マツコ&有吉 かりそめ天国 2時間SP[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

マツコ&有吉 かりそめ天国 2時間SP[字]

番組に届いた視聴者からの「耳に入れたい話」を肴にマツコ&有吉が独自の視点で話していくトークバラエティ!

◇番組概要
「お怒り」「お悩み」「ふたりのお耳に入れたい話」など、視聴者の皆さんから寄せられたお便りや、気になるあのお仕事の裏側、よそでは聞けない本音のグルメ情報、一度は体験してみたいこと、などなど、さまざまな「あれってどうなってるの?」に体当たり取材するVTRに、マツコ・デラックスと有吉弘行が自由気まま、フリースタイルでトークするバラエティ番組!今回は二人からどんな「お言葉」が生まれるのでしょう?お楽しみに!
◇出演者
【MC】マツコ・デラックス、有吉弘行
【進行】久保田直子(テレビ朝日アナウンサー)
◇おしらせ
投稿は番組HPから!

☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/matsuari/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 本当
  2. ハハハハ
  3. 岡部
  4. 仁支川
  5. 秋山
  6. ヤマザキ
  7. 中学生
  8. ジョロキア
  9. 多分
  10. 一同
  11. 絶対
  12. 自分
  13. 平子
  14. お店
  15. スタッフ
  16. 大人
  17. テフロン
  18. 結構
  19. 最後
  20. 色気

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



どうも!

今夜 過去イチグルメで

ハナコ岡部
『かりそめ』電撃復帰!

峰子さん監視のもと

ナレーションなしの
自力食リポに挑む!

(一同 笑い)
厳しいです!

厳しいですね!

ロバート秋山が
激辛グルメ戦争の謎に迫る

VTRも。

松茸や山菜 秋刀魚など

秋の味覚を使った炊き込みご飯が
好きなのですが…。

季節感を
ありがたがってるだけで

モンブランや栗きんとんなど
他の栗料理に比べて

栗のポテンシャルを
生かしきれていないと思います。

マツコさん 好きそう。 好き?

ああー もう本当に
もう ちょっと…。

喧嘩… まあ でも ちょっとね…。

本当ですか?

栗… えっ 栗ご飯 イヤだ?

上がんない? テンション。
うーん…。

なんか なんだろうな こう…。

「同じく」?
ちょっと独立…。

栗の独立感が…。
ああー…。

こうなる。
そう。

「うんうんうん」って

多分 そう…。 ちょっと
そういう人が多いんじゃない?

あとの…
あとの炊き込みご飯に比べたら。

違う 違う。 いや…。

いやいやいや… ええー!

いや それは だって…。

それは よくわかる よくわかる
秋の味覚として。

だけど なんか

何屋さん… だから…。

何屋さんだっけ? あれ。
ちょっと 調べて。

あるね。
あそこでは もう…。

あります あります。
って事は…。

きっと きっと…。

憎いなんて
ひと言も言ってないんだけどな。

ちょっと調べよう じゃあ。
意外! 意外すぎます!

どれぐらいの 好き…。
ほら 好きなんだ。

ほら!
よかった。

ちょっと!

そんなに… ええー ちょっと!
今 ちょっと怖かったよね。

違う 違う! 違う だからさ…。

こうやって
ちょっと 問い詰めると

このテンションじゃん? みんな。

いやいや まあ 好きだけど…
みたいな。

合ってない… みたいなね。

じゃあ あのデパ地下は何?

そうそう ここ!
もう 私 絶対 栗おこわ買う!

栗おこわと お赤飯。

いや うまいよ。

うまいんだけど…。
どう言ったらいいのかな。

ハハハハ…!

わかる よく。 よくわかるんだよ。

なんかさ たまにさ…。

ある!

ああ なるほどね。
栗の味も抜けちゃっててさ。

そうですね。
わかる?

わかるんだけど なんだろう…。

わかる。 そうだね…。

ダメなの?

それも込みで
今日は失敗したなと思うじゃん。

お前… お前 今日は あんまり…

お前 今日は あんまり
味 出せてないなっていうさ。

うん うん…。
いいやつは。

あっ 間違っちゃった…。

ハハハハ…!

何 何? どんなもん食ってんだ…。
(一同 笑い)

なんていうんだろう…
こう言っちゃ申し訳ないけど…。

ああ…。

うん。
わかる? この繊細な すごい…。

あっ… ありがとうっていう。

ハハハハ…!

好きだけど… ねっ?
それは いろんなものが…。

いろんなもの 好きよね?
もう じゃあ…。

もう じゃあ 言っちゃうと

(一同 笑い)

あるんだけど… ねっ?

そうなのよ!

ねえ?

明太マヨですら受け入れる
あのね…。

そうだよね。
そうなのよ。

あれをわかってほしいな。

何が 一番好きなの?
あの… 炊き込みご飯。

炊き込みご飯系で?
うんうん。

ああ そうだ 言うね。
千葉の人 そうなんだよね。

千葉の人 なんか…。

シャケわかめご飯とか
今 いろいろあるけど

もう なんも入ってないやつ。
わかめだけでいいの。

わかめがいいのか。

いやいや いやいや…!

なんか でもね
ちょっと思うのはね

僕らの年代はね
まだ あれだけど…。

私たちの頃って…
この間 私 考えたのよ。

なんか そうだよね。
毎週金曜日は ご飯の日みたいな。

なんか あったね。
パンベースで 基本。

ああ…。
なんか だから…。

だから 盆暮れ正月
みたいなもんじゃない。

だから…。 私 あと…。

鶏飯の だから ちょっと
なんていうんだろう

ひじきみたいのとか
入ってるような。

それが だから 大人の
炊き込みご飯っていうよりは

ちょっと甘い味付けなのよ。
なるほど なるほど…。

もう それも好きで。
うん。

好きなんだね。
もう だから なんか 多分…。

うんうん… すごい好きなの。

栗とかも なんか 今の あの…。

本格派のやつでしょ?
あるね 今。

私 好きなの あれだもん もう。

真っ黄色のやつ。
真っ黄色の。

何食ってるか
わかんない味のやつ。

これ 栗と言われりゃ栗だ
ぐらいのさ 甘いさ… そう。

まあ そうだろうね うん。
多分 そうだと思うね。

松茸ご飯っつったら
相当 高価だからね あれだけど…。

随分 広い…。
そうよ! だから…。

そうだよね。
栗 1位じゃん。

そうだね。 ほんで
よく見りゃあさ…。

そんなに。
ないよ。

だって 秋刀魚の炊き込みご飯
家でする?

まあ そんなしないね。 なんか
和食屋さん行ってって感じかな?

銀杏のなんて家で作る?

あんまり聞かないよね。
銀杏を まず

ご飯と同等にするぐらいの量
確保できないでしょ。

そうだね。
拾ったのかな?

さつまいもご飯も
家でする?

まあ あんまり見ないか。

だから やっぱり
給食で食ってたんだよね。

まあ 給食に出てくるような
メンバーか。

でも 安心した これ。

そうなるね。
そうだよ。

これ 団体戦ですもんね キノコは。

あの… 和菓子屋さんみたいの
とかがあるとね。

わかる。
すごい好きなの なぜか。

お赤飯ってさ あれ 俺
よくわからず食ってるんだけどさ

ささげ? なんか 小豆?

