ヒューマングルメンタリー オモウマい店 2時間SP[字]【千葉】そば界のエベレスト!?…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ヒューマングルメンタリー オモウマい店 2時間SP[字]【千葉】そば界のエベレスト!?

6.5人前相当『特盛もどき』【栃木】超アットホーム焼きそば店(秘)ポテト丼【埼玉】弟子35人そば名人!!番組ADが弟子で師匠超え!?【徳島】約3合チャーハン300円ほか

出演者
【MC】ヒロミ【進行】小峠英二【ゲスト】梅沢富美男、久本雅美、長嶋一茂、滝沢カレン、久間田琳加
URL
https://www.ctv.co.jp/omouma/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 久本
  2. ハハハ
  3. 滝沢
  4. 梅沢
  5. スタッフ
  6. 久間田
  7. 店主
  8. 長嶋
  9. 面白
  10. 師匠
  11. AD谷口
  12. 本当
  13. 最高
  14. 弟子
  15. タクシー運転手
  16. チャーハン
  17. 直美
  18. ダメ
  19. 相田
  20. 大丈夫

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



<テレビの前の皆さん>

<日本の とある町で
見つけました>

(小峠)あ~っ ラーメン屋。

(久本)ラーメン屋か。
(滝沢)ラーメン食べたい。

(久本)うん。(滝沢)えっ!

低いですね。

(久間田)こんな低いとこで
やってるの?

(ヒロミ)何か低いよね。
ハハハ…[笑]

低いな!

(梅沢)腰 痛いだろ?
(久本)腰 痛めるよね。

(久間田)腰 痛めそう。

ねぇねぇ
こういうタッチもあるの?

(久本)そういうのあるんだね。

いや…[笑]
(久本)え~っ!

(久間田)ハハハ…[笑]
(梅沢)低いな。

(滝沢)こんなこと ある?
低いよ。

(久本)低すぎて。
(梅沢)低すぎるだろう。

チャーハン低めだね。
(久本)よく腰 痛くないわ。

(久間田)わっ すご~い!
(久本)ほら もう 出た!

(久間田)めっちゃ量ある。
(久本)何?この量。

これは家族で行ったら 楽しいな。
これは いいですね うわ~っ。

(長嶋)これ家族は うれしいな
これだけ あったら。

これ うまそうだな。

うん。

(スタッフ)半々チャーハン?
はい。

(スタッフ)半々?
半々です。

半チャーハンじゃなくて
半々チャーハン?

ハハハ…[笑]何だよ これ。

半々チャーハンって何?
聞いたことないですね。

(久間田)初めて聞いた。
半チャーハンの半ってことでしょ?

半々チャーハンだから。
(久本)なぁ。

聞いたことないよ
半々チャーハン。

ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

(梅沢)ウソだろ?
ねぇ。

(長嶋)5杯分で半々なんだ。
あ~っ。

あっ もうね。
(滝沢)あっ おいしそう!

混ぜちゃうパターンね。
(滝沢)先に混ぜるやつだ。

最初にね。
(久本)うん。

半々チャーハン。

(久本)あ~っ また低いんだ
本当 低いんだよね。

低いんだよな。
(久本)低いんだよね。

姿勢が低いんだよ。
ハハハ…[笑]

これ何だよ この低さ。

(久本)バケツじゃん!もう
タライじゃん!もう。

ハハハ…[笑]

うわ~っ。
(長嶋)すげぇな これ。

(久本)うわっ ごはん3合なんて。

いやいや うまそうだけどさ。
うまそうですね。

(久本)うまそうだけど。

これ低いのよ。
低いな!

ハハハ…[笑]

(滝沢)ずっと お辞儀してるみたい

(梅沢)これが本当に
一番やりやすいのかな?

分からない。

(久本)めちゃくちゃ
腰 心配しちゃう。

めちゃくちゃ これ運動になるわ。

(久本)体幹すごいんだろうな。

いや これ うまいよ!

(久間田)うわっ え~っ!
おいしそう!

うわっ すげぇ!
(久本)めちゃ うまそうだな。

うん。
(久本)めっちゃ うまそう!

半々チャーハン4人前って
すげぇよな。

(久本)えっ どういうこと?
う~わ!すげぇな。

(滝沢)3日いけるよ。
食べきれないよね。

いやいや…。
食いたいけど。

そうですよね。

いや いいよ その断面図。
(梅沢)ハハハ…[笑]

(滝沢)あっ 断面。

恐竜時代とか そういうんじゃ
ねぇんだからさ。

これが当たり前になってるんじゃ
ないよ!もう。

(久間田)ハハハ…[笑]

(久間田)あ~っ おいしそう。
あっ おいしいんだ。

(久本)絶対おいしいんだよ これ
また おいしいんだよな。

これ おいしいから
みんな来るんだよね。

いい眉毛してるね。
いいですね。

いい[笑]いいですね。

…じゃないよね?
ハハハ…[笑]

(長嶋)似てるわ。
確かに。

(長嶋)似てる 似てる。
(滝沢)そっくり!

<4人前相当の 半々チャーハン>

<さぁ いくら?>

いや いくらだ?これ。

半々だからね。
うん。

分からない でも…

(久本)いや いくね
普通だと900。

(スタッフ)おいくらになるんですか?

(一同)え~っ!

お~っ 安いね!
(久間田)え~っ 300円?

安い!
え~っ!

(滝沢)300円?
(梅沢)えっ 1合100円かい!

(久本)値段も半々じゃん もう。
これ ちょっと すごいな!

(久本)値段も半々だよ。

(久本)見てみなよ これ…

ハハハ…[笑]
本当だよ。

本当だよね。
(久本)何ていう店や。

うわっ。
(久本)そうだよね。

いや そりゃそうだよね。

(スタッフ)一般的な…

(長嶋)ちょっと出せば?利益。

ハハハ…[笑]

利益を完全に放棄したって。
ハハハ…[笑]

最高だね。
面白い[笑]

利益放棄チャーハンってあるの?

見たことない漢字ですもんね
「利益放棄」って。

<このお店 どこだ?>

(久本)どこ?
どこだ?

(久本)めっちゃ…えっ!

お~っ!
(久本)徳島だ!

徳島?初上陸 あら!
初ですね。

<番組 初!>

<四国のお店>

あ~っ!
(久本)すごい すごい!

徳島ね。
徳島 行った。

(久本)私の両親の ふるさとだ
これ。

そうですか。

うん。

もともとは友達 幼なじみみたいな

(スタッフ)幼なじみ?
うん。

(久間田)え~っ 何か いい。

(スタッフ)同級生?
うん。

(久本)同級生で やってるんだ。

(スタッフ)しゅうじさん。

ハハハ…[笑]
(スタッフ)似てますね 何か。

「しゅうじ」と「しょうじ」
似てるな おい。

いいよ!
また うまいこと。

(久本)いいコンビだよね。
しゅうじ しょうじさん。

しゅうじと しょうじで。

よく できてるね。

(久本)しゅうじと しょうじ
覚えやすい。

面白い。

(久間田)え~っ!
(スタッフ)上から下まで?

(相田さん)米系はね。

相殺される[笑]
ハハハ…[笑]

(スタッフ)これ何 頼んだんですか?

≪小を頼みました。

(スタッフ)小?
あ~っ うまそう。

(久本)徳島ラーメンうまいから
徳島ラーメンうまいよ。

(滝沢)わっ おいしそう!
(久間田)あ~っ おいしそう。

(滝沢)わっ 大好き鶏ガラ豚骨。

徳島ラーメンっていうのも
あるんだね 何かね。

(滝沢)うわっ 食べたい。
いや 食ってみてぇな。

これ うまそうだね。
(久間田)モヤシ。

こういうの いいよ。
(滝沢)タケノコだ。

あ~っ うまそう これ。
(久本)いいですね。

そうそう。(滝沢)豚バラ?
豚バラなんだ。

(長嶋)チャーシューじゃないんだ。
(久本)うん 豚バラ入れる。

豚バラが入るんだ。
(久本)いいね!

すごく いっぱい入ってて いい!
いい!

あの感じの「うまい」は
うまいんだよな。

ねぇ。
「うんま」

(長嶋)「支那そば」
でも こういうの安いね。

安い!
うん 安い。

(梅沢)あ~っ いいね。
これでも 利益出てるの?大丈夫?

十分 安いですよ?
(久本)安い すごい安い。

(スタッフ)つけ麺。

うわっ おいしそう。

(久間田)わっ おいしそう!

あ~っ いいですね。
これ絶対 うまい!

(滝沢)あ~っ 大好き つけそば。

(久本)1.5倍だよ?1.5玉。

で 500円だよ?
あっ 安い。

(久本)安いな。
これ安いな 500円。

(相田さん)それしたら…

チャーハン 安すぎだから。

ちょっとね。

低いのよ。
低いな!

(後藤さん)ちょっと
待ってくださいね。

(久間田)見えない もう
もう お客さん…。

持ち帰りできるから。
(滝沢)ありがたい。

(後藤さん)3パック目から
50円いただいてますけど。

(久本)太っ腹だなぁ。

(相田さん)まぁ そうですね
あんまり ここで お金 取りたない

ハハハ…[笑]

チャーハンで がんじがらめに
なってますね もう。

(久本)偉いわ。

(梅沢)何の意味がないって
いうのは これ いいね。

面白いな。

うわっ!
(久本)うわ~っ。

わんぱく盛りだな。
(久間田)器から出ちゃう。

(長嶋)山だ 山。

(久本)かまくらじゃん これ。

何?これ。

何だよ?これ。

(久本)すごいわ。

これが普通。

(滝沢)もう すごい。
すげぇな。

(久本)並が何杯?
これが普通なんだ?

いや~ ちょっと すごいわ。
これ ちょっと すごいですね。

(久本)うわ~っ 5杯 入った!

並で5杯 あっ 6杯!

でも うまいんだろうな。
(久本)うまい。

みんな「うまい うまい」って
言ってるんだもん。

相当うまいんだよ。

(梅沢)あっ まだ いくよ。
(久間田)えっ?

(長嶋)そうだよ だって半が
4~5杯だったから。

え~っ!
(梅沢)これは無理だろう。

これは無理ですよね さすがに。

(梅沢)いや そんなに
サービスしなくたって。

(久間田)え~っ!
(梅沢)いや 残すから。

(久間田)11?12
ヤバイ ヤバイ!

(滝沢)これは もう…。
(久間田)え~っ!

(梅沢)え~っ!
13杯。

(梅沢)13!?

(長嶋)誰が決めたんだろうね
あの並13杯って。

(久本)えっ まだ いくの?
まだ いく?

(久間田)え~っ!
(久本)まだ いくよ?

おい!
(久本)誰か止めてあげて!もう。

ハハハ…[笑]
(久本)誰か止めて これ。

ハハハ…[笑]

(久本)これ 何?これ。

(滝沢)これ もう
全部 使っちゃうじゃん。

すごい すごい。
1回で なくなっちゃうじゃん!

(後藤さん)なくなっちゃった。
(久本)わっ もうない…!

いやいや これは赤字だよ!
うん。

(久本)もう ないよ。
(長嶋)12[笑]

低いぞ。

(久間田)見えない もう
お客さん…。

(梅沢)間違いない。
面白いね。

(久本)しょうじがオッケー。

(久本)しょうじが。

あっ ちゃんと土台を組んでね。

あ~っ なるほど。
(久本)いいね。

(滝沢)2人がかり。
なるほどね。

(長嶋)あ~っ そういうことか。
(滝沢)サクッと出せない。

(長嶋)2人で。
熱いでしょ これ熱いでしょ。

熱いよね[笑]

(久本)1回 手洗わないといけない
(滝沢)え~っ。

うわ~っ!
(滝沢)すごい!

