遠くへ行きたい「松田丈志が新潟へ!秋の信濃川の恵みでフルチャージ健康旅」[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

遠くへ行きたい「松田丈志が新潟へ!秋の信濃川の恵みでフルチャージ健康旅」[解][字]

今回は元競泳日本代表の松田丈志が新潟へ▽スリル満点!ラフティングに挑戦▽サウナの後は日本海にダイブ!?▽真っ黒な健康スイーツ!驚きの正体▽里山で作る濃厚ハチミツ

詳細情報
出演者
【旅人】
松田丈志
番組内容
今回は元競泳日本代表の松田丈志が新潟県を旅する。旅のはじまりは日本一の大河・信濃川でラフティングにチャレンジ!メダリストのバタフライも披露!続いて、秋の味覚を求めて、信濃川の支流・魚野川で伝統漁「やな漁」を体験&110年守り続ける伝統ナス「中島巾着」。長岡に伝わる健康にも役立つ不思議な盃「十分盃」。サウナを出たら日本海へダイブ!行列のできる真っ黒な健康スイーツの驚くべき秘密!濃厚ハチミツ「百花蜜」
音楽
【テーマ曲】
「遠くへ行きたい」
歌手:森山直太朗
作詞:永六輔
作曲:中村八大
制作
ytv
田園工房
番組ホームページ
★https://www.ytv.co.jp/tohku
★http://www.to-ku.com
★ツイッター&フェイスブック&インスタグラムでも情報発信中!
取材地
新潟 長岡~柏崎

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ハハハ
  2. 岩館
  3. ナス
  4. 松田丈志
  5. サウナ
  6. ミツバチ
  7. 気持
  8. 信濃川
  9. 新潟県
  10. 中島巾着
  11. グレープフルーツ
  12. ダイブ
  13. ホント
  14. ヤバ
  15. 健康スイーツ
  16. 草野
  17. 長岡
  18. 日本海
  19. Go
  20. オススメ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



(松田丈志)
イ~チ ニ! イ~チ ニ!

<こんにちは 松田丈志です>

<ここは新潟県>

<…に挑みに来ました>

(岩館さん)
はい 前こぎ せ~の!

<川の流れに乗りつつも

もまれぬようにあらがう
真剣勝負>

回る回る。
(岩館さん) 水かかりますよ~!

あ~!
(岩館さん) よいしょ!

あ~や~や~や~!

激しい!
(岩館さん) 松田さん…。

まだある? もしかして。

<その二面性こそが
信濃川ラフティングの魅力だそうです>

ザ~っていう音が
だいぶデカいよ これ。

<いよいよ 最大の難所へ突入>

来た来た来た!
(岩館さん) 前こぎ せ~の!

イ~チ ニ! お~!

お~! おぉ おぉ お~!

アハハ… お~!

ヤバい ヤバい! おっ… すごい!

<200m続く長い荒波>

来るよ 来るよ!

<こんなスリリングな体験
初めてです>

イ~チ ニ!

また来る! あ~! うお~!

ヤバい 岩がある!

ハァ ハァ うぅ…。

(岩館さん) OKで~す!
ハハハ いやいや…。

もうね…。

じゃあ信濃川にごあいさつに
行って来たいと思います。

<日本一の大河で もう1つ

これが やりたかったんです>

気持ちいい。

(松田の声) 信濃川 気持ちいい!

<伝家の宝刀 バタフライ!>

<松田丈志の
『遠くへ行きたい』!>

♬~ 知らない街を 歩いてみたい

長岡の鮎
いただきたいと思います。

<2種類の…>

<…に舌鼓>

うん!

<海辺のサウナ体験で

世界最大の水風呂
日本海へダイブ!>

<世にも奇妙な
健康スイーツに遭遇>

お~ あっ でも何か…。

合いますね。

これじゃないですか? 大きい。

そうです それが女王バチです。

<里山のミツバチが作る…>

おいしい!

