沸騰ワード[字][デ]伝説の家政婦がバナナマン直撃&交渉9か月!海上保安庁海猿試験初密着…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

沸騰ワード[字][デ]伝説の家政婦がバナナマン直撃&交渉9か月!海上保安庁海猿試験初密着

願い続け4年…バナナマンが志麻さんの出来立て料理に驚愕!出汁パックで最強ラーメン&調味料いらず激うま炊込みご飯▼目指せ海猿!人生かけた海上保安庁潜水士の過酷試験

出演者
【司会】設楽統(バナナマン)
【沸騰リーダー】日村勇紀(バナナマン)
【進行】岩田絵里奈(日テレアナウンサー)
【パネラー】朝日奈央、カズレーザー(メイプル超合金)、佐藤栞里、滝沢カレン、出川哲朗
番組内容
1伝説の家政婦志麻さんがバナナマン直撃!
志麻さんの本気フレンチ食べたい…バナナマン4年越しのガチオファーに応え王道フレンチから調味料なし激うまホタテご飯・市販の出汁パックで名店級ラーメンまで連発2交渉9か月!海上保安庁海猿の選抜試験にバラエティ初密着
海の警察海上保安庁の海猿こと潜水士の過酷選抜研修に初潜入!水中で呼吸停止2分半…できなければ即失格!人生かけた挑戦で最難関2%の夢を掴めるか?
監督・演出
【企画・演出】水嶋陽
【プロデューサー】笹木哲
【統轄プロデューサー】新井秀和
【チーフプロデューサー】秋山健一郎

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – その他
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 滝沢
  2. 志麻
  3. ホント
  4. 日村
  5. 頑張
  6. 設楽
  7. スタジオ
  8. ディレクター
  9. マジ
  10. OK
  11. ハハハ
  12. 研修生
  13. 一同
  14. 工藤
  15. イカ
  16. ソース
  17. ホタテ
  18. ラーメン
  19. 簡単
  20. 出川

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



<今夜も 我々の…>

<今回は…>

<ついに…>

<さらに
憧れの海猿になれるか!?>

(設楽) うわうわ。

<まずは!>

<これまで さまざまな
芸能人から依頼を受け…>

<そして今回…>

(鐘の音)

(ディレクター) おはようございます。

よろしくお願いします。

(志麻さん) はい。

え~!

誰?

<早速…>

(チャイム)

<果たして…>

よいしょ。

あ~!

あ~…。

そうなんですよ 今日は。

あと…。

(志麻さん) あ~!

<ついに参戦!>

<そう 実は…>

<ようやく…>

(日村) 俺は来たい来たいって
言ってたんだけど。

…っていうのもありまして
記念というか 区切りというか。

って形で…。

カレンちゃん
もうだって 2回目だもんね。

(滝沢) 私は多分…。

何か その お家でできるように。

(ディレクター) でも…。

出川さん 相当好きですよ。

志麻さんの…。
うん。

多分…。

(出川) 俺 マジで…。

(朝日) 怖い 怖い…!
志麻さんが嫌がる。

…と思ってます。

ですよね。

本気を出します。
いやぁ うれしい!

<まずは…>

僕はですね…。

ハハハ…!
(滝沢) やった~!

そんなこと聞いてないのよ。

多分…。

…ぐらい。

あっ!

ラーメンか!
ラーメンか なるほど。

志麻さんが作るラーメンって
どんなの?っていう。

もう やっぱね…。

うわ…。

絶対食べたい。

(ディレクター) まだ ある?
これは すいません…。

僕 一回…。

もし できたら…。

最高じゃない? これヤバいね。
(滝沢) 食べたい。

そう。

<さらに 最近 激ハマりしている
というニラ料理と

4年間の思いを込め…>

僕はですね これです。

あの~…。

何か…。

それ以上 何か…。

っていう やっぱ…。

そりゃそうだよ。

悔しくて 何かいいアイデア
ないのかなっていう。

<他にも…>

(ディレクター) あっ。

めちゃくちゃ好きで。

実は…。

パーティーになりまして。

ウインナー 大変じゃないですか?

(ディレクター) まだ。
ここなんですけど。

あ~ 日村さん 米も好きだからね。

お米 今 大好きなのは…。

あ~ もらったね。

おいしいんだよね。
まぁ~ おいしいね このお米。

で 僕は…。

…というか 味付きライス
チャーハンとか。

ええ。

<そして…>

(滝沢) 私は… ジャン!

へぇ~!

