さんまのまんま秋SP【ムロツヨシ初告白▽ハラミちゃん演奏に五輪メダリスト感動】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

さんまのまんま秋SP【ムロツヨシ初告白▽ハラミちゃん演奏に五輪メダリスト感動】[字]

ムロ&シソンヌと人気ゲームで即興寸劇▽“日向坂”最新アプリで顔変換▽神木隆之介⇒君の名は。松たか子⇒アナ雪(秘)話▽さんまに会いたい!五輪メダリスト大集合

番組内容
2年ぶり登場ムロツヨシ。前回「親戚に育てられた」家庭事情を打ち明けたが、その後そのトークがきっかけで、家族間である展開があったと初告白。さんまが「この番組で話す内容ちゃう」と困惑した事情とは?ムロとプライベートで交流あるシソンヌが合流。演技力が高い2人と、演技力が試される人気の「はぁって言うゲーム」をやる事に。ムロの「はぁ」をさんまは「失恋に慣れてる」と勝手に予想▽今最も勢いのあるアイドル「日向坂
番組内容2
46」から佐々木久美、齊藤京子、佐々木美玲が登場!メンバー達の天然発言に「ファンに怒られてもええ怒るわ」とさんまがあきれる場面も▽「さんまに一番会いたかった」と語るメダリスト3人登場!バスケ女子髙田真希と馬瓜エブリンに対し、さんまは「まさか銀メダル獲るとは」と本音を明かすと「見返せたのでよかった」とニヤリ▽ボクシング女子入江聖奈はテンポやトークが独特すぎて、さんまと話が噛み合わない。大学生の入江は
番組内容3
「浮気の境界線」を研究中という意外な一面が!▽3人の元に、馬瓜がファンのハラミちゃん合流。リクエスト曲を即興で華麗に弾く姿に感激したさんまがムチャぶり!ハラミちゃんは「史上最難関」と困惑しつつ、圧巻の演奏▽松たか子、神木隆之介も初登場!神木が出演するCMの“神木が驚くリアクション”を気に入っているさんまは神木とのコラボに大喜び。また、松を「姉さん」と呼ぶ神木に松が「絶対バカにしてる」と疑いの目を
出演者
明石家さんま 松たか子 神木隆之介 ムロツヨシ シソンヌ 髙田真希・馬瓜エブリン(バスケットボール女子/東京五輪銀メダリスト) 入江聖奈(ボクシング女子/東京五輪金メダリスト) ハラミちゃん 日向坂46(佐々木久美、齊藤京子、佐々木美玲)

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ムロ
  2. ホント
  3. 長谷川
  4. 馬瓜
  5. ハラミ
  6. お前
  7. 自分
  8. 入江
  9. 神木
  10. ピアノ
  11. 久美
  12. 今日
  13. 絶対
  14. カッコイイ
  15. 美玲
  16. 舞台
  17. 気持
  18. 失恋
  19. お会い
  20. ホンマ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
扶桑社
¥2,530 (2021/10/24 19:30:46時点 Amazon調べ-詳細)

雪が。
♬「ありの」

(神木)出てきた。
姉さん!

やってないです。
えっ!

いや そんな…
えっ!

(松)やっぱ 本物だ。

「私が産んだ子だと分かりました。
お会いできませんか」と。

お前 この番組で話す内容
ちゃうぞ!

♬(ピアノの演奏)
カッコイイ!

♬(ピアノの演奏)

すごい!

聴いたばっかり…
耳コピできるんだ。

さんまさん
やってみてもいいですか?

ちょっとやってみて。

カ… カワイイ!

好き。

気持ち悪い。

好き~。

いたずら坊主が言う「好き」だよ。

へぇ~ 2人 『まんま』 初登場?
間違いない?

俺 間違いあるような気がするぞ。

松たか子さんと
神木 隆之介君が来てくれます。

≪(チャイム)

いきなり 「違います」って
言うたら どうすんねん。

はい! 入ってきてください。

どうも。

(神木・松)お邪魔します。

どうぞ どうぞ。

松さん ホントに初登場?
(松)そうなんですって。

(神木)初めまして お邪魔します。
どうぞ どうぞ。

初めましてじゃないよね?

どこかで…。
どっかで会ってるよな?

あらためまして
よろしくお願いします。

共演は初めてやねんな
おそらく。

どこで…
神木君とは会うてんねん。

どっかで 俺 声掛けたことあんの
覚えてんねんけどもやな。

座っていただいて。
(神木・松)失礼します。

これが 一応
『さんまのまんま』の。

いや すごい。

めっちゃ うれしいです
めっちゃ うれしいです。

あの auみたいに驚いて。

いや すごい部屋!

めっちゃうれしいです
知ってていただいて。

俺ね 会うたら聞こう 思うてて。
あのリアクション 最後のね

あれは 監督の指示?
それとも アドリブ?

アドリブです。

「驚く」みたいな
絵コンテだったんですけど

その驚き方は
別に自由だったんで。

よし 役者として
オーバーにいこうと思うたんだ。

ぶっかましてやろうと思って。

あれ 神木君やから ええねん。

あれは
間は かなり気にしたやろ?

そうですね
後ろも ガタンって

色々 落ちてくるっていう
設定だったので。

で 中川 大志君も隣にいて

彼も リアクションを
しなくちゃいけなくて。

彼が どう出るんだろうなと
思いながら。

あれ どう出るんだって
やってたのか。

もう 本番で。 先輩として
かまさなきゃいけない。

絶対 負けないからなって
お互い こう…。

結局は引き分けやけど。
(神木)いい相乗効果になってる。

めっちゃ うれしい。
これからも…。

あのCM 頑張ります!

神木君は 色々
アニメの声とかやったり。

やらしていただいてて。
アニメ 僕 大好きなので。

自分が アニメの声は…。

好きなアニメは
やったことないの? まだ。

好きなアニメというか…
いや ただ

僕 新海 誠さん。
新海 誠監督。

『君の名は。』の…。
『君の名は。』 いってんねんもんな。

(神木)ずっと 好きで好きで好きで
過去の作品も ずっと見て

で 新しい映画も
すごい楽しみだなっていって

そうしたら…。
来た?

えっ!っていう。
『君の名は。』

もう 大好きだったからこそ
研究に研究を重ね

歴代の…
何十回も総洗いして

ナレーションの モノローグの
言い方とかも

ずっと練習して
ずっと研究して

息の出し方とか。

ここで そっか こんぐらい
息 吐くんだ なるほどな。

お前 他の声優さんの声の…。
(神木)新海さんの作品の

出られてる方の声を ずっと…。

すごっ!
研究して挑みました。

うわ~
だから その成果が出たよな。

出てればいいんですけどね。
いやいや 出てる 出てる。

うれしいです
そう言っていただけると。

はぁ~。

あれは 「君の名は」じゃなくて
「あなたの名前は」 最後のセリフ。

「君の名前は」
意外と 「君の名は」って…。

確かに 現代で 「君の名は」とは
あんま言わない。

ちょっと ずっこけて…。

最後は 「君の名は」って
言うてくれたらよかったのにな。

明治っぽくなっちゃう。
侍っぽくなっちゃう。

「うぬの名は」みたいな。

ならないよ ならない。

『君の名は。』っていうタイトル
やめてほしいねん そしたら。

でも まあ…
ちょっと まとめたんでしょうね。

「君の名前は」
ん~ 『君の名は。』の方がいいかな。

まとめたんでしょうね。

そうそう あれが フジテレビの
近くの階段なんです ラストシーンが。

あ~!
昔の。

だから われわれ あそこで
たけしさんと2人で

何回もコントやってるんです。

え~!
あの階段で。

すごいですね そんな奇跡。
それ 奇跡 ホントに奇跡。

だから RADWIMPSの
ファンになったの そっから。

そっから? そういう経緯。
♬「やっと眼を」

「覚ましたかい」っつって。

♬「覚ましたかい」っていうのに
なっていくねんな あれ。

あれは 『君の名は。』やな?
そうです。

はぁ~ そうそう
あの間奏が 昔 出たとき

むちゃくちゃ長かったん知ってる?
映画が終わったばっかり。

カラオケ屋で。
あっ えっと…。

『スパークル』
そうそう どんなやったっけ。

♬「運命だとか未来とかって
言葉がどれだけ手を」っていう。

サビ。
今 サビです。

サビです。

サビです サビなんです。

それな 1番があって
間奏があんねんけど

それ シーンが長いのよ。

ホントに 7分ぐらいに
なってしまってるんで。

間奏が 映画のとおりに
なっちゃってるんで

中が 4分ぐらい ずっと…。
つながなあかんねん。

カラオケ屋で。 4分 演奏
聴いてる場合やないやんか。

すごい ハイレベル。

スギイっていう事務員が
サイレン。

アアー。

面白そう。
(神木)「避難区域は」って。

(松)楽しそう。
うちのカラオケ大会 そうなってる。

すごい。
そういうのがある。

今度 ドラマやるんでしょ
2人が。

(松)舞台なんです。

ぜひ… お先に ちょっと
パンフレットの方を。

はぁ~ 舞台で。
舞台でございます。

うわ~。
大人計画さんの。

松尾スズキさん 演出で。
松尾君のやつ。

2人が出るんだ ゲスト。
松さんは2回目?

松尾さんの演出を受けるのは
初めてです。

舞台は初めてです。
(神木)11月3日から28日まで。

大阪公演もあるので。
コクーンで?

(松)東京 コクーンです。
稽古 まだ入ってないのか。

今 入ってるんです。
(松)入って まあ ちょっとですね。

もう入ってるの? 稽古。
11月やろ?

それで もう 稽古 入ってるの?
長く取って。

音楽もあったりして
結構 盛りだくさんで やることが。

ミュージカルっぽく?
(松)ミュージカルほどでは…。

でも 姉さんは歌います。
姉さん 歌うんや。

「姉さん」 言うんですけど
絶対 思ってないんですよ。

思ってます 思ってますよ。

軽くバカにして
「姉さん」 言ってる。

小声で
「姉さん 姉さん 姉さん 姉さん…」

それは 絶対 バカにしてます。

姉さんの『ありのまま』は プロから
言わすと すごいらしいからね。

姉さんの『ありのまま』
(松)頑張って言ってんじゃん。

あのね 俺の舞台の音楽とか
やってくれる先生が

あなたの 『ありのまま』を聴いて
びっくりしはったんです。

え~。
それをね 稽古場で

松たか子 すげえなって言うてたの
俺 忘れもしないんですよ。

(松)ホントですか?
ありがとうございます。

あの声が出るなんてとか
言うてはった。

俺は分かれへんねん
音楽のことは。

そうらしいね。
どうなんでしょうか。

知らんがな。

俺は分かれへん 言うてるやろ。
私も分かんないですもん。

自分で手応えで分かるでしょ。

手応えなんてないです
ホント 必死過ぎて。

えっ!

