沸騰ワード[字]立ち食いに取り憑かれた佐藤栞里に半年ぶり密着...さらに重大発表が!…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

沸騰ワード[字]立ち食いに取り憑かれた佐藤栞里に半年ぶり密着...さらに重大発表が!

すすりっぷりが凄すぎる!立ち食いに取り憑かれた佐藤栞里に半年ぶり密着…中野・池袋・吉祥寺の伝説の一杯をすすりまくる!さらに重大発表で上白石萌音も衝撃の新展開へ

出演者
【司会】設楽統(バナナマン)
【沸騰リーダー】日村勇紀(バナナマン)
【進行】岩田絵里奈(日テレアナウンサー)
【パネラー】朝日奈央、大友花恋、カズレーザー(メイプル超合金)、風間俊介、高橋茂雄(サバンナ)
番組内容
あの人との涙の別れから2年…立ち食いに取り憑かれた佐藤栞里に重大発表!
すすりっぷりがスゴすぎる!佐藤栞里の異常な立ち食い旅に半年ぶり密着!独自の情報網で仕入れた中野・池袋・吉祥寺の超穴場店で伝説の一杯をすすりまくる!さらに上白石萌音も衝撃の新展開…2年前に番組の裏被りで涙の別れをしたあの人が番組に帰ってくる!?…早朝から高速とばして山梨の山へ…その山頂で語られた本音に風間俊介&大友花恋も衝撃!
監督・演出
【企画・演出】水嶋陽
【プロデューサー】笹木哲
【統轄プロデューサー】新井秀和
【チーフプロデューサー】秋山健一郎

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – その他
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ハハハ
  2. ディレクター
  3. スタジオ
  4. ホント
  5. 設楽
  6. 川田
  7. 佐藤
  8. 風間
  9. ダシ
  10. ロープウエー
  11. 高橋
  12. 最高
  13. 山頂
  14. 朝日
  15. アロマリッチ
  16. カメラ
  17. シャッター音
  18. ハァ
  19. 結構
  20. 今日

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



<今夜も 我々の…>

<今回は…>

<…が すすりまくる>

(一同) お~!

<さらに…>

(笑い)
<まずは…>

<半年ぶりに…>

(ディレクター) あの方ですね。

(大友) 栞里さ~ん!

<彼女といえば…>

<…に取り憑かれたモデル>

(風間) 自分の…。

(設楽) ホント!

やっぱ 名古屋 行ったら
新幹線のきしめんは マスト…。

(日村) 俺も絶対行く。

(風間) 絶対 1本遅らせてでも
食べるって決めてるんです。

これで…。

…が気になり過ぎて。

ホント!
1人で

端っこで ズ~って。
(日村) さすが!

とり天 フワフワで…。

<さらに…>

(笑い)

(笑い)
(佐藤) 文字のやりとりを。

そうなんです 何か…。

<そんな…>

(ディレクター) 僕ら…。

って…。

<その中身は
後ほど明かすとして

早速 佐藤が…>

…ありますよ。

ホントに…。

<そこは…>

<ある斬新なメニューで…>

違いますって言ったら
あれですけど。

いや そんな…。

(笑い)

…って言ってくださってます。
(ディレクター) 言ってくれたんだ。

(ディレクター) 中野駅ですか。
はい。

割と…。

(ディレクター) ここ?
はい。

あ~…。

<中野駅から徒歩1分の…>

っていう気持ちで…。

<ここで佐藤が…>

(店員) は~い…。

はい。

うわ~ もう 隙間がないですね。

<NAMIKI…>

(スタジオ:風間)
600円なの? これで。

<大量のモヤシと サバ節など
4種の魚でダシを取った

こだわりの濃口しょうゆスープ>

<そこに
ダシで1時間煮込んだ…>

<仕上げに
ネギと背脂を合わせた

まるで ラーメンのような…>

おそばに背脂ってね。

(ディレクター) 行けますか? これ。

これは すごい もう何か…。

<まずは 肉から>

いただきます ふっ!

フフフ~!

おいしいです。

おいしい。

<そして 麺へ>

絡んでるね~ ふっ! ふっ!

(麺をすする音)

う~ん!

