人志松本の酒のツマミになる話【すみれ束縛度チェック&三宅健V6トリセツを暴露】[字] …の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

人志松本の酒のツマミになる話【すみれ束縛度チェック&三宅健V6トリセツを暴露】[字]

すみれ&井上和香「恋愛の束縛はどこから?」三宅健が暴露V6メンバーの取扱説明書…和牛水田料理上手い男性はモテない!?松本&フット後藤の得意料理で対決!

番組内容
『人志松本の酒のツマミになる話』は“お酒の席が盛り上がれば何をしゃべってもOK”というルールの下、普段言えないような悩みや失敗談、心に秘めた本音を語り合うトークバラエティー。MCを務めるのは松本人志とフットボールアワー(岩尾望、後藤輝基)。ゲストには井上和香、すみれ、水田信二(和牛)、三宅健(V6)が登場!円卓を囲み、それぞれの好きなお酒で乾杯し宴(うたげ)がスタート。
番組内容2
番組特製の“酒瓶ルーレット”でトークの順番を決定する。

三宅は「V6のマネージャーの間では“メンバーの取り扱い説明書”が共有されていて」と切り出す。例えば、三宅は寒がりなため“部屋の温度を上げるように”と共有されているのだといい「岡田(准一)の場合は、近くを通るときに…」と、意外な共有事項があることを明かすと、松本は「めんどくさ!」と大笑いする。
番組内容3
その他にも、水田の“料理が得意な男性をどう思う?”という疑問や、井上の“人前で恥をかいた思い出”などの話題も。お酒を飲みながらのトークだからこそ飛び出す、他の番組では決して聞くことのできないゲストたちの本音トークをお楽しみに!
出演者
【MC】
松本人志 
フットボールアワー(岩尾望・後藤輝基) 

【ゲスト】
井上和香 
すみれ 
水田信二(和牛) 
三宅健(V6) 
(五十音順)
スタッフ
【チーフプロデューサー】
矢﨑裕明 

【プロデューサー】
萬匠祐基 
池田拓也 

【総合演出】
日置祐貴 

【制作・著作】
フジテレビジョン

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
ドキュメンタリー/教養 – カルチャー・伝統文化

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 後藤
  2. 水田
  3. 井上
  4. 岩尾
  5. 三宅
  6. 料理
  7. 無理
  8. 松本
  9. ホント
  10. ホンマ
  11. 絶対
  12. 結構
  13. 全然
  14. 束縛
  15. サッポロ一番
  16. ワカパイ
  17. 一緒
  18. 一回
  19. 個目
  20. 醤油

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
扶桑社
¥2,530 (2021/10/17 19:15:20時点 Amazon調べ-詳細)

1個目は…。

[今夜は…]

『人志松本の酒のツマミになる話』

ルールは もう 簡単ですから。

(後藤)いやいや… やめましょ。

変わったんすか?

(岩尾)ノーネクタイじゃ無理?
(後藤)こんなんで やったらあかん。

ホンマに
普通の話でいいんですよ。

みんなに聞いてみたい話とか。

そんなんで いいんです。
どうですか?

最近 お父さんとは
連絡 取ってるの? すみれちゃん。

怖い?
どういう意味の怖さなんだろうか。

[今夜は…]

え~!

え~ ホントに?

「片割れ」
≪口 悪なってるぞ!

[くれぐれも 飲み過ぎには注意]

[秋の夜長を楽しみながら

一緒に かんぱ~い!]

じゃあ 回しますよ。
大丈夫ですか?

