セブンルール[字][解]【女性ばかりの会社率いる!建設業界のジャンヌダルク】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

セブンルール[字][解]【女性ばかりの会社率いる!建設業界のジャンヌダルク】

建設業界のジャンヌダルク!女性ばかりの建設チーム率いる異色の会社代表7つのルール

番組内容
◎“今、最も見たい女性”“今、最も見てもらいたい女性”を7つの「ルール」で描き出すドキュメント!

▽今回の主人公は、福岡県北九州市にある建設会社「ゼムケンサービス」代表・籠田淳子。建設業界で働く女性技術者の割合は、わずか4.5%と男性が多数を占める中、彼女が代表を務める「ゼムケンサービス」は社員8人中7人が女性という珍しい会社だ。「建設業界で私たちのような女性って実はまだまだ可能性がいっぱいある」
番組内容2
と彼女は生き生きと語る。男社会である業界を逆手にとり、“女性ならではの視点”を武器に日々挑戦を続けている。また、視覚・聴覚・嗅覚など“五感を生かす独自の設計手法”で他の会社との差別化を図り、建設業界に新たな風を吹き込む。北九州空港のメインレストランやお寺の本堂など、さまざまな場所から依頼が絶えない。
▽そんな、「建設業界のジャンヌダルク」が大切にする7つのルールとは…?
出演者
【スタジオキャスト】
青木崇高/尾崎世界観(クリープハイプ)/長濱ねる/本谷有希子/YOU

【ナレーター】
小野賢章
出演者2
【今週の主人公】
籠田淳子/建設会社「ゼムケンサービス」代表
福岡県北九州市出身55歳。
大工の家庭に生まれ育ち建設業界を志す。
2000年、地元・北九州市で夫とともにゼムケンサービスを設立。
社員8人のうち7人が女性。
内閣府「女性が輝く先進企業表彰」特命担当大臣表彰(平成26年度)を受賞した。
ご案内
◎公式ホームページ
http://www.ktv.jp/7rules/
◎公式ツイッター
@7rules_ktv
◎公式インスタグラム
@7rules_ktv
◎公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCCJXsrnSZ5OgS4xOeuITEmA

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 本谷
  2. 彼女
  3. 青木
  4. 建設業界
  5. 女性
  6. 長濱
  7. 尾崎
  8. 籠田淳子
  9. 依頼
  10. 松尾
  11. 自分
  12. YOU
  13. 根本
  14. 男性
  15. 年前
  16. ズル
  17. ゼムケン
  18. ゼムケンサービス
  19. リアル
  20. ルール

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
扶桑社
¥2,530 (2021/10/17 19:15:20時点 Amazon調べ-詳細)

(ナレーション)「セブンルール」
今回の主人公は…。

(籠田)

建設会社…

…は 所属する8人中7人が
女性という建設会社。

2015年の調査で

建設業界で働く
女性技術者の割合は

わずか4.5%。

(YOU)だよね~。

そんな業界にあって

男性の職人たちに
指示をしながら

設計から 現場監督まで
女性チームで行なっている。

建設業界での女性活用の功績で…

…を受賞。

日本経済界の大物と並び
選ばれた。

(長濱)ええ~。
(本谷)すごい。

彼女が建設業界に入ったのは
35年前。

ああ~。

私は 機嫌が悪いんだと。

面白い解決方法。

(青木)ふふふふっ。
「私は 機嫌が悪いんだ」と。

「私は 機嫌が悪いんだ」って。
身を守るために…。

(尾崎)建設業界の
ジャンヌ・ダルク…。

これまで手がけたのは

北九州空港の
メインレストランや

東京 日本橋のそば店など
全国から依頼が絶えない。

建設業界に
新たな風を吹き込んでいる

女性建築チーム。

ゼムケンサービス代表
籠田淳子の7つのルールとは…。

「セブンルール」 始まります。

設計の依頼を受け
訪ねたのは 酒屋さん。

(井上)こう…

お酒のイートインが
できるようにと

この会議室の改装を依頼された。

しかし 彼女は
酒屋のビルを歩き回ると…。

彼女が逆提案したのは
倉庫の一角。

ここにイートインを作るという
アイデアだった。

(井上)ああ~。

ゼムケンには 一級建築士が3人。

さらに
インテリアコーディネーターや

色彩コーディネーターなど

8人のスタッフながら
年間30件と 依頼は絶えない。

歯科医院の建設現場で
職人たちを仕切るのが

一級建築士の…

12年前まで
別の建設会社に勤めていたが…。

(鴛海)

