有吉ゼミ▼ギャル曽根VS相撲親方軍団&男ブラ▼激辛麺VSなにわ男子&蛙亭参戦[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

有吉ゼミ▼ギャル曽根VS相撲親方軍団&男ブラ▼激辛麺VSなにわ男子&蛙亭参戦[字]

鉄板焼き爆盛りタワーに相撲・岩友&音羽山親方が参戦▼デカ盛りVS柔道100kg超級・影浦に男性ブランコ▼激辛VSなにわ男子&田原可南子蛙亭イワクラU字工事

出演者
【教授】有吉弘行
【秘書】水卜麻美(日本テレビアナウンサー)
【ゼミ生】坂上忍、博多華丸・大吉、矢作兼、ギャル曽根、高橋恭平・藤原丈一郎(なにわ男子)、男性ブランコ
【ロケ出演】岩友親方、音羽山親方、ジェラードン、影浦心、佐竹桃華、田原可南子、蛙亭、U字工事ほか
番組内容
▼チャレンジグルメ
①鉄板焼き爆盛りタワーに角界から親方軍団が参戦!
ジェラードンも意地を見せる!
②3kg超!鶏ざんまい丼!柔道100kg超級・影浦心がギャル曽根を追い上げる!大食い佐竹桃華&キングオブコント準優勝・男性ブランコも爆食
③超激辛VSなにわ男子
紅蓮の激辛フカヒレ麺VSなにわ男子・高橋恭平&田原可南子&蛙亭イワクラが悶絶!U字工事益子も隊長の意地を見せる!
監督・演出
【企画・総合演出】橋本和明
制作
【チーフプロデューサー】秋山健一郎
【プロデューサー】横澤俊之、越山理志
【制作協力】えすと、AXON、極東電視台
おしらせ
有吉ゼミはTver&Huluでも見逃し配信中!
水曜7時からの姉妹番組「有吉の壁」もぜひご覧ください!

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – 旅バラエティ
情報/ワイドショー – グルメ・料理

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. スタジオ
  2. 曽根
  3. 有吉
  4. 頑張
  5. ギャル曽根
  6. 影浦
  7. 高橋
  8. 到達
  9. 藤原
  10. 益子
  11. 福田
  12. ヤバ
  13. 一方
  14. 田原
  15. 中野
  16. イワクラ
  17. 一同
  18. 大食
  19. 店員
  20. 音羽山親方

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



(水卜) 『有吉ゼミ』。
(有吉) 開講!

<これまで 数々のデカ盛りを
制覇して来た ギャル曽根>

(ギャル曽根)…が来てくださいました
この方々です!

(岩友) こんにちは。

頑張ります!

<…で勝ち星を量産>

<現役時代には…>

<を飾った…>

<さらに>

(音羽山) こんにちは!

…を奪いに来ました。

頑張ります!

<…の巨体を武器に

得意の…>

<…で活躍>

<…が初参戦>

(3人) お願いします。

<ブレークの兆しが>

<ジェラードンから 一番の大食い
アタック西本が参戦>

(笑い)

<やって来たのは…>

<ギャル曽根を…>

(店員)
はい お待たせいたしました~。

(一同) おぉ~!
≪デッカ!≫

(曽根) 何 これ~。

<その量 なんと…>

<まずは たっぷりのニンニクに

ライスを500g投入>

<を加え
しっかりと混ぜ合わせれば…>

<…が完成>

<…を炒め 焼き飯と組み合わせ

そこに しょうゆベースの濃厚な
特製ソースをたっぷりと加え

じっくり炒めれば…>

<その量 なんと…>

<ニラとニンニクが
たっぷり入った お店人気の…>

<…の超巨大サイズに焼き上げ

そば飯の上に豪快に>

<さらに…>

<スタミナ焼きの上に もう1枚>

<頂上には
チーズを200gも使用

超濃厚な味のチーズ玉を
重ね合わせる>

<すると 3枚で…>

<タワーの周りには

関西人も びっくり!>

<盛り付け>

<ブロッコリーとネギで
彩りを加え

仕上げに 目玉焼きをのせれば

関西の味が大集合>

<…が完成>

<総重量は驚異の…>

<総カロリーは…>

<…にも及ぶ>

(店員) スタート!
(一同) いただきます!