ハハハ…[笑]

(久本)本当だよね。

これ[笑]

(久本)うわ~っ あ~っ もう…。

いや でも1回でも
やっぱチャレンジしたいね。

(久本)毎日これ
やってるんでしょ?

これ ちょっと。
(梅沢)8合。

(久本)すげぇな。
ウソでしょ?

(滝沢)これは すごい 芸術だ。

(久本)1000円!
これで1000円。

(長嶋)まだ1000円超さないの?
大丈夫?これ。

(久間田)うわ~っ!
うわ~っ すげぇ!

(久間田)すごい!
食べきれる人いるの?これ。

いや これ無理でしょう。

(久本)遠目で見たら
ピラミッドだもん。

ハハハ…[笑]

どうでしょう?

(スタッフ)マジですか[笑]
≪またまた。

お前まだ1杯しか 食うとらんやん

あっ 出た
出た 絶対無理。

ほら[笑]
(梅沢)絶対そうなるよ。

ハハハ…[笑]目が うつろに
なっちゃってるのよ。

(久本)みんな絶対
目が うつろになるよな。

毎回このパターンだよな。
(久本)うん。

目がもう みんな うつろになって
死んじゃって。

(久間田)みんな同じ[笑]

(久本)もう出た もう入らん。
(滝沢)持って帰ればいいのに。

(梅沢)顔色変わった やめな!もう

ハハハ…[笑]

ちょっと待って[笑]
ハハハ…[笑]

(久本)死んでるよ?
(梅沢)放心状態だわな[笑]

お前 言うたやろ。
ハハハ…[笑]

面白いな こういう人。
面白いですね。

(久本)あれだけ「余裕だ」って
言ってたのに。

お前「これや!」言ったやろ。
ハハハ…[笑]

やっぱ そうだよね。

あ~っ 面白いね。
(久本)ツライよね。

ハハハ…[笑]

(久間田)こんなに苦しそうな
「苦しかった」

(梅沢)本当に苦しかったんだ。
頭 抱えちゃってるもん。

(久本)苦しい思い出しか
なくなっちゃったもん。

あ~っ おかしいな。
(久本)面白い。

どれぐらい炊くんだろう?

(滝沢)えっ?(久本)えっ!
(久間田)え~っ!

(スタッフ)100合。(後藤さん)はい。

(長嶋)そんなとこあるの?
100合。

(梅沢)じゃあ10回分だ
あの お米で。

(久本)うわ~っ 3時間で100合
え~っ!

これ腰 大丈夫?これ。
うん。

(梅沢)ならないんだ。
強いんだ。

(スタッフ)まったく?

(久本)なるって そりゃ なる。
(梅沢)やっぱ なるね。

ハハハ…[笑]
(久間田)ヤバイ あの高さじゃ…。

(後藤さん)そうやな。

(相田さん)全員から。

後藤だから「ごっぺ」なのかな?
ハハハ…[笑]

あっ それで「ごっぺ」なんだ。

あら。
(久本)ハハハ…[笑]何でだよ。

あ~っ。
(久本)はぁ~ 出会って25年か。

出会って25年か。
おっ 何か。

(久本)いいね
しゅうじと しょうじ。

いいね[笑]
(久本)いいよ プライベート。

(長嶋)あっ。
あ~っ。

休みも一緒なんだ。
(久本)えっ 仲良しだな。

仲いいね!
(滝沢)仲良し。

(久本)定休日ぐらい
離れればいいのに。

うん。
(久本)しゅうじと しょうじ仲良し

えっ 毎日 一緒で こうやって…

ハハハ…[笑]

(久本)本当だよ。

どこまで仲いいんだ。
仲いいんだな。

(久本)え~っ!かわいい。

あれ 普通 一緒にケーキは
食べに行かないよ?

ハハハ…[笑]

イチゴタルト[笑]
(滝沢)かわいい。

ハハハ…[笑]
譲り合うんだ。

すげぇな。

(久本)完売だ。
(滝沢)せっかく行ったのに?

(久本)あらら…。
(梅沢)人気なんだ?

うん。

(スタッフ)えっ?(相田さん)完売。

(久本)人気店だ。

(スタッフ)完売ですって。
(滝沢)見たかった。

(久本)あら 食いたかったのに。
(久間田)おやつが。

ショックだね。
あ~あ~っ。

ハハハ…[笑]
(久本)すげぇ落ち込んでるな。

やっぱショックだな。
あ~っ。

(久本)あ~っ。

今度プレゼントしてあげなよ。

ハハハ…[笑]そうですね。

(滝沢)え~っ また 行くの?

ハハハ…[笑]

(久本)見たいね どんなケーキか。
うん。

そっちが気になっちゃって[笑]
そうですね。

おっ!
(梅沢)あっ 2時じゃん。

(久本)あっ 2時だ 2時だ。
(梅沢)もう閉めないと。

ねぇ もう…。
もう行かないと 間に合わないよ。

(久本)行く 行く。

すげぇな いろんなものを
追い始めるんだな。

ねぇ。
(久本)うん。

(久本)でも 気になる 気になる。

うわっ これ どうなんだろう?

あ~っ そうね。
あ~っ もう準備しとくのね。

(久本)早い。
もう先に エンジンかけとくんだ。

(久本)偉い 偉い。
さすが!

いいね。
(滝沢)どうしても食べたい。

(長嶋)間に合うか?
いや どうだ?きょうは。

さぁ どうだ?

(相田さん)…この客入りは。

うん 目の前で売り切れになる
パターンがあるかもしれん。

(後藤さん)完売 違うんか?あれ。
ハハハ…[笑]

(久間田)え~っ!

(久本)またなの?
(久間田)また完売?

(久本)またなの?
何?これ!

(梅沢)何だよ!
(久間田)また完売?

何?これ。

もう このタルトの方が
気になるわ。

(久本)タルト気になる。
(滝沢)タルトが見たい。

(久本)どうしてもタルト見たい。

きょうだけじゃ ないけどね。

2時でもダメか。
あ~っ。

最高だな。
ハハハ…[笑]

(久本)わ~っ
ちょっと 気になる 気になる。

もうタルトのことで
頭いっぱいですよ。

(久本)まばたき しないんだけど。
うん。

(久本)まばたき してない。
まばたき少ないね。

面白いね。

(久本)もうチャーハンどころじゃ
ないんじゃないですか?もう。

(滝沢)タルトのこと考えてる。

(長嶋)あ~っ そういうことか。

(長嶋)2人で やるんだ。

これは もう…

(久本)いいコンビだよね。
うん。

(久本)しゅうじと しょうじ。

(相田さん)「たかはし」っていう
元々のね

店が徳島にあったんやけんど。

(相田さん)…て 言うてくれて。

(スタッフ)へぇ~っ。

(相田さん)「たかはし」…

「たかはし」の味
おばちゃん辞めるって聞いたら…

(久間田)いい話。
(久本)素晴らしい。

そうか。

ねぇ 思い出の味を
守りたいっていうね。

(久本)おばちゃんも
喜んでらっしゃるよね。

そうですね。
そうだろうな。

(久間田)うわ~っ。

(久本)え~っ!
何で?

(スタッフ)チャーハンもですか?

(一同)え~っ!

<ヒューマン グルメンタリー
オモウマい店>

<今夜は2時間>

<よろしくお願いします>

まぁ 本当に この2時間
強烈だったね 今回。

(スタッフ)えっ?

(スタッフ)チャーハンもですか?

(小峠)え~っ!
(ヒロミ)すごいな。

(久本)優しいな。
タダなんだ。

えっ カップルで?
(滝沢)デートだ!

(久本)へぇ~っ。

友達同士だと
チャーハン無料だって。

すげぇな。
(滝沢)食べてみたい ここ食べたい

無料なんだ すげぇな。

これ食いたいね!
(久本)食いたいね。

本当に うまいなって あの…。
(滝沢)食べたい。

いい お店。

(スタッフ)でも何か
印象として2人 何か…

(相田さん)まぁ わいは特に その…

…と 思とって。

すれ違うだけでも
何か縁があったんかなって。

普通に考えたら…

でも これはさ ずっと来るよね。

うん いいですね。

(滝沢)思い出だな 思い出の味。

…ダメなんだな。

(久本)記憶に残る店だよね。

うん。
(久本)すごい。

えっ!
あ~っ 終わり。

えっ!タルト見ないの?

(スタッフ)1週間
ありがとうございました。

(久本)どうしてもタルト見たい。

あっ!
あ~っ!

お~っ よかった!
そりゃ そうだよ!

そりゃ そうだ!
(スタッフ)食べたいかな?と思って。

(久本)偉い 偉い!
よく やった!

(スタッフ)いろいろ
いただいちゃったんで

もし よかったら。

(滝沢)これは優しすぎる。
これは 粋なことしますね。

(久間田)あっ 抹茶ある 抹茶。
(滝沢)おいしそう!

(久本)あら かわいい!

(長嶋)うれしそう。

(久本)しゅうじと しょうじが
食ってる これ。

ハハハ…[笑]
(久本)幸せそう。

(相田さん)全然 甘ないから いける。

ハハハ…[笑]

(久本)よかった。

(スタッフ)ありがとうございます。

(後藤さん)まさか最後
こんな展開になるとは。

いや こう言ってもらえると
いいよな 何かね。

(スタッフ)いただきます[笑]
(後藤さん)は~い。

仲良くなってんじゃん。
ねぇ。

よかった よかった。
(滝沢)いい ご縁だ。

<話は変わり>

(長嶋)あっ 変わった。

(スタッフ)突然すいません あの…
タクシー捜索隊 出た。

(久本)へぇ~っ。

(滝沢)自宅が2階にある お店。

(滝沢)どういうこと?

ハハハ…[笑]

もうタクシーの人もさ 困るよな。

ねぇ これ こんな発注の仕方ね。

こんな発注あるのかね?
ないですよね。

(スタッフ)もし可能であれば
助手席に乗っても大丈夫ですか?

(タクシー運転手)あっ いいですよ。

(梅沢)あっ そうなの?
はい。

この手法でね。
(梅沢)そりゃ大変だな。

この手法で…

(滝沢)すごい 大変な探し方してる

<そして今回も>

わっ どうなんだろう?

あっ これ可能性あるよ。
ねぇ。

うわっ きたね!
はい お待ちどおさまです。

(久本)え~っ!
きたね!

こんなこと ある?

(梅沢)もうダメだ。
(久本)もう無理。

ハハハ…[笑]

(ヒロミ)すげぇな 足 使ってるな。

(タクシー運転手)そうですね。

(滝沢)すごい 大変な探し方してる

(久間田)本当に窓見て探すんだ。

(久本)ハハハ…[笑]

(滝沢)でも最高。

(久本)あ~っ
タクシーの運転手さんね。

えらいな もう巻き込んじゃって
すみません 本当に もう。

(タクシー運転手)すみません
お待たせしました。

こうなると やっぱり
タクシーの運転手さんも

見つけたくなるだろうね。
(小峠)そうですよね。

やっぱり ドライバーとしてのさ。
うん。

俺が見つける!みたいなね。

(久本)ちょっと
喜びを感じたいよね 一緒にね。

(スタッフ)あっ 33なんですね。
(タクシー運転手)はい。

(タクシー運転手)そうですね。

(タクシー運転手)私ですか?
(スタッフ)はい。

(スタッフ)へぇ~っ。
横浜だもんな 行きそうだもんな。

(梅沢)鶴見とか…。

あっちの方に行けば
あるんじゃないかな。

(スタッフ)高校野球。

(スタッフ)あっ そうなんですね。
ねぇねぇ もうタクシーの…[笑]

結構ロングインタビューですね。

(スタッフ)野球部がない高校なんて
あるんですね。

(タクシー運転手)ありましたね。
(滝沢)密着。

(久本)このトークいる?
ハハハ…[笑]

(久本)このトーク。
いやいや…。

(久本)いる?
そうなんだよね そうなんだけど。

(タクシー運転手)休みの日ですか?
(スタッフ)はい。

(タクシー運転手)う~ん そうですね…

(スタッフ)へぇ~っ。
(タクシー運転手)はい。

(タクシー運転手)はい あります。
(滝沢)野球部?

