人志松本の酒のツマミになる話【奥様の手料理に本音言う?松本&小沢真珠(秘)朝習慣】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

人志松本の酒のツマミになる話【奥様の手料理に本音言う?松本&小沢真珠(秘)朝習慣】[字]

奥様の手料理に本音言う?を大激論…松本・小沢真珠・ISSAのモーニングルーティン…森崎ウィンがずっと憧れている言葉…ミキ昴生が頭を抱える職業病とは!?

番組内容
『人志松本の酒のツマミになる話』は“お酒の席が盛り上がれば何をしゃべってもOK”というルールの下、普段言えないような悩みや失敗談、心に秘めた本音を語り合うトークバラエティー。MCを務めるのは松本人志とさまぁ~ず(大竹一樹、三村マサカズ)。ゲストにはISSA(DA PUMP)、小沢真珠、昂生(ミキ)、森崎ウィンが登場!円卓を囲み、それぞれの好きなお酒で乾杯し宴(うたげ)がスタート。
番組内容2
番組特製の“酒瓶ルーレット”でトークの順番を決定する。

ISSAは「皆さんは朝起きたらまず何をしますか?」と問いかける。松本や大竹が独自のモーニングルーティンを語る中、2児の母である小沢は「私は家族が起きてくる2時間前に起きます」と言い、一同を驚かせる。三村が「その2時間で何をしているんですか?」と問うと、小沢は「朝ごはんを食べて、あとは…」と“独特すぎるルーティン”を明かして笑いを誘う。
番組内容3
その他にも、小沢の“変わった食卓事情”の話題や、森崎の“人生で一度言ってみたい憧れの言葉”などの話題も。お酒を飲みながらのトークだからこそ飛び出す、他の番組では決して聞くことのできないゲストたちの本音トークをお楽しみに!
出演者
【MC】
松本人志 
さまぁ~ず(大竹一樹・三村マサカズ) 

【ゲスト】
ISSA(DA PUMP) 
小沢真珠 
昴生(ミキ) 
森崎ウィン 
(五十音順)
スタッフ
【チーフプロデューサー】
矢﨑裕明 

【プロデューサー】
萬匠祐基 
池田拓也 

【総合演出】
日置祐貴 

【制作・著作】
フジテレビジョン

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
ドキュメンタリー/教養 – カルチャー・伝統文化

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 昴生
  2. 三村
  3. 大竹
  4. 小沢
  5. ISSA
  6. シェー
  7. ママ
  8. ホンマ
  9. 松本
  10. 自分
  11. 子供
  12. 森崎
  13. ホント
  14. シューマイ
  15. 旦那
  16. 普通
  17. 最初
  18. 職業病
  19. 名前
  20. カワイイ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
扶桑社
¥2,530 (2021/10/17 19:15:20時点 Amazon調べ-詳細)

いや~…。
(大竹)言う人 いますかね?

[今夜は 奥さんの手料理

おいしくなかったら
ちゃんと言えるか? 大激論!]

でも…。

(昴生)そうなんですよ。

『人志松本の酒のツマミになる話』

隣に いらっしゃいます。
小沢 真珠さん。

よろしくお願いします。

真珠さん シャンパン…。

(小沢)シュワシュワを。

シュワシュワが好きな…。

そうですね。

(笑い声)

何か…。

あんまり こう
会って直接しゃべることもない。

そうですよね。 あんまり たぶん
お会いしてなかったですもんね。

(昴生)
いや お会いしてなくても…。

それが プロなんすよ。
三村さん そういうタイプじゃない。

奇麗めな人に あがる。

(昴生)始まる前から 顔真っ赤って
おかしいもん。

[顔 真っ赤っかの今夜は]

私は…。

みんなの起きる。
(森崎)2時間前?

(三村)7時だとしたら 5時?
(小沢)5時 5時。

[明らかに!]

えっ?

[夫が妻を 「ママ」って
呼んでいいのか問題も]

酔ってる。
もう 何これ~。

[いつもより酔いが回っている
今夜ですが

楽しさは いつもどおり!]

[『ツマミになる話』で

今週の自分を
ねぎらいましょう]

いきます!
いきま~す。

えーっと… 森崎君。

えっと 何か 皆さん…。

[ミャンマー出身で…]

[…を果たした
俳優 森崎ウィンさん]

[そんな森崎さんが
20年前に来日してから

ずっと使ってみたいと憧れていた
ある言葉とは?]