当たった人はね もう 軽い話で。

これ もう 水田かな。

あっ 水田 初めてやったっけ?
そうなんすよ。

プライベートでも
お会いしたことないんで。

だから
飲みの席で お会いしたら…。

2019年 終わって
僕が 楽屋に戻るときに

ちょうど
着替えて帰られる 松本さんと

廊下で すれ違ったんですよね。
で まあ 普通に

「お疲れさまです」 「お疲れ」で
終わるかなと思ってたんですけど。

僕ら そのとき…。

(水田)それも
見てくれてるじゃないですか。

「お疲れさまです」って言ったら
松本さんが

「う~ん…」って こう ちょっと

気遣ってくれたんでしょうね
気持ちを。

って言ってくれて。
もう 5年分 言われた気がして…。

(水田)あれは うれしいですよ。

(水田)いやいや
めちゃくちゃ いい話ですよ。

「もっと いいこと言えよ 俺」って。
いや 当人にとってはな。

(水田)そのとき 僕らは もう…。

「次のことは 考えられへん
やろうけど」って言われたときに

うわ 全部 分かってくれてるやん。
5年分 言ってくれた。

でも そうね。

(後藤)確かに 長らく 笑い飯もね
出てましたから。

(水田)あの 僕…。

だから
味への興味も すごいあるし

作ってくれた人への感謝も
すごい感じるんですよね。

だから まあ 若手のときも…。

でも 劇場の社員さんからは…。

向こうに その気がなくても。
だから…。

(水田)それも
もちろん分かりますけど

でも
真剣に作ってくれた人の味を

どういうものか見ないとって
気持ちもあるんで 当時は 毎回…。

何やねん それ。

(水田)それが
全部に対応した正義やったんすよ。

社員さんの気持ちも分かるし
作ってくれた人の味も見る。

だから…。

「オエッ」は いらないよね。

それ すごい嫌だ。

そういうのを ライブとか 別に
ラジオでも言ってるし。 だから…。

そういうのを知ってる人は
まあ…。

(水田)その作ってくれた人も
やっぱ 緊張してるんすよね。

元料理人やから。

僕も 絶対に
喜んでるのは伝えたいけど

大げさに言ったら
気を使わせるから

どのぐらいで言ったらええんやろ
っていうのを

ロケのときよりも緊張するから…。

大変やな。
(水田)めっちゃ 気 使うんすよ。

[7年間 料理人をしていて
味にも うるさそうな 水田さん]

[料理が うま過ぎると
女性は嫌なんでしょうか]

(後藤)これは
女性的には どうですか?

井上さんは?
(井上)私…。

夕飯とかも… 小学校とか。

(後藤)プロの料理で。
(井上)はい。 だから

料理できる人は すてき
ぐらいな感じだったんです。

私が ちっちゃいころから…。

みたいなことを 母親から
ずっと言われてたんです もう。

(井上)私の作った料理に対して。

え~!

それ ちょっと しんどいね。
(井上)みたいなことを言うんで…。

やっぱ 言っちゃうんや。
(水田)言わないです。

あっ そう。
(水田)たぶん…。

(井上)あ~ 確かに 確かに。

料理人の人は
絶対 言ってないと思います。

作る大変さ 分かってるから。
(井上)でも…。

ホントに?

よく 料理人の自分に対して
作ってくれたな

そのハードルを越えてきてくれたな
っていう感謝があるので…。

(一同)難しいな。

ファストフードとか食べんの?

食べます。 全然 食べます。
(後藤)あっ 幅広い。

高級の店も食べるし
ファストフードも食べる。

(水田)全然 食べます。
どっちかいうたら…。

(後藤)しんどいな 色々。

[性格が ちょっと細かい
水田さん]

[飲食店で 店員の動きを 細かく
チェックしてしまうそうで]

看板とか…
オープンしたてやったら

看板が まだ出てなかったみたいな
あるじゃないですか。

ずっと見てます。

おいおい おいおい。
お前 今…。

怖い 水田。
動線 見んねや ちゃんと。

(水田)店員さんに
「水 下さい」って言いたいけど

その人が持ってきたら
もう 飲めないから

違う店員さんに言って
水が 2個あるみたいな。

(後藤)ワンポイントじゃなくて
流れ見んねや。

ぱっと見て…。

分かります 分かります。
だから すごい選びますし…。

店構えで分かります。
(三宅)え~ すごい。

すみれさん どうですか?
料理 得意な…。

でも 結構
上手な方だと思うんですけど

でも あんまり
好きじゃないんですよ するのが。

『チューボーですよ!』を
2年ぐらい やってたんです。

だから 料理番組をやってたので

まあ できる方だと思うんですけど
めんどくさがり屋で。 だから…。

(後藤)あっ そうか。
作ってもらう方が 楽しい。

[独身女性に
料理の腕前がプロ級の男性は

「あり」か「なし」か聞いたところ

「あり」と答えた人は 91%]

[うるさく言われないなら

断然 「あり」ですよね]

三宅君は 何か 得意料理とか。

お~ いや 大したもん。

一回…。

ペペロンチーノだけは
作れるようになって。

僕が。

フライパン 2個?

