関ジャニ∞クロニクルF【一番せっかちは誰?全員なぜか壮絶メイク(秘)ドッキリ決行】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

関ジャニ∞クロニクルF【一番せっかちは誰?全員なぜか壮絶メイク(秘)ドッキリ決行】[字]

禁断の全員ドッキリ決行!ハロウィン特別企画(秘)コスプレ…最強せっかち決定戦で素顔丸裸に!驚かす相手は来ない&ロッカー閉じ込め…一体何分待てる?爆速タイムに全員仰天

ご案内
【公式Twitter】
https://twitter.com/kanjani8_fujitv  
【番組HP】
https://www.fujitv.co.jp/kanjani8-chroniclef/
番組内容
関ジャニ∞のメンバーが共通して持っている“遊び心”を前面に押し出し、彼らの人間的な魅力を伝えていくバラエティー番組。秘密基地をコンセプトとしたスタジオに設置されたタブレットに表示される“フォルダ(F)”の中からメンバー自身が好きなテーマを選び、トークやゲームを展開するほか、ドキュメント要素の強い長期ロケにも体当たりで挑戦!従来のテレビのルールにとらわれず、世の中のリアルなモノ、見たいモノ、
番組内容2
やってみたいモノをシンプルに追求し、そこから生まれるメンバーの人間的な魅力で、唯一無二の枠にはまらない、無限に広がるバラエティーをお届けする!
今週は、自他共に認める“せっかちすぎるアイドルグループ”関ジャニ∞イチのせっかちメンバーを決める特別企画「せっかち-1グランプリ」をお届けする。メンバーそれぞれにニセドッキリを仕掛け、1番せっかちなメンバーをあぶり出す!
番組内容3
5人の個性が爆発する結果となったグランプリの行方を、ぜひ順位を予想しながらご覧いただきたい。
出演者
関ジャニ∞ 

【実況】
倉田大誠(フジテレビアナウンサー)
スタッフ
【制作統括】
太田一平 
【チーフプロデューサー】
島本亮 
【プロデューサー】
五十嵐剛、加藤智章、松尾やす子、瓜生夏美、髙木大輔 
【総合演出】
姉崎正広 
【演出】
田中良樹、北山拓 
【制作】
フジテレビ第二制作部

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 村上
  2. 丸山
  3. 大倉
  4. 安田
  5. スタッフ
  6. メンバー
  7. アネ
  8. 横山
  9. 関ジャニ
  10. 展開
  11. ゲートイン
  12. スタート
  13. 一気
  14. 確認
  15. 記録
  16. 経過
  17. 時間
  18. 小窓
  19. 状況
  20. 特設ロッカー

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



[関ジャニ∞が…]

[今夜は そんな彼らの…]

[しかも こんな形で]

≪あれ? どこに行ったらええ?

(笑い声)
(スタッフ)行きますか。

[ハロウィーンも間近
ということで

ホラーの定番 超絶メイクで
ロッカーに隠れ

メンバーを驚かせるという
超シンプルな内容]

[しかし 実はこれ…]

[ロッカーに隠れたら最後]

[その名も…]

[ちなみに 大手時計メーカーの
調べによると

人間が待ち合わせなどで
人を待てる時間の限界は

およそ10分から15分]

[今回は…]

ちょっと見れるね。

分かった。 あっちから来んねんな。
あっちからね。

(倉田)スタッフからは
メンバーが すぐ来ると言われていた。

≪アネさん!

何もないのに出てきた。

まずいぞ まずいぞ。

不用意に一気に出てきたぞ。

これは いけません。

あっと 落としてしまった。
ええっ!?

とんでもない展開です。

(丸山)ここ何年かで
俺 一番笑ったかも。

[そのせっかち すごいですね]

驚かせたくても
驚かす相手は やって来ません。

そんな状況の中 いきなり
村上 特設ロッカー ゲートイン。

さあ
ここからスタートであります。

果たして 何分で我慢できず
出てきてしまうのか?

[ちなみに…]

まず バーンと出て…。

[だが メンバーは来ない]

≪(物音)
何かが聞こえる。 ステップか?