(曽根) せっかくだから…。

いただきます!

<さらに>

≪うまそう≫

う~ん!

(曽根) あっ おいしい!

<好みの味付けに
箸が止まらない挑戦者たち>

<だが>

すごい…。

<超ヘビー級メニュー>

<すると>

どんどん
進めて行こうと思います。

<得意な炭水化物を
大口で一気に食べ進めて行く

ギャル曽根の…>

<面白いように
炭水化物を減らして行き>

≪余裕じゃん マジで≫

≪ウソだ!≫

<…に到達>

<一方
大食い界の横綱 ギャル曽根に

真っ向勝負を挑んだのが>

(一同) おぉ~!

僕ら…。

<そう 仲のいい…>

<相撲界を盛り上げようと
立ち上げた…>

<…などに挑戦し>

<音羽山親方と岩友親方>

<周りの たこ焼きを中心に
食べる作戦で…>

(一同) おぉ~!

(曽根) 豪快!

(曽根) っていうか 早っ!

<ギャル曽根をリード>

<一方 もう1人の親方…>

もう 何かあれば すぐ…。

<実は…>

<岩友家>

<ヘラで器用に食べ進め>

(曽根) えっ!
≪早っ≫

<音羽山親方に並ぶ…>

<…に到達>

<このロケが決まった日から…>

<胃を鍛えて来たという…>

(かみちぃ)すごい似てるっていわれて。
(曽根)えっ!

<そう…>

<シュっと
していた>

<だが コントで
てっぺんを取りたいと…>

<食べ続けた結果
今の体形に>

<その作戦は?>

≪行け 行け 行け 行け!≫

≪アタック!≫
≪来た 来た 来た≫

<一点突破>

(曽根) えっ 早っ。

<トップの…>

<…に到達>

<だが ここで さらなる試練が
挑戦者たちを襲う>

<そう…>

<…と大量に>

<かめば かむほど
もちもちした食感が…>

<…と たまるのだ>

<だが…>

(音羽山) できるなら…。

えっ!

<息子と共に…>

<ぺろりと平らげてしまう
音羽山親方>

<苦戦する一同を横目に…>

<食べ進める>

≪すごい!≫

<と 音羽山親方の
3年先輩の岩友親方が>

はい。
行くぞ!

≪行った 行った 行った!≫

<…を見せつけたい!>

<力士らしい…>

<…を披露し>

≪すごい すごい≫

<音羽山親方は…>

<岩友親方は…>

<…に到達>

<親方衆の挑発に
ギャル曽根が…>

≪えっ≫
≪うわうわ!≫

<怒濤のハイペースで
追い上げて行き…>

<親方衆を抜き…>

<大食い猛者3人による
ハイレベルな戦いに>

<だが ここで
挑戦者を悩ませる…>

<そう 実は この…>

<を振りかけているため…>

<挑戦者の…>

はぁ~。

<これまで奮闘して来た
西本も>

<すると>

(曽根) ちょっと 今…。

(アタック西本) あら。

≪行け 行け 行け 行け!≫

<実は 若手時代から6年間
交際を続けた女性と 昨年 結婚>

<1児のパパになった西本>

<それでも…>

<…と 嫌な顔ひとつせず
付き合ってくれた優しい奥様が

今回…>

<家族との…>

≪こっから こっから!≫

<…に到達>

お願いします。
(スタジオ:博多華丸) 指定で?

<片や
大食い界の横綱 ギャル曽根に

ここまで食らい付いて来た…>

<ニンニクの強烈な刺激にやられ
まさかの…>

<この後 親方衆が…>

(藤原) すげぇ!