(久本)だから いるか?
このトーク。

こんな流さないですよね。

たまたま出会ったタクシーの
ドライバーさんだからね。

(タクシー運転手)それがね…

(スタッフ)え~っ!本当ですか?
え~っ!

(久本)それは すごい!
(スタッフ)きのう生まれたんですか?

(久本)掘ってみるもんだね!

掘ってみるもんだよ!
おめでとうございます それは。

(久本)すごいわ!それは面白い
素晴らしい!

(滝沢)え~っ
じゃあ さっきじゃん。

ハハハ…[笑]
(スタッフ)すごい!

もう早く帰ろうよ!

(久本)うん 本当だよ。

あっ そうか。

(滝沢)早く会いたいよね。

(久本)なるほどな。

いや~ 人って何かの縁なんだな。
うん。

(長嶋)会ってないの?じゃあ。

(スタッフ)あぁ~ そうなんですね。
(タクシー運転手)ちょっとね

見れましたけど。
(スタッフ)へぇ~ すごい。

(長嶋)まだ抱っこしてないんだ。

(スタッフ)あぁ~ 男の子で へぇ~。

(久本)ハハハ…[笑]

もういいんじゃない?
すげぇな。

めちゃくちゃ 聞くな。
止めどなく…

(久本)本当な もういいかな。
(滝沢)探してるの?本当に。

回り 見失ってそう。
お前 インタビュアーか。

(久間田)ハハハ…[笑]
(久本)なんだろう。

どれだけ質問してるんだよ。

もういいよ!もういいよ!

(スタッフ)えっ!さっきなんですか?
しかも[笑]

もういいよ。もう さすがに。

(久本)探してる最中に…
いおりちゃん まぁ ね。

いおり。
(久本)いい名前だけど。

おいおい!
ハハハ…[笑]

(長嶋)なんで 一緒に
飯 食ってるんだよ。

(久本)かわいい。
いやいや そうだけど。

かわいいよ いおりくんね。
かわいい かわいい めちゃくちゃ。

(久本)ねぇ。

(スタッフ)さっき来たんですか?

(久間田)ハハハ…店…。

店探してほしいのよ。
(久間田)ほっこりする。

(久本)本当 探して。

あっ!あの人だ。
こいつかぁ!アイツだよ。

毎回ね こいつは
こういう絵を使うんですよ。

(梅沢)あぁ そう。
このディレクターは。

(久本)そうなんだ。
あの人ね。

(梅沢)タクシー回りする。

自宅のラーメン屋さんとかね。

(久本)ありそうだけどね。

(久間田)あぁ~ なんか
ありそうな雰囲気。

(久本)なるほどね。

(滝沢)意外にないんだ。

あっ こういうの 今の。

≪はい。

確かにね 千葉だし
千葉で「名古屋」って。

名古屋だけに。

(スタッフ)そうです。

(スタッフ)そうですね。
うん そうだね。

「名古屋」は
やっぱり 押さえないと。

(スタッフ)なんで「名古屋」?

(久本)あっ 千葉なの?

千葉なのに「名古屋」は…。
気になりますよ。

「名古屋」なぜ?ここに「名古屋」
うん。

(滝沢)何屋さん だろう?

ねぇ 何屋だろうね これ。
(久本)本当だね。

あっ「お食事処」だ。
(梅沢)そば屋さんだ。

(久本)おそば屋さんだ。
でも なんか もしかしたら

なんか あるかもよ。
(滝沢)あっ!

(久本)あるね。
そう 上 自宅だね 多分。

(久本)すごい すごい。
(久間田)2階 そんな感じ。

ねぇ でも…。
(梅沢)2階 住んでるの?

これ 自宅っぽいですよね。
(長嶋)2階 自宅じゃない?

(久本)あっ 本当だ。

あるあるある うん。

もう 運転手さんも ちょっと
興奮してきてますね。

運転手さんも 探偵気質だね。
(久本)そうだね…。

あっ!ハト飼ってるの?
(滝沢)ハト飼ってる。

(スタッフ)今 鳥いましたよ。

ハト飼ってるんだ。
(久間田)住んでそう。

(スタッフ)住んでますかね?
≪はい。

ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

こんな見方あります?こんなね。
(久本)いやぁ~ すごいな。

(滝沢)発見した。

(梅沢)人んちだよ。
そう いや 本当そうなんですよ。

(梅沢)勝手に決めるなよ。
人んち なんですよ。

(久本)あぁ~。
あぁ~ おかしいな。

≪いらっしゃいませ。
これは すごい[笑]

どんな店なんだろう?

あぁ~ おかしいな。

(スタッフ)突然来て
申し訳ないんですけど…

≪えぇ。

おぉ~。

(久本)おぉ~ 見つけた。
(梅沢)おぉ!

(滝沢)まさにだ。

おぉ!これ可能性あるよ。
ねぇ。

(久本)ある ある。

わぁ~ どうなんだろう?

≪おすすめのメニューは

おそばを本当に…

あら?
(久本)出た。

出た 出た。
あら。

特盛もどき?
(久本)特盛もどきって何?

「もどき」っていうのが気になるな

≪特盛もどきっていうのは…

(久間田)ハハハ…[笑]

何?これ。怪しいね ちょっと。
ハハハ…[笑]

(久本)ちょっと 面白そう。
(久間田)面白い!

あぁ~。
(久本)えっ すごい すごい。

特盛を頼みたいんだけど
頼めない人が

特盛もどきを。
特盛もどきを 頼むみたいですね。

(久本)見てみたい。

(長嶋)いや いや いや
「もどき」じゃねぇよ。

おぉ~!
(久本)えぇ~!

来たね!
(長嶋)全然「もどき」じゃないよ。

何?これ!

(久本)特盛じゃないの?

ハハハ…[笑]
(久本)えっ なんで「もどき」なの?

(滝沢)これが「もどき」
おぉ~!いいね。

(久間田)おいしそう。
いいね!

(久本)すごい!
こんなこと ある?

ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

(久間田)うわぁ えっ すごい。

(久本)すごいわ 量。
うん。

(梅沢)これ 普通の盛りにしても

4人前ぐらい
あるんじゃないかな?

いやぁ~ あるんじゃないですか?
(梅沢)ねぇ。

いや 4人前どころじゃ
ないんじゃない?

(久本)ほら もう 出た。

すごいな。
(久本)何?この量。

(滝沢)おいしそう そば。

いや うまそうだもんね。
うん。

(久本)何?これ。

かつお節!
あぁ~。

(久本)さすが
よく知ってる。

(滝沢)えっ おしゃれ。
すごい すごい。

(滝沢)ちゃんと。

へぇ~。
こういう感じですね。

わっ すごい。
(久間田)わぁ~ すごい。

(スタッフ)すごい 香りが。
≪うん。

うわぁ~。
(久本)うわぁ~。

だし出るわ これ。
うん。

すごいな。
うわっ これ すげぇな。

(久本)豪快。

はぁ~。
(長嶋)つゆ 自家製なんだ。

(久本)いやぁ~ おいしそう。
(久間田)うわぁ~。

(久本)すごい すごい。

これ うまそうだね。

人気だ。

(久本)うまそう。

へぇ~。
(スタッフ)へぇ~。

(スタッフ)あっ そうなんですか。
(久間田)へぇ~。

(久本)いくら?いくら?6人前。

これ いくらなんだろう?
「もどき」って

いくらでしょうね?
(久本)いくらだろう?

値段ですか?

(久間田)えぇ~!
安いよ。

(滝沢)安い!(久本)そう。
うん。

(久本)いや いや…。
(梅沢)いや いや 安すぎるって。

安いな。

(久本)笑ってる。
ハハハ…[笑]

(長嶋)これが楽しいのかな?

(店主)なんだよ[笑]

あぁ~ いっぱい
食べさせたいんだな。

(直美さん)きのうも
見てると思うけど…

(滝沢)多くなっちゃうんだ。
(直美さん)ハハハ…[笑]

(滝沢)優しさが あふれちゃうんだ

(久本)あぁ~。

優しさだよな みんな。

(久本)本当 みんな優しいんだよね
太っ腹で。

(滝沢)こんなに!
(久本)わぁ~!いっぱいもらった。

…になってるけど。
(久本)バーキンみたいに

なっちゃったな。
バーキンみたいになったけど。

いいですね。

<香取市にある

2階が自宅の おそば屋さん>

(久本)あぁ~ いい人たちだ。
千葉なんだ。

(久本)みんな こういう人たちって
いい人だよね。

太っ腹だよな みんな。
ねぇ。

(久本)へぇ~。

あっ あげていただいて。
なんで家に あがるんだよ。

なんで?
自宅っていうだけで

いいじゃんかよ。

うわぁ すげぇ。
おぉ~。

(久本)犬がいる。

(滝沢)あっ!えっ 3匹?
おぉ~ 多いな 多いな。

(滝沢)ペット好きなんだ。
(スタッフ)あっ!

うわぁ~!フクロウ。
(久本)フクロウも。

(スタッフ)名前は なんていうんですか
(直美さん)シロ。

すげぇ。
(久本)すごいの発見しちゃった。

フクロウ飼ってるんだ。
(久本)広がるよね。

うわぁ~!何?フクロウ もう1匹。
うわぁ~。

2匹。えっ すごいね。

(久本)すごい!

(久間田)あっ さっき
タクシーから見えた。

(スタッフ)入ってるの アヒルですかね
(直美さん)あっちが アヒル。

コールダックで…。

ハハハ…[笑]

なぁ。
(久本)ねぇ すごいことになってる

(滝沢)すごい。

≪いらっしゃいませ。
(スタッフ)おはようございます。

(直美さん)おはようございます
よろしくお願いします。

(店主)あぁ~ おはようございます
(スタッフ)おはようございます。

すいません よろしくお願いします
(店主)よろしくお願いします。

(久本)あぁ~ 朝10時から。

ほら みんな優しいの こうやって。

(滝沢)はぁ~ 優しい。

(スタッフ)いやいや でも あの…

(久本)本当 いい人。
(梅沢)いい おやじだな。

(スタッフ)終わったら
終わったら いただきます。

(久本)すげぇ。
食べさせたいんだね。

ねぇ うん。
(久本)食べてもらいたいんだな。

≪失礼します。

(スタッフ)ありがとうございます。
(滝沢)なんだろう?

(久本)朝10時よ。

(滝沢)あぁ~ 最高 朝食。

(久間田)何?(久本)どうした?

(滝沢)えぇ~!(久間田)うわぁ~
えぇ~!おいしそう。

(長嶋)すげぇ量だぞ。
(久本)えぇ~ すごい!すごい!

(長嶋)なんで?海鮮丼があるんだよ
そうだよな。

(久間田)めっちゃ おいしそう。
(久本)豪華!

(長嶋)海鮮丼!
すごいですよね。

(滝沢)食べたい。

(久本)サクサクじゃないもん。

ハハハ…[笑]

(久本)うわぁ~ これ 何?
うわぁ これ 多いな。

この法則 すげぇな。

(長嶋)こぼれてるよ。
(滝沢)もったいない。

(久本)こぼれてる こぼれてるもん
乗り切れなくて。

あぁ~ うまそうだな これ。
(久間田)これ おいしそう生姜焼き

(久本)生姜焼きランチ。
千葉だもんな。

(滝沢)生姜焼き 大好き。

えぇ~!
(久本)1000円切ってる!