サラダ感覚。
そう サラダにしちゃってる。

<さらに!>

…を何か。
あ~ いいね。

(滝沢) ごめんなさい。
そっちに持って行かれそう…。

あんまり 人が
見たことがないようなやつが

食べてみたいなって思いました。

…考えられたらいいなと思います。

<そう 今回は…>

<…が激突>

<…を満足させられるか?>

<いつものように…>

何となく今。
はい。

出た。
うわ 出た~!

どうして?

ホットプレートで焼いて…。
また巻いちゃうの?

カイワレ巻きは。

<さらに…>

出た。

いきなりホタテ?

タイだ。
うわ うまそう。

うわ~。

<…を搾り そこへ>

あっ!
(滝沢) えっ!

あっ 入れた!
え~!

マリネだ。

<…のせるだけで>

うわ~…。

これ うまいよ。
(滝沢) 中に入れるんですね。

おいしそう!

<あっという間にできる
簡単前菜…>

<バナナマンの…>

うま味で?

ん? う~ん!

そう そう そう。

(滝沢) うん。
うまいね。

えっ これ ちょっと…。

(滝沢) ホントに
マネしやすいですし マネします。

これ でも…。

(滝沢) 絶対違う。
コーラではないんだよ。

(林) …って思わせてくれる。
簡単なもの すごい…。

最初のホタテと塩昆布のなんて
ホント…。

(佐藤) おいしいなら…。

<開幕から…>

これは!

<そこへ…>

あれ?
(滝沢) 再び やって来た。

あ~…。

<さらに…>

(滝沢) えっ おいしそう!
ちょっと…。

ホタテ塩昆布祭り。

もう… すげぇ…。

尋常じゃないんだけど。
こんなに!?

塩昆布の味のみ?
(滝沢) えっ! のみ!?

それで もう十分?
うわ…。

<これが…>

<と それを待つ間に…>

<今回は
秋のカラダWEEKに合わせ…>

<…をふんだんに調理>

そうだね。

(滝沢) えっ?
あれ?

<と その裏で…>

水分出しやすく塩振って。
そういうことか。

出た。

レモンの魔術師だね 今日。

<そこへ…>

ニンジン レモン チーズ。

ニンニク
あ~ イタリアンぽくなるな。

(佐藤) え~ 絶対おいしい!
(出川) うわうわ…。

<よく混ぜ合わせ…>

えっ ちょっと待って これ 何?。

え~!

あ~!
ちぎりモッツァレラ。

(滝沢) うわ~ おいしそう~!
うまいよ~。

(日村:設楽) お~。

何だ この料理。

<調理時間10分>

<ニンジンソースでカボチャが
モリモリ食べられるサラダ>

うまっ。
んっ!

何 この不思議な。
(滝沢) 初めて。

うまいね。
すごいおいしい。

はぁ~。

(滝沢) おいしい。

<と…>

ご飯!

うわ~!
うわ~!

うわ~ お~! ホントだ!

(滝沢) もう茶色ですよ。
うわっ!

ハハハ…!

これ ちょっと何?

うわ~!
うわ~!

うわっ!

ハハハ…!

これ ちょっと何?

(志麻さん) はい。

へぇ~!
あっ 香り来た!

うわ~ うまそう!
うわ~ おいしそう!

これ 絶対うまいじゃん。

これも。

いや これ…。

おいしそう。
ヤバい。

(滝沢) ホントに2つだけ。
うわ~ おいしそう!

(滝沢) おいしそう!
うまそう!

これ うまそうっすね。

<調味料を一切使わず…>

最高!

確かに。

まずは もう。

もう…。

絶対に…。

あと…。

…っていうぐらい 食べることを。

ずっと食べてたい。

全人類が。

うわ…。

ホタテの力が やっぱ
グワ~入り込んでるね。

めちゃうまい!

ああいうの もう…。

捨ててもいいんだね ああいうの。
いやいや 捨てちゃダメ。

おいし過ぎる。

(スタジオ:滝沢) 忘れられない。

(岩田) 塩昆布とホタテの
炊き込みご飯から行きましょう。

うわっ うわ~。

あ~…。

おいしいよね。
(朝日) めっちゃおいしいです。

このホタテのうま味が
ホントに すっごい広がってる。

ん~!
おいしいでしょ?

(岩田) こんなに…。

これは ぜひ…。

何が出るか?

あっ レバー。
あれは おいしいよね。

あっ レバニラ?

(滝沢)
ホントだ ちゃんと量るんですね。

これ 何か…。

(滝沢) 確かに。

<すると そこへ…>

牛乳 入れんだ。
(滝沢) 信じられない え~。

臭み取り。

<…寝かせる間に

ここで…>

何すんだろう?

