踊る!さんま御殿!![字][デ]金銀銅!最強メダリストが大集結!意外すぎる(秘)素顔が発覚!…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

踊る!さんま御殿!![字][デ]金銀銅!最強メダリストが大集結!意外すぎる(秘)素顔が発覚!

今夜はメダリストがおしゃれ勝負服で登場!キュンキュンしちゃう異性の仕草も大告白!机から物を落としたことが無い!?人とぶつかった事が無い!?一流選手の超絶スキルとは?

詳細情報
出演者
【司会】明石家さんま
【ゲスト】秋山竜次(ロバート)、乙黒拓斗、狩野舞子、木村敬一、武井 壮、谷 亮子、鳥海連志、並木月海、野中生萌、張本智和、向田真優、山田 優(以上五十音順・敬称略)
番組内容
チョレイとは言ってない!?張本智和が意外な真実&好きな女性アイドルを告白!さんまはイジくり倒す声!?パラ水泳の木村敬一が意外な毒舌発言!レスリング乙黒拓斗の本職は乃木坂?不思議トーク連発でお笑い怪獣ロックオン!本当はピアノをやりたかった?ボクシング銅の並木月海が後悔!?さんま痛恨のミスを野中生萌にイジられる!フェンシング金メダル獲得の裏に武井壮会長(秘)作戦!ナゾの新競技!?ロバート秋山も参戦でやりたい放題!

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 秋山
  2. 木村
  3. 乙黒
  4. 自分
  5. 今日
  6. 武井
  7. 結構
  8. お前
  9. チョレイ
  10. 山田
  11. 研究
  12. 全然
  13. 張本
  14. 野中
  15. 乃木坂
  16. 並木
  17. kg
  18. ウソ
  19. お願い
  20. 向田

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



<今週 日テレ系は…>

<ということで>

(さんま) あっ…。

<『さんま御殿‼』は…>

<普段ジャージー姿の
メダリストが

レアなデート服で登場>

ウソ!

チョレイ。

<そして>

女の子は。

乃木坂の 元。

(武井) 4期生だね。

走ってんのかい。

<東京…>

<明らかに>

いや そうやろ。

(秋山)
むちゃくちゃそう思われてんだ。

♬~

よろしくお願いします。

まぁまぁ 豪華なメンバー。

えぇ まぁまぁ カラダWEEK
ということらしいねんけどもやな。

何で 秋山が。
(秋山) いや そうなんですよ。

何で 俺が 一番スポーティーな
格好してるんですか まず。

ホントに 一番 メダリストに
近い格好でしょ 僕が。

お前 今日のキャスティング見て
どんな気持ちやった?

何度も 7回ほど確認しましたよ
そんなわけはないだろうと。

このね メダリストの中
何で 僕が入るんだっていう。

なぁ。
一応 カラダパフォーマー ではありますし。

あぁ なるほど お前は
なりきれるからね いろんな人に。

そうです。
今日は オリンピックの金メダリストとして

トークしたらええねん。

お前
キャラも変えられるやろ お前。

いくらでも変えれますから。
そやろ 何にすんねん?

何で 金メダル取った…。
(秋山) あの… 実は

新しい種目の
男子フリースタイル ウメという。

フリースタイル ウメっていう
競技があんのか。

これで 金メダル取って…
ありがとうございます。

えっ その名前は
何とおっしゃるんですか?

私 ワカザキナオヤと申します。

ワカザキナオヤさん
そのウメっていう競技

どういう競技なんですか?
見たら分かると思うんですけど。

これが なかなか難しくて 日本で
初めてのメダリストなんですけど。

あっ そうか そうか
新しい競技いっぱいあったからな。

大丈夫ですか? 静まり返ってる…
ウケる気がしないんですけど。

えっ たぶん 大丈夫じゃ ないと
思いますけどもね。

見てください 男子90kg級
フリースタイル。

テーク ユア マーク プッ!

(笑い)

ウメっていう競技… あれが
スピードが 一番あるらしい。

さんまさん マジで 僕 今日 ここ
座ってて大丈夫ですかね?

あとは メダリストたちの
フォローせぇ 分かったな。

今日は 8人も
新しい方がいらっしゃって。

張本さん はじめまして。
(張本) はじめまして。

初めてなのか…
いくつになったの?

今 18歳です。

15歳? 日本で勝ったのは。

世界選手権の時は14歳でした。

(武井) まだ18歳なんですね。
まだ18歳。

あと4大会…
谷さんに続けんねん。

ねぇ。
そういうことやよな。

目指したいなと思います。

う~わ だから チョレイ!
っていうの 今 話題になってた…。

サー!と一緒で 心の叫びだと
思ってらっしゃる方が

いるんですけども あれは
言葉の意味があんねんな?

意味は 特には ない。
(笑い)

(張本) 自分も…。
意味ないの?

チョレイって言ってる感覚はない。
ウソ!

(張本) たぶん 初めて テレビで
出させていただいた時に

たぶん 番組で
チョレイってなっちゃって

そっから ずっとチョレイで。
≪えぇ~!≫

えっ 何が?
≪テレビ?≫

ニュースで見た時に チョレイって
言ってるって言われて。

あっ! あれ チョレイと
言ってるんじゃないんだ。

そうなんです。
聞こえてる人が

チョレイを調べたら
あれ あったけども

あれ どう言ってんの? チョレイ。

チョ~レイ… みたいな。

そのままやないか おい
それ そのままやないかい。

発音 違うだけやないかい。

ちゃう ちゃう
チョレイ!って言うてるよ。

結構 自分では気付いてないです。
はっ そうなんだ。

あれ チョレイと言ってるつもりは
なかったんだ。

はい。
テレビが勝手に

報道が 勝手に あれしたんだ。
そうです。

(秋山) 自分が だんだん
チョレイに寄せ始めた。

もう チョレイって言おうって。
そうそうそう。

こちら 並木さん。
(並木) はい。

どうも はじめまして。
よろしくお願いします。

おいくつでいらっしゃる…?
23歳になりました。

あっ まだ23歳で 銅メダル。

次も目指すんでしょ?
(並木) そうですね。

一応 考え中なんですけど。
なぁ。

入江さんは辞める言うてた。
(並木) あっ そうです。

カエルちゃん うん…
あっ もう一度 挑戦。

そうです はい。

これは ねっ 楽しみ
次は 金 狙いたいんだ。

はい そうです。
はぁ~ すごい すごい。

そして 後ろは 木村さん。
(木村) はい。

どうも はじめまして。
はじめまして。

おめでとうございますやね。
ありがとうございます。

水泳では名言…
銀の人が名言を残したというね。

「僕の銀よりも 木村さんの金が
うれしい」っていうのは

ご存じですか?
はい たくさん伺ってます。

2歳から
目が もう見えないんでしょ?

