お笑い実力刃[字] …の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

お笑い実力刃[字]

MCアンタッチャブルとサンドウィッチマンのもとに、実力派芸人たちが集結!珠玉のネタを披露し、MCたちとネタや笑いについて熱くトークする硬派ネタバラエティ!

◇番組内容
実在するちょっと変わった看板や標識、風景の写真をお題に、ツッコミ芸人たちが思い思いの“ツッコミ”を披露する『投稿!ツッコメCLUB』!
▽アンガールズ・田中卓志とマヂカルラブリー・村上が初登場!三四郎・小宮、MCのアンタ柴田&サンド伊達と共に、ワイワイ楽しくツッコみまくる!
◇出演者
【MC】アンタッチャブル、サンドウィッチマン
【進行】林美桜(テレビ朝日アナウンサー)
◇出演者2
小宮浩信(三四郎)、田中卓志(アンガールズ)、村上(マヂカルラブリー)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/owaraijitsuryokuha/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 柴田
  2. ツッコミ
  3. 村上
  4. ジャンガジャンガ
  5. 小宮
  6. 伊達
  7. 富澤
  8. ハハハハ
  9. ツッコ
  10. 本当
  11. 山根
  12. 田中
  13. 一緒
  14. 一同
  15. 自分
  16. ボケ
  17. 気持
  18. 田中君
  19. オイルショック
  20. アンガールズ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



〈今夜は
待望の…〉

ああー! タナちゃんっぽい。

〈アンガ田中らしい

いじけツッコミが炸裂!〉

〈更に…〉

影響受けたツッコミの人とかって
いるの?

もう バナナマンさんのコント
すごい見てたんですよ。

〈アンタとサンドが
アンガ田中のツッコミ人生を

深掘ります!〉

ジャンガジャンガは
どうやって生まれたの?

コカド君が 元ギャルソンズ
っていうコンビ組んでて

その コカドの
もう1人のヤツが…。

それで ジャンガジャンガになったの。
そうなんだ!

〈今夜は 賞レース審査員
アンガ田中君や

M-1チャンプ
マヂラブ村上君が参戦〉

でも ツッコミ…。

そう 「山根~!」とか…。
「3回目!」とか。

ああ 「3回目!」とか 一応
フレーズは残してるんです…。

モデルのネタね 「3回目!」は。
ああー! そう…。

こう 合わないやつ… 「3回目!」。
よく見てるな あの人。

初めて… 「回数」という言葉だけを
ツッコミにした初めての人だから。

レジェンドよ。
さすが レジェンド。 すごいな。

(小宮)でも
憧れのね ツッコミがいる…

田中さんに投げ掛けたんですよ。

タナちゃんに憧れてるっていう…。

(小宮)そうそう そうそう。
そうそう 言ってるらしいです…。

それ だって 知らなかった…?
言ってなかったんだよね?

ねえ!
はい。

失礼だよ!
この2人でね。

(小宮)先輩と あと…。

「意外と」って言って…。

でも 俺が… 俺もラジオで

俺とかぶる芸人って誰かな?
っつって

小宮って挙げてたんですよ。
たまたま いない所で。

えっ! そうですか?
意識はしてるんだ?

いや でも なんか
いじられ的なんだけど

ツッコミながらみたいな
ドッキリも掛かりながらみたいな。

ああー! もう タレントとして…。
そうそうそう!

タレントとしてのジャンル
すごい近いなと思って。

ハハハハ…!
被害者として ちょっと…。

そうですね。
被害者の文句を言うっていうね。

そうそう…
被害者としてはみたいな。

だから ちょっと
かぶるかもしれないですね

今日は。
ああ そうね!

〈それでは
早速 まいりましょう〉

〈最初にツッコむジャンルは…〉

〈全国には 変わったトイレが
あるみたいですよ〉

〈例えば…〉

〈よーく見てみると…〉

〈「50メートル入る」?〉

「50メートル入る」?
(柴田)下に?

水中にあるの?

〈この看板の反対側に
回ってみると…〉

〈矢印が
上向きになっていますね〉

〈実は この看板

ここにあるトイレを
指していたんです〉

〈他にも…〉

(柴田)えっ! 丸見えじゃん!
どういう事?

(柴田)嘘でしょ?
ええー!

見えないんだよね 向こうから。
まあね。

(富澤)イヤだよ。
リビング?

あそこで お茶飲んでる人…。

〈こちらのトイレは

開放的な空間にしたいと
作られたそうで

トイレの前に広がる
スペースは

実は ディスプレイ〉

〈中には入れないので
安心してください〉

〈そして ツッコミ芸人さんに
ツッコんでもらうお題が…〉

(チャイム)
多い!

これね…。
ああー!

すごいね。

〈壁一面に トイレットペーパーが
設置されていますね〉

(林)さあ では
ツッコミ 見ていきましょうか。

まずは 村上さんのツッコミから
見ていきます。 こちらです。

ハハハハ…!
なるほど。

ああ いいね。
(村上)実際に…。

座りながらね。
4つぐらいまでしかいけないです。

(富澤)一番こっちとか
無理だもんね。

(村上)絶対無理ですね。 ケツを
こう 広げたまま動くのは

難しいんで。
ああ いいね これ。

さあ 続いては 田中さんの
ツッコミを見ていきます。

田中さんのツッコミ こちら。

(柴田)あっ! っぽくない!
なんか っぽくないのがきたね。

いやいや
このぐらい くる事はあります。

(柴田)ああ そう。
平場では

ここまで思い付きませんけど。
(一同 笑い)

時間さえもらえれば。
練り込めば。

平場は無理ですけど
ジーッと見れば このぐらいは。

時代を ちょっと 捉えたね
ツッコミです。

時代を捉えてないだろ。
時代をさかのぼれるような。

(林)さあ 次は 小宮さんの
ツッコミです。 こちら。

マジで?
(村上)やっぱ 近いんですね。

ええー!
すごい!

