林修のニッポンドリル マクドナルド&大阪王将!人気番付SP[字] …の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

林修のニッポンドリル マクドナルド&大阪王将!人気番付SP[字]

▼マクドナルドの秘密が明らかに!
バーガー&サイドメニュー人気1位は?
▼大阪王将 禁断の工場に潜入!
餃子・炒飯以外の売上1位は?

番組内容
今夜の『林修のニッポンドリル』は「マクドナルド人気番付」&「大阪王将売上番付」!

「マクドナルド人気番付」では、国内およそ2900店舗を誇るハンバーガーチェーン界の絶対王者・マクドナルドが日本上陸50周年を記念して、今回特別に『林修のニッポンドリル』に全面協力!「バーガー」と「サイドメニュー」の2大ジャンルの人気ランキングを大公開していく!
番組内容2
マクドナルド 人気番付
▼絶品パティ超巨大工場大公開
▼ギャル曽根が全部食べ
▼あばれる君が極秘施設に潜入

「大阪王将売上番付」では、創業52年で昨年の売上は300億円を記録するなど、いま乗りに乗っている中華料理チェーン・大阪王将の売上番付を発表していく。不動のトップ2の「餃子」と「五目炒飯」を抜いたメニューの中から売上1位をスタジオメンバーが大予想!果たして、売上1位に輝く1品とは!?
番組内容3
大阪王将 売上番付
▼大人気「冷凍餃子」の秘密が明らかに!
▼衝撃のスーパーマシンが登場
▼りゅうちぇるが社長に禁断の質問?

大人から子どもまで家族みんなで楽しめる『林修のニッポンドリル』を、ぜひお楽しみいただきたい。
出演者
【MC(担任)】
林修 
【副担任】
ノブ(千鳥) 
【学級委員長】
風間俊介 
【パネラー】
井森美幸 
みちょぱ(池田美優) 
川島明(麒麟) 
井上清華(フジテレビアナウンサー)
スタッフ
【チーフプロデューサー】
武田誠司 
【プロデューサー】
大和田宇一 五十嵐元 高橋陽平 中村倫久 
【演出】
疋田雅一 
【制作協力】
ワタナベエンターテインメント ハイホーTV ほか 
【制作著作】
フジテレビ

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
情報/ワイドショー – 暮らし・住まい
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 川野
  2. 川島
  3. 池田
  4. 井森
  5. 風間
  6. シェイク
  7. 曽根
  8. バーガー
  9. 井上
  10. ナゲット
  11. ビッグマック
  12. 今回
  13. 女性
  14. チーズ
  15. マクドナルド
  16. パティ
  17. 餃子
  18. ホント
  19. 若菜
  20. 人気

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
扶桑社
¥2,530 (2021/10/24 19:30:46時点 Amazon調べ-詳細)

(ノブ)うわ~!

[日本上陸 50周年を記念して

今回 特別に
『ニッポンドリル』に…]

[2大ジャンルの
人気ランキングを 大公開!]

[バーガー部門 上位10品は

こちら]

[チーズが入った
定番メニューや

甘辛ソース たっぷり!
てりやきシリーズ]

[サクサク フライ系バーガー]

[さらに 最近 仲間入りした
新星バーガーまで]

[果たして この中で
人気ナンバーワンは

どれなのか?]

[スタジオ1位予想 一番人気は

井森さん みちょぱが選んだ
てりやきマックバーガーですが…]

[今回は 民放各局
朝の情報番組出演者が 勢揃い]

[負けられない
帯番組対決でもあるのだ]

(風間)ダブルチーズバーガー。

取りあえず ダブルチーズバーガー
っていう感覚 ありますよね。

やっぱり…。

あれじゃ…。

そうなのよ! 僕は もう
ビッグマックにしたんすけど。

さあ 林先生が…。

(林)僕は そこ もう…。

店で ハンバーグ 食べよう
っていうときに…。

(池田)あ~!
結構 大事 目玉焼き。

さあ 井森さん てりやきと。
何か 女性…。

みちょぱも
てりやきマックバーガーなんだ。

(井森)迷った!? なんだ。

さあ 井上さん。
(井上)えびフィレオ。

迷ったんですけど。

昇格したんですよね 確か。
(池田)じゃあ…。

さあ 川島さん。
(川島)フィレオフィッシュ。

でも…。

という意味では マクドナルド界の
博多 大吉じゃないかと思って。

だいぶ いいですね。
いくよ・くるよ師匠も

お魚のパンって呼んでましたから。
やはり これは 安心できると。

[それでは 参りましょう]

[あのバーガー]

(川野)第10位は…。

レギュラー争奪で 優勝って
えびじゃない?

(井上)待って 待って!
負けられないんですよ 今回は。

今回…。
(風間)えびじゃない?

やめて! やめて!

(川野)
てりやきチキンフィレオです。

よかった!
これも いいのよ。

[サクサクなチキンパティに

てりやきソースを絡めた…]

[濃厚な甘辛てりやきソースと
マヨソースは

相性抜群!]

[2018年 お客さんの…]

(曽根)もう…。

私 学生時代…。

[マクドナルドの大ファン
ギャル曽根が…]

(曽根)うん! このね…。

何か こってりし過ぎず…。

[そう! てりやきチキンフィレオの
マヨソースは どこか…]

[てりやきソースと
マヨソースの組み合わせは

重くなり過ぎる印象があるが
チキンフィレオは…]

[そこには…]

(若菜)マクドナルドの
マヨソースなんですけど…。

(若菜)それは 何でしょうか?
(曽根)え~!

(若菜)マヨネーズタイプなんで…。

(若菜)プラスアルファで。

[そこで 答えを探るため…]

でも 結構…。

(若菜)はい。

[井森さん
10秒以内に お答えください]

え~!? 酸っぱい物…
あっ あれじゃない?

グレープフル… あ~!
酸味がある。

キウイも…。

(若菜)正解です。
(曽根)お~!

[そう。 隠し味に
レモンを使う この工夫が

人気トップ10入りのバーガーを
生み出しているのだ]

[続いて…]

[独特のニックネームで呼ばれる
人気バーガーが ランクイン]

独特の…。

先生じゃない? 先生。

(川野)第9位は…。

(池田)独特でしょ?

