冒険少年 尾形が福岡・玄界灘で旬の鯛&ウニ本気漁☆セシタマン無人島で緊急事態![字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

冒険少年 尾形が福岡・玄界灘で旬の鯛&ウニ本気漁☆セシタマン無人島で緊急事態![字]

パンサー尾形&インディアンス&玄界灘の魚育ちスザンヌが本気漁!狙うは旬の鯛&ウニ!潜ってウニ獲る海女漁に挑戦!!▽セシタマンに緊急事態!無人島に上陸できない!?

番組内容
【大漁!サンキュー丸】
磯丸水産全メニュー完全再現目指すサンキュー丸!今回の舞台は玄界灘!パンサー尾形とインディアンスに加え、玄界灘のお魚で育ったというスザンヌと共に「鯛の漁師丼」完全再現を狙う!まず真鯛を獲るために「一双吾智網(いっそうごちあみ)漁」という魚を網で囲い込む漁法に挑戦!鯛めし、鯛のあら汁、しゃぶしゃぶなど絶品鯛料理も堪能!さらに、ウニを獲るため潜って獲る「海女(あま)漁」に挑戦!
番組内容2
【大好評!無人島全力制覇セシタマン】
最も体が張れる芸人セシタマンが日本中の無人島を全力制覇!日本中数多ある無人島を1島ずつ巡り芋ハンで島の地図作る!緊急事態発生…島に上陸できない!?
出演者
■MC…岡村隆史 田中直樹 川島海荷
レギュラー出演者…向井康二(Snow Man)目黒蓮(Snow Man)
■冒険ゲスト(50音順)…インディアンス 尾形貴弘(パンサー) スザンヌ セシタマン(天竺鼠・瀬下)
■スタジオゲスト(50音順)…伊沢拓司 澤部佑 フワちゃん

公式ページ
◇番組HP https://www.tbs.co.jp/iamboukensyounen/

◇twitter @boukenshounen1 https://twitter.com/boukenshounen1

スタッフ
プロデューサー:上田淳也
総合演出:白井秀知
おことわり
番組の内容と放送時間は変更になる場合があります。

ジャンル :
バラエティ – その他
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. スザンヌ
  2. セシタマン
  3. スゴ
  4. ウニ
  5. 玄界灘
  6. 尾形
  7. 海底
  8. 漁師丼
  9. 慶子
  10. 今回
  11. 海女漁
  12. 完全再現
  13. 輝旭
  14. オモリ
  15. サンキュー丸
  16. スタッフ
  17. マジ
  18. ヤバッ
  19. ロープ
  20. 協力

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



TBS
created by Rinker
ノーブランド品

まず初めはセシタマン

島を爆破で削られた
謎の島へ

さらに サンキュー丸は海の食材の宝庫
玄界灘へ

大自然の荒波を乗り越え
激うま食材大漁なるか

せ~の

<さあ 今日はどんな冒険が>

<待っているのか>

<セシタマンが>

<そして 島の大まかな地図を作り>

<芋ハン手帳を
完成させるのが使命>

<今夜は>

<一見 かわいらしい小さな島だが>

<だった>

<セシタマン>

<その分かりやすいという
無人島に>

ほ~ら うおー!

うわ~!

<島の地図を作るのが
セシタマンの使命>

<泳いでも泳いでも ずっと崖>

<セシタマンの>

<まさに要塞>

<もしや…>

うわっ!

<島の周りを30分ほど泳いだ>

<島の内部へいざなうように>

<不気味な洞窟が
口を開けている>

<突入>

うわ うわ うわ うわ うわ

<トンネルを抜けると>

<出た>

なだらかになってる

<確かにここなら
頑張れば上陸できそうだ>

シャキーン!

<ようやく上陸>

<さあ>

ここ…

<崖を登り ようやく島内部へ>

<内部といっても ただただ
植物が生い茂っているだけ>

<島の全景を知るため
頂上を目指すが>

<とにかく>

<セシタマン惜しい
ジンに使われるのはちょっと違う>

<セイヨウネズの実>

<では こっちは>

<でも>

<そして>

<を続けると>

<到達>

<が広がっていた>

う~!

