ホンマでっか!?TV【猫デキ愛芸能人の悩み▽ビジネス猫好き疑惑で大炎上?】[字] …の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ホンマでっか!?TV【猫デキ愛芸能人の悩み▽ビジネス猫好き疑惑で大炎上?】[字]

猫が好きすぎる!かまいたち山内ダレノガレ岩井森田峯岸の悩み▽猫を飼うと恋愛に興味が無くなる?猫好きは浮気性?猫派VS犬派でバトル勃発▽猫の謎行動を専門家が解説

ご案内
Twitter公式アカウント⇒@fujitv_honma 
https://twitter.com/fujitv_honma 

ホンマでっか!?マンのLINEスタンプが登場!!LINEスタンプの専用URLからアクセス 
http://line.me/s/sticker/1109236 
または、LINEスタンプショップにて「ホンマでっか」で検索♪
番組内容
▼「猫デキ愛芸能人」集団人生相談
今、空前の猫ブーム。かわいすぎて悩ましい?猫好きのささいな悩みから大きな悩みまで、飼い猫のかわいい写真がプリントされたTシャツを着た猫好きな芸能人のガチ悩み相談だ。
今回のゲストは、7年前から飼っている猫のために実家をリフォーム中の岩井勇気(ハライチ)、5匹の猫ちゃんと暮らす山内健司(かまいたち)、
番組内容2
5匹の猫のために高級専用家具をそろえたダレノガレ明美、昨年10月から猫のママになったばかりの峯岸みなみ、会長と専務という名前の2匹の猫のパパ・森田哲矢(さらば青春の光)の5人。「猫を飼うと恋愛に興味がなくなってしまう!」という悩みから「テレビセンサーの前にいつも寝転んでいる」無防備な猫の動画や「お風呂場に入ってくる」甘えた姿の動画など、悩ませてくるかわいい猫ちゃんの映像が盛りだくさん。
出演者
【MC】
明石家さんま 
【進行】
加藤綾子 
【パネラー】
磯野貴理子 
ブラックマヨネーズ 
EXIT 
【ゲスト】
岩井勇気(ハライチ) 
かまいたち 
ダレノガレ明美 
峯岸みなみ 
森田哲矢(さらば青春の光) 
【評論家】
牛窪恵(マーケティング) 
高木佐保(猫) 
武田邦彦(環境) 
中野信子(認知科学)
スタッフ
【チーフプロデューサー】
武田誠司 
【プロデューサー】
大江菊臣 
五十嵐元 
【総合演出】
出口敬生 
【演出】
西田賢 
【制作】
フジテレビ 第二制作部

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 森田
  2. ダレノガレ
  3. 山内
  4. 岩井
  5. 峯岸
  6. カワイイ
  7. 牛窪
  8. 中野
  9. 濱家
  10. 高木
  11. 吉田
  12. 猫好
  13. ウンコ
  14. 自分
  15. ピラフ
  16. 全然
  17. ホント
  18. 武田
  19. 一緒
  20. 結構

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
扶桑社
¥2,530 (2021/10/24 19:30:46時点 Amazon調べ-詳細)

[今…]

[全国の飼育数は 近年 何と

犬よりも 猫の方が
大きく上回る 結果に]

[そんな中…]

[奥さまとの出会いも
猫好きが きっかけ]

[現在は 5匹の猫ちゃんたちと
暮らす

かまいたち 山内]

[猫のために 揃えた…]

[うちの猫は 平野 紫耀に
そっくりと 豪語するほどの

溺愛っぷり…]

[4年前から飼い始めた
会長に加え

ことし 新たな 専務を迎えた…]

[元「AKB48」の猫先輩
こじはるたちからの アドバイスで

昨年10月から飼い始めた
しゃけ茶漬け]

[峯岸みなみ]

[ハライチ 岩井]

[今夜は そんな
猫好き芸能人が抱える悩みを

ガチ相談]

[かわいすぎて悩ましい!?]

[猫デキ愛芸能人
集団お悩み相談SP!]

