ねほりんぱほりん【香港のデモに参加した人】当たり前の自由が崩れゆく恐怖[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ねほりんぱほりん【香港のデモに参加した人】当たり前の自由が崩れゆく恐怖[解][字]

モグラになった山里亮太とYOUが顔出しNGのゲストからねほりはほりする人形劇赤裸々トークショー。今回のゲストは「香港のデモに参加していた人」。

詳細情報
番組内容
揺れる香港。自治や自由を求め、最大200万人もの市民がデモに参加したが、中国政府の圧力は続く。ゲストは一連のデモに参加し現在は日本に留学中の男性2人。デモの最中、頭上で炸裂した催涙ガス。監視を恐れてSNSではデモという文字は使わない。さらには意見の違いから親と対立したり、恋人と別れたり。それまで当たり前にあった自由が徐々に制限され、監視や密告の恐怖と隣り合わせの社会に。その実情を根掘り葉掘り。
出演者
【出演】山里亮太,YOU,長濱ねる,【語り】石澤典夫

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
趣味/教育 – その他
情報/ワイドショー – 芸能・ワイドショー

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. デモ
  2. 香港
  3. 日本
  4. ホント
  5. 政府
  6. 自由
  7. 中国
  8. アンディ
  9. レオン
  10. 二人セゾン
  11. 結構
  12. 参加
  13. 自分
  14. 大学
  15. 彼女
  16. Wikipedia
  17. お願い
  18. ビックリ
  19. ペッパースプレー
  20. マスコミ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)

ここは ねほりん国。

…と カフェで
おしゃべりしていただけで…。

♬~

…と SNSで つぶやいただけで…。

♬~

どこかで監視され
誰かに密告される恐怖と

常に隣り合わせ。

そんな…

…のような所で
あなたは 生きていけますか?

世界には 実際に そんな不安を
抱えた人たちがいる国や地域があります。

その一つが…

今夜は…

たまには グローバルに…

もうホントに…

どうしよう 結婚したいの。

BTSとですか? うん。

どなたですか? JUNG KOOKだけど。

でも もし JUNG KOOKより前に

RMに「結婚しよう」って言われたら
しちゃうかもしれない。

(笑い声)

さあ YOUさん 今回
お越しいただく方がですね

「香港のデモに
参加していた人」。

これは大事な話ですね…。
そうなんですよ。

映像… ビックリする。

ミャンマーとかも
すごかったですね。 ね。

アメリカとかも
ひどいし。
ああ 確かに。

だから 日本も…
あれは何年ぐらいなの? 学生運動の。

はいはい はいはい。
東大の あのとこで。

以来 とても おとなしい
じゃない? 日本。

まあ そうですね。
いろんな 怒りの感情をあらわにして

何か直したいって思って立ち上がる人の
数は 少ないかもしれないですね 日本は。

つうかさあ。
はい。

なんで こんなに
あたしたち いい子なの!?

(笑い声と玄関チャイム)

どうも どうも。
よろしくお願いしま~す。

(カエルD)香港の方です。
(2人)はい。

日本語は もう全然分かる?

ああ 大丈夫かなと思ってますね。
大体分かると思います。

ホントに 勉強させてください。
いろいろ教えてください。

お願いします。
(2人)お願いします。

香港のデモに参加していた
アンディさんと レオンさん。

現在 日本に留学中です。

今回 日本語で
一生懸命 話してくれました。

これ 香港のデモに
参加したってことを

しゃべったりとかしても
大丈夫なんですか?

まあ 顔を出さなければ
大丈夫だと思います。

ただ 政府に反対することを言ったら

逮捕される法律が 去年 出来たので。

そうそうそう。 だから なんか
顔出せば 終わりや~みたいな感じ。

ええ~。
終わりだ。

うん そうですね。
例えて言えば

刀が首に置いてある みたいな感じで。

ブタさんに細心の注意を。
(アンディ レオン)お願いします。

これは ホントに
ちょっと

マジで命に関わる
問題だからね。

さあ これ デモって

どういうことをするのかっていう
ところから 聞いてもいいですか?

そうですね デモは 基本的に
主張が同じ人が集まったり

そして 主張したいことを声に出して

歩いたりしますよね。
そう。

長いこと歩いたりとか されますよね?

そうですね。
そうですよ。

大体5kmくらい歩いて
めちゃ混んでるので

4時間かけても なかなか ゴールを…。
進めないね。

そうそうそう。
疲れたりとかしないですか?

まあ 疲れるけど これは 運動ですね。

体の運動でもあるし まあ もちろん

社会的な運動でも ありますよね。

すごい人数 集まってましたよね。

あれ 何人ぐらいだったんですか?

