千鳥のクセがスゴいネタGP【大人気歌謡祭&芸人の秘蔵写真大公開に一同爆笑!!】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

千鳥のクセがスゴいネタGP【大人気歌謡祭&芸人の秘蔵写真大公開に一同爆笑!!】[字]

友近×どぶろっくの超危険コラボ初披露&天山本間も爆笑名曲!ジャルジャル蛙亭もう中ら衝撃新ネタに小森隼&岡崎紗絵も爆笑!人気芸人の激カワ秘蔵写真大公開!

番組内容
千鳥がMCを務め、今輝く人気芸人たちが、普段披露しているネタとは一味違う“クセがスゴいネタ”を披露する番組。スタジオゲストとして、毎週土曜夜8時に放送中の『新しいカギ』でコントに挑戦している岡崎紗絵と小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が出演する。
大好評クセスゴ歌謡祭ではお約束の展開が待つ天山広吉&本間朋晃のバラードや、大悟が最高と称賛するAMEMIYAの切なすぎる
番組内容2
思い出ソングのほか、ノブが思わず「気持ちいい」と言ってしまう北本莉斗&杉本青空(からし蓮根)によるノブへのリスペクトソングなど、幅広いジャンルのクセスゴソングをお届けする。なかでも友近とどぶろっくの最強コラボが歌うクセスゴソングは破壊力抜群!そして今をときめく人気芸人たちも大集結!蛙亭やパーパーをはじめ、千鳥が大絶賛する金の国といった実力派若手コンビのクセスゴネタは必見!さらに人気シリーズ、
番組内容3
レインボーの連続テレビ小説「ひやまとみゆき」最新話ではひやまに急展開が!?ほかにもクセスゴ芸人たちの、子ども時代の“クセカワイイ”写真を大放出する「クセカワ写真館」もお楽しみに!
彼らの“クセがスゴいネタ”はもちろん、彼らのネタに対して、千鳥の2人がどのようなコメントをするのかにも注目してほしい。『全力!脱力タイムズ』チームが制作する、一味違うネタ番組『千鳥のクセがスゴいネタGP』に乞うご期待。
出演者
【MC】
千鳥(大悟、ノブ) 
【ゲスト】
岡崎紗絵、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)(五十音順) 
【ネタ披露出演者】
アイロンヘッド、あべこうじ&高橋愛、AMEMIYA、蛙亭、北本莉斗&杉本青空(からし蓮根)、金の国、ジャルジャル、滝音、天山広吉&本間朋晃、友近&どぶろっく、トンツカタン、パーパー、FUJIWARA&もう中学生、ゆりやんレトリィバァ、
出演者2
レインボー(五十音順)
スタッフ
【企画】
狩野雄太(フジテレビ) 
【総合演出】
名城ラリータ(FCC) 
【チーフプロデューサー】
加藤大(FCC) 
【制作協力】
FCC、吉本興業

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 紗絵
  2. 小森
  3. 後藤
  4. 映画
  5. 秋定
  6. 福徳
  7. 今夜
  8. 桃沢
  9. ジャンボ
  10. マイケル
  11. ワワワワ
  12. ワンワワン
  13. ワンワン
  14. 衣装
  15. 子供
  16. 小森君
  17. カワイイ
  18. クセスゴ
  19. クセスゴ芸人
  20. フォックス

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



[まずは
クセスゴ歌謡祭]

[EXILE
冬の名曲を お届け]

(ノブ)すごいとこ あった。
サビの最後。

[彼女との別れを

AMEMIYAが 切なく 歌い上げる]

[続いては…]

[そんな彼の歌声に

とろサーモン 久保田の
ライバルとなり得る

この男の 熱いソウルが 炸裂]

ちょっと すいません。

マジで。

(小森)すごいっすね。
今まで ライブでも

何度も 先輩の
聞かせていただいてるので。

しかも 僕ら カバーとかも
させていただいてる

思い出の楽曲でもあるので。
でも ここまで やられると

認めざるを得ないんだなと
ちょっと 思っちゃいました。

[今夜は コントを 披露]

(ほしの)僕は…。

[滝音の ツッコミワールドへ ご案内]

(さすけ)ありがとうございます。
(秋定)何やったら…。

(秋定)いやぁ。
ちょっとね すごいわ。

(秋定)じゃあね ちょっとね…。

(さすけ)はい。
(秋定)はい。

(さすけ)いや…。

(さすけ)ああ。 はい。

(さすけ)えーっ。

(秋定)よかったです。
よかったです。 はい。

(さすけ)はい。
(秋定)はい。 ホントにね…。

(さすけ)ありがとうございます。

はい。

(さすけ)ちょっ…。 えっ?