≪(村上のせきばらい)

おっと パカパカで ちょっと
周囲の状況を確認です。

小窓が開いています。

右を見て…。

もう一度 左を見る。

そして 閉める。

[その後も じっと耐えたまま
5分が経過]

[次第に…]

おっと 耳をそばだてた。

しかし 何も来ない!

幻聴でしょうか?

すでに精神状態
迷いを来したか?

スタッフからは メンバーが
すぐ来ると言われていた。

その状況の中で
すでに5分以上 経過している。

パカパカを利用して
再び下界を見ます。

遅いのではありません。
誰も来ないんです。

そうです。 気配はしません。

誰も来ないんですから。

ここで 業者らしき人たちです。

今日は この湾岸スタジオ 4階…。

ここでメンバーが来たら
ドッキリ台無し。

焦っているか? 村上。

≪(村上)えっ?

おっ! 扉に手を掛けた。

あっと これは…。

出ました! ここで
一気に出てしまった。 アウト。

結果は 目安タイムを
大きく上回る8分30秒です。

[競技終了だが…]

さあ 歩きだした。

右手が上がっている。
何だ? この手は。

どういうポーズか?

正面 スタッフ立ち止まり

恐怖におののいて きびすを返す。

とんでもない展開です!

気まず過ぎて 本気で
番組スタッフを捜し始めているぞ。

まずいぞ まずいぞ。

行ったり来たり。

いや~ 困った 困った。
これで状況を確認したか?

(村上)どういうことや?

(村上)えっ どこまで?
これは何のドッキリ?

[ここで あらためて…]

…そんなグランプリと
なっています。

いや 俺…。

記録は 8分30秒。

若いスタッフの足を
止めてしまいましたよね。

(村上)うん うん。
あれ たぶん…。

(スタッフ)
今 楽屋に待たせてるんで。

さあ やってまいりました
2番手 丸山です。

(村上)口 でかっ。
そうですね。

ボンッ。

[ニセドッキリは
うまくだませたが…]

最後 口塗ったときに…。

(スタッフ)アハハハハ。

フハハハハ!
(丸山)アハハハハ ほら!

(丸山)今日
何の名目で来てるんすか?

(村上)
こんなん させられてんのに…。

トップアイドルです。

早速 出ました
「早く行きましょう」

せっかちワードが
もう飛び出してますが

今 特設ロッカーにゲートイン。

せっかち-1グランプリ
丸山のスタートが切られました。

(村上)これは 趣旨
分かって見たら おもろいわ。

さあ メンバーが来ない中

何分でロッカーから
出てきてしまうのか?

さあ そして 男性が1人
目の前を通りますが…。

あっと
かなり気になる 気になる。

(村上)あっ
小窓 使わへんのや。

左から右へと。

(村上)あっ でも
結構ちゃんと待ちよるな。

いや~ これは…。
(村上)ちょっと意外やね。

落ち着きが もしかしたら
なくなってくるかと思いきや

非常に 忠犬ハチ公のように。
(村上)いや あれはね…。

失礼しました。

[しかし 5分を
経過したところで

予期せぬ事態が]

♬(音楽)

さあ ここで
フジテレビの館内放送が。

(女性)フジテレビで働く皆さん
今日も一日 お疲れさまです。

本日の仕事は
そろそろ片付きそうですか?

(村上)そりゃ分かるよ。
分かる 分かる。 分かるよ。

焦ってますよね。

[ここで
村上の記録を更新]

[だが 徐々に
せっかちぶりがあらわに]

あっ 不用意に…
不用意に一気に出てきたぞ。

ぬるっと出てきた
ぬるっと出てきた丸山。

これは いけません。
(村上)これ 分かるな。

これは 自ら
一気に露呈し始めたぞ。

何ということだ。
「あれ? ちょっと待って」

「何か おかしない?」っていう…。

また出てきた。
2度目であります。

この手が 何とも なまめかしい。

顔をのぞかせる。 遠くを見る。
(村上)あの開け方…。

(村上)これは もう…。

フゥ…。

さあ ひとつ肩で息をしました。

あっと?
(村上)かつらか。

[その後
3分ほど耐えるも

いよいよ我慢できなくなった
せっかち丸山]

さあ そして 女性が
今度は やって来た。

医務系の方でしょうか。

ん? パカパカが うご…。

あっと出た!
ここで出てしまった!