(加藤)ということで 本日は
猫好き芸能人の方々に

お集まりいただきました。
よろしくお願いいたします。

(さんま)さっきのデータは
びっくりしてんけども。

うちの近所のデータだと
絶対 犬が多いんですよ。

これが…。

それぐらい 変わってきて…。

きてるんだ。 何か 分かる。

(山内)そんなことない。
(岩井)偏見ですよ。 偏見ですよ。

(峯岸)えっ 確かに。
この3人は 絶対 お前…。

(森田)やめてくださいよ。
(山内)全然 そんなことないです。

そんな 斜めから 切り込んだり
相方のことを

悪く言ったりしてる人が…。

カワイイですよ。
いや おかしいやろ お前…。

(森田)相方!? 相方は…。

(濱家)盛りがつき過ぎ。
(森田)盛りがつき過ぎて…。

(濱家)僕は 別に
猫 好きとかじゃないんすけど

猫好き芸人の中で
僕も悩みがあるという。

そうか そうか。
これ…。

関係ないやろ! 言うな!

うわ~ ベタやなぁ。

皆さん 胸元に
ご自身が飼われてる 猫ちゃんの

プリントされたTシャツを着て。
ベストショットを。

(森田)さんまさん…。

(森田)やめてください。
ストレートに カワイイって思ってください。

[まず 最初のお悩みは…]

(山内)これ よく言いますね。

犬の方が 手間かかるやんか!?
なのに 猫なの?

これは めちゃめちゃ
よく言われるやつですね。

猫ちゃん いたら もう 全然
1人暮らしも さみしくないから。

何で?
猫を 自分も必要としてるし

猫に対して 自分を
必要としてほしいって 気持ちが

高まり過ぎて 何か…。

相手が あんまり 犬ほど
言うこと聞かへんから 逆に?

(岩井)犬は もう 自分がいないと
駄目じゃないですか。 でも 猫は

何か 自分がいなくても
大丈夫な感じがするんだけど…。

ていう感じが。
そういう気持ちになるのか!?

こっちを振り向かせたい。

ダレノガレ これは 女性は どうなの?
(ダレノガレ)女性も そうで。

猫以上に 満たしてくれる人に
出会えなくなりました。

満たしてくれる!?
(ダレノガレ)何か…。

結構…。

それに すごい
引っ掛かっちゃうんですよね。

(ダレノガレ)知らんふりされて
何か すごい…。

ずっと。 あと…。

猫ちゃんって。 何か…。

ごめんなさい。
そういう… まあ 男子はね。

これ 余計なこと ちゃうわ。
でも…。

同じ所に ちゃんとするから
ミスることも ないし。

1日で 覚えません?
(森田)だいたい…。

あれ 不思議やよな。
ほんで バーッ! かけよるやろ?

(吉田)でも 岩井の言うてることも
分かるんですよ。

なところが いいってことやんか。
俺のこと 好きなのか? みたいな。

そんな存在にしては
ウンコ 臭過ぎんねん!

(森田)いやいや… それは
人間も臭いでしょ だって。

そこまで 小悪魔でいたかったら
あんな臭かったら あかんて。

(岩井)その かわいさも ある。
あれは 武田先生…。

(武田)ライオンも 自分のウンコの
臭さっていうのは 他のを

近づけないために するわけ。
そうでしょ!?

ほんなら やっぱ
攻撃の1つなんだ。

だから その… その態度で
ウンコ 臭いんかい! っていう。

(吉田)それが 許せへんよ。
(ダレノガレ)カワイイ!

えっ? ウンコ 臭い~!
臭いんかい! って。

(山内)ほんで よく分かんないのが
そんだけ 臭いウンコして

砂 掛けたら ちょっと
におい 収まるじゃないですか?

砂 掛けてほしいのに 何か
ウンコ ここにあるのに

違うとこ カリカリして…
壁とか カリカリするんですよ。

ウンコ ここやん! と思って。

(山内)全然 違うとこ カリカリ…。
(森田)あれ 何なんすかね?

(森田)砂が 全然 ないとこを
シャッシャッシャってやる。

あと ウンチとか
オシッコした後…。

暴れる! 走る。

もう どっか行ったりとか…
捕まえようとしても 逃げ回って。

もう…。

(森田)ウンコしたことがね。
ちゃう。 攻撃の1つやから!