女性スタッフにとって
働きやすい環境を作るために

決めているルールが…。

どんな依頼でも
現場監督を2人ずつ配置する。

(根本)

(上田)

(上田)ほんと…

やはり…

籠田淳子は 1965年
北九州市の大工の家に生まれた。

ああ~。

幼いころから
父の背中を見てきた彼女。

自分も建設業界で
生きていくつもりだった。

しかし…。

父の反対を押し切り
大学卒業後

憧れだった設計事務所に
就職するも…。

若いね
女性たちを見るとですね…

ふふふっ。

ははははっ。

ははははっ。
(長濱)怖い…。

そんな男社会の中 彼女は 当時

女性では ほとんどいなかった
一級建築士試験に

26歳で合格する。

すると…。

1993年 地元の北九州市で
ゼムケンサービスを立ち上げた。

この日は
2世帯住宅を依頼した

男性との打ち合わせ。

(武村)

あっ 全部 はい。
はい すいません。

まずは
懐中電灯を太陽に見立てて

朝から夕方までの
日当たりを説明。

さらに…。

人間は 視覚情報だけじゃなくて

色んな情報が合わさって

心地いいとか 癒やされるとか…。

東京 日本橋。

創業230年の…

ここの改装を請け負った彼女は

更科そばの
上品な香りを届けようと

そば店では珍しい
オープンキッチンにした。

(内田)

(内田)ふふふふっ。

出てくるのがね。

はははっ 仲よし。

(青木)姉ちゃん 姉ちゃん。
姉ちゃん。

夜道 気をつけろよって。
(青木)夜道 気を…。

どんな顔したら そんなこと
されそうになるんですか?

(尾崎)何も言ってない。
顔だけですよ。

よっぽど練習の成果が
出たんでしょうね。

(本谷)でも なんか…
そう 今ので思ったけど

なんか 女性ならではの視点って

もう やめていいんじゃないかな
って思っちゃった。

そのうち
なくなってきそうな言葉ですね。

(本谷)淳子社長の世代で

女性に… 建築もやるっていうのを
浸透させていただいて

で 次の世代は もう
その女性とか 男性とかない

次世代が もう
フラットにしていく

っていうふうになったら
すごい働きやすくて

ほんとに いい業界に
なってくんだろうなと思って。

(長濱)自分の今
生きているところだと

そんなに性別のこと
考えないんですよね

男性だから 女性だからって。

やりたい若者たちのために
戦ってきてくださったんだな

っていうのは…。
(本谷)ほんとに 多分

女性だったことが
大変だったんだよね

きっと。
(長濱)身をもって…。

毛利氏が築城し
続日本100名城に数えられる…

彼女は 毎日のように
ここを訪れるという。

夫 修一さんは 優秀な造園士。

ゼムケンを共に経営する
同志でもあった。

しかし 修一さんに…

末期の肝臓がんだった。

そんな彼女に修一さんは
病床で こう話したという。

(安藤)ほんとに…

(根本)ははははっ。

彼女のもとに集まった

優秀な人材のために
していることが…。

(青木)ふ~ん。

♬~

(一同)いただきます。

社員は家族同然。

食べている姿で調子もわかる。

ははははっ。

ゼムケン唯一の男性メンバー…

創業 間もないゼムケンに入社し
長年 籠田淳子を支えてきた。

(松尾)

(松尾)ふふふっ。

健康…。

はははっ。

2年前から 松尾さんは
ゼムケンサービスの社長に就任。

代表である籠田淳子の右腕として
会社を支えている。

ははははっ。

どの現場で話を聞いても

松尾さんから こぼれるのは
苦労話。

(長濱)ふふふふっ。

そんな松尾さんとの関係を
象徴するルールが…。

ミキサー車。

電話の相手は…。

(スタッフ)今 誰にかけてるんですか?
ああ~…

もう…

松尾 大変じゃん。
(青木)ははははっ。

ふふふっ。

入社20年

メモ帳代わりの電話は
信頼の証し。

人に話すのが大事ですよね。

自分で
書き留めるだけじゃなくて

話しながら 相手の反応とかで
いいか悪いかを

判断していくっていう。
そうですね。

(本谷)なんちゅう質問…。
ああ~ いいですね。

どっちの会社に入りたいですか?