「信じられない」…。 それは 何?
下に見られてるって事ですか?

上に見られてる?
いやいや でも そうよね。

だって 年齢も離れてるじゃん。
ああ まあ そうですね。

でも まあ ティッシュっていう…。
だって 我々だって

相当 あれだよ 子どもの頃よね
オイルショックなんて。

(柴田)いや 俺たちが生まれる前。
生まれる前ですね。

(柴田)サンドが
生まれた時ぐらいだもんね。

(小宮)でも なんだか 出ましたね。

クエスチョン気味だと あんまり
ツッコミにならないかなと

思ったんだけど
小宮の言い方だったら

いいなと思って。
ああー!

タナやんが言うと
どんな感じになるの?

オイルショック経験者!?
でしょうね。

ああー はいはい。
小宮君 どんな感じだった?

オイルショック経験者!?
寄せてんじゃん!

ちょっと影響受けてる。
まんま 一緒じゃねえか。

引っ張られてなかった?
前が すさまじかったから。

超えないと。

〈田中君を
尊敬しているだけあって

目の付けどころが似ていますね〉

〈続いて 伊達君は
どんなツッコミかな?〉

すごい! オイルショック…。
(柴田)よく あの顔できたな。

よく あの顔してたな さっき。
ええー! みたいな。

オイルショック 続いたと思って。
やばい…。

でも 一番 わかりやすいでしょ?
これ。 「逆オイルショックかっ!」。

余っちゃった。
余っちゃったね。

ああー そういう事か。
足りないんじゃなくて。

あの時は 足りなかったっていうか
欲しくて 欲しくてっていう。

余ってる…。
バブルが始まっちゃったって事ね

トイレットペーパーの。
(柴田)すごい…。

やっぱ トイレットペーパーに
そのイメージってあるんだな。

やっぱり こう イコールですよね。
(柴田)うん 確かに 確かに。

さあ 続いては
柴田さんのツッコミです。 こちら。

あっ 言わない。 言わないんだ。
(柴田)オイルショックじゃない。

恥ずかしい… 恥ずかしいよ。
オイルショックじゃない事が。

オイルショックショック。
(柴田)オイルショックショックが

恥ずかしい。 いいじゃん。
今 それを 柴田さんに

みんな 言いたいよね。
(柴田)「何してんのマジで!」って

俺に言いたいの?
オイルショックじゃないから?

これを 柴田さんに…。
(柴田)なんで これ

俺 言われなきゃいけない?
柴田さん 何してんのマジで…。

それぞれに思う感覚 あるから。

〈それでは ぴったりツッコミを
決めましょう〉

〈みんなの
お気に入りのツッコミを

札を上げて 教えてください〉

(林)せーの…。
はい!

(林)伊達さん 柴田さん
伊達さん 小宮さん…。

伊達さんが3票という事で
この写真のぴったりツッコミは

3票で
伊達さんのツッコミに決定です!

(拍手)
ありがとうございます。

あら 「逆オイルショックかっ!」の方がね
票を得たと。

やっぱ オイルショックで
いいんですけど

確かに 逆…。

ありがとな。
はい はい…。

〈続いてツッコむジャンルは…〉

〈全国には 変わったアート作品が
たくさん〉

〈例えば…〉

ああ…!

(柴田)可愛いけどね。

可愛いけどね。
お尻 ペロッて出て…。

(柴田)こうしなきゃ
いけなかったかな?

(村上)
高名な方が作ったんですかね。

〈他にも…〉

(柴田)えっ! そんなパターン…。
赤ちゃん抱いてる。

うわっ! すごい…
幸せだね なんか。

(柴田)狛犬が なんか 見守って…。
奥さん気になるよね なんかね。

(柴田)奥さんかもしれないけどね
もう… 実は。

(富澤)嘘でしょ?

〈そして ツッコんでもらうお題が
こちら!〉

(チャイム)

(富澤)うん? あっ!
ハハハハ…! いいね!

(富澤)なるほど。
(柴田)すごくない?

面白いね。
(柴田)ねえ!

(林)さあ まずは

柴田さんのツッコミから
見ていきましょう。 こちらです。

(一同 笑い)
(村上)シンプルですね。

要するに
そういう事なんですよね。

確かにね。
いや 俺 万が一…

自分で いつも考えるの。
なんとなく… 桃 きた。

割ってみようと思ったら
あれ? 止まった。

そしたら 割れて
こいつ これ持って 出てきた。

「何コイツ!」って
言っちゃうんじゃないかなって。

ちょっと 想像したっていうね。

桃太郎じゃないのかなっていう
可能性もあるのかな みたいなね。

「何コイツ!」には。
そうか。

だから 「何コイツ!」っていうのは
なんか

桃太郎でもないのかな みたいな。

このまま
家の中 暴れそう…。

そうそうそう…!

(柴田)たまんないよね。

シンプルなだけに いろんなものを
想像させられるっていうか。

(富澤)オールマイティーに
ケアしてくれる…。

(林)さあ 伊達さんのツッコミを
見ていきます。 こちらです。

(一同 笑い)
(村上)ツッコんでますか? これ。

ツッコんでます?
(富澤)ツッコんでないだろ。

いや ツッコミですよ これは。
なんでなんですか?

行けるよね 鬼退治。
行けると思います。

1回 こう 受け止めてから 出す。
「明日鬼退治に行ってくれ!」。

このあと また言うのかも
しれないけど 何かしら。

なんか それが
ツッコミとして新しいというか。

面白かったですよね これはね。
ありがとうございます。

〈伊達節 炸裂でしたね〉

〈続いて
田中君は どうツッコむ?〉

ハハハハ…!
(柴田)いや 節!