タマネギ。

志麻さん…。

<塩コショウした生の…>

出た レンチン。

えっ!

(志麻さん) 火…。

えっ!
(滝沢) あ~!

うわ~。
(滝沢) 真っ白!

え~!
シンプル~!

(ディレクター) これ
すごい簡単じゃないですか。

塩入れただけなんですか?
タマネギ。

(滝沢) 確かに。

<レンジだけで
誰でも簡単に作れる…>

<超シンプルな工程と
見た目とは裏腹に…>

すごい!
(日村:設楽) えっ?

たっぷり…。

甘いの?
甘いです。

ホントだ。

(ディレクター) え~ ホントに。

超シンプルですよ。

え~?

すごっ。

それが爽やかだね。

うま過ぎる。

<続いて…>

いいね~ どんどん出て来るね。

ホントだよね。

<と…>

あれ?

そうなっちゃうの?

<炒めた…>

<この…>

あれ?

そうなっちゃうの?

出た 志麻さん。

志麻さんミキサータイム。

俺もっと…。

♪~

♪~ いいね。

♪~

♪~

あぁ
♪~ 「志麻さんミキサータイム」の歌か。

(笑い)

お~ 何これ。

堪能し過ぎ。

<フライパンでは…>

<それを…>

えっ!
チキン行った!

何これ。

(志麻さん) これは…。

ニラソース。

そんなソースたっぷり。

かわいい 埋もれて行くんだ。

ホントですね。
キレイな。

ない。
(滝沢) 考えたことない。

(滝沢) うわ~ おいしそう。
キレイだな。

ここに生ニラ行くんだ。

おいしそう。
完成?

<いつものニラが
色鮮やかなソースに>

<肉や魚と相性抜群のひと品>

ニラの香りするけど。

うまっ。

うまいでしょ?

始め…。

ギアが上がって来る
グングン…って。

最初は そう。

映画みたい。

(滝沢) 何か 今まで…。

餃子のように…。

あぁ 包んだね。

鶏肉を。

すご過ぎませんか? ちょっと。
ホントだよね。

(岩田) そうなんですよ。

<そして…>

ヤバい 日村さん。

お塩 入れる。

♪~

♪~ 青い夏のせいさ

(滝沢) ホントのBGM。

<さらに…>

(志麻さん) 少しだけ入れます。

(滝沢)
え~ そこに入れるんですか?

(一同) え~!
(ディレクター) ってことは…。

出た。
うわ~ 来た! ついに本格。

本気の。

<やわらかく火が入るよう…>

(ディレクター) 行くんですか?

お出掛け的に行こうか
っていう時には

東急本店 行って。
へぇ~ 本店に行くんですか?

東急本店の地下に。
デパートの?

あの中にね…。

あと…。

そこ行って…。

オシャレ!

<そして…>

(ディレクター) うわ~ 出て来た!
これも本気のやつ。

(志麻さん)
簡単に作ろうと思うと…。

なるほど。

それ取ると そんな色なんだ。

そうだね。

見ない 見ない。
ホントだね。

すごっ。
うわ おいしそう!

かわいい。
うわ おいしそう!

(ディレクター) すごい!
うわっ…!

すげぇ 本気のレバーパテ。
(滝沢) すご~い。

(滝沢) はぁ~ ため息が出る
美し過ぎて。

作っちゃうんだ うわ~。

絶対おいしい。

<生のレバーから
手間暇かけて作った本格的な…>

本気の志麻さん。

(スタジオ:設楽) 大富豪みたいな…。

うっわ…。

うまいね。

もっと…。

レベルが違うね。

めちゃくちゃうまい。
うわ うまい。

志麻さん。

(笑い)

レバパテうまいんだよ。

レバーパテとか好きなんだ。

お酒 好きです。
じゃあ もう あんなのホントに…。

(笑い)

<ここから…>

ステーキじゃ ない?
ステーキじゃないの? これ。

<さらに…>

(志麻さん) あと…。

<あとは…>

ちょっと待ってくださいよ
これ…。

これは何だろうね。

王道フレンチ?

出た。

本気の。

本気ね 志麻さん。

ホントだよね。

確かに こんなパセリ…。

見たことない こんなパセリ。

すごい いい香りした!
(滝沢) え~!

(滝沢) 大胆過ぎ。

<この…>

(カズレーザー) え~!
(出川) うわ~ マジかよ。

<まさかの…>

パセリと ご飯って
あんま こんなことしないよね?