はい だから 見えてた時の記憶は
全然ないです。

そうか… それで もう1人の彼は
高校生から目が不自由になられて。

それで 全然 違うらしいな
2歳からと

15~16歳から
見えなくなったというのもな。

そうですね 泳ぐっていうことを
僕は そもそも

見たことがなかったんで。
そうか! ウソやん!

ひとのマネをして うまく
なって行くらしいんですけど。

そうそう 俺ら コピーから入る。

コピーが 全然できないので。
そうか。

(木村) はい もう 僕の泳ぎ方が
ホントに正しいのかも

ちょっと
知らないっていう感じです。

そう… あっ そうか すごいな。

まぁ おいおい また
話 聞かしていただきますので

よろしくお願いいたします。
よろしくお願いします。

そして こちら 鳥海さん。
(鳥海) はい。

車いすバスケット。
はい。

…でっていうことやわな。

バスケットを
チョイスするって…。

俺ら もう 何か諦めんねんね
できないって思って。

それは なぜ 諦めずに
続けたん?

家族が バスケットやってた
っていうのもありますし

単純に 真っすぐ こぐことも
シュートすることも

難しいっていうのが
おもしろかったですね。

あっ 逆に。
(鳥海) はい。

難しいことが おもしろかったんだ
そういう性格で よかったよな。

俺ら もう 難しいことは
すぐ やめちゃうからね。

今日はよろしくお願いいたします。
お願いします。

そして 山田 優さん。
(山田) はい。

フェンシング 金。
はい。

(武井) 史上初の金メダル
ということになります はい。

歴史上やろ?
(武井) 歴史上です はい。

どんな気分ですか?
(山田) そうですね まぁ

会長が 「どうしても取ってくれ」
って言ったんで もう それは

取るしかないなと思って
取れたんで もう ホントに。

お前が 「どうしても取ってくれ」
って言うた?

個人戦で 結構 期待できる
レベルだったんですよ みんな。

見てた。
(武井) もしかしたら みんな

メダル取るんじゃないか
みたいな感じだったんですけど

全員 負けたんですよ。
はぁ~ その日の流れで。

そうです それで もう みんな
顔面蒼白になっちゃって

おいおい おいおいって
なっちゃって。

その合間の日に 急きょ
ミーティングをぶち込んだんです。

オンラインでしたけど

「明日からの団体戦
何としてでも!」って言って。

もう あの 「勝った暁には
会長から ビッグボーナスを

プレゼントします」みたいな
げきを入れて

「頼むから お願いします
せめて メダルを」みたいな。

ほいで ビッグボーナス
あげたん?

ビッグボーナス
一応 出しました 僕。

どんな… どれぐらい出すの?
ビッグボーナスって。

僕 六本木ヒルズで

オーダースーツを全員に
コーチにも全員に。

ウソやん!
(武井) フルセット はい。

金 ないのに。

金 ちょっと あったんですよ。
(笑い)

その時は ちょっと あった。
ちょっと あったんですけど。

そして 乙黒さん
どうも おめでとうございます。

(乙黒) ありがとうございます。
あっ 小っちゃいねんな。

もうちょっと テレビで見ると…
脱げば ごっついから。

身長 何cmなんですか?
自分は 173cmですね。

あっ 俺より高いんだ でも。

何kgなんですか?
自分は 65kgです。

今 どれぐらいまで
増やしてんの?

今は 70kgですね。
70kg。

大会までに絞んのやろ?
(乙黒) そうですね。

5日間ぐらいで
5kg 一気に落として。

今回 オリンピックの時に

2日目も試合あって
2日目の朝に もう1回

65kgで
計量しなきゃいけなくて。

1日目 65kgで乗って 試合
4試合やって 夜 量ったら

69kgになってて。
69kgになってたの うん。

(乙黒) だから 次の日の朝までに
4kg落とさなきゃいけなくて。

それ どうした?

もう 幕張の外を
めちゃめちゃ走って。

やっぱり。
(乙黒) 1時間で

3.5kg落ちた。
えっ!

1時間で 3.5kg落ちる?
(乙黒) はい。

ウソやん! 人って?

やっぱ 水分を一気に取ってるんで
まぁ 出て行くんですね。

すごいな
そういうやり方するんだ。

(秋山) 挑戦したいですね 僕も。
何を?

明日 受ける仕事… 明日
5kg太ろうかなみたいな

コントロールできたら。

できんねん 彼から 話 聞いたら
絶対 秋山 できるぞ。

明日 脱ぐ仕事あるから
ちょっと 5kg増やそうとか。

あいつは 脱ぐ… 脱ぐ仕事って
どんな仕事やねん。

そして 向田さん。
(向田) はい。

どうも… 今の話は聞きましたけど
女子も やっぱり。

そうですね 女性は やっぱり
減量 難しいというか

男性よりかは落ちにくいので

私の場合は オリンピックの時は
長期でやってました。

やっぱり 男と女の体
そんなに違うんだ。

そうですね。

こっちは
減量は いらないもんね?

そうです
減量は いらないです。

ただ 重力に逆らうので
重くないほうが。

有利… あっ 一応
軽いほうがいいんだ。

腕 ここが強くて 軽いほうが。
(野中) はい。

ホントに あの 笑うよな
あのスピード。

あれ 笑うなぁ。
笑う…。

ちゃう 笑う。
(秋山) 分かります 分かります。

なぁ 俺 ずっと笑うてたもん
あのスピード。

(秋山) あり得ないですよね あれ。
あり得ない。

こいつ
アホちゃうか?と思うぐらい

ダ~っと行くねんな。
(秋山) マジで早いよ。

エレベーター使うより早いです
たぶん。

そうか そうか。
はい。

何か どっか 凹凸あれば
いいのになと思いません?