いいね。
節 出てるね!

ここから まだ
強くなっていくっていう…。

「初日」っていうのがいいね。
それは 鬼退治できるよね

いつかね。
そうそう そうそう…。

(村上)まあ 向こうが
ボケてるのであれば

受け止めてるなって感じます。
処理できてるなっていう。

ああ…。
(村上)…ので ちゃんと その…。

(村上)成立してるというか
やり取りが。

生まれた瞬間ですよね 要するに。

それを「初日」って言うんだなと…。
なんか 相撲みたいな。

相撲みたいな。
ハハハハ…!

(林)小宮さんのツッコミ
見ていきます。 こちら。

なるほど。
(柴田)っぽいな!

これね。 見てないから。

ほぼ 感覚で。
桃から 急に 入ってきてるからね。

そうそう そうそう。

(林)村上さんのツッコミを
見ていきます。 こちらです。

そっち?
そっちね!

よく持って帰ってきたなと。
これを。

ああー なるほどね。
なるほど。

包丁 ちっちゃいよね
よく考えるとね。

(村上)「包丁 ちっちぇえな」も
あります…。

「包丁 ちっちぇえな」。
「包丁 ちっちぇえな」。

(村上)いろいろ やっぱり
思うやつありますよね。

種の部分…。
桃から生まれたね。

(富澤)全体じゃねえんだ。
収まりきれないんだ あの穴にね。

(村上)はい。 そうなんです。

さあ それでは
この写真のぴったりツッコミを

決めたいと思います。

せーの…。
(柴田)はい!

(林)柴田さん 田中さん
柴田さん 小宮さん

柴田さん 伊達さん
田中さんという事で

3票を獲得した 柴田さん!
(柴田)よしっ!

(林)という事で
この作品のぴったりツッコミは

3票で 柴田さんのツッコミに
決定しました!

意外に みんな 「何コイツ!」なんだ。
やっぱ ストレートなんだな。

なるほどね! ああー!
おばあちゃんが切ってたとしたら

おばあちゃん 桃太郎を
知らないじゃないですか。

それでも こうなった時には
「何コイツ!」ってなるから。

万人に。
万人に通用する…。

確かにね うん。

〈これまで
ツッコミゲストの皆さんに

自分が影響を受けた芸人を
語ってもらった

「ツッコメCLUB」〉

なんか 見本みたいなのが
あったんですか?

これ もう みんな知らないけど…。

ああー!
あれの渚。 すぐ後輩だったの。

で 割と俺は

それも
参考にさせてもらったというか。

ええー!
ええー!

じゃあ 俺が
ブロック跳んでやるよ 実際にな。

よし 来い!

痛っ…!

な・に・を・し・て・る・ん…。

〈今日のツッコミゲスト
アンガ田中君は

誰の影響を受けたんですか?〉

影響を受けたっていうか だから
若手の頃に すごい見てた…

もう バナナマンさんのコント
すごい見てたんですよ。

はい はい はい。
で バナナマンさんって

両方 ボケもツッコミも
やるじゃないですか。

設楽さんって
すごい理論的に 淡々と

「ナントカじゃないの?」みたいに
ツッコむし。

日村さんは 感情入れて
「ああー!」って…。

そうなんだね。 意外というか。
あっ そうですか?

なんか 若手の時に だから
コント師で 先輩でっつって

なんか 最初に
こう DVDとか…。

今みたいに YouTubeで
すぐ見れないじゃないですか。

確かに 昔はね。
レンタルビデオ屋さん行ったら

バナナマンさんのあったんですよ
もう。

で ネプチューンさんのもあって。
ネプチューンさんの…。

あれは なかなか難しいよね。
「なんやねん!」みたいな。

俺が… 俺 これはできないなと
思ったんですけど。

標準語でやってる
バナナマンさんのツッコミって…。

でも さまぁ~ずさんとかじゃ
なかったの? バカルディさん…。

さまぁ~ずさんは
それこそ 「赤かよ!」とか

三村さんのツッコミ
あるじゃないですか。

それも俺っぽくないというか。
ちょっと 強い江戸っ子感ね。

なんか 自分のツッコミとして…。

俺の言ってる事って
本当 聞こえないんですよ。

…って
しょっちゅうあるんですよ。

だから
本当 スピード上げちゃダメ…

自分が…。
あっ 早く言っちゃうと?

へえー!

こういうの どう? こういうの。
もう 攻めすぎだよ!

ダメ?
こんなのパリコレじゃん!

街にフィットしないよ。
角度が悪いのかな?

〈確かに ゆっくり〉

〈その分
聞き取りやすいツッコミですね〉

(富澤)小宮は タナちゃんに
どうやって出会ったんですか?

きっかけあったの?
(小宮)まあ でも それこそ…。

しかも だから やっぱり
滑舌が悪いって事で

このツッコミの感じだったら
いいかな みたいな感じで。

だから ゆっくりしゃべる
みたいなね 感じだったら

まあ いいかなと思って
やったんですけれども。

あとは なんか 結構…。

だから それが
なんか 印象的ですね。

なんでもない なんか…。

ああ…。
じゃあ そういうのを やっぱり

参考にしてるっていうか?
そうですね。 そうそうそう…。

いや でも…。

まあ そうですね。
名前… なんか あったら もう…。

あんまないよね。
「富澤~!」とかないでしょ?

ないです。 言った事ないかも…。
(小宮)僕も「相田~!」とか

言っても 「山根~!」の方が
なんか 文字数がいいとか。

なんなんだろうね?
あの「山根~!」がね。

山根~!
ああ…。

山根~!