しないよ。

フッ… だよね。
パンっていうイメージ。

大丈夫ですか。

(志麻さん) これを…。

えっ!
(滝沢) おにぎり!?

<すると…>

あ~ 来た ついに!

やっぱ
日村さんゾーンなんだな これ。

ハハハ…!

やっぱ…。

すごい これは すごい。

ベーコン巻き そうなんですよ。
(滝沢) でも おいしそう。

あ~ 行った。
やっぱ焼いた。

(志麻さん) ハハハ…。

(笑い)

来た来た…。
(滝沢) うわぁ!

うまそう!
(滝沢) ここまでカリカリにするんだ。

<すると…>

ここでオレンジだよ。

(日村:設楽) え?

(日村:設楽) おぉ!

<そこへ…>

切るんだ。
切った。

うわ キレイ。
うわ~ うわ~!

うわ 何これ…。
キレイ。

え~!
マジかよ。

新しい。

めちゃオシャレですね。

へぇ~。

(滝沢) うわ~! え?
オレンジの皮を ちょっと。

皮か…。

(志麻さん) これで。

うわ~ 出来た。

<パセリ オレンジ お米が
ベーコンとコラボ>

<志麻さん流ベーコン巻き>

マジで?

絶対びっくりするよ うまい!

(笑い)

すごい 味のバランス感覚。

何でこうなるの?
オシャレ!

何でこんな オレンジが
おいしいんですか?

あと…。

これがね こう…。

すごい…。

(滝沢) 出ました。

ベーコン巻きの
オレンジソースです。

ん!

あぁ…。

何 このオレンジソース。

うわ すごっ。

おいしいです 何か…。

オシャレだよね。
すごい。

<まだまだ続く…>

<続いては…>

(志麻さん) 入れます。
(滝沢) また お米だ。

また 米だよ。
(滝沢) しかも みそ!

<お米に みそを溶かした
炊飯器に

厚揚げ 里芋を投入>

<さらに…>

(ディレクター) カキが出て来た。

大好き。
マジ!?

<あとは…>

(滝沢) お出まし。
うわ~! カキだ~!

また すごいおこげだ。
うわ~。

あ~ ホントだ!俺のとこにも来た。
(滝沢) いい匂い! みそだ。

カキだ!

おいしそう!

<仕上げに…>

(滝沢) 山だ。

<これから旬を迎える
里芋とカキを使った…>

<その味は?>

う~ん!

…と思います 私は。

志麻さんに出会わなければ。
うん。

(滝沢) この中は。
あっ そう。

(滝沢) 全部まとめてくれてます。
へぇ~。

ホント そう!

(笑い)

おいしい!

そうそう。

だって 分かんないけど
おいしいよね。

<さらに…>

(滝沢) すごい ニラ尽くし。

(滝沢) そこにイカが…。
イカ いたんだよ。

<水分を拭き取ったイカを
上から どっさり>

お酒? あら。

あれ?
それもう 出来上がってんのかな?

お酒だけですよね。

う~わ! これ 何?

お酒 入れてたしね。

え?
楽しみ。

(滝沢) レモン!
さっきの 半分 残してあったやつ。

(滝沢) うわ いっぱい入れた。

<すると…>

(滝沢) え!? 志麻さん。

<さらに…>

<…を投入>

<そこへ…>

(滝沢) え!? 志麻さん。

豆腐 入ったぞ。

豆腐とレモンとオリーブオイルだ。

<この 潰した豆腐を…>

うわ~…。

うわ~!

(日村:設楽) うわ~。

<たった5分で出来る 簡単…>

確かに簡単だよね これも。

うん!

ほえ~! 来た。

うんま! ニラ うまっ。

うわっ うまっ… あっ。

(滝沢) へぇ~ 爽やか。

全然 違った。

この うま味でね。
イカのうま味が来た~ 今頃 来る。

何だろうね。
チーズ チーズ。

すごい…。

どっか…。

ぬたみたいな イカとネギの
あれが…。

(笑い)

(滝沢) ホントだ ホントだ。

(滝沢) 再共演。
ホタテとイカだったんだな。

<…と>

バナナ出て来た!

(笑い)

かけないよね?

塩を?
ウソだろう。

ソース?

ちょっと待ってよ
これは 志麻さん…。

絶対。

<すると…>

間に これ入れる わっ!

え!?
ウソ!

