ロンドンハーツ 『女性芸能人スポーツテスト歴代記録勝手にNo.1決定戦』2時間SP[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ロンドンハーツ 『女性芸能人スポーツテスト歴代記録勝手にNo.1決定戦』2時間SP[字]

これまで総勢138名が参加した、ロンハー名物女性芸能人スポーツテスト。
歴代記録を比較し、No.1を決定する『歴代記録勝手にNo.1決定戦』が開幕!!

◇番組内容
国生さゆり vs misono vs 鈴木奈々 vs みちょぱ。それぞれの全盛期で対決したら勝つのは誰!?時空を超えた夢の対決が実現!!
さらに、上体反らしや高跳びでも歴代王者たちの熱き戦いが繰り広げられる!!果たして歴代記録No.1女王に輝くのは!?
スタジオには歴代スポーツテストで活躍したメンバーが大集合!!
◇番組内容2
もちろん、全力で頑張ったからこそ起こった珍プレーの数々や
淳、有吉、ザキヤマたちとの名シーンも!!
そしてリレー対決集ではあの伝説の名勝負をプレイバック!!
感動の瞬間をもう一度!!
◇出演者
ロンドンブーツ1号2号/山崎弘也(アンタッチャブル)/朝日奈央、あんり(ぼる塾)、磯山さやか、稲村亜美、大島麻衣、熊田曜子、スザンヌ、福田麻貴(3時のヒロイン)、藤田ニコル、misono、みちょぱ、よしこ(ガンバレルーヤ) 他【50音順】
◇おしらせ
☆公式ホームページ
 →https://www.tv-asahi.co.jp/londonhearts/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 山崎
  2. 有吉
  3. 一同
  4. 頑張
  5. センチ
  6. 朝日
  7. ホント
  8. ホイッスル
  9. misono
  10. 国生
  11. 藤田
  12. misono
  13. 稲村
  14. 号砲
  15. 磯山
  16. 熊田
  17. ニコル
  18. レース
  19. スタッフ
  20. 記録

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



〈スタート!〉

〈総勢138名が参加した

女性芸能人スポーツテストの
歴代記録から

No.1を決定!〉

(歓声)

〈懐かしのレジェンド
VS現役女王など

時空を超えた夢の対決が続々!〉

誰? 誰?

キャー…!

〈もちろん
歴代珍プレーも大量放出〉

助けて!

(淳)さあ 始まりました

『ロンドンハーツ』
2時間スペシャルです。

皆さん よろしくお願いします。
(一同)お願いします。

夢の対決ですよね。
よくあります

オルフェーヴルと
ディープインパクト

どっちが速いの? みたいな…。
あの名勝負。

現在 総合4連覇中が みちょぱ。

(拍手)
(山崎)いや すごい。

みちょぱ はとこさんが…?
(みちょぱ)そうなんです。

銀メダル 取りました。
銀メダル 取ってたよね。

(実況)
池田が並んだ! 先頭争い!

銀メダル 池田向希!

(藤田)あるかもよ。
(みちょぱ)でも 運動神経 悪い人

ホント いないです うちの家系。
母の方も 父の方も。

過去 3連覇してるのが
misonoさん。

(拍手)

いや 「古い」みたいな なんか…
言わないでもらっていいですか?

一応 まだ いるんで。
っていうか

『ロンハー』出るの
5年ぶりとかじゃない?

なんか みちょぱが強い時に

「勝たれへん」みたいな感じに
なって

「次のスポーツテスト行かへん」
とか…。

なんだよ! それ。
(山崎)大変ですね。

(misono)いや このために

ジムとかトレーニングとか
めっちゃ 1年かけて…。

で パッて負けるんすよ?
っていうか…。

misonoとみちょぱがね
実際 どっちが速いのか…。

(山崎)いや そうですね この…

全盛期のやつを比べられる
っていう事でしょ?

はい。 若い時のやつですよね?
若い時のやつ。

あんりさんもね 色んな活躍
なさってたんですけど

でも もう あのイジり方が
できなくなっちゃって…。

(あんり)そうですよ。 だって

泥かぶって
出荷させられたんですよ。

そうね。
使うかどうかは任せますけども。

ふるドルのお二人もね…。
(熊田)ありがとうございます。

皆さん なんか スタジオ入って

熊田さんの事 見て
ニヤニヤ笑ってましたけど…。

(亮)ニヤニヤ…。
ああいうのダメよ。

さっき 曜ちゃんに
久しぶりに会って

「元気?」って言ったら
「元気じゃないでしょ」みたいな事

言ってたんです。 そしたら
周り 全然笑ってなくて…。

(一同 笑い)

(熊田)シーンって
すごい静まり返ったんですよ。

〈まずは 50メートル走〉

〈過去14年の注目レースを
見ていき

タイムの上位4名を選出〉

〈ラストに
時空を超えた直接対決を行う〉

〈第1レースは
こちらのメンバー〉

〈注目は
初代女王 国生さん〉

(藤田)「インリン・オブ・ジョイトイ…」
「あっ やっぱ あれだ」

(熊田)「やっぱり
国生さん かっこいい…」

(号砲)

ああ 速いのは?
速いのは 誰だ!?

速いのは?
岩崎! 岩崎 頑張れ!

岩崎 頑張れ!

国生さん! そして 岩崎。

1位でしたけども…。
(国生)後半 ターボかけました。

〈さすが
初代最速女王 国生さん〉

〈暫定1位に〉

〈続いて 第2レース〉

〈1レーン
元ソフトボール部 まひる〉

〈3レーン
元レースクイーン 青山めぐ〉

磯山さん…。
頑張れ!

朝日さん…。

踊ってる時って 俺 全然
覚えてないんだけど 朝日が…。

ダンスも 8年やってました。
アイドル。

アイドリング!!!で
『ガンバレ乙女(笑)』。

♬~「がんばれオトメッ!」

♬~「ココロ弾ませ 歩きだそぅ」

♬~「深呼吸して 確かめるんだ」
このキモチ」

なんだ? その歌唱力!

♬~「今日の笑顔で」

♬~「明日を照らせ」

知らねえんだよ!
アイドリング!!!の曲なんて!

(有吉)やめろ!
聞かねえな あいつ。 やめろ!

やめろ!
やめろ!

青山さん。
(青山)はい。

(山崎)あっ 青山さんか。

みちょぱみたいだな
遠くから見ると。

お願いします。

ここから見ても
もう スタイルがね。

ありがとうございます。

でも スタイルでいうとね
まひるさんも

負けてないですもんね。
ダイナマイトボディーで。

ありがとうございます。
でも ちょっと 今日 あの…。

(山崎)なんで?

磯山さん。
(磯山)はーい。

なんか ちょっとだけ
ちっちゃくなってんのかな?

(有吉)ちっちゃいですよね。
縮んでる。

横は変わってないですけど…。

ど根性大根みたいな…。

(山崎)ハハハハ…!

〈果たして 結果は?〉

(スタッフ)用意…。
(号砲)

おお… 誰だ?
(山崎)あら?

青山ちゃん?
あっ まひる!

(有吉)まひるちゃんだ!

(有吉)わんぱく。

まひる! まひる!

(山崎)いやいや ウソ!

(有吉)わんぱくな走り方だったな。

男の子みたいだった。

(山崎)ねえ。 すごい…。

朝日さん がっかり…。

見かけだけだった。
(朝日)えっ ウソ!

いや でも
まひるさんが予想外に速すぎて。

最後 抜いたもんね。

(一同 笑い)
(青山)悔しい!

(山崎)遅えヤツがいるなって?
(朝日)すごかった。

(山崎)磯山さん やってた?

100かと思うぐらい すごい長くて。
ビックリしちゃって。

(有吉)「まだかな? まだかな?」。
なかなか終わらない?

(一同 笑い)

駆け込み乗車は
おやめください。

〈まひる まさかの快走で

国生さんに次いで2位につける〉

〈続いて 第3レース〉

〈3レーン
総合優勝経験もある稲村〉

〈二日酔いは大丈夫か?〉

斎藤アナが陸上部だったから。
はい。

稲村を
ここで倒すような事があったら

おやおや? ってなりますよ。
(山崎)ざわつくよ これは。

高校の先輩なんですよ 実は。

稲村が?
(斎藤)はい。 なので ちょっと

そちらの先輩にも負けないように
頑張ります。

私は高校中退なんで…。

(山崎)「ブルマ率高いな 芸人」

(スタッフ)用意…。
(号砲)

頑張れ!

(朝日)「速い!」

(山崎)並木ちゃん!
頑張れ! 頑張れ!

ああー!
(有吉)やっぱ 稲村が速いんだな。

(有吉)稲村 やっぱ 速え。

(山崎)でも 意外に
並木ちゃんが…。

頑張ってた。
(山崎)頑張ってた 頑張ってた。

(有吉)斎藤さんより
並木ちゃんの方が速い。

(山崎)そうね。
なんか フォーム きれいだね。

がっかりなのは 斎藤さん。

(有吉)陸上部アピールが
強かったけどね。

踊ってたわけでしょ?
アイドル時代は。

踊ってました。
(山崎)確かに。

だから 体のね キレとかは
あるはずなんですけどね。

(斎藤)いや… 踊ってました。

見せてもらっていいですか?
ちょっと 踊り。

♬~「シンクロニシティ」

♬~「きっと 誰だって
誰だってあるだろう」

♬~「ふいに気づいたら
泣いてること」

(山崎)ほらほら… 本物っぽい!

(有吉)負けてられないじゃない。
(山崎)ちょっといい? 朝日さん。

ちょっと こちらで
ダンスバトルいい…?

(有吉)悔しいじゃない。
(山崎)頑張れ 頑張れ。

(有吉)アイドリング!!!だって…。
(山崎)アイドリング!!!だって。

なんだっけ? 曲は。
(朝日)聴いてください。

『ガンバレ乙女(笑)』。

♬~「がんばれオトメッ!」

♬~「ココロ弾ませ 歩きだそぅ」

ゴー ゴー!

(有吉)振り 簡単…。
振りが簡単なんだよ!

(有吉)やめろ もう。
振りが簡単すぎる…。

やめろ!
(有吉)やめろって。

やめろよ 長えんだよ これ。

小学生が運動会で踊るぐらい
簡単になっちゃってる…。

(朝日)これ デビュー曲なんです。
アイドリング!!!のデビュー曲…。

(山崎)
乃木坂のダンスと全然違うね。

(朝日)一緒。
マジで一緒。

〈ダンスはさておき

稲村の記録は現時点で4位〉

4位なんだ。

(稲村)私も 今回
仕上げてきたんですよ。

ラガーマンと
合宿したりしてきたんで。

(稲村)なのに
今日 走れないって聞いて。

毎回 なんか 有名アスリートの
名前 出してくるよね。

前回 誰だっけ?