なんなの?
何が入ってるの? あれ。

よくわかんないけど
食ってるんだけど

うめえなと思って。

ささげって だから 多分

小豆の次に見る頻度の高い
でかいやつじゃない?

ちょっと でかい豆
入ってるじゃん なんか。

あさげ。
あさげは味噌汁よ。

味噌汁? あれ。

あさげ ひるげ ゆうげって
あるのよね あれね。

「げ」って… 「げ」って何?

「げ」って何?
「げ」って何よ!

ハハハハ…! 確かに。

(スタッフ)「朝ご飯」と同意義ですね。
ああ そうなの…?

なんで お前
そんな事 知ってるの?

そうなんだ。
「げ」って「ご飯」なんだ。

(スタッフ)「げ」って「ご飯」…。
へえー!

へえー!
へえー! 知らなかった。

(久保田)解決した。

答えたよね。
まさか あんな あんた…。

ひどい言い方。

まさか あんな… だって…。

バンドしてそうじゃない バンド。
まさか あいつが答えるとは。

ああ… グリーンピース。
うん あれは グリーンピース。

あれ グリーンピースなんだ?
グリーンピース グリーンピース。

あれも 子どもの頃は
大嫌いだったけど おいしいよね。

なんかね… なんか 塩味が
わかってきたなって感じ。

たまに聞くよね。
いや あの…

結構 でも 大人になってから
食べた記憶がある。

子どもの頃は…。

俺 あんまり出会った事
ないんだよな 枝豆ご飯。

なんか あの コーンと枝豆
混ざってるようなのない? 最近。

コーンね。
うん。

あっ とうもろこしも好き!

ハハハハ…!
なんで? 好きだもん!

これですね。
そうそう そうそう。

こんなのあるの?
あっ いい。 おいしそう。

結構 うまそう。
うまそうね。

あと あれが おいしそう。
枝豆とひじきの梅ご飯。

これ うまそうだね。
おいしそう これ。

これ 大人の… これ 大人だね。

なんか…。

(一同 笑い)

だって 初めてなんだもん
あんな ぬるかったの。

たまに あるよね。
たまに ぬるい時あるのよ。

配達専門になったんだ。
うん。

へえー! 四谷か どこかだよね?
もともとね。

田町にもありますね 今。
田町にもあるんだ。

オーベルジーヌのカレーって
あれは…。

チーズと あと チキンが多いか。
チキン。 あと 海鮮…

シーフードもあります。
シーフード あるね。

えっ…!

見た事ない。 あるの?
驚いた 俺。

…の 上にのっかってるんだ。

出会った事ない。
ない? ほら!

俺ね 1個… 俺もね
1回か2回しか会った事ない。

本当だ!
すごいでしょ?

これは… 多分
相当 高いんだと思うわ。

なんかで 1回 出たんだよ。

(久保田)みんな 多分…。
みんな 会った事ない…。

みんな 会った事ないんだよ。
だって… さっき見てたやつさ

鬼越トマホークの
ほら 坂井ちゃんがさ

ほら 「オーベルジーヌに
カツカレーがあるなんて

世の中捨てたもんじゃねえな」って
書いた…。

そう?
ほら!

多分 初めてだったんだよね
見たの。

私 知らない。
私 1回も見た事ない。

ねえ その下のさ
いつものプレートにカツが…

それの右…
そうそう そうそうそう!

うわー! 知らない!
これ?

ええー!
いいよね。

驚いたんだから 俺。

いや… これは ちょっと
感動するね。

ねえ!
なんかあったのかって思うよね。

本当だよ これ。

そうだよね。 弔い。

ハハハハ…!

初めて見た。
うん すごいな…。

何があるの? 種類。
ちょっと メニュー表みたいな…。

あっ 出た。
あっ! あさり! 知らねえ!

昨日 あさり出た。
ああ そう?

野菜カレー 好きなんだよね
意外と。

おいしい。
おいしいよね ここの野菜カレー。

エビフライもあるんだ。
エビフライ?

エビフライも見た事ないよね。
ないね。

テレビ関係者は衝撃だろうな。
ハハハハ…!

あの料金設定の。
そうだね。

帆立より下は ないもんね…。
はい 出た事ない。

帆立も なかなか出ないね。
帆立も見た事ないわ。

そうか。 そういうのもあるんだ。

なんか… 何?

なんか… 多分 番組によって
使ってるオーベルジーヌ…。

じゃあ この番組は…。

あるのよ。 あと なんか
あるんじゃない? やっぱり…。

あるだろうね。

あるあるある。
それは 絶対あるでしょ。

絶対あるよ。 APさん用だけ
エビフライ入ってるとかね うん。

絶対 なんか…。
「今日 エビ付き」…。 あっ!

ハハハハ…!
そりゃそうだよな。

そりゃそうだよ。
それが 営業努力だもんね。

すげえ!
金銭は もらった事ないの?

ハハハハ…! ない?

四谷と三田。
それで なんか…。

じゃあ
「どっちにしようかしらねえ」って。

「ああ… 四谷も三田もねえ」
みたいな。

ハハハハ…!
ハハハハ…!

うなずいちゃってるよ! 本当。
やってないだろ?

おこわっていうか あれか…。

多分 おこわだと

もち米なんじゃない? 多分。
ああ なるほど。

もち米のか うるち米かで
また ちょっと 違うよね。

多分…。

あんたたちって。 ねえ 本当…。

ないのかね? もっといいの。

ハハハハ…!
あのね 今ね…。

ああ そうなの?

カマンベールとか
丸ごと入れてますから。

ずっとやってるの
ずっとやってるの。

ハハハハ…!

自然薯と たけのこが 大体
同じね シーズンにやるのよね。

ああ これ 千葉で1日で
済ませたんだろうなっていうね。

あれ 面白いんだよな。

ねえ でも 炊き込みご飯…
なんか でも…。

ちょっと 今 見たら…。

サバみそ缶ありますね。
サバみそか…。

ちょっと違う…。
おいしそう…。

「サバ缶さえあれば」って言う人
俺 嫌いなんだよな。

(スタッフの笑い)

シューマイ炊き込みご飯とかに
なってくると もう…。

もう なんか
いいよ 別に…。

ラーメン炊き込みご飯とかって
なってくると もう…。

それは違うよ。
もう 違うものじゃない。

あるのは あるんだろうけど
そんなにメジャーにならない

って事だよね みんなね。
うん…。

ジャガイモだ ニンジンだ
タマネギ ピーマン 合わないね。

結構 やっぱ ちょっと 濃い…
濃いというか…。

なんか ジャガイモ…
ジャガイモ…。

そうだね。
そう。 なんでも…。

「やってみよう」…。
やってみよう。 やってみる。

「おいしかったよ」って?
おいしかったら…。

ハハハハ…!

すっごい これ 新宿!
そうです そうです。

すごいね ジオラマ。
すごいね。

ちなみに 買うとなると

おいくらで
売っていただけるのかしら?