確かに。 「山根~!」しか…。

別に 山根が何やっても
いいんだよね だから。

最強ですね もう。

これは なんか すごいよね
アンガールズの なんか…。

確かに。 オールマイティーだわ。
アンガールズしかないよね 多分。

そうですね。
(柴田)村上とかは どうなの?

ネタ作りでですか?

野田が 何かしらボケてきた時に

最初に思うのが
お客さんと一緒だと思うので

それを まあ 生かしてる
っていう感じですかね。

そうですね はい。
一緒だね うちとね じゃあね。

野田君が バッ! って
考えるんじゃないんだ。

イメージとしては なんかね。
(村上)なんか 書いてくる…

台本は もう本当に 1個もなくて。
へえー!

ボケを どんどんやってくるので
それに どんどん どんどん…

なんか こう
実況もしながら みたいな。

まあ… お客さんの立場に立って
っていうのが やっぱり

一番でかいですね それは。
へえー!

代弁者だからね。
(富澤)初見の…。

(柴田)面白いけどね。
(村上)えっと…

尊敬というか モデルというか

…は 拓さんですね。 鈴木拓さん。
ええー!

なんか… 南海キャンディーズの
山ちゃんの なんか イメージ…。

「山里さんに似てる」って やっぱり
すごい言われたんですよ

吉本 入った時に。
で よくよく見ると…。

ああー! そうね。
ゴーイング マイ ウェー的な。

これで 僕が
山里さんになっちゃうと

もう 南海キャンディーズさんに
なっちゃうからっていって

なんとか 離そう離そうと
思ってたんですよ 山里さんと。

そこで 拓さんと たまたま
ご一緒する機会があって

相談したら
「例えとか いらないから」。

「別に やらなくていい。
思った事を言えばいいから」。

「痛い時に“痛い!"
熱い時に“熱い!"」。

「これで いいんだよ」
って言われて

そこから 僕は もう
例えるのとか やめたんですよ。

(一同 笑い)

拓さんか。
芸人で唯一じゃない?

拓ちゃんに相談してる人。

確かに まあ…。
ボキャブラリー…

ノーボキャブラリーね。
(柴田)理論ないからね あの人。

でも 拓さんが言うには
やっぱり…。

いや それは わかるよ。
…言ってて 確かになと思って。

ええー!
そうやってます 僕は。

〈続いてツッコむジャンルは…〉

〈変わったレストランは

いろんな所にあるみたいですよ〉

〈まずは

(柴田)「スパゲッティは
運転できません…」 何? これ。

えっ どういう事?
「おもちゃのまち」。

どういう意味…?
「おもちゃのまち」。

〈この看板の意味は

「お店のパスタは
配達できないので

お店に
食べにきてほしい」との

思いがあるそうですよ〉

〈他にも…〉

〈ベルギー発 地上から
およそ50メートルの空中で

食事を楽しめるレストラン〉

(柴田)うわあ! すごいとこで。
嘘?

(柴田)空中じゃん! だって これ。
えっ?

(柴田)つり上げてあるんだね。
すげえ。

テーブルで なんか
厨房を囲んでるみたいな。

(柴田)ああー!
(村上)本当だ 本当だ。

(柴田)鉄板焼き屋さんみたいな…。
じゃあ ガス通ってるんだ。

怖え!
いや 楽しめないでしょ…。

これは揺れるでしょ? だって。

〈そして
ツッコミ芸人さんたちに

ツッコんでもらうお題は
こちら〉

(チャイム)

〈タイの
チャオプラヤ川沿いにある

レストランの写真〉

〈床を よく見ると
ひざ下まで水が〉

(村上)こういうコンセプト
って事ですよね? 言ったらね。

えっ? そうなの?
(村上)自動的に

こうなっちゃってるわけじゃ
ないの?

たまたま そうなってるの?
タイは だって 雨が多いから。

(小宮)まあ おのおのの取り方。
まあ まあ そうか。

それはね。
まあ そうだね。

(小宮)あんまり言わない方が。
楽しみ。

さあ まずは
村上さんのツッコミから

見ていきましょう。 こちらです。

(柴田)ああ!
ハハハハ…!

そうよね。 状況見てね。
お客さんにね。

僕は もう そういう
レストランかと思っちゃって。

(柴田)なるほどね。
(村上)こういうコンセプトの。

…にしては 水 汚くねえ?
ハハハハ…!

すごいよね。
さあ 続いては

柴田さんのツッコミです。 こちら。

ハハ…! そうね。 ああ…。

(柴田)水 来ちゃってるんだから
っていう…。

これは だから 水 来ちゃってるよ
っていう捉え方ね。

(柴田)そうそう そうそう…!
(林)さあ それでは

伊達さんのツッコミです。 こちら。

ああ…!
これ もう 柴田さんより

ちょっと詳しく言った…。
確かにね。

飯って 大体
楽しそうにするじゃないですか。

暗いんですよ 2人とも。
(小宮)ハハハハ…。

いや だから
諦めた最後の晩餐にも

見えてくるよね。
なんか こう 諦めの…

タイタニックが
沈む時じゃないけど

なんか… ねえ
ピアノ弾いて

バイオリン
みたいな。

暗い顔っていうとこもね
しっかりできて

なんか 富澤さんが
あそこで暗い顔で食べてたら

こういう事 言いそうだなって。
なんか まさに その…

コントのワンシーンで。
トミーの表情にも

見えてきた なんかね。
そうなんですよ。

〈本当にサンドウィッチマンの
コントみたい〉

〈次は 田中君のツッコミ〉

例えてきたんだね。
そうそう 例えて…。

(柴田)例えてきたね。
はいはい…。

(林)最後は 小宮さんです。
小宮さんのツッコミ こちらです。

(柴田)おお…!
そっちにいったか。 「絶品」…。

はあ! なるほど。
おいしすぎるからって事ね。

さあ それでは ここで

この写真のぴったりツッコミを
決めたいと思います。

せーの…。

はい。
(林)伊達さん 小宮さん 伊達さん

伊達さん 伊達さん 伊達さん
柴田さん。

おお! これは…
伊達さんのツッコミに決定です!

