KinKi Kidsのブンブブーン【麒麟川島と晩酌につき合って欲しい!】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

KinKi Kidsのブンブブーン【麒麟川島と晩酌につき合って欲しい!】[字]

チャーハンの鍋振り動画で乾杯!?洗濯機を眺めてお酒が進む?川島流ちょっと変わった酒のつまみにキンキも共感!?珍コメント多発のDJゲームで大盛り上がり!

ご案内
【番組オフィシャルサイト】
https://www.fujitv.co.jp/bunbuboon/  
【公式Twitter】
https://twitter.com/bunbuboon_fuji8  
【公式Instagram】
https://www.instagram.com/bunbuboon_fuji8/
番組内容
KinKi Kidsがゲストが本当に“やりたいこと”を叶(かな)えるべく、徹底的におもてなし。「やりたくない」「行きたくない」「食べたくない」と素直な感情を出し、自然体で振る舞う堂本光一、堂本剛。いつまでたっても子どもみたいにやんちゃな部分と、いぶし銀の趣味の持ち主である大人の部分、二人の魅力がたっぷり詰まった45分です。
番組内容2
豪華ゲストが本気でやってみたいことを実現。KinKi Kids特有の率直なリアクションが有名人たちのリラックスした素顔を引き出しますが、現場ごと、ゲストごとの空気感を大事にし、テレビ的であろうとしない二人ゆえ、ミラクル多発。時に脱線し過ぎたり、ゲストが置いてきぼりにされたりしてしまうことも!?
番組内容3
デビュー24年を超えるキャリアに裏打ちされたKinKi Kidsの揺るぎない面白さと、独自のゆるさや柔らかさが魅力の『KinKi Kidsのブンブブーン』がゆったりと癒やします。
出演者
KinKi Kids(堂本光一 堂本剛)
スタッフ
【チーフプロデューサー/演出】
浜崎綾 

【プロデューサー】
中村峰子 
宇賀神裕子 
中村和宏 

【AP】
加藤万貴 

【ディレクター】
嘉納一貴 
島田和正 
阪本玲以 
亀池晃弘 
小野瀬瑞貴 
桂亮太 

【監修】
城間康男 

【制作統括】
太田一平

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 川島
  2. 洗濯機
  3. 光一
  4. 今日
  5. ホント
  6. お題
  7. チャーハン
  8. ホンマ
  9. 最後
  10. 乾杯
  11. キンキ
  12. 羽根
  13. 今回
  14. 紹介
  15. 動画
  16. 鍋振
  17. 用意
  18. HOT
  19. Kids
  20. KinKi

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



(剛)光ちゃんと 剛くんです。
今週も始まりました。

『KinKi Kids…』

ちょっと 今 諸事情で…。

オープニングでございましてね。
(光一)気圧のせいかどうかは

分かんない。 あれですよ。 今
一番忙しい芸人さんということで。

この方も でも 今…。

お忙しいからね。
早速 ご紹介しましょう。

本日のゲスト
麒麟の 川島さんです。

(川島)よろしくお願いします。

ビシッとされてる。
(川島)よろしくお願いします。

[今回のゲストは…]

[ことし春から…]

[すっかり 朝の顔です]

(川島)今日は…。

(川島)今日は 5時半に起きて
生放送 やりまして 今 漫才を

2回 出番 やってまいりまして…。

[そんな…]

(川島)今日はですね キンキに
僕の晩酌に 付き合ってほしい!

(川島)朝の番組を
やるようになりまして…。

なるほど。
(川島)というのも…。

9時半!?
9時半かぁ。 そしたら…。

(川島)見られないですね。
分からないです 最後。

(川島)「はい 消えた」
なので ちょっと まあ…。

なるほどね。

(川島)ただ 酒を
お勧めしてるわけじゃなくて

今回 私流のつまみを
用意したんです。

(川島)それを ちょっと
味わっていただきたいなと。

そうか そうか。 ただ 今日…。

(川島)えっ!? 後?
今日 後があるんすよ!

(川島)カッコイイっすね。
さすがに 飲まれへんわ 今日は。

[今回は…]

(川島)すいません。 ちょっと…。

[超独特な おつまみの数々!]

[お酒が進む オリジナルゲームで
大盛り上がり!]

それでは KinKi Kidsで
『ボクの背中には羽根がある』

(川島)惜しかったですよね!?