<調べてみると
苦労して登った>

<こちらの
島は>

<セシタマンを苦しめた
この岩は>

<安山岩と呼ばれ
墓石などに使われる>

<さらに上から見ると>

<ちなみに セシタマンが通った
トンネルはここ>

<稲ちゃんの>

<そんな>

<日本ではイガイとも呼ばれる
ムール貝>

<酒蒸しなどにして
食べられることが多い>

<元大工のセシタマンは
これを>

バーン! ヤバッ

<元大工のセシタマンは
これを>

<さらに>

あるじゃないすか やっぱ

<早速 調理開始>

<まずは 岩ガキから>

バーン! ヤバッ デカッ!

<冬に食べるのが真ガキで>

<岩ガキは夏が旬>

<生のまま いただく>

はこれです

<以前とったレモンをかけて
いただきます>

夏らしい

味が濃いです

<そして>

オープン

ヤッバ!

<そして>

腰にくる マジで

あっ あっ あっ…

<タコはもう刺身で食べよう>

つって撮ってて

中のほうは生で
外はゆであがってる感じで

<さあ 島の思い出を
芋ハンで表現しよう>

名古島 制覇!

やったな~っていう

<ロケ6日目>

<というのも>

何?

<と まあ>

<新しいスタッフと
うまくやりたいセシタマンは>

<とにかく>

ダー!

<がゴロゴロ>

やっぱりね

うん いいよ

<しかし セシタマン
グイグイ進む>

よし

<あっという間に>

<これは>

<と呼ばれる植物で>

<トゲがあり 猿でも
引っかかってしまうことから>

<その名が付けられたといわれる>

<ちなみに>

<その後も>

<しかし>

<ついに>

<意図的に積み上げたような岩が>

<大量に出現>

ホンマに で…

<どうやら>

<調べてみると
ここは 太島といい>

<太島の石は 大阪城の石垣に
使われたとされている>

<山の上に積み上がった岩は…>

海の上 飛んでる時は
小魚が めっちゃおる時で

山におる時は 死体があるか

ネズミとか 小動物がおる

<実は今日>

はい

<新しくきたスタッフが>

こちら

いくよ じゃあ

せーの

いくよ じゃあ

せーの

<しかし>

さあ

最悪や
よっしゃー

はっ

いただきます

<さあ>

<ど~んなだ>

太島 制覇

<島の上には ボコボコバットを添えた>

<次回の無人島全力制覇は>

(田渕)脂 ヤバないですか? ねえ

(尾形)うわ 肉厚 スゴいな

うわっ うま!
最高の朝飯やな

あまっ! マジで何か分からんけど
めっちゃうまい これ何?

うーわ

クエって

<そう>

<これで1尾>

<この>

イカ自体が甘いからね
もう めっちゃ…

あっ なるほどね
ナタデココみたいな

なんで食べ物でいう…
ナタデココ

魚っぽさが全然ないね 臭みが

ダシ自体が 魚からの脂身が出て
めっちゃおいしくなってる

<今回の舞台は
日本トップクラスの水揚げ高を誇る>

<世界有数の豊かな漁場 それが>

<九州北西部に広がる玄界灘>

<海流が大陸棚にぶつかることで>

<たくさんのエサを つくり出し>

<そして今回は この玄界灘の>

<魚を食べて育ったという>

<あるゲストがきてくれた それが>

<九州は熊本出身 スザンヌ>

なと思って やってきました

この番組

<普段>

<どうやら>

<そんなスザンヌと再現に挑む>

<鯛の漁師丼>

<完全再現のためには 鯛とウニを
とらなければならない>

おーっ!
よいしょ~ ありがとうございます

<まず鯛をとらなきゃ
はじまらない>

<そこで やってきたのは
佐賀県唐津市>

<こちらは今回 漁を教えてくれる
大塚良秀くん>

<漁師歴5年の見習い漁師で>

<サンキュー丸を
サポートしてくれる>

<そして船長は>

えっと

ああ 黙々と

<唐津の海を知り尽くす
スゴ腕漁師 吉田さん>

<そんな お二人と挑む>

(口々に)吾智網?

<ということで今回も
田渕が分かりやすくイラスト化>

大体 フネから網というのは
こういうことですね

なんちゃってですよ これは

船から網出すと こんな感じですね

魚が全然 釣れてないねん

寂しい絵やねん

よっしゃ!

<挑戦する>

<ロープや網を落としながら>

<船をぐるりと走らせ>

<群れを取り囲み 魚をとる漁法>

<チームワークが要となる漁>

今後の

お願いします

乗っ込み?