僕 今 31になりまして…。

(森崎)駄菓子屋に行った
シーンとかで

「おっちゃん あれ ちょうだい」
みたいな。

「おっちゃん 今日も来たよ」
みたいなこと言ってる その…。

へぇ~。
(大竹)習わないもんね

「おっちゃん」は。
(森崎)やっぱり…。

ずっと 「おっちゃん」と
呼びたいと思いながら

生活してて…。

(森崎)地方だと優しい
って話も聞いてたんで…。

おお! と思って。 で 最後に…。

で その後に
じゃあ お会計っつって。

そしたら
最後に お会計したときに

そのタクシーの運転手さんが
こっち向いて…。

(昴生)急にフランクに
いきすぎたから。

(三村)地方によっては なるかもな。
(昴生)場所 選ばんと。

「おっちゃん」って
少し こう 何ですか…。

バカにしたではないけど

そういうニュアンスも
入っちゃってんすかね?

何か 「おっちゃん」
「ちゃん」ついてるから

親しみがあって聞こえるのかなと
思いますけどね。

「おっさん」って言ったら
何か ちょっと引くじゃないですか。

「おっさん」 きつい?
でも われわれ 別に…。

陰での言い方は「おっさん」です。

「おっちゃん」から…。

「あのおっさん」
(昴生)「あのおっさん腹立つな」

腹立つとき 「おっさん」になります
「おっちゃん」より。

でも…。

「おやっさん」って何なん?
それ 大阪ないもんな。

(昴生)ないっすね。
「おやっさん」は言わないっすね。

でも 「おっさん」「おじさん」
「おっちゃん」よりは…。

「おやっさん」 そうよね
ちょっと上に見てる感じ?

なるほど。
(三村)確かに ロケで

「おやっさん」って
言わないかもしんない。

真珠さん どうですか?

(小沢)憧れの言葉…
あります あります。

皆さん知ってる…
あっ 知らないかな。

『東京ラブストーリー』っていう…。

フジテレビの…。
(小沢)当時 中学生で

赤名リカっていう主役の子が
「カンチ」って。

「カンチ」 ありましたね。
(小沢)あの呼び方。

こんなかわいく呼ぶ女の子が
いるんだって。

(小沢)でも まあ
恋愛もしてきましたけど

一度も そういう
シチュエーションもないし…。

(昴生)「カンチ」 難しいですね。
(三村)なかなか いない。

言ってみたいんですよ
そういう… 「カンチ」って…。

恋愛の相手の名前をという?
(小沢)そうです。

(大竹)あ~ ドラマでね。
(三村)「ヒトシ」でも。

そういう カワイイ…

名前を呼ぶ…
かわいく呼ぶみたいな。

三村さん…。

えっ?

[松本さんから三村さんへの
この質問で

各家庭でのパートナーの
呼び方問題に火が付きます]

ホント 真面目に…。

とかじゃないんですか?
もう もはや。

「ママ」みたいな
なっちゃわないですか?

やっぱ ママ歴が長いと。

なんて言われつつ。

やっぱ そのやりとり
あるんすね。

でも その…。

ホントに
大変なことになったときに

例えば…。

他にママも いっぱいいる中。
そうそうそう。

(昴生)どんな川? 何? その川。

やかましいわ。

(大竹)おじさん 出ました。
(昴生)全然うまないし。

「ママの川」
(昴生)全然うまない。

山田君 来て 座布団
取られるぐらいのやつでしょ それ。

(昴生)引っこ抜かれるわ それ。
うまなさすぎて。

まあ でも
「ママ」になっちゃうのか。

恥ずかしくなっちゃいますね。

えっ?

「ママ」って呼んで…。
えっ 一緒じゃ…。

(大竹)いや 言わないです
「ママ」です。

(昴生)「ママちゃん」って
呼んでるんすか?

「ママちゃん」は だいぶ…。
(三村)ママに だいぶ…。

(大竹)言ったことはないです。

めちゃめちゃ他人やんか。

「ちょっと ママさん」

松本さん 何すか?

≪何て呼んでるんすか?
(三村)「ママ」もないとなると…。

いやいや まあ…。

(昴生)「そっちが」? えっ!?

(ISSA)たぶん それ きついよ。

昴生は 名前で言うの?