いや そんな… えっ!

いいね いいよ
今度から 共演 ずっと これ。

俺 ホント 分かれへんから
あの声が よく 原キー…。

あれは 決まってるので もう。

オリジナルの方がいて。

もう そこに合わさなあかんの?
(松)そうです。

オリジナルの人の
息継ぎだったり。

息継ぎも決まってるんすね。
それで アカデミー賞

全員 揃って同じキーで
簡単に歌えたんだ。

そうです みんな
各国の言葉でやってきてて

めっちゃ緊張しましたけど。

いや 一番 輝いてましたよ。

(神木)姉さん 出てきた。
(松)そのとき 姉さん 言ってない。

おっ 姉さん 出てきた。
(松)絶対 姉さん 言ってない。

(神木)姉さん 出たら
めっちゃ うわっ!っつって。

乱用してる。

あれは去年?
去年か おととしやよね。

分かる 分かる 世界各国の…。

エルサたちが。
集まって。

そこに アカデミー賞で
日本人が立ってるっちゅうのは

すごいことや…
俺らにとってはね。

そうですか?
そうよ! すごいことやで。

オリンピックで 閉会式で
歌 歌うより すごいよ。

だから 大竹しのぶさんより
すごいということ。

とんでもございません。
いやいや アカデミー賞で。

いやいや でも
ホントね 思い出です。

いや あの思い出は ええな。

(松)すごい
楽しかったんですけど

もう みんな その後
アカデミー賞 見て

アフターパーティーみたいなのも…。
やって。

もう 出番 終わったら

満足しちゃって
帰っちゃったんです。

集結しなかったの?
あのメンバーを。

(松)集結して みんなでやって
お疲れってやって

みんなは その後 席に着いて…。
見て。

なんですけど…。
帰ったん?

おなかいっぱいになっちゃって。

歌ったことで?
(松)帰っちゃったんです。

(さんま・松)えっ!

そうなりますよ。
帰るなんてな。

「何で?」って言われたけど
何か もう 疲れちゃったんで。

着物やったしね。

(松)もう… じゅうぶん
楽しんだなと思って。

いやいや まあ…。

だから 客席に ぎゅうぎゅうに
なってたってことは おととしだ。

ってことです でも あのころ
もう ギリギリ 出てきていて

どうなるかな 行けるかな
行けないかなぐらい。

そうしたら去年だ。

ちょっと… 私 終わると
忘れちゃうんですよね。

いいな。
俺 引きずるもんな。

すごい遠い目
してるじゃないですか。

お前も引きずるタイプ?
いやいや 僕は 結構…。

スパン スパンといけんの?
はい。

松さんも
すぐ忘れるんでしょ? だから。

(松)そうですね。
特に 映像は

引きずってると出ちゃう…。
もちろん。

とにかく忘れていくしかない。

金で割り切んの? もう ギャラで。

何て?
ギャラで割り切んのやろ?

違います! そんなことないです。

もう… もらった もらった。
もう もらった。

そこまではなれない。
返せとは 絶対 言わないからな。

返せとは
絶対 言わないからっていう…。

え~ これが…。

他の土産 出せよ!
様子は うかがってたんですけど。

これだけ 出してやな…。
(神木)ちゃんとあります。

先に 僕からいきます。
姉さん 大トリで。

まず…。
姉さん 大トリ…。

今回は 僕はね
ストームグラスという。

ちょっと待ってくださいね。
何や これ。

(神木)これ 立て掛けるやつです。
ストームグラス?

もうすぐ クリスマスなんで
ツリーっぽくやったんですけど

これ 中に 雪の結晶みたいなのが
入ってるじゃないですか。

『アナと雪の女王』

♬「ありのままの」
私は やってないんですよ。

アニメがやってるだけで。

分かってるわ!
そんなの分かってるわ。

ホントに?

気温や気象状況によって

ガラスの内部の
液体や結晶の様子が変わるという。

(松)今は どういうこと?

今 あんま 湿気 たぶんない…。
(松)乾燥してるんだ。

これ 家の中へ置いたり

気温とか室温で
変わっていくんだ。

(神木)液体が澄んだ状態が
晴れてたりとか。

液体が曇っている状態が雨天。

結晶が上部にある
嵐など荒れ模様。

大きめの結晶が
結構あると曇り空 雪。

筋状の結晶だと強い風。
はぁ~!

結晶が粗いと雪が。
雪が。

♬「ありの」
(神木)出てきた。

姉さん!
(松)やってないです。

待ってました 姉さん!
はい 次。

「姉さん」 嫌いみたい。

「姉さん」って言われるの…。
だって 広がらないし。

ちっちゃい声で
ずっと言ってるから。

このオンエアしたら
あしたから 「姉さん」

(松)勘弁してください。

あとはですね あとは マスク。

歌舞伎の世界は
姉さんって言わないの?

(松)姉さん…
お兄さん 兄さん。

お姉さん まあ 言いますね。
せやよね。

それ以来の響きです。

姉さん 姉さん。
兄さん これ…。

ありがとうございます。
兄さんと姉さん これ…。

マスクで。

(松)あっ… 落っこっちゃった。

姉さん 俺へのプレゼント
捨てるって どういうこと?

姉さん 何を?

(松)えっと…。

ありがとうございます。

最近 たまたま 立ち寄った…。
何ていうんですか?

物産センター。
物産センター?

たまたま 娘と街を歩いてて。
娘さん お幾つになられた?

6歳です。
もう 6歳?

トイレ 行きたいってなって。
えっ?

トイレ 行きたいってなって。
トイレで買うたの?

(松)トイレ ない ないっていって
借りに行ったところで見つけた。

トイレを借りたのに
申し訳ないんで。

(松)色々 見てたら。
でも そこで見つけて

ホントにおいしくて
私 今 2個目なんですけど

のりのふりかけ。

姉さん。
(松)でも 福井の…。

はい。
これだけ?

えっ? あっ 4つ 4袋。

えっ えっ?
いや そんな問題じゃなくって。

(松)あっ 間違えました 3袋。

いや だから
そういう問題じゃなくて。

まあ 何か…。
おいしいよって感じだけど。

まあ おいしいよ…。
ちゃんと のりな感じで

おいしいから この間
2袋目 買ったんです。

ははぁ~ ものすごい
いいのりやねんね ほいでね。

(松)どうなんだろう。
おそらく… 知らんがな。

なあ。
でも すごい おすすめです。

お茶漬け 好きな人間に…。
いいと思います。

兄さん 兄さんも これ。
(神木)いいんですか? 兄さん。

いただいちゃって。
いいんですか? ちゃっかり 僕も。

でも ホント おいしいんです。

ごめんなさいね 11月の舞台
差し入れ これやったら。

ここ やっぱり 出てきましたか。
「話題のメダリストたち」

「さんまさんに会えるのを
心待ちにしていた」

そんなん いらんねん。

オリンピックコーナーですね。

≪(チャイム)
はい どうぞ。

ご勝手に どうぞ。

これは これは。
こんばんは~。

さんまさ~ん。

馬瓜は会ってるもんね 一度。
そうですね。

お邪魔しま~す。
(田)すごい こうなってるんだ。

[東京オリンピックで
悲願の決勝進出を果たし

銀メダルを獲得した

女子バスケットボール
日本代表から…]

[アグレッシブなプレーで
試合を盛り上げた…]

[さらに ボクシング 女子フェザー級で
金メダルを獲得した

現役大学生の 入江 聖奈選手が
遊びに来てくれました!]

選手村では会ってはいないのか?
ないですね。

自分たち
選手村に入ってなかったので。

女子バスケットは
選手村 入らなかったの?

行けなかったんですよ。
理由は 何で入らなかったの?

(馬瓜)会場が埼玉県なので

ナショナルトレーニングセンターから行った方が
近いっていうのもありますし。

あそこに泊まってもよかったん?
泊まってもよかったんですけど。

そうか そうか
俺 あそこ 行ったことあんねん。

とんでもない設備が…。
そうなんです。

なあ。
はい。

君 中川家やないねんから。

そうですかぁ~。 あの…。

やっぱり いろんなメディアに
出させていただいて 今

しゃべり方が若手芸人だねって
めちゃくちゃ言われて。

せやろ? あかんで。

バスケット選手としては
よくないと思うわ 俺。

そろそろ 思い出さないと
リーグが心配ですね この後。

もう 要するに まあ…。

オリンピック前に
出てもうてるもんな。

そうですね。
『さんま御殿!!』は。

そして 頑張れよって言うて
出てきて。

(馬瓜)頑張って。
頑張ったら この結果。

まさか… 失礼やけど。

俺 まさか 銀メダル 取るとは
ホントに。

バスケット 見てきた人間は
逆に そう思うねん。

確かに。
せやな。

知ってる人ほど
無理だなっていうのは

遠い存在だと思われてたので

そこは 自分たちとしては
悔しい部分ではあったんですけど。

すまん すまん 悔しい思いさして。

でも 見返せたんで いいです。

そうか そうか
見返してくれたからな。

いや~ よくて
ベスト8やろって

言うてた俺が まさか…。

何で ちょっと
落ち込んでるんですか。

複雑やな~。

喜びたいけど。
喜んであげんのが

当然やろなとか
思うねんけども。

君 口 開きっ放し。

面白くて お二方の話が。

口 開き過ぎ。

野外やったら 虫 入るから。

(入江)気を付けます。

今 大学生なんですって?
はい 大学3年生。

こっちの? 東京の?
はい 日体大の世田谷キャンパスに。

えっ いつからやってる?
ボクシングは。

(入江)小2から しました。

小2から。
だから われわれの…。

南海キャンディーズ
しずちゃんが

オリンピック 目指して
頑張っててんけど行けなくって

そしてね あなたが 今回
色が違うね。

(馬瓜)欲しかった~。
欲しかった~。

欲しかった?
(馬瓜)一番奇麗な色 欲しかった。

欲張り過ぎやって。

俺らはベスト8で じゅうぶんって
思うててんからやな。

もう 銅でも銀でも
すごいことやねんから。

見てくださったんですか?
全部 見ました。

(田)ホントですか?

ちなみに さんまさん
女子のバスケットで

推しメンっていますか?
推してる人?