笑っている!

丸山 記録は12分52秒。
目安タイム15分には届かず。

(笑い声)
(丸山)全然来なくて…。

(スタッフ)あっ メンバーですか?
(丸山)はい。

ちょっと待って ちょっと待って。

おかしくないっすか?
ちょっと待って。

(丸山)こんな仕掛けまでして?
えっ?

ハッハッハッハッ!

リアルジョーカーに
なってもうてるわ。

ちょっと待って。

アハハハハ!
お疲れ~。

ああ いいですねえ。
アハッ ヤベえ。

そうだよ。
(丸山)アハハハ!

きっかけは何だったんでしょう?

(丸山)人が通ったじゃないですか。
シミュレーションしようと思って。

(丸山)で バンって出て やったら
ちょっと気持ち満たされたから

まだ待てるなっていう。
(村上)あー そっちか。

(村上)この後 怖いのが…。

[だが…]

(スタッフ)じゃ もう こっから…。

さあ 続いての挑戦者…。

関ジャニの母という異名を持つ
この男。

せっかちな性格とは
ほど遠いイメージもある中で

いったい どんな展開を
見せるんでしょうか?

(スタッフ)
もう いいっすか? 上げて。

突然 不安になったか? 安田。
(丸山)そんな基礎的な…。

(スタッフ)すぐ来ますので。
(安田)はい。

これで 安田 今
特設ロッカーにゲートイン。

(村上)歯 出してるで 歯。

(丸山)ホンマや。
どういうことなん。

(スタッフ)
怖いです 怖いです。 笑うと。

[常に全力投球]

(丸山)来るから顔つくってんのか。
(村上)すぐ来ると思って。

(丸山)安田さん 来ないんですよ。

(村上)待てど暮らせどね。

[村上 丸山の読みどおりか
一向に出てくる気配なし]

(村上)真面目やなあ。

これは 今までにはない
パターンでしたね。

(村上)しかもワンポジで
じっと待ててる。

(丸山)もう やめとけばええのに。

(丸山)
出るときに つくったらええ。

(村上)アップしてんねん
ちゃんと。

ウオーミングアップしてんねん
筋肉 固まらんように。

小窓は まだ一切
使ってませんね。

[そして
小窓パカパカも使わず

時間だけが過ぎてゆく]

(村上)「なんで?」って言うた。
7分で「なんで?」が出ました。

[企画成立を優先するあまり

せっかちを
押し殺しているのか?]

(村上)「違う」と…。

「違う」と言いましたね。
(丸山)「違う」

[どんなに時間がたとうと…]

[そして
10分に差し掛かるが…]

(丸山)団体 来たよ。 たぶん
足音いっぱいしてるからね。

仲良い3人娘が
やって来ますが…。

(笑い声)

鼻っ面の赤いメイクが
小窓についてしまいました。

(村上)おかしくなってきたよ。

[何と 小窓ノータッチのまま…]

[ならば…]

間もなく
仕掛け人が登場してきます。

さあ やって来た
このADさん

持っている大量の紙が
あると思いますが…。

落としてしまった!
ええっ!?

さあ 漫画のような。

絵に描いたような
このシチュエーションに

仏の安田 助けるかどうか?

(丸山)めっちゃ見てる。
心配そうに…。

(丸山)めっちゃ見てるよ。
あっと 行きたい 行きたい。

(村上)開けた! 初めて開けた!
初めて小窓オープン。

小窓オープン!
やっぱり優しい安田。

(村上)優しいな。

(丸山)逆に怖いって
こんなん出てきたら。

(村上)心配で開けるのか あいつ。
でも まだフルオープンではない。

(村上)番組の企画を きちんと
全うしようという思いが

残ってますから。

せっかちなADさん。

これで様子をうかがって…。
(村上)出た?