自ら 先生
そっちに 歩みに行った。

(井森)完璧に言ってたもん 先生。
(池田)どれ?

エグチじゃないの?
あれ 振り? 俺。

(川野)エッグチーズバーガーです。

[マクドナルドならではの
特徴的なタマゴに

ビーフパティ
チェダーチーズの黄金比]

(曽根)うん!

(曽根)この 溶けた…。

[そう!]

[それを生み出す秘密が
厨房にあるというのだが…]

[発見したのは
スーパーマシン…]

[月見バーガーはじめ
マクドナルドのプリプリタマゴ

実は 全て 各店舗で
このマシンを使って

作られていた]

[今回は 特別に
このマシンを使った

プリプリタマゴの作り方を
見せてもらえることに]

[まずは 殻が入らないよう
特別設計された 丸い部分で

卵を割り 型の中へ]

なってるよね 確かに。
ちょっと 外に出てくるんだよね。

[黄身を トングで ひとつまみ]

[こうすることで
火の通りが 良くなり

生焼けを防げるというのだ]

[四角い枠に
ぬるま湯が入れられると

四隅の小さな穴から…]

[ぬるま湯を
この枠に入れることで

ベストな蒸し焼きにするための
ぬるま湯の量

さらに 落ちるスピードまでも
計算されていたのだ]

[フタを開けると…]

[プリップリなタマゴが
完成]

[各店舗で 一つ一つ
丁寧に焼いているからこそ

ふっくら プリプリの
あつあつタマゴが できていた]

[そして プリプリタマゴを
引き立てるのが

ジューシーな…]

[マクドナルドの
パティといえば

牛肉そのものの味わいや
ジューシーさが 人気]

[そこには…]

[再び…]

[バーガーの命ともいうべき…]

[企業秘密 その1]

[中に入ると…]

[巨大な…]

[こちらは…]

[さらに 先へ進むと…]

[マクドナルドのパティは
肉そのものの味わいを

出すため…]

[実は ビーフのおいしさと
ジューシーさを引き出すため

赤身の割合が多い肉に
脂身の多い肉を

絶妙な割合で 加えていた]

[その後 成型し…]

[低温管理された状態で
お店へ運ばれるのだが

ここで 2つ目の秘密]

[一気に…]

[実は 厨房に…]

[それが こちら]

[鉄板に パティを並べた
次の瞬間…]

[自動で 上の機械が下り
パティに フタをした]

[実は これ
上側も 鉄板になっており

パティを…]

[パティを 鉄板で挟み
両面 一気に加熱することで

うま味が逃げず
ジューシーなパティになるという]

[続いて…]

てりやきだ!
違う 違う 違う!

(風間)「いつの?」じゃないよ!

(川野)第8位は…。

最近ですよ 最近の。
前のも 経験してる!?

(風間)あっ サムライじゃない!?
あっ! ホントだ。

(井上)確かに。
(池田)名前的にも。

(川野)サムライマック 炙り醤油風
ベーコントマト肉厚ビーフです。

[食べ応え 抜群!]

[大人のために作られた
バーガー]

[その名も…]

[大人でも 満足できるよう
ボリューム満点なパティ]

[その厚さ…]

[さらに ソースも 大人向け]

[タマネギの甘さと
ニンニクのコクが がつんとくる]

[チーズは
野菜との相性抜群な…]

[名前の 「サムライ」は
日本の大人に愛される商品を

目指したから]

[東京オリンピックの取材に
来ていた イギリスの新聞記者も

こんなツイートを]

[大人たちが こぞって
ハマる サムライマック]

(井森)これ 食べてみたい。

[さらに…]

[そう!
さらに こだわったのは

サムライマックだけの…]

[この切り込みこそ
サムライマックの証しなのだが

ここにも…]

[実は この…]

[そこで 答えを探るべく…]

[中には 大量の…]

[すると 次の瞬間…]

(川島)切られてる!

[一瞬で入る 切り込み]

[切り込みを入れている正体は
何と…]

[水で バンズを切るという…]

[果たして この…]

[みちょぱさーん!
10秒以内で お答えください]

えっ? 難しい。
侍じゃないのか…。

でも あの…。

指を… 指を掛けれるように。

(曽根)あっ そういうことですか。

[実は この切り込み

より 侍らしさを出すため…]

[と 味だけでなく 見た目にも
こだわったバーガーが

生み出されていた]

[続いて…]

[発売から 50年]

今も 愛され続ける定番は
みんなか。

川島さんの あるね。
いや そうやね。

(風間)てりやきじゃない?
(井森)やめて やめて! やめてよ。

ビッグマックも 定番だよ。
[果たして!?]

(佐藤)くりかえす疲れ目でお困りのあなたに!

《「スマイル40プレミアムDX」!》

この商品 目の疲れかすみを

《治すんです!》
(伊津野)《なるほど! 助かるね!》

薬局・薬店まで
茶色が目印!
《スマイルDXシリーズ!》

[果たして 第7位は!?
さらに…]

(川野)第7位は…。
(池田)定番でしょ? チーズ?

(井上)チーズも あり得ますね。
(風間)てりやきじゃない?

やめて やめて! やめてよ。
(風間)ビッグマックも 定番だよ。

やめて! やめてよ やめて。

(川野)フィレオフィッシュです。
あ~! 川島さん! 7だ。

[サックサクな
白身魚フライに

たっぷりのタルタルソースが
掛かった

大人気の定番メニュー]

[日本でも
1号店が オープンした…]

[その おいしさの秘密は…]

おいしい!

[だが このフライの形を見て
気になることは ないだろうか?]

[魚っぽくない…]

[そこで
この秘密を探るべく…]

[工場があるのは
何と アラスカ!]