(拍手)

素晴らしい。
素晴らしい。

確かにね。 うん…。
「暗い顔して」っていう。

あの赤い人がさ 少しも
楽しそうじゃないんだよね。

(柴田)鍋も全然減ってねえしな。
そうなんですよ。

よく見てんのよね
伊達ちゃん 細部まで。

(柴田)伊達ちゃんは
よく見てんだよな。

僕ね あの… ツッコむ時
もらったじゃないですか 写真。

水が
ちゃんと見えなかったんですよ。

これ 何がボケてんだろうなって
ずっと思ってて。

鍋なのに相席なのかよ!
とか思ったんですよ。

(柴田)危なかったね。
危なかったですよ。

(柴田)マジで?
暗い顔してるから。

よーく見たら 水に浸かってんな
これと思って。

で ギリギリ これを?
ギリギリ こうきました。

ああ…! 危ないね。
危なかったです。

とんだ… なんか
すっとんきょうなツッコミ…。

ハハハハ…!
いや 危なかったです。

あの店員の足が半分切れてたから。
でも 一瞬わかんないね。

確かに ちょっと
地面の色に近いから。

そうなんですよ。

(富澤)情報はないんですか?
(林)はい こちらは

チャオプラヤ川沿いの
レストランなんですね。

今年10月 雨の影響で店舗が浸水。

通常なら
休業を余儀なくされますが

逆転の発想で
スリルを味わえる場所として

売り出したと。
(村上)やっぱ それがそう…。

あっ 本当だね。 体験パーク。
本当だね。

いやいや…!
(柴田)ツッコミじゃなくなっちゃった。

「当てる」じゃないから これは。
あっ そうですか。

いいよね。
(柴田)ありがとう ありがとう。

あっ いいよね。
ツッコミュニケーション。

コミュニケーションみたいに。
ええ。

〈ここで 今日のスペシャルゲスト
アンガールズ田中君に

ネタ作りについて
聞いちゃいました〉

僕らは… 僕が大体書いてって

山根に持ってって

合わせながら
作っていくんですけど。

なるべく… 俺らも
どっちがツッコミでボケか

わかんないようなネタとかの方が

なんか
なるべく作りたいというか。

コントで あまりキレイに
分かれるのが好きじゃなくて。

途中から
「どっちだったんだろう?」

みたいな そういう風になるのが
一応 理想です。

ただ 全部がそうはできないし。
うん。

で セリフも 普通のセリフが

ウケるように
していきたいんですよ 理想は。

もう 側がきっちり決まっちゃえば
後半 もう…。

例えば 「友達になってよ」
っていう言葉が

もう ウケるようになったりとか。
ああ…!

そういうのが理想のコントだなと
思うんですけど。

やっぱ 年間に1本できればな
っていうぐらいしか。

今はね?
できないですね やっぱり。

(柴田)アンガールズってさ
でもさ もともと

ジャンガジャンガが あったじゃんか。
あれなんか 別に…。

ショートコント 「ゾンビ」。

ペチャ…。

ペチャ…。 うお…!

お前もゾンビか。

(2人)はい ジャンガジャンガ ジャンガジャンガ
ジャンガジャンガ ジャンガジャンガ

ジャンガジャンガ
ジャンガジャンガジャン。

そうです そうです。 あれは もう。
(柴田)なんか もう

世界観だけのやつだったもんね。
現象をやって… みたいな。

うわーという気持ちを なんか
ジャンガジャンガっつってやって

みんなに こう…。
気持ち悪い瞬間…。

そうそう 精神的な気持ち悪さを。
そこをジャンガジャンガでね

やってたもんね。
そうなんですよ。

ジャンガジャンガは あれ…。

(一同 笑い)
(富澤)長いんだったら…。

そんな興味ない…。

(村上)聞けますよ 全然。
(小宮)「聞いてよ!」もあるんだ。

ちょっと!

ロッチの
コカド君いるじゃないですか。

コカド君が 元ギャルソンズ
っていうコンビ組んでて。

ギター弾いてて。
へえー!