出た 出た。 あっ 出た!

完全に出てきました。
(村上)あっ 出た。

逆に びっくりさせないか?
はい すいません はい。

(丸山)これは偉い。

安田が手伝っています。

これは 大人の人間として
しかるべき対応。

いや~ 畏れ入りました。

(丸山)うわっ 戻った。
(村上)戻る!?

(村上)素晴らしいな。

この心意気。

はい?

(村上)ちゃうねん。

ちょっと待って! えっ?

どういうこと?

(スタッフ)待ちきれずに
どのぐらい早く出ちゃうのかって。

(安田)最悪やん。

すごい! ジョーカーが
いっぱいおる。

ハーイ。
(安田)えっ?

ちょっと待って
どういうこと? えっ?

一人一人やったん?
(丸山)安田君。

僕も先に
やらさせてもらったよ。

うれしかったよ。
(丸山・安田)ハッハッハッ!

検証の結果…。

せっかちじゃないです。 僕…。

いや それがね…。

[さあ 残すは
関ジャニきっての…]

何もないのに出てきた!

さあ やって来ました
大本命の一人…。

(村上)すごいやろ。
(丸山)ねっ 堂々と。

(安田)めっちゃ面白い。
堂々と歩いてる。

「ちょっと!」とか言うて
出てきそうやけどな。

「何かあったん?」って。

[せっかち真打ち登場]

[確認も
秒で終わると思われたが…]

(スタッフ)それで確認はできます。

(大倉)こうか。
(スタッフ)そうっすね。

(スタッフ)
気にならないです 大丈夫です。

(大倉)
見えへんねんから こっちは。

真面目!
どっち目線なんでしょうか?

(安田)逆側を見に行ったわ。
ここまでやるか。

[結果 誰も来ないのに…]

(スタッフ)じゃ いきますよ。
(大倉)うん。

さあ 扉が閉められました。

大倉 ようやく
特設ロッカー ゲートイン。

ここから時間がスタートです。

(大倉)怖いな。

(村上)でも
打ち合わせの感じやったら

長くいても
おかしくないっすね。

(安田)
「違和感ある」言うてたのに。

早速 開いてますね。

(安田)早くない?
(村上)最速でしょ。

(村上)もう「遅いな」言うたで。
(安田)早い。

(村上)もう「遅いな」言うたで。

[さすがは優勝候補]

[これは とんでもない記録が
出るか?]

≪(大倉のせきばらい)

暑さって部分は どうですかね?

(村上)きてますね。
きました。

やっぱり感じていた。
(丸山)言ってくれましたね。

(安田)よほど暑いんやな。
そんなに暑いんですね。

(村上)4分半?
(安田)5分いくな。

誰も来ませんね。
(村上)嘘みたいな静寂に…。

(村上)出た出た 出た出た。
何もないのに出てきた!

何にもないのにオープンだ!

これが破壊力抜群!
大倉 忠義 恐るべし。

とんでもないことが起きた!
(村上)いや~ 素晴らしい。

大倉 忠義 5分ジャスト。

爆速のせっかちで
トップに躍り出ました。

来えへんって。

暑い。

ちょっと!

(村上)ほら!
(丸山)すげえ! すげえ!

すごいよ。 ドンピシャ。

アネさんを捜しています。

アネさんは いったいどこだ。

(安田)「アネさん」言った。

(安田)すごい おもろいね。
(丸山)うちの総合演出です。

これまでの「あるある」では
なかった。

ん? アネさんか?

違う これは
Uber Eats風の人だ。

≪(大倉)人 来るやん。

あっと バレそうか?
(村上)目が合った。

(配達員)すいません。
(大倉)はいはい。

(配達員)はい。

(配達員)
すいません 出前なんすけど。

ありがとうございます。

(村上)何か怪しがってる。
怪しがってるな。

(丸山)目が変わった。
目が変わった!