あっ…!
そうです。

すっごい これ 新宿?
そうです そうです!

すごいね ジオラマ。
すごいね。

マツコさん 作りたいって…
興味あるっておっしゃってたから。

前 ほら この番組でさ

本当 ちょっと
一時 頼みかけてたけど

ジオラマ。
うんうん うんうん はい はい…。

ちょっと
本当に欲しくなってきて。

いやいや
だから 自分で作ろうと…。

…してるの?
誰かに頼むんじゃなくて。

ああー 作るの?

もうね…。

ハハハハ…!

そんな ジオラマにお熱な
マツコのために

今回 スタジオに

150分の1スケールの
新宿をはじめとした

さまざまなジオラマを
ご用意しました。

これ 千葉経済大学の
模型部の皆さんが作ったやつです。

あっ じゃあ… 買えないんだ?

お借りしました。 フフフフ…!

おお すごい!
すごい この新宿!

すごいね。
これ すごいわ!

よくできてるね。

本当はね 本来はね。

でも これ 結局
その都度 直したくなるよね。

そうだね。
だって もう これ

模型 作ったのは
6年前ぐらいの街並み…。

あっ じゃあ 更新してるの?
そういう事だね。

ご相談ですね。

3カ月かかったって…。
そうだろうね。

ハハハハ…!
やめなさいよ 本当に。

やめなさい 本当に。
本当 好きだね。

もう これじゃ もう ダメ。
もう なんか

市原の石油コンビナート
全部作りたくなる。

全部作りたくなっちゃう。

もう これ…。
あと これ なんか…

なんか いいね。
それは どこだろう? 渓谷の。

これは何?
一部分だけお借りしたんだ?

これは
これで作品が完結してるもの。

どこだろう?
ここはね 特に設定はなくて

こういう所があったらいいな
っていう。

キレイだね。

もう中学生のオススメ。
これ 何?

オススマンガ。
ハハハハ…!

ハハハ…! そうなのよ。

ストレートに。
本当に好きなんだね。

すごい!
えっ 作ってもらったの?

そうです。
たかなしますみさんっていう方に

去年の11月末にお願いして
3カ月…。

すっごい可愛いね。

ねえ 最後さ

私 なんで こけしなの?
フフフフ…!

僕は 幼少期の写真あるけど

ないからじゃない?
なんで?

よくできてる。
これは すごいわ。

ひととおり。
ひととおり。

いろいろ。
目が散るよ。

先日 ペヤングを焼くためだけの
ホットプレートがあり

しかも爆売れしている事を
知りました。

ペヤングは大好きだし
確かに焼いたらおいしそうですが

結局 使わなくなるのかな? と
二の足を踏んでしまいます。

お二人は…。

そんな売れてるんだ?
売れてるみたいです。

欲しいけど 私も…

人が作ってくれたら食べるけど

自分が作るってなったら
絶対 もう そのまま…

我慢できずに 湯切りの状態で
もう食べちゃうだろうなと思って。

そうだね。
そこから もういっちょね。

やっぱ 倍以上かかるからさ 時間。

結構 ペヤングとか
作ろうと思った時って…。

そう…!
ハハ…!

毎日 ペヤング 食べてる人はね。
そうそうそう!

私…。

そうだね。

待てないわ あれ。
そうだよな。

なんでも焼くよ 焼けるものは。
ハハハハ…!

いや 本当。 「何 焼くんですか?」
って言ってるうちは素人よね。

他に なんかあるのかな?
何があるの?

焼き芋メーカー…。

あの中に
はまんなきゃいけないんだ?

そうですね。
はあー…。

ちょっと
お恥ずかしいんですけど…。

持ってるの?
つい先日。

…とかで検索して
こう どこで売ってるか。

いろいろやってるうちに…。

買ったの?
これと同じかどうかは

ちょっと わかんないんだけど
買っちゃった。

まあ おいしいだろうね。
絶対。

ただね 時間 かかるのよ。

だから 私 休みの日とかにさ
じゃあ ちょっと 今から入れて

夕方 食べようかな
みたいなのはいいけど

瀕死の状態で作るものじゃない。
ああ そうだね。

だから 多分 登場回数は
そんなに多くはないと思う。

見た! ハハハ…!

今 家で何回かやってみたけど

やっぱね 時間かかるんだよね。

あれは だから 待てない。
そうなんだよね。

古田さんみたいに もうさ…。

大人のね あの余裕な楽しみ方は

私は まだ 子どもだから
できない。

いっぱい… いっぱい
いろんなものがあってさ

そのうちに 1つ こう
焼いてるんだったらいいんだけど。

こっちには もう
すぐ食べれるものとかあってね。

やっぱ ちびちびやりながら
あんな…。

大人ですか?
もう すぐ食っちゃう。

そうだよ。 いっぱい もう
ガンガンいきたいよね。

っていうか あれ
焼き鳥メーカーさ

番組でさ 見た事あるのよ。

バカ食いはできないけど

なんか いろいろあるうちの
真ん中に

ポンって置いといて
やる分には

めっちゃいいよ。
いいよ 確かに。

バイキングみたいな状態でね
いっぱいあって。

ああ サラダチキンのやつ
あったね そうそう。

何? あれ。

もちブレンダー。
つきたて餅ができる…。

何?
もうできてるお餅を入れるの?

なるほど。
ああ いいね! これ。

それは楽かも。
うん!

何分でできる?

お時間が。
すぐ食べたいって…。

ああいうのだろうね。
ああいうのからだもんね。

ホットプレートね。
ホットプレート。

もう だから 用意しといて

それこそ さっきの
古田さんのじゃないけど

魚肉ソーセージとかね。
ああ いいですね。

やりながら こうやってやると
もう止まんなくなるよ 本当に。

僕 やっぱ…。

私も負けないよ。
負けない。

すごいよね ホットプレートとか。

俺 もう…。

信じられない。
あれ ダメ。 私も。

もう 多分 絶対 仲良くなれない。
ねえ!

におい付いてもいいから…。

私も。
何 焼くんですか?

ハハハハ…!
いや 本当…。

素人ですよ。
ホットプレートなんて

なんでも焼いていいんだから。
ハハハハ…。

無差別…。
ハハハハ…!

適当にさ 余ったご飯さ

炒飯っていうんだか
焼きおにぎりっていうんだか

よくわからない代物みたいにさ

出た汁とかを使って こう 最後
炒飯みたいにして食うのよ。

おいしそう。
1人バーベキューだね。

最高!
楽しいよ!