<新潟で 秋の健康旅>

<いい味
いい風景を求めて歩きます>

<まずは 秋の味覚を求めて

信濃川の支流 魚野川へ>

<ここには今や全国でも珍しい
ある伝統漁が残っているんです>

こんにちは。
(関さん) こんにちは。

伝統的な漁をここでやられてると
伺って来たんですけれども。

僕…。

そこも有名ですよね。
同じ?

同じです。
ほぉ~。

<そう…>

<くいなどを使って
川の流れの一部を遮り

迷い込んだ魚を捕らえる
という仕掛けです>

<流れに逆らえなくなった魚は
待ち構える漁師さんの足元へ>

<今は脂ののった落ち鮎の時期>

<楽しみです>

川のどセンターって感じ
ど真ん中。

そうですね。
お~!

ハハハ…。

鮭とか鮎と泳いだら楽しそう。
ハハハ…。

今日 何かちょっと…。

今 この木が…。

それをじゃあ。
ぜひぜひ。

<竹のすのこを
敷き詰めることで

鮎を傷つけず
取ることができるそうです>

<作業すること30分
仕掛けが全て整いました>

<漁は雨の日や早朝など

水中が見えにくい時が
一番の狙い目>

<条件がそろえば
次々 あがって来るそうです>

<以前
取った鮎を流してみると…>

戻ろうとしてるヤツいる!
戻ろうとしてる!

あそこで頑張ってる
耐えてる耐えてる。

耐えてるけど…。
1・2・3…。

その辺にいたけどね。
いましたけどね。

けど まぁまぁ 戻って来ましたね。

来た来た…! お~! すごい。

確かに鮎を
捕らえることができました。

<簗漁で取れた鮎を
いただきます>

<豪雪地帯に水源を持つ
魚野川は

良い水が一年を通じて流れ
鮎の味も格別だとか>

うちの鮎も食べてみてください。
長岡の鮎いただきたいと思います。

<生意気言ってみましたが
果たして味は?>

うまい!

あっ うまい!

あぁ そうなんすか。

うん。

ホント…。

これは すごい。

<関さん 本当においしかった>

<ごちそうさまでした!>

うめぇ!

<鮎といえども所変われば
味も変わりますね>

お~ 何か…。

こんにちは~
ナス いっぱいなってますね。

(田さん
) 中島巾着っていう
伝統野菜ですね。

すごい!
もうリンゴみたいな形ですよね。

<信濃川の河川敷では
肥沃な土を利用して

さまざまな伝統野菜が
作られて来たそうです>

こんなナス。

その保存食の味噌漬けに適した

特性があるということで
主に使われてたんですね。

このナスが?
そうです。

<僕も収穫をお手伝い>

うん キレイ。

巾着っていわれるから…。

味がいい?
(田さん
) 味がいいというか

昔からの性質を
持ってるんですね。

これが今
つぼみになってますよね。

朝 早いと勝手に…。

なるほど。
んなもので…。

花が咲いた時に…。

で また袋をかぶせてやって

ある程度の大きさになったら
袋を取ってやって

こういう形のものを。
大変!

これ じゃあ普通に置いてたら

勝手に違うナスの種類に
どんどん変わってっちゃうんだ。

そうです。
いやいや これ…。

<こちらが実から採取した
貴重な中島巾着の種>

<田家では
110年にわたって

この種を
守り抜いて来たそうです>

<取れたてを切ってみると…>

お~! 硬い!

お~! いや ちょっと…。

リンゴを持ってるような感覚。
あ~ 確かに確かに。

<中島巾着は
保存食に適した硬い特性から

蒸かして
食べられて来たそうです>

いただきます。

ん~!

あっ うまい!

シャッキシャキ!

野菜を食べた
って感じじゃないですね。

それこそ…。

(女性) お待たせしました。
何すか? これ。

<蒸かしナスを
今風にアレンジした

オススメの食べ方>

あっ… 合う!

