それって!?実際どうなの課[字]【廃墟問題を徹底調査】【森川葵がポイ回しで大技に挑戦】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

それって!?実際どうなの課[字]【廃墟問題を徹底調査】【森川葵がポイ回しで大技に挑戦】

世の中のウマイ話を検証するドキュメントバラエティー!

【飯尾和樹がニッポンの廃墟問題を徹底調査!】
【森川葵が注目の『ポイ』で大技に挑戦!】

詳細情報
出演者
【MC】生瀬勝久

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)/飯尾和樹(ずん)
番組内容
①【ずん・飯尾和樹がニッポンの廃墟問題を調査!】
ずん・飯尾和樹が全国各地にある廃墟の価値を徹底調査。
今回は新潟県にある異国情緒あふれる廃墟・ロシア村!
なぜ廃墟となったのか?そして、実際どのくらいの価値があるのか!?
廃墟内で驚きの出会いも…。そして、驚きの金額を公開!
番組内容2
②【女優・森川葵がポイ回しに挑戦!】
様々な世界の達人たちが長年かけて習得したワザを、たった1日で成功させてしまう、“何でも出来ちゃう女優”森川葵。
今回は煌びやかなパフォーマンスで魅了する「ポイ回し」に挑戦!
プロの技に森川も感動!
“ワイルドスピード森川”果たしてどうなるのか!?
制作
【構成】松本建一【演出】立澤哲也【企画・プロデュース】簑羽 慶(中京テレビ)
URL
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
情報/ワイドショー – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 飯尾
  2. 森川
  3. Yuta
  4. 大熊
  5. ポイ
  6. 大島
  7. 廃墟
  8. ハハハ
  9. 今回
  10. 達人
  11. パフォーマンス
  12. 本当
  13. スゴ
  14. ターン
  15. パンフレット
  16. 回転
  17. 生瀬
  18. 発見
  19. 複雑
  20. 用意

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥980 (2021/10/17 19:04:51時点 Amazon調べ-詳細)

<町で そのまま残されている…>

<町の景観が悪化
犯罪の温床となるなど

今 廃墟が
大きな問題となっている>

<そこで我々は 廃墟の…>

<…を 願って>

<廃墟の…>

<今回は>

<ずん 飯尾が謎の廃墟

ロシア村を徹底調査>

<そこには…>

<かつて存在した…>

<廃墟に残る…>

<さらに>

<飯尾を襲う
謎の襲来者の正体とは?>

<…の数々>

<さらに>

<ワイルド・スピード森川が
光り輝く…>

<まさかの…>

(生瀬)さぁ 始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です
よろしくお願いします。

(大吉)お願いします。
(森川)お願いします。

今回も…

…してきてくれました
ということで。

よく ありますよね?

僕は…

そこが…

(大島)へぇ~っ!(森川)え~っ。

あっ 造れなかったんだ?
はい。

そうだよね。

うん 町を どうにかした方がいい。

<今回やって来たのは…>

<もちろん この男>

(森川)え~っ?
どこだろう?

(飯尾)どうも!

<どうなの課 廃墟担当…>

<そして>

<飯尾は 廃墟の価値を予想>

<大熊はプロの目線で
査定価格を算出する>

(飯尾)根強いイメージが
あるんですけど。

<この瓦礫の山も…>

<…のも 調査の目的の1つ>

<それでは 早速…>

(飯尾)…じゃないか?ってぐらいの

う~わ~!

<こちらが今回の廃墟>

<最寄り駅から車で15分>

<残された外観は
まさにロシアの宮殿そのもの>

<確かに…>

<普段は警備員が立ち

厳重に管理されている廃墟だが

今回は特別に…>

<それでは…>

(飯尾)アートと。

「よしきだよ」

<廃墟が抱える
問題の1つが…>

<これは…>

<…が 科される 犯罪行為>

<建物内部へ>

(飯尾)すごい!

(飯尾)…も あるってことは

何となく…

<ロシア調の装飾が施された

教会のような空間が広がる>

<しかし>

(飯尾)これ。

…多分ねぇ。

<ところ どころ何者かによって
破壊された痕跡が残る>

<これは…>

(大熊さん)そうですね。
(飯尾)やっぱり 何かもう…

…してったんだな。

<気を取り直し…>

<すると そこには…>

(飯尾)あっ。

<かつてのイベントの
パンフレットを発見>

(飯尾)あっ!