<麺を 一切切らずに

すすりまくる>

(スタジオ:高橋) ふっ ふっじゃ ない。
(スタジオ:設楽) ワンブレスね。

(麺をすする音)

(スタジオ:風間) スロー。

(麺をすする音)

キレイだね。

すごいです やっぱ。

(ディレクター)
体中が燃えたぎってる。

<すすり熱で
汗だくになったところで…>

…このぐらい。

<辛みそも合わせ 味変し…>

うん。

う~ん。

<そして…>

(高橋) ありましたね。

(岩田) 元々…。

あんま行かない人はね。

(岩田) あれだけ楽しそうに
食べてると その…。

行きにくいお店っていう感じが。

おいしかったです。

今日 あれなんですよ…。

(ディレクター) 1軒でおしまいですか?
そうなんです。

え~ 今日…。

<ということで…>

おはようございます。

はい。

実はですね…。

え?

<佐藤に…>

(ディレクター) 緊張しますか。

え~!

「企業系」?

うわ~… わぁ キレイ!

東京だ!

(ディレクター) 佐藤さん…。

佐藤さん…。

ハハハ…! え~! ねぇ…。

(ディレクター)
ヘリポートで待ってらっしゃる。
ハハハ…!

<果たして…>

<そして
なぜ ヘリポートなのか?>

(スタジオ:設楽) 帰って来た!

川田さん。

<そう 実は…>

<出て来た…>

<…を敢行>

一緒に ホントちょっと…。

(スタジオ:カズレーザー) 変なナンパ。

(川田) え!

ホントにすいません 突然。

<そこで 偶然 通り掛かった…>

<その後も お互いの趣味である

立ち食いと登山で
仲を深め合い…>

<プライベートでも お互いの家を
行き来するほどの…>

<…となった2人>

<そんな中…>

ごめん ホントにもう。

ただ まだね~…。

そうなんだ。

(泣き声)

<…により やむなく
離れ離れとなっていた>

これは 結構…。

どうも…。

はい…。

そうですね。

<番組の…>

え!

それもちょっと…。

…ちょっと あったりするし。

…と思って 待ってました。

確かに。
ハハハ…。

これ…。

あと 何か…。

いや~! ハハハ…。

(滝沢) …じゃないですか
あそこに立ってるのは。

それが…。

ヒロミさんってか…。

(笑い)

ヒロミさんって呼んでんの?

川田さんが…。

やっぱり そっか。

<2年ぶりとなる
2人そろっての立ち食いへ>

そうですね うれしい。

そうですね。

…とかみたいなのは。

ハハハ!

おぉ~!

…ことにしようと思って。

…って言って。

<そして…>

あ~ 吉祥寺か!

お~ これか!

<吉祥寺駅の高架下に
店を構える…>

確かに…。

そうそうそう!

こんにちは。
(2人) お邪魔します。

ホントだね!

(音声案内)
お金を入れてください。

ハハハ…!

<久々の…>

おいしそう!

これがいい これがいい!

♬~<「アロマリッチ」>

(新垣)《いままでの柔軟剤は

選んだ香りが 着るときには変わってた》

<そうなんです>

<選んだ時の香り
変わらず続くのは

ただひとつ?

<そう「アロマリッチ」だけ>
だけ?

<製法が違うから 唯一

あなたを裏切らない香り>

おんなじだ

≪「アロマリッチ」 明日はどんな自分になる?》

うわ~ ありがとうございます!
すごいよ。

(朝日) おいしそう!

<店の大人気メニュー>

<麺は 本場讃岐のコシの強い
ツルツル自家製麺を使用>

<そこに 香川県伊吹島から
仕入れた…>

<川田の大好物の まいたけ天を
どどんと 2つのせた

贅沢なひと品>

今の時期 ちょうどいいですよね。

のってるものは 全部…。

<まずは…>

ふ…。

う~ん!

ハハハ…!

アッハハハ!

あっ よかった。

ハハハ…。

<佐藤が 歓迎のすすりを
見せつける>

(麺をすする音)

やっぱり切らない。

う~ん。

うわ すごっ。

(スタジオ:大友) まいたけ 大っきい!

う~ん!
(ディレクター) 切らないですね。

うん。

(麺をすする音)

すごっ ハハハ…!