何か…。

(濱家)何か 僕 犬派なんですけど
猫 飼ってる人…。

みたいなのが いいって
言うじゃないですか。

何か こんな感じやのに 本番前に
楽屋に入ってきてくれて。

何か ちょっと こう
しゃべりたそうにしてるから

テーブルとか ちょっと 引いて
スペース 作っても

全然 近寄ってこないんですよ。
(山内)いい。 カワイイやん。

(岩井)カワイイですよね。

何が カワイイんや!? アホ!
(山内)岩井 カワイイです。

何の行動やねんっていう。
(岩井)確かに 最近

ウンコ
めちゃめちゃ 臭いんすよね。

(山内)カワイイ。
(濱家)全然 かわいくないよ。

これ 峯岸さんは どうですか?
私は 猫を飼ってから やっぱり…。

昔は やっぱり 家に 誰もいないし
さみしいから 結構

いろんな 誘いに乗っちゃって
結構…。

やっぱ 家に大事な猫がいるから
常に 家に帰りたい。 基本的には。

なので…。

そんなことないよ!
やるやつは やんねん。

坊主にせんでも よかったのに。
もっと 早く 猫 飼えばよかった。

ただ…。

餌箱さえ 置いときゃ
2~3日 いけんのに

犬の方が 毎日 帰らなあかんやん。
(峯岸)でも やっぱり 帰ると

何か うれしそうに
スリスリ 寄ってきたり

ニャーって 鳴いたりとか…。

(山内)だから ヤンキーと…。

確かに。

それが つまらんのか。

普段 たぶん 皆さんのイメージで
帰ってきたときに…。

(山内)それなのに
家 ガチャって開けたら

玄関でスタンバって
おかえりなさいみたいに

してたら もう ぐーんって
テンション上がるんです。

そういう…。

何のための 犬なん? っていう。

(山内)そうなっちゃうのよ。
何のための犬やって…。

はい 牛窪さん。
(牛窪)恋愛との話があったけど

現実問題 やっぱり 特に…。

(牛窪)
ていう データが出てるんですね。

これは 3, 000人以上の男女に
調査したものなんですけれども…。

まず 結婚してる人の割合を…。

これ 何でかっていうのを… まず
猫が恋人って考えてる女性って

4割ぐらい いらっしゃるんです。
で あと インドア傾向

やっぱり 外に出るよりは
おうちにいる時間が 長いとか

ということが すごくあるんですが
もう1つ 飼い猫のために

1日 どれぐらい費やしてるかって
飼い猫 飼ってる方 毎日

女性だと 3時間以上
費やしてる方が 2割いて

で 5時間以上っていう方も
6~7%いるんですよ。

毎日 5時間以上ですよ!?
猫のために。

(牛窪)で それだけ やっぱり…。

寄ってもこない…
あんなことばっか やっとんのか。

(山内)遊んであげたり。

言い方!
じーっと待って ハーッ!

(牛窪)さっき さんまさん…。

これ かなり SNSの影響が
大きいといわれていて。

(牛窪)今 おっしゃったように…。

しかも 意外な動きを… さっき
おっしゃってた ゲインロス効果って

マーケティングでは言うんですけど
こうだと思ってたものが

そうじゃないとかっていう
そのギャップで 皆さん 萌えて

いいね いいねってなるので。
すごい SNSで

すごく はやったって
言われるんですけども ただ

女性は 結婚する人が少なくて…。

(牛窪)猫好きになっちゃうと。

何で? 何で?
(濱家)「そうかなぁ?」やない。

とかいわれてね 重宝されるよね。
いやいや…。

お前ら 3人。
そんなことないです。

(武田)それね…。

病気なんです。
(岩井)まず それ 言わないで。

(峯岸)病気 気になる。
(武田)牛窪さん 終わったら。

どうぞ どうぞ。

人が しゃべってるときに お前…
しゃべってはんねんから 聞け!