(飯尾)あらまぁ…

<ルパン一味に財宝を盗まれ

廃業に追い込まれたのか?>

<そしてパンフレットには…>

(飯尾)1994年。

(飯尾)このパンフレット
できてるってことは。

(飯尾)…するわけですから
秘宝展って。

(飯尾)あっ 何ですか?これ。

<謎のキャッチフレーズが
書かれたポスターを発見>

ハハハ…[笑]

<何と…>

<攻めすぎたポスターが
廃業の原因なのか?>

<さらに…>

<そして>

<なぜか…>

(飯尾)あ~っ。

<「新潟中央銀行」が
経営のカギだったという…>

<教会を後にし…>

<すると その先には…>

(飯尾)これ…

ちょっと…

<奥へ続く足場は断念し
階段を下りる>

<すると>

(飯尾)いや~!

あ~あ~っ。

<目の前に現れたのは
崩れた室内と

瓦礫の山>

<果たして…>

(飯尾)え~っ!こんな…

見たことあります?山
布団マウンテン。

<何百枚と放置された…>

<さらに…>

<このような不法投棄も

廃墟が抱える問題の1つ>

<ちなみに
個人が不法投棄をした場合…>

<放置されたカバンを探る 飯尾>

<すると その中には>

<中には…>

<一体これは?>

(飯尾)う~わ!

<その正体は手紙>

(飯尾)え~っ!

(飯尾)いいですか?

<不穏な ひと言が書かれた手紙>

<恐る恐る その…>

<中身は…>

(大熊さん)いやいや 本当に。

(飯尾)昔を思い出しますね。

<そして ここから…>

<…に突入>

(飯尾)1回…

(飯尾)…を しようって
ことになって。

(飯尾)…て 言われたんですよ。

…と 思いまして。

(飯尾)…みたいな感じで言って。

…とこ行って。

(飯尾)あれ?あれ?って…

(飯尾)…だったんですよ 試食で。

すげぇ 聞かれました。

<そして
もう1人の おじさんの方は>

(森川)え~っ 何で?

<甘酸っぱい気持ちを 思い出した
ところで 調査に戻ろう>

(飯尾)…がありますよ。

(飯尾)…ですかね。

<…を発見>

<当時の…>

(飯尾)…ですかね?

79万4070円 売り上げ。
(大熊さん)あぁ~。

<この時点では 経営は
うまくいっていたようだ>

<しかし…>

<荒れ果てた 通路を進むと
飯尾は…>

いやぁ~。
(森川)いやぁ 怖いな。

地下 怖いな。

<地下へと続く 階段を発見>

(大島)怖い。
いやぁ~ 行きたくない。

<闇の中へと 進んでいく>

(飯尾)ピチャって
皆さん ここ…

(森川)えぇ~。
うわぁ~。

(飯尾)ちょっと待ってね。

うわぁ~
バイオハザードだよ もう。

うん。

怖い。

<すると>

<…飯尾!>

えっ コウモリ?
(大島)えぇ~。

<なんとか…>

(大熊さん)明るいと…うわぁ~!

(森川)あっ!
やだぁ。

(大熊さん)あぁ~!
(飯尾)来た!来た!

(森川)ハハハ…[笑]

(飯尾)…じゃないですか。

(森川)ハハハ…[笑]

<逃げるように…>

<…進んで行く>

(飯尾)いやぁ~。

<先には…>

(森川)えぇ~。
怖いな。

(飯尾)あっ!