(2人)ジャンガジャンガ ジャンガジャンガ
ジャンガジャンガ ジャンガジャンガ

ジャンガジャンガ
ジャンガジャンガジャン。

〈17年前にブレークした
ジャンガジャンガ〉

〈その誕生には
ある芸人と関係が〉

ロッチの
コカド君いるじゃないですか。

コカド君が 元ギャルソンズ
っていうコンビ組んでて。

アンガールズとギャルソンズで
一緒にイベントやってたんですよ

2組で。 そこで
一緒にショートコントやってて

その コカドのもう1人のヤツが
ギター弾いてて

ショートコントやったら
ブリッジで ギターで

ジャンガジャンガ ジャンガジャンガ ジャンガジャンガって
弾いてたんですよ。

あの… 要はメロディーで?
あのメロディーを。

で そっちのギャルソンズが
解散してしまって

じゃあ あるショートコントは
山根と一緒にやろうって言って。

やるにしても ギターがないから

口で 「ジャンガジャンガ」って
言おうっつってて。

ああ…!
ジャンガジャンガも

最初は あの…
動きも こうやって…

メロディー ジャンガジャンガって
かけてもらって

その時に 武藤敬司さんの
プロレス… カーッて

客に こうやってやるっていう
ブリッジだったんですよ。

じゃあ…。

それで
ジャンガジャンガになったの。

そうなんだ。
そうなんですよ。

そこで脱力系になったんだね
あれはね。

そうなんですよ。
もっと どっちかっていえば

エネルギッシュな方だったんだ
ジャンガジャンガは。

ジャンガジャンガ もう だから
客に対して カーッて…

笑えよ! みたいな。

全然違うね。
そうなんですよ。

じゃあ ヒットしてなかったかもね
もしかしたらね。

かもしれないですね。

ふわーんとしてる…。
プロセスがあったんだな 意外に。

ねえ。
すみません。

〈続いてツッコむのは…〉

〈日本中には
変わった標識がたくさん〉

〈例えば…〉

〈人が手を取り合っている
イラストの下に

「いたわりゾーン ここまで」と
書かれています〉

(柴田)「いたわりゾーン ここまで」

ずっと いたわってほしいけどな。

確かに。
(柴田)この先 いたわらない…。

〈他にも…〉

(柴田)ハハハハ…!
「あんしん歩行エリア」

(柴田)嘘つけっつうの…。
(村上)危ないですね。

言えば言うほど 怪しいよね。
「あんしん歩行エリア」。

お化け屋敷にあったら
怖いですよね。

「歩行エリア」でいいじゃんね。
確かに。

〈そして ツッコミ芸人さんたちに
ツッコんでもらう

お題が…〉

(チャイム)

〈「西(北)」?〉

また すごいね。 黄色の瞬間に…。
(柴田)そうなんだよ。

黄色の瞬間なのよ どっちとも。
その辺もね いろいろあるのよ。

その辺も出てくるのかな
もしかしたら。

(林)さあ それでは まずは
村上さんのツッコミから

見ていきます。 こちらです。

ハハハハ…!
素早いね。

いいね なんか 今までにないよ
これ 「どこの!?」っていう。

「どこの?」じゃなくて?
「どこの?」じゃないです。

「どこの!?」。
(一同 笑い)

いいね。
ああ いいよね なんかね。

(柴田)「どこの!?」っていうのが
正確に合ってるツッコミか

わかんないけど でも まあ
雰囲気はわかるじゃん。

やっぱり 西とか北とか いっぱい
出てきちゃってるからっていうね。

まあ そこを ひと言で
パーンってツッコむのは

やっぱ 気持ちがいいです 私。
こういうの大好きですからね。

あのね 3文字でね
いけるっていうのがね。

(柴田)言い方も含めて やっぱり
らしさ出てたし これ面白かった。

(スタッフの笑い)

(小宮)本名が鈴木でしょ?
村上です。

いいんです 今は そういうの。
ややこしくなるから

言わなくていい。
(小宮)本名が そうでしょ だって。

申し訳ない 本当に。

さあ 続いては 伊達さん。

伊達さんのツッコミは
こちらです。

ハハハハ…!
(村上)伊達さんですね。

僕 実は これ ちょっと
時間かかったんですよね。

信号も黄色だし そこも
触れた方がいいのかなとか…。

まあ いろんな要素がね 入って。
これは もう シンプルです 正直。

「どっちなんだよっ!」で
終わってもいいぐらいです。

しかも パニックなんだね。
パニックです。

意味がわかんなかったです
これの。 なんだろう? と思って。

(林)田中さんのツッコミです。
こちらです。

(村上)田中さんですね。

まあ 現場に俺がいる
っていう感じですね。

(村上)一貫して田中さんですね
本当に。

食らってるんですよ
何かをね ずっと。

でも なんか ちょっと 変に
ツッコもうとしてない?

なんか 「かよ!」で。
(富澤)なんか

格好付けてるのかなって
ちょっと思って。 このコーナー…。

ねえ なんか…。
格好付けてる?

例えば… これ 別に 俺が…。
モテようと思ってるんでしょ?

モテようじゃなくて…
こんなもんじゃ

俺 モテさせられない。
(柴田)やめろよ! 本当に。

必ず 「ハメられてる」とか
「だまされてる」とか

「出られない」とか。

被害者系ツッコミね。
そうそう…。

(林)さあ 続いては 柴田さんの
ツッコミを見ていきます。 こちら。

なるほど 「西」「北」ね。
うん これは 正直

ちょっと格好付けてます 私も。
(一同 笑い)

(柴田)これ見て すぐ言わない。

(柴田)でも 西とか北とかいったら
麻雀かな みたいなの…

ちょっと これ 格好付けてます。
いくつかあるから その間に

ちょっと 自分の中で
遊びたくなってきちゃった。

最後は 小宮さんのツッコミです。
こちら。

ハハハハ…!
本当だ 西は「Nishi」って

書いてあるわ。
(小宮)そうなんですよ。

北だけ「North」だ。
よく ここ気付いたね。

西は「Nishi」
北は「North」って書いて

そこの違いを
僕 気付かなかったです。

結構 時間かかっても。
へえー!

あっ 小宮 そこ
すぐわかったんだと思って。

結構 だから 伊達ちゃんが
気にならないところに

小宮君っていうのは むしろ…。
いや やっぱ いってますよね。

気にするところが違うのかもね
お互いね。

そうかもしれないですね。

田中さんとかとは
一緒になりますけどね 結構。

(林)それでは ベストツッコミ
決めていきたいと思います。

せーの…。
はい!

(林)田中さん 小宮さん
田中さん 伊達さん 伊達さん

村上さん 伊達さん… あっ!

伊達さんが3票という事で

ぴったりツッコミは3票で
伊達さんのツッコミに決定です。

へえー!
(村上)強い!