[この工場に 船が着くと…]

[こちらの魚は…]

[しかし…]

[工場内を見てみると…]

[これは 通るだけで…]

[さらに 一つ一つ 丁寧に

手作業で 血合いや 骨を除去]

[そして この後 いよいよ…]

[ここで 行われているのは…]

[白身だけになった魚を
何重にも重ね

ケースいっぱいに 敷き詰める]

[そして…]

[スケソウダラの入った
箱ごと…]

[この…]

[何と…]

[すると 冷凍庫から出てきた
スケソウダラは

ご覧の ブロック状に]

[このブロックを…]

[そのまま 衣…]

[完成]

[フィレオフィッシュに
使われていたのは

プレスすることで 凝縮された
スケソウダラのフライだった]

[そして
フライを引き立たせるのが

他のバーガーとは違う…]

[普通のバーガーのバンズと
比べると ご覧のとおり]

[実は このフワフワバンズにも
驚きの企業秘密が]

[まったく…]

えっ!?

一緒なの!?

[何と バンズは
同じ物を 使用しているという]

[しかし なぜ 同じバンズでも

ここまで
フワフワ度が違うのか?]

[その…]

[では フィレオフィッシュを
見てみると

何やら
普通のバンズと 違うマシンに…]

[そして ボタンを押すと
何やら…]

[そう…]

(若菜)基本的に…。

[店舗で
丁寧に 蒸しているからこそ

フライを引き立てる
フワフワ食感が

生み出されていた]

僕 フィレオフィッシュ
いつも 頼んで…。

あ~! ホントだ。
箱ということは あの…。

努力だったんですね。

[さらに
バンズで 忘れてはいけない…]

[このマフィンを見て
皆さん 何か 気になることは

ないだろうか?]

[この 上に掛かった粉
いったい 何なのか?]

あの粉みたいなやつね。

[粉の…]

[中には…]

[巨大マシンで混ぜられる…]

[この生地が 丸まった先に
あったのは…]

[これが
上に掛かった 粉の正体]

[いったい これは?]

(當山)これは…。

[そう。
マクドナルドのマフィンは

トウモロコシの粉を まぶしてから
焼き上げられる]

[この一手間があるからこそ

焼き上がったときに
絶妙な香ばしさのマフィンを

生み出しているのだ]

[続いて…]

ヤバいかもしれない!
(井森)大丈夫。 みちょぱ 大丈夫。

(川野)第6位は…。
(井上)ビッグマックもあります。

(川島)ビッグマックも 危ないんちゃう?
ビッグマックは まだ こないでしょ。

井森さーん!
(井森)大丈夫! 自分を信じて!

井森さん…。
ここまで 信じて やってきたから。

(川野)チーズバーガーです。

[いつの時代も
愛され続ける…]

もう みんな。

何か チーズバーガーって…。

[実は このチーズにも…]

[チーズを 世界共通の味にする
チーズのスペシャリスト]

[工場には 様々な国から…]

[入ってくるため
味や 香りを 確かめたり

指で 弾力も チェック]

[味が 一定になるよう
チーズの配分量を 決めている]

[普段から
刺激が強い食べ物を避け

舌に 磨きをかけた
スペシャリストが

味を守っているから

全世界 同じ味のチーズバーガーが
食べられるのだ]

[あのバーガー]

サムライか えびフィレオ。
(井森)えびフィレオじゃない?

(川島)えびか サムライ。

(川野)第5位は…。

エビちゃん あったね。
エビちゃんかも。 ちょっと待って。

どうだ?

(川野)えびフィレオです。
あ~! えびフィレオだ!

エビちゃんの方だ。

[サックサクの えびカツに
オーロラソースで

女性にも 大人気]

出た! カワイイ。
(風間)どんぴしゃですね。

(蛯原)
えびの数だけ 幸せになるね。

(蛯原)えびを たっぷり使いました
えびフィレオ 今だけ。

[2005年 発売当時…]

[CMは
瞬く間に 話題となり…]

[その…]

あれっ? ソネちゃん?
(風間)ソネちゃん。

[そう…]

[生地に えびを
殻ごと すりおろしたペーストを

加えることで 強いえびの風味を
作り出している]

[数年ごとに
改良を重ねたことで

見事 5位に!]

[と ここで 番組が
視聴者に 事前調査したところ

こんな要望が]

[確かに…]

[そこで…]

[ですが…]

[との回答が]

そうなん!?

[続いて…]

ダブル~!
待って 待って 待って。

サムライだよ サムライ。

(川野)第4位は…。
(風間)サムライにも ダブルって書いてる。

これは かわいそうだよ。

ヤバい。 風間君 ピンチ。
サムライだって。

風間 ピンチ!
まれにある 確定演出ですよ。

(池田)きた。 ダブチだ もう。
(川島)ダブルって言ってますもん。

(川野)サムライマック
炙り醤油風ダブル肉厚ビーフです。

うわっ! セーフ!

[炙り醤油風ソースに
ボリューミーな…]

お~! これは もう…。

(曽根)やっぱ…。

ネーミングがいいね。

[このサムライマックシリーズをはじめ
マクドナルドでは

期間限定から 人気に 火が付き

レギュラー化されるメニューも
多い]

[そこで 今 レギュラー化に
最も近いと噂の バーガーを

紹介]
てりたま きてくれ。 てりたま。

[それが…]

[最初に発売されたのは
去年の2月]

[にもかかわらず
あまりの人気っぷりに すでに…]

[期間限定で…]

[そこで 今回 こだわりの
ごはんバンズの工場に

何と 50周年を記念し
『ニッポンドリル』が…]

[運ばれてきたのは…]

[使用しているのは…]

[それを そのまま 火にかけ…]

[そして…]

[丸いバンズ形に]

[ご飯の粒感を 損なわないよう

押しつぶし過ぎず
ちょうどいいあんばいで

成型している]

[バンズ形になった ご飯は
素焼きされ

醤油を噴射して
再び 焼き上げたら

最後に 急速冷凍]

[その後 店舗で温めれば

ふっくら もちもち食感
醤油が香ばしい

ごはんバーガーの完成]

用意できるって すごいですよね。
(池田)確かに。

[そんな…]

[確かに 月見バーガーをはじめ

グラコロ てりたまなど
魅力的なメニューが

1カ月程度しか
販売されていない]

[との回答があった]

[マクドナルド人気番付も
いよいよ トップ3]

[残すは…]

ビッグマック 頑張ってるよ。
えっ!? ちょっと待って。

個人的には てりやきマックバーガーが
一番好きなんで。

おいしいもんね。
てりやきなんすけど

やっぱり これが 不動なんじゃ
ないかなっていうのと 結構…。

たれがね ここに付くんですよね。
何か うわーって こうね。

[それでは…]

ヤバいかも! どっちだ?

