それって!?実際どうなの課[字]【【鍋は太る?太らない?】【光る泥だんごがお金に!?】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

それって!?実際どうなの課[字]【【鍋は太る?太らない?】【光る泥だんごがお金に!?】

世の中のウマイ話を検証するドキュメントバラエティー!

【鍋は実際、太るのか?太らないのか?】
【光る泥だんごで一獲千金を狙う!】

出演者
【MC】生瀬勝久

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)/チャンカワイ(Wエンジン)/おばたのお兄さん
番組内容
①【鍋は実際太るのか?太らないのか?】
ネットでは、ヘルシーという意見と高カロリーだから太るという意見が真っ二つに分かれている「鍋」。
実際「鍋」は太るのか?太らないのか?白黒つけるため、チャンカワイが体を張って検証!
今回も「#チャンありがとう」と言いたくなる、驚きの結果に!
番組内容2
②【光る泥だんごを売ったら実際いくらになるのか!?】
大人から子供まで楽しみながら作れる『泥だんご』。
光り輝く泥だんごを作って売ったら、いくらになるのか?をおばたのお兄さんが検証!
匠の技を持つ左官職人から泥だんごを輝かせる極意を教わる!
企画史上最高額なるか!?
制作
【構成】松本建一【演出】立澤哲也【企画・プロデュース】簑羽 慶(中京テレビ)
URL
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
情報/ワイドショー – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. チャン
  2. 森川
  3. 大島
  4. Codama
  5. ハハハ
  6. 時間
  7. キムチ鍋
  8. 斎藤
  9. 人前
  10. 体重
  11. 朝食
  12. 八幡
  13. 本当
  14. 夕食
  15. スタッフ
  16. 完成
  17. 昼食
  18. kg
  19. 結果
  20. 検証

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥980 (2021/10/24 19:27:40時点 Amazon調べ-詳細)

<皆さん
お鍋は 太ると思いますか?

太らないと思いますか?>

<ネットなどでは…>

<野菜が多いので
ヘルシーという意見と

いやいや 肉をメインで食べるので
太る!という意見が

真っ二つに分かれる>

<この二つの意見…>

<我々は専門家に話を聞いた>

<先生ですら…>

<ならば!
鍋の季節が やってくる前に…>

<もちろん この人>

(生瀬)さぁ 始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です
よろしくお願いします。

(大吉)よろしくお願いします。
(大島・森川)よろしくお願いします

はい 始まりました。

まずは トップバッター
チャン君ということで。

お鍋 どれだけ食べても
太らないのか?

(大島)いやでも さすがに…

いや だって…

…みたいなことを…

相撲部屋 そうですね。

あと 違う番組でやったんですけど

(大島)え~っ!(森川)へぇ~っ。

落ちてると見せかけて…

(大島)え~っ!
そういう情報も知ってるので…

<まずは この企画 恒例の…>

(チャン)かわいい仕上がりやわ。

<チャンが
鍋と向き合えるように…>

<…を 用意>

変わらんな 本当。
(大島)変わらないな。

<3日間で…>

<そして…>

<そう!今回は鍋を食べて

太るか 太らないかを
検証することが目的>

<よってチャンには…>

<…を 用意>

(華丸)いや
そりゃ太るよ!

<そして…>

(チャン)素晴らしい表ですね!

<日本の100種類以上ある
鍋の中から

人気の鍋 12種類をチョイス>

(チャン)そうなってきたら もう…

うん まぁ
そうだよね。

(チャン)…みんな。

(森川)どうなんだろう?

(チャン)僕は 何かこの やっぱ…

(チャン)…ていう感じが するねんな。

<いっぱい食べたら
太りそうな…>

<それでは早速
朝食の時間>

(チャン)朝食 オープン!

う~わ~ うまそう!

(大島)おいしそう!

<こちらがチャンの朝食>

<野菜や お肉など
具だくさんの…>

(チャン)朝から これ いく?

これ3回やるの?
1日じゃなくて?

<ということで…>

(チャン)いただきます!

<果たして その お味は?>

(チャン)う~ん!

(チャン)ジュワ~っと この温まる
この おだしが染み込む感じ。

これ ちゃんこね う~ん!

<具だくさんの ちゃんこ鍋に…>

<…の様子のチャン>

(チャン)あ~っ おいしい!