(ダレノガレ)結婚してるから…。
(牛窪)実は その…。

マッチングアプリで…。

男性が モテないっていう…。

おそらく 男性が 猫を
かわいがるときっていうのは

男性らしさが あんまり
アピールされない。 犬の場合は

お散歩させたり 言うこと
聞かせたりとか… 猫の場合は

猫ちゃん言葉 使っちゃったりとか
やっぱり こう…。

カワイイですね~! みたいな
こういう感じの動きになって

やっぱ 男らしくないイメージを
与えちゃうので 実際

マッチングアプリの調査でも この人とは
付き合いたくないという割合が

1.5倍から 1.6倍ぐらい 上がる。
ニャンニャン言葉になってしまうから…。

(牛窪)そういうイメージを
持っちゃうっていうことですね。

実は…。

ていうのも
出てきているんですよ。

え~!?
(牛窪)ドイツに住んでる男性で

リゾート地を訪れたときに この
猫ちゃんに 一目ぼれしまして

そのまま 連れ帰って 実際に
ウエディングドレス 着せて

一緒に…
ホントに 結婚したっていう。

(濱家)どの国も そうです。

そう そう そう。

でも そう。

(ダレノガレ)ねえ… めちゃくちゃ!
(濱家)しゃべってんねん 今。

どうぞ。
で あの 今…。

(森田)
マジで。 何か ここぞとばかりに。

(岩井)しみじみ。
では どうぞ。 もう ごゆっくり。

ていうサイトがあるんですけども
そこで 猫とか 犬と結婚すると

結婚証明書が 発行してもらえる
ってことで 海外は だから

こういう人たちが
どんどん 増えてきてるんですね。

はい 中野さん。
(中野)猫って…。

(中野)ああいう振る舞い されると
人間の脳は ドーパミンが出るように

できてるんですよ。 で…。

(中野)
ドーパミン たくさん 出る人…。

どういう人かっていうと…。

(中野)だから…。

えっ…。

(中野)目移りは…。

(小杉)
歯 食いしばってるやん! 山内。

(峯岸)え~! そうなんだ。
ダレノガレ どう?

今 先生が言うたこと。
いや…。

私は 目移りしない。

「山内さん…」

て言いながら…。

違う… 違う!
(濱家)よりにもよって 山内に?

目移り ちゃうやん。

カワイイって思って 触ってたら
そこが たまたま 乳首で。

(岩井)触ってきてた。
峯岸 どう?

(峯岸)目移り 分かるんですけど…
でも ホントに 猫の行動的に…。

はっはぁ~!

(吉田)それ ヤバくないですか?

(中野)
いいこと 言った! そう そう。

すごいなぁ。

(中野)
依存症になりやすいタイプです。

(岩井)でも…。

すごい うちの猫…。

うわ~ 何か…。

モネっていうんですけど。
知らんがな! アホ!

て思って 何か ちょっと…。

傷がある間は
モネを思い出せんのか。

(岩井)これ 何か…。

て言われたりなんかして。
ちょっと…。

(峯岸)うれしそう!
(山内)「時計 買ったんすよ」…。

の見せ方。

はい 武田さん。

どういう病気かっつうとね
男の場合に 多いんだけど…。

特有の病気っての… マスター&スレーブ病
っつうの あるんですよ。

(武田)
それ どういうのかったら…。

パソコンって そうでしょ。
こうやって やると 従ってくれる。

従ってくれなくて 検索なんか
できなかったら この野郎って…。

これを ずっと 続けると
要するに…。

人間っていうのは 言うこと
聞かないでしょ。 猫なんかと

ホントに 親しくなっちゃうと
猫の方が やっぱり 人間よりは

言うこと 聞くからね。 したら…。

[ここからは 猫デキ愛芸能人も
理解不可能な…]

僕 子供 いるんですけど

子供が 1歳とか 0歳のときに
家に 病院から帰ってきて。

で 猫 いるとこに
普通に 寝かせてても

もちろん 何か 猫が ちょっかい
かけるとかも ないですし

どっちかというと
守ってあげてるような感じで

横に寝たりしてたんですよ。

ちょっと
子供が おっきくなって…。

一緒に 暮らしてきたから。
(山内)一緒に 暮らしてるから。

て思ったんです。 絶対 反射的に
何か されるかなと思ったら

ぎゅってなっても…。

(ダレノガレ)え~! カワイイ!

(山内)で これは…。

撮ってるんですけど。 ちょっと
見てもらっていいですか?

見させてもらおう。 これは カワイイ。

変わった動画。

(山内)見てください。

(峯岸)え~! こんなに!?
(森田)うわ~! すごいな!