言うてもええのかな?

お前も お前もやけど あの…。

町田さん。

そんな…。
やっぱりか。

そっちか~。
「そっちか」って…。

絶対 そうなんねん。
何で自分じゃないんですか?

えっ? いや お前も よぎったよ。

ありがとうございます。
(馬瓜)さんまさん さんまさん。

何で自分じゃないんですか?
お前は よぎらなかった。

そんな 町田選手から…
今日 来れなかったんですよ。

町田さんも
来てくれる予定だったの?

(田)来れなくて
VTR 預かってきてます。

さんまさんのために。
町田選手から

メッセージ 頂いてんの?
申し訳ない。

♬~ 女心の未練でしょう

♬~ あなた恋しい北の宿

<本鰹と宗田鰹>

<Wだしだから 旨いんだ!>

<「どん兵衛」買ってくれ~>

[東京オリンピックで…]

[今回 さんまのために
サプライズメッセージ]

以前 ハライチの澤部さんに

バスケ界の明石家さんまと
言われて

とても うれしかったです。

いやいや ありがとうございます。

バスケ界の…。
澤部が言う…。

普段 べらべら しゃべりおんの?

(馬瓜)
たぶん 目を離せないっていう。

だから さんまさんは
めちゃくちゃ

お笑い怪獣と
言われてるじゃないですか。

周りが言うて…
一応 付けてくれてる…。

(馬瓜)なんで 若手芸人が
さんまさんから目を離せない。

違うって 澤部に聞いてみな…。

パス回しやって。
っていう意味で たぶん。

お笑い怪獣でもないですし

ご飯も ちゃんと
こぼさず食べますし

もちろん ハニートラップにも
かからないし。

何を調べとんねん!

大好きなんすよ さんまさん。

これも昔から見てたんで
こんななってるんだっていう。

もう 出れて うれしいです。
澤部に聞いてみ。

たぶん パス回しやと思うな。

今の 明石家さんまっていう
言っていただいてんのは

トークのパスと
バスケットのパスを

あれしてるみたいやろけどもな。

(田)町田選手のパスは優しいです。
えっ?

町田選手のパスは優しいです。

相手に優しいのか
受け手にとっては。

(田)縫い目も
合わしてくれるんですよ。

嘘!
はい なので キャッチしたら

シュートに そのままいけるパス。

縫い目も気にしちゃうんすよ
自分 手も。

もちろんな よう パッパッと
持ち替えとるもんね プロでも。

そうすると タイミングが
ちょっと ズレちゃったりとか

自分のタイミングじゃなく
打つので

確率も変わってくるんですけど
今回の確率がいいのは

町田選手の…。
入ってきいや。

あっ… 頑張ります。

(田)軽く ジャブ
どんどん 打ってください。

難し過ぎて ちょっと。

カエルちゃん ほっとき過ぎやぞ。

(馬瓜)どっかでしゃべりたいと
思ってるんですけど。

口 開いといてくれ…
ずっと 閉じてんねん あれから。

せやねん 口 開いとけよ。
入江 口 開けよとか思うて

ずっと 横目で見てんねんけど
閉じとる こいつ。

すいません
分かりきってなかったです。

「口 開いてるよ」は
ずっと開けとけよって意味なんで。

逆をやればいい。
(入江)なるほど なるほど。

覚えなくてええねん。

(馬瓜)笑い過ぎて
ちょっと 涙目になってますよ。

逆ね。

お笑い番組ばっか… お前ら。

あっ お土産 先に ほんなら。
ごめんね。

さんまさんに。
これ?

はぁ~。

何で 103 分かったん?

(田)さんまさんが好きなの
知ってるんすよ。

何で知ってんの? これ。

リサーチ済み。
これは 今は ええねんけど

俺のナンバープレートにしてた
車の。

今は変えて…。

これ 要するに 103
IMALUと さんま。

で もともと 背番号 13だったんで
そこに ○を入れた。

よく知ってますね。
いや 俺のや!

そんな技 あかんで。

お前ら そんな技 あかんで
ホンマに。

口 開いてる!

≪ナイス。
ナイスじゃない。

これを作ってくれたん?
私たちのユニホームだったんですけど

オリンピックでの
それを作っていただいて

さんまさん用に 103番が。
お願いしました。

その前は
だいたい 800やってんけど

背番号は 嘘八百の。

お土産 渡したくて。

ボクシンググローブ
持ってきまして。

これは
オリンピックで使われたやつ?

ちょっと違うんですけども
試合と同じ重さのグローブで。

これ 何オンスなの?
10オンスです。

私も 10オンスで試合してた。

おいらの若いときの試合は
6オンスやったからな。

6オンスの方が
重くないってことですか?

ちっちゃいねん。

ちっちゃいから…。
でも こっちの方が

パンチ 効くらしいな。
そうなんですかね。

さんまさんのパンチ
受けてみたくて。

いいですか?
今 近づいたら あかんからな。

(入江)ジャブで。

いいですね ワンツーで。
ワンツー?

(入江)あ~ いいですね。

ワンツーフックもいいですか?
ワンツーフックも。

次 おなかに当てるからね。

ワンツー… 右フックでええの?
左フックで お願いします。

右からやな?
はい ワン ツー…。

おっ おっ おっ…。

「違う違う」とか言うて。

でも すごい腹筋やね。
ありがとうございます。

びっくりした。
いや 全然 そんな大した…。

ずっと殴られてるから
腹筋 つくってことですか?

殴られてるからちゃう
鍛えてるから。

そういうわけ…。

殴られてたら負けてるし。
(馬瓜)違うか。

ちょっと 今 俺 わざと
ちょんと当てたけど

硬いのに驚いた 今。
ありがとうございます。

そういう仕事やもんな。
はい 頑張ります はい。

ホンマ やる気ある? 君。

一応 私のサイン入ってるので。
ホンマや。

(入江)確認していただけたら
うれしいなと思います。

これ やっぱ カエルにしてんのか
マークを。

(入江)はい そうです
Sena Irieって書いて。

あのね 俺の
この間 番組 出てくれた

カエルショップの人が
君に お礼 言うといてって。

あなたが出て カエル カエル
言うてくれたんで

今まで まったく
売れなかったカエルショップ

いろんなカエルを置いてあんねんね
そこは。

コップのカエルだ 額のカエルだ

その人らが 急に売れて。
ホントですか?

何でかな思うたら
入江さんのおかげで

さんまさん もし
お会いになるときあったら

お礼 言っといてくださいって。
(入江)ありがとうございます。

素人のおっさんなんですけど
どうも ありがとう。

(入江)ありがとうございました。

まだ帰ったらあかんで!

うれしくて お礼をって思って
すいません まだいます。

でも 殴り合い希望の
選手やもんね。

そうですね。

試合がすごいっすよね ホントに。

面白いよね 女の子で
あっこまでいってくれると。

リングネーム付けても ええねんもんな。
はい もちろんです。

ケロッグは? あかんの?
ケロッグ。

やっぱり
付けれないかもしれないです。

カエルは 何て言うねん。

フロッグ。
フロッグ。

フロッグ入江は?

ありがたいです。

嫌なら嫌。

(馬瓜)さんまさんが言ったやつ
全部いいって言っちゃうから。

これから まだ 続けるんでしょ?
(入江)はい。

で 女子は プロがあるの?
(入江)あります 一応。

今は プロじゃないの?
一応 アマチュアのボクサーです。

今からプロに転向していくのか。

しないの?
あと1年で

たぶん 辞めちゃうと…。
何でや。

もったいない ここまで。
就職活動しないといけないので。

ボクシングで稼いだらええやないか。
えぇ…。

「えぇ」って… あかんの?

プロは
そんなに稼げなくてですね。

君が稼げるようにしたらええねん。
ふんふんふん。

ふんふんふんじゃ…。

お前 早う帰りたいのか?

俺に対する態度おかしいよ。
(入江)違う 違う 違う。

勉強になってます。

何を大学で 今 研究してんの?
今ですか? 研究ですか?

浮気の境界線について
調査してます。

(馬瓜)聞かない方が。

それ 聞かない方が。
(田)でも 参考にはなるから

聞いた方がいいかもしんない。
そのとおり。

どっから浮気やっちゅう話やな。
それを 今 大学で勉強してんの?

日体大の生徒にアンケート取って
境界線 調べてます。

めちゃくちゃ面白い。

どんなアンケートよりも
一番いい回答…。

(入江)あっ そっか。

そんな大学生の
まだ ひよっこたちより経験豊富。

どれだけお金を使ってきたか。

俺は 振り込み王子
といわれた男や。

卒論に書いときます。

それぞれ 浮気のラインって
違うと思うねんけど

エブリン どう思う?
どっから浮気やと思う?

(馬瓜)自分 意外と

手とかは まだセーフだと
思っちゃうんすよね。

手を握るのはセーフ。
そしたら キスか。

そこからかな。
でも 一番 言い訳としては

心 持ってかれたら終わり
っていうのがあるじゃないですか。

それ ホンマの浮気やからな。

(馬瓜)だから
心 持ってかれなかったらセーフ。

ほんなら 僕 ほとんどセーフ。

あかん?
あかんです はい。

田さんは どこ…
浮気のライン。

(田)自分は 2人だけで会うとか
っていうのは もう。

これ おのおの 尺度があるからな。
せやから 俺は ホントに

気持ちがいかなけりゃ
浮気じゃないって思いたいねん。

あの漢字からいくとね。
浮ついた気持ちなのか

どの「浮」なのかっていう研究も
してるわけやろ?

そこまでは まだ ちょっと。

境界線だけ
取りあえず 出しました。

申し訳ないです。

まだ?
まだ これから。

ゼミの先生に言っておきます。
すいません。

いいですか?
調査結果 言っちゃって。

いや 駄目です。

まだ トーク。
(入江)そっか そっか…。

まだ まだ。
もうちょっと 味わわせて。

あんた 早う帰りたい?

初心者なもので
まだ 分かってなくて。

ホントや
俺を もっと 大事にして。

もちろんです。
「もちろんです」

結果 言うて。 大学生は
どのラインや思うとんの?

えっと さんまさんでしたら
彼女以外の女性と

毎日 プライベートなLINEとかを
しちゃったら

もう アウトです。

えっ もう LINEでアウト?

LINE 毎日… プライベートなLINE
毎日しちゃったら

もう アウトです。

浮気かもって疑いだします
大事にされてる方が。

いや それは 仕事仲間でも?

事務的な連絡はセーフです。

事務的に
今度 ご飯に行きませんか?