(稲村)前回 桐生君と…。

そうや。
こっちが言いづらい人ね。

そうそう。 攻めづらいのよ。

朝日さん。
(朝日)はい。

あそこから始まったんですね。
踊りがね。

他の番組でも
踊らさせられる事あって たまに。

あっ そうなの?
ザキヤマさんのせいで。

(朝日)しかも…。
仕掛けてるの 全部 おたく…。

そうや!
違いますよ。

〈50メートル走
続いて 第4レース〉

〈1レーン 最年長のシルクさん〉

〈全力疾走は大丈夫?〉

〈過去

〈中の下という実力で
クローズアップされるのか?〉

〈6レーン 同じく 元モー娘。から
道重さゆみ〉

ここ ハロプロ 3人
並んでますから。

ハロプロの中で 誰が速いのか。

まあ 里田でしょうけどね。

シルク姉さん
そのままのスタイルで走るんですね?

えー!
風が…。

それ…
風を受けすぎてスピードが…。

(みちょぱ)「あれつけながら
走るの?」

「エヘヘ」っつってますね。

あれでいいんですか?
放っときましょう。

(スタッフ)位置について 用意…。

(号砲)

ああ 里田か?

大島か? 大島か?

あっ 大島だ!
大島! おおー!

大島 1着?

(麻衣)わーい!

どうぞ どうぞ。 すげえじゃん!

速かったですね。

いや 出だしは
そんなに速くなかったけど

後半の追い上げ。

50メートルぐらい
全然 余裕なんだよね。

全然 全然 しんどかったです。

しんどかった?
いや しんどそうにしてない…。

ギリギリです 50。

あの ニコニコ…
ニコニコ笑いながら

最後ね 力抜いた。

(misono)抜いた 抜いた 抜いた
手抜きましたね。

ちょっと余裕な感じで。

一生懸命が一番ですよね。
(国生)ねえ。

一生懸命の事 言うんだったら
あの農婆の人に言ってくださいよ。

あの人 日焼けの事しか
考えてないんだから。

でも 道重には勝ちましたから。
(シルク)えっ ホンマですか?

私 何位?
私 何位ですか?

道重 最下位ですよ。

誰もついていってないですよ。
(道重)えっ…。

〈余裕の走りを見せた大島〉

〈総合でも 現在3位に〉

misonoちゃんは ジム
一生懸命 行ってましたけど

私も フラッと走れる
タイプなんで…。

違います。

〈続く第5レースは
バツイチ対決〉

〈離婚のスピードは随一。
足のスピードの方は?〉

〈カリスマも
1児のシングルマザー〉

やぐっちゃん
この頑張りいかんでは

『24時間テレビ』のね
ランナーの方も…。

(有吉)出れるわけねえだろ。
(山崎)あらら 「サクラ吹雪」…。

あいつが走るぐらいなら
俺が走るわ。

(一同 笑い)

(山崎)そんなに嫌いなの?
(鈴木)見たい 見たい!

遠野さん。
(遠野)はい!

走るの
あんまり得意じゃないんですか?

やる気だけは すごいです。

やる気を
見せて頂きたいと思います。

はい 頑張ります!

〈バツイチ対決 勝つのは一体?〉

(スタッフ)位置について
用意…。

(号砲)

(みちょぱ)
「いやいや… あっ!」

(有吉)遠野さん!

遠野さんに
目がいく…。

あらら… 遠野さん!

遠野さん!

(misono)でも 一生懸命!
遠野さん!

遠野さん?

遠野さんだけ ゲタ履いてた?

鉄ゲタでね…
ゲタ履いてたでしょ?

悔しい…。
悔しい?

もうちょっといけると思ってた。
もうちょっと速いはずだった。

ゲタ神 ゲタ神がね
登場しました…。

(山崎)
あら ヒザ神 ゲタ神 モモ神。

モモ神 対 ゲタ神
見たいですね 今度。

(一同 笑い)

私は いいですから…。

〈続いて 第6レース〉

ニコル 負けられないですね
ここは。

ここは 絶対勝ちたいと思います。

横並び見ても まあ この中で
1位は取れそうでしょ?

なんか
チンチクリン感がありますけど…。

(山崎)ちいちゃいね 確かに。
ただ 気をつけてくださいね。

黒沢さん 意外と速いですから。

(みちょぱ)そうなの?
(黒沢)頑張ります!

ダンスは ちょっと… はい。

踊れる?
いいですか?

(朝日)「アハハハ!」

どういうジャンル?

ブルブルです。
ブルブル?

(山崎)なんだ? それ。
(みちょぱ)初めて聞いた。

柴田さん どうですか?

やってたの? ホント SKE…。
怪しいな。

6年いました!

(有吉)怪しいよ。
(山崎)怪しい 怪しい。

(柴田)踊ります!

(みちょぱ)
「なんで踊らせるの? すぐ…」

♬~「パレオはエメラルド
腰に巻いた夏」

振りが… 振りが なんか…。
♬~「映してる」

(一同 笑い)

すみません!

踊れる人 見ると 踊れない人
やっぱ 見たくなるんだよな。

馬場さんは どう?
やってたの?

(有吉)ちょっと やって。

♬~「ハアー アアアアアー…」

いい いい。 いいね いいね!
見てられる 見てられるよ。

ヨッコイショ ヨッコイショ!

いいですね!
いいですか?

(山崎)そのまま どうぞ どうぞ。
どうぞ どうぞ どうぞ どうぞ。

前の方に 前の方に…。

時間かかるけど
前の方に どうぞ どうぞ。

これ いつまで続けるんですか?
いいよ いいよ いいよ。 はい!

(手拍子)

ヨッコイショ ヨッコイショ。

(手拍子)

これ いつまでやるんですか?
(山崎)いいですね これ。

「この画 よく見るな…」

半分まで来たから… そう。
(山崎)前の振り ちょっと多めに。

前 多め 前 多めよ。

で あんまり下がらない。
あんまり下がらない。

(有吉)いいね!
(山崎)前方だけでいいんですよね。

(有吉)ちゃんとやってる?
ちゃんとやってないんじゃない?

ちゃんと踊ってよ。
(みちょぱ)頑張れ 頑張れ!

(山崎)甚句の歩幅じゃ
ないんじゃない? これ。

もうすぐ… もうすぐ…。
(有吉)いいよ。

アイヤサー アイヤサー。
イエーイ!

(有吉)すごい すごい。

ありがとうございます。
1着です 1着。

戻って 戻って。
(山崎)お戻りくだ… ハハハッ…。

(山崎)
「戻って 戻って」じゃない…。

〈という事で レーススタート!〉

(スタッフ)用意…。
(号砲)

(みちょぱ)頑張れ!

ああー! ハハハッ…!

ニコル 1着!

(山崎)ちょっとハンディキャップ
あったからね 馬場さん…。

馬場さん 体力がね。
(山崎)ハハハッ…。

(山崎)馬場さん
ちょっと疲れてない?

『新潟甚句』 踊らせるから!
『新潟甚句』 踊らせるから!

こればっかだから。
(有吉)しょうがないよ。

そんな でも
体力 使わないでしょ? あれ。

50 100… 100メートルですよ!

(有吉)知らないよ。
勝手にやってんだから。

ニコル 1着。

フォームが なんか
きれいになってるけど。

前より なんか スピード
上がってるような気がしたけど。

(藤田)なんか 軽かったです 体が。
(山崎)あら。

ちょっと 黒沢さんが
やっぱね…。

でも 無事だったんで
よかったです。

(山崎)なんか 目が… ねえ。

そうなんです。 そうなんです。

サンローランの…。
(山崎)すごい!

(一同)かわいい!

秋色に?
(黒沢)秋色に ちょっとね。

いち早く紅葉されて。
(黒沢)ありがとうございます。

(山崎)まだ紅葉してない中。

〈好記録のニコル
国生さんに次いで 暫定2位〉

〈『新潟甚句』も
まさかの3位にランクイン〉

〈続く 第7レースは

こちらのメンバー〉

〈注目は もちろん

スポテに情熱を捧げる
misonoだが…〉

熊田も速いんだ。
運動 大好きです。

抜け 抜け。
misono 抜け。

頑張ります!

あと 手島が
どうなんだっていうね。

私 でも 小1から中3まで
リレーの選手でしたよ。

リレーの選手…。

誰?
今 誰だよ。

(スタッフ)位置について 用意…。

(号砲)

(山崎)「これはmisonoちゃんか?」

(みちょぱ)「速い」

速い!
ああ やっぱ速い。

わあーっ! よっしゃー!

(熊田)速かった。

(藤田)「速え!」

国生さん どうですか?
misonoの走り。

きれいなフォームになってた。
なってましたね。

(国生)最後まで
スピードが落ちなかった。

(misono)すごい見ててくれる。

〈misonoが
国生さんを抜いてトップに〉

〈熊田も4位にランクイン〉

(山崎)やっぱり
misonoちゃんか。

〈続いて 第8レース〉

〈動けるおデブの実力は?〉

〈2レーン
意外と速い 尼神 渚〉

今回…。

ずっと言ってるな あの気持ち。
(山崎)自信あるの?

「絶対」を気軽に
使わないでほしいんですよね。

はい!

その横で 全く動じずに
話を聞いています ゆりやん。

はーい!

走る競技ですけど…。

(山崎)どこが?
メンバー 見てください。

背の高い熊井とかもいますけど
勝てそう?

全部 筋肉でできてる可能性
ありますからね。

たまに ああいう大リーガー
足 速い…。

(スタッフ)用意…。
(号砲)

いけー!
いけ いけ いけ…。

(みちょぱ)「速い 速い」

(山崎)あー 速い 速い…!

(鈴木)イエーイ! 勝った!
勝った!

鈴木奈々 1着!
(山崎)きたきた きたきた!

渚 2位ね。
渚…。

やった 鈴木。

(鈴木)もう 絶対に ここは
勝利しないとって思ってたので。

絶対ね。
(鈴木)はい!

有言実行ですね。
はい。

熊井さん…。
動かせてないっていうか

上に向いてる感じやったよ。

男子が一気に冷める走り方
というか…。

あの… いやいやいや
小学校の時だったらね。

女性に こういう事言っていいのか
わかんないけど

一瞬
アンガールズ田中に見えた…。

嫌だ 嫌だ!
嫌だ! やめてくださいよ。

フォームで言うと ゆりやんの方が
きれいだったからね。

ぶれてないもんね。

かわいい!