えっ?

あなたが そうやって…。

(秋定)ちょっと待ってください。

[こんな 路上パフォーマンス あったら

困っちゃいますよね]

(福徳)はい。

(後藤)はい。

(後藤)はい。

(福徳)いっ…。

(後藤)よーし。

(福徳)よし。

(後藤)はい。
(福徳)あっ!?

(後藤)はい。

5・4・3・2・1。

(後藤)よいしょ。
(福徳)いっ…。

(後藤)5・4・3・2・1。

(後藤)よいしょ。
(福徳)あーっ!?

(後藤)5・4・3・2・1。

(福徳)あーっ!? あーっ!?

[前回…]

(みゆき)ひやま君!

[いったい 2人の運命は
どうなってしまうのか?]

(池田)私…。

(電子音)

(心電計の心停止音)

(ジャンボ)ああー。
うん? 何だ?

(ジャンボ)でも…。

♬「思いが募るほどに
直接 顔 見ては 言えない」

♬「君の好きなところなんて」

(ジャンボ)すげえ。

(ジャンボ)あっ。 みゆきさん。

(ジャンボ)みゆきさん。

♬「照れた笑顔 すねた横顔
ぐしゃぐしゃ泣き顔」

♬「君の好きなとこなら」

♬「星の数ほど あるのに」

♬「一つも 言葉に出来なくて」

(小森)確かに おっしゃるとおり
小出しにし過ぎ感は ちょっと ある。

今回 もうちょっと進んでほしかった。
(小森)もう一歩 欲しかった。

(小森)一言ぐらいは。
ここが どこかぐらいまでは。

どうせ また…。

(大悟)悟空と フリーザの
戦いぐらいやったよな。

さあ そして。 やっと きました。

われわれの衣装で ございます。
まず 大悟は 小森君に関係がある。

去年 GENERATIONS オンラインライブを
させていただいたんですが

そのときに 作らせていただいた
衣装で。

僕らも まだ 1回しか
着たことない 衣装なんです。

これ ホントに 小森君が
着てたやつ?

(小森)僕が 実際 着て
パフォーマンスさせていただいた 衣装。

そうよ。
大理石柄。

そして 私ですが。

「コギャルをしてほしい」って
書いたんだ? アンケートに。

(紗絵)書きました。 けど…。

こんなに フジテレビ中が

笑いを 我慢しながら
通り過ぎていったの 初めて見て。

[今夜の 『クセスゴ』は 今…]

[さらには 激レア度 マックス。
クセスゴ芸人たちの…]

[どの芸人か…]

[ギター芸人 辻井が 五十音を
美しいメロディーで 奏でる]

(辻井)はい。 それでは…。

(ナポリ)イェー。 OK。
(辻井)それでは待ってくださいね。

(ナポリ)OK。 イェー。

最後。

[今日も もう中の 楽屋挨拶を

のぞいてみましょう]

(藤本)はい。
(原西)はい。

(もう中学生)おはようございます。
お疲れさまです。

(藤本)まあ ええわ。

(もう中学生)さあ じゃあ お二人。

(もう中学生)♬「ワンワン
ワワワワ ワンワワン」

♬「ワンワン ワワワワ
ワンワワン」

♬「ワンワン
ワワワワ ワンワワン」

♬「ワンワン ワワワワ
ワンワワン」

[トンツカタン。
『クセスゴ』 初登場どぇーす]

(笑い声)

[母性 くすぐる コント]

[ご覧ください]

(イワクラ)いかがでしょうか?

(中野)お疲れさまです。

(イワクラ)あれ?