<従業員が着ていた
民族衣装だろうか?>

<今 我々が居るのが
1階のようだ>

(飯尾)ちょっと 俺 あんまり…

<すると 扉の向こうには

建物の正体に近づく

重要な手がかりが>

(大熊さん)そうですね。

<バーのような
スペースが広がる>

<さらに>

[扉を開ける音]
(飯尾)いや 音が…。

<奥へと続く扉が>

<そして この先へ進むと>

<ついに!この…>

(飯尾)あっ。

(飯尾)これ客室ですよね?
たぶん。

(大熊さん)そうですね。

<ここの正体は…>

<しかし この…>

<…のびていた>

(大熊さん)また…

(飯尾)ゴッソリ持ってってますね
これ。

(大熊さん)こういった 廃墟は

お風呂とか多いので

お金になる というかですね。

(大熊さん)うん。

<さらに>

(飯尾)ちょっと 何だろう?これ。

(飯尾)キャンペーン?
何か こういう…

(飯尾)…やったんですかね?
イベントを。

<すると>

(飯尾)
「エジプトに行けますように!!」って。

<続いて…>

うわぁ~。

(森川)いやぁ~。

<…して しまっている>

(飯尾)もう こんな…

(飯尾)気をつけてください 本当に

<ぽっかり穴があいた
大きな吹き抜けの空間>

<そして 奥へ向かうと飯尾は…>

<…を発見する>

(飯尾)これ 何か…

「すす」?

(大熊さん)多分…

(大熊さん)…と思います。

(飯尾)あそこ…

(大熊さん)ねぇ。
(飯尾)ちょっと…

<確かに
火災の跡のように見える>

<エレベーターも
真っ黒に 焼け焦げている>

<…するため 階段を上る>

(飯尾)…でしょ これ。

<飯尾の予感通り この先には…>

(森川)何?

(飯尾)うわぁ うわぁ!

うわぁ~!

<なんと!>

(大島)うわぁ~。

<ついに その…>

<…したが>

<…向かう>

(森川)ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

(飯尾)あっ こっちも…

<3階は フロアほぼ全てに

凄惨な火災の跡が残る>

(飯尾)ここ…

<かろうじて
火災を免れた客室には

もの悲しく
カーテンが揺れるだけ>

(大熊さん)これだけ…

(飯尾)本当ですね。

<焼けただれた廊下を
進んでいくと>

ひどい。

<飯尾の目の前に現れたのは

ひときわ内装に こだわった…>

(飯尾)まぁ…。

<…も付いていた 豪華な
キングサイズベッドは

そのまま形を残す>

(飯尾)せっかく こう…

(大熊さん)そうですね。

(飯尾)…してもらったのに 今。

<さらに調査を進めると>

(飯尾)…みたいなのが ありますよ

ほら!

(大熊さん)…ですもんね 何かね。
(飯尾)何か ねぇ。

これ もう…

<不自然に 1つだけ
燃えずに残っている 椅子>

<恐らく 何者か 侵入者が
勝手に設置したのだろう>

<すると…>

(飯尾)…ですよ これ ねぇ!

(大熊さん)いやいや 本当に。

(飯尾)フッフッフ…。

(森川)あっ!

(森川)あっ 結構
人質 取られてる[笑]

<ラスボス気分を
満喫したところで…>

<…を 誇る「新潟ロシア村」>

<まずは…>

(飯尾)私の このロシア村のですね
予想価格は こちらでございます。

ジャン!

(飯尾)ただ…

<飯尾は 広大な敷地を鑑みて

1億円と予想>

<それでは 運命の…>

(大熊さん)私の査定価格は。
(飯尾)はい。

<果たして?>

(大熊さん)こちらになります。

(飯尾)えっ!「-3億8千万」
(大熊さん)はい。

(大熊さん)…に
なってくると思うんですよね。

(大島)そうなんだ。

<実は 火災が起きた物件は

廃材が再利用できず

解体にも手間が かかるため

解体費用は跳ね上がる>

<また 土地代も安いため…>

<…という結果に>

<そして…>

<…することが できた>

<これが かつての
「新潟ロシア村」の姿>

<そこには
まだ美しい教会の姿が>

<当時のパンフレットは

ロシア文化を
楽しんでほしいという

おもてなしの心で あふれていた>

(飯尾)…ていうんですか?