あっ 産卵時期

<このころは…>

<産卵に向け
たくさんの栄養を蓄えた>

<脂ノリノリの鯛がとれる>

<そして>

<いよいよ>

(スザンヌ)はい

<この吾智網漁 とにかくスピードが命>

<と!>

<一瞬で変わってしまう
風向きや潮の流れ>

<その瞬間を逃さぬよう>

<投入したブイを目印に>

<網やロープを落としながら>

<ぐるりと一周 囲んでいく>

横にバーッと
横に広がってる

あ~
≪なるほど

<ここで>

<網を引き 前進するのではなく>

<ゆっくりと
バックする>

<これで魚が
勝手に入ってくるという>

魚って

大体

ねえ

<魚を囲い込んで
すくいあげるのではなく>

<障害物に沿って泳ぐという>

<魚の習性を利用し>

<ロープに沿って網の奥へと
誘い込んでとるというのが>

<この漁のスゴいところ>

<さあ 全長1キロに及ぶ
網があがってきた>

<果たして…>

<と!>

うわっ うおうおうおうおっ!
いる?

入ってるよ

ほら

<これぞ>

<見よ この いきのよさ>

<実は ここにも>

こんな鯛…

<水揚げ直後>

知らなかった これ
(スザンヌ)あ ホント

鯛 気持ちいいんすね

これは気持ちいいんや

生き返りました

<海の深くから
一気に引き揚げられた魚は>

<急な水圧の変化で>

<浮き袋が膨らみ
泳げなくなって死んでしまう>

<その浮き袋に針を刺し
空気を抜くことで>

<魚は 再び元気に泳ぎ出す>

<吉田さんの経験と
巧みな技術に憧れ>

<ふるさと 熊本から
単身 弟子入りした良秀くん>

<以来 5年間 誰よりも長い時間を
ともに過ごしてきた>

って思って

そのあとに

って

<ことから>

<という意味で
吾智網漁の名がついた>

うわ~っ!

(スザンヌ)スゴーい

むちゃくちゃ重いぜ これ
(スザンヌ)大きい

<ちなみに>

<サンキュー丸>

えー 食べたい!

<それじゃあ>

うわーっ 鯛めし
これは うまい

うまそう 頭も…
ヤバッ

うまそう
ここぞとばかりの鯛だ

うわ この鯛のダシ ヤバいね

身がない部分もさ めっちゃ
しっかり鯛の味するよな

あ そうっすか

うわっ ダシ スゴいよ

脂浮いてるわ~

浮くねー
浮く 脂

マッチョマン!?
マッチョマン

<そして>

えーっ?
えっ?

贅沢すぎますね しゃぶしゃぶして
いいんすか? これ

あー 締まってきたね シュッと
ちょっと表面だけ こう…

ちょっと白く… うまそう
(スザンヌ)うわ~ きれい

表面だけ ちょっと火通った感じ
なるじゃないですか

で 中のほうは
さっきの刺身感も残ってるんすよ

同時に2個うまいっていう感じです

そうしましょう!
よっしゃー 頑張ろう よっしゃ!

<と ここで>
皆様

次の現場に行った時に

我々のキャプテン 尾形さんは

一体 どうなってしまって
いるでしょうか

いや お前が出すの? それ

<では 目黒くん どうぞ>

≪あ~ なるほどね

<正解は こちら>

ということで 正解は

「アナゴに噛まれている」 でした

<ウニをとるため
やってきたのは>

<アナゴが名産の
福岡県 宗像市>

どうもすいません こんにちは
どうも

<協力してくれるのは
輝旭さん 慶子さん ご兄妹>

海女漁

マジか

<そう 海女漁でウニをとる>

「シ」は あの 戦士の「士」

それで「あま」って読むんです

(スタッフ)尾形さん 慶子さんっていう
お名前なんですけど

えーっ!
(スザンヌ)スゴーい 慶子さん

えっ?

<三男一女を海女一本で育てる
慶子さん>

<これも豊かな玄界灘だからこそ
できること>

そうですね ここは海女発祥の地
とも言われてますね

はい そうなんです

ええ?

<今でこそ全国18カ所で
行われている海女漁だが>

<遠征先での
結婚スタイルで>

<ここから広がっていった
ともいわれる>

やっぱり

<ウエットスーツができるまでは>

<磯着と呼ばれる
白い布を身にまとい>

<真冬でも潜っていた>

おお!

まあ そうか そうか

<10分ほどで漁場に到着>

<いよいよ海女漁スタート>

(スザンヌ)よいしょー!