89年 てりやきじゃない?
(井森)てりやきじゃない。

ダブルチーズバーガー もうちょっと
後だった気がするな。

(川野)第3位は…。
ビッグマックは 当初からか?

(井森)じゃあ
ダブルチーズバーガーじゃない?

やめて。 ヤダ! やめて!
てりやき。 俺と 同期だもん。

俺 社会人 89年だから。
聞いてない そんなの。

聞いてないです。
やめて!

(川野)てりやきマックバーガーです。
(池田・井森)うわ~!

てりやきマック。 同期だ。

えらい…。

と思って。
ごめんなさい ごめんなさい。

[たっぷり]

[その…]

(曽根)うん!

(曽根)何回 食べても
おいしいですよね。

[そう…]

[日本人好みの 上品な甘さを
出すための隠し味は 何と

りんごピューレ]

[りんごピューレを
入れることで

口当たりのいい てりやきソースに
仕上がるという]

[さらに
こだわっているのが…]

[いったい…]

[そこで 今回 特別に…]

[マクドナルド提携農家さんの
取材が できることに]

[この時期のレタスは
長野県産を使っているという]

[この方が…]

この人 もう…。

[実は…]

[何やら…]

[実は この箱状の物こそ…]

(池田)何?

[その名も…]

[こちらは…]

[マシン]

[このマシンを
畑の すぐそばに設置することで

収穫直後の シャキシャキ感を
キープできる]

[さらに 店舗の野菜ストックも

冷たさを維持できるよう
冷却機能付き]

[収穫直後から 店舗まで
冷やし続けるため

シャキシャキレタスの
てりやきマックバーガーが

できるのだ]

[マクドナルド人気番付
残るバーガーは 2つ]

はい きた!

分かんないな これ!
ビッグマック。 風間君か 俺か。

[1位が決まる
第2位のバーガーは…]

[人気ナンバーワンは 果たして!?
さらに サイドメニュー番付で

大波乱]

[1位が決まる…]

うわっ!
(風間)どっちもだよ。

でも ビッグマックじゃないですか?
(池田)ビッグマックっぽいな。

(川野)第2位は…。
これ キャラクターにもなってるもんな。

(風間)でも どっちもなんだよな。
マクドナルドといえば。

ダブルチーズもあるよ。
こい ビッグマック!

「こい」じゃないわ。

(井森)駄目なのよ きちゃ。
きちゃ駄目だ…。

(池田)どっち!?

(川野)ビッグマックです。
あ~!

きた。

[チーズと…]

[さらに 3枚のバンズと
食べ応えも ビッグ!]

[その…]

(曽根)うーん!

(曽根)やっぱ こうやって…。

(曽根)というか…。

(曽根)
ちょっと して おいしいです。

(若菜)そうですね。

[マスタード ピクルス
さらに スパイスが合わさった

ビッグマックだけの
特別ソースには ファンも多く

何と…]

[話題に]

何これ!?

300万個 いるやろ。

[と ここで
ソースとも 相性抜群な…]

[マクドナルドでは…]

[そんな 大量のバンズを…]

[そこで 今回 埼玉県の…]

[中に入ると…]

[この…]

[斜めの隙間を通り
次々と 丸くなってゆく]

何あれ!?

[優しく 丸めることにより

フワフワ食感が
生み出されるそう]

[その後…]

[そこには…]

[ここから 日本全国 2, 900店舗に
届けられるそう]

[ということで…]

[クリーミーなチーズと
パティが 2枚]

これは…。

やっぱ 私は もう ホントに…。

ダブルチーズバーガーが。

[ギャル曽根も
長年 好きな…]

(曽根)バーガーですよね。

(曽根)
この いつも マックで食べる…。

[そして ダブルチーズバーガーが
おいしい さらなる企業秘密]

[実は…]

[その謎ルールを調査するため

今回…]

[その名も…]

[そこに…]

(あばれる)どうも! 調査員の
1あばれ 2あばれ 3あばれ…。

何と…。

(スタッフ)駄目です。
(あばれる)何言っていいんですか。

極秘施設が。

[そう。 極秘施設のため…]

(あばれる)いやいや いやいや…。

だから…。

[いよいよ…]

しました。 そして…。

(あばれる)こちらにあるのが…。

(あばれる)へぇ~。 ここに…。

(あばれる)
広がってるんですけれども。

[果たして…]

お願いします。

(川島)何これ!?
(風間)店内じゃん。

[実は ここ…]

そのシミュレーションも
やってから 発売するんだ。

(當山)今日は 特別にですね…。

(あばれる)いやいやいや。

気を付けて。
(川島)スタジオMで よう言うたな。

[ということで…]

[教えてくれるのは…]

[川野さん…]

(あばれる)川野さん…。

(あばれる)シンクで 体 洗う…。

[マクドナルドでは…]

[そして 早速…]

(川野)トーストをしていきます。
(あばれる)ここ… そうなんだ。

[実は これ…]

(川野)トーストすることによって
ソースが染みにくく…。

(あばれる)パンが
ぶよぶよにならないように…。

[さらに ソースの容器にも…]

(あばれる)マスタードが…。
(川野)両手で 支えるようにして

持ってください。 で 真ん中に…。

(川野)打ちます。

(あばれる)おーい!

[実は この容器…]

[その名も…]

(川野)真っすぐ 打つと
これぐらいの量 出ます。

(川野)斜めに レバーを押すと
ちょっと 量が…。

(あばれる)あ~! 全然 違う。

[メニューによって
使い分けているが

これを使えば
誰でも 簡単に 1プッシュで

適量を出すことができる]

[ここからは…]

[スライスチーズを載せたら

ビーフパティを載せ…]

[このとき 重要なのは
バーガーを 逆さまに作ること]

[逆さまになっていれば…]

[そして…]

(あばれる)いや 50秒… 早っ!