安いよ。
うん 安い 安い。

(直美さん)はい お待たせしました。

そばってね 高いんだよ そば粉が。

(梅沢)天丼かい?あれ
うわぁ~。

(滝沢)天丼も すごい
重なってる。

(梅沢)多い 多い。
千葉も多い。

(梅沢)エビ2本
3本だよ!

(久本)太っ腹だね。
エビ3本って。

うわぁ~。
うわぁ~。

(梅沢)これは いいね。

(梅沢)…ぐらいだな
このエビ3本で。

(久本)うん 安い いくらだろう?
(梅沢)おそば付いて。

1800。あぁ 安いね 安い。

うまそうだね。
(久本)めちゃ安いな。

(滝沢)うなぎもあるの!
(久本)うなぎ うなぎ。

はみ出てる!
うなぎ うわぁ!

(久間田)おいしそう。
うまそう。

(久本)はみ出てるよ。

うなぎ…うわぁ 安いね。
安いね。

(長嶋)いやいや 今…
あの うなぎの量

1600円で食えないよ。
そうですよね。

はい お待たせしました。

(滝沢)どうした?(久本)何?これ。
出た!

(久本)から揚げ。
うわぁ うわぁ…。

(長嶋)これ 食べるの?
このお母さん。

お母さん すごくない?
(滝沢)わんぱく少年みたい。

あっ!もう はなからね
はなっから。

(梅沢)用意してるのか。
ハハハ…[笑]

いきなりタッパーでしたね。
(長嶋)いきなり。

(久本)いきなり タッパー出したね
もう いきなり。

そりゃ そうだよね。
(久本)そりゃ そうだわ。

(梅沢)これ 全部
持って帰るんじゃないか?

(長嶋)まぁ これ夕食になるもんな

(久本)もう はなっから
分かってたんだね。

(梅沢)あっ 飯まで。
あぁ もう。

(長嶋)ご飯まで[笑]
あら。

(久本)頭いい!すごく。
ねぇ これは。

これは こうしたいよね。
ねぇ。

完全に から揚げ弁当ができた。

(梅沢)ふたできないって ふた。

母ちゃん ふたできないっての。
(滝沢)大丈夫?

これ もう…いける?これ。
これ 無理でしょ。

いや もう ふたいけないよ。
ふた 無理でしょ これ。

これ…ハハハ…[笑]いや これ。
(久本)すごいな もう。

(長嶋)どうするんだよ これ。
(滝沢)いや いや いや…。

無理でしょ。
(久本)無理やりだよ。

(久本)何にも 閉まってないもん
全然。

まぁ 最初にキープしておくって
いうのは ありだよね。

うん。
(久本)あり あり。

あぁ~ 安いわ。

(久本)いや これは 普通の
弁当屋より 量が多いからね。

絶対 得!(滝沢)食べてみたい
ここ食べたい。

これ 見て
おなかいっぱい。

あぁ~ これが好きなんだね。
(久本)おなかいっぱいになったよ。

やっぱり おなかいっぱいに
したいんだよね。

(久本)そうね。

(直美さん)だよね。
(店主)うん。

(スタッフ)いや ごはん食べましたよ。

(久間田)ハハハ…[笑]
(久本)すげぇ。

(久本)うん うん。

(滝沢)えぇ~ 優しい。

(スタッフ)すいません。

(久本)えぇ~!(滝沢)食べたい。
ハハハ…[笑]しないだろ。

うわぁ~。
(久本)うわぁ~ すごい。

これ 結構よね。

(スタッフ)これ並盛ですか?
(直美さん)普通盛り。

(滝沢)そばと ご飯も付いてる。

(スタッフ)はい。
(直美さん)大盛りだと。

あ~っ また これ
余計なこと言っちゃったから。

お前が悪いんだよ お前!

お前が 何か足りないような
雰囲気 出すから。

仕方ないね。
(スタッフ)いや 大盛りは頼んでは…。

うわ~!
(久本)すごい量だ。

(滝沢)もう食べるしかない。

(スタッフ)ハハハ…[笑]

ハハハ…ハハハ…[笑]

「まだ出るよ」いいね。

(梅沢)持って帰れるんだ。
(久本)いや これは すごい。

(久本)カツ丼。(スタッフ)カツ丼?

(滝沢)え~っ!(久本)優しいな。

(店主)そう!どうぞ。
(滝沢)3食 付いてるの?

うわ~っ いいね!
(梅沢)いや~ いい おやじだな。

(スタッフ)すみません。(店主)いえいえ
(スタッフ)ありがとうございます。

(滝沢)いい!もう神様じゃん。

(スタッフ)ハハハ…[笑]
いや もう十分です[笑]

(スタッフ)ありがとうございます。
(店主)ご苦労さまでした。

(スタッフ)すみません
また あしたも お願いします。

(店主)はい よろしくお願いします
(梅沢)あっ 送ってもらったんだ。

また お前
ホテルの出入りは いらないよ。

うわ~ いいね。
(久本)出た 夜ごはん!

出た。
(久本)優しいなぁ。

いや ねぇ いやいや…。

(滝沢)すごい[笑]
YouTubeみたい。

やっぱり お前も…

結構いきましたよね。

(梅沢)おっ 完食して…。
(久本)ちゃんと食べて 偉い!

もう いらないよ!
いらない いらない…。

ホテルから出るとこ いらないのよ

ここから!
ここからで いいんだから。

(滝沢)うわ~ 優しい。
(久間田)「軽く食べときな」[笑]

(久本)軽くじゃないでしょ。

あ~っ!いいね。
(滝沢)あ~ いい朝だわ これ。

これは いいわ おいしいよね。

(スタッフ)はい。

(スタッフ)いや もう…

(一同)ハハハ…[笑]

♬~ (余)事実 40代は平均1本

歯が抜けている

それが50代で3本

60代で6本 と増えていく

歯槽膿漏は歯が抜ける最大の原因 だから

《そうなる前に 「デントヘルス」》

ライオン史上
最大濃度の薬用成分配合

歯槽膿漏トータルケア!

今ある歯を1本でも多く守る

♬~「デントヘルス」 《塗る医薬品も》

(小峠)何?これ あっ 大?

(ヒロミ)ハハハ…[笑]
何だよ これ!すげぇな。

(久本)安い!(梅沢)え~っ!

(久間田)うわ~っ!
うわ~ すげぇ!

(久間田)すごい!
すごいよね。

うわっ すげぇ!そびえ立ってるな

(久本)優しいね。
いや~ 何か すごいな。

(店主)でも ほら。

(店主)そうやって…

(久本)偉い!

(スタッフ)フフフ…[笑]
(久本)へぇ~。

(スタッフ)でも その…

(店主)そう!手間だけだよね。

ほぉ~!「手間は タダだから」
(久本)素晴らしい名言!

名言だな。
なるほど。

「手間は タダだから」そうなんだよ
いい言葉ですね。

(久本)いい言葉だね
「手間は タダだから」

いいですね。

(梅沢)感じ いいよな。

(滝沢)よかった。
はぁ~ なるほど。

(店主)それが すごいね。

そうですね。
(久本)縁とか糸とか感じられる。

(店主)いい経験したもの!

(滝沢)なんて優しい人だろう。
(店主)ハハハ…[笑]

(長嶋)いつも笑ってる。

あら。
(スタッフ)ハハハ…[笑]

うわ~ いいね。

(滝沢)優しい。

(スタッフ)すみません
わざわざ そんな。

(久本)にぎやか。

岩ちゃん もう ちょっとした
スターに なってるじゃん!

岩ちゃんは サインないよ。
多分 ないですね。

(岩元D)横?(直美さん)どっちでも
好きなように。

ハハハ…[笑]

(梅沢)サインしてるじゃん。
お前さ。

ないでしょ サイン。
(滝沢)何 書くの?

(梅沢)サインしてるじゃん。
何してるんだよ!

(直美さん)みんな書くんだよ
お兄さんも。(滝沢)冷蔵庫に!

(スタッフ)分かりました。
(直美さん)やった~!赤。

(久間田)大きい[笑]

何だよ お前[笑]
お前の冷蔵庫じゃねぇんだよ!

ハハハ…[笑]
(久本)そうだよ。

いや ちょっと!

(久本)これ 大みそかで
掃除されちゃうんじゃないの?

大丈夫?
あ~っ 面白いな これ。

何なんだろうね?
1週間ぐらいで あんなに。

なるのかね?
(久間田)でも毎日 会ってたら

やっぱ なるんじゃないですかね?
(長嶋)何か

家族間の中に
何かが 芽生えるんだろうね。

(スタッフ)ありがとうございます。

(久本)いい思い出だよ 本当に。

<話は変わり 続いては…>

(久本)へぇ~ 焼きそば大好き!
楽しみ。

焼きそばって
すげぇ食べれそうなんだよな。

(滝沢)食べれちゃう いつでも。
(スタッフ)1人です。

(スタッフ)すみません。

(スタッフ)はい!

あっ。

(スタッフ)上?
(久間田)上?

(スタッフ)はい。
上?

座敷へ上がる?

(久本)座敷があるんだ。

(久間田)外から回るの?
(久本)えっ えっ…?

えっ 家?
(久本)1回 外 出て?

外 出て どういうこと?
家なの?

ハハハ…[笑]
(久本)え~っ!

えっ?

(久本)めちゃくちゃ洗濯物あるし
えっ?

これ どこだろう?
(滝沢)どこ?どこ?

(久間田)どこだ?
これ。

ハハハ…[笑]
(久間田)見つからない[笑]

分からなかったから 聞きに[笑]
(久本)戻っちゃうよな 戻っちゃう

(スタッフ)奥?
ハハハ…[笑]

(久間田)もう1回[笑]
(久本)えっ どこ?どこ?

どこ?
やっぱ そこなんだ。

いや それは分からない
それは分からないよ!

(スタッフ)はい。
1人で来たん?

これは 分からないわ。

(久本)実家に帰ってきてる
みたいに なってるじゃん。

「散らかってるけどさ」[笑]これ…。

ハハハ…[笑]
(久本)おばちゃん!

めちゃくちゃ家じゃない!これ。
(久間田)え~っ!

家でしょ これ。
(久間田)家 家だ!家。

(梅沢)何か はってる いっぱい。
えっ?

あんまり 仏壇 横切って
入ることなんか ないですよ これ。

(梅沢)ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

(滝沢)「下着 パンツ」
ハハハ…[笑]

(久本)何?これ。
≪兄さんさ…

(スタッフ)あっ 分かりました
ありがとうございます。

これは いいわ!
(久本)面白いわ。

≪そこに 黒いスイッチ。
(スタッフ)はい あります。

ありがとうございます。
それで そこ…

(梅沢)寝室だよ 今の。
(久間田)え~ テレビまで つけて。

(スタッフ)ありがとうございます
すみません。

(久本)初めて入ってるんだよね?
ねぇ。

(スタッフ)分かりました。
(久本)完全に もう

知り合いの家 来てるみたい。

もう遅いから お母さん!
閉めても もう。

(久本)もう遅いよ もう。
それで いくつでも使ってて。

(スタッフ)ありがとうございます。
≪ちょっと…

(スタッフ)大丈夫です。
ハハハ…[笑]

いやいや…。
お兄さん…

(スタッフ)はい。
(滝沢)え~っ!もう息子じゃん。

それも 洗ってあるから!

(スタッフ)分かりました すみません。

(梅沢)知らない人…。
(久本)ゆすいで!

「ゆすいで飲んでくれ」
えっ?何?これ。

これ ちょっと分からないですよ。

分からないな!
ねぇ!