(三宅)そこの上に
チキンライス載せて

お皿 置いて ひっくり返すだけ。

あ~ そういうことか。

いや でも それでも…。
(すみれ)すごい。

詳しいしね。
(三宅)そう。 だから

料理ができる人 うらやましい。

(岩尾)「ほんとだ!」じゃないよ。
あらためて。

俺は でも 料理っていうか
ホントに…。

え~ ホントに?
(後藤)いや それ 僕 ちょっと…。

塩でも何でもいけるけど
塩でもいいよ。

[サッポロ一番をおいしく作れると
豪語する 松本さんと後藤さん]

[どっちが 一番でしょう]

やっぱり その…。

全然 変わってくるからね。
じゃあ どういう手順でやってる?

僕は サッポロ一番 塩らーめんは
ホンマに 結局 色々…。

この…。

要は 再確認。

うち 何か 分からへんわ。

って言ってるから。
(岩尾)「サッポロ」じゃなく?

まあまあ悪くないと思う…。

アッコさんがいたら
言うてると思いますよ。

(水田)でも 察したのか…。

サッポロ一番
塩らーめんやったら…。

そこの
いわゆる いつも作ってる…。

鍋に移したら あの乾麺が
浸るか浸らんかぐらい。

(井上)あ~ 少ないですね。
(後藤)かなり少ない。

(後藤)それで 時間は 1分半です。
1分間 一切 触らない。

一切 触らずに
1分 過ぎた辺りから

ごちょごちょ ごちょごちょ
ごちょごちょ。

火 止める 10秒前に
粉 入れて 火 止めます。

おお。

何で?
何で 行き着くとこ ここ?

差 出してよ それは。

(水田)僕は こうですわとか
言わなくて よかったっすわ。

もう 頂上決戦やったんや。

でも 何か そこ こだわるよな。

え~ 醤油?

(岩尾)サッポロ一番 ほぼ
塩らーめんしか食べたことない。

醤油が その次みたいなね。
(後藤)味噌 味噌 味噌。

えっ 俺…。

え~!

断トツ…。

断トツですよ。 1位 塩でしょ。

(岩尾)醤油 味噌なんか
買ったことないと思う。

え~! あれが…。

(後藤)何で!?

すみれちゃんは?

え~!

結構
そういう乾麺とか大好きです。

え~ 三宅君は?

塩っすよね。

長らく
食べてないんじゃないすか? 塩。

いや たまには食べるよ。
でも 別に納得いってないのよね。

(井上)えっ 醤油 買ったことない。

(後藤)何で?
スープ めちゃくちゃ うまい。

ゴマもスープも入ってない。
何 食べてるんすか。

(後藤)いや お湯にゴマ?

食べてないやん もう。

買わんといてください。

取り返そうと。
取り返そうと思って 今

躍起になってる。

[サッポロ一番は
何味が好きか聞いたところ

やはり 塩派が1位]

[定番人気 袋麺ランキングでも

他社製品を抑えて 1位を

獲得しています]

えっ しないんですよね?

(後藤)いや そんな 何か…。

やっぱり 慣れないと。

そう言ってくる人もいるよね。
(井上)えっ じゃあ…。

何か言われたら
全部 作れると思うよ。

[どんな料理も 感覚で
作れてしまうという 松本さん]

[得意料理は 何でしょうか]

(後藤)じゃあ 例えば…
何やろう 俺 あんま分からん。

(水田)できるやつは
どうでもいいんですよ。

できたやつを教えてください。
(後藤)煮込み料理を

「できるやろね」と。

結婚記念日とか誕生日とか。

「だろうね」? 「だろうね」?

まあ でも
はっきり そこまで やってない。

「できるだろうね」言われても
すげえなって ならない。

でも…。

どういうことですか?

やっぱ 恐怖心が出てるから。

絶対に。
(後藤)じゃあ…。

(岩尾)ビーフじゃなくて?