事務的に 俺は
LINE 送んのは どうですかね?

入りが事務的だったら
いいんですもんね。

入りが事務的で
ただ 事務的なご飯。

そう ミーティング。

そんな必死になってる時点で
たぶん もう アウトだと…。

アウト。
(馬瓜)アウトです。

でも バレなきゃいいんです。
でしょ?

あの… バレなきゃええのよ。

え~ でも それ
全然 ロマンチックじゃないので。

僕 ロマンチックな分野は
手 出さないから。

何か 夢が壊れるっていうか
大人への恋愛の。

そうですよね。

(入江)もうちょっと
大切にされてほしいなと思います。

それは大切に。

やっぱり 向き合うことが
大切なので。

(馬瓜)あれ? さんまさん
怒られてらっしゃいます? 今。

何か ものすごい…
あなた 大竹しのぶと知り合い?

≪(チャイム)
(入江)説教しちゃった。

はい すいません。

入ってきてください。
≪(ハラミ)は~い お邪魔します。

≪誰だろう。
(ハラミ)こんにちは 初めまして。

ハラミちゃん!
エブリンが会いたかったんやろ?

めちゃくちゃ会いたかったです。
(ハラミ)お邪魔します。

こんにちは。
どうぞ どうぞ。

♬(ピアノの演奏)

カッコイイ! すごい。

(田)すげえ。

聴いたばっかり…
耳コピできるんだ。

エブリンが ものすごい会いたいと。
会いたかったんですよ ホントに。

もう 最高です
ピアノ 弾いてるとき。

何でも弾けんのやろ?
(馬瓜)何でも弾けるし

もう ホントに うれしい
ありがとうございます。

今や YouTubeとかで人気の
ハラミちゃん。

はい ハラミと申します。

どうぞ 座ってください。
失礼します。

ピアノって どっから始めたの?

4歳から クラシック 始めて
音大 卒業したんですけど

その後 IT社員になって。
嘘や。

2年前まで
IT社員だったんですよ。

それで?

ちょっと 体調 崩しちゃって

疲れちゃって
引きこもりになって

それで 仲良かった会社の先輩に

ストリートピアノ
出掛けようって言われて。

あっ 表出ろ お前?
(ハラミ)そう。

連れ出してくださって

ノリで ホントに スマホで
自分がピアノ弾いてる様子を。

別に NHKの『駅ピアノ』で
弾いたわけじゃないのか。

別に そうとかじゃなくて
ホントに遊びに行ったんですよ。

その様子を
YouTubeにアップしたら

バズってしまって。

その先輩が やっぱり
先見の明があるというのか。

(ハラミ)でも 音大 出てることも
その先輩 知らなくて。

ハラミちゃんが
一番 ピアノが好きそうだから

元気になるかなみたいな感じで。

女性の先輩?

(ハラミ)男性で 今 その方が
マネジャーさんなんですよ。

嘘や。
(ハラミ)2人で 今 活動していて。

はぁ~ でも すごいな その人。

偶然の産物なのか
噂 聞いてたのか。

偶然だと思います ホントに。

たぶん 元気になる方法が
ピアノ弾くことなのかなと思って

ストリートピアノに
連れてくださって。

弾いてるとき
ホントに楽しそうなんですよ。

カッコエエらしい。
カッコイイし

心から楽しんでるの
伝わってくるんで。

はぁ~ エブリンは見てるんだ。

それで ファンになりましたね
自分は。

あっこに ピアノ 今日

用意させて
いただいたんですけれども。

何でも はい
弾かせていただきます。

エブリンさん。
エブリン 何 弾いてほしいの?

LiSAさんの『炎』を。

『鬼滅』の?
(馬瓜)『鬼滅』 はまったんですよ。

あっ 『紅蓮華』じゃない方?
(ハラミ)バラードの方ですね。

バラードの方。
(ハラミ)分かりました。

じゃあ ちょっと いいですか?

やった。 うわ すごい。
これは すごい。

弾く前がカッコイイんやろ?
そうなんです。

弾いてるときもカッコイイですよ。

ああ…。
(馬瓜)弾いてるときもカッコイイ。

(馬瓜)弾く前も
カッコイイんだけど。

(ハラミ)弾く前 カッコイイって
どういうことですか?

弾く前がカッコイイ?

エブリンが言うから。
(馬瓜)言ってない 言ってない。

弾いてるときもカッコエエよね。

そんな 別に カッコ良く弾く
キャラとかじゃないんですよ。

いや カッコエエから
みんな 言うてんねんから。

ありがとうございます。
奇麗なパープルだな。

パープルガール。
奇麗 淡いな。

ありがとうございます。
スタイリストさんが…。

よろしくお願いします。
(ハラミ)はい はい…。

田さん…。
(ピアノの音)

さんまさん!
(ハラミ)集中してるんです。

≪やっと入れたら。

次の曲 考えといてなって
打ち合わせや。

こうなったら しゃべっちゃ駄目です。
えっ?

こうなったら もう…。

こうなったら
投げるしかないやろ。

それは いかなあかん ホンマは。

ハラミちゃん 頼むよ。
(ハラミ)集中させてください。

集中 集中!
はい 集中していこう!

(馬瓜)野球じゃない…。
はい いこう。

♬~

♬~

すごいな。

♬~

(拍手)
(馬瓜)カッコイイ!

カッコイイ。
テクニック カッコエエのか。

ホントにカッコイイですね。

もう 何だろう
気持ち込めて こう 一音一音に。

それ 分かる?
(馬瓜)分かりますよ!

そんなん分かるわけない…。
お笑いばっかり見てるくせに。

そんなん分かるわけ…。

弾き方とか テクニック
おいら ピアノやってないから

分からないねんけど
その技術力っていうのが

ただ すぐ弾けるって
譜面もないのに。

全部 耳コピで覚えていて。

そしたら ハラミちゃん

この曲 メロ 一緒やんっていうの
いっぱいあるでしょ?

そうですね
結構 左手の進行が似てるなとか

ここのメロディーが似てるなとかは
確かに よくありますね。

この曲と あの曲 一緒やとか。
(ハラミ)そうですね。

より ピアノだと
シンプルになるじゃないですか。

だから 気付きやすいというか。

そうそうそう やっぱり そうか。

俺は ピアノの代わりに
鼻歌でやってんねん それを。

すごい 鼻歌のプロ?
(馬瓜)それも できちゃうんですね。

歌 好きやと かなりの曲
入ってんねんね 頭の中に。

ほんで 口ずさんだら 途中から

30年前の歌に
変わっていくときあんねん。

その気持ち 分かるでしょ?
分かります 分かります。

DJでいうと
ここと ここの波長が合うから

そのまま 曲 入っていける
みたいな感じですかね?

違う。

違うか。

田さん 何を…。

(田)じゃあ 私は
Adoさんの『うっせぇわ』

はやりの。

♬「うっせぇうっせぇうっせぇわ」
あれも いけるんですか?

はい いけます。
連続 聴いてもええの?

じゃあ 連続で
2人のを混ぜちゃいますね メドレー。

入江さん 曲は?

(入江)T.M.Revolutionの
『HOT LIMIT』でお願いします。

お前 『かえるのうた』 ちゃうの?

♬「かえるの」

T.M.Revolutionで はい。

T.M.Revolutionで?
T.M.… 西川の?

はい。 お願いします。

それも いけんの? 西川君の。

ちょっと 混ぜちゃいます。
いけます。

すごっ。

いってきます。
いってらっしゃい。

♬~

♬~

♬~

♬~

(拍手)
(馬瓜)すごい!

そうか こっちのリズムで
全部 あれしてしまうのか。

そうなんですよ
ここ 共通にして 右手を色々…。

なるほど それで
『かえるのうた』までいけるんだ。

でも すごいですね
それが分かるってことが。

さんまさん…。
(田)さすがですね。

今まで そんなコメント
返されたことないです。

そんな 音楽的な話…
びっくりした 今。

俺も したことないけどもやな
当たったんで 俺も びっくりした。

でも そうやろなと思うて
見てたんですよ。

『かえるのうた』が入ったときに
分かったんです それが。

はぁ~ どうでした?

あんなカッコイイ『かえるのうた』
聴いたの初めてで。

ホンマやな。
(入江)感動しちゃいました。

要するに カッコエエ歌を
弾いてもらうんじゃないねん。

「この歌 どうなる?」方が
ええねん。

いい曲から
要するに 『秋田音頭』とか

そんなん入れてもうたら
カッコ良くなんねん たぶん。

なるほど。

どこやった 出身 島根?
鳥取。

鳥取やったら
『どじょうすくい』 あるよな?

(入江)どじょう掬いまんじゅう
今日も…。

(馬瓜)持ってきたんだ。
だから そんなん 今…。

(田)すいません 私も
あんまき 持ってきたんですけど。

そんなん ちゃうねん。
今 ハラミちゃん…。

椅子を持ってきたんですけど。

それは もう 要するに
かまいたちの出身地やからな。

(田)ちょっと あんまきの方も。
何?

あんまきも。 私 愛知県の
豊橋市出身なんですけど。

いや 今 ハラミ…。

ものすごい カッコエエ曲が…
だから 『香水』とか

え~ 『香水』から
『どじょうすくい』に入れんねん。

『どじょうすくい』って何ですか?
どじょうすくいの… 曲?

『どじょうすくい』
あっ 知らんか。

私も分かんなくて。
えっ!?

ほんなら 『ソーラン節』でええか。

♬「ヤーレン ソーラン
ソーラン」や。

一瞬 聴きます。

調 確認させていただきます。
『ソーラン節』

(一同)♬「ヤーレン ソーラン
ソーラン」

だから 『香水』から ここに。

(♬『南中ソーラン』)
(ハラミ)これか。 これですね。

(田)それで 分かるんですもんね
すごい。

(♬『南中ソーラン』)

あれ ちゃうな。

たぶん サビまでが ちょっと長い。

今風になってるんだ。

(♬『南中ソーラン』)
そうそう。

はぁ~ 『香水』からいけんの?
それを。

『香水』から『ソーラン節』で
大丈夫ですか?