<恐らく この民族衣装も

お客さんを
楽しませていたのだろう>

<飯尾が見つけた…>

<かつては このように

豪華絢爛な装飾が施され

ぜいたくな時間が
流れていたはず>

<「新潟ロシア村」は…>

<そして その…>

<パンフレットにも
書かれていた…>

<しかし 1999年に

「新潟中央銀行」が
経営破綻したことにより

資金繰りが悪化>

<業績は落ち始めたが
経営は続き

フロシキを広げすぎた結果

ついに2004年には
閉園のときを迎えた>

<そのまま 廃墟と化したのだが>

<2009年に 不審火により
大規模火災が発生>

<そのまま時だけが流れ

今の姿と化してしまった>

<これが 今回…>

<所有者の…>

(森川)
ありがとうございます。

<達人たちが
長い年月を かけて磨いてきた

技の数々を>

<空気を読まずに…>

<一切…>

<こよいは LEDが
ちりばめられた「ポイ」を使い

きらびやかなパフォーマンスを
作り出す

ポイアーティストに
弟子入り!>

おぉ~っ!
あっ ポイだ!

<ワイルド・スピード森川が…>

<ポイとは もともと
ニュージーランドの先住民「マオリ」が

踊りなどで使用する
先端に 玉がついた道具>

<ジャグリングの
アイテムとしても

世界で使用されており>

<現在では LEDを搭載した
ポイによる

きらびやかな パフォーマンスが
可能になるなど

進化し続けている>

(スタッフ)きょうは…

<早速…>

<すると>

(♪~)

(♪~)
(森川)あ~っ スゴい。

(♪~)

(♪~)
(森川)えっ?

きれいですよね。
(♪~)

(♪~)
あっ スゴい!なんで?

(♪~)

(♪~)
(森川)スゴい!えっ 炎じゃん。

(♪~)

(♪~)
(森川)えっ?なんで?

(♪~)
えっ?うわ スゴい!

(♪~)
まだ ある?

(♪~)
何?これ![笑]

(♪~)
私?もしかして。

(大島)何?これ「嫌だ~」[笑]
(♪~)

顔になってる!
(♪~)

(大島)スゴい!

<彼こそが 日本を代表する…>

<きらびやかな
ポイパフォーマンスを普及させた

まさに…>

(森川)パイオニア。

(Yutaさん)…感じですね。

(Yutaさん)そうですね。

<LEDが埋め込まれた

スティック状のビジュアルポイ>

<振ることで あらかじめ
プログラミングした模様を

光の残像として
映し出すことが できる>

(森川)あっ すごい!
「実際どうなの課」

<ほかにも
先端に布テープがついた…>

<LEDを内蔵した
こちらも ヒモ状の…>

<…することで 複雑な技を
行うことが可能となる>

<早速…>

<…森川!>

<だが ポイを習得したがるのには
ある理由が>

(Yutaさん)いらないです。

(Yutaさん)可能ですね。
(森川)おっ!

<確かに 前回 習得した

こちらも言葉のいらない
パフォーマンス

「スプレーアート」の
SNS動画でも>

<外国人を意識したタイトルが
つけられていた>

<さらに>

<完全に…>

<知らぬ間に…>

<…森川>

<しかし>

<そう…>

(大島)私…

(森川)えっ 本当ですか?

(大島)…ですよ。

へぇ~。
(華丸)へぇ~。

(森川)よかったです ちょっと…。

ポイ経験者。

<今回 森川には
基礎を含めて 4つの技>

<そして 最後には

曲に合わせたパフォーマンスも
用意>

<初心者の森川は

当たっても痛くない
テールポイで…>

<まずは 基本となる…>

(Yutaさん)上から下に 振り下ろす。

振り下ろす感じで回します。

で このときに…

(大島)うまいな。

(Yutaさん)後ろ回しも やってみます

<今度は…>

<なかなか…>

<次は 体の向きを変える
基礎技…>

<ターンするタイミングで
ポイの回転を

前回しから
後ろ回しに入れ替える>

<実は これが なかなか難しい>

<ポイが絡むことなく
ターンできるか?>

(Yutaさん)そうそう!いいですね。

もっと喜んで!