(三村)どうやって言うの?

結構 遠めでも?

まみちゃーん。

近めのときは どういう感じ?

まみちゃん。

新聞 取ってみたいな
近くの雑誌 取ってでも…

どういう感じ?
(昴生)まみちゃん 雑誌 取って。

もう 「まみちゃん」いらないじゃん。
「雑誌 取って」

雑誌 取って。
(三村)「まみちゃん」って言うの?

まみちゃんって…。

(昴生)えっ?

(昴生)こんなん こっち…。

何か そっちが生んでくれんと。

(三村)酒 入ったら 生まれるか!
(昴生)生んでよ そんなん。

きついて こんなん。
こっち やらされてるだけで。

生まないでしょ だいたい。
(昴生)生んでよ 何か。

俺 ちょっと ここに…。

(昴生)何で?

「まみちゃん」って…。

いや…。

(三村)ええの?
(昴生)いいですよ 別に。

(昴生)…って言うしかない。

だって そんなTシャツ着たら…。

「ま」は隠れるかもしれんけど

「みちゃん」が
めっちゃ出ると思いますよ。

めっちゃ気になる 見てる人。
(三村)「み」も隠したいから

ちょっと長い袖のをってなるな。

(昴生)あ~
Tシャツ 変わってきますよね。

「ママ」みたいな?

今 でも 娘がいるので

娘が「ママ」「パパ」って言うので…。

…って呼んでしまう
ということですね。

(三村)その方が
めんどくさくないから。

うちは まだ…。

夫婦は。
(昴生)すてき。

あだ名?

(昴生)何すか? それ。
何やねん それ。

何や 「男まじゅじゅ」て。

[既婚男女に

妻や夫の呼び方を聞いたところ

「パパ」「ママ」と呼んでいるのは
3割で

名前や あだ名で呼び合っている
夫婦が多いことが判明]

[恋人みたいで いいですよね]

回せって ボトルを。

つべこべ
しょうもない話せんと。

(三村)まじゅじゅ。
まじゅじゅ。

(昴生)やめて。
呼ばれてないですから。

旦那さん 男まじゅじゅ…。

(昴生)旦那さん
男まじゅじゅ 違いますよね。

旦那さんは旦那さん…。

[現在は…]

皆さんに聞きたいことがあって…。

皆さん 奥さんとか 彼女とか…。

知りたいんですけど。

うちは…。

(小沢)子供も野菜嫌いとか
旦那は辛いものが好きで

子供の食べ物は嫌みたいな。
なので…。

(一同)え~!?

(小沢)1回 終わったら…。

(三村)えっ! まったく変わって…。
(昴生)子供と差ありすぎでしょ。

ひつまぶし!?
(昴生)ちょっと待って。

男まじゅじゅ ヤバいやん。

家で?
(三村)だいぶ変わりましたな。

(小沢)毎日は ないですよ。

(昴生)それは まだ。

すげえ地域性あるな。
(昴生)名古屋から沖縄まで

すごいな。
(小沢)とにかく…。

(三村)大変ですね。
まじゅじゅ すげえ。

(昴生)えっ!

うちは。

いわゆる…。
(小沢)だしの素みたいなのは

駄目なんで。

もう 飲んで…。

分かるの? すごいな。

(2人)えっ?
(小沢)毎回 昆布と かつお節で

2リットル分のだしをとって

で 使い切ったら
もう また すぐ

違う 何かブイヨンとか
とったりとか

鶏がらだしをとったりとか。

まじゅじゅは
それが好きなんですもんね。

料理は好きなんですけど。
おいしく食べてほしいし

好きなものが
あまりにも違うんで。

[小沢さんの旦那さまは

リクエストを
はっきり言うようですが

皆さんは
妻の料理に意見を言えますか?]

いや~…。
(大竹)言う人 いますかね?