こんなん
めっちゃ 嫌やけどな 猫。

うわっ ホントだ。 かんだり
引っかいたりも しないんですね。

(ダレノガレ)離れないんだ。

嫌だったら 逃げるじゃない。
(ダレノガレ)確かに。 普通 逃げる。

初登場の先生です。
猫評論家の 高木 佐保先生です。

幼いころから 抱いていた疑問
動物の心を解明するため

猫研究の道へ。
猫心理学者の先生です。

(高木)ちっちゃいとか
すごい 真ん丸で カワイイ目が

顔の正面に ついてるとか。
そういう特徴って

ベビースキーマっていって
動物に共通してるんですね。

(高木)なんで 猫も
人間の赤ちゃんであっても

これ 赤ちゃんやし
手加減しとこうっていうのは

分かってる可能性は あります。
これは 武田先生

前 言ってた
虎とか ああいうのは

赤ちゃんは 絶対 襲わない
っていうのと 一緒ですよね。

(森田)あっ 虎とか。

赤ちゃんは 絶対 襲わないねんて。
考えたら そうやんか。

赤ちゃん 襲われたって
アフリカでも 聞いたことないやろ。

だから…。

(ダレノガレ)私の猫ちゃん…。

はぁ~ 邪魔しとんのかな。
構ってほしいから。

(森田)え~!
(ダレノガレ)センサーの前で

ずっと 動かなくて。

(ダレノガレ)脚 上げて 寝るんですけど
あそこ センサーなんですよ。

これ あったかいからか?

(ダレノガレ)でも
テレビついてなくても 寝てます。

あっ あっこが好きなのか。
あそこが大好きで。

これ 先生に聞こう。

(高木)飼い主さんが
見てるものなので…。

(高木)なんで 飼い主さんの注目を
一番浴びれる所だから

寝てる可能性は あるかなと。
(ダレノガレ)え~! カワイイ!

(りんたろー。)先生 ダレちゃんの
ストーリー 見てたら…。

(りんたろー。)
て やってたんですけど…。

(ダレノガレ)そう!
何か りんたろー。さん 映ると

シャッシャ シャッシャ やるんですよ。
かねちさんが映ると やめて

りんたろー。さんが映ると
シャッシャ シャッシャ やるんです。

声かな?

よう…。

ザコシショウ 出てきたら もう…。

大声 出すし ザコシショウ。

吉田 どうや? 犬。
吠えない? 誰か 特定な人。

それが流れたときは…。

そう! 犬によって 違うねやろな。
はい。 何かが 気に入らない。

先ほどの…。

(高木)やっぱ 猫が攻撃するときは
狩りをしてるときなので

野生動物っぽい
動きだったのかなって。

りんたろー。が!

避けるイメージが あったんですけど
猫を飼って びっくりしたのが…。

(森田)猫によると思うなぁ。

(ダレノガレ)カワイイ!
(森田)カワイイ!

「開けてくれ」

(峯岸)お風呂のドアを
「開けて 開けて」って やって

自分で入ってくるんですよね。
(森田)すごいなぁ。

(森田)珍しいけどな。
あっ 風呂場… 冷たいからかな?

(ダレノガレ)でも 飼い主さんが
いなくなると 一緒に出るんです。

(森田)湯船は?
(峯岸)湯船の縁は 歩くけど

でも 水は 嫌いみたいで。
水は 嫌いやよな。

シャワーとかは
たぶん 嫌なんですけど。

これ…。

うちの猫も お風呂 入ってたら
入ってくるんですよ。

(ダレノガレ)カワイイ!
(峯岸)やる やる!

へぇ~!
(山内)水で ぬれた手で

なでてあげると…。
喜んでんの?

嫌がらないんですね。
(山内)嫌がらないんですよね。

お前んとこ 嫌がんねやろ?
(峯岸)水が掛かることは…。

水に ぬれた手は ええの?
(峯岸)そんなに嫌がらないです。

(山内)何でなんすか!
貴重な映像なんですよ。

はい 高木さん。

(高木)ていうことがあって。

私が ちょっと前に…。

(峯岸)聞ける?
(濱家)しゃべらないですから。

(高木)音 スピーカーから流したときに
何匹 寄ってくるかなってのを

調べたことがあって。 すると
猫の声とか 子猫の声とかは

すごい 集まってきて。 まあ
予想どおりだったんですけど。

水の流れる音っていうのを
再生すると

それでも 結構 猫が集まってきて。

(高木)なんで…
何でか 分かんないですけど…。

(森田)あれは 何なんすか?
だから 流れてる…。

入れたやつは
あんま 飲まへんねやろ?

ぐらいの飲み方 するんすよ。
(岩井)やるわ。 やる。

本能的なことやろな。
すごい いっぱいの子が

その行動をしてて。
それも 分かってないんですけど

やっぱり…。

ていう手掛かりが 蛇口から…
野生でいうと…。

(峯岸)うちは 蛇口の…
蛇口の水は

よくあると思いますけど
ペットボトルから 飲みたがるんです。

あっ これ 売ってるよな。
(ダレノガレ)カワイイ!

これが 喜ぶんですよ。

(武田)ペットボトルの中身 何ですか?
(峯岸)これ お水です。

(ダレノガレ)カワイイ!