〈宣言どおり
鈴木が1位でゴール〉

〈総合成績でも
トップに躍り出た〉

〈ラストの第9レース〉

ああ 緊張してるの?
(藤田)あの人 緊張してます。

でも ジョイナーを
ちょっと 復活させたいなと。

(山崎)出た!
ジョイナー復活。

初参戦 ゆきぽよ。
はーい。

ここが怖いよね。

うーん なんか 見た目的には
走れそうなんだけどね。

でも みちょぱをやっつけたら

もう 一気に
トップの方にいきますよ。

『Popteen』のギャルには
負けられないですね。

そうだ! モデル対決じゃん!

そう… 『egg』のギャルと
『Popteen』のギャルです。

あと『CanCam』だ。

『CanCam』だっけ?
(みちょぱ)出てました?

『CanCam』です。

エビちゃんと?
(山崎)結構 創生期の…。

(よしこ)でも 最近 ちょっと

吉本坂46っていうアイドルに
入らせてもらって

踊らさせてもらってるので。
(みちょぱ)踊れるんだ。

(有吉)えっ?

いやいやいや 大丈夫 大丈夫。
いやいや 大丈夫です。

踊れます!
なんですか?

(一同 笑い)
聞こえない… 何…?

(一同 笑い)

(スタッフ)用意…。
(号砲)

(朝日)頑張れ!
(山崎)うわうわ うわうわ…!

ああー! 断トツ…
ああー! 伸びてる!

伸びてる!
ああ 抜いても余裕。

(有吉)余裕!
(鈴木)速くない?

抜いた!
(有吉)速い!

いや もう 5~6歩
進んだ段階で

もう 余裕なのがわかった。
(有吉)速すぎるよ。

最後 もう 抜いたもんね。

(有吉)本当の
アスリートのやり方だもん。

ちょっと…。

〈みちょぱが総合4位にランクイン〉

〈これで 決勝進出4名が決定!〉

〈では ここで
上位4名のベスト記録を比較〉

〈だが 本当に速いのは?
No.1決定戦を行う!〉

時空を超えて 対決です。

(スタッフ)位置について 用意…。
(号砲)

〈50メートル走
上位4名のベスト記録を比較〉

〈時空を超えた
No.1決定戦を行う!〉

〈1レーン みちょぱ
2レーン 鈴木奈々

3レーン misono
4レーン 国生さん〉

時空を超えて 対決です。

(スタッフ)位置について 用意…。
(号砲)

「いけ!」
(みちょぱ)「怖い! お願い!」

(藤田)「誰だ?」
(朝日)「誰? 誰? 誰?誰?」

(みちょぱ)「お願い! お願い!」
「誰だ?」

「みんな 速そう… 誰だ?」

(一同)「わあーっ!」

「えーっ!」
(山崎)「えーっ!?」

奈々ちゃん!
7秒…。

〈という事で 50メートル走
歴代記録No.1は

7秒46の鈴木奈々でした〉

(拍手)

鈴木奈々が
No.1という事になりました。

みちょぱ 3位なの? なんか…。

ゴール直前で抜くクセあるよね。
その…。

だって 勝てるもん。 普通に。

直接対決してみたいよね?

やりたいです。
misonoと。

いやいや いやいや…
なぁちゃんとやった方がいい…。

なんで 嫌がるの?
みちょぱとの対決。

(藤田)なんで? なんで?
(misono)いや ホントに!

勝負するのは
別に悪いとかじゃないから。

真剣にやってる…。
そうですよ 真剣勝負だから。

せっかく頑張ってる若手を
潰しにかかってる姿とか…。

いや それ
勝っちゃう想定じゃん それ。

(一同 笑い)
(山崎)ねえ。

(藤田)確かに。
だから やってみればいいじゃん。

本気でやってんのに こっちは。
で 抜いたりする 笑ったりする…。

本気… 本気でね?
本気でやってます!

どうですか?
直接対決 みちょぱと。

みんなで楽しく。
気持ちいいね。

気持ちいい。 これ これ。
(みちょぱ)嬉しい なんか。

うちが悪者になるやん!
今の やったら!

嫌 ! もう 嫌や!
もう ホンマ嫌!

あんりは初めてなの?
misono…。

そうですね はい。

ホント テレビで見てた人と
会ってる感じで。

すごいでしょ?
何が?

私たちが出てるバラエティーと

(一同 笑い)

入れないです 全然。

『ヘキサゴン』仕込みの
人たちだから。

「ヘキサゴン!」の言い方で
入ってきちゃうから。

(一同 笑い)
(あんり)ああ なるほど。 早い…。

(山崎)「いや うちは…」。

〈柔軟性を測る名物コーナー〉

〈歴代No.1に輝くのは?〉

〈トップバッターは 里田まい〉

それでは… どうぞ!

(山崎)「まいちゃんも出てたんだ」

(国生)いける いける!
はい。

51.5。

これが どうなのかが
まだ わからない…。

普通です。
(里田)普通?

〈続いて 山本モナ〉

さあ 床トップ モナ。
ほら みんな 気合…。

どうぞ!
よっ。

おーっとっとっと…。

いったんじゃない?
あ~ん…。

えー… モナの記録

61.5!

いや まあ 60超えではありますね。

〈続いて 若かりし熊田〉

熊田さん どうぞ。

おーっと おっとっと…。

まだ いける? ああ いった!

すごい。 すごいんちゃう?
ああ いった!

はい ここまで?
ああ…。

熊田さん 62.5!

〈モナを抜き 現在トップ〉

〈続いて 大島麻衣〉

いきます。
上… 上に向いて。

うわ~ いった!

おお いった! 出ました!

大島麻衣の記録 63センチ。

〈さらに記録更新〉

トップ!
(麻衣)やったー!

うわっ すげえ。

(山崎)「ヘビみたい なんか」

〈続いて
インリン・オブ・ジョイトイ〉

インリン どうなんだろう?

インリンも やわらかいよね?

多分
やわらかいと思いますよ。

ポーズとか色々してるんで。
ねっ。

色んな悩ましいポーズ
ありますから。

インリン・オブ・ジョイトイの
測定です。

〈自信はあるというが
果たして?〉

あれ あれ? あれ あれ?
インリン?

インリン。 インリン。

インリン。 インリン!

まあ…! あれ?
どう?

ひどい。 29.5センチ。

得意っつってたじゃん。

測るやつも…。
測るやつが なんか違うね。

〈続いて あんり〉

お相撲さんって 体 やわらかい…。

えっ?
(あんり)やらせろ 早く。

ぼる乃海ですね。
(あんり)ぼる乃海じゃねえわ!

なんだ ぼる乃海って。

強そう。
ぼる乃海。

あんりさんの挑戦です。 どうぞ!

(一同)おお~!
(みちょぱ)上げて 上げて…!

いった いった いった。

58センチ。

おお!
やわらかいんだね。

〈続いて 淳との関係が
噂になった misono〉

どんな質問なんだ それ!

やりたくないで いいだろ。

傷つくか! そんなん。

うちに振られて?

「なんで付き合ってると
思われてるんだろうな?」

どうぞ!

(有吉)ああ いく!

あれ すごい!

いきました。
(有吉)今 上げた すごい。

misonoさんの記録

62.5。

ああ ダメだー!
上にいかないとダメ。

〈続いて 竹内アナ〉

えー! もう…。

力さんじゃないよ!

力さんじゃないですよ。
Vシネマじゃない…。

(熊田)応援してくださいよ。

では 参ります。 どうぞ。

もっと あごも反って!
あごも反って! あごも反って!

あごを上に上げるんですよ。
上に…。

はい ここまで。
うわあ 全然反らない。

51センチ。

まあまあ まあまあ…。
(有吉)平均的?

続いて 弘中アナ。
(弘中)はい。

(山崎)もう アナウンサーで これ。
(有吉)子供。

(藤田)「子供…」

お子ちゃまだもん。
(山崎)ねえ。

キッザニア東京。

本職です!

弘中アナ 上体反らし どうぞ!
(山崎)どうだ?

(有吉)かたい… かたいよ!
ここまで?

うわー! ううーっ!

ここまで。
ダメだ。

(山崎)いや これは まずいな。

36センチ。

〈2人そろって期待外れ〉

来年 来てくださいね。

そこで お菓子もらえる…。

〈お次は 並木アナ〉

見てるよ。

タモリさん…
タモリさんに ちょっと…。

タモさん 頑張ります!

(有吉)初期の頃の ほら
下平さやかさんも見てる…。

見てないよ!

見てない事もないけど…。

(有吉)「怖い 怖い」…。

大先輩だもんね。
(山崎)下平さんにひと言 ほら。

下平さん いつも
お世話になっております。

長野さんに ひと言。
長野さんにも…。

長野さん 関係ない…。
(有吉)長野さん 関係ないだろ。

応援してないですか?

いつも応援してます 長野さん。

では 参りましょう。
(山崎)頑張ってよ!

どうぞ!
(山崎)頑張れ!

上だよ! 上だよ!
うわっ いった いった…。

いきました!
(山崎)おっ!

62.5!

〈0.5センチ届かず〉

(山崎)第2位。 今のとこ2位。

〈続いて くみっきー〉

くみっきーの上体反らしです。
どうぞ!

おお~! 上 上 上 上…。

(山崎)もうちょい!

くみっきーの記録

63.5。

〈記録更新! 現在トップ〉

〈ここまでのトップは

くみっきーの63.5センチ〉

3時のヒロイン 福田。
(福田)はい。

〈続いては ブルマ 福田〉

すごい… ゴリゴリのブルマで
来とるやん!

(福田)ずっと待ってるんですよ
私。

淳さんが興奮するかなと思って
はいてきたんです。

淳さんは好きなのよ。
ホントに好きなの。

「失礼します」じゃないよ。

お店の人みたいに
近寄ってくるんじゃないよ。

(山崎)ご指名
ありがとうございます。

(みちょぱ)白いからかな?

「ここ いいの見れますよ」
じゃないのよ。

福田の挑戦です。
(有吉)いこう ここは。

どうぞ!

(みちょぱ)おお~ もうちょっと!
頑張れ 頑張れ!

ダメか。
ダメだ…。

福田 57.5。

ああ~…。
(山崎)60は いかないとね。

かたい!

リアルな…。
(一同 笑い)

なまめかしいね あいつは。

色んなね
爪痕の残し方ありますもんね。

はいてこいって
言うから…。

やめてよ。
俺 言ってないのよ。

(山崎)淳さんが 好きだから?
(福田)はいてきましたよ。

そんなにさ
上げない方がいいんじゃない?