えっと~ 200万人ぐらい?

香港の人口は
大体750万人ぐらい いるから

4分の1ぐらいかな
香港人の総数の中で。

そもそも このデモっていうのは
何のためにしてたんですか?

要するに 香港では 今 中国政府の圧力で
どんどん自由がなくなったり

つまり言論の自由?
言いたいことが言えなくなってて

みんな これに対して反対してますね。

ウシ澤です。

ここで ちょっと
香港の歴史を ご説明しましょう。

もともと 中国の領土だった香港が

イギリスの植民地になったのは
およそ180年前。

以来 独自の発展を遂げ

中国とは異なる自由が
認められてきました。

中国に返還されたのは 1997年。

それから 50年間は

自由な社会が保障されるはずでした。

しかし近年 その自由を
中国が認めなくなってきたのです。

これ 取り締まりは厳しかったんですか?

危ない目にあったことも
結構ありました。

警察隊がペッパースプレーとかを。
ペッパースプレー?

(アンディ)からしとか 結構ヒリヒリする…。
ああ ペッパー…。

そうですね。 浴びたところが
やけど? みたいに赤くなって。

腫れちゃうよね。
はい。

病院に運ばれた人も けっこういましたね。

そう。 私も
なんか いきなり

催涙ガスを
発砲されて。

そう。 一旦 空に発砲して

そして なんか降りてくるんです。
上から降らすんだ?

そうそう 降らすんですよ。
その範囲も広くて

燃焼の作用もあって ペッパースプレーより
もうちょっと強いですよ。

へぇ~!

まあ だから みんな
デモ行く前に 水を購入して。

そうそうそう。 このような
300mlではなくって 2Lぐらい。

大きい水で 2本ぐらい持って

もし ペッパースプレーとか
使われたときに

このような水を使って
刺激物を流すんです。

あっ そう 2L 2本持って。

そうそう そうそう。

そうですね。

ケガした人とか いっぱい いたでしょう?

そう。 なんか
今までにないくらいの規模なので

警察隊以外に デモ隊を
無差別に攻撃する集団が出たんですよ。

なんか 木刀? を使って
殴ったりするんですよ。 ええ~!

もともと デモの参加者は

ブラックブロックという
真っ黒な服を着る習慣

暗黙的な約束があって。

でもなんか 無差別に攻撃する
集団がいるから

帰り道で 襲われないように

トイレとかで 一旦 普通の服に
着替えてから 家に帰るんですよ。

なるほど~。
うんうん うんうん。

だから あの時 日本のユニクロ?

めっちゃ商売ができて

シャツとか Tシャツとかも安いし
着替えもしやすい。

そう だから お金持ってる方が
10着ぐらい買って配る

という やり方もある。 へぇ~。
そうそう そうそうそう。

すごい…

そうです。

ふだんの取り締まりも
これ 厳しいんですか?

そうですね。 デモに関する
特にネット上の発言は

気にしなくてはならないから。
そうだね。

みんなも 暗号? を使うようにしてる。

だって ホント
それこそ携帯なんて

政府が見てるかもしれない
とか思うじゃん。

だからね 暗号使わないと危ないよね~。

そう だから 例えば
デモに参加するときに

「ピクニックに行こうね」
という言い方があって。

それと もうちょっと
ゲームみたいな感じで

「火の魔法」というか。

そう。 火炎ビンという言葉
出せないから 言いかえです。

へぇ~ 火の魔法。
そう。

記録が残るとヤバイですもんね これは。

まあ そうですね。
そうですね。

電車とか バスに乗るとき

なるべくICカードとか

使わないようにするんです。 そうだよ。

そうそう そうそうそう。 だから

現金だけを使って 切符買って乗る

みたいな感じですね。

これ 大学とかは どうなんですか?

大学も 取り調べられたりするんすか?

まあ そうですね。 かなり
取り締まりのターゲットになっています。

特に 人文学科とか 社会科学の学科とか

どうしても 研究が 政府のことを
批判する可能性があるじゃないですか。

なるほど。
そっか。

これね あと 香港のデモに関して
最近 ニュースで

あまりこう 見ることができなくなったな
って気がするんですけど どうですか?

そうですね まあ 今 香港では

デモの開催を探すリスクが
めっちゃ高くて

だから 今 デモが なかなか
できない状態が続いていますね。

実際 政府にとって 都合の悪い人たちが

次々に逮捕されているんですね。

そっか~。
ああ~…。

デモが収まってるのは

解決に向かってるからでは
決して ないわけなんですね。

そう。
むしろ 自由に意見が言えるようにって
いってるデモだったのに

そのデモを潰そうとして
もっともっと自由がなくなるように

今 いろんなこと動いてるわけですか?