<魚介とバナナヨーグルトが
まさかの合体>

<果たして その相性は?>

<さらに 交渉9か月>

<若き海上保安官が挑む…>

<…志麻さん>

<すると…>

間に これ入れる わっ!

え!?
ウソ!

あ~!

いやいやいや!

(滝沢) バナナですよ?
バナナだよ。

マジで?

マジ?
ダメだ こりゃ。

<一同 疑惑の衝撃作>

え~ ウソ!

ってか 全然嫌じゃ ない。

おいしい。

…がする 何か すごい。

(岩田) っていうのも…。

バナナのソース かけた時は
驚いたね イカとホタテに。

あれは みんな さすがに…。

(笑い)

<そして…>

牛肉だ。

すごい出てるよ。

これを 煮詰める。

(日村:設楽) え~?

これ 水分じゃないですか。
何が残るんですか?

それを飛ばしちゃうの?
そうすると うま味が残るんだ。

(日村:設楽:滝沢) え~!

(日村:設楽) へぇ~。

(志麻さん)
はい 手間がかかりすぎて。

(志麻さん)
…ほうが多いんじゃないかな。
へぇ~!

何だろう?

(ディレクター) これ すごいですね。

<そこへ!>

(滝沢) そんな軟らかいんですか?

こんな イチからやらないですか?
(志麻さん) やらないです。

すごくないです?
何 作ってんだろうな。

この ごはん。

<その隣で…>

(滝沢) そうやって 潰すんだ。
しかも…。

これが… 手間のかかるね!

<丁寧に…>

バター。
(滝沢) バターだ。

え?

こっから?

牛乳だ。
滑らかにするんだ。

<すると…>

(日村:設楽) あっ ついに!

(滝沢) これ やっと食べれるの?

いや… これ でも何か 耐熱…。

すっげぇ滑らか。

これちょっと マジ…。

ポテトで ふさいだ。

アッシパルマンチ?

(志麻さん) ハハハ…。
マンティエ?

(志麻さん) パルマンティエ。

ジャガイモのお料理には

パルマンティエさんっていう人の
名前が付いてる。

え~!
全部?

<うま味エキスをまとった
牛肉の上に

滑らかトロトロのジャガイモ>

<さらに
たっぷりのチーズをのせ…>

あ! 来たよ。

う~わ~!

(滝沢) え~! ここまでカリカリ。
す~げぇ。

ホントだね。

すごい… おいしそう。

よ~し…。

<4年待ったバナナマンに捧ぐ

志麻さん 渾身のひと品>

う~ん… う~ん!

…が 噛めば噛むほどって感じ。

うまい。

うわ…。

私 これ…。

600億円 どういうこと?

全体を こう。
(滝沢) そうですよね。

これは ちょっと…。

まぁね。

偏食だからね。

岩田さんは もうマジで。

「早く帰りたい」って言ってんのよ。

シンプルな悪口 ねぇ!

アッシパルマンティエです
これです。

うわ~。

うわ ホントだ。

おいしいですね。

あれ? ちょっと ねぇ…。

(笑い)

もう ないね。
(岩田) ないですよね。

<と 再び…>

(滝沢) え? え?
いやいや。

残ってる 残ってる。

何やってんの! 志麻さん。
(滝沢) お米が泳いでる。

また 米をそこで洗う。

ヌメリ 取るの?

ハハハ…。
だって ねぇ。

いやいや! 志麻さん。

俺かな?

<そして…>

(滝沢) それ 何ですか?

砂糖!

(滝沢) 危険! え~!?

志麻さん…。

<ご飯に たっぷりの砂糖と
牛乳を入れて

火にかける謎の料理>

俺 今日 ここに来るのに。

<日村のリクエストの ご飯料理>

<そして…>

あら カブだ。
ごぼう カブ。

<そこへ…>

あ~!
(滝沢) え~?

出た! 俺の 使うんだ。

これは使わないと思った。

え? ウインナーに合うソース?

すごい混ぜる うわ~ すごい…
きめ細かく。

はぁ~。

あぁ 混ぜながら入れるんだ。

<湯煎で溶かしたバターを

卵の泡が消えないように
ゆっくり投入>

そういうことだね。

(志麻さん) そうです。

(滝沢) うわ~! 楽しそう。

<志麻さんの本気ソースで
温野菜が

レストランのような
極上のひと皿に>

うぇ~い。

<ソースたっぷり>

泡じゃないですか?
うん!

(滝沢) 不思議~。

色は似てますけど…。

(滝沢) クリーミーな。

(笑い)
(出川) 分かる。

…じゃないですか。

おいしかった
おいしいソースだった。

<いつにも増して…>

<すると ここで…>

今 思い出した。

あぁ~。
フレンチトースト!