[そう。 マクドナルドでは
スピーディーに 出来たてを

味わってもらうため
全てのバーガーを 50秒以内で

作れるようにしている
というのだ]

[実際 50秒で作ることは
可能なのか?]

[マクドナルド歴 10年の
腕前は?]

(あばれる)それでは よーい…。

(川野)そうですね。 ちょっと…。

(あばれる)
もう あっという間に…。

ここからだよね。
(川島)マスタード ケチャップ…。

(井森)いける?

(川野)プレッシャーですね それ。

(川野)完成です。

(あばれる)46秒です!

(あばれる)早いでございまーす!
(川野)ありがとうございます。

(あばれる)僕も 今の…。

[それでは あばれる君の挑戦]

(川野)よーい スタート。

はい 20秒。

(池田)待ってる間に…。
(川島)出しといて。

いい いい いい。
偉い 偉い 偉い。

シミュレーションしといた方がいいって。

(川野)今 もう… 15秒です。
(あばれる)早く 出てこいよ。

(川島)さあ くるよ。
きた! 出てるよ。

いけいけ… あ~!
何で 両手で取らないの?

(川島)マスタード ちょんの…。
(風間)ケチャップ…。

遅い 遅い 遅い 遅い!

(井森)トッピング。
(川島)これが 難しいんですよ。

タマネギ ピクルス 2ね。

(池田)チーズ やって…。

(池田)お肉ね お肉。
(風間)パティだよ パティ。

早く 早く!
(池田)何で こんな遅いの?

(井上)遅く 感じますね。
(川島)バイキングやん。

違う 違う 違う。
チーズの向きも 違う!

[ここで ハンバーガーの向きを
間違える 痛恨のミス!]

たたきつけた 最後。
(池田)ヤダな~!

(あばれる)あ~!

(あばれる)あと これですね。

(川野)そうですね。
ちょっと 間違えてしまったんで。

(川野)でも…。

(あばれる)
ありがとうございました。

包むとき
逆さにして 包んでるけど…。

へぇ~!
(川島)何か それ…。

言わないで。

[続いては…]

(川野)やっていきます。
(あばれる)きましたよ!

(川野)大好きですか?
(あばれる)大好きでございます。

(あばれる)『プリズン・ブレイク』の
ベリックみたいに食べるのが 好き。

[こちらが…]

[この冷凍庫にも…]

[下には
カゴが置けるようになっている]

[そこに…]

(あばれる)えっ!?

(あばれる)
奥に ボタン ありますよね?

(あばれる)あれに当てる?
(川野)それで 出てくるように。

[ボタンを押すだけで…]

[スーパー冷凍庫なのだ]

(川野)
では ここに入れていきます。

(川野)こちらに。
(あばれる)イェーイ!

(川野)上に上げて ポテト同士が
くっつかないように 一度

シェイクをしてもらって
もう一度 油の中に。

[そして…]

[仕上げで使うのが…]

[実は これが ポテトを…]

(川野)掛けることによって
適量 出るので

誰でも 同じ塩味を出せます。
(あばれる)うわ~!

[もちろん これも…]

[そして 最後は…]

[しかし これにも…]

(川野)これ…。

(川野)それの分の量ぐらい…。

(あばれる)うわっ うまそう!

[たった1回で
しかも 縦に揃えて

入れなければならない]

(川野)ポテトをする…。

(あばれる)いきます。
見逃さないでくださいよ。

[塩を振ったら
いよいよ 最大の難所 盛り付け]

[よそう…]

(あばれる)こういう感じかな?

(あばれる)うわっ!
こんな経験 できねえよ。

(あばれる)いくぞ。

(川島)多くない? 多いやろ?

でも でも… あっ!

上手 上手。

(あばれる)イェーイ!

(川野)すごい…。

(あばれる)このズズズズズッてのが?
(川野)びっくりしちゃいました。

(あばれる)そうですか。 一応…。

言わないで 言わないで。

[続いては…]

[ただし…]

[そこで…]

[ポテトを除いた
こちらの10品から

一番人気を 予想してもらう]

[サイドメニューからは
セットの定番や

お手頃シリーズなど 5種類]

[スイーツは
王道 シェイクを筆頭に

ロングセラー商品が
ラインアップ]

[果たして
一番人気に ランクインするのは

どのメニューなのか?]

[スタジオ1位予想 またもや
井森さんと みちょぱは

一緒! マックシェイク]

シェイクは…。

てときに…。

分かる!

あ~ なるほどね。
他にもさ…。

イチゴですけど。

チキンマックナゲット。
(池田)最近…。

あるのよ!
おいしいやつ。

話題が。

もちろん チキンマックナゲットも
迷いましたよ。

この もう…。

クラッシュオレオ!

毎回 食べた後…。

いうぐらい…
先生が ホットアップルパイ。

おいしい。
全体的に…。

少し…。

さあ 川島さんが…。
サイドサラダ。

バーガーと ポテトと
プラスってなれば

こっち いくんじゃないかな
っていう。 ナゲットとか

その3つを こう…。

とか言ってきよるんですよ。
「うわ~…」

とか言ってくるけど
これ 置いときゃ…。

大義名分! 「野菜 取ってますけど
何ですか?」って言えますから。

[それでは 参りましょう]

ヤバくない?
シェイク? アップルパイ?

(川野)第5位は…。
(風間)ナゲットも 定番だよね。

(池田)ナゲットは まだだと思う。
ナゲットは 1位か 2位でしょ。

(川島)シェイクは?

ヤダ ヤダ ヤダ ヤダ! ヤダ!

ヤダ!
ナゲット 意外とくる?

(川野)ホットアップルパイです。
先生 早っ!

[第5位に ランクイン!]