そうです。 そうですね。
はぁ~!

自由に意見が言えなくなっている
という香港。

かつて 日本でも
同じようなことがありました。

時は 大正時代の終わり。

国は 治安の維持を口実に

政府に都合の悪い考えや運動を

取り締まるための法律を作りました。

その結果…

拷問などの厳しい取り調べで
命を落とした人もいました。

こうして 徐々に…

…がつくられ
戦争に進んでいったのです。

マスコミも操られ
政府の言うことを垂れ流すだけ。

政府が 戦争するといったら…

国民一人一人の幸せや命よりも
国益が優先される。

もし 日本が再び こんな方向に
進んでいきそうになったら

その時 私たちは
声をあげられるでしょうか?

これって
どこに向かうと思う?

まあ~… まあ みんな
多分 終点がわからなくて…。

そう…。

うわ~…。
そっか…。

これ ね 世の中が なんか おかしいなって
初めて思ったの いつです? うん。

私は 中学校に入ってから 暇な時

結構 Wikipediaで いろいろ調べて

その時 天安門事件の
記事を見つけたんですね。

まあ 香港の教科書では
この部分が載っていたけど

全然 詳しく書いていないので

こういう ひどい
現実があったのが
めちゃビックリした。

え それを見た時どう思いました?

まあ まずは Wikipedia
すごいなと思った。

(笑い声)

すごいよね。
でも Wikipedia ずっと

中国で閲覧できないんですね。

こんな大事な情報でも
中国でオープンしないっていうことに

結構 戸惑ったんですよね。

都合の悪いことは
やっぱ 隠されちゃうっていうことを

知ったんですね そこで。
そうですね。

最近 改訂された教科書とか あるんです。

三権分立についての説明で

三権分立は
政府の独裁を防ぐ目的がある

という記述が
削除されたんですよ。

ちょ… え?
え?

なんか そこまで あからさまに? という。
そうね。

そう。 でも
ホントに起こってるんですね。

そう。
はぁ~! だから

独裁国家っていうのは
そういう教科書とか そういうことを

教育とかで洗脳してくっていうのは
あるんですね。

だから 年々 愛国教育が
激しくなっているんですよ。

日本の皆さんにとって
分かりやすいのは

戦前の日本と

類似点が多いと思いますね。
戦前の日本と似てる。 うん。

朝 授業が始まる前に 国旗の前に
立たされて 国家を歌わされたり

授業で 中国の言うことは絶対と

教えられたりしますよね。

そう。 中国は 独自の道があるから

外国の
よその思想を受けなくても大丈夫

という教育も したりしていました。

え…。
ああ~…。

比較の基準がなければ

どっちが正しいか どっちが間違ってるか
分からなくなるから。

そう。 私は だから
息子がいるんだけどね

息子が小さい時に
「お菓子 買ってくれ」って言われるのが

面倒くさいなって思ったから
3歳まで お菓子 食わさなかったの。

そうすれば 「買って!」とも
言わないわけじゃん。

だから それをやってました。
(笑い声)

知らなければ
不満を感じない。

そうそうそう。
そうですね。

レオンさん どうですか? 世の中が
おかしいと初めて思ったの いつですか?

いや 私も 天安門事件だったんですよ。

私のほうは Wikipediaではなく

高校3年の時に ホームルームで

担任の女性の先生が
教えてくれたんですよ。

中国大陸では 天安門事件の
生中継が見れないんですよ。

でも 香港では見れるから。

先生は テレビ中継を見たらしいです。
ああ~…。

あの日 いい国にしたいと
声をあげた若者が

数多く殺されたんですよという なんか

泣きながら あの…

話してくれたんですよ。

先生にとって これは

若い世代に伝えないといけないことだと
知っていたから

カリキュラムの中にないものを

教えてくれたんですよ。
なるほど。

でも 今後の香港は このような教育

全くできないかも
しれないんで ホントに。

国家安全法ができてから

密告ホットラインができて。 そう。

あるんですよ。 そうです。
えっ!

じゃあ さっきみたいな授業を
もし 今したら

国家安全法に従って その先生は
教職を失うっていう…?

かもしれないね。 うわ~…。
いや~…。

普通はね マスコミが なんかこう

そんなことが起きたっていうふうに
言ったりするけど

それ 違うんですか? マスコミは。

香港では 多数のマスコミも いわゆる
中国主義になってしまったので

政府に コントロールされているんですよ。
ああ~…。

更に 政府に批判的な
新聞社の代表者が捕まって。

そう なんか あの なんか… 見せつけ?