(中野)いえ。

[今夜も 金の国劇場 開演です]

(桃沢)すいません。
すいません。 すいません。

(おにぎり)だったら川の向こう側に
テント 張ればいいじゃないですか。

(桃沢)これ 一人で食う量の
トウモロコシじゃねえよ。

(桃沢)マジかよ? これ。

(桃沢)何で 俺が 動かなきゃ
いけねえんだ? めんどくせえな。

(おにぎり)いいから
向こうに張れば いいだろ。

(おにぎり)おい。
聞いてんのかよ? おい。

(おにぎり)えっ? あっ。

(桃沢)じゃあ どうしようかな?
えっと。

(桃沢)お前 それ さすがに
裾 合ってねえぞ。

(おにぎり)えっ? あっ。

てっきり 上 見たから
俺は 流れ星とか

そういう 流星群的な。

[これから 始まる
クセカワ写真館]

[この カワイイ 男の子は
いったい 誰でしょう?]

[答えは 後ほど]

[この写真は いったい
どの クセスゴ芸人の

子供のころなのか?
正解は…]

(稲田)平仮名の 「つ」
傾けて 「し」

[強烈な顔の 持ち主…]

[およそ 30年前は
こんなに かわいかったんですね]

[というわけで ここからは

クセスゴ芸人たちの
カワイイ子供時代の 写真を基に

クイズバトルを 開催。
題して…]

小学生のだとな。

(紗絵)はい。
勝ちたいね。

(小森)勝ちたいですね。

[それでは 早速
参りましょう。 第1問]

[子供のころは
剣道が 得意で…]

(小森)これは 難しいな。

挙手で いいんやろ?
挙手で 言っていいよ。

(紗絵)はい。
はい。 紗絵ちゃん。

違います。
(紗絵)違う!?

でも 絶対 こんなんって
今日 出てきた。

そうとも 限りませんよ。

[それでは もう少し
年齢を 上げてみましょう]

えっ!?
3歳。

はっきりした顔。
(紗絵)あっ。 ちょっと お名前が。

はいはい。
紗絵ちゃん。

錦鯉の 雅紀さん?
長谷川さん?

違いますよね。
(紗絵)違う。

(小森)難しいっすね。
どこを 取っても…。

(終了の合図)
分からずで ございました。

[この 超 カワイイ
男の子の正体。 実は…]

ナダル。
(紗絵)ナダルさん。

(小森)言われれば 確かに。
目の感じ。

[第2問。 続いての
クセカワ芸人は…]

[子供のころは
実家が 中華屋さんで…]

ありゃりゃ…。 2歳で カワイイ。

(紗絵)どうだろ?

(小森)出そうなんだけどな。

(小森)ここら辺にまでは
きてるんですよね。

時代 結構 前ですね。

[それでは 特別に
ちょこっとだけ

年齢を 上げてみましょう]

さっきの方が…。

(紗絵)はい。
違うかな?

正解。
(紗絵)やった!

(紗絵)よかった。
これは すごいわ。

でも 2歳のときのが
黒沢っぽいかな?

1回 黒沢って 離れたんだ。

で また 黒沢になってきたんだ。

[それでは 最後の
クセカワ芸人は こちら]

[子供のころは
恋愛には いちずで…]

(小森)ああ…。
ああ…。

小森君は 「ああ…」と
言ってますね。

えっ?
大悟 分からないっすか?

何か 見たことある気するな。
何だ これ?

芸人ですから。
時代背景とか 見ながら。

もうね 人気ですよ 今。
(紗絵)はい。

どうだ?

正解。
(紗絵)よし。 よし。

(小森)これ。
これは もう 今と 一緒や。

こうやって
見たら。

あそこで 次のヒントで
お父さんの写真も あったんすよ。

[それでは 勝利した 岡崎さんに
こちらを プレゼント]

これは 小森君 一押しなんだ。
(小森)そうなんです。

すごいんです。
チーズと 卵が まざって。

どろっどろです。
どぅるん どぅるんです。

(紗絵)いただきます。

おいしい?
おいしいやろ。

『クセスゴ』も 進化してますよ。

クイズと グルメも
やりだしました。

ちょっと 入れていくんや?
入れていきます。

濃厚スープで段取りして
もちもち生めんで段取りしてね。

チルド売り場で段取り出来るんよ。
うん。 おたくもそう。 おたくも おたくも…。

<日清「行列のできる店のラーメン」>

(小森)僕たち GENERATIONSが
全員 参加する映画

『昨日より赤く 明日より青く』が
11月26日に 公開となります。

この映画は 楽曲の歌詞から
インスパイアされて 生みだされた

短編 6作の リリックシネマと
なっております。

ぜひ 劇場で ご覧ください。
よろしく お願いします。

[今夜も 仲良し あべ夫妻の

漫才を お届けします]

(あべ)そこで!