(佐野)さあ 本日は
晩酌をするということで

川島さん 普段から楽しんでいる
お酒のおつまみを

用意してくださったんですよね。

どんなものでしょう?
(川島)最初のおつまみは…。

いいじゃないですか チャーハン。

(川島)
はい ありがとうございます。

(川島)
鍋振り動画 ご存じないですか?

何ですか? 鍋振り動画って。

えっ!?

(川島)幸せ者です。
こういうことですか?

こういうやつを
見る機会はないけどなぁ。

(川島)
去年のステイホームのときに…。

(川島)と思って 頑張ってたんです
ほんで 動画を…。

(川島)最近 YouTubeとかでも
チャーハンの作り方を紹介してる人が

いるんで それを見てたら…。

(川島)
それに 魅了されてしまって…。

いや そんなことないでしょ!
(川島)僕 ホント…。

(川島)まあ 酒が進みます これは。
ホンマかな?

[それでは…]

[ご堪能ください]

[今回 ご協力いただいたのは
浅草の老舗 町中華…]

撮り下ろしです。 川島さんのため
撮り下ろしでございます。

(川島)たっぷり 油が引かれて。

(川島)ここで溶いちゃう
パターンですね。 すかさず 米。

(川島)あっ きた! え~!?

(川島)ネギも入った。
こっから こっから こっから。

(川島)これは いい。

(川島)気持ちがいいな。

(川島)うーわ~!

(川島)横ファンですからね。

(川島)そこまで 高くないか。
うわっ! ぜいたくな。

(川島)信じられないですよ これ。
奇麗やなぁ。

[これぞ 熟練の技!
チャーハンの鍋振りでした]

[VTRを見て
川島さん 思わず…]

(川島)すいません。 ちょっと…。
やっぱり 飲むんですね~。

(川島)あっ ぜひ。 今…。

(川島)どうぞ どうぞ。
結果的には やっぱり…。

てなるんですよ。
めちゃくちゃ 食べたい。

食べたくなる。 めっちゃ
おいしそう あの鍋で作った料理。

(川島)今日…。

(川島)鍋振り動画を。
どうかな?

光一さんも 1杯 いきました。
うん! あっ これ…。

これ ちょっと 今日
コーラなんですけど…。

先に入れて
氷 後に入れたでしょ?

(川島)コーラの こだわりか。
余計なことが入りました。

チャーハンですよ!

(川島)そうですね。

(川島)やっぱ 中華鍋だからこそ
米が こう 上に…。

波のように?

(川島)画面が 3個に
なったとこなんか…。

そしたら あの ずっと…。

(川島)そんな声なんですか?
そうなんですよ。

つったら その次の日も…。

毎日ですよ。

(川島)でも 苦にならんぐらい
うまいんでしょ? それ…。

[全然 共感していない
キンキの2人ですが

フェチ動画って
あるんですかね?]

例えば その 動画系?

僕は…。

(川島)うれしい!
それ 素晴らしいですよ!

ホント!? 同族ですか!?

でも これは まあ いわゆる…
何ていうの?

想像できるっていうかね
あ~ はいはいっていう。

(川島)僕も でも…。

(川島)最近 買った アイテム…
ケルヒャー。 液体を吸い取る

掃除機みたいな。 それを使って
ちょっと ハイボールを

わざと こういうとこ 置いて
ぬれたら それ 持ってきて

ゾゾゾゾッ。 その音で また 飲む。

(川島)上げたら また
ぬれてるから ゾゾゾゾッって。

(川島)
たまらないですよね これは。

(川島)存在した。

つまみが減らないですもんね。

え~!? ちょっと ホントに…。

(川島)先 言っときますけど…。

[続いては…]

(川島)いよいよ…。

(川島)先ほどから
皆さん スタジオの片隅で…。

(川島)目に入ってると思います。
いやいや… あれ 何やの!?

(川島)私のメインディッシュおつまみは
あちらなんです。

ちょっと 全然 分かんないです。

(川島)
うわ~! ちょっと 大丈夫かな?

(川島)うーわっ…。

[続いては…]

ちょっと 全然 分かんないです。

(川島)大人になったときに…。

ドラム式。
(川島)出まして…。

見えるよね。
(川島)それで 1回…。

うわ~ ヤベえ。

(川島)と思って やったら…。

(川島)ほらっ やっぱり!
一緒の村の人ですって 絶対。

(川島)ねっ!