何かね…。

確かに…。

こととか あるんですよ しかも…。

(笑い)

私 立ち食い。

よかった。
ごちそうさまでした。

(朝日) 何となく…。

あんな…。

…には なったけど。

<勢いに乗り…>

<そこは ある驚きのメニューが
話題だという>

やっぱり…。

だから 何か…。

え~?
何か…。

そもそも 何かこう…。

…なっていう。

(ディレクター) 結構…。

まぁ ねぇ。

(ディレクター) それ ちょっと…。

真ん中にいるんだから。

でも…。

<そこで 急きょ…>

(呼び出し音)
(せき払い)

あ!

ハハハ~。
(上白石) あ!

うん うん…。

あっ 「復縁」? ハハハ…!

そう うわ!

よかったです。

そう もうホントに…。

…って 私にも言ってくれてて。

それで…。

そう そうなの。

ねぇ 待って。

ハハハ!

そして…。

そして…。

うれしいよ。

(風間) みんな それぞれ…。

ハハハ…。

ありがとう
これからも よろしく!

ありがとうございます。

は~い。
ありがとう。

失礼しま~す。

ありがとうございました。

そうなんですよ。

何ですか? 栞里ちゃんと
川田さんと萌音ちゃんのトーク。

登場人物…。

<そして 車で…>

池袋!

結構…。

あったっけ?
あります。

お~!
ハハハ…。

失礼します。

うわ~ ホントだ。

<ここで…>

<さらに>

うわ~! 川田さん。

え~!

麻婆!?

ない ない。

<池袋で知る人ぞ知る
人気メニュー…>

<本ガツオと昆布でダシを取った
つゆの上から

川田の大好物の
麻婆豆腐を合わせた

斬新な ひと品>

めっちゃ おいしそう。

(麺をすする音)

ん!

できた。

お風呂上がりの…。

すごいね。

ホントだね。
ホント。

(麺をすする音)

(スタジオ:高橋) 辛いの大丈夫?

ハハハ…。

おいしい。

えっ すごい。

(スタジオ:設楽) どういうこと?
(スタジオ:風間) 食べながら?

(麺をすする音)

めっちゃおいしい。

(麺をすする音)

湯気飛ばし?

えっ?

(麺をすする音)

(笑い)

(カズレーザー) 湯気飛ばし?

(笑い)
靄がかかっちゃって。

(麺をすする音)

(麺をすする音)

いや 何か…。

(笑い)

おいしかった。

(ディレクター) やり切った?
ホントだね~。

よかった。

<と ここで…>

どう?

行こう!

あ~…。

<多い時には…>

<山好き 川田>

<出産に育児と忙しく 最近は…>

<…ため>

<…という>

(笑い)

あっ じゃあ…。

よかった~。
ハハハ…。

2人の…。

…してるんだけれども。

…的だったり ストイックだったり。
立ち食いだったりとかね。

…と思って。

<果たして…>

(ディレクター) あっ。

(ディレクター) おはようございます。

おはようございます。

ええ。

あっ ちゃんと寝ました?
はい。

(笑い)

そうだね。
思い出のね ムービーを…。

<その山は
今の時期が最高だというが…>

よかった~。

ハハハ…。

ハハハ…。

アハハ…。

キャンプ行きたいね~。

ね~。

あっ。

<佐藤の旅恒例
手書きの歌詞カードで…>

♪~

♪~

ハハハ… ウソ。

うわ~。

わ~ すごい。

すごいです!
ね~。

キラキラ。

ハハハ…。

(笑い)

歌詞カードだって 今…。

手書きで書いて来たりとか。
そんな人 いないじゃないですか。

あんな合いの手
入れてくれるとかね。

お~。

御岳昇仙峡?

いや…。

奥の…。

見えない!?

<…と称される>

<通常は 2時間の
ハイキングコースを経て

ロープウエーから
山頂を目指すのだが

今回は あえて
ロープウエーは使わずに登る>

<さらに…>

<いざ…>

うん 久しぶりに…。

ハハハ…。

ホントだ~。

いいな~。

いない。

いないけど!

はい はい。

ちょっと怖くなって来た。
ハハハ…。

ず~っとできる。

猿…。

え~?