ちょっと まだ分からないですよ
これ どういうことか。

あんた 食べる?食べるかい?
ハハハ…[笑]

お客さんが 今…持ってきてくれた

(スタッフ)すみません
ありがとうございます。

いいんですか?
いいよ。

いい入りだね。
(長嶋)ドリフだよ ドリフ。

(ヒロミ)え~っ!何?これ。
(小峠)これ ちょっと分からない。

分からないな!
ねぇ!

ちょっと まだ 分からないですよ
これ どういうことか。

ハハハ…[笑]
今…

(スタッフ)すみません
ありがとうございます。

いいんですか?

分かりました。

(梅沢)仏壇に あげといてくれって
仏壇 あげといてくれって!

めちゃくちゃだな!これ。

何?この お母さん!
(滝沢)もう家族の一員じゃん。

いい入りだね いい入りだね!
(久本)面白いわ。

よく他人に任せるね これ。
(久間田)ハハハ…[笑]

(長嶋)なんで あげるんだよ!
本当に。

あ~っ おかしいな。

(スタッフ)ありがとうございます。

いや~ また すごいの見つけたな。
あ~っ 面白い。

お兄ちゃんさ 焼きそば食べる?
(久本)ハハハ…[笑]

今 焼く人が いるから。
(長嶋)ドリフだよ ドリフ!

最高だね!
最高ですね。

(スタッフ)じゃあ一緒に
お願いしても いいですか?

一緒に焼いちゃって いいですか?
(スタッフ)ありがとうございます。

じゃあ…

(滝沢)えっ?
(久本)いいな お母さん。

(スタッフ)大丈夫ですか?
うん 大丈夫だよ。

(久本)何か出すのか?また。
(梅沢)何か くれるんだよ 絶対。

ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

お母さん まさか?
(滝沢)焼きそば作って…。

(久本)まさか?
自分の歯で開けたよ。

怖い 怖い。

私がね タンメン作って
寝ちゃったんだよ。

(久本)食うんかい?まさか。
(滝沢)ウソでしょ?

(長嶋)お母さん こぼれてるよ。

ハハハ…[笑]
優しいんだよ。

(久本)食うんかい!

(梅沢)いいなぁ!
最高だね!

最高 最高!これ面白いわ。
(久本)最高だね!

(滝沢)こんな面白い方が いるんだ
(久本)お母さん いいわ。

いや~ もう お母さん最高。
お母さん いいですね。

(久本)なんだろう?
ホッとするけど…。

涙が出て 具合が悪いから
かわいそうで。

(久本)焼きそば作れよ!早く。
ハハハ…[笑]

(久本)かわいい。

最高だね。
(久本)最高!

(長嶋)焼きそば!
焼きそばなんだよ 焼きそば。

「吸ってみる?」って。
あ~っ 面白いね。

(久本)「吸ってみるか?」って
いう言い方が。

これは面白いわ。
これは いいわ。

(久本)あの扉 好き。
油断できないね 油断できないね。

(久本)油断できないよ
油断できないよ!

あ~っ 面白い。
(久本)何か出てきてほしいもん。

あっ 来た!

(スタッフ)トマト いいですか?
マヨネーズかける?かけない?

どっち?

(スタッフ)すみません。
なんで こんな面白いんだ?あの扉

(滝沢)あ~っ 面白い。
いや~ 最高だね。

これ ダメだ。
(久本)いや~ いい お母さんだ。

(スタッフ)ありがとうございます。
お母さん。

「はい はい」お母さんね。
(久本)面白いわ。

閉めていってくれると
助かるんだけどな。

面白い。
(久本)ドア開くの 待っちゃうもん

そう ドア開くの待っちゃいますね

お待ちどおさまです。
(スタッフ)ありがとうございます。

違う人だった[笑]

お母さんじゃ ねぇのかよって
いうね。

うわっ 最高に うまそう!

(久本)うまそう!

(長嶋)すごいな これ 芋か。
(久本)うまそうだな いいな。

≪お総菜系あるんだよ こっちに。

おっ![笑]新たなキャストが。
(スタッフ)ありがとうございます。

また違う お母さん?
違う お母さんが。

あ~っ 面白い。

お母さんが作った おみそ汁
うまそうだわ。

(久本)あ~っ。
(久間田)来るかな?お母さん。

ハハハ…[笑]
(スタッフ)きましたよ。

みそ汁 いった?
お母さん 速いんですよね。

あの速さが いいんだな 多分。
あのね…

…なんだよね。
(久本)そうそう!そうなの。

そうだ!そうか そうか。

(久本)お母さん勉強になるわ もう
そうですね。

あそこの…

向こう側に こういうふうに
あれがあるから。

すぐ そこ 真っすぐ行って。
回覧板!

(スタッフ)分かりました じゃあ
回覧板 ちょっと行ってきます。

最高だね これ。
最高ですね。

これは 面白い。
何?これ。

めっちゃ面白いわ。

あ~っ おかしい。
(久本)面白いわ。

ハハハ…[笑]
(久本)寝てるのかい!

(梅沢)おやじ!寝るなよ!
ハハハ…[笑]

きれいに収まって。
(長嶋)あっ お客さん[笑]

誰が寝てるんだよ。
ギリギリのスペースで寝てたな。

(久本)面白いな。
やっぱ 腹一杯になったら

寝たいもんね。
(久本)居心地いいんだな。

(久間田)あ~っ!
なんで こんな面白いの?

(久本)熟睡してるもん。
昼寝の起き方じゃないな これ。

あ~っ おかしい。
(久本)熟睡して もう。

また寝たよ!
まだダメ?もう1発いっちゃう?

(滝沢)眠くて仕方ない。
(久本)いい店だわ。

どこだ?ここ。

どこだろうな。

(久間田)実家みたいな くつろぎ方

むちゃくちゃだな ここ。

(長嶋)なんで帽子
かぶったんだろう?

あ~っ やっぱ やっぱ起きる?
(滝沢)あっ 起きた!

おはようございます。
ハハハ…[笑]

「何 撮ってるんだ?」
そうね。

(久間田)ハハハ…[笑]
あ~っ おかしい。

ハハハ…[笑]
(久本)え~っ!

歯 磨いて。
お客さん!?

(梅沢)お客さんなの?
(長嶋)なんで客が?

(滝沢)何?ここ。
(久本)お客さんで 歯磨いてるわ。

(滝沢)合宿場所?
いや~。

うわ[笑]
(久本)いいね。

(長嶋)登場人物が
すごすぎるわ もう。

「スーパーアットホーム」ね。
「スーパーアットホーム」だよ。

「スーパーアットホーム」[笑]

<このお店 どこだ?>

あ~っ どっちだ?どこだ?
(久本)どこ?どこ?

(梅沢)栃木 栃木。
(久本)栃木?お~っ!栃木だ。

(久間田)え~ 足利!(久本)これは
行こうと思えば 行ける。

あ~っ 面白い。
(梅沢)足利か。

(久本)めちゃめちゃ 面白い。

スーパーアットホーム うわ[笑]
ハハハ…[笑]

(滝沢)ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

(久本)へぇ~。
あ~っ 面白いな ここ。

うわ~っ すごい。

ハハハ…[笑]
(スタッフ)ハハハ…[笑]

「バカほど」[笑]

(スタッフ)50~60年?
そうだよ。

そうですね。

≪毎日 毎日 ほぼ毎日。
(スタッフ)毎日 来てくれる?

あ~っ ちょっと 腹 痛いわ。

この店には…

うわっ すげぇ。
(スタッフ)60年。

あ~っ すごいね。

(スタッフ)あっ そうなんですね。
えぇ。

(スタッフ)ハハハ…[笑]
(滝沢)おいしいんだ。

(スタッフ)すごい量ですね。
面白いわ。

(梅沢)いいね。
いただきます。

(えみちゃん)うまい?
(久間田)へぇ~ おいしいんだ。

(久本)うまそう。
(滝沢)うわ~っ…。

(久本)はぁ~。
おぉ~。

あぁ~ いいね。

(久本)まだ入れるんだ
すごいな2.5玉。

え~っ!(長嶋)大体で。

(久本)あっ ジャガイモ入ってる。
(長嶋)やっぱ ジャガイモだ さっきの。

(久間田)やっぱ ジャガイモ…。
(久本)栃木だから。

(梅沢)そうだよな
絶対そう思ったもん。

(滝沢)うわっ おいしそう。
(久間田)うわ~ おいしそう。

いや うまそうだもんね。

はぁ~ 豪快に。
(久本)いいですね。

あ~っ おかしいな ちょっと。

(梅沢)もう目分量だよな。
(久本)うわ~。

いや~っ!おいしそう。
あ~っ うまそう。

(滝沢)ジャガイモ おいしそうだ。

うわっ 最高に うまそう!
(久本)安いな。

いいですね。
(久本)安いね。

うわ~ おいしそう。
ジャガイモ うまいんだろうな。

いや~ いいわ。

お母さん作る気 満々だな。
(久本)やる気 出した。

いいですね。
(久間田)かっこいい。

(えみちゃん)はい どうぞ。
(久間田)何?

(久本)なんだ?
なんだ?

(久本)丼。
何?これ。

何?これ。

ジャガイモ ごはん。

(久間田)ポテト丼?
(梅沢)ポテト丼。

(久本)でも作れるよね 確かに。

ほぉほぉ。

(滝沢)揚げるんだ。(久本)あ~。

うわ~。
あ~ いいね。

(梅沢)うわ~ いいね。

めちゃくちゃ いいじゃん。

(久本・久間田)へぇ~。
ポテト丼。

うわ~っ。
(久本)うわ おいしそう!

(滝沢)うわ~っ!

(久本)よく染みてるんだろうな
ジャガイモに味が。

うわ~っ おいしそうだな。

これ うまそうだな。
すごいな これ。

おっ!麺ものも あるんだ。
(滝沢)いろいろ ある。

(久間田)これ何?何?
(スタッフ)ありがとうございます。

あ~っ!いいですね。
うまそう!

(梅沢)チャーシューの。
はぁ~!

(梅沢)チャーシューのタレで
しょうゆ。

(久本)はぁ~。
(長嶋)これ うまそうだな。

チャーシューのスープ。
(久本)チャーシューも しっかりしてて。

(久間田)本当だ!
チャーシューおいしそう。

うまそう。
いや 食ってみてぇな。

(久本)安い!
あ~っ いいですね。

(久間田)うわ おいしそう!
シンプルで いいね。

(久本)おいしそう。
うん。

(滝沢)へぇ~。
ハハハ…[笑]

いいね。
(滝沢)すごい顔だ。

いい顔だね。

(久本)へぇ~。

≪うまいよ。

(滝沢)えっ?
(久間田)えっ?手打ちなんだ!

(久本)素晴らしい。

お~っ!本当だ。
へぇ~!

(久本)すごい えみちゃん。

(梅沢)ちゃんと打ってる。
(久間田)すごい。

(梅沢)切り方 うまい。
(久本)すごい!上手。

おっ!うまそうな色してるな。

あ~っ いいね。
(長嶋)あ~ おいしそう。

ちょっと ちぢれ麺。
そうね。

あ~っ うまそう。
最高だね。

これぐらいの量 出てくると
安心するね。

そうですね 安心しますね。
食べ切れる感じがね。

これ 俺 これ本当に好きだ。

(えみちゃん)おぉ!

(長嶋)福島 おいしいよ そば。

(久本)へぇ~。
(えみちゃん)ハハハ…[笑]

へぇ~。

(久本)おぉ~!打ってる。

打てるの?

(久本)え~っ すごい。
え~っ!すごいね。

(久間田)すごい。

(えみちゃん)うまいよね!
≪うん。

(えみちゃん)すごい すごい。

(えみちゃん)細いがね!