何か 凹凸 作ってくんねえかな?
この局って。

ハハっ! 見たいわ
それで パパパパパって

「おはようございます」とか言うて
入って来る。

「窓 開けといてください」
とかいう。

えぇ いや もう
今日は 豪華なメンバーで。

まぁ 引退というか 現役から
離れた2人 来ていただいて。

今日は もう それと 秋山と
あとは もう

現役スポーツ選手やから
いろいろ よろしく。

長く かかりましたが
オープニング終了でございます。

このVTR どうぞ。

(おなら)

は~い。

≪かわいい≫
≪でしょ?≫

先輩 さっきは すみませんでした。

まぁね。

あっ!

そういうことじゃなくてさ。

山田 優さんから お願いします。

エレベーター乗る時なんですけど
職業病なのか

傘とか持ってたり 指で押す時とか
フェンシングで突くみたいに

バンって押しちゃうんですよね
すごい勢いで。

まぁな 分からんではないな。

押した後に 大体 待つ時間が
あるじゃないですか エレベーター。

その時間になると
何か ちょっと

フットワークやりたいな
みたいになって。

ちょっと構えて
ちょっとフットワークして

ボン!とかってやって。
押してほしいな。

それで 「11階 お願いします」
「はい!」とか言うて

やってもらいたいな。

いや これはね おいら
サッカーやってたんですけども

道 歩いてたら 前の人をこう
フェイントみたいな かけてしまって

歩いてるのがあるんですよ
やっぱり スポーツやってた癖で。

これは 分かるやろ? 張本
分かるやろ 何か 出てしまうやろ。

物とか落ちたら
すぐに手が出たりとか 結構。

結構 速いの?

物 あんまり 机とかから
落としたことないです。

ハハハ!
(武井) すげぇ!

すげぇ すげぇ
プロ プロフェッショナルやな。

(秋山) そんな人いる?
物 机から落としたことない。

机から
物 落としたことないねんて。

(秋山)
落ちるでしょ 絶対に 何かしら。

そりゃ
お前 世界のレベルのトップやぞ。

あるでしょ 癖 出るでしょ?

そうですね 私が
世間と ずれてるなと思うのは

何か 手で何かしら
こう 常に触っちゃって。

凹凸あるとこを
確認しちゃうんですよね。

持てるかどうかを。
はっはぁ~。

「あっ 何か ここ
いいカーブしてる」とか。

あっ その椅子でも あんの?

そうです 何か
こう 引っ掛けちゃいます。

カフェとか行っても
机の角っこを触ってたりとか

コップのカーブ こう。
「これ持てるな」とか?

(野中) はい 何か
ここ いいなみたいなの。

この出っ張りに興味ある?

(野中) ちょっと でも…。
何でやねん!

(秋山) やめろ さんまさんの歯を
登ろうとするな。

俺が逆立ちしたら
もう 簡単やねんな。

下 向けば。
(野中) はい 全然 余裕ですね。

(秋山) いや
何の シミュレーションしてるんですか。

いやいや すごいな~。

これは ありますか?
職業病というのか。

そうですね でも
結構 人が来ても…。

絶対 何でもよけれます 基本。

ボールが飛んで来ても
よけれますし。

あっ あなたも
当たったことがない?

当たったことないです。
ハハハ!

あれでしょ?
信号待ちなんかしてると

横断歩道の向こう側の人に
「どうタックルしたろうか」とか。

そうですね あんまりないです。

ないんですか?
ないです。

探しなはれ。
「探しなはれ」。

(秋山) ないんですよ
ないもんは ないんですよ。

いや あるでしょ?

自分は こう 驚かされた時とか
足が反応しちゃいますね。

タックル入って来る…
パン!って。

こう ひとが 物 落として
こうすると…。

(乙黒) 違います。
違います?

すいません。
何なの? 君。

「わっ!」てやられたら
「おっ!」てなります。

「わっ!」て言うたら 足 引くの?
びっくりすると 勝手に 何か。

そう?
(向田) それは ちょっと

あるかもしれない。
それ あるじゃないですか。

バレーは どうですか?
(狩野) バレーは

よくチームメートと
レストランとかで

今日のプレーの話になるんですよ。

で 「今日 ちょっと
ブロックが こうだったね」とか

「スパイクが ちょっと こう」
とかいう話 してる時に

店員さんが「少々 お待ちください」
って言って来ます。

(笑い)

間違えて 手 挙げてると思って。

「あなた あの時 スパイク
低かったわよ」とか言うて

「あれは もうちょっと上げなきゃ」
って言うたら

店員さんが「はい 少々
お待ちください」とか言うて。

はぁ~! オーダーやと思うんだ。

ヤワラちゃんなんか
現役から離れて

ちょっと たちますけども
どうですか?

私も やっぱり こう いまだに
ひとの歩いてる姿勢 姿を見ると

「この方には背負い投げが効くな」
とか。

(笑い)

何か ちょっと こう…。

ちょっと 手をこうしながら
「ほいでよ お前よ」て言うてると

「これは一本背負いだ」とか。
そうですね。

技をちょっと
反射的に考えてしまう。

瞬間で入らないと
いけなかったので。

そうか 向こうの
要するに隙やね。

これは もう あれやな
武井も言うてたもんな 昔。

俺なんか 一撃で殺せんのやろ?
さんまさん イージーですね。

俺は
ものすごいイージーらしいねん。

さんまさんは やっぱり ちょっと
おもしろいエピソード とか言うと

「ヤ~!」っつって 何か その
棒で ぴゃ~って たたくので

そしたら 脇 がら空きなんで
そこ ボディー入れて

グフってなったところに
膝当てです はい。

(笑い)

え~ そして 続いては 木村さん
お願いします。

はい ひとと
ずれてるなって思うのが

たぶん 目が見えないせいだと
思うんですけど

ひとの印象っていうのを
声で印象づけちゃうんですよ。

いや そうやろ。

(木村) はじめましての人とかで
こういう声だったら

たぶん こういう人なんだろうな
っていうのをイメージしちゃう。

ほんで ほぼ当たってんの?

(木村) 当たってないことも
結構あります。

あるけども… ごめん 今日なんか
どうやねん 俺の声 聞いて。

さんまさんの声は もう 前から

テレビで さんまさんを
ずっと聞き続けて来てるので

逆にいうと
街とか はじめましてで

さんまさんみたいな ちょっと
かすれた感じの声の方に会うと

めちゃめちゃグイグイ来て
いじり倒されるんじゃないかな…。

(笑い)

街で俺みたいな声出すと 「こいつ
いじり倒して来るんちゃうか?」。

(木村) ちょっと
警戒しとかないとなって思って。

俺 街では いじりません そんな。

(木村) すいません。
これ 職業。

一応 声で。
(木村) はい。

はぁ~ いやいや これは すごい
おいらより能力は すごいやろな。

秋山の声の人は どんな人?