<打倒 ギャル曽根に向け

勢いよく 食べ進める>

<…に到達>

<一方…>

<…も負けてはいない>

<実は どうしても…>

私…。

(曽根) おぉ~!

<…を始めたという
長男に

今日は 現役時代のように…>

<を見せ…>

≪すごい すごい≫

<…に到達>

<全員が300g差の…>

<だが ここで…>

えっ?

≪えぇ~!≫

<そう なんと…>

<しかも>

うん!

<これまで…>

<…を食べ続けて来た
挑戦者たちに

さらなる…>

<だが そんな先輩を横目に>

すいません これ…。

(曽根) わぁ!
≪すごい!≫

<巨大ベーコンを一気に>

≪すげぇ! すごい!≫

<すると>

いただきます。

(スタジオ:有吉) これだよ。

<互いに一歩も引かず
大口で食べ進める…>

<両者3kgの大台を突破>

<一方 巨大ベーコンの出現で

なかなか…>

<西本>
はぁ~。

<すると>

<そう この風貌は
人気コントに出て来る…>

(海野) お願いします。

(かみちぃ) 頑張れ~!

<今年で…>

<…に行くほど
仲よしのジェラードン>

<仲間の応援に背中を押され
西本が…>

(海野) 行ける 行ける よっしゃ!

<ついに3kgに到達>

<三つどもえの大食いバトルに>

≪よいしょ≫

≪うわ~ あとちょっと!≫

≪すげぇ すげぇ≫

≪えっ うわ~!≫

≪ヤバい≫
≪皆さん 急いで 急いで≫

(スタジオ:坂上)
あれ? 行けんじゃん?

≪ホントに ヤバい ヤバい
もう終わっちゃうよ≫

≪早っ すごっ≫

(スタジオ:有吉) あれ? すごい!

(スタジオ:矢作) すごいね やっぱり。
(スタジオ:有吉) さすが!

<その隙に>

≪うわ うわ ブロッコリーで≫

≪マジか~≫
≪うわ~ すげぇ≫

<ギャル曽根…>

<その頃 音羽山親方は…>

<西本は…>

<果たして…>

(曽根) 頑張れ。
(スタジオ:有吉) 親方 行け!

≪すげぇ うわ~ あとちょっと≫

≪おぉ~ すごい!≫

(スタジオ:有吉) あぁ すげぇ。
(曽根) 頑張れ 西本さん。

≪頑張れ 頑張れ!≫
≪すごい すごい すごい≫

(曽根) おっ!

すごい あとひと口!

行った~!

<音羽山親方…>

<そして>

≪1… 終了で~す≫

(岩友) はぁ~。

≪これは すごい≫
(曽根) すごい。

<結果 西本は 大健闘の…>

<成功の…>

(店員) お代無料と
あんこ巻きとアイス添え。

(音羽山) ありがとうございます!
(曽根) おいしそう いただきます。

(スタジオ:有吉) すごいな。

<ちなみに…>

(笑い)

今回は…。

…が来てくださいました
この方たちです!

<得意の背負い投げを武器に

自分よりも はるかに大きい
外国人選手を

豪快に投げ飛ばす>

<さらに>

≪ファイナリストナンバー 6番≫
<昨年…>

<…を受賞>

<きゃしゃな
体格ながら…>

<に 名乗りを上げた…>

<…が 初参戦>

<そして>

(スタジオ:博多大吉) おっ 来たよ。

(スタジオ:有吉) 何だ?

(浦井) 全然 全然… はい。

(浦井) あぁ…。
(平井) すいません お優しい方。

(浦井)
持てますか 大丈夫ですか?

末路?

<…で 話題に>

<これを機に
本格的なブレークを目指す

男性ブランコ・平井まさあきが
参戦>

おぉ~!

(曽根) 大丈夫ですか?
(佐竹) いや 私…。

<やって来たのは…>

<ギャル曽根を…>

(店員) お待たせしました。

(佐竹) えぇ~!
(曽根) ヤバっ!

