐに…>

<このように…>

<到着したのは こちらの…>

<時間を守るため
とにかく急いで搬入する>

<アキラが2つ持ちで運ぶ一方>

<菅谷さんは3つ持ちで運び

搬入時間を短縮する>

<建設現場の建材は
どれも重いのだが 今回…>

(アキラ)うわっ!

<この…>

(アキラ)すいません。

うわっ 重たい。

これは厳しい。

<アキラが ふらふらになりながら
運び込む一方>

<軽々と…>

<…菅谷さん>

すごい仕事だな これ。
はい。

<ここでアキラの撮れ高を
気にした 菅谷さんが>

(菅谷さん)最後は取りづらいんで
ちょっと。(アキラ)はい。

<正直 そんな撮れ高は
望んでいないのだが

アキラ 強制的に運ばなければ
いけない空気になった>

そうだね そうだね。
60よ?

無理なんだ。

<アキラ…>

(アキラ)すいません。

<しかし>

(森川)ハハハ…[笑]

<アキラの気持ちとは 裏腹に
菅谷さんが…>

<引けなくなった…>

(アキラ)モノを上げて…。

(森川)頑張れ!行け!

そっちでいい?
右でいい?

(大島)いける?

(菅谷さん)このスクワット状態から
上がる方がキツイんです。

<アキラ 全ての力を出し切る!>

<どうだ?>

(森川)ハハハ…[笑]

<3つ床材を重ね…>

<…を肩で担ぎ上げ>

<一気に運ぶ>

(アキラ)うわっ すげぇ!

(森川)90kg?

(生瀬)しかも
真ん中じゃないんですね。

(アキラ)すげぇ。

前の方を持って。

<これで建材の搬入は全て…>

<この日は もう ひと現場>

<最後の搬入は>

<ここで運んでいるのは
ショールームの展示品>

<このように
運送業が運ぶ物は さまざま>

<我々の業界も
大変お世話になっている>

<そして…>

(アキラ)すいません。

(アキラ)黒木さん。(黒木さん)はい。

<今回の
ドライバーは…>

<実は今 トラック運転手として
働く女性…>

<そして今回…>

(アキラ)はい。

<この…>

<トラックが入れないため
ここまで…>

<積み下ろし作業 開始>

<黒木さんも
難なく運び込んでいく>

女性の方も運ぶ。

<順調に肥料を搬入していく
作業員たち>

<徐々に肥料が
積み上がっていく>

<アキラに とって
ここが最後の現場>

<何とか終わらせるため
アキラ…>

<ただ ただ
20kgの肥料を運び続ける>

<しかし
この途方もない作業で…>

<そして ここで>

大丈夫ですか?

<膝に手を付け…>

<ついに体力の限界か?>

<呼吸を整えるも
立ち上がることができない>

<このまま…>

<呼吸を整えるも
立ち上がることができない>

<もはや ここまでか>

<しかし アキラは>

≪やりましょう。
(アキラ)はい。

<再び立ち上がり 作業を始めた>

(アキラ)本当に ただ…

(アキラ)それを…

(アキラ)トラックから
今度は下ろしたり。

(アキラ)そこに
新しい物ができるって

絶対 物が移動してこないと
できないんですけど。

移動させてる人の お仕事を
目の当たりにしたら

やっぱ すごいなって思いますね。

<そう 運送業の方たちは…>

<そしてアキラは…>

<これで全ての…>

(田中さん)これ…

(アキラ)すいません。

<見習いとして働いた…>

<最後にアキラが…>

(アキラ)絶対 見せずに
梱包ラッピング。

よ~し 梱包のラップは
やっぱり大事だからな。

資材を守るためにも。

よ~し。

よ~し!

いきます!

(森川)見えちゃうよ?

(アキラ)ゴール!

セーフ!

<以上 高額な仕事

運送業って実際どうなの?
でした>

(生瀬)そうなの そうだよ。
(華丸)そうですよ。

ちょっと…。
(大吉)もう この辺。

我々の…

(♪~)

(♪~)