冷蔵庫に冷やしといた…。

絶対 できない。
(水田)できないです。

じゃあ もう
出来上がってるやん それ。

もし そうなら。 ストロガノフが。

いやいや
そんなことないですよ あれね。

一番 簡単。 タマネギを もう
パンパン パンパンやって…。

それ やりたいだけ。

(後藤)じゃあ…。

まあ
もちろん もちろん もちろん。

(後藤)「何か食べたいもんある?」
「食べたいもんある?」って言って。

[のらりくらりと かわそうとする
松本さんに 全員が総攻撃]

[だったら 奥さまが作る手料理で
好きなものは?]

(水田)奥さんの料理で
好きなものを聞きたいですよね。

奥さんの料理で好きなやつを
聞きたいんです。

奥さんが何作るとかじゃなく

松本さんが好きな 奥さんの料理を
聞きたいです。

(後藤)バジルやったら ジェノベーゼとか
色々あるじゃないっすか。

≪最終的に娘。

じゃあ いきま~す。

(後藤)おっ すみれちゃん。
(すみれ)はい。

[でも 今 お父さんは
それどころじゃなさそうなので]

みんな 言うんですよ。

で 私は いや…。

それを 皆さまに…。

判断していただきたいなと
思ってます。

このね 境界線というかね。
(すみれ)はい。 あと…。

改めるんですね?
それ 言われたら。

はい。 そうですね。
ちょっと考え直します。

[すみれさんが恋人にとる行動は
束縛なのか 束縛じゃないのか

皆さんに
判断してもらいましょう]

1個目は…。

(すみれ)
誰をフォローしたり… 彼が。

(水田)誰にやってるかってのを
見るってこと?

もう あかんの?
(水田)駄目でしょ。

いいですか? されたときに
「えっ…」ってなりません?

(岩尾)本格的に…。

(岩尾)それが もう 実体験でない。

だいぶ なるで。

その人となりを探るには
一つのアイテムというかね。

(後藤)それは…。

(井上)でも
そのことについて言うんですか?

「ねえ 何か この…」

それ 何て言うの?
向こうの 彼は。

(岩尾)軽い感じでしょ?
(すみれ)そう。

「ただ カワイイと思った」とか。

(すみれ)そうですね 確かに。

ちなみに
お父さん…。

そうですね。

してそう。

もうちょっと ある?
じゃあ 段階 ちょっと…。

あんまり
しょっちゅう はまっちゃうのは。

俺…。

怒ってんの?
ちょっと ふって見たら…。

それ 別で やってよ
見せんといてよって。

そうですよね。
(三宅)何か求めてますよね 絶対。

お~。
(水田)例えば… 「誰と?」

[さらに…]

(後藤)何で かたくなに こう…。

[男女の関係にまつわる
水田さん 独自の理論]

[「3つ質問したら束縛」とは
どういうことなんでしょう]

「あした 後輩とご飯行くわ」って
言われて…。

これ 1個目です。
で 誰々と行くわって。

どこどこ。 2つ目。

(すみれ)あ~ それ 確かに。
(三宅)怖い 怖い 怖い 怖い…。

3つは やっぱ 多いんすよ。
3つ 多いでしょ?

まあ そうかな。

(水田)「あした 地方のロケあるねん」
言ってもらっていいですか?

(すみれ)うわ 怖い!

3つは あかんでしょ。
3つは あかんって。

1つ目でも できるわ。

3つは 束縛ですよね。

1個目でいけるわ。

私 結構 してましたけど。

[20代のころ ワカパイの愛称で

グラビアアイドルとして
世の男性をとりこにしていた

井上 和香さん]

[その 愛くるしい笑顔の裏で

彼氏のことを 恐ろしいほど
束縛しまくっていたとか]

(井上)私…。

(水田)怖っ。
(井上)そのときは どこどこの…。

入れてもらって…。

そのとき たぶん もう…。

たぶん 相当な鬼の顔してたと…
ありますけど。

うわ~ 怖い~。

でも 言わないですよ。
(後藤)いやいや あれ 分かんねん。

ぱっと見たら…。

般若。
(井上)だけど 言わないんですよ。

(三宅)だって 人のものだから。

[パートナーの携帯を

勝手に見たことがあるか
聞いたところ

独身女性も 既婚女性も

5割の人が 「ある」と回答]

[いやいや 見ても
いいことないですって]

(後藤)じゃあ…。

(すみれ)
あっ そうですね。 それも…。

え~。

えっ でも… いいですか?