<その量 なんと…>

<大ぶりの鶏もも肉に
ニンジン ゴボウなど

具材が ごろごろ入った
お店自慢の鶏めしを

どど~んと山盛りに>

<その上から

ふわっふわの卵で
覆い尽くせば…>

<続いて…>

<だし巻き卵をこんがりと揚げた
お店名物…>

<をのせれば…>

<さらに
15年以上 継ぎ足している

秘伝のたれで焼き上げた…>

<そして…>

<2種類の つくねを
トッピングすれば…>

<仕上げに…>

<のせれば

たったひと皿で…>

<3つの味が楽しめる…>

<…が完成>

<総重量は驚異の…>

(店員) スタート。
(一同) いただきます!

<この後 大食い猛者たちに…>

うわ 早い!

<…に挑む>

(店員) スタート。
(一同) いただきます!

いただきます。
(スタジオ:有吉) うわ うまそう。

(佐竹) おいしい!

<さらに>

う~ん!

いろんな味を食べながら…。

(平井) なるほど。

<無難な作戦ながら>

<尋常ではないペースで
スタートダッシュ>

<…に到達>

<一方…>

<佐竹桃華>

う~ん!

(曽根) 若い!
まだ…。

頑張りたいと思います。

<まだ…>

<幼い頃から ギャル曽根に憧れ

大口で奇麗に食べることを

マネし続けて10年>

<この番組に懸ける思いは
人一倍 強く>

≪早いな≫

<ギャル曽根に並ぶ…>

<しかし
もっと すごかったのが…>

(曽根) ヤバっ!

(スタジオ:有吉) うわ すげぇ。

(曽根) へぇ~!

<世界チャンピオンで
ありながら

JRAで書類作成など…>

(曽根) すごっ!

(影浦) 今日は…。

<以上 食べた時に…>

<…と確信>

<今日は 絶対 完食すると
会社で宣言して来たそうで>

<大好物のご飯を中心に

怒濤の勢いで食べ進め>

(曽根) ヤバくないですか?
めちゃ早い!

<ギャル曽根を大幅に上回る
1.4kgに到達>

<序盤から
大食い猛者たちによる…>

<一方…>

<勝負を懸けて…>

<いまだ…>

<ここで 何としても
完食して売れ

雨に おびえる生活から
おさらばしたい>

(浦井) いいぞ。

<…と ここで

ご飯を食べ進める影浦が…>

何か これ…。

<そう…>

<の ご飯には…>

<挑戦者の…>

<そんな中>

<デビュー1年目の佐竹には
どうしても…>

<なかなか
面と向かって…>

<今日こそは…>

(スタジオ:有吉) かわいい
理由が かわい過ぎるよ。

(スタジオ:有吉) 早いんじゃない?
(曽根) 佐竹さん すごい!

もう 半分 行ってる!

<…に到達>

<元祖大食いクイーンも…>

<圧巻の食べっぷりを見せ>

≪めちゃくちゃ早いんですけど≫

<…に到達>

<そして 柔道王者も食らい付く>

「ぜひ 出て来い」と。

(曽根) うわ~!

(曽根) おぉ~!

<同じ中学の 後輩だった
ねねさんと…>

<東京オリンピックに落選し
落ち込んだ時も

奥様の…>

<もう これ以上…>

<その一心で食べ進め>

<ギャル曽根と同じく…>

<…に到達>

<いまだ 3人が
ほぼ横並びの大接戦>

<だが ここで…>

(曽根) 何ですか? それ。

<そう…>

<隠されているのだ>

<予期せぬサービスに
挑戦者たちも…>

(スタジオ:有吉) 喜べよ。

<しかし ギャル曽根>

(スタジオ:藤原) えぇ! ひと口!?

(スタジオ:矢作) いいね。

<そのままの勢いで>
行きます。

≪えぇ~!≫

<…と
これを目の当たりにした影浦>

(スタジオ:有吉) 頼むよ 影浦さん。

≪すごい≫
≪すげぇ!≫

(スタジオ:有吉) 曽根ちゃんのほうが
デカいんだな。

(佐竹) すごい!