『香水』から『ソーラン節』
(ハラミ)いけるかな。

史上最難関かも。
ちょっと やってみます。

さっきの『かえる』の入り方 見たら
いける。

♬(ピアノの演奏)

≪ホントに耳コピなんだね。

耳コピやねんな。

嘘 あれ 今 聴いてやってんの?
あれ。

今 耳コピしてます。
すごいな。

♬(ピアノの演奏)

♬~

すごい。

♬~

こっちに いっちゃった。

♬~

『香水』 入った。

♬~

♬~

すごい。

(拍手)

聴いたばっかりで
耳コピできるんだ。

しかも これぐらいしか
練習してなかったですよ。

これぐらいしか
やってなかったですよ。

それで あんなに弾けるんだ。

今 本番中に… 携帯で なあ。

よかった 入れといて かばんに。

『ロッキーのテーマ』
いってもらおうか。

ああ いいですね。

『ロッキー』?
『ロッキーのテーマ』 あの…。

♬「チャチャーン チャーン
チャチャーン チャーン」

っていうのと
そこで 何 入れてほしい?

『プリキュア』とか。

『プリキュア』は分からんな。

初代の?
(入江)『ふたりはプリキュア』でも。

♬「プリキュア」の
あっ それなら知ってます。

(馬瓜)えっ せっかくなんで
さんまさん用のメドレーも…。

そやわ
俺のを作ってくれてあんねん。

俺の歌を。
それ 聴きたいです。

何をメドレーに
していただいたんですか?

(ハラミ)
そうですね… 『さとうきび畑』

俺のドラマの曲を。
ざわわ 『さとうきび畑の唄』

逆に 今から弾くので
何が出てきたみたいな

ちょっと 楽しんで…。

ドラマもありということやな。
『さとうきび』から入んのか。

いきます。

♬(ピアノの演奏)

♬~

「私は こんなことをするために
生まれてきたんじゃないんですよ」

♬~

奇麗なメロやな この曲。

♬~

アミダくじや。

♬~

♬「ひいて楽しい アミダくじ」

「見たな~」

♬~

これ 一応
桑田 佳祐さんやからね 曲は。

♬~

♬「笑顔のまんま」

♬~

♬「笑顔のまんま」

♬~

カッコイイ!

♬~

最後 戻るんだ。

♬~

『ロッキー』だ
『ロッキー』 入ったぞ。

♬~

シャドー シャドー。

♬~

♬~

戻った。

♬~

(拍手・歓声)

こういうの聴くと
ピアノをやっときゃなと…。

昔 やってたんですけど。
嘘つけ!

ホント。

オルガンやろ オルガン。
(田)自分もやってたんすよ。

嘘つけ!
(田)小指が短いんすよ。

小指が短いんですよ。
ホンマや。

これ シュート打ち過ぎ?

(田)いや 関係ないと思います。
小指が短過ぎて

何か うまく弾けないなと。
はぁ~ ピアノは?

ああ ないです。

いや すごいな。

もう 今 ごめん
上のスタッフの皆さん

俺の声を外して テープもらえる?

俺 「すごっ」とか
「うわ 『ロッキー』や!」とか…。

あんなん いらんやん。

あれ 聴きたい。

あれ オンリーで
とってあんねんな?

もし とってなかったら
残って とってって。

(ハラミ)別どり。

いや あれ
すごい カッコエエよな。

(馬瓜)でも さんまさん
今度 ライブやられるんですよ。

(ハラミ)そうなんですよ。

武道館で
年明けに させていただいて。

ホントに ストリートピアノから
気分転換から始めて

で 2年間で武道館に立てるなんて
ホント 夢みたいで。

いやいや これは本人の力やて。
金メダルです。

ホンマやわな 入江さん。
はい。

お前 帰りたいのか?
また 油断しました。

寝たいのか?

むちゃくちゃ
しゃべっとったよな この人。

え~ ムロツヨシさんが
来てくれます。

≪(チャイム)

打ち合わせで 前回 緊張のあまり
あんまり しゃべれなかった?

(ムロ)後悔…
その日は寝れませんでしたよ。

嘘言えよ。

むちゃくちゃ
しゃべってたやないか。

で 何を飲みたい?
今日は ホントは何を飲みたいの?

いや… お酒 飲みたいですけど。

ホンマわな。
いつか さんまさん

お酒 飲ませてください。
ホントに 一回 いつか。

そしたら 2人で飲みに行ったら
ええやないの。

うん。
「うん」って。

いや 今 驚きの「うん」なんです。

あの… 友達に対する
「うん」じゃないです。

今 そうやって
言ってくれたことに対する

驚きの「うん」なんです。

すいません 説明が長くて。
先輩やし。

違うんですよ 「ホントですか?」が
出なかったんです。

人としてやで。

まあまあ 芸能人としては
なめてるか分からへんけども。

なめてないです 聞いてください。
何を?

今日のお土産を
僕から 僕発信でいいですか?

お願いいたします。
(ムロ)前回 きっかけを頂いて

渡しましたけど
今年のお正月ですか

KinKi Kidsの堂本君が
トイレットペーパーを 私に対抗して。

おい ムロ。
はい。

マツコデラックス
お前の怒っとったぞ。

この番組で 俺に
トイレットペーパー渡したやろ?

マツコも よく トイレットペーパー
くれんねんけど

品が手に入らない。
(ムロ)そうなんです。

あのオンエアの直後からですね。

もう 完売 完売で。
(ムロ)ずっと完売なんです。

倉庫にありませんとか言われて

マツコが 「あのムロめ!」とか
言うてたから。

マツコさん
お会いしたことないんですけどね。

お会いしたことないけど怒ってた。

「私の得意業を奪って!」
とか言うて

それに対抗して そう
KinKi Kidsの堂本が

もっとええやつを持ってきよった。
そうなんですよ。

それ見てました オンエア。

だから 今日も またトイレットペーパー?
手に入れた?

聞いてください さんまさま。
えっ?

さっきの「うん」は
ホントに違うんです。

いろんなこと 頭に…
これ 見てください。

ティッシュはティッシュといえど。
うわっ!

(ムロ)何と…。
今回はティッシュ?

箱ティッシュ。

また これ 見せたら…。

これは だから…。

そんなに違うの?

うわっ ティッシュを こんな…。

こんな すごいで これは。

(ムロ)箱が
もう すごいじゃないですか。

1箱 1万円となっております。
嘘やん!

で 144枚だったかな?
入ってるんです。

1枚 70円でございます。

うわ~。
(ムロ)70円が…。

うわっ 2色配合で。 すごい!

もう はなもかめないな これ。

(ムロ)これ どう使っていいか
分かんないですけど

ただ やはり
自分では買わないものですから

これを 今回 5箱。

1箱 よかったら マツコさんに
おわびに渡してもらっても…。

来週 会うから うん。
(ムロ)いいですか?

マツコに 1つ ムロ君から
謝りのティッシュです…。

あと5箱 買ったんで 渡してから
言おうと思ったんですけど

1箱 もらっていいですか?

やっぱり
自分には買わないですけど

5箱 買ったときに あの…。
1箱 くれないですか?

人の家に行って 持っていって

「1箱 僕に くれませんか」
っていうのは

ものすごい失礼やし
自力で買えばええねんけどもね。

でも 自分のために
買うものじゃないと思うんです。

それ ものすごい気持ち分かるな。

人にあげたから そいつが…
まあ 服とかあげたりすると

着て 良かったら
うわ!って思うけど

自分が買うと
ペアルックになってしまう。

(ムロ)買えないじゃないですか。
買えないねん。

だから ものすごい気持ち分かる。
(ムロ)でも 今の箱ティッシュの

さんまさんのリアクションを
見せていただいて

やっぱり 僕も
1個 欲しいなと思ったんです。

ムロは 今 コロナ禍やし
外も歩かへんし

どうせ 彼女いないねんからやな。

まあ 「どうせ」が
ちょっと おかしいですけど…。

かわいそうや ムロブームが来て
一番モテる時期に

コロナに入ったからな。

もう これは かわいそうしか…。
俺の仲間で 木村 拓哉なんか

抱かれたい男
ず~っと 1位 取ってたのに

抱いてないねんな あいつ 嫁しか。

いや それが正しいねんけど。

(ムロ)そうですよ あらためて
言うことではないんですけども。

あらためて言うことじゃないねん。

私は だから
抱いてもいいはずなんですけど

この状況がね
人に会いづらいですもんね 今。

会いづらいし
万が一ね 深夜まで飲んでると。

それもね そうなんですね。

そうそう 独身やし
シングルやから

遊んでもええねんけどもね
遊べない。

僕 居酒屋が たぶん
憩いの場所だったみたいで

行けなくなって
分かったんですけど

家にいると
時間が進まないんですよ。

はぁ~ そうか そうか。
自分のペースがあるしね。

で どんどん一人上手になっていく
自分がいるやんか。

で これが普通になってきてるやん
もう 1年ちょっとたつと。

そうなんです 僕 絶対 そっち側に
ならないと思ってたんですけど

とうとう YouTubeで
有料会員になって

ずっと たき火 見ながら
飲んでます。

えっ?
(ムロ)たき火の映像が

ずっと流れてるんですよ。
その音と…。

外に行けないから
音楽より その音の方がよくて

それと共に ずっと飲んでます。

疲れてんねんな。

(ムロ)そう言うと
疲れてることになっちゃうか。

あと さんまさん ホントにね

前回の僕のお話
覚えててくれておりますか?

だいたい覚えてる。
(ムロ)ホントですか?

お母さま 産んでくれた
母君の話をしたと思うんですけど。

(ムロ)僕 芸名にした理由も

それがあると
言ったじゃないですか。

ハハハハハ!

やっぱり笑ってくれると
思ってましたよ。

ほんで お父さん お母さんとは
会ってるの?

ハッ!

(ムロ)僕は本名ではないので。
いやいや 見たら分かるって お前。

いや でも どうなんすか?
分からないと思いますよ。

いいや!
お前 親をなめてるやろ。

さんまさんは 「そんなの お前って
気付いてるに決まっとるやろ」

っつって言ってくれたんですよ
自分の息子…。

テレビ出て おう。
(ムロ)『さんまのまんま』の

オンエアが終わってから
1週間か10日後ぐらいに

事務所に お手紙が来まして。
嘘やん!

(ムロ)ホントです。
で 読んでみると

「『さんまのまんま』を見て

私が産んだ子だと
分かりました」って。

嘘!?
ホントです。

「お会いできませんか」と。

お前 この番組で話す内容
ちゃうぞ!