何かもうグラタン
これは初体験ですね。

先人たちもいろいろ…。
やったんでしょうね。

焼いた人もいたでしょうね
きっとね。

<伝統の味
中島巾着 堪能しました>

<松田丈志の新潟県の旅>

<長岡市を離れる前に
ちょっと駅ナカへ>

<長岡は
16もの酒蔵がある酒所>

<そしてここでは
ユニークな利き酒ができるんです>

オホホホホ。
(南さん) こちらが酒番所です

<県内産の日本酒がズラリ!>

(南さん) 500円
お支払いいただきますと

5枚をお渡ししておりまして
このメダルを機械に入れると

お酒が出て来る仕組みに
なっております。

南さん…。

では 田友。

現地で認められたっていうこと?
そうですね。

こちらに
メダルを入れていただいて。

白ワインか
僕 白ワインも大好きなんで。

こちらのスイッチを押して。
押す?

<スイッチを押せば
おちょこ1杯分>

<これは面白い>

いただいていいですか?

う~ん! あっ ホントだ。

ありがとうございます。
こちらでございます。

<さらに土産物を物色>

これ 何ですか?

十分盃。

全部そうなんですけど
真ん中に何かあるんですよ。

はいはい…。
(川上さん) 普通に入りましたね。

(川上さん) ただ…。

わたたた… 出て来た 出て来た。

そうですね。

ハハハ…。

何かいいとこで止まる
とかじゃなくて?

そうなんです。

気圧のあれか。

すごいよね。

いや あのね…。

ハハハ
全てなくなるっていうのがすごい。

<「足るを知る」
健康にも役立つ教えですね>

<長岡市を後に…>

<…で一路 日本海へ>

<日本一 海に近い…>

<…のある柏崎に
やって来ました>

<ここには目の前に広がる海で
驚きの健康体験ができる

特別な宿があるんです>

これかな?

こんにちは~。
(杤堀さん) いらっしゃいませ。

何か海を満喫させてくれる
ということで来たんですけれども。

ありがとうございます。

<季節ごとに
カヌーやバーベキューなど

四季折々の遊びを提供する
小竹屋旅館>

<これからの季節に向けて

新たなサービスを
始めたそうです>

もう海 目の前じゃないですか。

そうなんです
もう海しかないので。

サウナ? へぇ~!

<なんと…>

低い扉になってます。
お~!

どうですか?
いい!

まず この木の香り すごいするし。

薪の香りも。
薪の香りする。

薪ストーブです。
ストーブ こだわったんでしょ?

こだわりました。

ロウリュもできて?
はい。

セルフロウリュあり?
もちろんです。

体が火照ったら海にダイブ。

その状態から…。

この風が大事なんですよね。
おっしゃる通りです。

気を付けてください。
ホント 木の香りがね。

あ~ いい感じ。

おいしょ!

お~! いい眺め。

ちょっとずつ表面は
ジワジワ来てますよ 汗。

<まず10分かけて
じっくりと体を温めます>

こうやって無になれる時間が
大事なんですよねぇ。

ロウリュ 行ってみますか。

最後の仕上げ。

お~ 来るねぇ!

<蒸気で体感温度がマックスに>

ふぅ! 暑っちぃ!

<機は熟しました>

よし!

Go Go!

<この海は 通年遊泳OK>

<勢いをつけて… ダイブ!>

はぁ~!

あ~ 気持ちいい!

<海水ならではの
この浮遊感が最高です>

めちゃくちゃ気持ちいい。

これねホント水温がそんなに
多分 低くないんだけど

めちゃくちゃ冷える 冷やされる。

フワフワした感じになりますよね。
もう今 フワフワしてる。

あ~!
ハハハ。

こりゃ…。

<冷えた体温が再び戻る感覚>

<肌に当たる海風で
神経が研ぎ澄まされて行きます>

<本場フィンランドもビックリの
究極のサウナでした>

ノドグロとタイと
地元のサザエです。

<サウナの後は日本海の
ぜいたく海鮮バーベキュー>

ちょっとね 入れ過ぎるとさ

全部
なくなっちゃうから控えめに。

<長岡駅で買った
日本酒も添えて>

これぐらいで行こうか。

いただきます!

これもうさ
おいしくないわけがないよね。

<まずは 高級魚ノドグロから>

うん おいしい! うまい!

う~ん! 身がホクホクしてて。

このほのかな甘みがいいですね。

これはもう地元で取れたての。
プリプリですね。

<続きまして サザエの出番>

この苦味の残った口の中に…。
そこにね…。

あ~。
どうでしょう?