<お互い 一歩も譲らぬ…>

<一方 男性ブランコ・平井には
ある秘策が>

(スタジオ:有吉) 時間かかってる。

(浦井) よし!
(曽根) おぉ~ おぉ~!

<この作戦が 意外にも功を奏し>

(スタジオ:有吉) 頑張ってるけどな。
<一方

ここまで順調だった佐竹に…>

…って感じます。

<…と>
じゃあ…。

…で行きます 見ない。
(スタジオ:水卜) かわいい。

<視覚からの情報を断つことで
脳の満腹感をまひさせる

秘技 見ない食いで
巻き返しを図る>

<これが 意外と功を奏し>

<チキンカツを食べきり…>

<一方

ギャル曽根と影浦>
(スタジオ:有吉) いい勝負。

(曽根) 影浦さん 親子丼 もう…。
(影浦) 食べました。

<2人のデッドヒートも佳境に>

≪すごいって≫

<ギャル曽根が
わずか200gリード>

(曽根) 初めて食べる。

<しかし ここで…>

(影浦) 相当 ヤバいです。

<そう…>

<大量に使用した だし巻き卵を

油で からっと揚げた
お店名物…>

<その濃厚な味わいに>

<ここに来て 影浦 まさかの…>

<と そんな影浦に…>

<以前…>

<…に挑み>

(曽根) 最後のひと口!

(曽根) 言われてますね。

(スタジオ:有吉) すげぇ。

(曽根) えっ えっ!?

(スタジオ:有吉) ヤバいね 来たね。

<再び 影浦の…>

(スタジオ:藤原)
すげぇ すげぇ すげぇ。

(曽根) おぉ~!

<果たして…>

≪いや~≫
≪えぇ~!≫

≪すごっ≫
≪うわ すげぇ≫

(スタジオ:藤原) あとちょっとや。

≪すげぇ≫

≪うわ!≫
≪あぁ~ 行っちゃう≫

≪すごい≫

<だが
大食いクイーンは止まらない>

(スタジオ:有吉) あぁ すごい。

(曽根) うん。

<ギャル曽根…>

<堂々の完食>

<その頃 影浦は>

(スタジオ:矢作) どうだ?
(スタジオ:有吉) さぁ 急げ。

<残りわずか>

(曽根) 頑張れ すごい!

(スタジオ:矢作) すごいね。
(スタジオ:有吉) みんな すごいわ。

≪う~わ すごっ!≫

≪うわ~!≫

(スタジオ:有吉) すごい すごい。
≪行った~!≫

<影浦 心 ギャル曽根から
遅れること15秒…>

<堂々の完食>

<そして>

≪2・1…≫

≪終了で~す≫

<結果…>

<気になる…>

わぁ~ ありがとうございます!

<ちなみに…>

(影浦) はい。

坂上さん いかがでした?

あれ…。

まぁ~ かわいい!

なにわ男子の お2人
いかがでしたか?

あっ そう。

(高橋) 挑戦したいです。
どう?