<すると>

<これまで検証した
食べ物よりも…>

<珍しく…>

<…を感じる チャン>

<これは まさに…>

<…を かけた戦い>

<30分で朝食のちゃんこ鍋
4人前を完食>

(チャン)ごちそうさまでした。

ないよね。

いや 大丈夫か?
これ。

(大島)ヤバイって。

<そして…>

(チャン)はい!うわ~っ!

また 塩ちゃんこ?

<昼食の時間が
やってきた>

(チャン)一緒!

いただきます。

(大島)え~っ
同じ?

(チャン)おいしい 味しみしみ肉団子。

しびれる おいしい!

<…に 突入!>

<全く…>

(チャン)…思ったけど。

ハハハ…[笑]

<突然ですが 皆さんは

なぜ「ちゃんこ鍋」という名前が
付いているか ご存じですか?>

お~っ!

<…と いわれており>

<ちゃんこの雑学も
楽しみながら>

<昼食も見事 完食>

(森川)もう前髪が。

<…すること4時間>

(チャン)はい!

<夕食の時間が
やってきた>

<…にも かかわらず>

(チャン)う~ん!

(チャン)楽しく食べれるのが
一番ですよね。

で これもう
大丈夫だよってなったら

前半で ちゃんこの結果
出るわけやから。

<その疑問と真っ向から
向き合うべく

黙々と食べ進め>

<夕食の ちゃんこ鍋も
見事 完食>

(チャン)ごちそうさまでした。

<これで…>

<…を 食べきった>

ハハハ…[笑]

<果たして あす ちゃんこ鍋
12人前を食べた チャンの…>

<果たして…>

7kg
食べたんですよ?

<いざ!>

<体重は?>

101kgになってないと
おかしい。

<93kg>

(チャン)いや これ ちょっと…

<いや…>

(チャン)ずっと…

<ちゃんこ鍋を あれだけ
食べたのにも かかわらず

1.2kg体重は減った>

(チャン)この…

<ということで2日目は

かなり味が濃い印象の
キムチ鍋を選択>

攻めるなぁ。

(チャン)ジャン!うわ~っ!

(チャン)うまそうやな これ!

<こちらが2日目の朝食>

<たっぷりのキムチと
豚肉がメインの…>

(チャン)うわ~っ すごい。

うわっ もうまた しっかりめに
入ってるわ。

いただきます。

(チャン)これは食欲をグイッ!
上げるね。

おいしい!

ピリリと辛い そして この脂身。

甘いが なじんだら うまい!

(チャン)だって ニンニクの香りと

キムチのパンチ力。

まとわり付いてるのは
結構なカロリーだと思います。

<2日目も順調に 朝から4人前

2.3kgのキムチ鍋を
平らげた>

(チャン)
ごちそうさまでした。

ありがとうございました。

(チャン)うん。

<カメラに背を向け…>

(チャン)うわぁ~!

<昼食の時間が
やってきた>

(チャン)う~ん!

(チャン)やっぱり トロットロ。

豚肉プリップリ。

食感だけでも 最高だ。

食べた記憶も
消化してるのかな?

<…を食べていても…>

<…のが チャンのすごいところ>

<昼食のキムチ鍋も
なんとか…>

(チャン)
ごちそうさまでした。

(大島)へぇ~。

<すると ここで…>

(チャン)おぉ~。

(チャン)弥生でも
いいんじゃないかな。

<もはや…>

(森川)ハハハ…[笑]

(チャン)いや…

(スタッフ)それって…

(森川)へぇ~。
へぇ~。

<実は…>

<…が 鍋奉行といわれている>

<そんなこんなで…>

<夕食の時間が
やってきた>

いけるかな?

<キムチ鍋の匂いは 破壊力抜群>

<果たして そのお味は?>

優しいな。

<キムチ鍋が大切な存在だと

気づかされた チャン>

<ものすごい勢いで 食べ進める>

(チャン)あぁ~ うまい!