(一同 笑い)
福田さん…。

(山崎)
やめて。 手はやめて ホントに。

よしこさんも?
ホントは ブルマ…。

そうなんです。 ホントは ブルマを
はこうと思ってたんですけど

ちょっと あの… 246 歩いてたら
マダニに刺されちゃって…。

(一同 笑い)

(山崎)246のマダニ?
そけい部をかまれちゃって…。

〈続いて 元テレ東 鷲見アナ〉

あら? じゃあ…。

鷲見さんの挑戦です。 どうぞ。

(有吉)
ああっ! もうちょっといくか?

ここか? ここか?

(有吉)もうちょっとか? どうだ?
(山崎)どうだ?

63センチ!

〈惜しくもトップには届かず〉

〈続くステファニーは
ザキヤマさんが足を押さえ…〉

〈キス待ち〉

(みちょぱ)「顔!」

頑張れ!

57センチ!
(山崎)ああ~ 惜しい!

〈すると…〉

動き方おかしいのよ。

(藤田)「やだ!」

〈続いて ニコル〉

どうぞ!

いってる いってる!
そのまま 上 上 上 上!

(みちょぱ)もっと もっと もっと。
いけ いけ!

イテッ!

62センチ!

ああ… 全然…。

(山崎)いや そんな事ない…。
徐々にかたくなってってるね。

やっぱ ビームが消えたんで…。
(有吉)ビーム 消えた。

時々 出した方が
いいんじゃないの?

出してくれるの?
(山崎)いいの?

久しぶりにやります!
(みちょぱ)レアだよ。

にこるんビーム!
(有吉)きたーっ!

(山崎)恥ずかしそう。

だから 『ロンハー』に出た時だけ
ビーム出してくれない?

えっ? これからですか?

ニコルさん 来てまーす!

にこるんビーム!

(みちょぱ)かわいい。
定着してくね。

よしこさんも来てます。
(よしこ)あっ はい。

よしこドリル!

(一同 笑い)
(みちょぱ)新しい! 何? それ。

何?
(山崎)なんですか?

〈続いては
Gカップグラドル 尾崎ナナ〉

(みちょぱ)「あら すごい」

顔のが先じゃねえかよ。

俺 コードがすげえな もう。

カメラさん 夢中で
もうコードが…。

(有吉)コード すごいから。

なんだよ これ。
(山崎)邪魔だ。

どうぞ。

(山崎)いい いい いい。

もっといける。
(山崎)頑張って 耐えて 耐えて。

もうひと反り。 もうひと反り。

ああ いったんじゃない? はい。

62センチ!

〈続いては ふるドル 磯山〉

磯山さんです。
どうぞ!

巻かないでよ。
ハハハッ…。

では 参りましょう。 どうぞ。

(有吉)うわっ 何? これ。

(磯山)待って。 ちょっと待って
ちょっと待って!

足 押さえてないよ!

えーっ!? あっ ごめんなさい。

(磯山)ただただ 足も上がった。

こっちも反っちゃった。
ごめんなさい。

お兄ちゃん 頼むよ。

ごめんなさい。
似てるもんね。

バービー 磯山
山崎の3兄妹。

似てない。
お兄ちゃん。

では 参りましょう。 どうぞ。

おととと…。
(有吉)もうちょっと。

はい。
(山崎)どうだ?

53センチ。
(磯山)ああー いかないか。

〈続いて 森三中 黒沢〉

(黒沢)亮さん すいません。

あっ すいません。

ちゃっちゃと
終わらしたいみたいな。

旬じゃないのに私がすいません。

(黒沢)
旬じゃないので すいません。

黒沢さんの挑戦です。 どうぞ。

いくぞ。
ちょっとずつ ちょっとずつ…。

(山崎)いやいや いやいや…。

キープしてもらわないと。

演歌歌手のあいさつみたい。

(黒沢)すいません。

どうか淳さん
頂点の所でお願いします。

今の頂点のとこだと 44.5。

44.5。

もうちょっとね
エロい感じがあるといいですけど。

淳さん 私の底力のエロ
知らないじゃないですか。

いや 見せた事ないでしょ。
そうなの?

ホントに 変なお姉さんっていう
キャラクターがあるんですけども。

ちょっとだけ見れます? それ…。

変なおじさん…。

変なお姉さんだよ~。

またぐよ~。

女スギちゃんじゃねえか。
(有吉)スギちゃんじゃねえか。

(一同 笑い)

セクシーだろ~?
セクシーだろ~?

言って。

セクシーだろ~?

スギちゃんなんだって。
スギちゃん。

変なお姉さん 結構

〈続いて 中村静香〉

早く上がらせて!

早く上がらせて。

では 参りましょう。
中村 上体反らし どうぞ。

(みちょぱ)「あっ すごい!」

上にいけば 上にいけば。
(山崎)頑張れ 頑張れ 頑張れ。

ああ…。
(山崎)いったんじゃない? これ。

66センチ!

〈現在トップ!〉

やわらかい方です。

お待たせしました。

〈続いて 春菜〉

はい CM またぎましょう。
ちょっと早い 早い 早い…。

反ってない 反ってない!
18センチ…。

反ってない! まだ反ってない!

ありがとうございました
18センチ…。

まだ反ってない。

〈では 気を取り直して…〉

どうぞ。

おお いった…。

頑張って!

ちょっと ちょっと ちょっと…
近藤さん。

一番 MAXのとこで
止まってくれないと。

(近藤)わかりました。
いきますよ。

どうぞ!

(一同 笑い)

折れちゃう 折れちゃう…。
当たるでしょ。

折れちゃうんだよ。

結構 いってるんですけどね。

37センチ。
あれ? いったのにな~。

未経験者ですからね。

〈続いて よしこ〉

(みちょぱ)「風になびいて…」
(朝日)「いい笑顔」

どうぞ!
頑張れ!

なんで…
ちょっと待って ちょっと待って。

なんで そっち向くの?

シーマンじゃん!

こう 寄っていったよ。
(山崎)育てるゲーム。

こっちもちょうだい!
こっちもちょうだい!

(一同 笑い)

「ウー!」ってやって
「ウー!」ってやってあげて…。

記録 54.5。

(山崎)まあまあ いって…。
(よしこ)まあまあ いけた。

いや すごかったよね。

見ちゃうんですよね
ああいう時って。

(山崎)淳さんを?
(よしこ)淳さん見ちゃうんですよ。

ここに… ここにいる淳ちゃんって
見ちゃう…。

(一同 笑い)

関係があるみたいに
なっちゃってんじゃん。

そういう主婦 いるよ。

〈ここまで
中村静香の66センチがトップ〉

〈続いて 朝日奈央〉

朝日の挑戦です。 どうぞ!

おっとっとっとっと…。

(山崎)もうちょい もうちょい
もうちょい!

はい オッケー。 どうだ?
朝日の記録

67.5!

〈これでトップに!〉

やった! やった!
やった! やった!

やった! よっしゃー!

現在トップ 朝日奈央。
(山崎)よし よし よし!

ああ~ 軽やか。
軽やかだね…。

(有吉)踊れる。
ミュージカルやってたのか…?

最後の何?
(藤田)めっちゃ ガニ股…。

〈白熱の歴代No.1争い〉

〈果たして 誰が制するのか?〉

〈歴代記録No.1決定戦〉

〈上体反らし
ここまで トップは朝日奈央〉

〈続いて スザンヌ〉

スザンヌは どこまで
反らせる事ができるのか。

どうする?
高いとこで待ってようか?

(スザンヌ)ギューッて
押さえてください。

いつも やってんの? これ。
(misono)ブリッジ 得意だもんね。

どうぞ!
せーの…。

おおーっ!
(歓声)

えっ? えっ?

69センチ。

トップ!
すげえ!

(スザンヌ)嬉しい!

素直に反ったね。

(スザンヌ)はい。
よかった 嬉しい!

今日は だって
熊本から お越し頂いた…。

はい お邪魔しました。
ありがとうございます。

当時 22歳ぐらいで…。
あの時 22歳?

こうやって 独身だったから…
あっ 今もなんですけど。

(一同 笑い)
(山崎)まあまあ いいけど…。

色々あったのね。
一回 あってね。

〈続いて 堀田ちゃん〉

デッカチャンも見てるからね。

堀田ちゃんとデッカチャン
そんな繋がりないですから。

(みちょぱ)「全然関係ない…」

どうぞ。
引き上げろ。

上 上 上 上 上 上 上 上…!

(藤田)「首が伸びた…」

あーっと!
えーっ 何? 何?

ここまで いきました!

68.5!

〈惜しくも及ばず!〉

〈続いて おのののか〉

どうぞ。
(山崎)いけ~!

おーっと
いった いった いった…。

ああーっ!

(おの)どっち?

記録…

70センチ!

〈大台記録で
スザンヌを抜き トップに!〉

全くよ。
寄ってったね 根性出したね。

〈続いて 手島優〉

びんぼっちゃまじゃないの?

(一同 笑い)

では 参ります。
手島さんの上体反らし どうぞ!

(一同)おおーっ!

(山崎)すごい すごい
すごい すごい…!

(山崎)どう?
手島さんの記録…。

70.5!

〈おのののかを抜き トップに!〉

(misono)すげえ!
(里田)えーっ!? すごい!

〈今や Jリーガー
柿谷選手の妻になった丸高〉

どこまで反る事ができるのか。

参りましょう どうぞ!

せーの…。

(有吉)ああ… すごいよ!

すごい。 すごい すごい。
(有吉)すごい!

丸高さんの記録…。
こい!

71センチ!

〈またまた 記録更新〉

(丸高)ありがとうございました。

〈続いて 家族が
ちょっぴり複雑な時期の

岡田結実〉

1つにしよう。
家族1つにしよう!

ちょっと…
ちょっと待ってください…。

ギュー! っていって…。
ギュー! っていこう。

ホント 『ロンハー』だけですよ
こんなイジってくるの。

この話。 他の現場
もう 触れないようにみたいな。

(藤本)マジで?

参りましょう。
岡田結実 上体反らし どうぞ!

おおっ! 上 上 上 上 上…。

きました!

岡田結実の記録

71センチ!

〈現在トップタイ〉

これは すごい!

家族に明るい光が差し込みました。

(山崎)久々の明るいニュースが
岡田家に。

待ってるよ 結実ちゃん
岡田さん!

現在トップ。 素晴らしい記録。
(岡田)ありがとうございます。

(藤田)「かっこいい」

〈70センチ超えの
好記録が続く中

〈まずは スポーツテスト
4連覇のみちょぱ〉

さあ 参りましょう。
(みちょぱ)いや 怖っ!

