関ジャニ∞クロニクルF【金メダリスト&アインシュタイン参戦!絶品栗料理対決!】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

関ジャニ∞クロニクルF【金メダリスト&アインシュタイン参戦!絶品栗料理対決!】[字]

レスリング金メダリスト須﨑優衣&料理芸人アインシュタイン参戦!秋の味覚…栗カスタム料理対決▽栗の絶品(秘)ピザ&衝撃デザート&爆笑モンブランゲームで稲ちゃん大ピンチ

ご案内
【公式Twitter】
https://twitter.com/kanjani8_fujitv  
【番組HP】
https://www.fujitv.co.jp/kanjani8-chroniclef/
番組内容
関ジャニ∞のメンバーが共通して持っている“遊び心”を前面に押し出し、彼らの人間的な魅力を伝えていくバラエティー番組。秘密基地をコンセプトとしたスタジオに設置されたタブレットに表示される“フォルダ(F)”の中からメンバー自身が好きなテーマを選び、トークやゲームを展開するほか、ドキュメント要素の強い長期ロケにも体当たりで挑戦!従来のテレビのルールにとらわれず、世の中のリアルなモノ、見たいモノ、
番組内容2
やってみたいモノをシンプルに追求し、そこから生まれるメンバーの人間的な魅力で、唯一無二の枠にはまらない、無限に広がるバラエティーをお届けする!
今週は、自分の思う最高の食材と最高の調理法を組み合わせた“カスタムグルメ”対決をお届け。東京オリンピック・レスリング女子50キロ級で金メダルを獲得した須﨑優衣とアインシュタインをゲストに迎え、今が旬の栗を使ったカスタムメニューで3番勝負を行う!
番組内容3
熱い勝負の行方をお楽しみに。
出演者
関ジャニ∞ 

【ゲスト】
アインシュタイン、須﨑優衣(※五十音順)
スタッフ
【制作統括】
太田一平 
【チーフプロデューサー】
島本亮 
【プロデューサー】
五十嵐剛、加藤智章、松尾やす子、瓜生夏美、髙木大輔 
【総合演出】
姉崎正広 
【演出】
田中良樹、北山拓 
【制作】
フジテレビ第二制作部

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. モンブラン
  2. 河井
  3. 丸山
  4. 横山
  5. 村上
  6. 大倉
  7. 須崎
  8. NOTモンブラン
  9. 不正解音
  10. 正解音
  11. 安田
  12. 一同
  13. 稲田
  14. KOO
  15. DJ
  16. ハハハハ
  17. ピザ
  18. ホンマ
  19. ラム
  20. 合図

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



[自分史上最高の…]

[今回は]

[ご飯にも スイーツにも使える
秋の万能食材

栗を大胆カスタム!]

ホンマにレジェンドやからね。
(須崎)いやいや…。

[世界を制した
金メダリストが襲来]

[カスタムの腕を磨いてきた関ジャニと

スペシャルマッチを敢行!]

(須崎)おいしい! うん!
(横山)あっ うまっ!

(安田)ようできてるな~。
(丸山)おいしいです。

[稲ちゃんも絶句の
栗カスタム!]

(須崎)いやいや…。

(一同)ハハハハ…!

(丸山)何か もう 秋も
だいぶとね深まってまいりまして。

すごいんです。
そこも含めて 早速いいですか?

(横山)もう 国民が熱狂した方が。

(丸山)はい。 ガイヨー。

(丸山)ありがとうございます。

え~ 何かね
システムが変わりましたね。

(丸山)紹介したいと思います。

らせん階段を下りるとき…。

♬「ラッセンカイダン」

(丸山)♬「ラッセンカイダン」

(須崎)こんにちは。

(一同)お願いします。

よろしくお願いします!
≪稲ちゃんや。

すいません 付き添いで…。

(村上)国民を熱狂させた…。

(河井)
こちらですよ 熱狂させたのは。

[女子レスリング 日本代表]

[東京オリンピックで
金メダルを獲得した 須崎 優衣選手]

[芸人きっての…]

(村上)
ホンマにレジェンドやからね。

(須崎)いやいや…。

(村上)
…っていう訳分からんことを。

≪確かに。

何のコーナーを
ご覧になったんですか?

(村上)
ご覧になっていただいてたら

分かると思いますけど…。

確かに…。

(丸山)じゃ ちょっと

「カスタム始める前に」
っていうところだけは

開いていいですか?
(大倉)分かってないからね。

そう。
(大倉)「そう」 ハハハ…。

(丸山)これだよ。

ゲームがあるみたいですね。

そして…。

(一同)ハハハハ…!