(久本)へぇ~。
へぇ~。

(久本)本当 きれいだ!やるなぁ。
えっ なんで?

ねぇ。

(久本)すごい すごい。

(梅沢)お母ちゃん
パン好きなんだよな。

ハハハ…[笑]同時に。
ハハハ…[笑]

同じスピードで。
(梅沢)パン好きだよな。

(長嶋)よく食べるなぁ いつも。

面白い ハハハ…[笑]

何の時間だよ これ。
みんな寝てるんだな。

(久本)これ いいわ!
ストレスないだろうね。

(梅沢)これ いいな ここ面白いな。
(久本)いいわ いい時間 流れてる。

ねぇ!あっ これ あそこだ。

もう 家を開放してるんだね。

(久本)ディレクター 偉いね。

(梅沢)お客さん仏様に あげる…。
(久本)お客さんも もう

家族みたいなものだ これ。

何?これ。
ハハハ…[笑]

何だよ これ。

(滝沢)あれ?[笑]
ハハハ…[笑]

(久本)食べてる 食べてる!もう。戻しち
ゃダメ!戻しちゃダメよ。

ダメ…[笑]

(梅沢)母ちゃん!
(久間田)え~っ!

(梅沢)食ったやつを戻しちゃ
ダメだって!

そんなこと ある?
(長嶋)普通 戻さない[笑]

(久本)本当だよ もう。
面白いな。

すさまじいな ここ。

こんな店 よく出あったな。

これね!よく行きましたね。

(えみちゃん)そこ ほら。
(スタッフ)仏様に?

(えみちゃん)うん そのまま
あげてくれれば いい。

(スタッフ)はい。

あ~っ 面白い。

(滝沢)そうか お客さんが
あげたほうが うれしい。

(スタッフ)見ました。

(久間田)うん。
(スタッフ)やっぱ 仲良かったですか?

うん 仲良かったよね。

ハハハ…[笑]ず~っと
2人で笑ってるな いつも。

(長嶋)いい写真だよ これ。
≪年中 笑ってた。

お父さんも 優しそうな人だ。

≪えみちゃんも年中 笑ってたから
笑いは絶えなかったよね。

(久本)満面の笑顔だもん。
(滝沢)いい写真ですね これ。

(スタッフ)そうなんですね。
(えみちゃん)でも こうやって…

(えみちゃん)あそこに いる人も。
(滝沢)そういうことか。

(スタッフ)すてきな。

(久本)本当 そう。
(スタッフ)ここ入ったら みんな家族?

家族。

いいね もう本当だよね。

(えみちゃん)それは…

…じゃないかな。

何だっていえば…

(久本)いや~ もう人柄だな
えみちゃんの。

いいね こういう お店も 本当に。
(えみちゃん)恵まれてるんだよ。

(久本)分かる。
(えみちゃん)何だかんだ いって

みんなが手伝ってくれるし。
(久本)すごいよな。

いい話だけど 起き上がって
しゃべれないもんかね?

ハハハ…[笑]
(久本)いい話だけどな。

いい話だけど。
おかしいな。

(滝沢)めっちゃ いい話なのに。

ハハハ…[笑]
「なんだテメェこの野郎」

(長嶋)「なんだテメェ」[笑]
(久本)面白いな。

(えみちゃん)はい もしもし。
ハハハ…[笑]

(えみちゃん)作ってあるんだ。

そうすれば 夕飯は…。

(久本)へぇ~。
(スタッフ)すみません。

ハハハ…[笑]初だな
カップラーメン渡す。

(滝沢)いろいろ くれる。

(久本)もう本当に みんな
大盤振る舞い。

(滝沢)優しい。
何?みんな いい人だな。

(久間田)え~っ 優しい。
(えみちゃん)食べれば?

あら。
(梅沢)買ってきたんだ。

いろいろ くれて。

<たくさん お世話になったので>

えっ 何?

(久本)あっ!誕生日だ。
あら!

(久本)あら えみちゃん。
(えみちゃん)あ~っ!ありがとう!

(滝沢)うわ~っ!
(久本)うわ~ すてき。

(滝沢)大きいケーキ。

あら。
(えみちゃん)ありがとう。

(久本)いや~ すごい。
お母さんね 誕生日だったんだ。

(滝沢)あっ!かわいい。
(えみちゃん)「エミちゃん」なんて…。

かわいいケーキ。
(えみちゃん)あ~っ!すげぇな。

(久間田)あっ かわいい。

(久本)あぁ~。

(久本)えみちゃん 躊躇。
(久間田)ハハハ…[笑]豪快。

(久本)躊躇ないな!
真っ二つに。

(ヒロミ)お母さんね
誕生日だったんだ。

(久本)あぁ~。

躊躇。
(久間田)ハハハ…[笑]豪快。

(小峠)真っ二つに。
(久本)躊躇ないな!えみちゃん。

ざっくり いくなぁ!

いいね。
(久本)何?この躊躇の ないこと。

いいね!
あ~っ いいですね。

なかなか[笑]
何の躊躇もなく。

なかなかだよね いいよ。
真っ二つ。

ハハハ…[笑]
(久本)ハハハ…[笑]

(滝沢)ヤダ あれ!手に付いて…。

最高だよ[笑]
ぐっちゃぐちゃに なって あ~。

(滝沢)あんな あげ方 ある?
えみちゃん最高だな。

最高ですね あ~ 面白い。
(久本)あ~ 面白い。

ハハハ…[笑]

(滝沢)ヤダ あれ!
面白いね。

やっぱ まだ…

(梅沢)まんざらじゃないよ。

本当 すごいわ。
(久本)豪快で いいや。

面白すぎるわ。

はぁ~ おかしい。

(えみちゃん)うん。

(久本)よかった。

よかった よかった。

ハハハ…[笑]
(えみちゃん)カレーじゃない。

(久間田)カレーじゃない[笑]

期待して待ってます。
(スタッフ)楽しかったです。

(長嶋)今 何でも かんでも
リモートとかさ

便利な付き合いなんだけど。

やっぱり こういう付き合い方
人間関係 アナログなのは

本当 大事だなって 改めて
この番組 見て 思う人が

たくさん いる だって絶対
こっちのほうが楽しいよ。

<話は変わり>

「もう いいよ」[笑]
ハハハ…[笑]

(久本)「もう いいよ」
「もう いいよ」

なんでだよ。
(滝沢)何の「もう いいよ」なの?

まな板に「もう いいよ」
これ面白いな ここ。

(滝沢)え~っ!
ハハハ…[笑]

(滝沢)怖いよ お父さま。

(スタッフ)こんにちは。
(久本)いいね。

ちょっと 面白かったな。

いいね 店感ないね。
(スタッフ)こんにちは あの…

おい おい!
(梅沢)おやじ!

(スタッフ)ありがとうございます。
そこ?

(スタッフ)荷物が ちょっと
キャリーケース…。

その辺に置いておいてください。

(スタッフ)ありがとうございます。
(久本)優しいわ。

(スタッフ)そば食べます。

(久本)いや~ いきなり もう。

めちゃくちゃ オープン。
ねぇ。

(久本)はぁ~
ちゃんとした調理場だ。

あ~っ!(久間田)あっ[笑]

(久本)ハハハ…[笑]
激しいね。

(久本)めっちゃ雑だな。

(滝沢)全然できてない。

(滝沢)もう感覚だろうな。

(スタッフ)あっ。
手ぇ こう…

(スタッフ)あっ。

違う 違う 違う…!
(久本)違うよね?違うよね?

手渡し?手渡し。

(滝沢)何?これ。
「食え」

(久間田)「食え」「食え」

面白いな。
これは 面白いな。

(久本)ハハハ…[笑]

え~っ。(滝沢)もう お皿が。
(スタッフ)ありがとうございます。

(滝沢)手で食べる[笑]
(久本)もう ここで。

(スタッフ)いただいちゃって
いいんですか?

うなぎ 第2弾みたいな人だね。
そうなんですよね。

これも何かね 野沢さんのニオイが
するんだよな。

「茂三郎」専用。

(スタッフ)そうなんですか?
作ってもらったの。

(スタッフ)へぇ~。

(久本)あっ なるほど!

[カンカン…カンカン]

ハハハ…[笑]
(梅沢)何なんだよ!

(久本)定番!定番だから これね。

(梅沢)ふざけてるのか
真面目なんだか わけ分からねぇし

(久本)これ やっとかないと。
(久間田)今の 何?

雑だけど これが。

そう。

(滝沢)おいしそう!何か いい
きれい。

(スタッフ)あっ!食べます すみません
ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]
あ~っ よかった よかった。

ウチね…。

そういう喜びは あるんだね
この[笑]

それは あるみたい 面白いね。

≪えーい!

ワンパターンで お客さんと…。
ハハハ…[笑]

(長嶋)誰と しゃべってる?
間違いない。

えっ…?

(滝沢)誰?
(久本)ハハハ…[笑]自由だな。

(久間田)誰と しゃべってる?
(滝沢)誰が いるの?

≪コラ そんなに入っていかないの

≪転ぶよ。

(滝沢)あぁ お子ちゃま。
(久本)お子さんがいた。

ハハハ…[笑]
(久本)かわいい。

いいね。

ハハハ…[笑]

(久本)あそこが定位置なんだね
あそこで。

ハハハ…[笑]

(滝沢)めっちゃ周りを見てる。
めちゃくちゃ いくな あそこから。

(久本)面白いな。
面白いね。

ハハハ…[笑]

(久本)ずっと!
最高だね。

(久本)ずっと監視してる。
(滝沢)気が休まらない。

(久本)ハハハ…[笑]

そうそう こうやってね
注意を促すのが いいんだよ。

なるほどね。
(久本)いいね。

ハハハ…[笑]

(滝沢)びっくりしちゃう。

(梅沢)いや 近所のおやじ
こういうの いっぱいいたよ。

(久本)いたね。

ハハハ…[笑]

今度…

へぇ~。
(スタッフ)そうなんですか?

(久間田)えぇ~ そんなに。

≪ここから 弟子 石渡 小澤。
すげぇ!

≪堀江 矢野 安部 大塚。
(久本)すごい!

≪弟子の…。
弟子風[笑]

≪弟子 坂本。
「弟子風の」って いますね。

(久本)ハハハ…[笑]うわぁ~。

≪残ってるの これだけだ。

あぁ~ 面白いな この人。

これから。
(久本)面白い。

(久本)あれ?

(久本)ほら やっぱり
こうなっちゃう 優しい。

(久本)優しいな。
へぇ~。

うん。

(梅沢)ハハハ…[笑]
(久間田)えぇ~?

(梅沢)いや やっぱり言われれば。

よく人んちに泊まれるよね。

(滝沢)もう
息子とお父さんじゃん。

本当 そうだよ。
ハハハ…[笑]

腹出して笑ってる。
ハハハ…[笑]

(久本)めっちゃ自然体。
今回は ずっと寝てるね みんな。

(久本)みんな寝てる。
みんな寝てるね。

みんな寝たり 扉 開けたりね。

あぁ~ おかしい。

面白いな。

(久間田)お店で寝てるの?
どうなんだろう?

店なのかな?

あら。

(久本)はぁ~。

(久本)何だろう?

(AD谷口)はい!(久本)弟子だ。
(久間田)弟子になったんだ。

(久本)もう弟子だよ。
(梅沢)もう弟子になってるんだよ。

谷口!
(久本)そばも打ってないのに。

(久間田)そばも打ってないのに。
弟子?