それ ムロ すごい話やぞ。
お前 こんな軽薄な男に お前…。

でも さんまさんの
あの一言がなければ。

僕は でも お会いしなくても
いいと思ってたんです ずっと。

言うてたな あの日も。
4歳のとき 両親が離婚しまして。

だから 4歳から40年間
会ってなかったんですけども

お手紙来て
いろんな方に相談したんです。

会うべきか会わないべきか。
いろんな意見がありました。

僕も 母君の人生の物語に

僕は出演しない方がいいだろうと
思っていたんですけども

やはりですね
この手紙が届いた以上

これは リリー・フランキー先輩の
言葉なんですけど

「会わない後悔より 会う後悔。
行ってきなさい」

「行ってきたらどうだい?」
っていうふうに言っていただいて。

はぁ~ なるほど。
「会わない後悔より 会う後悔」

で それじゃ
一度 お会いしようということで。

嘘やん!?
会ってまいりました。

VTR収めてないのか それ。
それは VTR収めてないです。

何で…
そこまで番組にしませんよ。

それを流したら それこそ
『さんまのまんま』じゃないですよ。

何で「ムロのまんま」
やんなきゃいけないんですか。

「ムロのまんま」は
やらないですけど。

一度 お会いしようということで。
嘘やん!?

会ってまいりました。
VTR収めてないのか それ。

(ムロ)
それは VTR収めてないです。

何で…
そこまで番組にしませんよ。

それを流したら それこそ
『さんまのまんま』じゃないですよ。

何で「ムロのまんま」
やんなきゃいけないんですか。

「ムロのまんま」は
やらないですけど。

いや お前 撮っといてくれよ。

ちょっと… その再会シーンを
どうぞって言いたい。

この番組で初めて 感動ドキュメンタリー
放送できたのにやなぁ。

いや 申し訳なかったですけど
報告は…。

その話 してほしいねんけど。

ほんで
お母さんと待ち合わせをして…。

一応 家とか
ちょっと違うなと思ったので

とあるホテルの
部屋ではなく 会議室みたいな

雰囲気の ちゃんとした所が
あるんですけども

そこを 事務所の社長が
用意してくれて。

社長も
会うのは賛成だということで。

一度 会っといた方がいいぞと。
会いなさいって言っていただいて。

で そこの場所で会って

まあ 1時間ぐらい
お話しさせていただいて。

いやいや まだ来てないやろ?
お母さん。

「まだ来てない」?
そんな すぐ来たらあかん!

何ちゅう 簡単に処理すんねん
アホ!

どんな感じ? 「お母さん!」
(ムロ)そういう感じじゃなかった。

「ああ…」って ホントに。
向こうは?

「ああっ」っていう…。

「やっと会えました」って
言っていただきました。

泣いて 「ごめんなさい」
…は なかったです。

もう40年たつと…。
(ムロ)そうですね。

あと いろんなお話をしたいけども
やっぱり いろんな人の 例えば

悪口になってしまったりとかに
なってしまうから

僕も そう思いますって。
僕も たぶん 聞いてる話と…。

えっと… 「お母さん」とは
呼べなかったんですけど。

うわ~!

やっぱり
事情が 絶対 違うと思うし…。

「お母さん」って呼んだやろ?
帰り際。

ドラマチックにしなくていいの。

タメ口になっちゃうから。

そんな
ドラマチックにしようとしたら

いくら さんまさんにでも
タメ口になっちゃいます。

頼む そうしてくれ。

「またね ムロさん またね」って。

「じゃあ あの…
また お会いしましょうか」

「あっ…」とか。

ほいで 向こうが泣き崩れんねん
ドア越しに。

くっ…。

そんな… それがホントになって
世に渡っちゃいますから。

でも ちゃんとお話…
色々 話しして。

でも 言えましたよ 「産んでくれて
ありがとうございます」

嘘っ 言うたん!?
はい それは言えました。

おかげさまで 僕は恨んでないし
この家庭環境のおかげで

役者という道を選んで
意地にもなれたし。

っていうのを伝えたら
「よかった」って言ってもらえて。

新しいご家族が
あちらには あるから

できる限り
僕は もう これ以上は

踏み込まないようにしようと
思っていますっていうふうには

お伝えしました。
うわ~。

お幸せを願わせてください
ということは お伝えさせて…。

それで すっきりしたの?

僕の方は すっきりというか
あとはですね ここから

育ててくれた親戚のおばちゃんに
今日の昼に

さんまさんのきっかけで
お会いできたし

今日 『さんまのまんま』に
また 出させてもらうんで

おばちゃんに電話しまして

今日 また さんまさんに
お会いできるんだけど

ちょっと 話があって…。
「何?」って。

産んでくれたお母さんとは
お会いしました。

「あらら!」って言って。
で それ おばちゃんに

いつ言おうかと思ってたんだけど
今日 さんまさんに話して

テレビを通して知るのだけは
失礼だと思って…。

それは
絶対 違うだろうって思って

おばちゃんに
今 電話したんだっつったら

「ああ そうかい
よかった 会えたんだね」って。

よかったって言ってくれましたよ。

言葉は みんな
あっさりしてるけど

心の中は
そうじゃないねやろけどな。

複雑やねやろけど。
うん。

いい環境で育ったなぁ。
そうなんです。

だから それも言いたかったんです
ありがとうございます。

ムロも 全然 泣かなかったの?

(ムロ)あ~ 泣かなかったですね
不思議なもので やっぱり。

今日 ほっとして

今日 おばちゃんの顔見たら
泣くんちゃうか?

その涙 拭く用に
ティッシュあげるよ。

おばちゃん 喜びます。
おばちゃんにも あげてくれ。

もう やっと…
あげようって理由を探してた。

そのティッシュが
欲しいっていうから。

これも おばちゃんに渡しとけ。

僕の映画のチラシですから。
チラシか。

(ムロ)ほら どうですか。
親子愛の話から 親子愛の映画…。

持ち方 持ち方!
お前 この宣伝のために

今の話 したん?

絶対 違う! それは

そういうふうに見えちゃったら
駄目ですよってことですよ。

お前 ひどいやつ…。
(ムロ)いやいや いやいや!

そんな人間じゃないですよ!

返してくれ ティッシュ。
ちょっと待ってください。

実話ですよ だって。

いや 実話でもや。
いったん違う話 してから

「今度 映画なんですよ」っていうて
ほいで しゃべっていくうちに

すいません。 親子の 偶然 話に
なっちゃいました

っていうのが普通やんか。

どっか1個
挟まなきゃ駄目でしたね。

1個 挟んでいいですか?
挟む用のこと話ししていいですか。

さし込むわ。
編集 大変なるけど。

この話を ホリケンさんに
したんですよ。

お母さんに会った話を。
そしたら ホリケンさんが

「うわっ 超面白い!
それ テレビで言っていい?」

って言ったんです ホリケンさん。
絶対 駄目ですって。

「じゃあ さんまさんに
俺から言ってもいい?」

ホリケンさん 話しに来ました?
ホリケンは それどころやない

今 違うことで
話ししてんねんけども。

ムロのお母さんの話…。

来週 ゴルフ 一緒に行くねんけど
そのときやと思う。

あっ そうなんですかね。
たぶん。

その話したの
でも 1年前なんですよ。

ホリケンさんに お話し…。
ドラマ共演中に お話しして。

そしたら もう忘れとる あのアホ。
アハハハ 忘れてるんだ。

それから何回も会うてるけど
ムロの話をしようとしていない。

すっごいね でも 喜んで
笑って聞いてくれて。

ホリケンさんも
面白いなぁと思って。

いや まあ ホリケンだと
周波数が合うって おかしいけど

そういう人間が
集まってくんねんな。

同じ周波数の人間が。

だから あんな話 好きやねん
ゲラゲラ笑って。

(ムロ)ホントに笑ってくれる。

映画の『マイ・ダディ』っていう。
(ムロ)はい。

初主演をさせていただきました。
えっ 初めて?

(ムロ)はい 25年目なんですけど
役者やって。 すいません。

これは だから ホントは
ものすごく入り込める芝居やよね。

でも 父親やったことないんで

ホントに 逆に
お芝居しないようにして

初めて臨んだ作品
現場でございます。

あっ 父親とかいうのを
入れないで?

(ムロ)そうですね…
まあ ふりにならないように

っていうのは
やってみたんですけどね 初めて。

でも… 何か こういう話も
恥ずかしいですね。

何を?
これ… あの…。

もっと ふざけた話 しましょうか。

いやいや 全部 お前の
計算どおりやろ? 今のところ。

何の計算もないですよ。

お母さんと会うて。
勘弁してくださいよ。

ほんで簡単に
2分ぐらいで終わったよな。

いや そこは だから…
それこそ 長く話したら

重くなるかなと思いまして。
重くならないよ。

一番好きな話やのに。

じゃあ 次 親父の話 します?
親父の話…。

≪(チャイム)
(ムロ)親父は…。

親父の話は何なのよ。

≪(チャイム)
ファーッ!

はいよ 入ってきて。
開けられへんねん。

(じろう)水道管の工事で。
えっ?

(じろう)水道管の工事です。
あっ ちょうどよかった。

水道管 今ね
こっち 昨日から逆流…。

何や!
違います 違います。 すいません。

なあ 振るだけ振って
俺がオチ言う前に 入ってくるて

それ やっちゃいけないことやで。
(長谷川)すいません。

好き。

気持ち悪い。

好き~。
(長谷川)お前もだ だから…。

いたずら坊主が言う「好き」だよ。

もちろん 共演してる?
(ムロ)はい もう何度も。

(長谷川)失礼します。
舞台は? 舞台は やってる?

舞台は やったことないですね。

意外と舞台だけ
シソンヌとやってないの?