見せしめ?
見せしめ!

見せしめのような感じで
そう やってるんですよ。

え~ ねえ もう 超ヤバイじゃん。

それと 中国に なんか 批判的な本を
置いてあった本屋の関係者が

行方不明になってしまって。

いや~ これ なんかね

自分たちが思うね ダメなものはダメ

好きなものは好きって言えない
社会ってのは これ 生きづらいですよね。

そうですね~ なんか 脅威? 脅威?

脅威に感じてるんですね。
う~ん…。

どこまでは言えるのか どこまでは
言えないのか分かんないので

その境界線が 曖昧になってしまって

自分の身を守るために

どうしても
忖度になるんですよ。

そっか そうならない
ように声をあげて

ずっと 香港のデモで
みんな歩いて

一生懸命
声あげてたんですね。

そうですね。
そうです。

ここで 少し日本での出来事を紹介します。

去年 政府に政策の提言などをする
学者たちの集まり

日本学術会議の新たなメンバーとして
推薦された人を

政府が任命しないということが
ありました。

政府に批判的な人を排除したのではないか
との声も出ましたが 政府は…

それを受けて 学者たちも 任命を求める
声明や 要望書を出し続けています。

ここで 番組が 1, 000人に
アンケートした結果を紹介します。

その理由としては…

思ったことが自由に言えるはずの
日本のSNS。

政治への発言を ちゅうちょしてしまう
空気が あるようです。

これ 親には デモに行ってること
っていうのは 言ってたんですか?

言ってなかった。
言ってない。

絶対に もめると分かっていたから。
えっ。

レオンさんのご両親は
政府寄りの考えだったんですか?

あの~ 私の父は 中国生まれだから

ある程度
愛着があるかもしれない という状態。

だから 父も母も
基本的に デモについて

否定的だと思いますね。

そう 私の場合も ほとんど同じですね。
へぇ~。

父が 中国出身で シャワー浴びるとき

中国をたたえる「東方紅」という革命の歌を
歌っていたほど好きなんですよね。

「東方紅」 ど… どんな歌なんですか?

(せきばらい)

♬~

すっごい。
へぇ~。

これ どういう歌詞なんですか? 今のは。

中国共産党によって 人々は救われる

みたいな意味の歌詞なんですよね。

中国は正しいっていうふうなのが
お父さんの…。

そうですね。 そっか。

なるほど。 えっ これ
デモに行ってたの隠せたんですか?

隠せたんですよ。
へぇ~。

いつも 「いやいやいや 大学に行ってる
だけですよ」って ごまかしたんだけど

でも なんか
ある日 父が デモに参加すると

言いだしたんですよ。
ものすごく
ビックリして。

うれしさもあるけど

ビックリするほうが強いですね。

でも あの 今 振り返ると
多分あの~

お父さんが 私 デモに行ったこと

多分 知ってたかなと思って。

はぁ~。 なんか すてきな
お父さんじゃない?

そうですね。
余計なこと言わずにね。

そうですね。

え デモに お父さんと行ってみて
どうでした?

思い出せる印象的なシーンがあって

次の日のテレビで
デモのニュースを見ていた父が…

…という言い方で

僕に聞こえるように つぶやいたんですよ。
ええ~…。

彼なりの励ましかなと思ってる。

そうそうそう。 ホントに 感謝する。
ね~。

エールだったんですね それが。
そうそう そうそうそう。

しかし 自由を求めて 声をあげても…

2人は ついに…

大学を卒業してから
大学の研究者になろうと思ってました。

でも 香港で これから
もう自由な研究はできないと思って

海外に行くことにしましたね。

ああ そっか~。
そっか そうだよね~。

私も そう思ってる うん。

たとえ 研究できても

その発表ができない。
できない。

未来は さらに厳しくなるかなと思ってる。

どうして
日本に行こうって思ったんですか?

日本のアイドルが好きです。

アイドルグループ。

えっ? だ…
誰が好きなんですか?

元欅坂46の 平手友梨奈さんと

長濱ねるさん。

推しですね。 そう。
YouTubeで よく

「二人セゾン」を よく聴きます。

ねるちゃんは譲らないですよ。
あれ? レオンさんも?

推しかぶり。

ご存じしています。
「7RULES」という番組で。

そっか。
そう。 ちなみに「二人セゾン」ってのは

結構 歌えたりするんですか?

♬「二人セゾン 二人セゾン」

♬「春夏で恋をして
二人セゾン 二人セゾン」

今 どっちが ねるちゃんで
どっち 平手ちゃんでした?