(木村) 何か いや
カッコいいって思いました。

声が?
(木村) 声が 渋くて。

(秋山) うん ありがとね。

それ 間違ってる。
(木村) 間違ってる?

こういうこと起きるんですよ
たまに。

いいでしょ カッコいいままで
いさせてくださいよ。

女性の声も 分かんの?
女性の声も 僕 すごい

こういう声が好きだな
っていうのは あるんですけど。

今日は? 全員しゃべりましたけど
誰の声が好きなんですか?

今日の集まった中でだと野中さん。
(野中) やった。

(笑い)
やった。

あっ どういうところが
すてきなんですか?

何か こう 引っ掛かりがなく
入って来る感じが。

はぁ~。
え~ うれしい。

俺は 引っ掛かりだらけなの?

引っ掛かりまくってます。

なっ!
(秋山)引っ掛かりまくってますね。

何なんですか 引っ掛かるって。

ザラザラしてる。
(武井) ザラザラしてるね。

そしたら
好きな声は 要は 野中さん。

恋人にしたいとか。

あっ でも 恋人にしたい声と
好きな声 ちょっと違う…。

違うの? ウソや
恋人にしたい声は どんな声なの?

今日 お集まりの中だと
向田さんです。

へぇ~!
どういうところが好みの声なの?

(木村) 落ち着くなと思いました。

ありがとうございます
何か 恥ずかしい。

いや うれしいやろ?
うれしいですね。

おぉ はぁ~ ごめんなさい
俺の声 落ち着かない?

いじくり倒されそうなんですよ。

違うって!
お前 そのイメージ捨てろ。

(秋山) 怖いよね この声。

すごい やっぱり
おのおのな 能力 長けてるやろな。

だから そういう
足が不自由というので

他 すごいところ
出て来るんでしょ? 人って。

そうですね 僕 5歳の頃とかで
腹筋バキバキで

逆立ちで歩いてました。
えっ!

いや せやわな。
5歳で逆立ちで歩いてた。

階段の上り下りとかも
やってましたね。

逆立ちで?
はい。

すごいな!

彼の声は どうですか?

(木村)
彼の声は やんちゃそうです。

うん やんちゃ やんちゃ
当たってる。

ただ 当たってないのは
秋山の「カッコいい」だけでした。

いさせてくださいよ イケメンで。

何か 困ったことあったら
俺に相談しろよ。

何でや アホ!
(秋山) いさせて。

このままで いさせて。

動物園で
動きを研究しに行くのやろ?

研究は しないんですけど。
研究せぇよ!

俺が強かったらタックルしてるぞ。

並木さん お願いいたします。

(並木)
そうですね 自分は もともと

空手とか
キックボクシングやっていて

中学上がる時に高校デビュー みたいに
中学デビュー したくて

格闘技 全部やめて

普通の女の子として
過ごしたかったんですよ。

そりゃ女の人は
そうでしょう うん。

でも 結局 1年後に始めたのが
ボクシングで。

で ボクシング始めたいとは
言えたんですけど

その1年間にピアノとか習いたい
って思ったのに一切言えずに。

何で 言えなかったん?
(並木) 恥ずかしくて。

キャラじゃなくて。
いや キャラ ありますよ。

別に ピアノって言ってもな
いいキャラやで。

いや 全然…
手 アザだらけなんで。

イメージが やっぱ 奇麗で。
いやいや 汚くないですよ。

(並木) あんま見ないでください。
なっ! いやいや。

あんたが
その話題 出したんでしょ。

はぁ~ でも 女の子らしいことも
やっぱり してみたかったんだ。

そうです 中学デビュー
したかったんですけど できずに。

これは みんな アスリートが
ぶつかる壁でしょ?

女として生きるためには とか。

どうでした? ヤワラちゃんも。

そうですね
やっぱり 柔道の場合 耳が

餃子みたいに
なっちゃうんですけど。

やっぱり そういうので
わきだすと嫌だなと思った時は。

ないよね?
ヤワラちゃん でも あんまり。

若干ちょっとだけあるんですけど。
ちょっと過ぎる。

でも嫌だなと思ったの?
(谷) はい。

だから やっぱり
立ち技を磨いて

寝技よりも
私は立ち技のほうが得意だった。

耳をつぶしたくないから立ち技?
カッコいい~!

カッコいい~!

レスリングもね
たこできたりしますよね。

(乙黒) そうですね
自分は両耳わいてますね。

あっ 巻いてるの?
(乙黒) わく わくって言うんです。

(乙黒)
耳わいてるって言いますよね。

あの たこのことを
わくって言うの?

わくって言うんですよね はい。

はぁ~!

おいらでも
ゴルフだことかできるからな。

フェンシングも?
(山田) フェンシング 裏ですね。

指の裏のところにできるので
ここ。

何が? 何で?

(山田)持ってるところが こういう
ガードっていう 剣に付いてる。

あれと擦れるんですよね
擦れて まめができて。

で 僕
ピアノやってたんですけど 実は。

ハッ!
(笑い)

何で ピアノやってたんや
おう ほいで?

(山田) で
手 奇麗じゃないなって思って

ピアノ向いてないな
やめようって やめたんですよね。

やっぱ 手 奇麗な人がピアノ
やってるイメージあったんで僕も。

あ~! そんなこと気にすんの?
(山田) ちょっと気にしました。

あと 僕
日本舞踊も やってたんですけど。

何でや!

めちゃくちゃやってるやん
いろいろ。

何しとんねん
フェンシング 一本に絞れ。

そんなの する暇なかったでしょ?

(乙黒) 自分は サッカーと
えっと 英語と 水泳と あと…。

みんな 暇なのか?
(秋山) 暇では ない。

(山田) 拓斗
この間 一緒に歩いてた時に

外国の方に話し掛けられて

そしたら
「優君 優君 助けて!」みたいな。

英語やっとったんなら
自分で返せ。

帰り 一緒で 2人で歩いてたら

こう 何か
「助けて」みたいの言われて

「どうしたの?」っつったら

「チョコ売ってるんだけど」
って言われて

買わされそうになっちゃって
どうしよう どうしようと思って

「優く~ん 助けてください」
っつって 助けてもらいました。

うん 英語 やってんのよね?