(小杉)だいたいの言葉で
予想どおりなので。

(岩井)もう ホントに 腕とかも
めちゃくちゃ かんできますし。

(岩井)子供のころに…
やっぱ 小さい子猫なんで

甘がみしてたんです 手を。

(岩井)何か この~…。
『ナウシカ』 あるじゃないですか。

(岩井)テトって動物を ナウシカが
怖がらないようにって…。

ありますよね。 あれみたいだなと
思って 怖くないよって

かませてあげてたら…。

(森田)かんでいいと思うたんや。

(岩井)そうなんですよ。

(武田)犬の場合 ちっちゃいころに
しつけなきゃ駄目だってのが

普通だけど 猫は違うのかな?
(高木)猫も やっぱり

ちっちゃいころに それでいいよ
っていう遊びを してしまうと

そのまま おっきくなっても
引き継がれるっていうことが…。

痛いとか 言うといてあげたら
覚えるんだ。

みたいなふうに
思ってるんですよね。

(山内)僕 飼ってる猫ちゃんは…。

さっき ムービーで見た
ちっちゃい うちの子供に

1回だけ 一緒に寝てるときに

他の猫が ガシャン! って
物を落として。

そういう
ドン! ってなったとき…。

猫が 急に 動こうとしたときって。

ほんなら 子供の脚を シュッて
やっちゃって そんとき…。

(山内)そしたら 悪いことだって
分かってるみたいで…。

普段は 爪 切るときとか 暴れて
なかなか 切らしてくれないのに

その後だけは…。

切ってくださいっていう感じで。

みたいな感じで 落ち込んでて。
血は あるでしょうね。 だから…。

(一同)え~!
何で 知ってんですか?

何で 知ってんのか… 分かれへん。

(りんたろー。)
猫なんで。 トイプードルは。

犬は なめるよ。
ワンちゃんは そうなんですか。

(小杉)所々 女性が変わってる
イメージしかないんですけど。

何で トイプーに詳しいんすか!?

(磯野)何で 詳しいんですか?

トイプーは 飼ってんですか?
飼ってないよ。

ちょっと 知り過ぎじゃない!?

トイプードル 出てきます!?
あんな カワイイ…。

(吉田)ワニとか やってるのに。
もっと あるわ! アホ!

(岩井)
これ 1個 聞いたんですけど…。

それ 本当ですか?
(高木)加齢臭か分からないけど…。

ていう子は 多い。

僕んちの猫は…。

(中野)もしかすると…。

血の出たとこ なめる
って言ってたじゃないですか。

と思って なめてるかもしれない。

聞きたくない!
(岩井)分かんないでしょ!?

(森田)ほんで 今…。

「どの」って…。
どの家のやつ?

僕らが思ってる トイプードルって
こんぐらいのなんですけど

今 言ってるトイプードルって
あの でかいやつの話なんすかね?

プードル!?
ううん トイプードルや。

(山内)やらないと思うんですよね。
(岩井)万能じゃない 『アニマルプラネット』

[さらに ここからは…]

何か 思いません!?

「結果 犬っしょ!」みたいな顔
してくるじゃないですか。

(佐藤)くりかえす疲れ目でお困りのあなたに!

《「スマイル40プレミアムDX」!》

この商品 目の疲れかすみを

《治すんです!》
(伊津野)《なるほど! 助かるね!》

薬局・薬店まで
茶色が目印!
《スマイルDXシリーズ!》

何か 思いません!?

「結果 犬っしょ!」みたいな顔
してくるじゃないですか。

やっぱ 言うこと 聞いてくれるし。
ホンマ 大手企業みたいな感じで

町工場を見てくる感じなんですよ。
犬好きの人って。

僕 犬 飼ってるんですけど
犬好きって

今の猫好きの人みたいに
そこまで…。

(吉田)で こうやって
テレビ 出ることによって

「あの人 猫好きなんだ」っていう
猫好きの視聴者の方が

より 応援するという…。

(峯岸・ダレノガレ)ひどい!
(吉田)イージーな世界にいてるなと。

(小杉)確かに…。

ほいで 番組なんかは…。

付けとるもん 「やっぱり」を。
でも…。

(ダレノガレ)今 思った!
めっちゃ マウント取ってた。

(森田)何か 財閥系の。
(山内)こっちが 最近やから。

でも それが
抜いてきてんねんからやな。 今。

違うんです。

(ダレノガレ)いやいやいや…。
(吉田)1個で 味が弱いから。

味とか言うなよ!