♬「秋冬で去って行く」

負けられないよ これ 絶対!
(笑い声)

もう満面の笑み。

今までの怖い話 してた時と 全然違う。

やっぱねぇ…

例えば 日本でも
よく知られている

香港の周庭さん。
ああ!

欅坂46の「不協和音」を
よく聴きましたね。

へぇ~!

いつでも支えてもらいました。

だから ホントに 周庭さんも
「僕は嫌だ」って言いたいこと

いっぱいあるでしょうからね。
いや ホントに。

まあ 心の支えですよ ホントに。

ホントよね。 分かるわ。

いや~ すごいすごい いい~。

やっててよかったと思うわよ
ねるだって~。

次 言っといてください。

いい子よ あの子は
ホントに いい子。

さあ そしてですよ アンディさん
日本行きについて

両親は どういう反応してましたか?

超反対でしたね。
ああ~ ダメだ もう反対だ。

まあ 父は 日本に対して
いいイメージがないんですよ。

様々の歴史課題とかもあるし。 だから…

え~…。

(アンディ)
でも 自分は…

(アンディ)…と言ったんですよね。
ほう! アンディさん 言ったんだ それは。

(アンディ)はい。
そしたら ビンタされたんです。 へぇ~!

(アンディ)大人になってから
初めて たたかれましたね。

でも ね お父さんも
もちろん心配して… ねぇ。

はぁ… 私が推測するのは
父が子供の頃 結構 貧しかったので

私には…

…と期待した。
期待してたんだ。 う~ん。

だって ね 優秀でねぇ。

そうね ホントに。 これ アンディさん
出発の日は お父さん

どんな感じだったんですか?
はぁ~…。

その時 父親は ちょうど出張していて

だから 出張する前に 私の部屋に訪れて

ドア開けて…

…と 声をかけてくれたんですよね。

私は その時は
気まずくて 父を見ないで

「わかった」と
ひと言だけ返したんです。

あら! そう!

母親は バス停まで
見送りに来てくれて

そして バスに乗る直前

彼女のほうから ハグして…

…と言ってたんですね。

その時 お母さんが泣いてはなかったけど
でも バスが出たあとは

どうだったのか分からないんですよね。
いや~ 泣いちゃったわよ~。

レオンさんは どうでした?

私のお父さんは また真逆で

反対せず 受け入れたんですよ。

でも あの~ 一番 何ていうか

あの~ う~ん…

なんか 配慮しているのは

当時つきあっていた彼女。

一緒にデモに行ったことあって

2人で香港から出よう みたいな

話してたんですよ。

でも 彼女が 政府に距離が近い大企業に

就職することになって

私のほうから
別れようと切り出した。

えっ それは どうでしたか?

まあ つらいですね
彼女と 6年ぐらい つきあってるから。

でも どうしようもないと思う。

う~ん…。
そっか~…。

彼女は 政府寄りのエリートの道
選んでるから…

別に非難しているわけではないけど

むしろ 香港にいる人々にとって

これは 一番無難な道だと
思ってるんですけど

逆に 自分が なんか ハズレ者のような
気分になってしまって

だから なおさら
このような未練を断ち切るために

なんか ますます
日本に来たかったんですね。

あ そう~…。

香港で生きていくって決断する人も
いるってことなんすね。

公務員職を目指している人

または ビジネスで生きていくと
決めている人は

香港政府や
中国を無視できないんですよね。

新天地での新しい生活を求めて

日本へ留学した2人。

しかし 今も不安を抱え続けている。

卒業後は どうするんすか?

うん… 今のままの香港だったら

かえ… 多分 帰れるけど
帰りたくないんですよね。

そっか~。
まあ でも ホントに

日本で 研究職の仕事が

得られるかも分かんないですよ。
なるほど。

あと これから
自分の香港人という アイデンティティが

どうなるのかも もう
かなり不安ですよね。

実は 私も同じ。

ちょっと なんか 心配するところですね。

はぁ~ そっか。

よくある話でね なんか
「自由というのは

永遠の警戒心を持つこと」ですね。

自由を脅かす場合に気づいて

ちゃんと 声をあげる。

僕たちも そうですね。 ねっ。

うん そうですね。
そうですね。

いつ でも そうなるか分かんないですよ
日本だって。

ね~ ホントだよ。

ちょっと言うとくわ 私。
次 言っといてください。

ありがとうございます。

まさか 海外で知ってくださって
応援してくださってるなんて

ホントに うれしいかぎりです。
ありがとうございます。

というわけで アンディさん
レオンさん。 聞きました。

約束は守ったよ~。
ありがとうございま~す。

♬~