テンションは合ってますか?
それで。

1戦目いってみようか。

[それでは いこう!]

≪何だ 何だ 何だ…?
(丸山)すごいな。

(河井)須崎さんがね。
(須崎)そうですね。

…ということで。
(村上)ちなみに…。

栗系 大好きです。

えっ?

だから 今日は
ぴったりだなと思って。

「楽しみですね」じゃないねん。

フォルマッジのピザを。

栗とチーズか。

(大倉)合うんかな?

栗のピザって
食べたことないもんな。

須崎さんが考えられてた
アレンジでも

じゅうぶん
おいしいんですけど…。

(稲田)これが もう
吉と出るんじゃないかな。

(丸山)言ったった感が。
(村上)このために

黙ってたんかと思ったもんな。

(丸山)いいね 季節を感じる。
(横山)もう 秋やな。

気ぃ付いたら 夏 終わってたわ。
(丸山)ホンマやな。

海も行ってないしな。
(河井)5種類目のチーズを

どこに持ってくるかっていうね。

栗ペーストね。
(河井)はい。

クリームチーズ好きやわ。
(河井)おいしいですよね。

(河井)まずは ここなんですよ。

(河井)これが みそに
なるんじゃないかと。

(一同)おお!

(河井)そうなんです。
(安田)すごいことしちゃってる。

考えられてる。
(河井)食感も。

(河井)これは絶対に うまい。

おいしいもんね
ゴルゴンゾーラも。

(横山)
あっ もう この辺 王道ですよね。

(河井)そうですね この辺り…。
(一同)うわ! うまそう!

こら 強烈やな。

≪いや すごい! 絵力が。

(大倉)めっちゃいいわ。
(丸山)これは反則やな。

あっ いい匂い。

(横山)
めちゃくちゃいい匂いよね。

≪あんまないよな
こんな見られるの。

(村上)バランスやね。
味のバランスが

調ってるかどうかやな。
(大倉)そう ピザ好きにね。

うん!

≪おいしい?
(須崎)うん!

(須崎)めっちゃおいしいです。

でも 稲ちゃん確認しといたら?
くりくりソース。

いただきます。

(一同)ハハハハ…!

(横山)食べてるとき。

(大倉)すごい動いてる。

(河井)
ピザが入ってけえへんねん。

めっちゃ動かして もっと…。

(一同)ハハハハ…!

これは やってるよね。

そんなことない。
そんなことはない。

(安田)いただきます。
≪うわ うまっ!

あっ。
≪めっちゃおいしい。

(稲田)二度 楽しめる。
(横山)あっ うまっ!

栗の食感も面白いですね。
(河井)いいですね。

いやぁ すごいな。

練ったね でも…。

[今回 審査するのは村上と大倉]

[味以外にも
発想力 見た目など

合計5項目で 総合的にガチ採点]

ありそうでなかった
っていうところも含めてね。

まあ一点… ホンマに一点ね。

(村上)もう一回
温め直したときとかに

この味が落ちないのかな?
ぐらい。

ほな 10やわ。

(安田)高いな 大倉!
(河井)ありがとうございます!

(大倉)高いですね。
おいしかったです。

おいしかったので
あれなんですけど

発想力でいうと
もともと あるものに

栗を足したっていうところで
そこまで

強い発想ではなかったかな。

(河井)ハハハハ…。
(横山)すごいわ。

ただ 味はおいしかったですね。

(丸山)これで この採点か。

高いです。

(村上)でも ホンマに
これは まねしてほしいね

ご家庭でも。
これを食べた後に

自信は どうやねんな?
(丸山)あります。

[関ジャニチーム]

[斬新な発想と腕白な足し算で

「Mr.CUSTOM」の名を冠する男が
作り出した最強の栗料理は…]

「なんちゃって」って
言うてるやんか。

「なんちゃって」は
あかんのよ。

無理 無理 無理 アウト。

ラムって わりと結構
うま味成分が強いんで…。

興味あるわ。

(丸山)ピザって 結構

みんな大好きなピザ
なんですけど…。

確かに これがバチンと
はまったら怖いですね。

ラムチョップも わりと…。

…が出てこなかったので
VTRを どうぞ。

(大倉)むちゃくちゃやな お前。
(横山)編集しづらいわ 今の。

(丸山)すいません。
このまま いきたいです。

(横山)でも ラムおいしいよね。
(須崎)おいしそう。

ラムって難しいで。

好きこのみがね。

(河井)ちょっと
臭みが苦手な方とかも…。

でも この下ごしらえしてたら。

ありがたい。

焼いてるということですから
この後ですよね。

この後ですよ
ペーストになった…。

(河井)これが どうなるかっすよね
ペーストにして。

さあ来い 栗。 ここに…。

(河井)このまま じかで!?