バカにするなよ! お前。
バカにしてない…。

なんか でもね たまにね
もらうんですよね 誕生日とかで

「あげますよ」とか言われて
なんかね…。

脂が下に落ちますっつって

こう 肉を… 肉を こう挟んで

トースターみたいに
縦型で焼くやつとか。

ああ! そんなのあるの?
なんかあるんですよ。

なんか使わないよね。

それは
だから 結局 ちょっと…

いろいろ紹介したのに
申し訳ないけど…。

そういう事…!
そう なんでも焼ける。

最強だ。

そうするとさ…。

ハハハハ…!
わかる わかる。

もう こうやって
剥がしながらやってるとさ…。

難点は 焦げが すごいよね。

焦げが どんどん出てくるよ。

テフロンね…。

しょうがないんだよね。 あれね

追い掛けてても
きりないんだよね。

テフロン 売ってないかな?
テフロン。

テフロン あれ…。
あれ テフロン…。

本当 そう思うよね。
本当に思う あれ。

すっげえ売れると思うよ 俺。

フライパンもそうだけど。
だって 本体 使えるんですもんね。

そうなのよ。

家で ヒュッヒュッヒュッて
やれるほど。 ハハハハ…!

テフロンコーティングとは

フッ素樹脂を金属の表面に
コーティングする事で

汚れが落としやすく
焦げ付きにくくなる

アメリカ ケマーズ社の製品の事。

ちなみに
マツコ 有吉が言うように

フッ素樹脂で
ホットプレートやフライパンを

もう一度 塗り直してくれる
サービスが存在。

お値段の相場は サイズ次第で

しかし フライパンの場合

柄を取り外さないと
塗り直しができなかったり

手元に戻ってくるのに
数週間かかる場合もあり

超お手軽というわけでは
ないんだそう。

一緒に ずっと行く。
1日?

(仁支川)1日 一緒。
(岡部)あっ はい! お願いします。

(仁支川)イヤなの?
(岡部)いえいえ いえいえ…!

絶対イヤだよ。
ハハハハ…!

あれもね…。
ナントカ加工…。

テフロンから何から いろいろ。

絶対に焦げ付かない…。
絶対にダメになる!

絶対ダメ?
絶対ダメになる。

なんだ? それ…。
いまだに出会った事ない。

ダメに…。
いつかは。

多分 そうなったら もう…。

そうか!

でも…。

ああ こんなもんかっていう…
思っちゃうから。

これ 放送したら
きっと くるんじゃないですか。

でも もう…。

(一同 笑い)

本当。

すごい酷使するから。

働かせちゃう…。
働かせるから テフロン。

そうか… ダメなのか。

それは もう 私

逃げらんない。 逃げらんないよ。

そうなんだ。
あと やっぱ みんなね あの…

当てる側の こうね 例えば…。

そうだね。
すぐ傷つくよ テフロンって。

金属のフライ返しとかで
ちょっと やると

すぐに ピュッて 線 付くから。
繊細よ あの子たちは。

もうちょっとな…。
もう… ねえ。

もう… もうちょっと
いってほしいのよ。

もう出会ってから… いつ?

初めて… 小学校ぐらいの時か
テフロン加工なんて出始めたの。

もう40年ぐらい経つけど
それは もう…。

多い。 多いと思う。
本当に。

(スタッフの笑い)

フフフフ…!

安いね。

今 もう何千円とかで…
フライパン。

最後に…。
本当に…。

ひどい! 文句ばっかり言って。

本当だね。
本当に。

あれ…。

ハハハハ…!
ハハハハ…!

子どもたち?
多分 あれ そうよ。

そうだよね。 大人は無理だよね?
大人は無理よ。 だから 大人は…。

嘘!

そうだよ。
うん。

でも だから 1人でやってるなら
いいわよ。

ハハハハ…!
イヤだ…。

イヤだよ…。 ああ そう?

(一同 笑い)

有吉の発案でスタートした企画

人生で一番おいしいと思っている
グルメを

芸能人自らがプレゼン。

ナレーションの情報フォローは
一切なし。

自らの熱だけで

スタジオのマツコ 有吉に
そのおいしさを伝える。

ありがとうございました!

3回目となる

まずは…。

どうも!

はい…!

はい…。

(一同 笑い)

半年ぶりの登場! ハナコ岡部。

事情を知らない方のために
説明すると…。

あの…。

…と 泣く泣く番組を卒業。

最後の出演では…。

峰子さんからエールを受け 号泣。

感動のフィナーレと
なったのだが…。

この10月に
裏番組の放送時間が変更。

「そうか そうか」

10年に… 10年…。

業界の洗礼を受けた岡部だが

『かりそめ』復帰を祝いたいと
あの先輩が駆け付けてくれた。

(岡部)ご無沙汰してます!
(仁支川)おう!

(仁支川)あんた…。
(岡部)はい!

岡部の芸能界の師匠

うれしいです。

なのに…。

しゃーしゃーというつもりでは…。
(仁支川)本当?

1日?
(仁支川)1日 一緒。

いえいえ いえいえ…!

2人目のプレゼンターは この人。

よいしょ…! はあ…!

「うれしいもの」だったので…。

というのも 茶番もありつつの

もう中学生でございます。

今回 2人がプレゼンするのは

500円以下と1000円以下の
2ジャンル。

まずは 岡部のアンダー500円グルメから。

こちら 築地でございます。

わかる 見れば。 築地だよ。
(岡部)はい。

それは どう見たって 築地…。
(岡部)築地です はい…。

僕が以前 築地でアルバイトを
させていただいてまして。

(仁支川)アルバイトしてたの?
何やってたの?

1日 とっぱらいで
もらえるんですけど…。

(仁支川)500円で?
(岡部)500円で 朝ご飯

食べてきなさいってなって。
なので…。

この… 今 紹介するお店です。
(仁支川)いい話だね それ。

で どこに行くの?
こちらでございます。

こちら おにぎり屋 丸豊さんです。

(仁支川)丸豊さん。
(岡部)はい!

築地で働いてる人たちの
朝ご飯は

ここで買ってみたいな。
(仁支川)じゃあ あとは あんた

しっかり おやりなさい。
わかった?

だって
「ぼく」のコーナーだからね。

ここにいるから。

ちゃんと見てるからね…。
はい!

それでは ナレーションなし

自分の言葉だけで
おいしさを伝える

岡部の過去イチグルメ
プレゼン スタート。

こちら

この大きいおにぎりが名物の
お店なんですけども…。

こちらです!

(仁支川)おにぎりじゃない?

(岡部)おにぎりじゃないんです。
(仁支川)おにぎりじゃない?

あのさ…。

そうですよね…。
(仁支川)あんたさ これだけの

おにぎりが いっぱいあるんだよ!

自由に自分の言葉で
おいしさを伝える過去イチグルメ。

まさかの

(岡部)はい!

(岡部)この… この 常時…。

(岡部)1個1個が
めっちゃ大きいんですよね。

具も すごいんですよ。
1個 おにぎりも

でかいんですけど
具も すごい詰まってて。

ねえ! 入ってますよね!

(仁支川)マグロ巻き?
(岡部)はい!

こちらが こんな
マグロたっぷり詰まって 442円。

とんでもない量
詰まってるんですよ マグロが。

これが 過去イチですね。

(仁支川)3 2 1 スタート。

(仁支川)あんたさ ねえ ちょっと
ビニールを そっちやるとさ

カメラさんがさ
邪魔じゃん そのビニール。

手前に置け 手前に。

(岡部)こっち側から見られます…。
(仁支川)そうだよ。

ボリュームがすごいです。
もう 飛び出てます マグロが。

「笑ってる。 よかった よかった」

うん うん! うまい!