[人気の秘密は…]

[そこには ギャル曽根が…]

加熱してるだけなのかなと
思ってたんですけど…。

[実は…]

[アップルパイは…]

[この…]

[だからこそ 中の…]

[さらに 近年では
アップルパイが進化した

限定メニューも 発売]

[特に 人気なのが
冬限定の…]

これ うまいよな。

[濃厚チョコソースを包み込む
生地は

何と 48層にも重なっており…]

[続いて…]

味変!? あっ! 味変は…。
ナゲット?

そんなこと あります?

(川野)第4位は…。
(井森)味変だから…。

(風間)シャカチキ?
(井上)シャカチキだ。

シャカチキの
何か パウダー違いね。

シャカね。
シャカ。

(川野)シャカチキです。
シャカだ。

[2種類から選べる
パウダーでの…]

[シャカシャカ 振るのも楽しい
遊び心あふれる 一品]

(曽根)うん! すっごい…。

(若菜)実は…。

(曽根)これ チキンフィレオの
チキンなんですね。

[そう!
実は シャカチキは…]

[続いて…]

シェイクだ! あっ!

フルーリーもですよ。
(井森)そうだ。 アイス アイス。

(川野)第3位は…。
(風間)シェイクか フルーリーだよ。

これ オールシーズンだから。
(風間)でも ソフトツイストより

シェイクか フルーリーだな。
(池田)シェイク 冬でも 飲みたくなる。

(井森)オレオじゃない?
やめてくれ! やめてくれ!

(川島)オレオだ。
ツイストやろ? あ~ きた!

(川野)マックフルーリー
超オレオクッキーです。

あ~! 3位か。
まあまあまあ 頑張ったわ。

[2019年 期間限定から
レギュラーメニューに昇格]

[人気の フルーリーシリーズに
オレオが たっぷり入った…]

(曽根)でも ちょうど この…。

(曽根)混ぜても
全然 サクサクしてる。

[あまり 聞きなじみのない
フルーリーという言葉]

[実は 疾風という意味]

(若菜)できて。 そこに
ブリザードというアイスクリーム 出て

その後に…。

[疾風と名付けたのは…]

[サイドメニュー人気番付
いよいよ 第2位!]

[スタジオメンバーの予想で
まだ 出ていないのは

この3商品]

まだだよ!
ナゲットか シェイクやろな。

[それでは…]

どうだ!? お手頃サイズ…
シェイクだ!

[果たして 第2位は!?]

[マクドナルド人気番付 1位は!?
さらに…]

[それでは…]

(川野)第2位は…。
(川島)サラダも ヤバいね。

サラダ 2位やったら
すごいっすもん!

えだまめコーン。
えだまめコーンもあるよね。

ヨーグルト?
(井上)プチパンケーキもあり得る。

あり得ます。
(池田)え~ やめて!

(川島)ちょっと待って。

(川野)サイドサラダです。

すごい!
(川島)いや~…。

[シャキシャキレタスに
見た目も美しい

2色のパプリカと
紫キャベツ入り]

[ドレッシングは…]

[2種類から選べる
サイドサラダが ランクイン]

[そして…]

そうそう。
このカップが 素晴らしい。

[そう。 フタをすれば…]

この形状だから
こうやって 振れて…。

(曽根)満遍なく
味を楽しめて いいです。

[ちなみに
サラダのレタスは…]

[サラダにも
ぴったりだという]

[それでは いよいよ 第1位!]

[今回 殿堂入りした
サイドメニューの絶対王者…]

[これにも…]

[ポテトを…]

[そう…]

[凸凹のジャガイモを
全て 同じ太さにカットする

驚きの技法とは!?]

[ポテト製造工場があるのは…]

(井上)うわっ すごっ!
(井森)全部 ジャガイモ?

[とんでもない数の…]

[ジャガイモが…]

[そして…]

[一瞬なので
しっかり ご覧ください!]

うわ~! 気持ちいい!

≪気持ちいい!
(井上)うわ~!

[ジャガイモが…]

[時速101キロの 高速水流で

ジャガイモを押し出すことで

全てのポテトが
ほぼ 同じ太さになるという]

[そして…]

[こうして
世界の店舗に 運ばれていき…]

(井森)うん。 分かる。
もう… もう…。

やめとけ! って。

[いよいよ 1位の発表!]

[スタジオメンバーが選んだ中で
残るのは この2つ]

[果たして 1位は!?]

(川島)どっちや?
どっちだ?

ナゲットか シェイクか。
シェイク シェイク。

これ たぶん やるから…。

あっ そうなんだ!
これ だから やっぱね…。

(川野)第1位は…。

どっちかが でも 圏外ですよね。
(井森)シェイクじゃない?

(池田)シェイク! お願い!

[果たして 1位は!?]

[それでは 参りましょう]

これは どっちや?
(風間)天ぷらの発想でしょ。

いやいや シェイクも 結構…。

(川野)第1位は…。

どっちかが でも 圏外ですよね。
そうですね。

それが あり得ない。

まさかのパンケーキですかね。

パンケーキ ありますよ これは。
(池田)お願い! シェイク!

シェイク いけ! シェイク いけ!
シェイク いけ!

ナゲット ナゲット ナゲット!

(川野)チキンマックナゲットです。
(風間)きた~!

2冠だ 風間君。

[1984年 日本で発売]

[セットメニューでも 定番の…]

[何と 当時の…]

えっ? シェイク 圏外!?

シェイクが 圏外って…。
あり得ないんだけど!

[今なお 続く…]

いただきます。

これ 何だろう?

[そう。 独特な…]

[実は この…]

[生み出されたものだと
いうのだが

いったい 何を
ヒントにしたのでしょうか?]

[井上さん!
10秒以内で お答えください]

風間さん。

これは もう…。

いくしかないですよね。

揚がってます。 何ですか?
(池田)日本の?