(井上)だって… えっ?

(後藤)DVD…。

(井上)やめて! 聞きたくない!

(岩尾)独身男子として普通です。
(三宅)見ます。

どういうこと?

(三宅)スペースファンタジー
求めてんの。

のぞき見?

(井上)見ます 見ます。

それと一緒? ホントに一緒?
≪一緒 一緒。

≪発散を
そこで してるわけですから。

(後藤)ちょっと
改善してもらえますかね。

じゃあ 回しま~す。

井上さん。
(井上)はい。 私…。

(井上)その ワカパイっていうのが
結構 浸透してくれて…。

(井上)「ワカパイだ」って
呼んでくれるのは

すごい
うれしかったんですけど…。

「あっ ワカパイ。 ワカパイ」って
言われるのが… 何でしょうね。

ワカパパがおる前でね。

娘のパイのことを

いじられてるって…。
いや ホント そうね。

皆さんにも…。

思い出とか
何か ありますかと思って。

[今 思い返しても

あれは恥ずかしかったなって
経験

皆さんにも
1つや2つ ありますよね?]

何か ちょっと 恥ずかしいなって
思うことって。

いうても…。

逆に
周りに人いたら よかったけど

1人やから ちょっと恥ずかしいな
みたいなのは

僕は多いなというか。 ホンマ
たわいもないことですけど…。

うわ 出たと思って

ティッシュ突っ込んで
ぼうっと テレビ見てて

たばこなんか吸ってるときに
たばこ 灰皿に置いてるんすけど

ぼうっと見てたら たまに…。

(三宅)そんな人 いる?

どういうこと?

(後藤)ちゃうし この感じが。
俺 一回…。

[松本さんは 奥さまの前で
ちょっと カッコつけようとして

恥ずかしい失敗をしたそうです]

ババン ババンって 何か…。

そんな おっきい
地震じゃなかってんけど 「あっ…」

(後藤)うわ。 怖~!

恥ずっ! 恥ず~!

めちゃくちゃ恥ずうて。

結構…
「俺 そういうの分かるから」

(後藤)それ 結果 後の奥さんは…。

言うか言わわれへんかで
録画やって気付いたのよ。

あっ 自分で気付いたんですね。

(水田)
全然… 無理 無理 無理 無理。

無理 無理 無理 無理。

(岩尾)何の揺れを感じたんやって
なりますから。

(水田)たまたま 録画やったけど
分かって… 無理 無理 無理。

で もう 何か
トイレ行くみたいな。

おらんようになるっていうね。

それこそ 僕なんか…。

[後藤さんは
お笑いのフェスに出演したとき

イキり過ぎて ファンの前で
大恥をかいたそうです]

お笑いのお客さんでも 何かね…。

その子
何か こんな顔してるから…。

(水田)お前じゃないよっていう。
(後藤)う~!

(三宅)ある ある ある。
そういうの あります あります。

僕 「健」だから…。

ぱって見たら…。

(後藤)そうか 「健人」

いやいや
「健」だけ見ちゃ駄目です。

そうなんですよ。
(後藤)何で かたくなに こう…。

そこは ちょっとね
切り替えてくれても。

「ありがとう」で ええやん!
ジャルジャルも好きやけど

フットの後藤も好きよで
ええのんやけどな。

何だろうな。 まあ でも…。

[ハワイ育ちの すみれさんは
日本語が ちょっと苦手なせいで

よく失敗しちゃうそうで]

結構 すごい豪華な
キャストの方々で

歌舞伎の方とか そういう方が
いっぱい いらっしゃって…。

その中で 一個 誰か…。

「あっ すごい おいしい」って
言っちゃったんですけど

「す」が抜けちゃって…。

すごい大きい声で
言っちゃって。

皆さんの顔が さ~っとなって。

(水田)私は あれがあるから。

(岩尾)「ちんこう おいしい」
言うてるやつに

何で 束縛されな あかんねん。

(後藤)めちゃくちゃ
言うてるやんけ。

お前 好きや言うてるやんけ。

回しますよ。
はい。

え~っとですね…。

三宅君かな。

寒がりなの?
寒がりなんですよ。 だいたい…。

(岩尾)
入り ちょっと暑いと思ってたわ。

(三宅)
あっ 僕のせいだと思います。

そうなんや。
(三宅)なんで そういうのを

例えば 僕だったら
さゆを用意するとか。

…とか カフェオレを
用意するとか。

めんどくさ。

取説があるらしくて。
(岩尾)すぐ決められたりすんねや。

いつ決められるか分かんないから。
そういうのが あるんですけど

皆さんも
そういうの あるんですか?