<今度は逆の 後ろ回しから
前回しへのターンは どうか?>

(Yutaさん)そうそう
お~っ いいです いいです。

<これも…>

<さらに 初心者の大半が
つまずくという

左右バラバラの回転で行う
キャリーターンは どうか?>

<さすがに これは森川でも>

(Yutaさん)そうそう。

<そして基礎技を たった…>

おいおい!
1~2週間かかるやつ。

<ここまで ほぼノーミス>

(森川)ありがとうございます。

<あっという間に…>

<今度は 手を交差させながら

左右に それぞれ>

<…のリズムを刻みながら
ポイを回転させる技>

<手の動きが複雑になるため
これは…>

<この複雑な手の動きを
森川 できるか?>

(Yutaさん)そうそう
あっ すぐ できた。

<段取りを考えずに
無邪気に技をやってしまう 森川>

<これでは…>

<頼む!>

随分やってる人じゃん もう。
(大島)そう!

<…に 達人も>

<すると>

(森川)何か それこそ…

(Yutaさん)ですよね。

(森川)そうなんですよ。

<森川が言ってるのは

こちらのポイに似た
棒状のトーチを使った…>

<実は 愛知県では
ごく当たり前に 行われてきた…>

<愛知出身の森川は小学生の時

男子が やっていたのを見て

動きをマネしていたという>

(Yutaさん)たぶん こういうのも
やってましたよね?

ハハハ…[笑]

(森川)これですよね?

<なんと達人が難しいと
太鼓判を押す…>

<小学校の頃の…>

<これには達人も>

(Yutaさん)ハハハ…[笑]

(森川)ハハハ…[笑]

<いや…>

<言っておくが森川が成功して
しまったウインドミルは

次に用意している上級技よりも

難易度的には上>

飛び級?

<一切…>

<降臨!>

愛知の人 全員できるとは
限らないよ。

<マジで段取りを
狂わされてしまったが

用意しているので いくしかない>

<まずは…>

(Yutaさん)まずは3回ずつ回る。

1・2・3 1・2・3 1・2・3。
(森川)えぇ~ 知らない。

(Yutaさん)ターンを組み合わせて
前から後ろ。

(森川)あぁ かっこいい!すごい!

おぉ~!

あっ すごい!

<素早く両手を交差させると

ポイで大きな円を描き出した>

<これが…>

<まずは技のベースとなる

左右に3回ずつのリズムで
ポイを回転させる

3ビートウィーブができなければ
始まらない>

<そう 見るからに複雑に
手を動かさなくては ならない

3ビートウィーブこそが
ポイの…>

<だが>

えっ もうできて?
えっ?

(森川)楽しい 楽しい。

<後ろ回しは どうか?>

(森川)やった~!

<ヤバイ これは…>

あれ?もう突破されたよ。

<ここから さらに
前回しから後ろ回しに つなぐ

難解な往復のターンを
習得しなければ

技を成功させることは
できないのだが>

<ついさっき より難易度の高い

ウインドミルが できていたので>

(Yutaさん)そうそうそう…。

もうやってる。

(森川)やった~!できました!

<複雑な手の動きを
完全にマスターして

大きな円を描き出し…>

<これには達人も

この表情>

<あぁ~ マジか>

(森川)すみません。

<せっかく用意した…>

<どんどん…>

<果たして番組終了まで…>

(ゆめっち)あ~手軽に美味しい
スープごはん食べた~い…

♬~

<「オシャーメシ」>

<スープにごはんが入ってる>

≪あらやだっ カワイイ~!≫

<ファービュラス!
「オシャーメシ」>

<せっかく用意した…>

<どんどん…>

(森川)はい。

<達人が さらに…>

<これは…>

(森川)おぉ~。
(Yutaさん)前に戻る。

<さぁ 森川よ…>

(生瀬)引っかかれ 引っかかれ!

絡まれ!

(森川)ハハハ…[笑]

<我々が汗水 垂らして…>

(Yutaさん)あっ できました。

<頼む!>

(森川)ありがとうございます。

<だが次は…>

<これなら どうだ?>

(森川)えぇ~ そんな…。

<その妙技を
とくと ご覧あれ>

(森川)オービタル はい。

(Yutaさん)ここの横の動きから。
(森川)全然 違う また。

おっ?
(大島)えぇ~?