はい けど しゃべれないです。
(笑い)

(秋山) 何? その
チョコ売りつけて来た人。

気になり過ぎるよ それ。

その 女の人が気になるわ
何なの チョコを売りに来た…。

顔 見た?
顔は どんな感じやった?

チョコしか見てなかった。
(笑い)

すごい…
その乙黒君 お願いします。

(乙黒) えっ 自分ですか?
うん いや お前やろ。

あっ すいません…。
(笑い)

ヘルプ ミー!

えっと 自分 イルカショーを
見に行った時に イルカ

ジャンプするじゃないですか。
イルカはジャンプするよ。

そういうのを見ると
どういうタイミングで はたいて

どういう筋肉を使って
ジャンプしてんのかなって

すっげぇ思っちゃって。
はっはぁ~。

光とか ライトアップ
してるんですけど

それを純粋に楽しめないんですよ
幻想的なのを。

レスリングやよね?
(乙黒) はい。

水泳の人は イルカの泳ぎ方を
結構 勉強しはるみたいやけどな。

(乙黒) 勉強っていうわけじゃ
ないんですけど。

また 動物園とか…。
研究しに行くの?

研究は しないんですけど。
研究せぇよ!

腹立つヤツやな。
≪かみ合わない≫

俺が強かったらタックルしてるぞ。
(笑い)

動物園で
動きを研究しに行くのやろ?

動物園 行った時に
筋肉の動きとか見ちゃって。

(秋山) へぇ~。
(乙黒) トラとか。

トラの筋肉の使い方
どう違うねん?

いや 何か
普通に歩いてるっていう。

筋肉というか こう…。
歩き方をマネしたかった?

(乙黒) いや 歩かないですよ
自分 二足歩行なんで。

(笑い)
(秋山) 何なんだよ。

お前 すぐ お笑いの世界に
入って来んのやろうな。

ヤワラちゃん 動物 見て 研究は?

そうですね 試合前に
必ず やっぱり 動物園 行って

研究というよりも
ライオンやトラの野性の目を見に。

ウソやん。
にらめっこしに行くんですけど。

うわ~! すごいな。

(秋山) 試合前に だって
動物園 行く時間

もったいないなってなりません?
それも 結構 強化の時間で。

目を見ると 手加減が
ないんですよね 動物って。

分かる。
(谷) だから その目を見て

あっ この目なんだっていうので。
闘争心を。

それでいいんですけどね はい。
はぁ~!

それ ないでしょ? 動物
あっ これはあるか。

そうですね サルとか すごい
リスペクトっていう感じです。

そやよな 手の使い方とかは
研究しないの?

サルの手の使い方。
親指 ここから出てるので サル。

わ… 分かってるわ アホ!
分かってるわ!

メダリストや思うて遠慮してたら。

動きや 動き!
動物の動きを取り入れないんだ。

考えたりはしますね いいな…。

クモとか
くっついてるじゃないですか。

スパイダーマンな 要するに。
いいなって。

「いいな」?

登ってても クモとか やっぱ
巣 張ってたりとか いるんですよ。

あっ 競技中に?
(野中) はい。

はぁ~!
(野中) 虫とかいるんで。

何か すごい
努力せずに いるって。

確かにな。
(笑い)

(秋山)
「こんなとこに いやがって」。

すごい こんなとこに…。
せやな。

人は 汗水 流して来たのに
「クモ こんなとこに いやがって」。

(秋山) そんな余裕あんの?
武井 何か 研究したことあんの?

(武井) 研究っていうか
僕は 動物 見ると

どうやったら倒せるかっていうの
ばっかり考えてたんで。

だから
最近 アスリートを見ても

何なら勝てるかなとか
すごい考えちゃうんです。

えっ 張本君なら 何なら勝てる?
(武井) 張本君 まぁ 卓球で

横の移動は速いと思うんですよ。
うん 横の移動 速い。

前後 そんなにないじゃないですか
卓球 そんなに。

2歩ぐらいじゃないですか
いっても。

だから 前後の移動は
俺のほうが 絶対 速いから

まぁ 距離 空けちゃえば
追い付かれることもないから

絶対 勝てる…。

サバンナだったら
絶対 負けることないなとか。

いかに 卓球 うまくても。

お前 フェンシング強いぞ。
(武井) 剣じゃないですか。

2m 3mの距離でしょ いったら。
はい。

僕は遠くから 石 投げれば
行けるんで。

今日 やっちゃう?

ちょっと待て うれしいやろ?
俺と ドンチャン騒ぎ できたら。

いじくり倒されるんじゃないか。

(秋山)
むちゃくちゃそう思われてんだ。

鳥海さん お願いします。
きつい練習を

いろいろ やるんですけど。
はいはい もちろん。

ふとした瞬間に
「何で こんな大人の人たちが

全力で やってんだろうな」って
ばかばかしく思っちゃう瞬間が。

いや それ
何か ものすごく分かるよ。

お前 俺じゃなくって よかったな。

俺 ずっと 毎日
俺 何をしてんねやろって

反省する 毎日… 分かる? 秋山。

分からない? お笑いで。
分かります ホントに 扮装してね。

よく分かんないテンションで
1人で やってる時とか

たまに パッと映った時
「俺は何をしているんだ?」。

言われたことあるんですよ
劇場で ウケるとかじゃなくて

笑いもしない スベるもなくして
普通のおじさんが

「何をやっているんだ!?」。

その時 思いました
「俺は何をやっているんだ?」。

これは でも 全員かもな。

「一体 何をしてるんだろう」
あるでしょ? 張本君なんか。

結構 優勝した時とかのほうが…
何か 優勝した喜びって

どれくらいなんだろうって
思うんですけど

結構 意外と 優勝してみると
あっ こんなもんかって。

あぁ~ これ 分かる?
今 うなずいたね。

(乙黒) ホントに分かりますね。
えっ 何が?