舞台は やってないですね
シソンヌとは。

ドラマとコント番組 少し…。

舞台 やってないんだ。
(じろう)あっ そうっすね。

シソンヌは結婚してんのか
2人とも。

僕だけ…。
(じろう)僕は まだ してないです。

なぜというのか…。
まあ こっちも そうやろうけども。

なぜやねんけどもやなぁ。

やっぱ どんどん
こじらせていくっていうか。

そうか
独身男が こじれてしまうんか。

(じろう)はい。
決めかねてしまうっていうか。

この人でいいかなっていっても
何か…。

この人でええねんけどな。
はい。

ものすごい分かるわ それ。
何となく次を やっぱ ちょっと…。

もうちょっと
待ってみようかなとか。

一応 理想を
追い掛けてしまうよな。

ムロ君は どの辺で 今…。
噂もあったやんか 色々。

噂?
戸田 恵梨香ちゃんとかと。

(ムロ)あれは ドラマのイメージが
そのままニュースになって

それが ニュースを信じる人が
結構 多くて

さらに
そのニュースになるっていう。

「おめでとう」とか 逆に
事実化してっちゃうんですよね。

でも 全然 そういうの何もなくて。
そうそう。

週刊誌 出たとか。
(ムロ)事実化していくんですね。

俺 四十何年 この世界いるけど
ほとんど そう。

会ったこともないのに
付き合ってたとか。

さんまさんでもあるんすか…。
何人も ほとんどが嘘。

(じろう・長谷川)へぇ~。
それで 本人に会うたときに

俺ら付き合ってると
思われてるから

エッチしよう言うて
殴られたことある。

その打席の入り方
よくしますよね すごいですね。

よく そこ 打席 立ちますよね。
(長谷川)さすがですよ やっぱり。

いや 左で立ったよ。

普段とは違う打ち方なんすね。
バレないようにね。

普段とは違う打ち方はしたんすね。

ほいで…。
今日は はやってるゲームを。

こちらの『はぁって言うゲーム』

いろんなシチュエーションの「はぁ」を
まず言ってもらうわけです。

あ~ なるほど なるほど。

これは もう 君ら うまいよな。
(長谷川)これ 要するに

なんで?の「はぁ」
力をためる「はぁ」

ぼうぜんの「はぁ」 感心の「はぁ」
怒りの「はぁ」 とぼけの「はぁ」

おどろきの「はぁ」 失恋の「はぁ」

いろんなシチュエーションの
「はぁ」があるんですよ。

それをランダムに
バレないように

自分で ホントは
このABCDEFGって…。

これ お前ら 有利なゲームやなぁ。

いやいや さんまさんも…。
(じろう)ドラマ出てましたよ。

まあ 出てたけどもやなぁ。
これ ムロ 強いぞ。

人生経験も多いしやな。
何にも 人生経験…。

(長谷川)誰から いきますか?
誰が「はぁ」言います?

ムロからに決まってるやろ。
(長谷川)ムロさん いきます?

そりゃ ムロは
見本 見してもらわな…。

じゃあ ムロさん
この中のABCDから…。

(ムロ)どうすんの これを選ぶの?
(長谷川)はい 選んで

自分だけ見てくださいね。
(じろう)アルファベット書いてんのか。

で それをやる。
それで どの「はぁ」をやるかや。

(長谷川)僕らが当てます。
(ムロ)はいはい。 いきますね。

いきなり いきます?
あっ この中から当てんのか。

はい。
やったやつを。

当てさせたら勝ちなん?
それとも外れ… 当てさせたら?

(長谷川)僕らは 当てたら勝ちで

ムロさんは 当てさせなかったら
ムロさんの勝ちです。

当てさせなかったら?
当てさせないのは おかしいやろ。

ほんなら むちゃくちゃやったら
ええねやんか。

そうですね
ちょっと待ってください。

お前 知らんやろ。
(ムロ)長谷川! 長谷川さん!

(長谷川)さんまさん 皆さん
言い訳になっちゃうんすけど

この人数でやる
ゲームじゃないんです。

ホントは Hまでなんで
8人でやるんすよ。

で みんなで
あそこに張ってくんですよ。

あ~ なるほど なるほど。

今日は
『さんまのまんま』バージョンなんで

ムロさんは 当てられちゃ駄目。
(ムロ)当てられちゃ駄目なら…。

当てられてええねん。
当てられていい。

(ムロ)ルールブックが
おかしいです。

ルールブックが おかしいです!

ほんなら 当たって
ムロ すごいやねん。

(長谷川)はい そうです。
この人数やったら。

1回で当てさせた
ムロさんの演技力 わぁ~!です。

はいはい はいはい。
(長谷川)すいません そうでした。

(長谷川)
普段と ちょっと違ったんで。

(ムロ)じゃあ やりますか?
ちょっと やって。

いきますね。 いきま~す。

あっ 「よ~い スタート」
じゃあ 言って。

はい いきま~す。
はい 3秒前。 2…。

はぁ~。

失恋の「はぁ」やな。
(長谷川)さんまさん 失恋ですね?

さんまさん 変えちゃ駄目ですよ。
厳しいですからね ゲームには。

あの人 おかしいよ 絶対。

あの人… あの方…。

さんまさん 下手です。
「下手です」 ちゃう。

お前 深読みせえ。
深読みですか?

ムロは失恋慣れしとんねん。

失恋慣れした男の失恋の「はぁ」?

「付き合ってください」
「いえ 断ります」 はぁ~。

(長谷川)もう慣れちゃってる?
慣れちゃってる。

俺は もう一つ向こうを
読んでるから。

(長谷川)なるほど 失恋の「はぁ」の
先 行ってるんすね。

そういうことやねん。
ムロやったらやろ?

ムロやったらや。

はぁ~。
(長谷川)いやぁ 僕は…。

何?
C ぼうぜんの「はぁ」です。

いや 違う違う 今の「はぁ~」は…。

(長谷川)いや だから…
ホント 失恋ばっかしてるんで。

何で…。
失恋縛り すんじゃない。

さんまさん 失恋に慣れ過ぎると
ぼうぜんになるんすよ。

だから さんまさんは
手前で終わってるんです。

さらに もう一歩 踏み込んだら
あれ ぼうぜんなんです。

ぼうぜんなのか。
(長谷川)失恋し過ぎちゃって。

ははぁ~。

感心ですね D。
(長谷川)あ~ まあまあ そうか。

感心?
(じろう)失恋し過ぎて

やっぱり あなたも
私を振りますか。 はぁ~。

(ムロ)何で…
「失恋」 書いてないじゃん!

一番すごい。
お前 失恋して感心に?

その境地に もう…。
(長谷川)悟りの境地ね?

失意から感心になってんやろ?

これ ムロ君 一応 答えは?
(ムロ)正解 言うんですか?

Dです。
(長谷川)じろうだ。

(じろう)振られ過ぎて
感心しちゃって…。

そしたら その「はぁ~」は
俺とは違うわ。

(長谷川)さんまさん
ちなみに お願いしていいですか?

じゃあ いきます。 3 2 1…。

はぁ~!

ちょっと強過ぎますね。
ちょっと不自然が…。

司会者の「はぁ~」ですもん。
だから…。

そうだな 長谷川さんね。

お芝居バージョンで見たいです。

俺 そうなってしまってんねん
人生。

(長谷川)そうですね
40年もMCやってますから。

おどろきの「はぁ」なんかでも
はぁ?

あ~ なるほど。

でも お芝居のときは
そこまでじゃないじゃないですか。

(ムロ)『男女7人』のとき
そんな… なかったですよ。

そんなシーン なかった…。

(ムロ)『男女7人』を
僕たちは見て 育ったのに。

『古畑』のときも
なかったですもん。

当たり前や。
そのシーンがないねん。

『いこかもどろか』でも
なかったですよ。

そうですよ 嘘つかないでください
さんまさん。

古いもんばっかり出しやがって。

(長谷川)世代なんで。
世代なんで 僕ら。

あっ これ… 今のDやろうけども。
感心した…。

ちょっと
もう一回だけ いいっすか?

何が?
「好き」で やりたいんです。

じゃあ お前 やれよ。
俺ですか?

次 お前やろ?
(長谷川)ああ… そうっすか。

これ 面白いよ。
(長谷川)あっ 僕でいいんすか?

このメンバーがやると
すっごいレベル高いもん。

じゃあ 僕 いきますね。
(ムロ)いいよ いいよ やって。

「はぁ」か? また。
(じろう)「好き」ですね。

好き。

気持ち悪い。
さんまさん さんまさん。

だとしたら
俺 どれやっても それです。

俺 どれやっても 気持ち悪いの
「好き」になっちゃいます。

えっ じゃない…。
じゃないです。

Hの次 ないですから。
Hまでですから。

もう一遍やって 今の。
(長谷川)はい。

好き。

大橋 巨泉の「好き」…。
(長谷川)違う違う…。

(じろう)O O。

いや Oの 大橋 巨泉さんの
「好き」じゃないのよ。

はっぱふみふみ。
言ってないですよね?

言ってないです。
言ってない?

それ 大橋 巨泉さんやん。
大橋 巨泉さんではないです。

「好き」って言うてるもんな。

(長谷川)大橋 巨泉さんが言う
「好き」じゃないです。

真剣にやってください。

皆さん もう 何となくでいいから
答えてください。

何となくはあかん。 真剣に…。
(長谷川)だって このままいくと

どうせ いろんな 大橋 巨泉さん
やらせようとしますもん。

俺 いろんな 大橋 巨泉さん
やりたくないです。

こないだ 別の番組でやって
古過ぎるっつって

ばっさり
カットされてたんですから。

ああ そうか… ははぁ~。

これは もう 答え 合うてんのか。

Dか。
(長谷川)偽りの「好き」ですね?

(ムロ)まあ 普通に見れば
Bですかね 僕は。

いたずらっぽく。
(長谷川)じろうは?

C さりげない「好き」

あれが さりげないの?
ホントに?

ちょっと こう 出すみたいな感じ。

これ うなずいた。
やっぱ相方やから すごいな。

答えを。
答えをどうぞ。

答えは
Bの いたずらっぽくです。

誰 当たった?
(ムロ)僕 当たりました。

何で こんな盛り上がんない?
俺が悪いみたいな…。

俺は だって 引いただけですもん。
(ムロ)さっきの盛り上がりと

差が激しい。

俺 今 急に汗…。
びっくりした!

それまで あんな楽しそうに
してくれてたのに。

大橋 巨泉まででしたよ
盛り上がったの。

大橋 巨泉のときの顔
思い出してください。

いたずらっぽく「好き」が正解?
(長谷川)正解です はい。

いたずらっぽく
言ったじゃないですか。

好き。
いたずらっぽいじゃないですか。

(長谷川)あんま好きじゃない感じで
好きって言ってますよ。

そうか?
ちなみに さんまさんの場合なら

どんな感じですか?
いたずらっぽくやろ?

好き。
(長谷川)いや…。

さんまさん! お芝居の方で!

もう こうなってましたもん。
お芝居や。

(長谷川)やってたやつで
お願いしますよ。

それ やってました? 月9のとき。
やってないでしょ さんまさん。

月9で 手 こうなってました?
(長谷川)やってないですよ。

木村さんとやってるとき
そんなんしてなかった。

これは難しいなぁ
いたずらっぽく「好き」は。

ムロ いたずらっぽく「好き」は?
いたずらっぽく「好き」?

好き。

ごめんなさい…
いたずらっぽく「好き」は難しいね。

いや 難しい 難しい。
いたずらっぽく。

(長谷川)
いたずらっぽく むずいっすね。

じろうは?
(じろう)いたずらっぽく?