(林)おめでとうございます。

やっぱ 「どっちなんだよっ!
パニックだよ!」は 一発…。

なんか ロケ 一緒にしてて

「どっちなんだよっ!
パニックだよ!」って

横で伊達さんが言って そのあと
「俺 この街から出られるのかな」

って言いたいんですよ。
なんか 先に こう

まず 押さえてもらって 要所を。
最初ね。

なんか つなげられるなと思って。

もう 『帰れマンデー』が
頭をよぎった?

『帰れマンデー』で ごはん屋さんも
見付からないし。 そうそうそう。

逆に 弱くなる…。
ああ…。

〈ところで ツッコミには
三村君の「…かよ!」みたいに

印象に残るツッコミが
ありますよね〉

お前の気に入らない事があったら
俺 直すから…。

いや 直しちゃダメなんだよ。
直さなきゃいけないのは

むしろ 向こうの方だからな。
なるほどね。 なんか

俺は変わらないけど お前は
もっと変わってくれよ…。

いや お前も変わんなきゃ
ダメなんだよ それは。

なるほどね。
俺も もう 変わるから。

いや 変わるっつっても そんな
すぐ変われるわけじゃねえからな。

なるほどね。 すぐには
変わらないかもしれないけど

徐々に変えていくから…。

徐々にじゃ こう
反省した感じがないからね。

じゃあ もう すぐにピタッて…。
すぐって…。

全部 否定してるじゃねえかよ!

〈そこで 名作だと思う
ツッコミフレーズ

聞いてみました〉

まあ 発明というか
やっぱり このね

「…かよ!」っていったら
もう 三村さんっていう。

でも やっぱり
最近じゃないかもしれないけど

ツッコミの
パワーワードを言ったのは

小峠だなとかっていうのは
あるけどね。

「なんて日だ!」一つで…。
ああ そうね。

(柴田)いった感じは
すごいなと思ったけどね。

まあ ない… 確かに そうそう
ないですもんね やっぱね。

ツッコミの人のひと言が…。

それこそ 「山根~」はあるけど。

あと ノブ君とかじゃない?
ああー!

「クセが強い」。
「クセが強い」ね。

「クセが強い」を出して
あの辺のパワーワードって

どこにもハマるし 誰にでも
言って回れるっていうのは

やっぱ 強えなって思うけどね。

たたかないで こするっていうのも
ありますよね。

(柴田)ああ あるね これ…。
ああ ツッコミをね。

優しさから生まれたのかね
あれも。 わかんないけど。

あの… 大悟さんが
危険な事した時に

ボケした時に…。

この2つのリズム。
「なんなのの なん」みたいな

このリズム感が
バシッと入ってくるなっていう。

確かに。
あの言い方ね うん。

なるほどね。

〈ここまで
それぞれの個性がわかる

ツッコミが出てきましたが…〉

〈田中君のツッコミを
皆さんに当ててもらいますよ〉

〈そのお題は…〉

(チャイム)

〈さあ 田中君は この標示に
なんてツッコんだのか?〉

〈みんなで田中君になりきって
ツッコみましょう〉

ハハハ…!

ハハハハ…!
(村上)今までで言ったら。

いやいや でも なんか 言いそう。
はい はい。

ハハハハ…! いや いいですね!
それが いいかも…。

(柴田)ああ いいね!
ハハハハ…!

(富澤)違う?
違う。

ハハハハ…!
みんな うまいな 俺。

言いそう 言いそう!
(村上)違う?

ハハハハ…! でも ありそう。
違うの?

ああー! あっ!? これは?

(富澤)近い?

ええー! 違うの? 何? 何…?
すごい惜しい!

あっ! 惜しい!
(村上)なんか漏れちゃう?

いやいやいや 全然違う!
(富澤)全然違う?

厳密には違うのか。
まあ でも いいか。

(小宮)何? 何?
グダグダ グダグダ…。

パニックだよ!
グダグダしてる。

改めて 田中さんが考えたツッコミ
こちらです。

いきますよ。

絶対こっちの方がいいでしょ。

違う… 俺 道路が言ってるから

道路が うんこ漏らしたんだと…。

道路がね。
道路が言ってるから。

この道路を
走ってる人じゃないんだ。

「うんこ漏らしたの?」っていう。
そうそう そういうツッコミです。

むずっ!
だから 自分…

全部 俺の主観でやってるから。
ああ… タナやんじゃなくてね。

当たんないなと思ってたけど。
まあ 一応 ワードは出たから。

じゃあ 正解か。
まあ 小宮 正解だろうね。

よかった よかった。

〈続いて 皆さんに
当ててもらうお題は こちら〉

〈狭いスペースに
滑り台が設置されている写真〉

〈さあ 田中君は

難しい…。
(村上)ええー?

ああ… ありそう ありそう。
(柴田)狭いからさ あそこ。

違う?
違う。

ああー! 違う。

(柴田)絶対違うよ。
そんなに うんこ…

うんこに こだわってないですよ。
何かあると うんこ漏れる…。

(柴田)
後ろにトイレみたいなのあるし。

あっ!

(小宮)惜しい?
(富澤)惜しい?

惜しい! すごい惜しいです。

でも 今の感覚です。
どうしても ここじゃなきゃ…。

ああー!

(富澤)惜しい?
(柴田)なんだよ! さっきから。

非常に惜しい。

ああー! すげえ… すげえ。
どんどん近付いてる。

まあ でも これ 正解かな?

どれが? どれが?
誰がだよ。

ザキヤマさんが正解です。
イエーイ!