もう 口いっぱいに
マグロなんですよね

マグロのうまみが。

うまい!

「厳しいですね!」

(岡部)ネギトロの方は 本マグロ?
(店員)はい。

(岡部)この切り身の方は?
(店員)バチですけどね。

メバチの方が色がいいんですね。

(岡部)あっ メバチだから
こんな鮮やかな赤を。

確かに 切り身はスッキリして
その周りを ネギトロが 脂の…

本マグロで ちょっと やっぱ
トロッとした脂のうまみで。

この両方のうまみが合わさって
めちゃくちゃおいしいです。

あんた

「ハハハハ…!」
「ガンつけてないですよ」

続いて もう中学生の

アンダー500円グルメ。

本当に

(スタッフ)一点だけ。
このコーナーがですね

ナレーションが
一切つかないので

自分の熱量だけで
そのおいしさを伝えてもらいます。

なるほど。
でも やるしかないですね。

やっぱり この…。

よろしくお願いします。

(もう中学生)それ!

笑ってない。

ちょっと この風に乗って
歩いていくと着きますよ。

もうすぐだよ。

出ました
小川畜産さんでございます。

もう
「初出汁」でございます こちら。

この中でね…。

それでは ナレーションなし。

自分の言葉だけで
おいしさを伝える

もう中の過去イチグルメ。

プレゼン スタート!

こんにちは。
(店員)こんにちは。

(もう中学生)ねえ…。

(もう中学生)チャッチャの。

ねえ…。

「(一同 笑い)」

奥で 揚げたてですもんね。
その揚げたての… 僕は

コロッケちゃんを
絶対食べるんですよ。

お肉屋さんのコロッケ。

もう やっぱりね

コロッケを枕にして寝たい
っていう。

そして 100円というね。
税込みで100円なんですよ。

(店員)はい。
本当は やっぱり コロッケ

1万円の方がいいと
思うんで はい。

そのぐらいの味なんで…。

一瞬だけ ちょっと ここに
ペタッて貼った感じだけ…。

いやあ おいしそうだよ。

そして
いい場所 いいビューも

いただいちゃいましたよ。

それじゃ
早速いただきます。

そうですよね。

ちょっと レコーディング
してくるんで ちょっと…。

「(一同 笑い)」

よいしょ。 なんとか ちょっと
レコーディングしてきたんで

ちょっと これを流しつつ。
じゃあ ちょっと…。

「ナレーション…」

これ これ!

(もう中学生)しかも ラードで
それをね 揚げてるので

衣が 本当にサックサクで…。

ああ でも ちょっと

休んでもいいですか?
ちょっと やっぱ…。

(もう中学生)「美川憲一編」ですね。

最初は コロッケさんですけども
徐々に…。

「面白い…」

本当に…。

続いて アンダー1000円グルメ。

先攻は 岡部。

続いてのお店はですね…。

東京で一番好きなの?
(岡部)東京で。 1000円あったら

やっぱり 僕
ラーメン 食べちゃうんですよね。

こちらです。
(仁支川)あら。

(仁支川)花道?
(岡部)はい。

(仁支川)名前がいいね。
時代劇だね。

(岡部)花道。
(仁支川)花道 花道。

じゃあ 岡部ちゃん…。

わかりました。

失礼します。
(店員)どうぞ いらっしゃいませ。

(岡部)どうも こんにちは。

こちらですね

野菜大盛りで。
野菜大盛りで。 かしこまりました。

ニンニクも
付けてもらってもいいですか?

「うまい!」が
ことごとく不発に終わり

型を崩し気味な岡部。

峰子さんを納得させる食リポは
できるのか?

すごい きた!

はい ありがとうございます。
(店員)はい どうぞ。

(仁支川)丼は
大きいわけじゃないんだけど

大盛りなんだ。

(岡部)めちゃくちゃ…
うわー! いいにおい。

香ばしい! うわっ!

(仁支川)3 2 1 スタート!

うん! おおー!

「(一同 笑い)」

その不安な顔…。

(店員)正解です。 大丈夫です。

(岡部)めちゃくちゃ
おいしいんですよね

このスープが。 麺も…。

(岡部)この小麦の味にさえ
この濃厚なスープが絡み合って…。

うん!

うめえ!

(仁支川)なんか…。

確かに「うまい」しか
言ってないかもしれない…。

(仁支川)あんまり言ってない。
ひと言 ちょっと…。

ナレーションないんだから。
(岡部)そうですよね。

(仁支川)大丈夫? 入れすぎて
おなか痛くならない?

(岡部)大丈夫です このぐらい…。

うん!
(仁支川)全然 変わった?

うん うん!

もう更に ひとパンチといいますか
ひとガツン!

どっちもパンチ強いんで

パンチとパンチの掛け合わせで
もう…。

「ハハハハ…!」

最後まで
変な感じになってしまった岡部。

見かねた峰子さんから
こんな振りが。

じゃあ スタジオにいるさ
有吉君とマツコさんにさ

ちゃんと自分のアピールしないと。
ほら 戻ってきたんだからさ。

「お世話になります」。
(岡部)お世話になります。

「可愛がってください」。

「すみませんでした」。

ラストは もう中の
アンダー1000円グルメ。

実は もう 昨日も…。

昨日のお昼と昨日の夕飯も
行っていた

過去イチグルメのお店が
こちらでございます。

つき朋さんです。

そしてね 体中に
いつも食べる度に浸透していく

そういったお味の
お店でございます。

(もう中学生)こんにちは。

(木村さん)いらっしゃいませ。
(もう中学生)どうも!

(木村さん)どうも。
いつもありがとうございます。

(もう中学生)
僕の過去イチグルメは

この中から 4点を選んで

そして そこに
ご飯とお味噌汁が付くという

その4点盛りの定食が
僕の過去イチグルメなんですよ。

こんなにもたくさんのお総菜から

自分の好きな定食が
作れるんですよ。

うわあ… あっ!

秋野菜もある 早速! うわあ…。

お隣には ほら 冬瓜。

冬瓜は なかなか こうやって
調理していただいて

食べるとかっていう事も
ないじゃないですか。

だから こういう 本当に
日頃 出会えない

食材だったりお料理だったりにも
会えるし

定番のひじきであったり
ポテトサラダとかね

鶏照りちゃんなんて
そういう 日頃の もう…

ええー! こんなにおいしいの?
っていうぐらい

全部 感動なんですよ 本当に。

でもね 僕…。

やっぱりね 白和え。

たっぷりお野菜の白和えが
本当においしいんですよ。

(もう中学生)あっ 一番人気!
あとは そこから…。

(もう中学生)この中から僕が選ぶ

あと残り3品は なんでしょう?

(もう中学生)あとは やっぱり…。

メバルの南蛮漬け。

ピーマンとこんにゃくの
オイスター炒め。

そして 迷いに迷って
冬瓜と海老のあんかけ。

そして 白和えという この4品で
いかせてください 今日は。

食わないね 本当。

(木村さん)お待たせしました。
(もう中学生)待ってました。

はい どうぞ。
ありがとうございます。

最高です。 伝統と格式の大盛り。

(木村さん)おかわりも
できますので。

(もう中学生)やったー!
あららら。

じゃあ 早速 ちょっと
いただきます!