でも…。

(昴生)そうなんですよ。

おいしくなかったら
おいしくないって。

そこ あるよね。
ショックではないんだ 奥さん。

全然ショックじゃないです。
1回…。

…って言ったんです 僕。
色 見た瞬間に。

黄色やし
飲んだら コーンスープやし。

(昴生)コーンスープやないか
お前 これっつって。

コミュニケーションでね。
僕は言うんですよ。

でも 他の方
そういうとき どうするのか。

普通に 新婚のときは…。

食べる前から
褒めてやろうぐらいのね。

ちょっと…。
全然 分からん。

(昴生)意味分からん。
意味分からんな。

ギョーザがシューマイ…。
≪つながんないです。

肉の分量が多すぎて
シューマイの味しかしねえから

からしじょうゆじゃねえか これ
とか すげえ言っちゃったんです。

(昴生)知らんて。 三村さんの
ギョーザとシューマイの定義 知らんのよ。

もう 俺の中で
シューマイだったの。

言っちゃったんや。
言っちゃった 言っちゃったんです。

「シューマイかよ!」って?
「シューマイかよ!」

頭 おかしい…。
(三村)「ラー油が合わねえわ!」

その後 ギョーザ 出てからも
なかなか もう

仲を修復することができなかった。

ギョーザ 出るんだね でも
その後も。

リベンジして
野菜が多めになりましたよ。

いや… 俺は 何かこう…。

どうするんすか?
何も言わないんですか?

何か言うんですか?
これ 結構おいしいな

って思うとき あっても
「うんうん… ええんちゃう?」

(ISSA)それって何か
嫁さんからしたらっていうの

あるじゃないですか。
たぶん あるやろうね。

(昴生)すごい関係。
いい関係 成り立ってますね。

家族の関係が成り立ってるね。

「まあまあ… そっか」って。

う~ん… 何かさ…。

(ISSA)奥さんのこと。
(三村)そうっすね。

いや やっぱ…。

(昴生)自分で言うたら
価値 下がんねん。

思ってるけど こっちも 別に。

(昴生)べろべろやないか。

べろべろやんけ。
誰が ちゃんとしてんねん 今日。

[既婚男性100人に

妻の料理に
本音を言うか聞いたところ

およそ3割が

おいしいも まずいも
「ハッキリ言う」と回答]

[ただ 「何も言わない」人も
結構いました]

でも 絶対
言った方がいいですよね。

うん 言ってもらった方が。

一言でも いいんじゃないですか。
ISSA 言う?

全然 言います。
っていうか マジで

例えば…。

別に 僕は もう…。
(小沢)んっ?

今日…。

(小沢)え~ すごっ。

常に おいしいと。

(小沢)え~!
(昴生)うわ~ すてき。

そりゃ そうよ もちろん。
(ISSA)自分みたいなもんの

歴史を… ね? デビューしてからの
歴史を知ってる人間が…。

犯してない。
償ってるわけじゃないんですよ。

偉い。
カッコイイ。

カッコイイね。
何か 学びたい。

(大竹)僕も1回
言ったことあるんですけど…。

言われたので

「もしかしたら そうかな。
やっぱ…」

(大竹)言っちゃったんですよね
間違えて。 そうしたら…。

(昴生)ホンマですか?
怖っ。

そうか そうかってなって。

余計なことを言っちゃったな~
と思って。

持ち込むやろ。
(昴生)血圧の管理は家庭で。

(三村)ほぼ家で管理することだろ。

そら そうですよ。
(大竹)ホントはね

よく 噂では聞いてたんですよ。
家の食事で治すみたいな。

噂だったね あれは ただの。

都市伝説だったんだ。
(大竹)都市伝説。

違う問題が
生まれるかもしれないですね。

俺も そんな気がする。
細かい枝分かれとか。

(森崎)あ~ なるほど。
やっぱり 合ってしまうと

ぼこぼこっとしたり
でこ… でこ…。

かなぁとは思うけどね。
でも それ 例えば…。

ええやん。

そういう… 俳優さんですから
仕方ないですよ。

前も 松本さんに すごい
それ ツッコまれて

「声 大きくせえ」って…。
(昴生)いいですよ。

「声 大きくせえ」は
めちゃくちゃですから。

新喜劇の座長が言うやつですから
それ。

「声 大きいせえ」なんて そんな。

これ 瓶 回してもらっても…。

(昴生)
切り返し 下手やな ホンマに。

めっちゃ回ったな。

ISSA。

だから…。

だいぶ きたな。
(ISSA)すいません。

だいぶ きたよね?
すいません ホント…。

えっ 酒 入ってんの? それに。
(ISSA)はい。

(大竹)ちなみに 今 何が?

(大竹)で 横は?

今日…。

強いな~。
(昴生)好きやな~。

まだ してない方も
いると思いますけども…。

(小沢・三村)「ごけんごん」

(昴生)もうヤバい 大丈夫っすか?