みちょぱの挑戦 どうぞ!

いきます。 せーの…。

反って!

あ~っ!

(山崎)うわあ…。

記録71.5!

〈単独トップに!〉

(みちょぱ)やったー!

みちょぱ…。
(みちょぱ)よっしゃ!

いまだかつて
ないんじゃないですか?

70オーバーなんて。

あんまり 他の運動会で
上体反らし やらないから。

この番組だけなのよ。

〈ラストは 神スイング稲村〉

〈みちょぱを超えられるか?〉

稲村
どこまで反らす事ができるのか?

どうぞ!

と と と…。
どうだ? 上までいったか?

(山崎)どうだ…?
(稲村)うわー…!

71.5超えたか?
(稲村)痛ーい!

稲村の記録

73センチ!

(歓声)

すごい!

いきましたね。

〈という事で
上体反らし歴代No.1は

稲村亜美でした〉

うわ~ 嬉しい!
(拍手)

歴代記録のNo.1は
稲村でしたね。

今日も反らすと思って

2時間 マッサージ
行ってきたんですよ。

体ほぐして?
(稲村)整えてきたんですけど。

えっ? さらに こう…
反るようになってるの?

多分 もう 去年よりは…
断トツですね。

マジで?
はい。

ホント仕上げてきてんのね
じゃあね。

聞いてて共感する部分があって。

でも なんか
加わったら ちょっと

事故になっちゃうな
って思ったんで 聞いてるだけで。

misonoさんが ちょっと

事故られてるのは
わかってたんだね。

だから ちょっと
加われなくて。

いや ちょっと待って。

うちの味方… 3人とも
こっちの味方して 急に来るし。

危ないですよ また。
また。

(一同 笑い)

離れて。
気をつけてくださいね。

(山崎)アクセル踏みすぎると。

〈続いては…〉

〈まずは50メートル走〉

〈森三中 大島が参加した
2010年のレース〉

(スタッフ)位置について 用意…。

(号砲)
ああ misonoか?

ああ でも…
誰だ? 誰だ?

大島! 大島!

ハハハハ…!

〈2位に入った大島だが…〉

大島さん!
(misono)何? 何? 何?

大島さん! 大島さん!
(スザンヌ)大丈夫? 大島さん。

大島さん。

どうしました?
え? 酸素。

(噴射音)

カバー カバー カバー! カバー。

(スザンヌ)大丈夫?

おいしそうに吸ってますね。

(村上)生き返った。

ああ~!
どうした?

(村上)途中 蛭子さんが
走ってるみたいでしたもん。

すごかったですよ 顔。

走り顔で
あんな面白い顔 初めて見た。

寄ってきた 寄ってきた。

酸素のあるとこに寄ってくるよ。

(一同 笑い)

動けんじゃねえかよ。
動く余裕あんじゃねえかよ。

余裕あんじゃん。
動けんじゃねえか。

〈続いても50メートル走〉

〈10代のニコルが
初参加したレース〉

私 やらかした。
18歳。

ニコルさんは 足の方が
自信あると言ってましたけども…。

足だけしか 取り柄ありません。

ここで ホントに速いところを
見せつけると

misonoにもね
かなりエンジンがかかるという。

さあ そして
どうですか? お姉さん。

あんまりね
無理なさらないように。

美穂さんが応援してるよ。

美穂さーん!

(一同 笑い)
同居してますから。

(スタッフ)位置について
用意…。

(号砲)

(山崎)どうだ?

あっ ニコル速い。

お姉さん!

(一同)あーっ!

(有吉)ニコル…。

ビックリしてる 自分でも。
(山崎)何? あの顔。

お姉さん!
(一同)あーっ!

お姉さん!
(一同)あーっ!

お姉さん!
(一同)あーっ!

ニコル 1位だったのに!

何してんだよ?
どうなったの?

悔しい。
でも しょうがないよね。

1位は お姉さんですから。

まさかの 大健闘。
(有吉)すごい!

美穂さーん!

「ミキティー!」みたいに。

1位だったよ。

〈続いて 2006年の
第1回大会から

こちらのレース〉

(スタッフ)用意…。

(号砲)

さあ 走り出した。
走り出した。

〈3レーン 安めぐみ
リード〉

横一線だぞ!
誰だ? 誰だ?

誰だ?
誰だ?

(一同 笑い)

誰だ?
誰だ?

誰だ?
誰だ?

♬~

ハハハッ!

あと3メーター…。

お前! こけ方も古いよ お前。

〈お次は 9年前の

こちらのレースから〉

これは
未来の熊田★磯山オーディションで

合格した3人と
磯山の師弟対決が。

(有吉)師弟なんですか?
師弟対決。

勝手に
オーディション開いといて。

〈磯山の走りに注目!〉

えっ 私?

(号砲)

〈左から3人目が
磯山〉

磯山? 磯山!

丸高 速い!
丸高 速い!

(一同)ああーっ!

(山崎)
「危ないよ もう」

顔面いってるじゃん。

丸高 速い!
丸高 速い!

丸高 速い!
丸高 速い!

丸高 速い!
丸高 速い!

おっぱい
ぐにゃ~ってなって…。

よかったね 胸大きくて。

めっちゃ
クッションになった…。

〈続いて
歴代最速女王 鈴木奈々が

8年前に登場したレース〉

(スタッフ)位置について 用意…。
(号砲)

〈早くも独走態勢だったが…〉

(有吉)全然速い…。

(一同)あーっ!

(有吉)全然速い…。
(一同)あーっ!

(有吉)全然速い…。
(一同)あーっ!

(有吉)全然速い…。
(一同)あーっ!

(有吉)全然速い…。
(一同)あーっ!

こけたぜ おい!

(有吉)あーあ…。
やった…。

(有吉)顔…。

断トツだったのに…。

こけるなんて
思ってなかったから…。

そうだよな。
(鈴木)ショックだった。

そうだよな。

練習してきたの?

昨日 ちょっとだけ
練習したんです。

そりゃ 感動 呼ばねえわ。
ちょっとだけだったら…。

〈名珍場面 続いては
ロングスライディング〉

(藤田)「やだ~」
(山崎)「あったね」

〈簡単そうで
意外と難しい この競技〉

〈運動神経に自信のあるメンバーも
苦戦し続ける中…〉

〈ガンバレルーヤ まひるが
魅せる!〉

オスカー魂…。 オスカーは
認めてないんですけど

本人が オスカーだって
言い張りますから…。

よしもとクリエイティブ・エージェンシー
なんですけどね。

さあ それでは… どうぞ!

(渚)まひる いけ!
いいよ いいよ!

そう そう そう! いけ!

(歓声)

まひる ストップ!
そこでストップ!

大記録! 大記録です!

34.3メートル!

すごーい!
すごい!

(山崎)これはしょうがないね。
オスカー魂!

オスカーのオーディションで
これ あったんです。

オスカーのオーディションで?
ホント?

〈いまだ 破られる事のない
伝説のビッグローション!〉

ビッグローションって
何 言うの?

ビッグローション…。

〈一方 有吉に思いを寄せる
相方 よしこ〉

あんまり
いいところ見せられてないので

有吉さんの所までは
滑りたいと思います。

有吉は
大体 25メートル地点にいますよ。

(山崎)無理よ。
ここで だから 繋がれたらいいな。

だから ちょうど…。

(みちょぱ)「やめなさい!」

20メートルぐらいで方向転換して
そのまま 有吉と合体できるのが。

(山崎)ルンバじゃないんだから。

憧れの有吉のもとへ どうぞ。
(ホイッスル)

(有吉)こい!

(有吉)ちょっと…
カモン! カモン! カモン!

(一同 笑い)

(有吉)だいぶ距離があるな。

(有吉)そんな伸びないよ。
そんな伸びない。

うまいけど 入れ替えるの。

よしこの思い 届かず。
(山崎)入れ替えるの うまいね。

17メートル80センチ。

いや ホントに あれ もう親が
あとちょっとだったねって言って

メールくれました。
どんなご両親!

有吉さんと結ばれるのが?

あともうちょっと
2~3メートル行ってたらね。

親のフォロー 何? それ。
どういう事や。

〈続いて 昨年の
ギリギリ・チキンレースから〉

〈滑走路を越えてしまうと
恐怖の泥まみれ〉

〈まずは
元テレビ東京 鷲見アナ〉

(山崎)あっ いい。
手はヒザ! 手はヒザ!

(有吉)ダメか? ダメだろう…。

鷲見さん!
(みちょぱ)うわーっ!

(有吉)いいですね。
(山崎)誰?

やだー!

鷲見?
(有吉)鷲見ちゃん?

(山崎)あんななっちゃうの?
ちょっと…。

写メ撮るな! 写メ!

(山崎)すぐ写真撮るんだから。

(有吉)ハハハッ…。
(山崎)いや すごい…。

(有吉)あーあ…。
すげえ!

(山崎)全然 鷲見さんじゃない。
泥だらけ。

(みちょぱ)
やだ やだ これ やだー!

でも 攻めた結果だから。

(山崎)これは あれね
かわいくならないんだね。

頑張ったぞ!
オスオ~ス!

(有吉)
「オスオ~ス!」じゃないんだよ。

(ホイッスル)

〈続いて 朝日奈央〉

(有吉)止めろ 止めろ!
止まれ! 止まれ!

(一同)ああーっ!

(有吉)バカ。 何やってんだよ。
いいよ いいよ。

ああ 顔はいいです。
顔はいいです。

(朝日)ちょっと強かったですかね。
あそこまで強いのでいくとね

そりゃいっちゃうよね。

ああ これは 泥やりにいってんな
って感じがしましたね。

泥 いきたがってる?
(山崎)ちょっと待って。

(有吉)ハハハハッ…!
あら やめて。

ドロリアンがいるとは
思わなかった…。

ドロリアン バイバーイ!

〈そんな中 ぼる塾 あんり〉

〈恐怖の泥まみれ
ギリギリ・チキンレース〉

〈続いて あんり〉

いや 私は ちょっと

体の重みを使って
止めたいと思います。

ビビリじゃないですか?
ビビリじゃないです。 私…。

(ホイッスル)
頑張れ!

あっ 強いよ! 強いよ!

(有吉)やばい…!
強いじゃない! 強いじゃない!

強いよ…。

(山崎)待って! どうなった?
(有吉)どうだ?

あんりさん。

図画工作室に
こんな版画 あるけどね。

体の重み 使おうと思ったのに
全然使えねえよ これ。

(山崎)むしろ 重みで もう…。
いっちゃうんじゃない?