<しかし…>

限界でしょう。

(チャン)ハハハ…[笑]

<残りは わずかだか…>

<…な チャン>

<それも そのはず
ここまでチャンは…>

<…の鍋を食べている>

<しかし 検証を成功させるため

黙々と食べ続け>

<夕食のキムチ鍋も
見事…>

(チャン)しっかり いただきました。

<…を食べきった>

(チャン)きのうよりも はるかに。

あんねや…

ハハハ…[笑]もう。
(森川)ハハハ…[笑]

<果たしてキムチ鍋を
12人前 食べたチャンの…>

(大島)ヤバイ。
ヤバイ ヤバイ…。

大丈夫?もう。

えっ!?
(森川)えぇ~。

(チャン)ありがとうございます。

<チャンの…>

<お通じも良好だという>

<果たして…>

<いざ!>

<体重は?>

<さすがに 味が濃かったのか

キムチ鍋を12人前 食べたところ

体重は0.3kg増えた>

何にするの?

(森川)わぁ~。

<ということで3日目は

脂身たっぷりの もつ鍋を選択>

<果たして 体重に…>

(チャン)うわぁ~ うまそう!

(大島)おいしそう。

<こちらが3日目の朝食

博多名物の もつ鍋4人前>

<果たして そのお味は?>

(チャン)う~ん!

(チャン)爽快!
いや これは くどくないよ。

さっぱり甘味が
パ~ンと はじける。

うわっ おいしい!

(チャン)…て思ってたけど。

<かなり…>

<…チャン>

<朝食の もつ鍋4人前を
30分かけて食べきった>

<そして…>

(チャン)うわ~!

<昼食の時間が
やってきた>

(チャン)うわぁ~。

(チャン)ちょっと これ。

<ブリッブリの脂がついた
もつの お味は?>

ハモだったら
いいんですけどね。

(チャン)あぁ~。

ハハハ…[笑]
いや そうなるって。

(チャン)うわぁ~
すごい差があるわ。

もつのパンチ力と
お野菜のさっぱり。

いや~ そもそも…

そう。
そう。

5個
食べればいいな。

5個でいい。

<食べ始めて早々…>

<…を感じている チャン>

うわぁ~。

(チャン)…て やられてる。

(森川)ハハハ…[笑]
(大島)「こってりの王様」

<すると チャンに…>

(チャン)…僕。

(スタッフ)今ですか?(チャン)はい。

ハハハ…[笑]

<もつの脂のダメージで…>

<しかし 再び
食べ始めた チャン>

(チャン)う~ん。

<…を検証すべく

ゆっくりながらも 食べ進め>

<昼食の もつ鍋を
なんとか 食べきった>

(チャン)もう…

<なんとしても…>

いや 本当
太ってないかな?

もう一回くるんよ
大丈夫?

<そして 夕食の時間が
やってきた>

<もつの脂が おなかに残り

なかなか夕食が
食べられないという>

(チャン)…て やっても…

<前回の大盛りご飯の回で…>

<…が なんと…>

<そして いっとき…>

(チャン)おいしい!

<どんな ささいな
メッセージでも

チャンは 全て
目を通しているので

ぜひ応援してあげてほしい>

<せ~の!>

<すると皆さんの声援が
届いたのか>

<この検証 最後の食事>

(チャン)うわぁ~[笑]

すてきなフォルム。

<果たして そのお味は?>

(チャン)あぁ~!

(チャン)みんなで…

<最後の力を振り絞り
もつ鍋を食べ進める>

<しかし>

(チャン)ふぅ~。

(チャン)にしても やっぱ…

<確実に…>

<…チャン>

<少しずつ もつと野菜を
口に運び続け

夕食の もつ鍋を
なんとか食べきった>

<これで…>

<…を完食>

<3日間で…>

<…を食べた>

<果たして あす
チャンの体重は

どうなっているのか?>

<運命の…>

どうなの?実際。

<いざ!>

<体重は?>

(大島)えぇ~?

<なんと3日間
鍋を食べ続けたら

初日からトータルで1.9kg
体重が減った>

どういうこと?

<この結果に専門家は>

(スタッフ)はい。

(笠岡さん)2つ目として 当然…

(笠岡さん)そのことも かなり…

…と 思いますね。

<ということで…>

<…したところ>

<この結果は…>

<皆さんは…>

(おばた)はい。

おぉ~っ!