日本の…。

え~! 「え~!」じゃねえわ。

[チキンマックナゲットの
生みの親は

マクドナルド社のシェフ…]

[ナゲット誕生の きっかけは…]

[実に…]

[そこで 思い付いたのが
当時 鶏肉に付けることは

ほぼ ないという
日本では なじみのあるもの]

[その材料は…]

[向かったのは
日本のナゲットを作っている

タイの製造工場]

[中に入ると…]

[人の手で…]

[鶏肉が…]

[ちなみに…]

[一つ一つ 形が違うのが分かる]

(風間)
そうなの!? 偶然だと思ってた。

[実は ナゲットは 全て
4種類の形に 分かれており

それぞれに
名前まで 付いている]

(井上)えっ!?
(井森)4つって 決まってるんだ。

[そして ここからが…]

[使われている。 それが…]

[実は これ…]

[さらに 天ぷらとの共通点は
粉だけではない]

[ナゲットが…]

これで。

ただね あの~…。

製造工程が
天ぷらっていうのを…。

えっ! マック王 剥奪ですか!?
もちろんです。

[続いての売上番付は…]

[今 まさに ノリに乗っている
中華料理チェーン店]

[およそ60種類ある
メニューの中でも

不動の人気を誇るのが…]

[そして…]

[今回は 餃子と 五目炒飯の…]

[この2つを抜いたメニュー
上位10品から

売り上げ1位を 当てていただく]

[中華料理の定番
ラーメンや 焼きそばといった

麺系メニューから…]

[王道ご飯系メニュー]

[さらに
海老チリや 酢豚といった

こだわりの一品料理まで]

[果たして この中で
売り上げナンバーワンは

どれなのか!?]

[スタジオの1位予想
何と 今回も

井森さんと みちょぱは
同じ 中華丼を選択]

やっぱ…。

姉さんほどには いけませんよ。
(井森)これね ちょっと…。

ちょっとさ…。

ふわとろ天津炒飯に
したんですけど…。

もう 2品で ヘルシーに
帰ろうかなって思って…。

それ うまいよな。
もう 誘惑がね…。

醤油ラーメン。
もうね 人間は…。

確かにね。 ホントだ。

皆さんの おっしゃること
ホント 正しい。

素晴らしいです。 今ね…。

あ~。
今 全分野 のみ込んだから。

いや 俺 マジ…。

ホントに 今回は。
どうしたんかな?

いやいや 読めますよ。

白ご飯にも もちろん おいしいし
ビールと 酢豚とかも いける。

僕は もう。
(池田)分かりやすい!

[それでは 参りましょう]

[第5位は…]

モチモチ感!?
(川島)モチって 何?

(女性)第5位は…。
(川島)焼きそば!?

(井森)あんかけラーメン?
(井上)あんかけラーメンもありますね。

(井森)ラーメンもあるね。
全然 あるよ。 担々麺 醤油ラーメン。

モチモチ麺。
麺割れしてないっすか?

(女性)担々麺です。

[肉感たっぷりの…]

[ピリッと
うま辛なスープが特徴の…]

[第5位]

[その…]

(りゅうちぇる)こんばんは。

イェイ。

ホントだ!

[そんな りゅうちぇる
実は 2カ月に1回 通うほどの

大阪王将好き]

いただきます。

(りゅうちぇる)うーん!

(りゅうちぇる)すごく
食べ応えのある感じで この…。

(りゅうちぇる)
感じが すごく しますね。

[そう。 人気の秘密は

うま辛スープとの相性
ばっちりの モチモチ麺]

めちゃくちゃ おいしい。
全然 止まらない。

そんなに?

分かったって。

[まさに
箸が止まらなくなる…]

[実は 大阪王将では
麺を作る際に…]

[させたという]

[早速
その製麺法を 調査するため

群馬県にある テレビ初公開となる
自社製麺工場へ]

[中へ入ると そこには…]

[近くで 見てみると

ローラーで延ばされた先に

また ローラー]

[そして その先も ローラー]

[いったい これは 何なのか!?]

[そう。
モチモチ感を出すために

麺を延ばす回数を
増やしていた]

[回数を増やし
コシのもととなる…]

[続いて…]

違うな。

(女性)第4位は…。
(風間)唐揚げ おっきいよね?

終わりだ 先生。
(風間)唐揚げですよ 絶対 唐揚げ。

(川島)特大って 1個だけちゃう?
特大… レバニラじゃない?

レバニラ 特大じゃないもん。
(池田)先生 終わり もう。

俺?
先生 終わりだ。

(女性)鶏の唐揚げです。

[カラッと揚げた
大きな肉を

1 2 3 4 5と

5つ 盛り付け]

[ジューシーな味わいが
魅力の…]

[第4位]

おっきい!

ないよ。

ほらっ。

[実は 大阪王将が お薦めする

唐揚げアレンジレシピの中には…]

[それが…]

え~!

(りゅうちぇる)
メイプルシロップですよね?

(りゅうちぇる)
え~! おいしいんですか?

[一見 合わなさそうな
組み合わせだが…]

え~! キャベツ いるよ。
(川島)取りあえず 1個だけ!

かまします。

(りゅうちぇる)
ちょっと 一気に…。

(りゅうちぇる)デザート感覚
みたいには なったんですけど…。

(りゅうちぇる)
めっちゃ おいしい!

とっても おいしいから
食べてみ?

めっちゃ やってる!

やってる? 今 ワイプで。
ワイプで あーって やってる?

やってないでしょ?

何で もう1回 いくねん!

頭 おかし…。

ちゃんと やれよ 川島!
(川島)何やねん? こいつ。

[続いて…]

[人気の あのメニュー]

あっ ヤバい!

あっ 中華丼だ!
あんかけ そうじゃない!?

(女性)第3位は…。

あんかけラーメンか 中華丼か。
(井森)やめて!

(池田)酢豚も 具 いっぱい…。
そうか! 酢豚もあるね。

酢豚もあるよ!
あるよ あるよ。

(川島)まだ 光らないで。
(池田)駄目! 駄目!

(女性)中華丼です。
あ~!

[海老や 豚肉など
入っている具材は 9種類]

[具材のうま味が溶け出した
濃厚あんを絡めて 頂く

中華丼が 第3位]

(りゅうちぇる)うん! うーん!