うわあ… ちょっとね 僕…。

あっ お箸は これは…。

ちょっと 早速 いただきます。

おいしそう…。 いただきます。

うーん…。

ああ…。

(もう中学生)このね 小松菜のね
風味が またいいんですよ。

僕ね やっぱ
白和えに合う背景っていうのがね

ずっと あると思っていて。

今日はね ちょっと
それを描いてきたんですけども。

僕ね…。

ねえ? うんうん…。

「憎たらしいな…」

「全部 食べた?」

最後は 僕が

こちら。

ドゥクドゥク ドゥクドゥク
ドゥクドゥク ドゥクドゥク…。

そして ちょっと 最後に
これ 木村さんに…

ママにプレゼントしたいな。

これをプレゼントで
持ってまいりました。

(木村さん)こんな高価なものを!

貴重なものを
ありがとうございます。

飾ってもいいですか?
(もう中学生)はい ぜひ。

いや… 大変ですね。
大変です。

(一同 笑い)

「粛清」…。
やっぱ 半年間で あれだからね。

いいんじゃない?

ディレクターっぽいけどさ…。

そうなの! ベタ中のベタ。

全部 言わせちゃう…。

「おいしいって言って!
おいしいって言って!」。

今どき なかなかいないよ。
すごいな…。

それは ないよ!
私は やっぱ オンエア見ながら

すごいわ やっぱりと思って。

ちゃんと…。

だったらさ…。

(一同 笑い)

最近 面白いねって。 でも これ…。

あれ? って。
あれ? って。

これ 有吉さんの声 取ったら

視聴者の混乱が待ってるだけじゃ
ないかっていうね。

ちょっと気付きました。
じゃあ もうちょっと見ていこう。

すごい… すごい事に
なりつつありますよ 今。

この番組のVは。 ええ。

(秋山)ご主人が その噂の
この上の玉から

生まれてきたっていう。

ちょっと残念なアンケート結果に
なりましたね。

私 アンケートにうるさいんですよ
結構。

私は 芸能人だと

奥田瑛二さん
井浦新さん

柄本佑さんや
若い頃の沢田研二さん。

あと 太宰治さんにも

色気を感じて
ときめきます。

ちなみに このテーマ
Twitterでアンケートを取ったところ

この手のランキング常連の人から
意外な人まで

出るわ出るわで その数 なんと

1万3000件以上!

それを 番組ADさん2名が

3週間にわたり集計。

名前が多く挙がった皆さんを

ランダムに
ご紹介させていただきます。

出てきました。
もっと自分の好きな仕事

やった方がいいよ。
ハハハハ…!

それも… それも ちょっと
選択の1つだと思うわよ でも。

諭されてるけど…。
ねえ。

だから…。

うんうん…。
だから もう

そんなわけないじゃんってヤツが
いっぱいいるじゃん。

それ ダメなのよ。
そうなんだよな。

すゑひろがりずもね
ネット系でね

そういう組織票 持ってるのよ。

YouTubeとかの。

だけど…。

ハハハハ…!

ここには入ってこないじゃん。
あったとしても。

ちょっと残念なアンケート結果に
なりましたね。

私 アンケートにうるさいんですよ
結構。

そうだった。
よく こんなの あんた

うちの有吉の前に出せたわね
本当に。

こんな あんな…。
でも そんな中で

アルコ&ピースの平子ちゃんが
入ってるのよ。

平子は納得だね。
(スタッフの笑い)

そうでしょ?
私もです。

平子は 俺の後輩の中でも
色気あると思うよ。

今 メイクさんに聞いたら

メイクさんも
平子さんだって言ってて

ボディーペイントした時に
あまりの色気に手が震えたって。

そうだろうね。
はい。

なんだろう…?
歩く性器 平子ちゃんは。

だから それ わかる…。

そういう適当な… ツイッターの
アンケートなんかじゃ

出てこないものがあるんですよ。
そうですよ。

ハハハハ…! 足… 足 使って…。

タイの俳優さんって どなたなの?

タイの俳優さん。
トニー・ジャーとか?

ミューさん。
すごい人気あるんだ? 今。

そうなんだ。

西城秀樹さんいるのも
すごくない?

すごいね。
すごいよね!

このラインアップの中で。

いや だから あるんだよ 絶対。
秀樹さんのファンクラブが。

今も だからね…。
秀樹でしょ! っていう。

亡くなられて なお…。

そうだね。
これは ここまでやったら

お見事よね もうね。 すごい。

俺なんかも だから
平子が好きだから

やっぱり ちょっと 肉体…
結構 大きいなと思うんですよね。

重要。
でも 逆にいうと 平子みたいに

こう ガッていうのもいいけど…。

シャープな…。

でも
あのメールも失礼よ。

いや 本当に見ると…。

あんなのテレビに出てたら
みんな ギャー! って言うわ。

あの感じで喧嘩っ早かった
っていうんだから

信じられないよね。

誰… どう…?

誰がいいんですか?
誰が色っぽいなと思う?

私は もう 初めから平子さんです。
絶対 平子さん。

平子ちゃんが1位なの?
1位です 絶対的に。

平子さん見るために
テレビつけたりします。

あっ 平子さん出るわ みたいな…。
ああ…!

また
奥さん 大事にされてるところも

セクシーなのに それかよ!
っていう…。

ハハ…!
めっちゃ好きじゃん!

言ってくれよ!

ねえ? なんか 遅い!
本当。

いやいや
もう… はい。

ハハハハ…!

私 確かに 千代の富士は
興奮しますけど。

セクシーだよね あの人。
大好きだけど なんか やっぱり…。

まあ 千代の富士まで
さかのぼらなくても

やっぱ 最近だと

やっぱ ちょっと
大谷君は可愛いよね。

私 大リーグに行く
前の年ぐらいに

いっぺん テレビで
お会いした事あって。

たまげたのよ。
見た事ない…

もう 顔 こんなで…。
うんうんうん。

だから これ… 何? 別に

はいはいはい スタイルね。
ジブリのさ。

顔 ちっちゃくて。
うん! もう… なんか

畏怖の念というか

こんな人間 見た事ないと
思うぐらい…。

だから なんか もう 見た目が
タイプとかうんぬんってよりも

もう なんか…。

もう こんな別次元の人だから

私 抱いてくれないかな…?
いや そうなのよ!

ここまでだと もう
普通のその辺の小綺麗な女で

満足しないよね? っていうね。
うんうん うんうん。

これ ごめんなさい。

夢ですよ 妄想ですよ。
わかる。

これだけすごかったら
ちょっと もう

レベルの違うね 愛をね

こう こんな不幸なオカマにも
向けてくれるんじゃないか

みたいな
…ぐらい思っちゃうぐらい。

徹子さん。
徹子さん…!