(笑い)

(本谷)どうする? 給与面とかも
一緒ってことにする?

一緒です。 社長が こうか こうか。

僕は…

(本谷)あっ ズルっ!

(長濱)ズルい。
(本谷)ズルっ!

日々 仕事に追われ
休日は 月に一度ほど。

そんな休みの日に
決まって することが…。

桐のタンス。

(青木)ふ~ん。
あら。

(本谷)全然イメージ違う。

ちょっと…

すてきじゃな~い。

着物の魅力に気づけたのは
母親の影響だった。

もう ほんと…

なんか…

まあ ちょっと こんなに…

平日は 作業服姿で気を張る彼女。

母が残した着物は
休日のユニホーム。

すてき すてき。

ゼムケンサービスが請け負った
歯科医院も 完成間近。

ファミリー層を呼び込みたいと
子どもが遊べる場所を作った。

この日は
籠田淳子が最終チェックの日。

すると…。

子どもを遊ばせる
カーペット部分のほうが

床板より わずかに低く

境目で
ケガをする恐れがあると指摘。

危ないね。
(青木)うん。

はい。

設計図どおりの
施工ではあったが

現場監督 根本さんの
責任を追及。

(根本)はい。

その場をパンって一変させる。

発憤するっていうか
バ~ンってエネルギーを送って…

そう言いながらも
帰りの車中では…。

はあ~。

籠田淳子の長年の夢が実現。

この日 籠田淳子の夢が
1つ かなった。

お願いします。

校長と自己紹介する彼女。

開かれたのは
厚生労働省と連携した

職業訓練講座。

建設業界で働く女性を
増やすために

彼女が 長年 国に働きかけ
実現した。

およそ1カ月間の講座には

建設業界でのキャリアを
断念した人

新たに目指す人などが参加した。

建設業界への女性進出。

しかし それだけでは
まだまだ足りない。

35年前は 怖い顔を
することしかできなかった。

そんな彼女が今は 笑顔で
自ら こう名乗る。

(青木)重ねた。
(長濱)重ねてる。

面白い 淳子さん。
(尾崎)話し方がいいですよね。

しゃべり方が こう…。

YOU建設事務所
本谷建設事務所が

同じ町にあるんですよ。
(本谷)リアルに…

リアルに考えてもらって。
部下として…。

(青木)リアルに…。
どっちですか?

本谷さんとこですかね。
(尾崎)おっ。

なんで?
(尾崎)ははははっ。

続きがあります。
はい。

(青木)本谷さんの所で
多分 5年ぐらいやって

厳しく教えてもらったあと

YOUさんに
引き抜きしてもらって

YOUさんの所で伸び伸び…。
これは だから 一番…

まあ 正解ってやつですよね。
(本谷)はははっ 正解なんだ。

答えとして。
(本谷)ああ 答えとしてね。

逆の道を取ると

YOUさんの所へ行くと
学べなくて

そのあと
本谷さんのとこ 行っても

厳しすぎて 多分 自分のアイデア
奪われるみたいな。

吸い取られるみたいな。
(本谷)失礼だよ 今の 私に対して。

(青木)ははははっ!
違いますよ。

(本谷)使い捨てに… なんか…。

自分のアイデア奪われるって
どういう状態なの?

(尾崎)誰かに叱られたこと
あります? 最近。

最近?
(尾崎)ないですよね。

街なかとか 知らない人に…。
(本谷)えっ? 何? それ。

なんか 道の真ん中に
ずっと立ってたりする…。

(長濱)でも ほんと 電車とかでも
すごい…。

私は 何も考えず
ドアじゃないとこに

待ってたりして
私の後ろに並んでたりして

「ここじゃねえじゃねえか」って…。
(尾崎)それはね…。

それはさ…。
(長濱)知らない間に

並んでたと思って。
(尾崎)知らねえよ。

ジャンヌ・ダルクじゃねえんだよ
こっちは つって。

(青木)ははははっ。 後ろに…。

[今週の 『ドリームバイト!』は
現役JKの新ドリーマーが登場]