弟子になっちゃいましたね。

(久本)36番目。

白い皿。
(AD谷口)はい。(長嶋)36番。

(梅沢)36番目の弟子だ。

ハハハ…[笑]
刑務所じゃないんだから。

(久本)もう番号で呼び出した。
(久間田)番号とか。

35人いたから36番目だ。

面白いよな。

(滝沢)気が抜けない。
あっ。

(AD谷口)おはようございます。
(梅沢)半ケツ出てるって おやじ。

低すぎない?パンツ これ。
ハハハ…[笑]

(長嶋)ハハハ…[笑]
(AD谷口)すみません。

すごい展開になって。
(久本)おっ 師匠 本気!

師匠 本気だ!

あの撮り方 いいですね!

(一同)ハハハ…[笑]

(ヒロミ)えっ どこ?これ どこ?
(小峠)これ どこだよ?ここ。

(梅沢)東北ですよ 東北。
東北かな?

えぇ~?
(久本)埼玉だ!

(梅沢)滑川なの?埼玉で。

(久本)でも おいしそう おそば。

(滝沢)行ってみたい。

そうか。

(久本)へぇ~。

(久間田)えぇ~!
人によって違いますけど。

おそば屋さんとか うどん屋さん
多いんですけど…

(久本)えぇ~!そこまで言う。
(梅沢)うれしいね。

(店主)そば食わなかったの 嫌いだ
今でも食わないから。

元気だね 72歳。

(店主)そば 食わない。
えっ?

(滝沢)えぇ~!
(久本)えぇ~!何でだろう?

えぇ~?

そば 嫌いなんだ。

へぇ~。

(店主)ここから出てくるんだ
ほらほら…。

(滝沢)すごい!

(久本)ちゃんと やってる。
あぁ ちゃんと。

(久本)ねぇ ちゃんと
しっかりと こだわって。

(滝沢)すごい!

[トントン…]

(久本)この音 好きだよね。
ハハハ…[笑]

(久本)トントン
トントト トントン トントン。

師匠 どうしたんだろう?何か。

[ガラガシャン]

ハハハ…[笑]激しいのよ。
激しいんだよな。

[トントト トントン トントン]

(久本)豪快だ。

(滝沢)わぁ すごい。

ねぇ すごいよね。

(久間田)あぁ~ すごい きれい。
(久本)さすが。

きれいだな。

うん きれい。
きれい きれい。

(長嶋)これ うまそうだな。
いや うまそうだもんね。

(梅沢)いいねぇ。

(久間田)わっ おいしそう!
(久本)えっ いくら?

いくらなんだろう?
いくらだろう?

(滝沢)きれい。
(久本)えっ いくらだろう?

(店主)もりは…

(久本)わぁ~。(滝沢)えぇ~。

(久本)おいしそう 食べたい。
うまそう。

ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

(店主)36番目。
(石渡さん)あぁ そうですか。

20番。
(久本)あっ 20番目。

あぁ~。

(AD谷口)「日本そば打ち名人会」

(石渡さん)名前だけは でかいん
ですけど。(店主)名人会だ。

准教授だぞ?

あっ すごい。
(久間田)わぁ すごい!

(石渡さん)ここでやってたの。

(AD谷口)こんにちは。
こんにちは ご苦労さまです。

本当に弟子がいっぱい。
(店主)36番目。

安部さんは…

ハハハ…[笑]

(AD谷口)安部さん
破門されてるんですか?

(梅沢)18番目だ。
(久本)何でだろう?

逆らって。(梅沢)逆らって。

(久本)あぁ~。
(AD谷口)なるほど。

すごい!
(久本)すげぇな。

(久本)ハハハ…[笑]スパルタだな。

ハハハ…[笑]

(家辺さん)いいよ。

えぇ~。
(家辺さん)その代わり…

(家辺さん)…て言われて。
へぇ~。

(店主)…て いって入るでしょ?

(久本)あっ なるほど。
(AD谷口)そこに入ったら

もう弟子なんですか?(店主)うん。
(梅沢)なるほどね。

(店主)で そば粉 打ってるの
そばで見させて

最後 このぐらい。

ハハハ…[笑]
(AD谷口)わかりました。

(店主)ハハハ…[笑]

[コン]

ハハハ…[笑]

(久本)いいな 気持ちいいわ。

面白いね。

(久本)ハハハ…[笑]

何で?えっ?
弟子だからね。

いいですね。
(久本)修業してるよ 完全に。

(久間田)ドラマみたい。
ハハハ…[笑]

おぉ~。

(久本)逆にね。
(AD谷口)すみません。

(久本)真剣だから ここは。
(店主)大体な…

(久本)弟子だ。
もう弟子だからね。

(店主)洗い物しか。

(久本)洗ってるわ。

何でお前も新弟子を
受け入れてるんだよ。

ねぇ 全然 否定しないですよね。

(AD谷口)こんにちは。
(久間田)紹介された。

(店主)そしたら また後で来て。
(滝沢)あいさつ回り。

あの人も急に
36番目って言われてもね。

ねぇ[笑]

(AD谷口)はい。(久本)おぉ~。

なるほど。(滝沢)そば?

(梅沢)切らせてくれるんだ。
(久本)やるんだ。

(滝沢)大丈夫?(店主)違う 違う。

あのさ これ でかいから

こうだと グラグラするのよ。

だから 中指と薬指でいいの。

で 人さし指と小指で押さえる。

(久本)ねぇ さすが。

(店主)教えたばっかりじゃん 今。
(AD谷口)すみません!

こうですね?(店主)そう。
(久本)そうか そうか。

太いな。
(梅沢)太い太い。

ふぞろいだし。

そりゃそうだ。
(梅沢)まぁ しょうがないよな。

(店主)えぇ~?

何だ?こりゃ[笑]
(久本)ハハハ…[笑]

(店主)でもさ…あっ 落っこちた。

割と そろってるんじゃない?

(滝沢)食べてくれるの?

(長嶋)また[笑]
(久本)ハハハ…[笑]

(久本)笑ってる 笑ってる。

(久本)わぁ。(長嶋)タバコ[笑]

常にライター持ってるんだ。

ハハハ…[笑]

もう スタンバってますもんね。

(店主)腹減ったろ?
何かメシ食うわな。

面白いな。
(店主)寄れ!

(久本)福島へ?福島 行ってる。

(久間田)すごい 夜。

(滝沢)何の食材?

えっ?
(長嶋)どこ行った?

(梅沢)迷彩服 着てるじゃない。

(久本)えぇ~!
何?これ。

(長嶋)何で迷彩 着てるんだよ。

分かんなくなっちゃうじゃん。

ハハハ…[笑]

(長嶋)
分かんなくなっちゃうじゃん。

何?これ。
(久間田)夜中の3時?

何?これ。

(久本)夜中の3時に
何 取りに行ってんの?

ハハハ…[笑]

(久本)何?何?

(梅沢)から揚げ?
川エビかな?

ゲリラだよ ゲリラ!

(梅沢)逃げるから。
ハハハ…[笑]

鬼軍曹だ。
(久本)本当だ 本当だ。

(滝沢)何やってるんだろう?

(久本)わざわざ福島まで行って
取らなきゃいけないんでしょ?

(AD谷口)わぁ すごい。
(久本)何だ?何だ?

あぁ~。
(久本)ヤマメか。

(梅沢)ヤマメだ。

(久本)へぇ~。
おかしいな。

(滝沢)朝まで?(久間田)朝に
なった?(梅沢)ヤマメ。

(久本)すげぇな。

本当に鬼軍曹だ これ。

山菜も採って。

(久本)師匠 すげぇ。

(AD谷口)あっ ワラビ?
(店主)ワラビ。

(久本)はぁ~。

へぇ~。
(久本)山菜だ 山菜。

(滝沢)わぁ すごい!
(久本)素晴らしい!ワラビ。

(滝沢)ちゃんと
採りに行くんだ。

(久本)師匠 すごいわ。

師匠 すごい。

ワイルドだな。
いいですね。

(久本)これだ。
あぁ~!

(久本)わぁ~ これだよ!
山菜そば!

(久本)みんな知らないよね。
(滝沢)おいしそう!

これ うまいだろうね。

これは うまいだろ。
(久間田)山で採れたやつ?

(社長)朝 早くから採った
山菜の新鮮さって すごいよな。

結構 採りに行くのかな?

(久間田)あぁ!

ここは雑なんだよな。
雑ですね。

(久本)うわぁ~ うまいよ
天ぷらにしたら。

(滝沢)おいしそう。

(久本)うわぁ~ これは もう
採れたてだもの。

あぁ うまそう。

山菜の天ぷらって うまいな。

(久本)これは ぜいたくだよ。
(長嶋)ウドか。

(AD谷口)はい!

(久本)何だろう?
(梅沢)何か くれたな。

わぁ!
(久本)プレゼント。

(AD谷口)ありがとうございます。

(滝沢)そんな いいものを。

すごいよね。

(久本)はぁ~。

あぁ~。
(久本)焼き印が。

焼き印も。
(久本)焼き印が入った。

これは いいですね。
(梅沢)落款 押してくれてるよ。

(店主)いいだろ!
(AD谷口)ありがとうございます!

(店主)うちの お墓にも
この紋が入ってるし。

(AD谷口)はい。

(久本)出た 番号 36番。

36番 すげぇな。

最後には ちゃんと そば…。

(久本)はぁ~。

(久本)優しい!
あぁ~。

(久本)師匠 どこ撮ってるか
分からない。

師匠カメラ。
(久本)師匠!師匠!

師匠カメラって すごいな。
(久本)手元 手元!

手元ですよ 師匠!
(梅沢)ハハハ…[笑]

(店主)そこ!そこ!
この そこを こう ほら。

これ フチでいいんだよ ほら。
ダメですよ 師匠。

(店主)これを こう
剥がすような感じ そうそう!

あっ いい仕上がりだ。
(梅沢)これも難しいんだよ。

(久本)ははぁ~。

(AD谷口)ありがとうございます。
(久本)師匠…。

頼みますよ 師匠。

(滝沢)師匠。
裏だよ 裏。

師匠 やっぱり
カメラは ちょっとね。

(久本)師匠の脇しか
写ってないもん。

(店主)こうやれ そうそう!

ハハハ…[笑]師匠!
(久本)今頃 気がついた。

師匠!
ハハハ…[笑]

(久本)ハハハいいね。
すげぇな。

(久本)タイミングが合ってきたね
もう だんだん。

へぇ~。

(AD谷口)はい。

はい。

(店主)よし。

(AD谷口)すみません[笑]
ありがとうございます。

(久間田)ハハハ…[笑]

(久本)いい関係だな。

おぉ~。
(久間田)本当の弟子だ。

(店主)やってるうちに
きれいになるから。(AD谷口)はい。

(店主)そしたら できあがり。

(店主)ほら。(AD谷口)はい。

(久本)あぁ~。

何だ?

師匠。
ねぇ。

(久本)おっ 寄った!
おっ 師匠。

師匠 インサート いきましたね。
(梅沢)師匠!

師匠 自らインサートを。
(久本)だんだん覚えてきた 師匠。

(滝沢)寄ってくれた。
ハハハ…[笑]

(AD谷口)ピザ食べ放題?
≪そうそう どこでも…。

≪まぁ そういうセットをね 頼むんだ
[ゴン]

(AD谷口)はい!
ハハハ…[笑]

すげぇな。

(久本)いいね かぶるように
返事して「はい!」て言ったな。

(AD谷口)すみません[笑]
(久本)面白いな。

(店主)これ あれやぞ。

ここで見て
ここに画面 出てるけど…

ズームと…。
ハハハ…[笑]

(久本)師匠!
(梅沢)慣れてきてるんだ。

やり方 覚えちゃった。
(久本)師匠がカメラ教えだした。

あぁ~。
すげぇな。

すごいことになってきたね。
(滝沢)これは すごい。

(梅沢)まぁ そば切りは
なかなか。

(久本)難しいよね。
(梅沢)難しいとは思うけど。

(店主)お尻 たたくといいの。
そうなんだよな。

そば切るのがな 難しいんだよな。

体重 乗せていかないと。

[そばを切る音]
(梅沢)おっ いいよ ほら。

[そばを切る音]
(梅沢)音がよくなった。

ほら。

(久本)だんだんスピードが
速くなってる。

さまになってきました。
(久本)慣れてきてる。

(久本)すごい すごい!
速い 速い。

(久本)超いいリズム。
(滝沢)すごい!