それこそ…。

(川島)そう!
そうそうそう… そこなんです。

(川島)まず それなんです
僕が ハマってるのは。

(川島)いけると思う。

(川島)ホンマに でも 僕…。

(川島)というタイミングなので
ちょっと…。

(川島)マジで 狙ってます 今日。

[川島さんの
買い替えの参考にもなるよう

最新の洗濯機を 3台 ご用意]

[まず 1台目は…]

(川島)うーわっ! 色がいいな。

[こちら…]

カッコイイ 形。

[微細な泡を
大流量のダブルシャワーで

衣類全体に 浸透させ

汚れを
しっかり 落としてくれます]

(川島)
僕の いつものスタイルでいうと

椅子がないんですよ。 だから…。

いや それ…
いや それ 目の前にあんのが…。

洗濯機やからなぁ。

(川島)あの~…。

(川島)結局…。

(川島)
一日の反省をするに当たって

服もですけど…。

何か…。

(川島)じゃ いきます!
うわ~ いった いった。

水が…。

(川島)クロスですわ! クロス!

(川島)いいですね!
水の その…。

[洗濯機を見て 思わず…]

あ~ 合う!

ちょっと 一口 いきましたか?
はい。

ホントは…。

いやいやいや! いやいやいや!
何でやねん!

(川島)ノッてんな! おい!

乾杯! じゃない。
乾杯しちゃった。

乾杯! じゃないって。

(川島)これね キンキのお二人
ここの やっぱり…。

(川島)
ちょっと 代わった方がいいかも。

まあね…。

ていうのが
やっぱ ありますからね。

ZABOONの所に行きます。

さあ 光一さんと ZABOONです。

(川島)いい絵ですね! 光一さん
ZABOONコーデだったんだね。

すごい!

(川島)
好きですわ やっぱり 光一さん。

(川島)うーわっ…。

(川島)知ってるな。

これさ だからさ
川島さん あれやな。

この動き 好きなんやな たぶん。

(川島)うわっ! ホントですね!
チャーハンと共通する部分がある。

(川島)うわ~!
なるほど!

(川島)あっ! でも 僕…。

(川島)ジャンボ鶴田さんの。

「剛さん 行きますか?」って
カンペ 出てるけど…。

(川島)いやいや! 1回 1回…。
1回 アリーナ 行ってほしい。

行ってもいいけど…。

(川島)
行けるとこまで 行ってください。

「好きですねぇ」じゃないねん。

腹立つ…。 逆に 僕
この感じが 気持ちいいよ。

これが。 振動が。

何か…。

(川島)男には
命の洗濯が 必要なときもある。

いいですね~! いいですね!
いいっすね。

[川島さんの 酒のおつまみ!]

[2台目の 最新洗濯機は…]

はい こちらでございます。

[大容積のドラム槽の中で
高速風で しわを伸ばして 乾燥]

[アイロンがけの手間を減らす
風アイロンが 特長です]

へぇ~。
(川島)僕…。

(川島)ホントに ワイシャツ
2枚 3枚とか 入れとけば…。

(剛・光一)へぇ~。
(川島)乾燥しても。 まず…。

いやいやいや…。
ホンマやな!

それで決めないでしょ 洗濯機。

さあ では 川島さん
実際に 動かしてみてください。

(川島)じゃ いきます。
(洗濯機のスタート音)

(川島)うわ~…。

さあ そして 目線を合わせます。

中は ちょっと 見にくいね。
(川島)だいぶ 寄らないと…。

(川島)ちょっと…。

おびえてないのよ。
風で 震えてるだけや。

(川島)
すごい すごい すごい! うわっ!

ちょっと 何か 今…。

みたいになってる。

あ~ ホントですね。
(川島)今 衣類が

風で 落ちてこれなくなってる。
見たい 見たい。 あのね…。

(川島)あ~!

何やねん。
もう 腹立ってきた。

「バレリーナやね」
剛君 見てみ!

何でやねん!
(川島)剛さん そりゃないですよ!

いやいや… 美しい!

(川島)ホントに こればっかりは
近づかないと 見れないので。

あっと…。
(川島)そっちに立つんだ!

(川島)お~! いいな!
いいですね。

(川島)肘!
川島さん 15秒で…。

(川島)
男は 風を感じたい夜もある。

(川島)日立…。

いいですね~。 いいですね。

[この後
川島さん オリジナルの…]

♬「雨が…」
(川島)ここなんですよ!

(川島)これは 決まった!

[麒麟…]

[最先端機能 搭載の洗濯機は
後ほど 紹介いたします]

[その前に 川島さんが…]

(川島)
実はですね 僕が こういう…。

ゲーム?