東京オリンピック 取って
金メダル取ったんですけど。

ホテル帰って
「何で これのために

頑張ったんだろうな」とは
思いましたね。

このメダルのために。
せやよな。

いや これが すごいもんやんか。
(乙黒) そうなんですけど

終わってみたら
確かに 言ってるとおりでした。

あっ それ 分かる?
(向田) すごい分かります。

ウソやん 皆 そう?
はい。

(向田)
どういう感情になるんだろうって
ずっと思ってたんですけど。

金メダル取った時 どういう感じに
なる?と思ってたら。

思ったより…
うれしいんですけど

これぐらいなんだな。

あぁ! 4年間の努力とか
頑張りに値しないのかな?

(乙黒) しないわけでは
ないんですけど

次の目標に入ってるんで
もう ないというか。

あぁ! 通過点なんだ。

それは終わったことで
もう 次の大会に…。

う~わ! 俺 金メダル1個で
1週間ぐらいパーティーするよな。

(秋山) いや そうですよね。

ドンチャン騒ぎ。
(秋山) 「来て来て…!」っつって。

木村さんなんか どうですか?
(木村) 僕は もう プールの中

行ったり来たりしてるだけ
だったので

ホントに 常に
「何やってるんだろう」って。

(笑い)

(秋山) 結構シンプルなこと みんな…。
ハァ~!

トレーニングの
「何やってんだろう感」は。

そうそうそう。
すごい ありました。

それ 分かるわ トレーニングしなくて
金メダルやったらええけども

トレーニング
毎日 同じようなことを

繰り返し 繰り返し
やるわけやもんな。

いや~。
(木村) ただ 金メダルの後は

僕も1週間ぐらい ドンチャン騒ぎ
したいのは 同じ そっち側です。

俺側?
(木村) はい。

今日 やっちゃう?
(木村) あっ いや…。

「あっ いや…」って。
(秋山) 嫌そうですよ。

ちょっと待て うれしいやろ?
俺と ドンチャン騒ぎ できたら。

心配
いじくり倒されるんじゃないか。

(秋山)
むちゃくちゃそう思われてんだ。

ねぇ いじくり倒されるよね。

いじ… いじくり倒すって。
(武井) 声のイメージ すごいな。

どんなイメージやねん!

ヤワラちゃん お願いします。
(谷) はい。

私 子供が2人いるんですけど。

野球 2人とも
頑張ってるんですけど。

家にいる時に 時々なんですけど…
小っちゃい時から

やっぱり こけたりすると
頭 打っちゃうので

柔道の受け身だけは
教えてたんですよ 常に。

で だんだん それが 受け身が
できるようになって来ると

技を教えてほしい
とかっていうことで

いくつか ちょっと さわりで
教えたりしてたんですけど。

最近 時々 やっぱり

「お母さん 柔道しよう」とかって
言って来るんです 家で。

で 家族でトーナメントというか
試合を家で。

(秋山) マジじゃないですか。
はい。

すごい家やな
対戦 どうなの? ヤワラちゃん。

そうですね 結構 もう
上のお兄ちゃんなんかは

高校1年生なんで
力も強くなって。

最近は ちょっと 寝技が
あんまり得意じゃないんで

寝技に持って行って…
つい先日なんですけど。

寝技で… やっぱり
「これも教育だ」と思って。

すごいな
15歳の反抗期を迎えたヤツを

「こいつは寝技が弱い」と思って
寝技に持って行くの?

(谷) 寝技に持って行って…
この間 はい。

15歳で お母さんと
そんなことすると

絶対 勝ってまうから
15歳の子が。

ヤワラちゃん 勝つの?

この間 寝技で ちょっと…。
すごっ!

負けた後 どうなんの?

だから 「もう1本やろう」
みたいな感じで。

でも
夕飯 作んないといけないんで。

(秋山) 何時にやってんですか。

すごいお母さんやな でも。

子供 できたら
レスリングやらす?

自分は やらせたくないですね。
やっぱ そうやな。

子供できたら 将来 結婚したら
卓球 やらしたい?

やらせたくないです。
やっぱり。

自分の この苦労を息子に
味わわせたくないでしょ?

そうですね 普通に みんなと
遊んでほしいです。

そやわ… バレーボールは
やらすつもりですか?

その頃までに もう少し

稼げるスポーツになってたら
やらせたいですね。

もうちょい
食べて行けたらいいのか。

そこの現実は
先に伝えようかなと思います。

お… おもしろない親やな。

「なぁ 僕 バレーボールやりたい」
「もうからへんで」って。

「アカン やめとき」とか
「IT行き IT行き」とか。

はぁ~ いやいや そんなもんやわ。

やらすでしょ?
(野中) 何でですか?

何でですか?

あんた 生まれたばっかり…
崖から落とすんちゃうか?

ライオンみたいに
「登って来いよ!」。

このブロックの最後
秋山 お願いします。

空港とかあるじゃないですか
空港とか駅とかで

ひとにやるべき お土産
あるじゃないですか。

それをもう 自分が食いたくて

自分が食べるために
買うんですよね ひとにあげず。

「何で あげなきゃいけないんだ
こんなうまそうなものを」と。

何か あれって 自分の買わずに
ひとにあげるじゃないですか。

いや
自分のも買えばええやないか。

でも 何か 先に ひとのやつ…。

まず 食いたいんですよ まず 先に
到着したら 空港に到着したら

まず それ買って食べるんです
バスの中とかで。

だから 自分の分と あげる人の分。

家族にな お前 家族いるやろ?
います はい。

家族の分 買ってあげたらええやん
赤福餅とか。

自分が食いたくないですか?
何で まずあげなきゃいけないの?

何で まず お土産専用みたいに
なっちゃってんの?

俺が食う赤福で よくない?

ねぇ? ねぇ? ねぇ?

僕専用の 白い恋人で よくない?
ねぇ?

(笑い)

いや これは
お土産で買って帰るでしょ? 皆。

≪はい お土産で≫
世界各国 回るやろうから。

自分は でも
一緒かもしれないですね。

ウソ。
沖縄 行った時に

まず ちんすこう
全種類 味 買って

食べますね 自分。
ほらほら ほらほら。

で おいしかったから
帰り際 買って行って…。

いや 買わないですね。
何でや。

何か 物産展とか スーパーで
やってるじゃないですか。

そこで買えば。

物産展とかあるけど
買うて帰ってあげたらええやん。

ほんの気持ちや。

何か また 荷物とか多いので。

やっぱり そういうヤツか。

何ですか それ。
「何ですか それ」。

(笑い)
「何ですか それ」。

ちゃうやん 単純に
買ってあげて来たらええやんか!