いいですね。
(久本)師匠ね。

(梅沢)師匠もカメラ
上手になってる。

(梅沢)…のが すごいな。
ハハハ…[笑]

両方ね?両方とも
成長していってるっていう。

(久本)あっ すごい!

(店主)昇格。
上がったね。

(久本)35点から80点
上がってる。

(梅沢)食べてくれる。
(久本)そりゃ すげぇや。

(梅沢)そば嫌いだけど
食べてくれる 師匠が。

(店主)天下一品だな。
でも きれい きれい!

(久本)めっちゃ きれいじゃん。
きれい おぉ~!

(久間田)すごい!
5日で こんななるんだ。

(久本)すごい!

5日目で あんだけ変わった。

(店主)あぁ いいな。

(AD谷口)レインボーで
いいですか?(店主)いいよ。

(久本)ハハハ…[笑]いい弟子だな。

(店主)あの。(AD谷口)はい。

(AD谷口)はい!
おぉ~。

なるほど。

(久本)すごい。
すげぇ!

(久本)すごい すごい!

えぇ~ すげぇ!
(梅沢)谷口!

(店主)教え方がうまいのか?
(久本)すごい!

(AD谷口)ありがとうございます。
(店主)いいから 早く行きなさい。

あら!
すげぇな。

ハハハ…[笑]
(久本)すごい!

(梅沢)何で追い抜いてるんだ。
ハハハ…[笑]

(AD谷口)そんなことはないです。
(梅沢)谷口!

「俺 超えちゃってるんじゃ
ねぇの?」

(店主)逆に言うと…

あの細さは…

ハハハ…[笑]

(AD谷口)尋常[笑]
(久本)谷口 やった!

すげぇ!ハハハ…[笑]
(久本)すげぇ!

(店主)自分で切ったの。

本当に?
(久本)すごい才能。

えっ?才能が。

ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

(久本)これは師匠の大信頼だ。

すげぇな これ。
師匠が ちょっと あれ?

師匠 ちょっと
落ち込んでるんじゃないのかな?

ハハハ…[笑]

(久本)えぇ~?(梅沢)谷口!
(店主)いやいや そんなことはない

(久間田)すごい!(久本)えぇ~!

すごいじゃん。
すげぇな。

(長嶋)おかしいな これ。
(久本)才能が見つかった。

面白いね。
(久本)これは すごい!

ウソ?
(長嶋)おかしい。

うまい うまい!

(店主)回して グ~ッと
鍋のフチから。

そうそう!
(久本)師匠も開花してるよね。

(久本)いい関係だな。
完全に師匠と弟子だな。

ねぇ。

すごい展開になって。
(久間田)ハハハ…[笑]

(久本)師匠 本気!本気だ!

ハハハ…[笑]
あの撮り方いいですね。

(久本)すげぇわ 師匠。
(滝沢)すごい そば食べてくれて。

(久本)面白い。

(梅沢)おっ師匠 食ってくれてるよ
師匠 また止まらないんだもん。

(久本)師匠 そんな そば
食わないって言ったけど…。

(滝沢)嫌いって言ってたのに。

もうだって 次から次に もう。
(久本)すごい!

止まらないよ 師匠の。
(久本)すごいわ。

(店主)うぅ。

(久本)すごくない?

ハハハ…[笑]
(久本)えぇ~!すごい。

87点!

(AD谷口)はい!

(AD谷口)はい!

(滝沢)すごい本格的な怒りだ。

(梅沢)かぶせたね。
じゃあ お前 金出してやるから…

ハハハ…[笑]
(梅沢)いいね 36番。

いいですね 36番。

どうも。

(AD谷口)ありがとうございました。
(長嶋)ハハハ…[笑]

(店主)お前 これ あれ
俺 こねてるから。

(AD谷口)片付けます。(店主)うん。

(久本)あれ?師匠 定位置にいない
師匠 大丈夫かな?

(久本)どうした?師匠。
あれ?

えっ?
(久本)着てこい。

(AD谷口)着る?

(久本)あれ?師匠。

(梅沢)甚平さんだよ。

作務衣!
作務衣。

おぉ!
(久間田)えぇ~。

えぇ~!
(AD谷口)すみません。

すげぇ。
(久本)師匠の正装だよ。

あっ そば屋だ。
(久本)すごいよ!(梅沢)谷口!

(久本)本当だ。

(梅沢)そば職人みたいだよ。

(久本)師匠も開花してるよね。

ちょっと すごい展開になって。

ハハハ…[笑]
(久本)師匠 本気!本気だ!

(店主)いいな 使えるな。

(長嶋)ハハハ…[笑]
いいね!

こんなことある?
(梅沢)そばで やってる。

(梅沢)何ていう体勢だ。
(久本)脚。

何ていう格好だよ あれ。

(久本)常に横にいていいね。
いや 面白いね。

(滝沢)すごいことが起きている。

(AD谷口)はい いってきます。

はい!(久本)いや
素晴らしいわ これ。

(久間田)ハハハ…[笑]
いや 何か すごいな。

(久間田)すごい いい関係。

(滝沢)すごい 成長できそう。

あっ えっ!?
(長嶋)近いの?(久本)あれ?

ウソでしょ?
ここも!?

あぁ~!えぇ~?
(久本)マジで?

それで見つけたってこと?
(梅沢)それで あそこになったの?

(滝沢)えぇ~ つながってるの?

(AD谷口)はい。
(えみちゃん)1人で来たの?

うわ すげぇな!

(滝沢)そういうこと?

(久本)そういうことだ つながった

これ9割そばなんですけど。
(久本)鳥肌たった 今。

いや すごい つながった。

(滝沢)そういうこと?

(久間田)それで打てるって
言ってたんだ。

(久本)えぇ~!

いい いい 味が…。
うまいよ。

うまい。
うわ すげぇ。

(久本)何?このストーリー。

何?これ。
(久本)すごい。

ていうか あのAD すごいな。
すごいですね。

(久本)本当 そう。
とんでもない引きですね。

(店主)おう!

おう。

うん。(久本)すげぇ。

(店主)これだ これ!
(AD谷口)はいはい。

すげぇな。

何だよ この回収の仕方。
(久本)はぁ~。

(AD谷口)はい 師匠。

(店主)ほれほれ…。

いいか。

えっ?

(店主)みそ汁と。
(久本)もつ鍋 もつだ もつ。

(店主)お汁粉だろ?
(久本)もつ もつ!

有名な「永井食堂」

(店主)行ってるかな?
行ってるかもしれないな。

(AD谷口)もう多分 行ってます。
ハハハ…[笑]

あっ 探してくれてるんだ!
(久本)リサーチしてくれてるのか!

(久間田)立場 逆転。
すげぇな 師匠。

(久本)もう完全に
リサーチしてるわ 面白いな。

今 だからリサーチしたとこ
行ってるわけね。

(AD谷口)安い。

(梅沢)いる!(久本)あれ?師匠?

師匠!
(AD谷口)意地。

何で師匠が?
(店主)でしょ?

意地なんだよ!
そうだよ 意地だよ。

何だよ?師匠。

(店主)お客さんが喜んで
来てくれて あれだったら…。

(久本)プロデューサーみたいに
なってるじゃん もう。

700円ぐらいで…。

(久本)面白いわ 師匠 いい人だな。

あれも だから楽しめて。

(梅沢)ハハハ…[笑]

こんなことある?

風呂 入って いいじゃん。
(久本)何か いいね。

ねぇ 昔の何かね。

師匠と弟子の感じが すごくする。

(店主)こっちだ!とかって言って。

自分で言うと…。

あぁ~。
(店主)お前たちも そうだろうが。

(店主)やつらも みんな

親父さん 親父さんって
言うじゃんね 俺のこと。

もとは とらんよ。
(AD谷口)あっ そうなんですか。

(久本)かわいい!
「おそばやさーん」って。

(店主)は~い!(久本)かわいい!

(店主)はいよ!

車 ダメだ 真ん中にいちゃ
端っこ歩け 端っこ!

ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

(店主)そう 車 来たら
危ないんだからな。

(久本)名物親父だろうな。

(店主)ハハハ…[笑]
最高だな。

最高だよ。
うん。

(久本)愛されてる。

(店主)はいよ またな!
(久本)泣いちゃうね

こういうの見ると。
こういう人がいるとこ いいな。

(店主)ちゃんと車 気をつけて
帰れよ。

は~い!
(店主)はい。

ずっと見ててくれてるもんね
何かあったときにね。

これ面白いな。

最後 師匠がタバコに火つけたら
笑えるのにな。

ハハハ…[笑]
(久本)最後ね。

最終日。
(梅沢)おっ。

この別れ どうなんだろう?

(久本)師匠。

師匠 寂しがってるな。

(久間田)えぇ~!
(店主)今まで休んだことないから

自分の都合で。(久本)かわいい!
メンタル弱い かわいい!

(店主)体 悪くなったことは
もちろんないし。

あら バカ息子。

(梅沢)バカ息子って
言ってくれたよ。

(久本)あぁ~。

(AD谷口)それでも うれしいです。

(久本)いや~ おやっさん。

(AD谷口)ハハハ…[笑]
(久本)あぁ かわいい。

強がってるよ 強がっちゃった。

ハハハ…[笑]

何だよ これ すげぇな!

わぁ うわぁ~。
(久本)切ない!

切ないよ!
ヤバイよ。

(滝沢)このあと 夜9時から

「ひと目でわかる!!」
初回2時間スペシャルの放送です。

コーヒー豆って何から作るの?

トウモロコシの祖先は何?
どんな姿?

言われてみたら気になる疑問を
一枚の写真で解明。

世の中のさまざまなことが

「一撃解明バラエティ
ひと目でわかる!!」です。

ぜひ ご覧ください。

(小峠)わぁ うわぁ~。
(久本)切ない!

切ないよ!
(ヒロミ)ヤバイ!ヤバイよ。

(久本)これ切ないわ 師匠。
(AD谷口)師匠。

(店主)また来るんだ
来ればいいんだ また。

(AD谷口)はい。

(AD谷口)はい!(久本)あ~ もう。

(AD谷口)ありがとうございます。

はい!

すみません
ありがとうございました!

すげぇ。
いやぁ~。

(滝沢)ウソ 帰っちゃうの?
(久本)いい師匠だな。

グッとくるよね。

(久間田)最後まで。
(梅沢)最後まで見送ってるわ。

(AD谷口)ありがとうございます!

これは すごかったな。

<まだまだ あります>

<オモウマい店>

うわぁ~!
きれいな どんぶりだな。

≪すごいですね。

(ヒロミ)カレンちゃん どう?
(滝沢)もう すごすぎちゃって。

今年見た ドキュメンタリー作品で
一番よかった。

あぁ これドキュメンタリー作品と
して入れてくれるんですね。

(滝沢)いや 本当に。
ドキュメンタリーだよな。

(滝沢)すごい もう すごすぎて。

(久間田)いや 本当1本の映画
みたいな気分で。

(小峠)ちょっと すごかったな。
この2時間

誰一人 知ってる人
出てないんだよ。

(久本)ハハハ…[笑]

いや 本当ですよね。
誰もですよ。

やっぱ まだ日本も
まんざらじゃないな。

最高ですね。