これは どんな味になるんすかね。

(横山)ソースっていうか
ペースト状のもの載せてる。

(大倉)めっちゃ足してんで。

マッシュポテト的に置いて…。
まずはな。

(河井)うわ!
でも おいしそうですよ。

らしい らしい。
(須崎)めっちゃ おしゃれ。

(村上)じゃ 丸山さん。
(丸山)いいですか。

ビネガーも つけて。
いただきます。

(丸山)これは成功パターン
じゃないでしょうか。

≪根本や 根本。

≪えっ ありじゃね? これ。
(大倉)結構 臭みがすごいな。

おいしい!

(須崎)合いますね。
すごいおいしいです。

(丸山)
ちょっと それ見たくないな。

≪マル 見んとこう。

(丸山)あれ? これ内訳は…。

これ ラムメインですやん。

横山さんも言ってましたけど
「マッシュポテト合わせる感じやな」

(村上)そこに栗の風味だったり
乗っかってくるなら

話 別ですけど。
(横山)丸山さんが

誰にも聞こえないぐらいの
トーンで…。

(横山)…って言ってます。

(安田)うなってるんですね。

言ってほしかったこと全て
おっしゃってくださってます。

皆さんが
「おいしい」の反応だったんで

僕 言えなかったんですけど…。

ずっと思ってた。

(丸山)あっ でも何か…。

でも これ
栗を合わせることによって

ラムの良さが
引き立つものじゃなければ

ソースって たぶん
完成しないと思うんですけど。

(大倉)これは ちょっと
別で食べても

いいんじゃないかって時点で
僕は

ラムの上に置いちゃ駄目だと
思うんですよね。

≪あれ 下がってるんですね。

(村上)言うまでもなくね。

≪低いな!
(丸山)これは どうしようもない!

食感と あと 口当たりが
やっぱり そんなに良くない。

(丸山)分かったから もう。

あんなに倒れてる相手を…。

(丸山)いやいや いいでしょう。
1戦目は こういうことになって

また さっ…。

(横山)言えてない。

[だが!]

[カスタムの先輩
関ジャニの意地]

すごいぞ これは。
(須崎)おいしい!

(横山)いや これ すごいかも!

[高級志向なものから
個性的なものまで

続々 誕生し 再び…]

[そんなモンブランを使って
行う

ちょっと趣向を変えた 第2回戦]

[ルールは簡単!]

[画面に表示される
うねうねの写真を見て

それがモンブランか
NOTモンブランかを

瞬時に答えるだけ!]

[いっくよ~!]

それでは いってみましょう。
モンブラン or NOTモンブランゲーム スタート!

(開始の合図)

モンブラン。

(正解音)
モンブラン。

モンブラン。

(不正解音)
NOTモンブラン。

NOTモンブラン。

(不正解音)
モンブラン。

≪いろんなモンブランがある。
(大倉)これ 難しいわ。

えっと モンブラン。

(不正解音)
NOTモンブラン。

NOTモンブラン。

(不正解音)
モンブラン。

ヤバい。
(河井)2分の1 2分の1!

NOTモンブラン。

(不正解音)
モンブラン。

(河井)こんなパターンもある。

嘘… NOTモンブラン。

(不正解音)
モンブラン。

NOTモンブラン。

(正解音)
NOTモンブラン。

モンブラン。

(不正解音)
NOTモンブラン。

(大倉)そんなん ずるいわ。

NOTモンブラン。

(正解音)
DJ KOO。

若いときの。
(終了の合図)

モンブランゲーム 難しいね。
(須崎)難しかった。

(丸山)須崎さんは…。
(村上)3問正解。

めっちゃ 2択 間違えてるやん。

ちょっと悪い方にね 裏を…。

裏かいちゃいましたね。

[関ジャニチーム]

ペンの会社で
モンブランはございますが

ここのモンブランは
そういうわけではございません。

モンブラン or NOTモンブランゲーム
スタート!

≪全然いらんかったな。

モンブラン。

(正解音)
モンブラン。

モンブラン。

(不正解音)
NOTモンブラン。

NOTモンブラ…。
(不正解音)

遅い。

モンブラン。

(正解音)
モンブラン。

(村上)こじゃれてるな。

NOTモンブラン。

(正解音)
DJ KOO。

NOTモンブラン。

(正解音)
DJ KOO。

モンブラン。

(正解音)
モンブラン。

NOTモンブラン。

(正解音)
DJ KOO。

モンブラン。

(正解音)
モンブラン。

KOOさんがモンブラン…
ロケ行ってるやん。

NOTモンブラン。
(不正解音)

モンブラン。
(横山)あ~ モンブランか。

(終了の合図)
(河井)ていうか今のは もう…。

やった。

モンブランは
こちらの勝利でございます

ということで よろしく。
(横山)あ~ 須崎さん

食べてもらいたかったね。

(安田)高い!
(河井)1, 980円!?