鋭いですね。

(大倉)ハァ…。

あっ ほら もう…。

(村上)言うてること…。

(丸山)ホンマや!
「もう 人 来るて」

(丸山)ホンマや ナダルさんや。

いとしのアネさんが
目の前に現れました。

何が?

全然… すごい待ってたけど。

(スタッフ)メンバー?
(大倉)メンバー。

(大倉)これで終わり?
(スタッフ)これで終わりです。

(大倉)嘘!?
メイク時間の方が長いって。

(笑い声)

暫定チャンピオンです。
(大倉)マジっすか?

(丸山)悔しいっすね。

これから。
(村上)大トリ。

(丸山)やっぱ そうやんな。

暫定チャンピオンが言うぐらい。
なるほど。

[出るか? 破格のせっかち]

(スタッフ)一応こっから
オフショットで回します。

さあ 登場しました。 真打ち 横山。
ラスボスであります。

(村上)うわっ 見て ほら…。

(スタッフ)まだまだ。
(横山)えっ?

(村上)「分かりました」って もう…。
(大倉)突然 終わらせた。

アネさんが扉を引っ張りますね。

(村上)
ドア持って閉めようとしてる!

せめぎ合ってる。

(村上)閉めようとして…。
昔の押し売りやんか。

扉が閉まりました。
スタートです。

(一同)アハハハ! すごいな。
めっちゃ見てる めっちゃ見てる!

(丸山)一応 人は。

これは 仕込みではありません。
普通の方です。

(大倉)ちゃんと見てる。

(大倉)開けへんやん。
(安田)話 聞いてないからや。

マネージャーさんからの
せっかちエピソードです。

もう一つ。

これね。
(丸山)なるほどね。

後で靴下はいたから
ピッてなんねんな。

(大倉)腕 組み始めた。
横山さん やっぱ真面目やね。

(村上)待ってる。

(丸山)「やるからには」って。
(村上)成立させなきゃと…。

[ニセ企画成立への
責任感からか

動きなしのまま3分が経過]

[どうなる]

(大倉)何 考えてんねやろ。

ここまでは思わぬ展開です。
意外。

意外やな。
さあ そして4分30秒。

男性が 1人 来ました。

メンバーじゃないことに
しびれを切らして出るか?

(村上)あとちょっと…。

(大倉)もし出たときに来たら
みたいに思ったのかな?

[驚くことに
何も起こらないまま

大倉の5分
村上の8分半も更新]

ここで8分半。
うわ~ 何か嫌やな。

普段の横山さんだと…?

(丸山)いろんなこと
考える人というか…。

(安田)全力でビビらそうと…。
(丸山)そやね たぶん。

[そして 3位…]

ここで 12分30秒。
(丸山)あっ もうすぐ。

(丸山)長いは長いけど…。

(村上)
ドア持って閉めようとしてる!

(村上)揺れた 揺れた!

[だが 見せたのは…]

[目安タイムを
大幅に超える20分]

[あっぱれ 横山]

何もないのに出てきた!

[そのせっかちぶり 五者五様]

[これが 関ジャニ∞の
爆発的個性!]

これ 何ゾーンですか?

[大丈夫ゾーンに入ったので
ネタバラシ]

おかしい思った。

[一向に出てこない
ラスボス横山]

(笑い声)

(横山)なっ。

せっかち-1グランプリという…
実は。

(村上)そうよ。
(丸山)おんなじこと やってます。

そうなん? ああ そうなん?
(丸山)気持ち分かります。

ああ 何や!

真逆いったんや。
(大倉)真逆。

(横山)こうなったら
忍耐よ こっちは。

(一同)すごい!
(丸山)ある意味

想像を絶するラストになってます。
(安田)予想外でした。

[せっかち-1グランプリ延長戦も
予想外の展開]

[次週 異色のタッグと
秋の味覚で3番勝負]

モンブラン。
(不正解音)

嘘! あっ。
(稲田)モンブラン。

[金メダリスト
須崎選手が大はしゃぎ!]

[『関ジャニ∞クロニクルF』を
もう一度 ご覧になりたい方は…]

[さらに…]