謝ります。

EXILEみたいなノリ やめて。
(昴生)ノリが体育会系すぎんのよ。

知らんて。

持ち込まんといてください…。
(ISSA)シーッ シーッ。

怒られたよ。
何で怒られんの? 僕が。

(ISSA)皆さま 朝起きたときに…。

「皆さま」…。

普通の生活で まず…。

ちょっと気になってて。

水を飲むとか…。

(ISSA)そういう…
単純に あるじゃないですか。

[このべろべろな姿からは
想像できない

きちんとした
モーニングルーティンがあるそうで

皆さんにも
朝の姿を聞きたいそうです]

酔ってる。
もう 何これ~。

(昴生)揚げ足の取り合いなのよ
全員が。

マウントの この… ねえ。

やめましょう。
普通に話しましょう。

僕 朝起きて 結構…。

だいたい その…。

先に起きて…。
え~ 偉いね。

(ISSA)で 子供の…。

前の日に遊んでた
おもちゃとかを…。

(大竹)偉い。 それは すごい。

…っていうことから始まるんすよ
一日が。

…で迎えられることを
考えたいなと思うんすよね。

おお~!

皆さんが… 結婚されてる方も
いっぱい いるし…。

いや 違いますよ。
(三村)囚人みたい。

違うんだよね?
まあ ISSAは そうか。

それが気持ちいいんですよね
たぶん。

ねえ 小沢さんとかも…。

私は…。

みんなの起きる。
(森崎)2時間前?

(三村)7時だとしたら 5時?
(小沢)5時 5時。

(三村)で 何をするんですか?

[この後
完璧? それとも変?]

[小沢 真珠は
朝5時に起きて何してる!?]

みんなの起きる。
(森崎)2時間前?

(三村)7時だとしたら 5時?
(小沢)5時 5時。

[夕飯も 夫用と子供用
2回 作るという

頑張りすぎるママ
小沢さんが

朝5時に起きて
していることとは?]

(三村)で 何をするんですか?

先に食べて…。
(大竹)自分だけ食べて?

(ISSA)すごい!
自分のこと 先に済ませて

待ってるんですね。

(大竹)化粧も終わらせてみたいな。
(小沢)そうですね 準備 済ませて。

5時半ぐらいに終わるんですけど。
でも…。

6時ぐらいに
呼ばれたりするから…。

どんな刑務所じゃ。

(昴生)何の用事で呼ばれるんすか
そんな。

償いで
やってはるわけじゃない。

呼ばれるって何?

(一同)えっ?
(小沢)子供ですね 「眠れない」は。

色々… 喉 渇いたとか。

朝ご飯とかも きっちり?

そのときは食べないで
コーヒーだけ飲んで 待機。

おなかすいて待ってる。
(小沢)でも まあ…。

それ 何なんすか?
何やねん。

やっぱ
モーニングルーティンは…。

体… きついんですよ
毎日 起きるのが。

朝…。
(三村)子供が ちっちゃいから。

そうなんですよ 起きて…。

えっ?

カミさんが 例えば 食器 洗ったり
何かしてるときは…。

「やること あるよね」みたいな。
ホンマに?

何か たぶん…。

リビングで ゆっくり…。

(大竹)いや…。

どういう結婚生活?
(大竹)何か用事があるはず

っていう。
偉いな でもね。

[20代から40代の男女に

朝起きたら まず初めに
何をするか聞いたところ

男女とも 「トイレ」が1位に]

[私は 30分ぐらい
インスタ 見ちゃいますね]

ちなみに 松本さんは 朝起きて
どういうことをしてるんですか?

(三村)家族のためでも
自分のためでも…。

一番最初?
(三村)はい。

一番最初 言っていい?
一番最初は

ホントに…。

ホンマに最初やん。
ホンマに最初やん それ。

違う 違う 違う…。
(三村)でも これとこれ してる…。

(昴生)それも びっくりですけど。
ホンマに最初のやつですやん それ。

違う。 それで言いだしたら
呼吸とかになるし そんなん。

松本さん
毎日 そうなんですか?