一番上だ。

ホントだ~。

あれは猿! すご~い。

<…が 数多く残されている>

何か…。

ホントだ~。

ちょっと何か
こっち来てる感じもしますよね。

何か どうやって
出来たんだろうね? あれ。

あっ ねぇ。

ここ あれじゃない?
何とか岩。

へぇ~。
お~。

すごい。
ハハハ…。

よく開けてくれましたね ここ。

あんな…。

あっ ここ開いてる。

こっちからの力だけで
止まってるってこと?

何で こうなるんだろうね?

あ~。
いっせ~の~で!

フン!
(カメラのシャッター音)

ちゃんと…。

まだ…。

(笑い)

<久々の…>

何か…。

(笑い)

うわ~ すごい。

(笑い)

<自然を存分に…>

(スタジオ:設楽)
癒やされるな こりゃ。

あっ。

ロープウエーだ。

え~。

<目指す山頂は

ロープウエーの駅から
さらに登った先にある

弥三郎岳の頂上>

あっ 5分か。

お~!

(笑い)

こういう…。

<あえて…>

いい…。

えっ ホントに?

そうなんですか? すごいな~。

(笑い)

<山頂への道中は…>

<…を歩く>

そうですね。
ず~っと続いてるね 道が。

(笑い)

(ディレクター) 確かに
生き生きし始めましたね。

ハハハ…。

(笑い)

うわ~。

こういうさ…。

ふ~ん。

めっちゃ いいじゃないですか。

ここから。

<久々の登山に…>

(カメラのシャッター音)

何かさ 写真…。

(スタジオ:高橋) おっ どうした?

<…な佐藤>

ハハハ…。

<すると 2時間 歩いて来た
疲労ゆえか…>

よし…。

ハァ ハァ…。

(ディレクター) 前方からっすか?
はい。

ね…。

めちゃくちゃ…。

よし。

疲れて来てる感じが。

(笑い)

いいですか?
うん。

しんどかった?

(スタジオ:設楽) ヤバいね もう。

ハァ…。

おいしい。

<と…>
せっかくだからさ 山梨名物を。

(スタジオ:設楽) 山梨だしね。

(スタジオ:朝日)
これ 背負って来たのかな?

(ディレクター) あんま…。

あの疲れてる時の
あのタイミングで…。

…っていうのが
またステキだなって。

<回復したところで…>

(笑い)

ちょっと絶対無理…。

(スタジオ:朝日) うわ~ 頑張って~。

(スタジオ:設楽)
疲れた時の階段 疲れるよね。

<そして…>

頂上…。

(2人) せ~の…。

<山頂にある 一枚岩は

360度の
大パノラマが広がる絶景>

ず~っと見渡せる。

ホントだ 360度ですね。

反対側まで。
うわ~…。

ホントだ~。

声 出るようになってる?
声が出てる。

イェ~イ。

(カメラのシャッター音)

いい写真!

わっ 最高!

何? これ!

ね~。

って思ったのが 栞里ちゃん…。

絶対…。

<そして…>

<さらに…>

運命です!

うわ~。
(店員) きつねうどん。

<名物の 大きなお揚げがのった
薄口しょうゆダシの…>

<昇仙峡で取れた…>

へぇ~。

<こちらの…>

(麺をすする音)

(スタジオ:設楽) イワナの塩焼き。

(麺をすする音)

見て。

最高。

(笑い)

あ~ 最高じゃん。

きつねうどんの…。

…になるけれども もう。

…に変わりますよね。

<と…>

はい。

<川田には 心の片隅で
引っ掛かっていたことが>

…っていうのが ずっとあって。

はい。

何で?

今日も こうやって…。

(スタジオ:設楽) え~ 何!?
でも こう何か…。

何か こう…。

私…。

どこがですか?

<そう 以前にも…>

でも…。

だから ちょっと…。

<…という
鉄のおきてのためとはいえ>

<…川田>

<今の…>

普通の生活でも…。

一緒に行ってる時…。

…とかね
何か気ぃ使っちゃったりとかさ。

そうだ。

また…。

この前…。

…と思うんです。

だから…。

なんで…。

そうだね。
はい。

あんなに…。

大人になって あんな思い合って。

ありがとう。

<そして Huluでは
本日の放送回も過去の放送回も

いつでも どこでも見られます>