ありがとうございます。
ハハハ どういたしまして。

そうですね。

真剣勝負ですね。

<夕暮れ時となれば この風景>

<サウナと食事
そして 絶景に

身も心も癒やされました>

<次は…>

お~ あっ でも何か…。

合いますね。

<松田丈志の新潟県の旅>

<金物の町として知られる
三条市へやって来ました>

<ここには今年誕生した
話題の健康スイーツがあるんです>

これかな?

<行列のできる
スイーツ店を発見>

何か…。

…いうふうに
聞いて来たんですけど。

鉄?
はい。

開けてみてください。

どうぞ よかったら。

<出ました! 鉄分を補える…>

<なんと表面に
鉄粉らしき粉がのっています>

一緒にガツっと?

<まずは恐る恐る ひと口>

ん?

あっ バニラの味。

あれ? でも…。

これ どうですか?

へぇ~!

<竹炭に食べられる鉄分を
混ぜてあるので

まるで砂鉄のようです>

これだけ食べてみていいですか?

あ~!

これだけ食べると…。

鉄。

<度肝を抜く健康スイーツ
鉄アイス>

<子供たちの鉄分補給のため

学校給食のオファーも
来ているそうです>

<三条市を後に新潟市へ>

<実は僕 体調管理のため

長年愛用しているのが はちみつ>

<ここには百花蜜という

濃厚なはちみつにこだわる
養蜂家がいるんです>

僕…。

それから一日が始まる
っていうふうにやってて。

ホント体調管理にね
すごい活用してたんですよ。

煙がすごいぞ。

こんにちは~。
(草野さん) こんにちは。

あっ そうなんだ。

<準備は整いました
いざ ミツバチの元へ>

デンジャラスゾーンに
入って来ましたよ これ。

ちなみに これ何ですか?

ネズミ捕り?

どうやって?

うわ デカっ!

こいつがもっと
10匹ぐらいいたら壊滅します。

え~!

天敵との戦いでもあるんですね。

<養蜂家にとって 秋のこの時期

巣を襲うスズメバチとの戦い>

<毎日 何度も巣を見て回り

見つけ次第 駆除しています>

<煙を巣箱にかけて
フタを外すと…>

こういうハチの巣です。
お~ すごい。

<中には2万匹ものミツバチが
生活しています>

すごい栄養があるという
プロポリス。

これってミツバチにとっては
何なんですか?

(草野さん)
例えば こういう木の箱も

ちょっと隙間風が
入るようになったりすると

そこをこれで埋めます。
へぇ~。

これじゃないですか?
ちょっと大きい。

そうです それが女王バチです。

お~。

この辺 はちみつなんですけど。

こちらは
はちみつではなくて 要はサナギ。

サナギ
これから生まれて来るってこと?

そうですね
働きバチが それぞれの穴を

どういうふうに使おうか
こういうふうに考えて

ここは育児をしよう
ここは冷蔵庫にしようとか

そういうふうに選んでます。
へぇ~。

<巣穴の膜を剥がせば
中には はちみつがたっぷり!>

<さて いよいよ

里山で採れた濃厚百花蜜を
いただきます>

これはさっきの山で採れた?
さっき見ていただいた山で。

まさにあの場所で採っている。

スズメバチとの格闘も乗り越え
ここまで来たと。

お~!

まだ余韻 残ってますもん。

高いワインの後から後から
香りがのぼって出て来るような。

それが国産の特徴になるんです。

何ですか?
グレープフルーツ。

<次は 草野さんのオススメ…>

<これは うまいに違いない!>

<果たして
はちみつグレープフルーツ の味は?>

あ~。

アカシアみたいな
さっぱりした はちみつだと

グレープフルーツが
勝っちゃって

はちみつっての
全然 感じられないんですけど

こちらのはちみつ
ぴったりだと思います。

おいしい。

<新潟県を巡った今回の旅>

<伝統を継ぐ心意気と

新しいものを生み出す元気に
出合いました>

<皆さん ありがとう!>