(あんり)いっちゃうかも
しれないですね これ 重みあると。

(山崎)そうなのよ。
(あんり)はい。

そうね。
業者さんじゃないよ…。

業者さん お願いします。
(あんり)業者さんじゃない…。

これ 業務用なのか?
普通のでいいよ!

(山崎)ハハハハ…。
ありがとうございます。

(一同 笑い)

バイバーイ。

元気でやるんだぞ!

お別れ…。
(山崎)「オスオ~ス」は?

「オスオ~ス」じゃねえよ!
(山崎)「オスオ~ス」って。

幸せになれよ!

ならないんだよ。

それの別れ方 おかしいのよ。
(有吉)ありがとう!

いやいや 小学生が…。
(山崎)「オスオ~ス」は?

〈以上 歴代名珍場面でした〉

(拍手)
(山崎)にこるんも入って。

すごい珍プレー ありましたけど
やっぱ ニコルがね 転んだ時…。

この次の年に 私

そこから ちょっと
走るの怖くなってましたね。

(山崎)ドーン! がね。
顔から いってるからね。

(山崎)磯山さんも そうだ。
顔から…。

でも 私は
結構 胸がホントに

さっき見た時も
クッションになってて

結構 胸は
強打してましたけど…。

今 見たら
ベターン! いってましたけど。

(磯山)でも だいぶ 胸に
ホント感謝したなっていう…。

あの時には?
はい。

あの時 女子がこけて

俺 いっつも
ゲラゲラ笑ってたんだけど

俺 もう 最低なヤツだ…。

(熊田)大笑いしてる。
助けに行かないんだよ。

助けに来てない。
ねえ。

朝日さん。
(朝日)はい。

ちょっとね…。
(山崎)あれはね ちょっと…。

泥をやりにいってる
っていうね。

今 どうですか? ご自身で見て
なんか 落ち方とかね。

もうちょっと黒くつけたなと…。
やっぱね。

(朝日)ちょっと ついちゃって…。
(藤田)まだらだった。

そう思うと やっぱ あんりさんは
ホントに きれいに…。

あれは 落ちるつもりなかったんで
私は…。

落ちたくなくて やったら
もう落ちてたんです 気づいたら。

気づいたらね。
(あんり)はい。

重さで グッと
前に いっちゃうんだよね。

(あんり)そうなんです。
ただ やっぱ なんか

あの頃 ああいうふうに
イジられて

なんか 今に…
なんか足りないというか

あの頃の方が ワクワク
バラエティーやってたなって…。

(一同 笑い)
(熊田)なんで反省してるの?

(山崎)へえ~。
ぜひね。

でも お互い
ホント 笑顔でやってて…。

今 やっぱ イジり合っても

やっぱ お互い ちょっと
どっか 気 使いながら

何かを思いながら
やってるから…。

私も 手 振ってましたからね
最後。

〈続いて

〈総勢131名〉

〈真のチャンピオンは?〉

〈バーは 80センチからスタート〉

〈まずは 鈴木紗理奈〉

さあ いきました。

おおーっ! 背面跳び!
(拍手)

背面跳びを隠していました
鈴木紗理奈。

道重さん。

「どうじゅう」だと思ってました。
(一同 笑い)

どうじゅう…。

えーっ 知らなかった!
ここにきてですか?

もう イメージのまんま
バカだなと思いました。

(一同 笑い)

下の名前は知ってるでしょ?
(あびる)しげみ?

(一同 笑い)
そんな 「しげしげ」言わねえよ。

道重しげみ?

(ホイッスル)

ああっ…!
えーっ!?

跳んでないじゃん 今の。

ベリーロールで。

〈青木さやかは
ベリーロール宣言〉

さあ 青木 ベリーロール宣言。

いった。

(みちょぱ)
「どうした? どうした?」

残念!

くっそー! くそっ!

いやいや 青木…。

悔しがる要素が一切わからん。
青木!

〈続いて 85センチ〉

〈まずは 杉田さん〉

(杉田)わっ! ダメだね。
(一同 笑い)

(山崎)「ウソ?
なんで あんな しゃべるの?」

(杉田)わっ! ダメだね。

わっ! ダメだね。

わっ! ダメだね。

〈歴代最年長
シルク姉さん〉

(山崎)「非公開だけどね」
「非公開だけど…」

跳べ!

ああーっ!
(拍手)

素晴らしい!
ありがとうございます!

シルク姉さん クリア!
軽やか。

〈続いて 春菜〉

今日は あれなんですか?
孫悟空 一緒じゃないんですか?

猪八戒じゃねえよ!

なんで参加したんだ 猪八戒が。

(ホイッスル)

(一同)あー!

挟まった。

助けて!
マジで?

助けて!

ハハハ… そんな事あるの?
助けてください…。

これ 挟まらないように
これ 留めてるんですよ。

すごいな。

ポークのサンドイッチみたいに
なってる。

まい泉… まい泉です。

ちょっと 挟まってる!

挟まってる!
すごいな。

〈どんどん いこう。
お次は 90センチ〉

(ホイッスル)

〈まずは ダレノガレ〉

あーっ!
(一同)ええ~?

(山崎)ひどい!
大丈夫?

打ったでしょ?
内ももね。

バチーン…。
打ったよね?

ガーン! って…。
(山崎)明美ちゃん。

キーンってきました。
キーンって言わねえよ ねえから。

〈お次は 磯山〉

(朝日)
「えっ 何? 何? 何? 何?」

いや~ 怖い どうしよう!

(一同 笑い)

(藤田)ひどい。

怖い どうしよう!
(一同 笑い)

怖い どうしよう!
(一同 笑い)

怖い どうしよう!
(一同 笑い)

可動がね。
ハハハハ…。

16ビットの…。
(山崎)ああ~。

『たけしの挑戦状』だよ
これ マジで。

ひどい ひどい ひどい…。

面白すぎる。

〈続いて 無駄に腹見せする熊田〉

(一同)おお~。

90は 余裕やね。

まあ ここはね
軽々とクリアでしょう。

総合優勝ね。

この種目は もう おなか
出さなくて 結構なんですけど

出したいですか?
出したいです!

奴さん。
きた。

(山崎)「奴さん 出てるんだ」

(ホイッスル)
速いな。

速い。 速い。

(有吉)イエーイ。 さすが。

(拍手)

すげえ。
奴さん 速いね。

あの時計が…。

なんで 時間を…。
跳んだ時間 何時?

2時25分。

2時25分 跳びました。

〈続いて 95センチ〉

そうなの?
多分…。

どこ行ってたの?

まあね 渋谷もね…。

違うわ。 どういう意味やねん。
どんなフォロー…。

〈初めてやる高跳びは…〉

頑張れ~!
頑張れ!

〈軽々 成功!〉

すごそう。
超跳ぶ!

ちゃんと指導者に当たれば
伸びるよ。

(みちょぱ)いけんじゃね? 私。
バネが違うもん。

やった事ないんだもんね。
初めてでした。

〈続いて
裸足で挑む misono〉

(みちょぱ)「そうだ!
misonoさんと ここで」

(山崎)「裸足のジャンパー」

うわあ きれい! うわあ きれい。
きれい!

全然 余裕?
(麻衣)すごいきれい。

(misono)いや めっちゃ でも
緊張しますよ。

〈そして 大島〉

「わ~ 高い」って言うんですよ
絶対。

でも 跳びますよ。

(山崎)「言っておいて?」

ほら! ほら ほら ほら。

ほら ほら ほら。

かまと跳びが出ましたよ。

(朝日)「新語が 色々 生まれるな」

〈『ロンハー』オーディションで
発掘 中村知世〉

練習してきたの?
あんの? これが近くに。

いや… こうやって。

違うわ! ホントに 俺…。

(有吉)3年一緒にやってて 一回も
笑った事ないもん あいつで。

(ホイッスル)

〈跳んで 有吉を見返したい〉

オーケー! 跳びました。

いける いける まだいける。

(中村)まだいけます。

〈スザンヌも続けるか?〉

あっ!
(一同)ああー!

ああ 失速しましたね。

(スザンヌ)あっ ああ~!

いや~ これ ちょっと悔しいかも。

非常に…。

悔しいの? あれで?

どうしていいか
わかんなくなる…。

〈お次は 朝日奈央〉

歌って踊れるアイドルでしたもんね?
(朝日)はい そうです。

それでは聴いてください。
『ガンバレ乙女(笑)』。

♬~「がんばれオトメッ!」

♬~「ココロ弾ませ 歩きだそぅ」

ゴー! ゴー!

やめてよ!
デビュー曲! これ。

(山崎)ウソでしょ?
(ホイッスル)

(山崎)早い。 反応いい。

反応いいね。

すごいですね。

(山崎)いや いいね。
軽やか。

〈続いて ブルマで参戦の福田〉

福田の挑戦。
(ホイッスル)

頑張ってー!
(朝日)いけー!

いった…!
(一同)おお~!

(山崎)これは麻貴ちゃん。
(有吉)いいよ。

(福田)いきました。 危なかった。

(有吉)なんだろうね 生々しい…。

(山崎)なんでなんだろうな?
では 参りましょう。

〈お次は
ぼる塾 あんり〉

いけ!
(みちょぱ)いけー!

ハハハハッ! あらら。

(一同 笑い)

あら コメディエンヌ。
(山崎)あんりちゃん!

直前で跳んで
手刀で たたき落として…。

(有吉)何をしてる…。
(山崎)いやいやいや 何? 今の。

(あんり)いや 私も
記憶がないんです 今の。

気づいたら…。

私 何してました? 今。

〈果たして 歴代No.1は?〉

〈歴代No.1決定戦
走り高跳び〉

〈続いて 1メートル〉

さあ 里田
跳べるのか?

高い!
(ホイッスル)

(山崎)「いけ! 前…」

あーっ!

お尻だ。
(里田)お尻!

わかってますよ。

みんな 完全に見てたよ。
バレバレよ。

〈そして 平野ノラ〉

(朝日)「構え方…」

吉川晃司。

(山崎)吉川晃司だ。
モニカ跳び?

大丈夫か?
いける?

〈で ジャンプは?〉

おおーっ!

惜しい…。

ノラも脱落!

色んな人 出てるね…。

〈続いて 竹内アナ〉

(ホイッスル)

(山崎)「いける?」

あっ…。

ああーっ!

なんだよ テレ朝の女子アナ
全然動けねえじゃんよ。

批判するな。
いやいや…。

(有吉)「キャスティングミス」。

〈そんな弘中アナは
どうなのか?〉

(ホイッスル)

(有吉)ベタベタ走る…。
うわーっ!