あっ そうか!
(ダレノガレ)そんなことない!

そういうことやって! 今は!

無理ですね。 散歩であるとか。
(森田)犬って 独立していける。

2匹とか いてあげた方がいい。

こっちが 味せえへんとかじゃなく
猫のために。

猫自体が 弱いから。

(兼近)でも うち…。

すごい勢いで
ネズミ ぶわーって 食って…。

ネズミ 食いながら。

(峯岸)怖い。 この話。
そりゃ 猫も すみ着くわ。

(中野)さっき 大手企業と中小企業
みたいな話されてたじゃない。

あれ もう…。

犬と 見つめ合うと 人間に 何が
起こるかって研究がされていて。

オキシトシンっていう 絆のホルモンが出る
っていうことが分かってるんです。

(中野)つまり 犬と自分は
気持ちが つながり合っていて

すごく 心地よい感じがある。
ストレス解消になるとかいうもんね。

(中野)なんですが…。

(中野)犬は どうして
そういうこと するかというと…。

タイプの人は どうも…。

あ~!

こうやって 何か…。

みたいな感じで 寄ってくる感じが
すごい 嫌いなんですよね。

(吉田)必要としてる感じが 確かに
こびてるんかもわからんけど…。

これ 自分で言うのは
恥ずかしい話やけど…。

(森田)こびてないなぁ。

恥ずかしい。
爪 割ったことあんねん。

(山内)今 中野先生が
ワンちゃんは オキシトシンで

安心する効果がある
って言いましたけど…。

あの…。

ないのかなって。
(濱家)データの… びっくりした!

(りんたろー。)
データの感じで 入ってきた。

あっ いた! よかった!
高木先生!

低い周波数の音なんですけど
やっぱり そのゴロゴロ音でも…。

ほらっ!

何で…。

何でなんすか? あれは。

(森田)毛並みとかがいいんじゃ…。
あのままが 好きやから。

帽子 かぶせてますから!
(岩井)これですか!?

違うんです。 「クリスマス やりたい」
って言って 猫から こうやって…。

「やりましょうよ」って。

(森田)あれが すごい
エゴというか 犬の人の…。

犬は 嫌がってるんですか?
着せるときは 嫌がるし。

家 着いたときも…。

そんな犬 出てこないっすよ。

ていうのがあるんですよ。

(中野)ていうふうに思うんですね。
思いやすいんですね。

と思ったりとか。 このルールで
動いてるのに この人 どうして

そのルールを 分かんないんだろう
といって いら立ったりとか

そういうことが多いんですよね。
たぶん 濱家さんとか そういう…。

(濱家)僕は 完全に そうです。

とかいうのが 好きなタイプです。
みんなと同じ行動。 だから…。

(濱家)みんなで ポテトとか
つまんでんのに 1人だけ ピラフ。

いいですよね。
(ダレノガレ)全然 いいんじゃないかな。

(ダレノガレ)ピラフ おいしいし。

(岩井)ピラフは おいしいよね?
(ダレノガレ)ピラフ 食べたい。

ピラフは 俺も おいしいって。

ピラフの話せえへん!
ピラフで 広げんな!

俺も ピラフ 好きやって!

そうか! お前…。

(山内)海老ピラフです。

食べればよくない!? ってなる。
はい 牛窪さん。

解析したんですけれども。
犬派の人たちって

興奮とか 怒りとか
そういう序列とか

攻撃性とか 縦横的なつぶやきが
すごく多くて。

(牛窪)見てる映画とか ドラマとか
そういう物も…。

すごく現実主義というか
そこが 高かったんですよ。

猫派は 喜怒哀楽の感情表現が
豊かだっていうのが

まず つぶやきから 分かって。

(牛窪)『ハリー・ポッター』とか 『ホビット』って
『ロード・オブ・ザ・リング』の関連の映画。

(牛窪)ああいう冒険物が
圧倒的に 多いっていう。

どちらかというと
現実主義ではないので

論理立てて
物 考えるとかよりは…。

めっちゃ 当たってる 言うてるな。

逆に…。

見るようになりました。
(山内)僕も…。

見るっていうのが 全然…。

(山内)
ないような ファンタジーとか

あり得ないことが起きる映画
ばっかり。

(ダレノガレ)恋愛のやつとかも…。

見るのが 好きです。

[そして ハライチ 岩井が

最近の猫好き芸能人に
我慢できないことが]

やっぱ あるんですよね。
みんな 言うてるな。

とにかく やっぱり こういう…。

みたいな においを嗅ぎつけて。
やっぱり 猫は 金になる!