徹子さん もう 大変だったもん。
そうか。

…って ずーっと
言ってたもん。

外国でも
なんか 選ばれてたもんね。

イケメンみたいなやつにね。
あれは もうね

選ばざるを得ない何かがある。
すごいんだね。

ちょっと本当にね 機会があったら
みんなに見てほしいの。

ビックリするよ!

あのね…。
でっけえ!

あの… こういう言い方したら
馬場さんに失礼だけどね…。

本当ね。 でも 絶対 違います。
でっけえ顔!

そういうんじゃない。
でっけえ顔… 顔は やめなさい。

「でっけえ顔」は
やめなさい。

だって 大谷君
顔 ちっちゃいよね。

馬場さん 顔 でっかい…!
ハハハハ…!

本当 ビックリするよ
顔のバランス。

…って みんな言うね
大谷選手 見たら。

ビックリする!
俺も だから パリス・ヒルトンとか

見るとさ
もう 身分の違いも忘れてさ…。

それとも違うからな!
ハハハハ…!

違うからね! 皆さん。
ハハハハ…!

セクシーね。
色気だだ漏れ。

色気ね。 女性…

まあ 今どきは
言いにくくなってるけど

ボーン! っていう体じゃない
感じがするんだよな

なんとなくな。

あの色っぽい感じって

最近の若い女優さんって
あんま出さないよね。

だから 俺らの親の世代が
ああいう感じの陰ある人を

色気があるなって言ってたから…。

そうね 思っちゃってるのよ。

そうだよな。 俺は もう…。

浜辺美波ちゃんとかね。
確かに 言われてみれば

若い女優さんの中では
色気ある方かもしれないけど

私たちが見てたさ

なんだろう?
あれ 色気っていうか 何? あれ。

性?
性だよね。

性器 ちょっと出てませんか?
っていうね。

(スタッフの笑い)
ねっ?

そうだろうね。

…おちんちん出てません?
みたいなね なんか あるね。

ハハハハ…!
…出してたかもね。

ねえ。
でも 今どきの子が やっぱり

石原裕次郎さんとか見ても

いや 太ったおじさんじゃん!
って なるわね。

でも それも よくわかるしね。
わかる。

なんか だから やっぱり
若くなったわよね みんな。

そうだね。
それこそ だから もう

これ 何度も言ってるけど

石原裕次郎さん
52で亡くなってるんだからね。

そうだね。
だから あんな もう

40代前半ぐらいで
あの恰幅のいい

フィクサー
みたいだったわけよ。

勝俣さん…。
ハハハハ…!

短パン はいて。

そこは また だから ちょっと
比べる人じゃないよ。

小学生。
小学生じゃないよ 本当に…。

小学生って言われちゃうと
ちょっと怖くなってくるわよ

こっちも。
短パン はいてさ…。

小学生じゃん!
勝俣さんなんて もう…。

ハハハハ…!

そこの従業員さんだと
思いますけど

「例のもの」って言うと
出してくれる…。

ハハハハ…!
やめなさいよ みんなで。

世の中に あまたある

そこに はびこる
いざこざを解消し

街を平和に導くために
あの男が やって来た。

いや あの ちょっと…。

(スタッフ)ちょっと またですね…。

今回のグルメ戦争の舞台は

港区のオフィス街にある…。

またの名を激辛ストリート。

中華 イタリアン

そして たい焼き屋さんまで…。

ホームページを見てみると

かなり本気で
熱い取り組みに見えるが

実は 激辛に対する熱量は
店によって温度差が。

ノリノリで参加する
お店がある一方で

あまり乗り気じゃないけど

なんとなく参加している
お店もあるという噂が。

激辛推進派とアンチ激辛派の間で

戦争が勃発しているのです。

まずは 商店会で
最も激辛に乗り気なお店へ。

(秋山)「The 芝辛」…。

って事は

こちらは 激辛推進派の
町中華

(秋山)こんにちは。

「(一同 笑い)」

ハハハハ…!
やめなさいよ。

町中華らしい王道のチャーハンや
ニラレバなどが大人気。

このお店の激辛メニューとは?

(秋山)あっ 来た!
来た 来た 来た 来た。

(秋山)ありがとうございます。

こちらが
生駒軒名物

パッと見は
そこまで辛くなさそうだが

果たして…。

(せき込み)

辛さの正体は
ブート・ジョロキアという唐辛子。

その

2006年当時 「世界一辛い」と
ギネス世界記録にも認定。

キャベツ ニンジン 豚肉など

普通のタンメンの具材を炒め

そこに

少し苦みのあるジョロキアの味を
お酢で調えたら完成。

見た目以上に超辛いタンメン。

あっ でも なんか…。

(星さん)はい。 うま辛で。

(星さん)そうです。
やばいわ。 もう…。

海外では ゾウを追い払うため

唐辛子を
コンドームいっぱいに詰めて

爆竹とともに放り投げ
空中で爆発させる作戦が。

何? あれ。
ねえ あれ…

あれ コンドームである必要ある?

じゃあ…。

ジョロキアルールがあるんだ?
(星さん)はい。

激辛ストリート唯一の掟。

それは
ブート・ジョロキアを使う事。

それで なんか
町おこししませんか?

っていうのが きっかけ…。

鳥一代さんってお店が
あるんですね…。

で ジョロキアは
どうしてるんですか? みんな…。

(星さん)はい。 うちも結構…。
(秋山)もう みんな どの店も

ヤマザキさんに
ジョロキアを仕入れてもらって?

(星さん)はい そうですね。
(秋山)ヤマザキさん

めちゃくちゃ もうけてるんじゃ
ないですか? じゃあ。

それは10年前の事。

商店会の会合の日
普段は めったに顔を出さない

居酒屋 鳥一代の店主
ヤマザキさんが 突然 現れ

ブート・ジョロキアでの
町おこしについて熱弁。

その熱意にほだされた
激辛推進派の後押しもあって…。

その要
ブート・ジョロキアの仕入れは

なぜか ヤマザキさんが
一括して行う事に。

莫大な利益を得ているらしい。

「(一同 笑い)」

しかし…。

(星さん)あります。

(秋山)どうやって… 真ん中に
入るんですか? ピューって。

「やめなさいよ…
やめてください」

続いて やって来たのは

激辛に
あまり乗っていないお店

実は トランプ前大統領が
来日した際

政府の要請を受けて
ハンバーガーを作ったほどの名店。

そんなお店が出す
激辛バーガーが…。

お待たせいたしました。

(秋山)チーズ滝 やばいですね。

どこがジョロキアなんだろう?
どこに潜めてるんだろう?

うん。

チリビーンズは
ブラックビーンズに

豚と牛の ひき肉

更に
トマトやタマネギなどを投入し

スパイスと合わせて2時間煮込む。

そこに 粉末のジョロキアを
2すくい。

更に パティは

機械を使わず 包丁で ひき肉に。

あえて粒感を残した

100グラム 4000~5000円の
間ぐらいするから…。

もう 本当に…。

「本当だよ」

ジョロキアの仕入れ値
100グラム 4320円は

なんと メインの肉よりも高い。

その

(柳澤さん)ヤマザキさんですか。
3~4年 もう…。

3~4年かな?
もっとお会いしてない。

(秋山)ワオ ワオ ワオ!