[ないと不安だったり 仕事で
絶対にしてほしいことなど

皆さんの取扱説明書は?]

何やろ。 あんのかな?

(三宅)何か こだわりとか。
(水田)僕は

マネジャーどうこうじゃなくて
自分ですけど。

このコロナ禍で 余計ですけど。

(水田)もともと ちょっと
潔癖までいかないぐらいの

軽いのがあったんで
このコロナ禍で…。

この間…。

(後藤・松本)そこまで!?

今も持ってる…
常に持ってるんですよ。

シュッシュ シュッシュ。
(水田)だから これも 全部…。

ここ ちょっと こうやって…。

えっ!

触るから だから…。
出禁や。 出禁やで これ。

(岩尾)すぐ 地べた座るし。
(水田)そう。

共感する。
俺は そんな思えんな。

スタッフを汚いと
思ったことなんか 一回もないな。

ホンマに 何の引っ掛かりもない
サラッサラなやんな。

ワクチン受けたけど…。

さすがに それ ないでしょ。
(三宅)そんなわけない。

ちょっと 気 使って。

やってるんですね。

「片割れ」
≪口 悪なってるぞ!

(後藤)そんな 項目もなかったし。
ただ…。

出したときに
「いらない」って言われたのかな?

(岩尾)だから 楽屋に ちゃんと
水とかお茶とか置いてるけど…。

それ 見て そうやと思って。

じゃあ
その取説は間違ってないんや。

それこそ…。

そんなん あんの?
(後藤)あります。

俺も あるんや?
あります。 岩尾も見ましたけど…。

そう。 だって 俺 何にも そんな
あれして これして 言えへん。

カワイイ!

小学校の先生から
引き継がれてる? それ。

俺は だから…
俺は分からん だから。

何か あるんでしょうね。
あるんでしょうけど…。

俺… ホンマ 何も言えへんもん。

[確かに
松本さんクラスになると

ご本人の知らないところで
気を使われていそうですが]

あっ いっときね。
今は 違うんですか?

(三宅)そのときは
何で こだわってたんですか?

いや 何か… 何やろう。

いっとき すごい…
独身のころぐらいかな。

「片割れ」
≪口 悪なってるぞ!

あかんぞ。

俺 ホンマに ないねんって。

いっとき…。

ああいうのんかって 全然
こっちは言ったこともないし。

そんな噂 聞きました。

全然 こっちは
何も言ってないのに。

[後藤が…]

[松本さん マネジャーさんに
指示していることは

ないそうですが 唯一 楽屋に
入れてもらっているものとは]

やってるんですね。

でも 意外と 俺 飲まずに

俺以外が スタバ飲んでんねんで
みんな。

あ~ そこから頂戴して。
そう。

ないんだ。 ないんだ。

あと ホント…。

(後藤)いや
そりゃ やっぱ 行くでしょ。

(後藤)とはいえ やっぱり…。
いやいや ホントに いらんのよ。

「片割れ」言うな。
絶対 お前が言うたらあかん。

何回 言うねん パピコ。

うん。

ほんで 「失礼します。
おはようございます」

みたいな やりとりがあって…。

(水田)コミュニケーション。
(後藤)そう。 ほんで…。

それがあるから
行かなくていいんよ ホンマに。

カワイイ!

[最後に もう一回し]

じゃあ もう一つ いいですか?
急ぎ足で。

10月の26日に ベストアルバムが
リリースされます。

今回のベストはですね
400曲以上ある

僕たちの楽曲の中から
メンバーで選曲した

アルバムになります。
ぜひ 聴いてください。

そして 11月1日の全国ツアー

最終日は 生配信もあるので

ぜひ そちらも
チェックしてください。

よろしくお願いします。

[次週]

[芸能人たちが…]

[FOD TVerでは
一人反省会も]