(愛)パフェ。 いちごパフェとか。

[これまで 様々な
形態模写シリーズで

卓越した 描写能力を
披露してきた…]

[今回 目を付けたのは…]

[90年代に 独特の語り口調で

分かりやすい 映画の解説が
話題を呼んだ…]

(ゆりやん)はい。
皆さん こんばんは。

今夜は 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
第2弾。

まあ そんなことよりも
面白いことは

この マイケル・J・フォックス。
この人が まあ 大騒ぎ。

それから クリストファー・ロイド。
この人 博士。 おじいちゃん。

大騒ぎ。 見事 見事。

監督は ロバート・ゼメキスですね。
ロバート・ゼメキス。

これは 『ロマンシング・ストーン』の
あの やり手の監督ですよ。

今日 出てくる…。
どれだけ 皆さんを…。

さあ というわけで 放送を

皆さん
どうぞ お楽しみくださいね。

(ブザー音)

あの マイケル・J・フォックス。 『摩天楼は
バラ色に』とか ありました。

コメデー。
あれで 人気 出たけど

実は 面白いことに
映画の中で…。

『俺たちに 明日はない』って
映画ですね

ガソリンスタンドの
妙な 妙な 男の子 いたんですね。

マイケル・J・ポラードって
あの人が 大好きで

あの人 夢中になって
マイケル・J・フォックスなんですね。

ちょっと 変わってますね。
大好きだったんですね。

それから この クリストファー・ロイド。
あの博士。 あの おじいちゃん。

『カッコーの巣の上で』とか
『郵便配達は 二度 ベルを鳴らす』

いい映画 出てんですけど…。

どうやら この人は
実は 舞台の俳優で

舞台で 有名なんですね。

『ハッピーエンド』という ミュージカル
ありました。 ニューヨークで。

というわけで この おじさんも
なかなか 立派な人なんですよ。

というわけで また 次回
お会いしましょ。

映画界のことを 全部 知ってる

映画解説をする おじいさまが
いたのよ。

ちょっと 言い過ぎじゃ
ないですかって いうぐらい。

[この後…]

(歯医者)ハブラシ選びのポイントは
(上戸)ズバリ ヘッドの薄さ!

《薄いハブラシなら奥まで届きやすいんです》

決めた!ハブラシは 薄さで選ぶ!

《歯垢除去率 1.4倍!》

♬~「クリニカ」《極薄ヘッド》

♬~ (芦田)泡ボディソープの泡って段々
ヘタるイメージありません?

(中谷)ある!
「hadakara」の新しい泡は

増えるんです
ほんとだ~

《洗い終わりまで ずっと
もこもこ増え続けます!》

すっごい!

<誕生!増える
泡ボディソープ>
♬~「hadakara」

(紗絵)私が出演しています 映画
『シノノメ色の週末』が

11月5日より 全国に
公開になります。

女子校を 卒業して
10年ぶりに 再会した

女子3人の 青春物語と
なっております。

もやもやしたり きゅんとしたり
女子高生ならではの 空気感を

ぜひ 劇場で お楽しみください。
よろしく お願いします。

[先日 双子のパンダの名前が
決定したという ニュースが 話題に]

[それよりも前に この2組も

名前を予想して
歌にしちゃってました]

コラボしたとき。

(小森)でも
キャッチーでしたもんね。

♬「陳陳 瓶瓶 陳陳 瓶瓶」

みんなで 踊りたくなる。
(小森)踊りたくなりますね。

[『千鳥の
クセが スゴい ネタ GP』]

[今夜
栄冠を勝ち取った 作品は…]

いいですね。 金の国。
確かに。

後味が いいよね。

もっと 東京でも
気球 飛ばしてほしいね。

ノブが すごく いいこと
言うたかもね。

ちょっと 疲れるやん。
都会って。

そんなときに
ぱっと 空 見て…。