ハハハハ…!
やめなさいよ みんなで。

ちょっと これ
思い切ってですけど…。

番組初の
警察沙汰になってしまうのか?

黒幕 ヤマザキを追うため
証言をもとに似顔絵を作成。

(秋山)目 ギロッとしてて…。

ヤマザキの特徴を
聞き取った結果…。

自分で盛ってないから。

(スタッフの笑い)

悪すぎるだろ。
もう 宇宙人だよ。

黒幕 ヤマザキを追うため
証言をもとに似顔絵を作成。

ヤマザキの特徴を聞き取った
結果…。

自分で盛ってないから。

(スタッフの笑い)

そうだよな…。

そうですね…。

日本古来の蕎麦にまで外国の粉。

商店会を蝕むヤマザキの影。

さあ そして…。

いや ちょっと もう…。

蕎麦屋さんに行ってごらんなさい
っていう事だけど… ねえ?

ここは ちょっと 巻き込んじゃ
いけない感じしますよ?

こここそ もう…。

続いて やって来たのは

創業して70年の
老舗蕎麦屋さん…。

(秋山)どうも
よろしくお願いします。

(中島さん)いらっしゃいませ。

(秋山)おじいちゃんの代から…。
(中島さん)三代目なんで。

(秋山)三代目!
(中島さん)三代目です はい。

(中島)そうです…!
はい そうです…。

やんちゃな三代目店主が作る

お待ちどおさまです。

爆辛マグマ煮込みうどん。

ジョロキア以外にも
香辛料を加えた超激辛メニュー。

(秋山)11種類…!

「ハハハハ…!」

いいですよ…。

果たして そのお味は?

「やばいでしょ…」

(秋山)三代目 マジ…。

11種類もの香辛料を使う理由は

辛みと うまみを
両立させたかったから。

ジョロキアとハバネロ
鷹の爪などで

辛さを極限まで高め

そこに うまみを含んだ

コチュジャンとチリソースを
投入。

辛さを乗り越えたその先に

うまみを感じられる
味噌煮込みうどん。

しかし
ヤマザキの目の届くところで

ジョロキア以外の香辛料を
使っても大丈夫なのか?

はい。 そうですね まあ…。

(スタッフの笑い)

殺されねえよ。

とうとう反逆者も現れ始めた
芝激辛戦争。

もはや ヤマザキ自身に
話を聞くしかないが

その男は この数年間
姿を見せていない。

秋山 ついに
ヤマザキとの直接対決を決意。

覚悟を決めて

ちょっとね
お話 聞きたかったのは…。

店主 ヤマザキは やはり不在。

隣町の田町にいるという
黒幕 ヤマザキ。

30分ほどで
こちらに来られるという。

そうか じゃあ やっぱ

(秋山)だって 見て ほら。
「見つけて頂いてありがとう」って

書いてるから…。

「見つけて頂いてありがとう」。

これは
ヤマザキのメッセージなのか?

追い込まれても
余裕を見せる ふてぶてしさ。

おっ 来た来た 来た来た…。

濃厚な鶏スープに
ジョロキアを入れた

名物 サムゲタン。

いざ 実食!

「普通のは あるの?」
(久保田)「普通の あります」

「知ってるの?」
(久保田)「行った事あります」

ああ…!

うまいのにな~!

普通のサムゲタンは

具材の鶏肉を煮込んだ時に出た
スープを使うが

鳥一代は
スープ専用に別で煮込む。

「おおー! すごい」

新たに鶏ガラ3種から
じっくり出汁をとる事で

ジョロキアを混ぜても

鶏のうまみが
超濃厚なスープが完成。

更に 鶏肉もホロホロ。

新人店員が
4時間炊けばいいのに

うっかり10時間
炊いてしまったところ

骨まで食べられる
驚異のやわらかさに!

ヤマザキは
その炊き時間を採用。

謎の売人は
煮込み時間まで強制するのです。

ああ…。

よくわからない
味の表現をしていると

ついに あの男の姿が。

ヤマザキです。

(秋山)ヤマザキさん?
お会いしたかったです。

(ヤマザキさん)本当ですか?
ありがとうございます。

ネットとかで もう
調べてもらって 構わないです。

これが怪しいんだ。

居酒屋 鳥一代のオーナー
ヤマザキの発案でスタートした

芝商店会の激辛ストリート。

料理に使う
ブート・ジョロキアの仕入れは

なぜか 一括して
ヤマザキが行っていた事が判明。

ここ数年 芝商店会には

姿を現していないという証言が
上がったり

何やら 怪しい男 ヤマザキと

ついに 秋山が直接対決。

辛くてうまいって 本当 酷だよ。

はい!
(秋山)ヤマザキさんですね?

ついに対面。

この男こそ
我々が追っていた人物

鳥一代の山崎。

秋山 数々の疑惑について
怒濤の答え合わせ。

この激辛ロード
この激辛戦争ですね いわゆる。

そうですね。

ハハハハ…!

じゃないです。 絶対そんな事は…。
(秋山)そこは本当ですかね?

本当です。
(秋山)ああ なるほど。

確かに インターネットで
調べてみると

山崎さんは 現地で
ジョロキアの製造を行う日本人と

直接やり取りしているため
安く提供する事が可能。

ハンバーガー屋さんは…。

およそ10年前
サラリーマン街にある芝商店会は

リーマンショックの影響を受け
客足が減少。

その状況を打破するために
考えたのが

ジョロキアを使った
激辛での町おこし。

バングラデシュ人の店員さんに

当時 日本では まだ無名だった
ジョロキアを教えてもらい

起死回生を図ったのです。

あの… 以前はですね

店舗が開くと
あの… そこを立ち上げをして

軌道に乗ったら去る
みたいな形で。

新店舗開発を積極的に行い

現在では 都内6店舗まで
拡大させた山崎。

その手腕が評価され 社長に就任。

自分の店だけでなく
商店会ごと盛り上げていく

山崎のやり方によって

かつては閑古鳥が鳴いていた
芝商店会の客足も

爆発的に増えたのです。

よっしゃ もう あとは…。

食うぞ 食うぞ 食うぞ。
あとは もう。

次の戦争あれば 行きましょう。

ありがとうございました。

やっぱり

こいつ ひどいね 面白かったけど。
すごいね。

それよりも あんた
山崎の店 行ってたらしい…。

鳥一代さん 本当 サムゲタン
おいしいです。

山崎と付き合ってる?
山崎さんとは付き合ってない。

新たな展開が。

いやあ 本当 ここは…。

忘年会 何回やるんだよ この番組。

毎回 忘年会の話 してんじゃん
もう これ。

本当に!
あれね… あれ 何げにね

一番凶悪だからね あれ おさげ。
最後 忘れちゃうんだよね

なんのVだっけ? みたいな。
何見てたか覚えてないのよ。

特に 今日の終わりは 何? あれ。

あんなの
ユーチューブじゃ流せないよ。

ハハハハ…!
乳首 出て。

〈『かりそめ天国』は

〈無料見逃し配信は
ABEMA TVerで〉