(川島)
これを やりたいと思います。

(川島)すごい ベテランの
ラジオDJって。

(川島)それを やったときに…。

(川島)そういうゲームを
後輩と よくやってるんです。

(川島)そうです。

(川島)かなり 無茶振りなゲームを
持ってきたんですけど。

なるほどね。

[では DJゲームのルール説明]

[まず イントロ秒数が書かれた
曲リストから

好きな1曲を選びます]

[その後 ボックスから…]

[すぐに 曲が流れますので
お題に関するトークを

イントロ秒数内で
披露してもらいます]

さあ では…。

お願いしたいと思います。
(川島)分かりました。

(川島)これ 僕は やってるんでね。

[まずは…]

[挑戦してもらいましょう]

では ミュージック スタート!

♬~

♬~

♬「雨が…」
(川島)ここなんですよ!

(川島)これは 決まった!
決まったね。

さすが。
着地 ぴったり イントロ 30秒!

そして 1杯 飲みます!

なるほど。

うまいっすね。

(川島)♬「雨が…」って こう…
入る感じ。

確かに…。

気持ちいいでしょうね。
おいしいお酒になりますね これ。

[では…]

[曲は…]

僕…。
(川島)いいですねぇ。

(川島)吉?
吉ですか?

(川島)吉さんですと 24秒。
24秒ね。

じゃあ…。

『雪國』 24秒の イントロ秒数です。

よいしょ。

テレビ!?
それでは スタート!

♬~

でも…。

♬~

♬「好きよ」
(川島)いいですね。 いい!

(川島)うまいですね!
いいですね~。

(川島)テレビ! ホンマや!
あれっ? テレビの情報は?

良かったとは思うんですよ。
(川島)良かった 良かった。

でも これ やっぱ 思ったけど…。

(川島)そう。 そうなんです。

何とか何とかで 何とかって
言ったときに…。

(川島)ノーテレビでしたね。
じゃあ…。

『星空のディスタンス』?
いいっすよ。

さあ 光一さんのお題…。

♬~

♬~

♬「激しい風が…」
あっと! 始まってしまいました!

タイムオーバー!

最後…。

(川島)何ですか?
「星空とのディスタンス つまり…」

何を言うてんねん! っていう。
しまったなぁ。

あのDJ 酒 いっとんなっていう。
いや 何か…。

富士山 なかったら
それなりに うまく…。

(川島)確かに。

これ お題が 結構…。

お題 難しいな。

[では 2周目。 川島さんの挑戦]

[曲は KinKi Kidsの…]

お題 参ります。 お題は…。

♬~

♬~

うわ~! 強引にいく!
いやいや…。

いや~ 入りましたね。
いや~ 強引やったわ。

だんだん…。

はい。

(川島)やっぱ これ…。

[キンキは 2人とも…]

[まずは 剛から]

こちら。 お題は…。

♬~

♬~

♬「照れてるとき髪かきあげる」
あーっと! タイムオーバーか!?

でもね もう 何か…。

羽根がありませんでした。
(川島)「羽根が生えてたら」なら

100点だったんですけど。

(川島)もう1層 背中が欲しい?
あそこ 羽根だったら

100点でしたね。

(川島)
ラスト5秒で いきましたもんね。

(川島)えっ!? そうか。

このね… 何やろうな?

そうそう そうそう。

では 光一さんのお題は
こちらです。

♬~

♬~

♬「照れてるとき髪かきあげる」

うーん…。

(川島)ちょっと ショートしちゃった
というところも…。

あーっと 厳しいですね。

いや あの ちゃんとしてたし…。

もうね だから…。

いや…。

あとね やっぱりね…
あの~ 何やろうな? 例えば…。

ぎりぎりになると…。

そうそうそう。

(川島)それで ショートした?
それで ショートして

ちゃんと 1小節ぐらいは 残して
そこのキーを取って

はい 歌に入りますよって これ…。

(川島)えらい カッコつけてますね
言い訳というか。

まあ そうよね。

(川島)そう!

[これでは 終われない!
光一 再挑戦!]

(川島)いやいや…。

[お酒が進む DJゲーム]

[T.M.Revolution 『HOT LIMIT』で
光一 再挑戦!]

お題 引きます。
引いたら すぐです。

ミュージック スタート!

♬~

♬「YO! SAY, 夏が
胸を刺激する」

言えてない 言えてない!
(川島)最後 トランシーバーみたいに…。

(川島)T.M.Revolutionが…。
そっか!