あっ そう。

(藤原) 待ってくださいよ。

分かった。

<挑戦するのは>

(福田) 先日 街中で
「激辛隊長!」と声を掛けられて

うれしかったので 今日も…。

<これまで 激辛3戦全勝>

<新激辛隊長 U字工事・福田>

(高橋:藤原) どうも~。

同じく…。

お願いします。

<…を行うなど
今 人気急上昇中>

<なにわ男子から

激辛が得意という
高橋恭平が参戦>

<さらに>

(田原) 今日は…。

<父は 永遠のアイドル
田原俊彦>

<タレントの…>

<そして>

(イワクラ) どうも。

(中野) そして…。

<前回…>

<…に挑み>

<絶叫しつつも 見事…>

<蛙亭・イワクラが参戦>

<やって来たのは 中華料理店…>

(店員) お待たせしました。

<まずは スープ作り>

<朝天唐辛子と
自家製激辛ラー油に

さらに 朝天唐辛子を
ラー油で漬け込んだ

辣椒大王を どっさりと>

<そこへ 超激辛の…>

<…を たっぷりと>

<豆板醤と うま味が詰まった
鶏ガラスープを入れ

200℃に熱した石鍋へ>

<もっちもちの…>

<大量の…>

<麺 一本一本に
しっかり まとわせれば…>

<トッピングには
餃子を2つ>

<さらに 高級食材 フカヒレは

辣椒大王で 真っ赤に漬け込み

これを ひと晩 寝かせ
辛さを浸透させた…>

<中央にトッピングすれば
灼熱の辛さが続く…>

<…が完成>

<果たして…>

(中村) 顔の印象はね 変わるのよ

歯で

顔の印象はね 変わるの

歯 で

<ライオンが本気で作った美白ハミガキ>

<「ライティー」>
《試して「ライティー」》

♬~ (芦田)泡ボディソープの泡って段々
ヘタるイメージありません?

(中谷)ある!
「hadakara」の新しい泡は

増えるんです
ほんとだ~

《洗い終わりまで ずっと
もこもこ増え続けます!》

すっごい!

<誕生!増える
泡ボディソープ>
♬~「hadakara」

(店員) スタート。
(一同) いただきます。

<まずは
最近 行きつけの定食屋さんで

激辛料理をサービス
してもらえるようになった福田>

(益子) 頑張れ!

(中野) 大丈夫ですか?
(スタジオ:有吉) 麺は いいね。

(藤原) もう この短時間で。

<わずかひと口で
顔中 ずぶぬれ>

<そして 1週間 あらゆる食事に
七味唐辛子をかけ…>

(高橋) いただきます。

(スタジオ:有吉) ヤバいんじゃない?

あ~ ヤバい。

<そう 縮れ麺に激辛スープが
よ~く絡まり…>

<そして 自宅に キャロライナ・リーパーを
常備する 激辛好き…>

≪頑張ってください≫

<片や…>

<果敢にも
スープと麺の二刀流に>

(スタジオ:有吉)
二刀流? 強いんだな。

(スタジオ:有吉) えっ 強い。

(福田) うぅ~ 辛ぇ。

<そんな中>

≪おっ 行くね≫

<なにわ男子・高橋は
手を止めず ひたすら…>

それこそ 関ジャニ∞の…。

それこそ…。

何か これ…。

聞いてると
何か分かんないですけど…。

見ててください
頑張ります。

<関西ジャニーズJr.時代から

毎年 メンバーに
パソコンやスニーカーなど

豪華なクリスマスプレゼントを
くれるという

太っ腹な大倉先輩>
≪カッコいい≫

<華々しい激辛デビューを飾り

少しでも恩返ししたい>

(藤原) 頑張れ。

(藤原) あれ? 電源 落ちたぞ。

<それでも…>

(福田) よっしゃ。

(スタジオ:有吉) デューズって何だよ。

<ますますの…>

<福田も奮起>

<そのままの勢いで
フカヒレにも果敢に>

<そう 実は このフカヒレ

辣椒大王を
たっぷり かけた後に

爆辛の追いスコーピオンを加えた
超激辛

炎の…>

<10分間
しっかりと蒸しているため>

(イワクラ) 辛さが。

(高橋) 行ってみます。
(スタジオ:水卜) これが出合いなんだ。

<そんな中>

いただきます。

(スタジオ:有吉) うわ 行った。

(福田) でも 田原さん すげぇ。
(益子) 田原さん いいね。

<実は 並々ならぬ思いが
あるそうで>

いつかね…。

≪頑張ってください≫

<ランチに誘うも
なかなか乗ってくれない父>

<今日の激辛を頑張る姿を
見てもらって

いつか…>

(田原) 行くよ。

(中野) うわ~ 行った!