<今回は…>

<光沢が出るまで磨いて
ピカピカになった泥だんごが

まるで宝石のようだと
人気を博し…>

<…として…>

<さらに おうち時間が増え…>

<…として
光る 泥だんごキットが…>

<前回は>

<魔除け泥だんごと
2個の光る泥だんごが売れ

2777円 売り上げた>

僕は本当に…

まだ夢がある。
(森川)うんうん。

いいですね。
(おばた)えっ いいんですか?

<あれからスタジオの
美術セットとして

飾られていたのは
皆さん ご存じだろうか?>

(おばた)…とは思ってますね。

<まだまだ…>

<果たして…>

<まずは…>

<前回も教えていただいた…>

<…先生に来ていただいた>

(おばた)どうですか?前回。

<実は幼少期の 泥遊びは…>

<しかし…>

<公園などの砂場を
閉鎖しているところもあり>

<そこで注目されたのが…>

(Codamaさん)世界中から…

<それでは…>

<使うのは…>

<まずは…>

<そして袋の中で…>

<次に…>

<…を使うことで粒子を
平らにすることが できるため…>

(おばた)本当に?
(Codamaさん)はい。今まで…

(おばた)えぇ~!

(Codamaさん)はい。

なかなか…

(森川)ハハハ…[笑]

<たとえ身内でも…>

<続いて…>

<そして…>

<…を繰り返すと>

<まん丸な泥だんごが完成>

<ここから…>

<Codama流は…>

(おばた)ちょっと…

(Codamaさん)そうなんですよね。

(Codamaさん)…がありますね。

<そして瓶の裏で磨きの工程>

<ちなみに…>

<磨く前の粒子は
でこぼこ状態になっており

乱反射するため…>

<しかし表面を
押さえつけることで

粒子が平らになり

きれいに並ぶことで
光を反射し

光沢が
生まれるという>

<そのため磨けば磨くほど
泥だんごは輝きを増していく>

<完成>

<これで おさらいは完了>

<ここから…>

(おばた)この…

<なんと おばたは…>

<…と言う>

(Codamaさん)…と思います。

<Codama先生も…>

<うまく作れるかは…>

(Codamaさん)…と思うんですね。

<先ほどの土にプラスして

砂場などに使われる
川砂を入れると

より強度が あがる>

<あとは同じように
丸く形成していくだけ>

(おばた)でかい!

いや マジもう…

本当に。

いよいよ こうなったら もう。

(おばた)今のところ。

<そして…>

<手で…>

<この作業を続けること
およそ…>

<磨きをかけた
巨大泥だんごは…>

<ほぼ…>

(おばた)はぁ はぁ…。

これ大変だよ。

<さらに磨くこと…>

(おばた)よし。

(スタッフ)ちなみにですね…

(おばた)へぇ~。

<毎年…>

<…が行われており

去年はオンラインで開催>

<ちなみに2020年
158点の中から

入賞した作品がこちら>

<もはや 泥だんごとは思えない

宝石みたいな作品>

<そこで…>

<ということで…>

(Codamaさん)そうですね はい。

(Codamaさん)
…かなと思うんですけど。

(Codamaさん)そうなんですよね。

(Codamaさん)…て思うんですけど。

<ということで2日後>

<おばたは…>

<ここからマーブルな
色合いにするため…>

<もはや 半分…>

<…で 色を重ねていく>

<そして お待ちかねの
磨きタイム>

(おばた)こんな感じ。

(おばた)完成しました!

<直径8センチの
光る泥だんごが完成>

きれい!

<ストックフォトで培った
スマホ技術で…>

(おばた)わぁ~ 素晴らしい。

(おばた)見てください 本当に…

いや それは。
(森川)1万円?

<さらに>

<火星の巨大泥だんごは
1万1111円>

<小さい方も ぞろ目の
1111円で出品>

<この値付けが…>

<歯ブラシを使って
模様を入れた作品など>

<新作を3個 作り…>

<…で出品>

<その後も…>

<すると>

(スタッフ)ちなみに…

(おばた)えっ?

(スタッフ)最初に…

(おばた)へぇ~。

<アキラ100%も行った

部屋や建物の壁に
セメントなどを塗る…>

<…が初めて光る泥だんごを
作ったと言われている>

<ということで ロケ…>

<まずは…>

<すると>

(おばた)おっ おっ!