怖いよ~!

なんで その手の人
2人いるのよ。

(一同 笑い)
(みちょぱ)ひどい!

(有吉)ベタベタ走る…。
うわーっ!

(有吉)ベタベタ走る…。
うわーっ!

(有吉)ベタベタ走る…。
うわーっ!

(有吉)ベタベタ走る…。
うわーっ!

なんで ジャンプして当たったの?
(弘中)わかんないです…。

すごいよ
こうやって跳んでたよ。

(有吉)わかんないだ 感覚が。

〈そんな中 ゲタ神〉

(有吉)体が悪いんだもん だって
かわいそうよ。

あっ やる気はあるね やっぱ。

まだ気合は落ちてない。
気合は落ちてない。

スピードスケーターの
スタートだよ それ。

(ホイッスル)
いけ! いった!

ああ~!

消えた 消えた 消えた。

ちょっと! どこいった?
穴があるの?

落とし穴のやつ…。

ああ~!

ああ~!

なんで バーンの前で消えるって
どういう事?

どこに消えたんですか?

わからない。 落ちた。
落ちたね。

〈続いて ニコル〉

井口が見てる 井口が。

(井口)失敗しろ!

「失敗しろ!」。
失敗しろ!

ニコルの挑戦。
(ホイッスル)

頑張れ!
頑張って!

(山崎)いけるでしょ?
(有吉)どうだ?

(有吉)危ない!
(山崎)ちょっと~! 緩めないで。

(有吉)危ないね。

(山崎)でも なんか 余裕だね。
(有吉)余裕。 まだ 余裕。

〈お次は よしこ〉

入場じゃねえかよ。
(有吉)力強いね~!

長州 入場だよ。

後ろ姿が…。
歩き方…。

(ホイッスル)
頑張れ!

(有吉)重いだろ よしこちゃんは。

(一同)ああ~。

ニーアタックだった。

(山崎)
ジャンピングニーじゃない。

(有吉)
何一つできないじゃないか…。

手首 ちょっと…
ちょこちょこ触りながらね。

長州さん。
(山崎)そうそう そうそう。

〈そして 相方 まひるは…〉

(みちょぱ)いける!

(拍手)
(有吉)軽い!

すごい!
(山崎)軽い 軽い!

よしこさん
これ 総合優勝ありますよ。

やった! 私もお金もらえる
って事ですか?

(一同 笑い)
(よしこ)やだ~!

(山崎)捧げようとしてる人に…。

〈続いて 105センチ〉

〈まずは 安田美沙子〉

わあっ!
(安田)やったー!

(有吉)いや いくよ。
いくよ!

優勝候補になってきたね
これ 意外と。

(安田)むっちゃ気合入れた。
全然余裕。

(安田)ホントですか?
全然あるもん まだ。

続いて 奴さん。
きた。

(大久保)いけるよ 奴さん。

奴さんの挑戦です。
(ホイッスル)

しゃべりたいんだよ。
奴さんも しゃべりたいんだよ。

(藤田)「疲れてる…」

(一同)ああ~!

(有吉)
なんで あんな跳び方するのよ?

ジャンプを大切にしないから
奴さん。

何時?
何時?

3時5分です。

3時5分 失敗。
(有吉)あーあ 残念。

〈お次は高橋メアリージュン〉

(山崎)「メアリージュン」
(藤田)「脚 すごい」

いけるんじゃない? やっぱ。
(有吉)いける。

〈そして 妹の高橋ユウ〉

ああ いける。
(山崎)おお~!

ここにもいました 優勝候補。
これはいく いく。 全然。

(山崎)ちょっと
レベル高すぎない? 今日。

〈上野樹里の姉 上野まな〉

おっ いい。 軽やか。

うわ~っ! 楽々クリア!

いいですね。
余裕だ。

サングラスと…。

〈続く 長身の稲村は
長い助走から…〉

(山崎)歩幅合わせて。
ここから。

(有吉)危ねえ 危ない。
ギリギリクリア!

(稲村)危なかった。

毎回 歩幅は合っていませんが
クリアです。

あんたに言われたくないんだよ
ホントに みんな。

「(拍手と歓声)」

なんで この人に
言われなきゃいけないの。

跳べそうな人の意見。

〈ここからが本当の戦い
110センチ〉

〈まずは
元祖カマトト女 安めぐみ〉

(山崎)「安MAX 安MAX」

手前5メートルで違う走り方
フォーム変わるから。

〈様々な疑惑が浮上する中
安のジャンプは…〉

跳べるのか?
跳べ!

頑張れ! おっ 速い。 速い。

あ~ 跳んだ!

跳んだ! 跳びよった。

おかしいのよ。 手前の走り方
おかしいよ なんか。

〈続いて 鈴木奈々〉

跳べるか? 高く。

残念!
悔しい! 悔しい!

(みちょぱ)怖っ!
(山崎)怖っ!

どういう表情で見てんの?
(山崎)姉さん。

〈そんなmisonoだが…〉

(藤田)「本気?」

もう一回いいずら? あっ…。

(有吉)もう一回いいずらか?
っつって。

もう一回いいずらか?
っつって。

何語ですか?

これ いる?

大丈夫です。

参りましょう。
(ホイッスル)

〈気を取り直して…〉

ウエーイ!
よっしゃー!

〈バーの高さは
2センチアップの112センチ〉

〈まずは熊田〉

(山崎)中年の星。

ああーっ!

(有吉)高いわな。
あ~ ニンマリしてらっしゃる。

〈続いて ブルマ 福田〉

頑張れ!

頑張れ。
いけー!

うわあっ…!
あー!

(有吉)高いな。
高いね。

〈そして 稲村〉

(山崎)おお いったか?

〈歩幅が合わず 失敗〉

(有吉)滑った。 合わなかったね。
ここで脱落!

〈続いて
バーの高さは115センチ〉

〈まずは
しれっと記録を伸ばしていた

大島麻衣〉

いける!
いける!

あーっ!
あー! 残念!

惜しかった…。

お金の事を考えすぎたかな?
(麻衣)考えてないです。

高い。
高い?

〈自信なさげのニコル〉

頑張れ ニコルー!
いける!

諦めないで! 参りましょう。
(ホイッスル)

(みちょぱ)いけるよ! 大丈夫!

いけ いけ いけ! 頑張れ…!

ああーっ!

やったー!

(一同 笑い)

万馬券 とった。
万馬券 とった。

(山崎)立ち上がったぞ。
立ち上がった…。

(有吉)とった とった。
やったぜ!

やっと…。
(有吉)ああ とった…。

にこるんも怒ってるよな。

〈続いて 背面跳びの鈴木紗理奈〉

クリアー!

紗理奈 10万獲得!

やったー! めっちゃ嬉しい。

〈このジャンプで
第1回大会 種目制覇!〉

きれいな10万よ。
これはね やりましたね!

きれいな10万。
(紗理奈)やった!

〈高橋メアリージュンも
続けるか?〉

いけるか?

ああっ!
(一同)あー…!

〈残念ながら ここで脱落〉

〈続いては…〉

〈安田美沙子〉

高く跳べるか?

おお いった!

(歓声)

〈このジャンプで

〈続いて
有吉チルドレンの中村知世〉

(misono)新人 頑張れ!
そんな気持ちじゃダメでしょ。

有吉さん パワーください!

いつも もらってるだろ?
有吉にパワー。

ハグしてもらわないと
いけないの?

(中村)キャー!
(一同 笑い)

(藤田)「ひどい…」

払い腰 きれいに決まりましたね。

きれいな払い腰!

一本ですね。
一本!

(みちょぱ)「怖すぎるんだけど…」

でも 今ので
緊張がほぐれたんじゃない?

緊張もクソもないよね。
行ってください。

(中村)ありがとうございます。
きれいな払い腰…。

さあ 緊張がほぐれました。

(ホイッスル)

〈果たして 中村のジャンプは?〉

いけー!

やったー! やったー!
やったー…!

これは すげえ。 すげえ…。

(中村)キャー!
(一同 笑い)

(みちょぱ)「跳べたのに…」

〈バーの高さは
3センチアップの118センチ〉

〈まずは 高橋ユウ〉

(ゆりやん)頑張れ~!
(一同頑張れ!

(拍手と歓声)

〈このジャンプで

〈続いて 上野樹里の姉
上野まな〉

さあ 優勝候補 上野。

この夏にかける思い
見せて頂きたいです。

お前 何やりたいねん?

何やりたいの?

参りましょう。

(ホイッスル)
(上野)よし!

(misono)気持ち 気持ち!
いけ!

跳んだ~!
やったー!

(有吉)お見事!
上野が跳んだ!

〈このジャンプで

上野のジャンプ…。

何 目指してたんだろう…。

〈走り高跳び 歴代No.1争いは
あの3人!〉

〈走り高跳び 歴代No.1争いは
あの3人!〉

〈バーの高さは120センチ〉

〈まずは misono〉

参りましょう。
misonoの挑戦。

(ホイッスル)
食らいつけるのか?

(藤本)いけるか?
いったら すごい。

(一同)お~っ!

クリア!
(鈴木)やばい!

(藤本)終わらない。
(山崎)終わらない。

〈バーにかするも 見事クリア!〉

クリアしてきました。
追い込んできました。

私 やった事ないんですよ 高跳び。
そうなの?

〈この時が 高跳び初挑戦だった
みちょぱ〉

みちょぱの
あのポテンシャルであれば

越えられるはず。

みちょぱ 120センチの挑戦。

(ホイッスル)

(藤本)すごいね 違うね
バーに触れてないの。

ほら!
(一同)お~っ!

〈驚異の身体能力でクリア〉

〈そして もう一人は
あのダークホース〉

みちょぱ!
みちょぱで~す!

似てないから!
これに関しては もう。

参りましょう。
(ホイッスル)

(山崎)短いよね。
(有吉)そう。

(一同)おお~!

(山崎)すごい!
すごい! クリア!

(青山)危ない!

120。
(青山)やったー!

みちょぱ!

真のみちょぱ。
(山崎)みちょぱ!

みちょぱ~!