(岩井)猫 大好きですみたいな。
峯岸 横に おられへんやないか。

こういう 最近 飼いだした人も
いますけど

やっぱ それの…。

何でなんすか!?
ホンマや! 発言 聞いてると。

やめて! 俺 猫好きの その…。

ご存知ですか?損保ジャパンなら
事故対応のプロが 24時間365日

あなたのそばにいます

すぐに対応いたします
のでご安心ください

その数なんと 約1万人

わかりやすくすると こんな感じ

すごっ!
当然のことです

あっ ですよね すみません

この万全の体制こそが事故対応満足度
ナンバーワンの理由

その先にプロがいるから

安心で選ぶなら
自動車保険は 損保ジャパン

何でなんすか!?
ホンマや! 発言 聞いてると。

(岩井)ホントに 何か…。

ていうふうに思ってるし。

何か 俺…。

何か 猫は 家族じゃないんです。

みたいな感じ。

(森田)みたいな感覚 ないですか!?
で お互い…。

(岩井)
でも 森田の びっくりしたのが…。

森田 猫の動画 結構 上げてるけど
猫の動画の中で 猫に対して…。

(岩井)言ってて。

(ダレノガレ)最低!

びっくりしちゃって。
(森田)いや だから…。

動画 撮りながらやろ!?
「ちょっとぐらい 稼いでもらわな」

(岩井)「餌代ぐらい
稼いでもらわんとな」

大阪弁で。
(森田)いや だから…。

やめて!

(森田)違う! 違う! 違う!

(ダレノガレ)実家で!?

えっ! 事務所にいるの!?
(岩井)危ないです。 危ないですよ。

やめて! 俺 猫好きの その…。

家で 飼うたらええやん!
家でも 飼いたいんですけど

マネジャー 相方 俺って…。

ていうことで 飼いだしたんすよ。
(吉田)何か お前…。

やめてくださいよ!
(りんたろー。)いけそう。

(ダレノガレ)最低!
(吉田)9時台!

だから… 違う 違う!

さっき言うた 猫警察って…。
山内 それ 何なん?

(山内)猫系の番組に出たとき
オンエアの後は…。

(山内)書き込み めちゃくちゃ…。
だから…。

ホント そうっすよ。
(山内)すごいですよ。

(山内)
僕 前 他の番組 出たときに…。

同じ 赤ちゃんの。 顔 やってるの
あったじゃないっすか。 あれ…。

はぁ~! もちろん 犬警察も
いらっしゃるんやろうな。

(山内)いますよ。

危ないよ。
(森田)日本で唯一の ピラフ警察。

何て たたかれるの?
「食べてもいいじゃないか」って!?

(森田)警視庁 ピラフ課。

ピラフ警察 ここにいた!?
そんなこと言ったら…。

(一同)えっ!?

(森田)実家ですよ!?

何が!?
(峯岸)どれぐらいの頻度で 会う!?

(岩井)それに当たって やっぱ…。

(森田)いやいや 別に 飼えますよ。

森田の 事務所で飼うてんの
言うといて…。

うちは 事務所に 誰か おるもん!
絶対に 誰か おるから。

実家だって 誰か いるよ。
(ダレノガレ)でも…。

私 やっぱり…。

うわっ 出た!

そんなことないです。

(ダレノガレ)それって
延期までの間 猫で…。

すごい見てる。

怖い 怖い! ここにいた!

(峯岸)猫警察 ここにいた!
ピラフ警察 いるし。

(峯岸)やっぱり…。

本当に 何か…。

てときに…。

猫が 私の元に…
縁があって 飼うことになって。

話 聞いてください!
違うの!?

すごく 自分の…。

はぁ~! でも どうも 違うと。
(ダレノガレ)違います。

何で!?
(森田)何なん!? この人!

結構 思ってるんですよ。

(ダレノガレ)分かる。 そうなんです!
(峯岸)でも それは 別に

テレビ的に いいじゃないっすか。
1人 耳があったら。

何か 私…。

と思ったら… 引き返そうかなと。
(森田)確かに そう。

だって…。

猫じゃない!

(ダレノガレ)何で そんなこと言うの!?

(小杉)殴り合いしてる! 全員で。
(森田)この人が 悪いから!