例えば…。

(ISSA)何も できないときとか
あるじゃないですか。

年に何度かあっても
でも 酔って寝るなんて…。

[松本さん 目と耳を遮断しないと
眠れないそうですが

皆さんの 様々な
夜のルーティンも明らかに]

でね 別に… うん そう…。

全部 遮断されるわけですよね。
においとかだけでしょ。

怖くないっすか?
真っ暗で無音。

考えたら怖いよな。

僕は…。

何やったら…。

そういうときも
あったんやけどな。

(昴生)そうじゃないと寝れないです
何か音がないと。

無音って ないじゃないですか。

むしろ
日常の音が流れてた方が…。

音楽とか何かを流しとかんと
寝れないんすよね。

どうやって寝てはるんですか?
三村さんとか

どうやって寝てはるんですか?
(三村)俺 だから あるとき…。

寝室が1階にあったのね。

そっから みんなが暮らす…。

俺の…。

そこに 布団 敷いて寝てんの。

18と23とかだから
平気で フェスとか

今 YouTubeとかでやってるじゃん。

ホント… 大音量で…。

(小沢)え~ すごい。
(昴生)すごいっすね。

泊まらせてもらってる。
寝れるから すごいよね。

大竹さんは?
僕 どうしてんすかね。

もともと 何か…。

水道の水が ぽたん ぽたん…。

あっ。 うわ 止まってないわ。

消さなきゃ 消さなきゃ…
って寝てたんです。

(三村)昔から…
だから ちょっと 隙間風…。

(大竹)あれ?
窓 閉まってないな 全部。

うわ 閉めに行かなきゃ。
でも めんどくさい。

ああ… って寝てたんです。

完璧に 歯 磨いて
完璧に寝るってなったら…。

ちょっと何か残した…
あれ 片さなきゃなとか。

言ってる意味は分かるけど。

(三村)
そう。 普通は そうじゃない?

なんだ~? これ。

ロバートさんの山本さんの
コント中のやつ やめてください。

(昴生)「なんだ~?」やないです。
(三村)異質なこと

気付いたときの山本ね。
(昴生)何で今それが出るんですか。

瓶 回すよ。
≪はい お願いします。

あ~あ。

これは 誰?
(大竹)何て読むのかな これ。

これ誰? 何て読むの?
(三村)生まれるみたいな…。

(昴生)俺や 俺や。
(大竹)それが 「こうせい」か。

(昴生)もう 消去法で やれよ
そしたら。

みんなの名前 分かんねんから。
俺やなって なるよ それは。

(大竹)「こんせい」かなと。
(昴生)「こうせい」や。

(昴生)最近 はい。
(大竹)女の子?

カワイイ。 あんなにカワイイんすね
自分の子供って。

僕 そんなに…。

次いっていいかな?
(大竹)もうそろそろね。

えっ?

(昴生)だいぶ見やすい
トークしたで 俺。

うるさーい!
(昴生)そんな 何が聞かれへん?

(大竹)教えて 昴生のやつ。
(昴生)しゃべりにくいわ。

でも その 何ていうんですか
やっぱ…。

ツッコミというか。
やっぱ 叫ぶんで。

「怖い」とか
「よう怒りますね ツッコミ」って

よう言われるんすけど
何か これが やっぱ ちょっと…。

まあ 職業病やな。

(昴生)「よう怒りますね ツッコミ」って
よう言われるんすけど

何か これが やっぱ ちょっと…。

こないだ…。

ディズニーの…。

(昴生)2人で仲良く。

どんなストーリーやったかな
と思いながら見てたんですよ。

で ちょっと気になったんが
『ピノキオ』自体としては

素晴らしい作品やし
めちゃくちゃ面白いんすけど

ピノキオが…。

で 命が宿って
ゼペットじいさんが

「ピノキオに命が宿って
本当の息子みたいだ」って言って

その晩 喜んで…
わ~って喜ぶんですよ。

ゼペットじいさんが…。

(昴生)めっちゃ早ないっすか?

(昴生)前日まで
操り人形やったやつに。

まあ そうやけど。
(昴生)命 宿って

もう すぐ教科書とリンゴ
持たせて

「小学校 行っておいで」
って言うんですよ。

いや 早ない? って思って
そこで 僕…。

言ってもうたんすよ。
そうしたら 嫁が

「いや… もう やめて そんなん
早いとか 別にええやん」って。

「早っ!」てなっちゃった 僕。
登校シーン 見たとき。

(昴生)他にも 何か
ゼペットじいさんの…。

で その時計が…。

時間になって。
さあ寝ようかみたいな時間。

その時計が一斉に鳴りだしたら
ゼペットじいさんが…。

こんだけあって
そこを見るん!?