(森川)はぁ~。

<左右のポイを
一瞬で絡ませると

勢いよく
一気に回転させる>

<これぞ
ポイアーティストの真骨頂>

(Yutaさん)おっ。

<…を目指し アクセル全開!>

<まずは先ほどまでに
やっていない

横回転でポイを回す
「コークスクリュー」の感覚を

掴まなくては ならない>

(Yutaさん)体から一番遠い
12時の位置にポイが来た時に

手を返して…

(Yutaさん)同じように12時
一番 遠いところに

来る時に合わせて
手を返して 下に向ける。

<…森川>

<いよいよ両手で…>

(Yutaさん)そうですね。

<ポイの軌道が安定せず
ようやく…>

(大吉)いや ウソでしょ?

(Yutaさん)そうです[笑]
(森川)ねぇ。

<すると>

(Yutaさん)なぜ?すごい。

<なぜか阿波踊り効果で
一気に…>

<でも大丈夫>

<この先には
ポイ同士を絡める

オービタル 最大の難関が
残っている>

(Yutaさん)このリズムで ちょうど
ヒモと ヒモが均等に絡まる。

この状態を作ってください。

(森川)えぇ~?

(Yutaさん)赤が…

膝元 通り過ぎたら上げる。

<そう ヒモを絡める位置>

<そして引き上げるタイミング>

<この2つを
瞬時に見極めなければ

絶対に…>

(森川)あっ 2回。(Yutaさん)今…

<森川よ これが…>

<…ゆえん>

(Yutaさん)気をつけて。

うわ 痛いんだ。

<そして これを
コークスクリューからの流れで

決めるとなれば
さらに難易度は上がる>

(Yutaさん)おぉ~!

(華丸)えぇ~?
(大島)すごい。

<コークスクリューから
正確にポイを絡ませ

見事にオービタルを
成功させた森川>

<これには達人も

この表情>

(森川)できました!

<その後も 続けざまに
成功させていき>

<なんと…>

(Yutaさん)おぉ~ きれい!

<ここに降臨!>

<そう 最後に残るのは…>

<…が問われる
曲に合わせたパフォーマンス>

<ただ 達人も…>

<…しては いたのだが

今回 我々の…>

<…森川>

<そこで急きょ
振付師の先生も加わり

技をふんだんに盛り込んだ
振り付けに

グレードアップ>

(ASUKAさん)大きく。(森川)あぁ~!

<しかし曲に合わせて
技を行うとなると

また難しさが変わる>

(森川)あぁ~。

<諦めることなく…>

<そして>

<ここで我々は森川の
本当の すごさを知ることとなる>

<それでは ご覧いただこう>

<それでは ご覧いただこう>

(♪~)

(♪~)
(大吉)おぉ~。

(♪~)
(大島)すごい。

(♪~)

(♪~)
(生瀬)すごい!

(♪~)
うわうわ 出た!
いやいや…。

(♪~)

(♪~)
よっしゃ!からの?

(♪~)
オービタル。

(♪~)
回して 回して…。

(♪~)
(華丸)いっちゃった!

(♪~)

(♪~)
<ここからは
達人たちも加わって

(♪~)
ビジュアルポイを使った
パフォーマンス>

(♪~)

(♪~)
あら。

(♪~)
わぁわぁ…!
いいよ いいよ。

(♪~)
もう センターだし。
センター。

(♪~)
(森川)はい センターに
立たせていただきました。

(♪~)
こっちも できるように
なっちゃったの?もう。

(♪~)
こっちの方が もっとムズイよね?
バトンだもんな。

(♪~)
しかも丸じゃなくて。

(♪~)
あっ!
「ワイルド・スピード」って。

(♪~)

(♪~)
いや!
(大島)すげぇ[笑]

<…森川>

<女優とポイアーティストの
二刀流を目指し

今回も…>

<このあと まさかの…>

(生瀬)「ポイあります」?
(大島)えぇ~!

(森川)みたいなので ちょっと。

(大島)回して。
(大吉)おぉ~!

(華丸)いやいや[笑]
(大島)ハハハ…[笑]

ヒザは いいの。
こうかな?

そうそう…。
勢い つけて。

きれい きれい!
それで?それで?

上で 上で ウインドミル!

(一同)ハハハ…[笑]

(♪~)

(♪~)