(川島)「T.M.Revolutionで
『HOT LIMIT』」 最後 言わないと。

そう! ちょっとね…。

人さまの曲やから。
自分らのラジオは

ほぼ 自分らの曲しか
使わないんで。

あっ そっか。 人の曲やもんね。

あ~!
一回一回 ちょっと 学んでます。

(川島)いいですね。

なるほど。 そういうことか。
これさ やっぱり…。

えっ!?

ちょっと待って。
ちょっと待ってください。

(川島)『HOT LIMIT』
え~!

えっ!
そう言ってましたもんね 僕も。

(川島)お題は フジテレビ!

♬~

いい いい!
(川島)いい いい!

いいじゃないですか!
(川島)奇麗ですね。

自虐というか 何というか。
(川島)焦り過ぎて… ねえ。

いやいや。 うーん…。

(川島)ヘコまないでください!

進んでますねぇ。

(川島)
すーごく おでこ 光ってきたから。

(川島)延々にできる。
カラオケボックスとか 行って…。

カラオケボックスとかでも。
(川島)まあ でも これ…。

(川島)誰も 酔っぱらってる
っていう状態じゃないですけど。

(川島)ノッてんな! おい!

乾杯! じゃない。
乾杯しちゃった。

[川島さんのために用意した
最新の洗濯機]

[いよいよ
最後の洗濯機の ご紹介です]

3台目でございます。
こちらでございます。

何これ!?
こちら シャープ プラズマクラスター

洗濯乾燥機でございます。

見た目のスタイリッシュは
さることながら

衣類を乾燥しながら
プラズマクラスターで 除菌・消臭をします。

(川島)AI?

[こちらの
聞いてボタンを押すと…]

[何と そのときの…]

[賢い AI洗濯機を
おつまみにできるのか?]

では 聞いてボタンを
押してみてください。

どういうこと? それ。

(川島)えっ どういうこと!?
ホンマに 怖いな。

(川島)聞いてボタン?
はい。

(川島)これ 押すんですか?
いきますよ。

(川島)分かっちゃいるんですけど
なかなか 仕事も 忙しくて。

(川島)なにぶん 4月から
朝が早くなってしまいまして。

(川島)お仕事…
活躍したいっていうところ…。

(川島)そういったところ…。

(川島)分かるけど あいつにも
いいところがあると思うんです。

(川島)この先ね。
何を言ってんねん!

洗濯機と しゃべってる。 ヤバッ!

(川島)
まあ ちょっと… いただきます。

カチン! じゃないのよな。
あ~…。

(川島)
飲み相手として。 たぶん 何か…。

(川島)言ってますけど…。

いやいや 言ってない。

(川島)ちょっと うまい…
例えが うまいですね。

見せてもらおう。
(川島)色々 癒やしてくれますよ。

すごいね。

あ~…。

(川島)いや もう…。

「外車」!
そうだね。 やっぱりね…。

(洗濯機の閉まる音)
(川島)うわ~! 最高!

(川島)最高! これは いいわ!
今の音で ほれますよ。

これ 欲しいな。

(川島)あなたは
最近 家族と会話しましたか?

(川島)本当の会話は こいつが
してくれる。 シャープ…。

糸くずフィルターが
詰まってきました。

(川島)アイッ! 頂きました。
30秒CMです。

僕 あれ やるために
行ってただけやから。

では 剛さん お願いします。

[持ちネタを取られた 剛…]

(川島)おっ! いや これ…。

あっと 後ろに回った。

ちょっと もう あれやね。

(川島)えっ?

(川島)え~!?
マイクが付いている!

(川島)ピンマイク 1個 もろてたん!?
ホンマや! 俺らとおんなじや!

(川島)うわっ! もう…。

びっくりした。
マイク 1個 もろてるやん。

3台の 最新の洗濯機を
ご覧いただきました。

皆さん 結構 いってましたね。

(川島)どれも やっぱり
いいところが ありましたね。

(川島)無理なんでしょうけど…。

(川島)何とか。
何とか チャーハンを こう…。

ここに 米 入れてね。
(川島)夢のコラボ 僕の中では。

(川島)こういうのを やりたいって
言っても 受け入れてくれる番組

なかったので。

(川島)やっぱ すごい この番組は。
普通 ないでしょうね。

(川島)「そういうのは 地味なんで」
って言われるんですけど

全部 夢をかなえてくれたんで
驚いてます! 僕は。

(川島)こんな最後まで…。
これ オンエア 見て

共感してる人も
多いとは思うんですよ。

「確かに! 分かる 分かる!」
みたいな。

(川島)もしかしたら いつもより

数字は
低いかもしれないですけど。