ハァ~!

それは あんま ならないですね。
(秋山) お土産とかじゃなくてね。

(乙黒) そうですね。
もともと 普通にあったら買うし。

もともと 普通にあったら
買うんだけど

お土産っぽく いるじゃない
何でカッコつけてんだよってな。

お土産やから 白い恋人
というやつやからね 北海道は。

(秋山) そうですよ あれも 何か
あいつら かしこまっちゃって。

「かしこまっちゃって」。

「あっ どうぞ
持って帰ってください。

家族に あげてください」
って 顔 してるじゃないですか。

ふざけんなよ 俺が食うんだよ!

お前 何だよ
お土産づら すんじゃねえよ。

当日 食うよ 当日!
空港で! 空港で食うよ!

知るか アホ! 勝手にせぇ!
(笑い)

張本君は どう?
お土産 買って来るタイプ?

結構 買うんですけど 買って
家 着いた時に食べたくなります。

ひとにあげる予定のもの。
あっ 食べてまうの?

で 食べて 「ごめん 買うの忘れた」
って言います。

ハハハハ もっとギリギリまで
粘るヤツがおったわ。

お土産で買って来て 家で置いて
「友達にあげなアカン…。

食べちゃおう!」いうやつやろ?
それ 一番 往生際 悪いですよ。

ギリギリまで粘って
「食っちゃおう!」って。

もう テーマ変えます どうぞ。

いや~…。

えっ?

はい。

食べてる姿 カッコええとか
女の人は言うよね たまに。

(山田) でも あれですよね 食べ方
っていったら それこそ 僕

女性の ラーメン食べてる姿とか
すごい好きで

異性
意識してしまうんですけど。

髪かけて こうやって
すする瞬間の この指の感じが

めちゃくちゃ好きなんですよね。

分かるよ。
(山田) 分かりますよね。

髪 ほんで 途中から結ぶやつやな
ゴム出して。

(秋山) 何で 全部
1回 演じるんですか。

(笑い)

全然 さんまさんのままなんですよ
演じてるけど。

(笑い)
やんなくていいです。

そら 俺やからや
俺やから しゃあないやろ アホ。

彼女が ラーメン食べる時に。

そやろ? こういう髪の毛やろ?
(山田) そうです そうです。

ちょっと長めの人が
こうやって かける時の

指の感じが
めちゃくちゃいいですよね。

ちょっと やってみて。
ラーメン食べる時。

(山田) もうちょっと
スローで欲しいです。

うるさいな!
≪細かい≫

私 男性が 髪の毛 長くて
かき上げたりとかするの

結構 好きです。
あっ。

(笑い)

今日 秋山 モテモテの日やな。

いいっすね こんな 両サイドで
めちゃくちゃ。

どう? 俺 登ってみない?
登ってみない? どう?

「俺を登ってみない?」
いいね いいね!

俺に登ってみない?
(秋山) 登ってみない?

いや~
木村さんなんか どうですか?

そうですね… しぐさで何か
っていうの

あんまり ないですけど。

でも 食べてる時に
すごい 何回も

「おいしい」って言ってほしいです
一緒に ごはん食べてる時。

おいしさを
表してほしいなと思います。

彼女が 好きな声らしいので
「おいしい」って言ってあげて。

(向田) フフっ。
ちょっと。

言いますか? おいしい。

そんな言い方 アカン。
(笑い)

何? それ。
≪「そんな言い方 アカン」?≫

どんな言い方がいいの?
「あぁ おいしい」 「おいしい!」。

作られてない
「おいしい」が欲しいです。

そうか 今の俺 2つ
完全に作られたやつ。

気持ちが 「おいしい」っていう
感じの プレゼントしてあげて。

おいしい。

アカンど。
(笑い)

今日 たぶん
割り勘になる感じです。

(笑い)

≪割り勘≫

言い方 悪いと
割り勘になんねんて。

残念やわ~
これは残念やわ~。

「おいしい」 やってあげて
「おいしい」 気持ちを込めてやで。

うわ~ おいしい!

今日 僕が払います。
(笑い)

ええな 今日 ラーメン食べれるで。

まずは このブロックは
並木さんから お願いします。

はい 普段 やっぱり 化粧とか
あんまり しないので。

やっぱ いつも 練習
基本 練習しかしてないので。

ジャージーに グローブはめて

ヘッドギア着けて
っていう あれなんで。

たまに こうやって
おしゃれしたりして

かわいいとか 奇麗とか
女性扱いされると

やっぱ キュンって来ますね。

いや 女性扱いしますよ。

ボクシングの時から
女性扱いしてますよ われわれは。

全然されないので やっぱ
そういうふうにされると

何か うれしくて
普段 されないことなので。

あぁ そうか。

ちょっとでも褒めたら
ものすごい うれしいんだ。

(並木) はい。
ひとが思う何倍も。

はい うれしいです。

今日 ピアス似合ってるね。

ありがとうございます フフフ。

(秋山) シンプルやな おい。

あぁ そう。
はい。

やっぱり 普段 あんまり
化粧なさらないから。

(向田) そうですね。
褒められたい? 女の人は。

はい うれしいですね
褒められると。

あぁ どこ 一番褒めてほしいの?
メークですか?

ファッションですかね
メークとかじゃなく 服装。

おしゃれやね 今日。

(向田)
いや… ありがとうございます。

「いや…」って何が? 今…。

買い物が好きなので

ファッションを褒められると
うれしいです 顔とかじゃなくて。

あぁ そうか 普段着の。
そうです そうです。

どう? 女としては ファッション。

うれしいですし

私の場合 あんまり こう
入る服が少ないので

それをまた 「似合ってるね」って
言ってもらえると

すごい うれしい。
あぁ なるほど。

選び抜いた中で。
はい。

「似合ってるね」って
スッと言ってほしいんだ。

そうですね うれしいですね。

こっちは 案外
メークして出るもんね 競技も。

そうですね クライミングは
あんまり ないので そういう。

髪の毛も染めたり ピアスそのまま
ネックレスとかも着けたまま

ネイルもしますし
そのまま 競技に出るので。

あぁ そうか そうか。

でも 一番褒めてほしいのは
やっぱ ファッション?

結構 髪を染めるので

髪の色とかは褒めてもらえると
うれしいです。

あぁ なるほど なるほど
「奇麗な色だね」とか

言うたらええの?
はい。

こういうの
俺らの時代 下手クソやねん。

どう言うたらええの?