(拍手)

歯切れが
悪いのよ。

(林)改めて 田中さんが考えた
ツッコミ こちらです。

(小宮)言ってたの?
「言ったじゃん!」ね…。

(村上)どういう世界なの?
随分 遠いけどね これも。

なんでなの? えっ…。
「建てないで」っていうのは

滑り台の事?
滑り台を…。

だから 山根に言ってたんですよね
1回 「建てないで」って。

それを 建てちゃったから
「そこじゃないよ!」。

俺 わからんわ これ。
(柴田)これ 当てたかったな。

基本 山根がボケてると思って
やってるんだね。

「山根が建ててるよ」っつって。
そういう事です。

なんか みんな
結構 うまいなと思いました。

見てるもん だってね。

冷たっ! おい おい おい!

〈今では バラエティで欠かせない
アンガールズ田中君ですが

15年前には…〉

♬~

(2人)アンガールズです!

ショートコント
「アイスクリーム」。

おい! アイス買ってきたぞ。
あっ 本当?

はい はい…。

ああ ああ…
溶ける 溶ける 溶ける…。

ああー…! はい!

(2人)ジャンガジャンガ ジャンガジャンガ
ジャンガジャンガ ジャンガジャンガ

ジャンガジャンガジャンガ
ジャジャーン!

〈「ジャンガジャンガ」で
ブレークし

キモカワイイキャラで
大人気でしたが…〉

ああー…!

〈今では 「カワイイ」を捨て
キモキャラ芸人として

確固たる地位を築いた〉

〈「キモカワイイ」からの
キャラ変更〉

〈アンガールズ田中に
何があったのか?〉

下手すりゃ 第三次田中ブーム
みたいなの 今 あるでしょ。

でも もう 本当に
「キモカワイイ」とかが…。

…で 最初出て。

そうですね。 細く…
昔より どんどん細くなってるね。

本当 女子高生とかがね
「キャー!」みたいな。

渋谷系だったの
どっちかと言われたら。

そうそう オシャレな ちょっと…。
それが 何年かしたら

これじゃ もう
どうにもならないってなって。

そしたら
吉本の芸人いるじゃないですか。

FUJIWARAの藤本さんとか
宮迫さんとかが…。

言い始めて 俺から…。

(一同 笑い)
ビリビリビリ! って。

ああー!
これでいきたいのに! っつって。

で もう これ
どうしようもないってなって

どこの現場行っても
「気持ち悪い」って言われて。

でも それでも 返しが もう

「うーん…」ぐらいしか
なかったんですよ。

あっ そういう… そうか
イジりは慣れてなかったんだ。

ヘラヘラするとか ニコニコするしか
なかったんですけど。

でも 結構な事
言われてるなと思って ある日…

「気持ち悪い」って。 そこから
ある日 「わかった」って。

「気持ち悪い」って言われたら
反撃してやるっつって

「キモい」って言った人に
「うわー!」っつって

ハゲとか見せて
襲い掛かるようにしたら

ちょっと なんか
バラエティのニーズが

上がっていったんですよね。
(柴田)確かに。

だから ちょっと 受け入れる…。
反撃方法を見付けたんだね。

そう。

当初って…。

いや… 自分の中身ですか?
自分の中身 その…。

ハハハハ…!
言うほど そんな…。

自分の顔なんて
ちっちゃい頃から ずっと見てて

そう思わないですもん。
なんか いい顔だなって

逆に 思ってたぐらいです。
お母さんとか褒めてくれるしね。

そうなんです。
ただ 今 考えると それ…。

いわゆる 場所が… いる場所がね。

わかりやすく
行動できるっていう…。

(富澤)
変わるきっかけっていうか。

変わったかどうかは
わからないですけど

まあ でも 僕も なんか こう
引っ込み思案というか。

あんまり 舞台とかで
全然 前とか出れなくて。

バレンタインとかに やっぱ
人気投票とかやるんですよ

吉本って。
ああ あるよね。

で 最下位とかになるんですけど
あんまり この…

「いやあ…」ぐらいの
感じだったのを

ブチギレるようにしたのは
ありますね。

ああ…。

…みたいな感じで帰っていく
みたいなやつを

やりだしたとこから
なんか ちょっと こう

ツッコミとしての
パワーみたいなのが

付いたんじゃないかって。
やっぱり 言い返すみたいなの

大事なんだね。
そうですね はい。

意外と

芸人になってもね。
やっぱ… そうですね。

10年目ぐらいからですね
やれるようになったの。

そうか。

でも 今や…。

実力があるっていう事…。
まあ まあ ありがたい事で。

女子の大会だからね。
女子の大会に。

だって お母さんとか なんも…

「イヤだ そんな売れ方」って
ならなかった?

でも お母さんは。

〈愛する息子に
母親は なんて言った?〉

「俺 この街から
出られるのかよ!」。

〈この番組を
もう一度見たい方は

TVer TELASAで配信中〉

〈更に 過去の放送を見逃した方は
テラサで配信中〉

〈ぜひ
チェックしてみてください!〉

だって お母さんとか なんも…

「イヤだ そんな売れ方」って
ならなかった?

「気持ち悪い」って言ってましたね
でも お母さんは。

お母さんからも?
(柴田)お母さんが言い始めた?

テレビが そういう風に
イジってると思うと…。

味 占めちゃって。
味 占めて…。

(一同 笑い)

学んでるね。
そうなんですよ。 やっぱ…。

ええー!

〈田中君とのトーク
盛り上がっていますが 近日

アンガールズだけスペシャルを
放送〉

〈更に
マヂラブだけスペシャルも〉

〈2組への質問
お待ちしています〉

〈そして 前回
伊達が開いて大好評だった

MC主催のお笑いライブも
またやりますよ!〉

って事は
お前の意思やないか! それ。

〈次回は 小籔君が大暴れ!〉

一瞬 あの人の意思かな
思うたけど。

よう考えたら あの人
そんな流暢にしゃべられへんがな。

〈次回の『お笑い実力刃』は…〉

(小籔)いや そんなん…。

〈座長 小籔が お笑いを語る!〉