とろとろ。

(りゅうちぇる)でも ホントに…。

[多くの常連客に
愛されてきた メニュー]

[そんな歴史ある 大阪王将に…]

切り込んだね これは。
「パクリ」って言わないでしょ。

[ちょっと 聞くのをためらう
この質問を…]

(スタッフ)りゅうちぇるさん…。

えっ!? 普通に…。

[ということで りゅうちぇる…]

(植月)どうも 初めまして。
大阪王将 社長の…。

「うえつき」です。 ごめんなさい。

「うえつき」で。

何か…。

すごい ハンサムで。

すごい カッコイイです。

[あったまったところで いよいよ
あの疑問を ぶつけてみた]

正直…。

ちょっと 何か
こんがらがっちゃうな みたいな。

あれっ?

そういう人が やっぱり
ちょっと 多いのかな みたいな。

あっ… 聞かれるんですか!?

えっと…。

[果たして
答えてもらえるのか?]

もともと 今のですね 現会長の

文野さんの お父さんが…。

(植月)して われわれは
大阪で やらせていただくんで

大阪王将っていう形で
名前を付けさせていただいて。

(植月)ですから
どちらとも 王将っていう名前で。

と思うんですよね。 でも
それぞれ お客さんが やっぱり…。

(植月)しっかりと…。

(植月)ていう思いで これまで
商売させていただいてます。

すごく…。

「ウエンツ」じゃねえわ。

[いよいよ…]

海老?
あ~ 海老チリね。

[この後
2位発表で 大波乱が!]

[いよいよ…]

高級食材?
(川島)えっ 酢豚?

(女性)第2位は…。
(池田)海老?

あ~ 海老チリね。
(川島)レバー?

(川島)でも 海老か。
(井森)海老チリね。

(井森)高級…。

うん 海老チリだ。

あれっ!? ヤバい!

(風間)えっ?

(女性)醤油ラーメンです。
(池田・風間)え~!

(風間)高級食材 使ってんの!?

[昔ながらの味わいの スープに

喉越し抜群の麺が 特徴の…]

いただきまーす。

(りゅうちぇる)めちゃくちゃ
おいしい! ってなるんだけど…。

[この醤油ラーメンの
味の決め手は…]

[実は 隠し味に ある高級食材を
使っているというのだが

川島さん 何を使っているか
10秒以内に どうぞ]

高級食材。 あら~!

めっちゃ うまいもんね。

1回…。

檜を染み込ませてる!?

[京都の ラーメンスープ工場へ
潜入調査!]

[中へ入ると…]

(池田)んっ? 何これ?

[ドバドバと
茶色い液体を入れている]

[これは 何なのか?]

(男性)今 入れたのは
金華ハムエキスになります。

[金華ハムは 独特の 熟成した
うま味と 塩気が特徴で

スープに…]

[自社製麺工場を持つ
大阪王将は…]

[スープに…]

[提供できるのだという]

[そして いよいよ…]

[大阪王将で 1日に提供している
餃子の数は 何と…]

[この…]

[工場には…]

[早速…]

(スタッフ)うーわっ!

(スタッフ)うわっ たくさん ある!

[中には…]

[工場では…]

[この量でも…]

[そして…]

[およそ150kg分の肉に

調味液などを混ぜ合わせ
さらに…]

[投入!]

[そして 餃子の皮作りで
登場するのが…]

[それが こちら]

[打ち抜きマシンで
打ち抜いた皮を 持ち上げると…]

気持ちいい! 気持ちいい!
(井上)すごーい。

こんな奇麗に 打ち抜かれてるの?
(池田)すげえ!

[こうして
餃子のあんと 皮が作られると…]

[1日 5万人前の
おいしい餃子が

提供されているのだ]

[そんな 人気メニューの
餃子に関して…]

[というもの]

[そこで
大阪王将に確認すると…]

[との回答が]

[そして 大阪王将の餃子で
忘れてはいけないのが…]

これ ホントに すごいよね!

[実は 今 大阪王将の…]

[人気の秘密は…]

[そして 何より 驚きなのが

業界初の フタいらずで
羽根付き餃子が作れること]

[そして…]

[すると 何やら
白いスープが溶け出してきた]

[実は
これが きつね色に焼けると

餃子の羽根になるのだ]

えっ!

僕…。

[実は…]

[餃子の皮に 通常より
多くの水を 含ませることで…]

[中のあんを しっかりと
蒸し上げているという]

[フタなし餃子は…]

(女性)第1位は…。
(池田)天津も あんか。

[この後
いよいよ 第1位の発表!]

[この中で
売り上げトップに輝くのは!?]

[この後 いよいよ 発表!
果たして…]

[いよいよ 1位の発表!]

あんやから…。
あ~ どっちだ!? どっちだ?

(女性)第1位は…。
(風間)どっちも あんだよ。

酢豚も あんは掛かってる。
酢豚も あんかな?

ふわとろ天津。
(池田)あんかけラーメン。

(川島)酢豚って もう
終わったんですか? あれっ?

「あん」とか 言わん方がええよ。
まだ 残ってますよ 酢豚も。

(風間)あん。

こい!

(女性)ふわとろ天津炒飯です。

当たった!

[炒飯の上に
分厚い卵を載せ

とろーっとした
醤油あんを掛けた

ボリューミーな一品]

[大阪王将名物…]

幸せそうだ。

(りゅうちぇる)
ホントに ふわとろ。 ていうか…。

(りゅうちぇる)それが
また すごく おいしくて…。

[厨房を見せてもらうと…]

(男性)こちらの…。

[何と
ふわとろにするための素が

存在したのだ]

[実際に
ふわとろの素を使って

調理してもらうと…]

うわ~! 神業。
すごい。

神業。
すごーい!

[ふわっふわに]

[ふわとろの素を
使っていない物と比べると

その差は 歴然!]

[ただ この ふわとろの素…]

[以上
大阪王将売上番付でした]

ありがとうございました!
当たりましたね! やっぱ…。

えっ?

えっ? 何か そんな 今まで
言ったこと ないじゃないですか。

(池田)色白?
(風間)色白?

(池田)歯も キレイ…。
ごめんなさい。

でしょうね。
何か おかしいなと思って。

一番 スベりました。
結構 長いこと やってるけど。