(志麻さん)
パンを… 同じようにつけて。

え~!

パンプディングって
ありましたよね。

え?
え?

リクエスト!

<まさかの…>

<そこへ…>

余ったやつでも。

<角切りした…>

(志麻さん) はい。

ホント よく カレンちゃん
言うけどさ。

ねぇ! 理想ですよね。

(志麻さん) これは…。

お米のおやつ。

(日村:設楽:滝沢) え~!
フランスでは。

知らなかった。

俺 ただ…。

<…を添えれば>

うわ~ 何かオシャレ。
(滝沢) 杏仁豆腐みたい。

<フランスでは定番>

<お米のスイーツ…>

うまい?
初めて食べた こんなの。

(滝沢) ホントだ
お米じゃないみたいですよね。

<と ここで ずっと…>

この状況から…。
(滝沢) さらにラーメン。

ねぇ。

ラーメン どうなってんのか。

<すると…>

キノコだ キノコだ。
(滝沢) やった~。

<水分を飛ばすと…>

何だ? 鍋に入れたぞ。

お水 入れちゃう?

<水分を飛ばして…>

ラーメンの…。

こいつは やっぱそうなんだよ。
キノコ ダシ?

おいしそう!

ついに 明かされる?

そうだ そうだ。

<…と>

(志麻さん) これ…。

へぇ~!

(笑い)

志麻さん ホント?

<秋が堪能できる うま味の骨頂>

絶対おいしそうだけどね。

ゴールデンスープ。

<熱々のご飯にかけて…>

この そっと…。

まぁね。

ただ 俺ら…。

(笑い)

確かに うまかったけど。

<そして いよいよ…>

あ~! やってくれるんだ。

これが そうなのか。

<序盤で…>

<スープの仕込みをしていた
志麻さん>

<さらに 味を凝縮>

<その 肉の…>

出た。

(志麻さん) はい。
へぇ~。

よかったじゃないですか。

うわ~…。

こんなこと できんの?
最初っから やってましたもんね。

<さらに…>

<志麻さん…>

志麻さん…。

<そして…>

はい!

<まずは!>
(沸騰ディレクター) あっ サランラップ?

(志麻さん) サランラップは
ハリやコシがあって 丈夫で…。

(サランラップが切れた音)
とても切りやすいです。

ぴったりと密着して
うま味を逃がさないから

いつも愛用しています。

完成です。
おいしい!

サランラップがあれば
簡単に作れます。

(歯医者)ハブラシ選びのポイントは
(上戸)ズバリ ヘッドの薄さ!

《薄いハブラシなら奥まで届きやすいんです》

決めた!ハブラシは 薄さで選ぶ!

《歯垢除去率 1.4倍!》

♬~「クリニカ」《極薄ヘッド》

♬~ (芦田)泡ボディソープの泡って段々
ヘタるイメージありません?

(中谷)ある!
「hadakara」の新しい泡は

増えるんです
ほんとだ~

《洗い終わりまで ずっと
もこもこ増え続けます!》

すっごい!

<誕生!増える
泡ボディソープ>
♬~「hadakara」

<…を披露!>

(志麻さん) …だと思うんで。

ラーメン作れちゃうんだ。

出た やっぱ!

シンプルに行ってるわ。

マジっすか。
ハハハ…。

(志麻さん) これで…。

出た…。

やった~!

<たらふく食べたお腹に
志麻さん特製 締めの…>

スープ うまい。

うまい。

もう 明らかに…。

志麻さん…。

(滝沢) ホントに おいしいです。
すごい! 志麻さん ホント。

余裕で行ける。
ホントうまい このスープ。

(笑い)
(カズレーザー) インフレがすごい。

<そして…>

プディング 出来た。
(滝沢) めちゃおいしそう!

うわ~!

う~わ!
う~わ~。

バターじゃねえや。
(笑い)

うわ…。
マジで!

うわ~ ありがとうございます。

<バナナも添えた
わがままリクエスト>

<その味は?>

(滝沢) 早い。

びっくりする。

そう! 鬼うまい。

う~ん!
うまいよね?

(笑い)
飛べそうだよね。

しょうゆラーメンです!
(佐藤) やった~!

…っていうのも またね。
確かに! 立ち食いだ 今。

そんな… 大層なものでは。

(滝沢) 早い キレイ。
う~ん。

んふ~!
普通に…。

(佐藤) ホントに。

(笑い)
あ~ よかった!