(田原) んん~!

<…に到達>

<だが ここで
思わぬ試練が>

(益子) 何だ? どうした?

<そう…>

<…と 入っているため>

<ひとかみごとに
強烈なシビれが口中に>

<だが>

(福田) 行くぞ。

<餃子といえば
残さずに いただくのが…>

辛ぇ! シビれる!

≪すげぇ≫

<すると>

<なぜか イワクラも…>

≪行った≫
(益子) おっ 来た すげぇ。

≪うわ すごい≫

<実は>

(益子) 実は われわれも
ちょっと前に…。

行くぞ。
行くぜ。

<餃子を愛するライバル県民が激突>

<意地とプライドで
シビれ餃子に挑む>

んん~!

≪頑張れ≫

<それでも
開始15分で 共に…>

<一方 なにわ男子・高橋は

喉のシビれで…>

あぁ~!

<想像以上のシビれに
その表情は…>

<すると>

僕…。

すげぇな。

(高橋) 行きます。

<自画像を3時間かけて描き

ケータイのフォルダに
保存するほど…>

<高橋>

<ここに来て>

<止まらず 食べ進め>

≪行った 頑張れ! 頑張れ!≫

(高橋) 行きます!

(中野) えっ? 本気だ。
行きます。

(藤原) 行った!
(中野) うわ 行った ひと口。

行きます!
(益子) 頑張れ。

(高橋) 頑張ってください。

≪うわ すごい≫
(益子) 行け行け行け!

<果たして…>

うわ すげぇ。

<だが…>

<そう 残ったスープには

フカヒレのスコーピオンや
餃子の山椒の辛みが溶け出し

とんでもないシビ辛に>

ホォ~。

(益子)
あれ? どうした イワクラさん。

<そんな中>
(スタジオ:矢作) うわ マジで?

(藤原) 見せたれ。

<なにわ男子・高橋が
根性を見せる>

<ナルシストキャラを忘れ…>

(田原) 頑張れ。

(益子) 行け 行け 行け!

<なにわ男子・高橋
あと少しのところで

激辛スープにやられ
ノックアウト>

<一方 福田も 激辛スープに…>

<…と>
痛い。

(益子) 小太郎ヶ淵! 行け!

(福田) よっしゃ 最後 行くぞ。
≪マジ?≫

<小太郎ヶ淵の
爽やかな風を感じて 一気に>

(藤原) ゴールが見えて来た
ゴール見えて来た 頑張れ!

(益子) 隊長!

(高橋) 頑張ってください。

ん~!
(藤原) 頑張れ!

(益子) いや~ すごい。

よっしゃ!

<福田…>

<4連覇を達成!>

≪さすが 隊長!≫

(田原) 行きます!

(中野) うわ~ 行った!

はぁ…。
≪行け!≫

<なんと 田原も

激辛スープを止まらず 一気に>

はぁ~!
(スタジオ:有吉) すごい すごい。

(田原) あぁ!

≪でも すごい すごい すごい
あとちょっと≫

≪頑張れ≫
行きます!

完食!

<田原…>

<残るは>

あぁ…。

<もはや…>

<蛙亭・イワクラ>
(スタジオ:有吉) ヤバいね。

もしさ…。

(中野) えっ?

(中野) うん いいよ。

(中野) 頑張れ。

<1年半 履きつぶし…>

<できれば 伊勢丹で…>

<…を買ってほしい>

(益子) いや~ 行くね。
(福田) すごいスパート。

<そして>

<蛙亭・イワクラ…>

<見事 2連覇>

<成功の…>

(イワクラ) ワオ やった。

<ちなみに…>

(大吉)
ホントね 惜しかったですね。

(大吉) 七味は。

(矢作) でも…。

(笑い)

(藤原) 全員 メガネですか!?
(高橋) 7人全員。

<TVerでは 番組の最新話が
無料で見られます>

<そして Huluでは

本日の放送回も 過去の放送回も
いつでも どこでも見られます>