好き~。
(長谷川)お前もだ だから…。

いたずら坊主が言う「好き」だよ。

お前も芝居でやれよ!

さんまさんと同じことやんなよ!
(ムロ)面白いじゃんかよ。

(長谷川)こっち
真面目に やってんだから!

俺たちも芝居や。
芝居じゃないじゃないですか。

やり方があんねん おのおの。
芝居の作り方。

監督によっても変わるわ。
演出によって変わりますね。

これは面白いなぁ。
ちょうど やりたかったんです。

これ 女優さんも入った方が。
≪ああ…。

これ 女性の
いたずらっぽい「好き」は…。

今度 ペアマッチでいこうか。

戸田 恵梨香ちゃん
連れてきてやな

お前も
知り合いの女優さん連れて

で 俺 大竹さん連れてくるから。
(じろう・長谷川)いやいや…。

これ 言うたら出にくいねんで
本人たち。

≪(チャイム)
はい。

すいません 迎えに行けないんで
どうぞ。

≪失礼します。
どうぞ どうぞ こんにちは。

お邪魔します。 失礼します。
(齊藤)失礼します。

お邪魔します。
初めてじゃないんでね。

日向坂… 「もっとも勢いのある」
恥ずかしいです。

出にくいやろ?
言わんこっちゃない。

「ノリにノッてる」でも
出にくいしな。

どうぞどうぞ 座っていただいて。

ご挨拶させていただきます。
私たち…。

(一同)日向坂46です。
(久美)よろしくお願いします。

明石家さんまです。

よろしくお願いします。
(一同)お願いします。

♬~ルックプラス
(主婦)あっ…フチ裏

洗いにくいのよね
♬~ (新津)それなら

洗いにくい所も 泡におまかせ!

「泡ピタ」! 《ヒミツは

密着泡 60秒後に流すだけ》

《便座も床も》
♬~「泡ピタ」! 《新発売》

幾つと 幾つと 幾つなの?
私が25歳です。

私が24歳です。
みんな 結構…。

21歳です。
一番若いんだ。

みんな そらぁ
ライバルも多いし

グループ内での争いやもんな。
そうですね 結構。

キャラクターとセンターを
争うんやろ? 皆。

勝手に 人のワンショット
映り込むとかいう。

そうなんですか?
技 持っとんねんぞ。

みんな その技を
映りたいからって

カメラ割りをリハーサルで
調べんねやろ?

そしたら
自分んとこ 少ないと思うと

このカットのときに
後ろへ回ったろとか。

え~!

ちょっとでも
テレビ 出たいやんか アップで。

私 それ やったことあります。
やっぱり せやろ?

(齊藤)夢の『紅白歌合戦』さんに
出場するってなったときに

ここ 誰もいないな 後ろ
って思ったときに

ちょっと
ひょこっと出ました。

しかも 最初に
ダンサーさんに

「これ 私 抜けても
大丈夫ですか?」って言って

許可を取って 抜けました。

いやいや 俺 これ
プロやと思うわ。

上で ディレクター
「何してんだ あの野郎!」

「こっちの都合あんのに」とか
「何 入ってきやがったんだ」って

怒られるかも分かれへんけど
それは正しい考え方やと思うわ。

私も やったことありました。

せやろ? さっき 「そんなこと
するんですか?」って。

お前 何ちゅう ひどい…
ひどい人間性やな。

(久美)忘れてました。
忘れてました。

何? これ。

何? これ。
そんなん いらんねん。

「すいません 今の…」って

こんなん 「忘れてました」って
これも ずるいよ。

どういうやつやった? それ。
(久美)それも 『紅白歌合戦』に…。

『紅白』 何回 出てんの?
(美玲・齊藤)2回です。

2回 すごいな。
(久美)2回目のときに

佐々木 美玲がセンターで
私は その後ろだったんですけど

センターの後ろに ずっと映り込む
っていう作戦をしてました。

あ~ また ディレクター
上で怒鳴ってるやろな。

「佐々木違いなんだ
バカ野郎!」とか

怒鳴られてると思う 「あのタコ!」
とか言われてると思うわ。

タコ?

いや タコのまね しなくていい。

21歳 やればええねんけど
25歳だから。

君 お肌の曲がり角に…。

そうなんですよ。
これ 見事みたいやな 25歳って。

それは どういう手応えで?

今まで気になってなかった
そばかすとかが 急に出てきて

今まで気にならなかった部位が

気になってくるように
なっちゃって。

女の子は かわいそうに。
今 ファンデーションで隠してるわけ?

(久美)
そんなひどくはないですけど。

結構 メンバー内で
一番奇麗ってぐらい 奇麗で。

奇麗なの? 何やねん お前!

こっちが心配したら お前
結局 自慢かい!

違います。

ひどいやつやな…
キャプテンから降ろせよ。

正直 そばかす 見たことないです。
(美玲)ないです。

それは嘘です。
(美玲)めっちゃ奇麗なんですよ。

お前な テレビに映りたいから
ほら話 したらあかんねん。

私的には…。
俺の戦法や それ。

ワンショット欲しいから
嘘の話するって。

嘘じゃないです。
見たことない 言うてるやないか。

じゃあ 後で見せます ホントに
よ~く見てほしいです。

よ~く見な分からんやつやろ?

それを要するに 「困ってるんです」
とかいうトーク あかんよ。

じゃあ これっきりにします。

ホンマに 司会者の俺から言うのも
何やけど これっきりにしてくれ。

俺が最後の犠牲者でええわ。

お土産を 今日は持ってきた…
彼女から そしたら。

早く処理しよう あいつ。

ジャン。 似顔絵を描いてきました。

(美玲)すごい
ホントにセンスがある。

まんまも入れてくれて。
(久美)まんまちゃんと さんまさん。

ちょっと… はぁ~
絵が好きなんですか?

いや…。
えっ?

これやろ?

今回の 『さんまのまんま』の
賞品になんねんぞ。

はい うれしいです。

こんなん あかんで お前。

(久美)一生懸命 描きました。

だから 新幹線で…。

(齊藤)ずっと新幹線の中で
描いてました。

新幹線で描いたらあかんねん。

家に帰ってとか
絵を描くっていうのは 非常に…。

ほんで それを
賞品化するわけでしょ?

はい。
何枚も カーッ。

何枚も描いては カーッてして
仕上げなあかんねん。

はい。
新幹線で?

小田原辺りで仕上がった?
ホントに そうです。

「ホントに そうです」
おめでとう。

そうなんですよ。

これで殴ってもいい?

(久美)でも ホントに すごい
どんなのにしようかなって

レイアウトとか考えて。

私たちの日向坂46の
ファンの皆さんのことを

おひさまって
呼ばせていただいてんですよ。

ファンのことを?
そうなんですよ。

なので それに ちょっと…。

これ 太陽なの?
(久美)太陽です。

あっ 紙から
出てきたわけじゃないの?

ホントだ そういうふうに見える。
(久美)そう見えますね。

すっごい長かったので
新幹線の時間が。

小田原までに仕上げてんやろ?

(久美)でも
広島から帰ってきたので。

広島から小田原まで
かかったのか。

東京から小田原じゃない?
違います違います まさかまさか。

(久美)でも ホントに
気持ちは すごく込めて…。

さんまさんのお顔を
描かせていただくということで

隣に 潮 紗理菜ってメンバーが
座ってたんですけど

一緒に写真を見ながら
「これは違う」 「これは ちょっと」

俺の顔 いろんな人が
描いてくれてるんで

ありがたいことに。

俺とマツコが一番多いみたい
路上の似顔絵描きが。

あ~。
見本にしてんのが。

見ます。
せやろ?

俺とマツコが
異常に多いらしいねん。

(久美)絶対 さんまさん
いらっしゃいます ああいうのに。

だから 言うてるやんか。

絶対 キャプテン降りろよ
自分から。

ありがとう。 これを…。

そして 彼女は。
(美玲)私は…。

FaceAppっていうアプリがあって。

写真を撮ったら
結構 変身ができるんですよ。

分かる 今 何か
若い子が やっとるな。

さんまさん
やってみてもいいですか?

ちょっと やってみて。

カ… カワイイ!

そして 彼女は。
(美玲)私は…。

FaceAppっていうアプリがあって。

写真を撮ったら
結構 変身ができるんですよ。

分かる 今 何か
若い子が やっとるな。

メークできんねやろ?
メークできたり

あと 私 女性じゃないですか。
知ってる。

男性でもカワイイと思うよ。

女性なんですけど
男性になれたりするんですよ。

見せて見せて 自分の男性。

今 いきますね。
(シャッター音)

髪とか… 髪形とか
勝手に変えてくれるんですよ。

そうらしいな。 今 それで
キャッキャ キャッキャ 言うてるよな。

これが?
今 顔をおっきくしました。

で 性別を変えたら…。

これ 1枚撮ったら そうなんのか。

こんな感じになります。

あっ
「ルネッサーンス!」に似てるな。

ホントだ。

サングラスを掛けれたり。

はぁ~ すごいな。

あとは?
髪の毛を変えたら…。

≪誰?

何か ムロ君に似てきた。

さんまさん
やってみてもいいですか?

ちょっと やってみて。
俺を撮ってくれたらええの?

(美玲)はい じゃあ
撮らせていただきます。

普通にしてたらええねやろ?
はい。 いきます。

それで 色々…。

(美玲)はい チーズ。
(シャッター音)

(美玲)いきますね じゃあ。
これを?

女装は?
女装は えっと 性別のとこから…。

カ… カワイイ!

えっ?
(美玲)今 子供にしました。

えっ?
えっ 子供?

IMALU?
≪めっちゃカワイイです。

そういや IMALUに似てるよな?

はっはぁ~。 イケメンにも…
イケメンっていうか

男のカッコエエの
ちょっと… 金髪にして。

(美玲)金髪ですか?
今 老化にしちゃいました。

おばあちゃん…。

もう老化してるから ええねん。

でも いますよね?
こういう人。

ここにいるやないか。
(久美)ハハハ…。

「ハハハ」やないねん。

≪いそうだなと…。

これ すごいな。

(久美)奇麗!
鬼越みたいになって…。

だから 金髪の若い風にしてって。

分かりました。 金髪の若い風。

これを合わしていくのか。

お前… ちゃんとしてくれよ。
なあ!

(久美)若返った。
若いときの さんまさんに見える。

ちゃんとしてくれ。

金髪。
どうだ?

あかんやつやん。

これ… 世に出たら
あかんやつやん。

っていうやつやな いやいや。

そうして遊んでるのか。
(美玲)はい。