やりたいよね。

続いて パンプディングです。

うは~。

うまくない?
これ ヤバいですね。

…って 改めて思わない?

これを普通に すぐ作れるってさ。

(朝日) 天才だ。

(滝沢) 確かに。

志麻さん…。

(笑い)

<作りに作った料理>

もう…。

分かる。
胃の軽さはあるんだよね。

すごかったって。

(3人) ありがとうございました。
ありがとうございました。

<海上における人命救助や
不審船の領海侵犯など

犯罪防止に努める…>

<中でも…>

<今 その…>

<…ということで>

(沙羅) あっ おはようございます。

(樋口さん) おはようございます。

ようこそ…。

よろしくお願いします。
お願いします。

海上保安大学校…。

…学校になります。
え~!

<保安官としての
体力は もちろん

法律や海上保安行政の知識など

幹部としての
リーダーシップを教え込む>

<中でも…>

(掛け声)
うわ 何か もう…。

(樋口さん) 聞こえて来ましたね。

すごい もう…。

(樋口さん) 大体…。

(樋口さん) …ような職種。
え~!

厳しいな。

<海上保安庁は
11の管区に分かれており

試験に参加できるのは
管区ごとの選抜試験で

トップの成績を収めた者のみ>

<そんな彼らが
寝食を共にしながら

およそ2か月かけ
プール試験と海洋試験に挑む>

はじめまして…。

よろしくお願いします。

ハハハ…!

<さらに 現役…>

<その…>

え~ 無理だよ。
怖いなぁ。

(スタジオ:設楽) 1分20秒も?
(スタジオ:日村) これ 無理だ。

(スタジオ:設楽) この段階で無理だね。
(スタジオ:日村) うん 怖いなぁ。

(スタジオ:日村) いや 怖いなぁ。

<現場での…>

(スタジオ:設楽) いや 30秒で
今の子 あれだと

結構 無理だよ。

(一同) はい!

ですよね。

(一同) え~!

え!?

<各種目には 目標値があり

プール実習
最終日の検定で…>

2分半って もうちょっと
普通の人…。

無理じゃないっすか?

え~!

<現場では…>

<息継ぎなしで50m泳ぐ…>

<と…>

(大城さん) OKです。

今…。

そういうことか。

<過酷な訓練に食らい付こうと
自分の…>

<そんな中でも 実際の…>

<救助が必要な人の
運搬を想定し…>

<…などが続き>

≪まっすぐ まっすぐ まっすぐ≫

(鐘の音)

頑張れ 頑張れ!
≪頑張れ 頑張れ!≫

<と…>

<研修生の1人が…>

<すると…>

(大久保さん) 分かる?

手…。

<死と隣り合わせの現場では
こうした…>

工藤です。
お疲れさまでした。

まだ…。

(一同) え~!

それは…。

自分としては…。

そもそもなんですけど…。

<さらに…>

…の年で。

29?
はい。

なので どうしても しっかり…。

あ~ そうなんだ。

<7本の練習の締めは

疲れ切った…>

(恰さん) 行くぞ。
(研修生たち) はい!

≪ファイト!≫
≪ファイト!≫

3kg?

<どれだけ…>

<実際に現場では
救助ヘリを待つ間…>

<と…>

≪下がる 左手!≫

≪修正せぇ 修正≫

≪ウエート つけんな!≫

ギリギリだと思う
ギリギリで戦ってる。

頑張って!

<沈むのを恐れ
バタ足のように…>

≪左手!≫
≪右足だ 右足≫

≪右 つくぞ 右 つくぞ≫

(鐘の音)

≪ラスト ラスト≫

ホントに…。

頑張れ~!

(鐘の音)

うわ~!

ヤバい。

OKです!

OKで~す!

頑張れ!
あとちょっと あとちょっと!

よかった。

OKです。

(一同) うわ~。

<検定の基準は 5kgの錘を
持って15分>

<…の1つ>

僕…。

…とか やったことあって。

…させられたこと あるんすけど。

(林) それを…。

休ませ!

(研修生たち) はい!

(研修生たち) はい!

(恰さん) 私のほうから 以上。

<と…>

(高山さん) 多分 ここで一回…。

え~!

<一体 その…>

<次は…>

<…を 頭にたたき込み>

<空き時間を見つけては
筋力トレーニングも>

眠くなる。

<そして…>

(高山さん) お願いします。
(研修生たち) お願いします!