(安田)ケーキって
こんなするの?

すごい香りがいい。
(村上)さっきの

マルのペーストと全然 違う。

(横山)うんまっ!! ヤバい!!

すげえ… すごい すごい…。
(大倉)上品な栗ですね これ。

(横山)うわ~!

(横山)めっちゃくちゃ うまいわ。
モンブラン史上 一番うまいわ。

(丸山)めっちゃ滑らかで
クリーミーやわ。

(横山)須崎さん食べたいですか?
(須崎)食べたいです。

何か 出てるで。

稲ちゃんが7問正解したら
食べていいよ。

(稲田・河井)えっ!?
(稲田)ちょっ 待って…。

ハハハハ…!

≪モンブランや言うてんねん。

[延長戦]

(開始の合図)

(河井)頼むぞ 稲田!
(稲田)モンブラン。

(正解音)
モンブラン。

NOTモンブラン。

(正解音)
DJ KOO。

なんぼ KOOさん用意してんの。

NOTモンブラン。

(不正解音)
モンブラン。

NOTモンブラン。

(不正解音)
モンブラン。

(河井)あと2問やぞ!

NOTモンブラン。

(不正解音)
モンブラン。

(河井)あと1問で終わるぞ!

モンブラン…。

(不正解音)
DJ KOO。

モンブラン…。

(不正解音)
DJ KOO。

(村上)稲ちゃん はまったわ。
(稲田)モンブラン。

(正解音)
モンブラン。

NOTモンブラン。

(不正解音)
モンブラン。

NOTモンブラン…。

(正解音)
DJ KOO。

(終了の合図)
(横山)稲ちゃん。

KOOさんに負けた感じするよ。

いやいや…。

≪自腹でね こうなったら。

何 これ!
(丸山)うまいぞ でも。

これ 何? おいしっ!

[最終モンブラン対決が
大波乱!]

[最終試合]

(河井)須崎さんが。

すごい大好きだから…。

いいとこ取りしてね。
(須崎)コラボさせてみました。

(河井)
これが「こだわり」に表れます。

(河井)これが どのように
添えられてるのかというのは

VTRの方で
ご覧いただきたいと思います。

[2大人気スイーツを
絶妙なバランスで合体]

えっ レモンで!?

まずは
アップルパイのアップルを

下ごしらえするような工程で
まずは 栗を下ごしらえする。

本来なら これがリンゴに
なってるところなんですけど

それを栗にかえさせていただいて。

(横山)うまそう。
(大倉)たっぷりやな。

そっか 網目をね。

(安田)あくまでもアップルパイだ。

そうこうしてる間に…。

うまそう!
(村上)これは うまいんちゃう?

絶対おいしい!
これは絶対おいしい!

(河井)さらに これですね。

(河井)混ぜていただきまして。

(河井)ここに もう一つ
モンブランの要素を足していただいて。

須崎さん すごいっすね。

(河井)アップルパイのアップルが
使われてないので。

(横山)いや これ もう勝ちやわ。

(河井)こちらでございます。
≪カフェやん。

添える方は僕らの方で。

ていうか すいません
僕で ちょっと…。

(一同)ハハハハ…!

(横山)めちゃくちゃ笑顔やん。

(丸山)それでは
論より証拠と申しますか。

入場でございます。

いらん一言 言うてる。

(河井)意外と これ出ないと
思うんですよ。

もう どうせ好きなもんやったら

がっちゃんこしよう
っていうのが 意外とね。

ん~!

(稲田)香りがいいですもんね。

うっま! アイス…。

うまっ。

(大倉)何か すげえな。
(安田)ようできてるな~。

(一同)うわっ!
(丸山)いや まあ そらそやわな。

これは もう
非の打ちどころなかったですよね。

ちゃんと パイ生地の良さ
モンブラン

栗のおいしさ 栗の食感

今回のリンゴに関しては
シャキシャキもついてくる。

これだけ手数うって
まとまってるのは

今まで
あんまりないんですよ。

(安田)高いね。
(丸山)内訳お願いします。

さっき トップモンブランが
出てきちゃったんで

7 7 5っていうとこは
そこに引っ張られてますね。

自分でも分かってる?
(大倉)どうしても。

切り離して考えられへん…。

僕ん中では
すごくおいしかったですね。

おお 高い!