って言っちゃうんですよ
家に いながら。

それは ちょっと
奥さん しんどいって。

ちょっと しんどいっすよね。
(三村)物語に入り込んでるから。

(昴生)出ちゃうんすよ 何か。
もう パンと。

収められない?
(昴生)収められない。

どうしたらええんやろうな。
(昴生)これって

皆さん あるんかなと思って。

いろんな職業の方
いらっしゃいますけど。

この抑えられへん
職業病というか。

[芸人だけでなく
俳優や ミュージシャンの方も

自分でも抑えられない職業病って
あるんでしょうか?]

ありますよね 無意識でいうと…。

常に。 だから それが例えば…。

ちょっとした時間で…。

無意識に。

え~。

自分の曲でも 何でも。

そのときに ただ ふとした音を
感じたりとかしてて…。

どんぐらいの音量で
歌っちゃうの?

♬(鼻歌)

とかっていうのを
意識してなくても

勝手に やってるらしくて。
(大竹)周りの人は嫌な感じしない。

聞けたってなる。
(ISSA)よく言われるのが…。

(ISSA)
「よかった 鼻歌 聞けた」みたいな。

でも…。

車 乗ったら 絶対 音楽かけちゃう
みたいなタイプでしょ?

俺…。

まったく つけないんすか?
ラジオとか曲は 絶対…。

考えてんすかね 何か。
俺は… そっちかな。

映画 見てても
他のこと考えちゃう。

(大竹)なかなかね。

まあ 海辺 あんま走んない…。

(昴生)そうかもしれないけど
走ったとき あるかなという。

そうですね。
僕の場合は 特に…。

というふうに見ちゃう自分が…。
(大竹)ストーリーに入り込まずに?

瞬間が たまに あるんですよね。
でも それってホントに

おこがましい話で 俺ごときが
何言ってんだって話なんですけど。

ありますか?
松本さん そういう…。

職業病…。
(ISSA)絶対あると思いますよ。

みたいな 何か
ありそうな気がするんすよ。

(笑い声)

ああ。

(昴生)それは あるかも。
普通に会話ができひん。

で 今も こうやって
ぐーって来られると

「ない」とか やっちゃう。
これ 確かに…。

娘も やっぱり そんな感じの…。

これはね どうなんかな
いいのか悪いのか。

ちょっと ねじれちゃってる
ボケが。

(昴生)それは でも 確かに。

職業病。

[三村さんは 普段から出てしまう
ツッコミのせいで

娘さんに 悪影響を
与えてしまったそうです]

俺が 何とかかよ! っていうのを
言っちゃってたから…。

3歳ぐらいなんだけど…。

これは もう大問題。

カワイイ。
(三村)文句ですよと。

あんた 文句だから
「かよ」って言っちゃ駄目。

「スパゲティだ!」とか
喜べばいいのに

「スパゲティかよ!」って
表情すら ちょっと似てる。

ちょっと こう 眉間に
しわ寄す感じよね それって。

(三村)それが ちょっと やっぱ
あ~ 娘に とんでもないものを

うつしてしまったなっていう。

あります そういうのはね。
子供いるんですけど 小学生の。

いや まあ あるね。
今から 風呂入る

この脱ぐ間に終わる尺なのか。
ある。

(大竹)ごめん それ 後にしよう。
今か? とか。

大丈夫ですよ 別に。
(大竹)長尺だぞと。

「こないだ 面白いことあって」

本当に言っていいのか それ最初に
とか。

先 言っていいのかっていうね。
(大竹)でも ただすことはしない。

何となく こう うんうんって…。

ありますよね? それ やっぱり。
ある。

大丈夫っすか? 今の。

(昴生)「嫁のお父さん しんどい」
グサッ きてますよ。

いやいや
別に オチはなくとも…。

(ISSA)やっぱ気になるんすね。
うん。 すげえ かんではるな。

(昴生)それは仕方ないですよ。
そうやな。

(三村)松本さんです。

あっ 何やろ どうしよっか。

一発 何やろ?

「シェー」あるやん イヤミの。

上半身だけ?
座った状態でいいですか?

立った方がいいんじゃない?