(高山さん) そこで…。

<そこで この訓練では

1人の研修生が素潜り状態で

水中に設置された
4つのボンベを

安全点検して行くのだが…>

<その間の…>

<そして…>

<まずは 研修生が…>

<ボンベから
酸素を補給しながら

残圧計やボンベの栓が
閉まっているかなど

安全点検を進めて行く>

<すると…>

(スタートの合図)

<水中で残圧計やボンベなどの
安全点検を進める

エアステーション訓練>

<すると…>

(スタートの合図)

<2人目の研修生がスタート>

<だが そこには まだ
点検を終えていない1人目が>

<その間は 2人でボンベの…>

<と…>

<そう この訓練では…>

<するため 前の人間が…>

<そして…>

(サイレン)
(高山さん) いったん 上がって。

(サイレン)

<と…>

はい!

(一同) え~!

一回 やめさせました。

今…。

<すると…>

(潜水士) おい 何や? 今のは。

(百田さん) はい。

(百田さん) はい。

(百田さん) いえ!
(潜水士) 何や? 今のは!

はい!

(潜水士) お前は…。

はい!
(潜水士) 仲間におったら。

はい!

はい!

<仲間の
空気が欲しい合図に気付かず

自分の作業を優先>

<実際の現場では…>

<こうして
プレッシャーの中で…>

<いかなる状況でも…>

<…を鍛え上げる>

やっぱ 上官とかも
いっつも あんな…。

そうですね やっぱ…。

いや ホントだろうね。

<失敗を経て…>

(スタートの合図)

<他の研修生も…>

<しっかりと
連携が取れるように>

<ここで…>

ああいう…。

(高山さん)
…っていうことになってしまう。

<全てが…>

<彼らは…>

…ことも あったんですけど。

(工藤さん)
言ってくれたおかげで…。

<そして…>

<管区の…>

<果たして 彼らは…>

<いよいよ…>

<プール検定は
4種目>

<1つでも不合格なら
潜水士にはなれない>

<まずは…>

(スタジオ:出川)
頑張れ 頑張れ…。

(スタジオ:日村) あとちょっとだ
あとちょっとだ。

(スタジオ:佐藤)
もうちょっと もうちょっと。

(終了の合図)

<大城さん 工藤さん含め
24名…>

(拍手)

<さらには
この日 初めて挑む…>

(カズレーザー: 設楽) え~!

下に着きました。

ゆっくり上げて…。

スムーズに…
スムーズに肩に乗せられました。

あっ 早い!

頑張れ 頑張れ!

≪頑張れ工藤≫
頑張れ もうちょっとです。

≪OK!≫

OKです!
よし よし よし!

(一同) お~!
(拍手)

<続いて…>

スムーズです ここまで。

せ~の! 行った!

浮上 早めです。

すごい すんなり。

<大城さんも含め…>

ありがとうございました。

うわ~!
(拍手)

<続いて…>

(鐘の音)

頑張れ 頑張れ!

よし!

(恰さん) 分かったか?
≪よし!≫

やるんだもんね。

≪錘 つけるなよ 工藤≫

≪錘 つけるなよ 工藤≫

<立ち泳ぎを苦手としていた
工藤さん>

≪落ち着いてる
落ち着いてる≫

≪OK OK≫

≪安定してる 安定してる≫

<ところが
10分経過したところで…>

<なんと 工藤さんの…>

<だが 最後まで粘り…>

行ける行ける!
行けます! 行けます!

<一方…>

≪よっしゃ 行け~!≫

≪ラスト ラスト!≫

≪行け 行け 行け~!
いいぞ~!≫

(スタジオ:日村)
すげぇ すげぇ すげぇ。

(スタジオ:出川) 頑張れ 頑張れ。

(拍手)

≪ラスト ラスト!≫

≪OK! ナイス!≫

<大城さん 無事…>

…って言える あの精神力。

かっこよかったです
あの大城さん。

<そして…>

<日頃の…>

<…を
受けさせてもらえることに>

(鐘の音)

≪OK~!≫

(拍手)

(拍手)

ありがとうございます。

…だと思っております。

ここまで来たからには…。

<果たして 全員そろって…>

林さんから 沸騰ワードが
あるそうですけども。

僕の沸騰ワードは
『恋する寄生虫』です。

潔癖症の青年と

視線恐怖症 小松菜奈さんが
演じる高校生が

虫によって
恋の病に落ちて行く

異色のラブストーリーとなってます
来週金曜日 公開です。

ぜひ 大切な人と
劇場でご覧ください。

<そして Huluでは
本日の放送回も過去の放送回も

いつでも どこでも見られます>