〈という事で
走り高跳び歴代記録No.1は

120センチを跳んだ
こちらの3名〉

(山崎)へえ~。
(みちょぱ)やった~。

120センチの3名が

歴代No.1
という事でしたけども。

でも misonoちゃんとは
もう 同じ…。

だから
まだ 決着がついてないんですね。

そう。 同率で
その時は終わった気がします。

いやいや こっちは陸上部で

3年間やって…
で こっち やった事ないのに

あんなギリとかじゃなくて
余裕で跳べてて

勝てるわけが
ないじゃないですか 今。

いやいや
でも 同じぐらい… 記録は。

いやいやいや この なんか もう
アウェイな感じの中

やらなアカンわけじゃないですか。

(熊田)全然 アウェイじゃないよ。
アウェイじゃない…。

そんな事ない!
勝手に自分で…。

アウェイじゃないよ。
(misono)いや さっきから 思って。

にこるんの時も優しい…。

ビームとかの時もさ
すごい優しい 3人。

いや なんで?
かわいいじゃない だって。

「かわいい」とか うちの時

ホントのアウェイは熊田曜子で…。

(熊田)ちょっと!

私 すごい応援してるじゃん
みーちゃんの事。

みーちゃん
めっちゃ応援してるから!

そやな。 うちらな。

ちょっと
すいませんね あんりさん。

昔の感じ こんな感じなんですよ。

なんか あの頃じゃなくて

あの頃じゃ無理。

あの頃 しんどいよね。
しのぎを削るのはね。

(あんり)無理ですよ。
(山崎)無理だよね。

一緒には無理です。
(山崎)よかった よかった ホント。

福田さんもね…

あの… ブルマのままね。
(福田)いや ちょっと…。

私 ブルマだけですか? ホンマに。

しゃあないやん。
ブルマ以外…。

(福田)V見てたら なんか
競技も成績残してないし

なんか そんな珍プレーもないし

私 ブルマ一本で
生き残ったんですか?

すごくないですか?
(山崎)ブルマ枠だから。

ブルマでおる…
下ろしたり 下げたり ちょっと…。

ブルマだけよ。 それで言うと
朝日も踊ってるだけ…。

(朝日)ちょっと~! ねえ~!
成績 別にね。

ってか あの1曲しかない
みたいに思われるのも

恥ずかしいんですよ。
他 ないでしょ だって。

100曲ぐらい ありますから…。
(山崎)いや そんな ないでしょ。

(朝日)踊りたいとかじゃなくて…。
(藤田)3個ぐらいしか知らない。

他のやつ なんか 一番有名なやつ
やってくれない?

(朝日)わかりました。 はい。
俺らが知ってるやつね。

あるやつね。 ちゃんとあるやつ。

あります。
今までも ずっとあります。

それでは聴いてください。
『キミがスキ』。

♬~「これからずっと
ドキドキさせる」

♬~「キミのアイドル!!!
目の前にいる アタシよ」

ホントなの? それ。
(一同 笑い)

(山崎)今 作ったでしょ?
作ったでしょ 今。

めっちゃかわいい曲。

君が好きだよっていう
めっちゃかわいい曲。

〈続いては…〉

〈まずは 8年前の こちらのレース〉

さあ 運命を決めるリレー。

アンカーは misonoと鈴木。

ここの 足の速い2人が。

ちょっとランボーさんから
応援もらっときますか?

ランボーさん 来てる?
ランボーさん 来てくださってる。

いらっしゃいましたね。

(一同 笑い)

おおおー!

あらあら。
応援なんでしょうか それは…。

〈東京ドームで行われた
女の戦い〉

〈勝って 歓喜の声を上げるのは

果たして
どちらのチームなのか?〉

〈アンカーは
鈴木とmisono〉

〈1走は 尾崎と益若〉

(スタッフ)位置について 用意…。

(号砲)

あっ いいんじゃない?

(山崎)ほぼ一緒に
もらうんじゃない?

どっちだ?
どっちだ?

あっ 一緒じゃん。
いい勝負!

〈ほぼ同時で 2走

安田美沙子とキンタロー。〉

(みちょぱ)「意外!」

〈3走は 下田美咲と紅蘭〉

(山崎)「紅蘭ちゃんが…
あっ 一緒ぐらいだ これ」

〈4走 丸高と野呂〉

(山崎)「あーっ! きた!」

「あっ 離された!
野呂ちゃんが…」

〈いよいよ アンカー対決!〉

どっちだ? どっちだ?

どっちだ?
どっち? どっち?

(歓声)

どっち?
どっち?

どっち?
どっち? 青? 青?

(歓声)

いい勝負!
これは いい勝負!

名勝負でしょ!
(有吉)名勝負。

よかった 両方。

同時にもらって
同時にスタートした アンカー。

(鈴木)ホントにやばかったです。

マジで抜かされるかと思いました。

でも ホント 僅差でしょ?
(鈴木)わかんなかったですね。

ランボーさんの応援の分ね
ちょっと ちょっとだけ…。

言葉が強かったね。

(有吉)確かにな。

えっ 応援 響いたでしょ?

でも バトンの受け渡し
だいぶ いいよね?

なんか もう 最高でしたよね。

こっちは… うち ちょっとね

気になったのが
ここなんですよ。

それまで ここが
めちゃくちゃ速くて

あっ これだったら
多分 リードして

うち もらえるわと
思ったら…。

どたついた?

リードの距離感が
ちょっと わかんなくなって…。

(紅蘭)多分 勢いが…。

受け止めきれなかったんだ。

(野呂)ちょっと
落としそうになった…。

(あんり)「ああ もう楽しくないよ」

それは
アドバイスしてたんですよ。

ここが めちゃくちゃ速いから
早めにリードした方がいいよって。

いい戦いだった…。
すごい いい勝負だったから。

野呂さん やっぱり もう

立ち直れないぐらい…。
(有吉)きつすぎるよ。

〈リレー歴代名勝負 続いては…〉

〈2年前の こちらのレース〉

〈アンカーは
みちょぱ ニコル対決〉

さあ 皆さん 頑張ってください!

応援団も!

頑張れ!
頑張れー!

〈1走は まひると稲村〉

(号砲)

(山崎)
「赤リードでいかないと」

(山崎)赤 詰めてるよ。
あっ 赤 詰めてる。

〈2走は紺野ぶるまと朝日〉

〈まだ差はない〉

どっちが?
どっちがリードしてる?

〈ほぼ同時〉

〈3走 馬場ももこと
偽みちょぱ 青山〉

(有吉)一緒だと
みちょぱが速いよ。

〈4走 西野と鈴木奈々〉

鈴木が来る!

〈赤 逆転!〉

〈いよいよ アンカー〉

(有吉)ニコルいった!

あーっ!

いい対決! いい対決!

どっち? どっち? どっち?
どっち?

(山崎)多分 いったっぽい。
多分 いったっぽい!

みちょぱの勝利!

(拍手と歓声)

青チーム! 青チームの勝利!

イエーイ!
やったー!

(有吉)
これは悔しいな ニコルは…。

これは ニコル悔しい。
(山崎)あれは 一番嫌な負け方。

ねえ。 もう ほんのちょっとよ。

あと2メートル…。
(有吉)もうちょっとだよ!

でも 頑張ったよね ニコルもね!
お疲れさま!

(山崎)「ああ 泣きそう…」

にこるん頑張ったよ。
お疲れ!

(有吉)奈々ちゃんも速かったな~。

奈々ちゃん やっぱ すごいわ。
鈴木も頑張ったんだよね。

いやいやいや ホントに…。

感動してるの?
感動してます。

負けた… 負けたんだけどね。

どうした? どうした?
どうしたんだよ?

感動して…。
感動しちゃった?

ウソくせな。
(有吉)見せて 顔。

ウソじゃねえかよ!
(一同 笑い)

いい加減にしろ!
(山崎)最低だ。

〈続いては…〉

〈国生さん率いるアダルト軍と

misono率いるヤング軍の対決〉

ご注目ください ちょっと…。

〈メンバーはバトン練習〉

押してつかむ。
絶対 指を立てないで。

じゃないと バトンが当たって
はじくから…。

はい。 すいません。

〈国生さんがピリつく中
いよいよレース〉

〈いよいよ
リレー対決スタート!〉

(スタッフ)用意…。
(号砲)

さあ 大久保さん…。

〈アダルトチーム リード〉

〈2走は
虻ちゃんと大島麻衣〉

さあ 第2走者に渡りました。

(みちょぱ)「速い 速い」

(山崎)「でも
麻衣ちゃん 速いね」

〈ほぼ同時。
3走 にしおかと里田〉

おっ にしおか…。
にしおか 気合入った。

〈アダルトチーム リードで
いよいよ アンカー!〉

misono 追い上げる事が
できるか?

misono いけるか?
misono 追い上げられるか?

(一同)ああーっ!

国生さん こけた。

さあ misonoが抜いて
ゴールイン!

国生さん
途中で こけてしまいました。

国生さん。

途中までのリードは…。

途中で転んじゃいましたね。

ごめん…。
全然 大丈夫ですよ。

「後ろで笑ってんの」

(みちょぱ)「最低!」

笑っちゃいけないのは
わかってるんです…。

アハハハッ!

ちょっと待って。
はい?

ごめんね。
ごめん ごめん ごめん。

〈以上 リレー歴代名勝負でした〉

いやいやいや…。

リレーが始まる ちょっと前から
国生さん アップ始めるんだよね。

一人で。 でも 遠くの方で走ってる
その国生さんが

こけるんかい!
と思っちゃったのよ。

あんなに人の事 言ってたのに…。

(山崎)泣いてらっしゃったじゃ
ないですか あんな悔しくて。

(みちょぱ)悔しいよ あれは。
(藤田)何が起こるかわかんない。

いや 怒られましたよ
あのあと国生さんに。

(一同 笑い)

あと misonoもアンカーが多いね。

あんな野呂ちゃんの顔も
なかなか見ない…。

国生さんの時も
ピリついてるけどね。

あんり misonoと同じチームだと
やっぱ ピリつくよね?

私 学生時代のリレーで

確か 野呂さんの立場だった気が
するんですよ。

なんか 速いヤツに怒られて

私 そういうヤツ 見返すために
この世界やってきたんですね。

(あんり)いた。

(一同 笑い)

いや 1年に1回やから いいやん
命かけたって。

(あんり)みんながみんな
そんな大事にしてないから。

ロックオンされたから
ずーっと絡んでくるよ。

やだ やだ。 嫌です。 嫌です。

あんり できん?
(一同 笑い)

自分。

やだ! やだ やだ!
(山崎)自分できない?

『情熱大陸』!?

〈本日 深夜は
尾形ドッキリシリーズ新作

パンサーに
あの番組が密着したら…〉

それをなんで
『情熱大陸』で言っちゃうんだよ。

〈硬派なドキュメンタリーを装い
長期密着〉

エロで食ってくって決める…。

〈しかし
またしても想定外の連続に!〉

ぶつかってるのは
俺じゃないです でも。

『情熱大陸』より
『ザ・ノンフィクション』に近くなってない?