(ゆめっち)あ~手軽に美味しい
スープごはん食べた~い…

♬~

<「オシャーメシ」>

<スープにごはんが入ってる>

≪あらやだっ カワイイ~!≫

<ファービュラス!
「オシャーメシ」>

<まずは…>

<すると>

(華丸)売れた?
(森川)えっ 何?

(おばた)よっしゃ~!

<1個目に作った
小さな泥だんごが

1111円で売れた>

<そして この日
向かったのは創業41年の…>

<協力してくれるのは
社長の八幡さんと

営業の斎藤さん>

(森川)すごい!

(八幡さん)だけど…

(おばた)そうか じゃあもう…

(八幡さん)まぁ…

(おばた)昼飯ぐらい。

<そして八幡式の泥だんごに
使われる材料は…>

<湿度調整や耐火性

消臭 抗菌効果があると言われ…>

<まずは…>

(斎藤さん)それに。

(斎藤さん)で この鏝という。

これを使って…

こういう状態に最後 なりますと。
(おばた)へぇ~。

(斎藤さん)これが…

(おばた)なるほど なるほど。

<これは磨き仕上げといい

鏝を何度も押し当てて

表面に ツヤを出す技法>

<これを球体にしたものが…>

<ちなみに磨き仕上げの種類は
大きく分けて

土系と石灰系の2種類>

<土系の磨きは
深みのあるツヤが出て

石灰系の磨きは ピカピカなツヤが
出るものが多い>

<つまりCodama流は土系の
深みがあるツヤだったが

今回は石灰系の漆喰で

ピカピカの泥だんごを目指す>

<まずは…>

<アキラも毎晩 練習していた…>

(斎藤さん)ギュ~ッと そうそう。
(八幡さん)そうそう。

そうです。

(おばた)あぁ~ なんか。

<なかなか…>

<しかし ここで…>

(生瀬)
うわ きれい!

(八幡さん)いや だけど…

(斎藤さん)うまいですよ。

(おばた)スノーボードは確かに。

(斎藤さん)だからですよ やっぱり。

(八幡さん)たぶん それが山で
体で覚えてるんでしょうね。

<やはり…>

(おばた)なんか…

<たとえ身内でも
人気者に すぐに乗っかるのが

おばたの流儀>

(おばた)いや 本当に改めて…

(おばた)これが…

(おばた)…ていうのをね感じましたね

<実は昨年 宮大工や左官職人らが
継承する…>

<…に登録され

日本が世界に誇る
匠の技と認められた>

<しかも八幡社長は…>

(八幡さん)…持ってるっていうか。

<…おばた>

<それでは…>

<土台は…>

<…を使用>

(おばた)はい。

(おばた)確かに 確かに。

<そして おうとつをなくすように
漆喰を塗り

根気よく ずっと磨いていくと

とてつもなく光り輝く
泥だんごが完成する>

<根気よく ずっと磨いていくと>

(おばた)ほら。

<今までにないピカピカ度の
泥だんごが完成>

(おばた)そうですね。これね…

(斎藤さん)いいですね。

<漆喰で塗った藍色と赤色は…>

<そして火星の…>

<アート泥だんごと
ノーマルタイプの泥だんごを…>

<全て売れれば最高額の…>

<果たして…>

(生瀬)さぁ どうだろう?
きょう結果。

(おばた)今回は販売期間も
ちょっと長かったので。

売れたんじゃないかなという。
頼むよ。

では結果発表です!

<このあと…>

(おばた)光る泥だんご 今回は!

(おばた)はい 1個は売れてるので。
(大吉)おっ。

あれ?何だ この数字は。
(森川)あれ?何か。

(生瀬)あれ?
いけ!

来い!
(森川)どうだ?

(おばた)よいしょ!
おぉ~!

わぁ すごい!
すごい すごい。

(おばた)いきました!
(森川)すごい!

(華丸)4個ぐらい?

(おばた)漆喰の2つが
ポンポンと売れまして。

「和」が売れてるじゃん。
(おばた)「和」が売れたんですよ。

ねぇ 一番 売れないと思ったね。

<すると…>

<5555円に値下げした
巨大泥だんごが売れた!>

<ということで…>

<歴代1位の記録を
たたき出す結果となった>

(♪~)

(♪~)