[松本さん 芸人 俳優 歌手
入り交じって

一番うまい「シェー」ができる人を
決めたいそうです]

(三村)松本さんの言う「シェー」の
あれが分からないですよね

クオリティーが。
(大竹)足も いくんすか?

(ISSA)早速ですか?

よう トップバッター
いけますね。

シェー!!

(三村)そんな すごいんすか!?

(三村)そんな激しいですか?
(小沢)そんな感じ?

(昴生)怖いて。
(大竹)昴生 昴生。

シェー!

(大竹)急に やってるよ おい。

シェー!

(三村)超驚いた。
挑めんのかっちゅう。

小沢さん 挑めんのか。

三村さんの 今…。
(大竹)一緒にやってくれる。

≪怖い 怖い。
(昴生)ここ ホンマに飲み屋やんけ

普通に これ。

四十肩なんですか?
逆でも いいですよ。 痛くない方。

シェー!
(物音)

何か落ちたよ。
(昴生)何やってんねん おじさん!

何か落ちた。
(昴生)おじさん。 はしゃいで。

すいませんね。

シェー!
(笑い声)

(昴生)怖っ。
(大竹)強いな。

(昴生)ちょっと怖かったですよ。
これは 先やっといて よかった。

≪女優 女優。
(昴生)こんなん無理やわ。

(三村)変わり身が すごいわ。

(昴生)振り すごかったっすね。
あれ 振ってたんすよ だから。

四十肩じゃなかったら
どうなってた。

(三村)ちょっと もう ISSA
やりようないな。

また われわれとは違う「シェー」

(大竹)踊れるからね。

シェー! シェー! シェー!
シェー! シェー! シェー!

(昴生)怒られるって それは!
(三村)『U.S.A.』

(昴生)それは怒られる。
(ISSA)『U.S.A.』みたいなって…。

振ってないから 別に。
(ISSA)言うから。

(昴生)「U.S.シェー」じゃない。
何や 「U.S.シェー」って。

だって もう…。
(昴生)やったら あかんって。

僕が主演を務める映画が
本日 公開になりました。

主人公たちの
新しい未来への挑戦を通して

人とのつながりの大切さを描く
心温まるヒューマンストーリーです。

ぜひ 皆さん
劇場で ご覧ください。

[残りは 森崎ウィンさん
昴生さん 大竹さんです]

ヤッベ マジか。
(三村)ヤベえな これ。

だって…。

別に オーディションで
「シェー」やってないですよ。

シェー!!

素晴らしい。

素晴らしい。
(三村)声量がある。

(大竹)出てるわ~。
(三村)声が出てる。

何で 最初 スピルバーグに
問い掛けたん?

(大竹)すごいね。
スピルバーグもそりゃあ 認めるよね。

(三村)
英語できて 「シェー」できて。

(大竹)シェー!

(昴生)大竹さん!
もう ちょっと…。

ずるい ずるい。
おんなじぐらいに立った。

やるんやったらさ ちゃんと
アイコンタクト取って やりましょうよ。

裏シェー。
これが 裏シェー。

(昴生)「裏シェー」でも何でもない。
残っちゃったよ 最後。

あげますわ じゃあ。
全てのパワーを集めた「シェー」

シェー!!

(昴生)「よっしゃ よっしゃ」?
(三村)ナイス。

(大竹)ナイス。
≪OK。

(昴生)今 全員が。

何で これ見て
くいっと いけんの?

いい汗 かいた。

ほんで ホンマに
話 聞いてへんのか知らんけど…。

(昴生)ホンマに… ホンマに…

ホンマに
話 聞いてないんでしょうけど。

マジで 話 聞いてへんやん。

伝説の泥棒一家 Lの一族の秘密が
ついに明らかに。

究極の家族愛を描いた
笑いあり涙ありのエンタメ超大作を

ぜひ ご覧ください。

DA PUMP ニューシングル
『紡-TSUMUGI-』

そうですね やっぱり
このご時世でも 何か一つ

愛を伝えることを
一生懸命 歌ってる歌なので

ぜひ 聴いてください。

[次週]

[すみれの「これ束縛ですか?」
大調査]

[フット 後藤と松本が…]

[FOD TVerでは
一人反省会も配信中]

≪ろれつが
ちょっと怪しい気が…。

ろえ… ろれつっていうのは
もともと たぶん それって…。