<水深は およそ5m>

(スザンヌ)見えない?

<と輝旭さん>

(スザンヌ)先生 スゴい

<落ち着いた身のこなしで
海底をモゾモゾ>

全っ然見えない!

(スザンヌ)師匠 息が長い

<と…>

うわー!
(スザンヌ)ええー! スゴいっ

今の一瞬で!?

<軽~く>

<ちなみに今回 慶子さんには
カメラを持ってもらい>

<撮影に協力してもらったのだが>

<水中で この身のこなし>

<さらにカメラ片手に
ちゃっかりウニもとる>

<さすがは肝っ玉母ちゃん>

<ちなみにウニは この道具で
かきだすようにしてとる>

(輝旭)
そうです カギになってるんで

<ウニは海底の岩の隙間に
隠れているので>

<潜らなければ
見つけることができない>

<早速>

<すると このあと 予期せぬ
感動ストーリーが待っていた>

<ウニは海底の岩の隙間に
隠れているので>

<潜らなければ
見つけることができない>

<早速>

(スザンヌ)あっ でも潜れてる

<そう 海女漁において
最も難しいのが>

<基本でもある この潜水>

<しかし>

ぷわっ!

<一旦 作戦会議だ!>

これ なぜかっていうと

はい

さらに!

<ということで オモリ20kg分を
身にまとってみた>

おしっ じゃあ

<いったー!>

オモリは? オモリは?

<しかし>

<頭を海底に向け きれいな
垂直姿勢になれば>

<体は おのずと
沈んでいく>

<つまり協力して
体を真下に向ける作戦>

<さあ どうだ!?>

<いけたー!>

<そのまま海底へ>

ぷわっ!

<漁師さんのものに比べると
だいぶ小ぶりだが>

<尾形はできた>

<ここまで3時間 泳ぎっぱなし>

<体力は すでに限界か?>

<しかし…>

<尾形の奮闘ぶりに>

めっちゃ とれた

<そう 田淵には
負けちゃいられない理由が>

ウニとった…

スゴっ うわ スゴいスゴい

<残るはきむ しかし>

<あと少しのところで
苦しんでいた>

<今年 生まれた>

<こういう時 助けてくれるのは
仲間達>

そうっすね

<しかし!>

惜しい! 惜しい!

<尾形>

<さあ 目標があらわになった>

<そして!>

おおー! スゴい

おーし よくやった

スゴい よかった よかった

きむー!
はーい

<これぞ玄界灘の豊かな海藻が
育んだ>

<ムラサキウニ>

<中には色鮮やかな身が ぎっしり>

<さあ いよいよ
鯛の漁師丼 完全再現>

<そして冒険少年一
過酷といわれる>

<あの企画が帰ってくる!>

<詳しくは このあと>

<さあ いよいよ
鯛の漁師丼 完全再現>

<他に必要な>

すいません ホンマに

<ということで>

お邪魔しまーす!

<いよいよ 磯丸水産
鯛の漁師丼を完全再現>

<食材の角度やバランスも>

<メニューぴったりに
合わせていく>

<これが磯丸水産
鯛の漁師丼だ!>

<玄界灘が奏でる
プリップリの鯛と>

<ウニのハーモニー>

<卵醤油にたっぷりと絡めて
召し上がれ>

(一同)いただきまーす!

鯛の味がしっかり
負けへんのですよ 醤油とか卵に

(輝旭)これをですね

ええー それも?

<厳しい環境下でも
生育できるため>

<船のスクリューに
絡まってしまうなど>

<漁に害を及ぼす
厄介ものだった>

<しかし その味のよさが
注目を集め>

<今では食卓の人気者に>

<海の資源を無駄にすることなく
おいしくいただくことで>

<海の豊かさを守ることにも
つながっている>

<せっかくだから これも
鯛に絡めていただいちゃおう>

どうしよう

<が そこにはあった>

<が帰ってきた>

おー!

<ルールは簡単 ある山の頂上から
別の山の頂上を目指し>

<一直線に突っ切る ただそれだけ>

<熱さと正義感と
ちょっとしたウザさで>

<芸能界を渡り歩いてきた
おじさん芸人と>

エビバーディー フォー!

<まさに これからな若手芸人が
一丸となり>

<そこに立ちはだかる
激しいアップダウン>

<彼らは必死に山を突っ切り…>

<次週>