「髪色 かわいいね」だけで もう
うれしいです。

何げなくやろ? 要するに。
(野中) そうです そうです。

あっ 髪の毛 くわいいね 色。

かみましたよね。
(笑い)

(秋山) やめてよ
そんな厳しいやつ ちょっと。

(武井) 大ベテランに厳しい。

大ベテラン 申し訳ない。

張本さん お願いします。
(張本) はい。

僕は 結構 みんなで
わいわい しゃべってる時に

全然しゃべらない
おとなしくしてる感じの

雰囲気が 結構 好きです。

あぁ 物静かな女の人。
(張本) はい。

話し掛けても 全然
「うん」とかしか言わないほうが。

(武井) 素っ気ないといいんだ。
素っ気ない子が好きなのか。

(張本) そうですね。
えっ!

これは…
若いのにな 18歳やのに。

そんな興味ない子がいいのか
張本を。

全然 もう 卓球やってるのも
知らないぐらいがいいですね。

あっ 有名になり過ぎたのか。

どういうタイプがいいの?
女の子は。

色白で 結構 年上の人が。

年上というか…。
色白で年上。

奇麗な人の余裕が
すごく好きです。

例えば? 芸能界でいうと。

白石麻衣さん 乃木坂。

乃木坂の 元
今も いてるのかな?

(武井) もう卒業しました。
卒業したよね。

あっ 奇麗。
めちゃくちゃ もう 透き通ってる。

分かる 俺も 実物
何回か会うたことあるけど。

かわいいですよね。
むっちゃくちゃかわいいぞ。

ほんで あっさりしてるしな 性格。

えっ?
えっ?

(秋山) たまに これ 何なの?
たまに これ。

お前 じいさんか アホ!

今まで聞こえとったやろ 俺の話
なぁ。

今度 一応 白石さんに会うたら。

誰か 会うやろ
俺か武井か秋山 会うからな。

可能性あります。

(乙黒) ぜひ紹介してください。

そこまで できるか アホ!

それは冗談ですけど。
ぜいたく言うな お前。

俺も こう見えて
そんな 力ないねや。

えっ 彼は いてるの? 誰か
そういう 白石さんみたいな人は。

僕 乃木坂でいうと あの…。

乃木坂で言わなくてええねんで?

遠藤さくらさん。

遠藤さくらさん どんな子や?

(乙黒) 4期生で。

知るか そんなもん。

何で 俺が 即座に
「それ 乃木坂の4期生やよね」。

気持ち悪いやろ。
(秋山) 何期まで知ってたらね。

(乙黒) 次世代エースです。
次世代エース? 詳しいな。

はぁ~ 張本 誰やったっけ?

僕は 櫻坂46の…。

(秋山) すごいね 坂シリーズ。

みんな 坂道 走ってんのかい。

なぁ… 坂道の?

渡理佐さんっていう方が

渡…
会うたことあると思う。
(武井) モデルとか やってる。

そやそや!
あっ 奇麗どころ 好きやねんな。

いくつ? その彼女は。

分かんないです。
20…?

理佐さんは分かんないですね。
≪いくつぐらいだ?≫

乃木坂しか分からないのか。

本職が乃木坂なので。
本職!?

本職というか あの…。

お前 乃木坂だったのか?
(笑い)

なぁ 本職 乃木坂? お前。

すごいな お前
女子で出たん? 女子で。

(笑い)
(武井) 推しがな。

もう最後の最後です
秋山 お願いします。

市民プールとか
僕 行くのが好きなんですけど。

プール行った時
ジムとかじゃなくて

そういう 公共のプールとか
泳いだ時に

やっぱ こう マダムがいて。
マダム…。

(秋山)
マダムと ジャグジーに入って

「どうです? 今日」
みたいな話 した時に

「あら~」っつって 触って来て
くれたりするんですよね。

それが ちょっと もう
たまらないですよね。

せやな
お前 熟女が好きやねんもんな。

そうなんですよ
何とか坂とかじゃなくて 俺は。

秋山 昔っから 熟女が好きなの。
(秋山) そうっすね だから

しゃべってると
やっぱ こう 何か

「あら 何か 梅宮さん
やってんじゃん」とか言って。

「テレビ見てるわよ」とか。
体 触って来た時とかに

あららららっていうか
あらららら。

そんなん ちゃう
向こうは そんな気ないから。

(秋山) ないんすかね?
触って来る感じ。

何か 熱 持ってんですよね。

あったかい
溶けちゃうんじゃないかっていう。

お前… 木村さん
笑ってらっしゃるけどな。

(秋山)プールとかで ないですか?
触るみたいな 何か。

触られるは でも ありますね。
ほら ほら。

水泳教室とかを
させてもらった時に

そのお子さんの お母さんとかが
すごい喜んでくれて。

そら 金メダル取ったしな おぉ。

「腕とか背中 すごいですね」
って言って

触って来られる時はあります。

その時は でも 秋山みたいに
うわ!とか思わないんでしょ?

うわ!とは思わないですけど
おぉ…とは思います。

ほら だいぶ同じですよ
俺も おぉ…なんだから。

まさかの同じだよ おい
同じだね。

でもな…。
同じですか。

今の小っちゃい子だったら
お母さん まだ若いやろ。

(木村)
一緒ぐらいとかだと思います。

今 いくつですか?
31歳です。

そうか そんなんで 5~6歳の子
持ってる人は いるやろな。

そっから またね 恋に発展したら。

ヘヘヘ。
「ヘヘヘ」じゃなしに。

だから 飲み会とか… 今
この時期やから できないけども

そういうのも あんま
参加してないんだ 合コン。

そうですね はい。
行ってみたいんやろ?

合コンにですか?
おお。

合コン そうですね
人生で行ったことないんで。

せやろ? 武井に
メンバー そろえてもろうて。

合コン。
(木村) よろしいんですか?

(武井) 全然 いいっすよ
木村君が やるなら。

なぁ。
はい 行く?

僕は 水着で行ったほうがいい…?
何でや!

何で 水着で行かなアカン。

<今回は…>

心配。

<木村さんには 何か
心安らぐものを

送っておきます>

<採用された方には

あったかうまいお鍋も食べ放題>

<この番組をもう一度
ご覧になりたい方は TVerで>