よっしゃ!
(横山)高いな。

これに戦わなきゃいけないのか。
(村上)いや 今日すごいぞ。

[関ジャニチーム]

[ギョーザを
シュークリームにした

驚きのアイデアマンが

またも
トリッキーなスイーツを発明]

[これが スタジオをパニックに]

≪どういうこと?
(稲田)人の名前みたいな。

中身が結構 ちゃんと
意味がありまして。

(村上)いったな お前。

垂れ幕かかっとるよ。

(一同)ありそう!

(村上)お前すごいぞ。
(大倉)パニック。

ここで もう結構パンチがある…
見えるんですけど

こだわり こちら。

(安田)
…というところがポイント。

いって。 Vいってよ。

[予想だにしない隠し味で
モンブランを飲み物に!]

(河井)しょうゆが
どうなるかっすよね。

(横山)
バニラアイスの しょうゆも…。

プリンと しょうゆ
ってなかったっけ。

甘みを少しまぜるというのは
いいのかなというところが…。

(丸山)でも うまそうやで。
(須崎)おいしそう。

(丸山)えっ どうなんの?

(一同)うわ~!
(大倉)葵!

栗山 葵。
(河井)そういうことか。

(丸山)何か おしゃれ。

でも これ合うかどうかや。

どういう計算?

ヤバい パニック再び。

(安田)こちらでございます。

(村上)
よう たどりついた これは。

これが はまってたら
すごい。

早く
飲んでみたくなりました。

あなたが求めるならば
世界も求めている。

(稲田)
アーティスティックですね。

(村上)
飲み物にいったんも すごい。

ふーって すな。

混ぜすぎて
パニックなってるやん。

あっ…。

えっ 待って… あかん
俺がパニックになってる。

あれ?
(大倉)何 これ。

ちゃんと ワサビくる。

(河井)葵がいますね。
(大倉)これ 何なんやろ。

そう おいしい。
(横山)何か癖になる。

(大倉)パニック第2弾。
これ 何?

(横山)
もっとあっていいっすよね。

全然いいっす。

ホントですか?

何で 照れてんねん。

(村上)おいしかったよ。
(大倉)おいしかった。

[カスタム対決 最終試合。
後攻 安田の獲得した得点は…]

(村上)これは まあ すごいなと。

エンタメ精神にも
あふれてましたし

これ たぶん めちゃくちゃ
改良の余地あると思う。

味を ぎゅっと濃くしても
いいんじゃないかとか

コーンと一緒にいったら
どうなんやろとか。

完全に
商品化する勢いのやつですね。

第1弾としては
じゅうぶんでしたけどね。

これが合うのかという
発想のものが

全部 変にミラクル起こして
癖になってるというか。

≪先に特許だけ取る。

[対決を制したのは…]

(横山)やった! まくった!

あれが負けるか。
(丸山)あれ 出てきたときは

どうなるかと思ったけど。

罰ゲームが もしかして。

罰ゲーム もしかして
あなたたちになるってこと…。

できる? 怖いか?

怖い。

でけへん。
(河井)やんねん。

(横山)頑張るだけ。
一生懸命 頑張ったら すぐ終わる。

もし無理ってなったら もう…。

もう それが おもろい。

(横山)注射と一緒。 すぐ終わる。
(丸山)よし じゃ いってみよう。

(村上)Aの方 引いて 読んだら
次 Bの方 引いて 読むの。

(河井)天才チンパンジーの
ナオちゃん。

ナオちゃんの前に
ボックスが2つあるよ。

(一同)何て書いてある?

「変顔をしながら」

青の方 引いて。

(河井)変顔で?
(横山)変顔しながら?

(稲田)「そんなの関係ねえ」

≪人のネタを…。

もともと 変顔やからな…。

(村上)そんなん 稲ちゃん
自分で言うんやったら

めちゃめちゃ男前な顔して
やってよ。

(稲田)そんなの関係ねえ。

(大倉)おっ きた。

そんなの関係ねえ
そんなの関係ねえ。

はい おっぱっぴー。

(一同)ハハハハ…!
(丸山)それが一番おもろいやん。

(河井)一応できててんけどな。
(村上)できてたけどな。

≪「俺を選べ」って言われて。

[シェアハウス住人の
ぶったまげた実態に迫る]

[さらに 異臭騒ぎ?]

臭~っ!

[『関ジャニ∞クロニクルF』を
もう一度 ご覧になりたい方は…]

[さらに…]