それって!?実際どうなの課[字]【極せまワケあり駐車場】【森川葵が高額アートで才能】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

それって!?実際どうなの課[字]【極せまワケあり駐車場】【森川葵が高額アートで才能】

世の中のウマイ話を検証するドキュメントバラエティー!

【狩野&大島てる・駐車困難なワケあり駐車場を徹底調査!】
【女優・森川葵がステンシルアートに挑戦!】

出演者
【MC】生瀬勝久

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)/狩野英孝/大島てる
番組内容
①【ワケあり駐車場を徹底調査!】
どうやってここに停めたの?と思ってしまう駐車場には何かワケがあるはず!
そんな“極せま”の“ワケあり駐車場”を、狩野英孝とともに巡る新企画。
「大島てる」も参戦し、停めづらい「ワケ」に迫る!
今夜は視聴者とのガチンコ対決、
超激狭入り口の駐車場で超ギリギリの通過に挑戦!!
狩野は無事に駐車することができるのか・・・?
番組内容2
②【女優・森川葵がステンシルアートに挑戦!】
様々な世界の達人たちが長年かけて習得したワザを、たった1日で成功させてしまう、“何でも出来ちゃう女優”森川葵。
今回は、その作品が驚きの高値で取引される今大注目のバンクシーが使う手法、「ステンシルアート」に挑戦!
バンクシー超えの作品の作り、世界進出を目指す!
森川は新たな才能を開花させることが出来るのか!?
制作
【構成】松本建一【演出】立澤哲也【企画・プロデュース】簑羽 慶(中京テレビ)
URL
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
情報/ワイドショー – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 大島
  2. 森川
  3. 狩野
  4. 赤池
  5. 駐車場
  6. ステンシル
  7. 大丈夫
  8. ハハハ
  9. バック
  10. ワケ
  11. 本当
  12. デザイン
  13. 今回
  14. 達人
  15. 電信柱
  16. スプレー
  17. 完成
  18. 篠崎
  19. 重盛
  20. 作品

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



<皆さん 町を歩いていると…>

<…と思ってしまう 駐車場を
見たことは ありませんか?>

<そこには きっと何か…>

<そこで今回も…>

(狩野)どうも~!

<調査するのは…>

<そして この お方
Mr.事故物件…>

<こよいは…>

<超 激セマ入り口の駐車場で

超ギリギリの通過に挑戦>

<超ハードル激高!>

<超 邪魔な電信柱が立つ
ワケあり駐車場>

(大島さん)…してほしいんですけど。

<さらに>

<達人も うなった森川のセンス>

(生瀬)さぁ 始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です
よろしくお願いします。

(大吉)お願いします。
(森川)お願いします。

今回 視聴者さんからの情報。

停めにくい駐車場に
停めることもあるんで。

だから僕ね…

「いい!こっちは こっちで
やってるから」みたいな。

(大島)ハハハ…[笑]
どっちかが。

(華丸)いや でも やっぱり…

(森川)見たい。
(大島)確かに 見たい。

そうなんですよ。

(森川)え~っ[笑]

2機あるっていうこと。

<この企画は 皆さんの周りにある
難しい駐車場を

視聴者投稿で募集している>

(狩野)視聴者の みんな…

<それでは本日 最初の
ワケあり駐車場は…>

わっ 嫌だ。

<一体…>

<2人が目にしたのは
緩やかな下り坂の途中にある

ワケあり駐車場>

狭いんじゃ
ないですか?

うん と思うよね
見た感じ。

<確かに車庫自体には
余裕がある>

結構な交通量だね。

いや これ
ツラいのよな。

<そう 駐車場は五叉路の
交差点に面した

交通量の激しい道路に
位置している>

<さらに>

<そう 先ほどから後ろで

じゃんじゃん車が通っていた
この道は…>

<つまり
この駐車場へ入れるには…>

<そして後続車両の
圧に負けない…>

<…が 必要>

<一体 どうして こんな駐車場に
なってしまったのか?>

<今回は 住人の重盛さんと

実際に投稿してくれた
ぱんさんに話を伺う>

(狩野)ちなみに…

(森川)ありがとうございます。
うれしい。

<残念ながら…>

(狩野)え~っ!

<誰しもが違和感を覚える
この駐車場>

(重盛さん)ここは多分…

<もともと何かの店舗が
入っていた所を

前の所有者が
駐車場に変えたことで>

<このようなワケあり駐車場に
なったという>

<注意すべき点は…>

<…ため タイミングが大事>

<そして
交差点に面しているので

信号や歩行者に
気を配らなければならない>

<そして今回も住人の方と

ほぼ同じ大きさの車を用意>

<それでは…>

(狩野)うわっ でかいな車。

<まずは…>

(狩野)OK?

<しっかりと確認して
いざ突撃!>

(狩野)いくよ?(大島さん)はい。

(狩野)うわっ マジかよ!

(森川)バスは…。

<何と進入と同時に…>

(大島さん)でも ちょっと…

(狩野)いや~…

(狩野)…いかないでしょ。

<そして2人が…>

(森川)それがいい。

<決して無理はしない
ワケあり芸人狩野は…>

ご迷惑をかけるのも
ちょっとな。

(狩野)よし!

(大島さん)そうですね…

今のとこ いないです。

<見事…>

(狩野)大島さん。(大島さん)はい。
(狩野)頼むよ。

(大島さん)はい。

<今のところ…>

<何と
停止線を越えたタイミングで

信号が赤になってしまった>

<しかし…>

<このような…>

<ただし…>

(大島さん)ちょっと これ…

(狩野)一発で行きたいですわ。

(大島さん)後ろから何も来ないんで。

でかいね この車。
やっぱ でかい。

<待ち構えるは…>

(狩野)どう?
(大島さん)これ もう本当…

<確かに大島てる側は
ギリギリ通過できそうだ>

<しかし ここで
狩野側に危険信号が>

<入り口の出っ張りが
死角になっている 狩野…>

<どうだ?>

あっ 本当だ あっ…。
危ない!

(大島)危ない!
あ~っ!

<超 紙一重の進入!>

<見事 一発で車庫…>

<これで入ってしまえば
後続車を気にせずに済む>

(大島さん)で 今…

(狩野)いくよ!
(大島さん)このまま はい。

<狩野 好機とみて
車庫へと…>

<無事に…>

(狩野)大島さん いくよ?
(大島さん)一気に いってください。

(狩野)おらっ!

(狩野)大島さん いくよ?
(大島さん)一気に いってください。

(狩野)おらっ!

<ぶつけることなく…>

(重盛さん)すごい。

(重盛さん)さすが。

(狩野)これね…

(大島さん)あ~っ。

<そう 次に立ちはだかるのは
進入する際の…>

<気を抜くと下がってしまう>

<それでは…>

<ゆっくりと丁寧に入っていく>

(大島さん)はい 左側 大丈夫です。

(大島さん)ここでミラー
畳むんですか?はい じゃあ。

<ここでミラーを閉じて
安全な通過を狙う>

(大島さん)おっ。

もう かんでるな。

<スロープが急なため…>

<上るには さらに強く
アクセルを踏む必要がある>

<前方を走る車と
ぶつかる可能性もある>

<狩野…>

<どうか?>

(狩野)おらっ!

うわっ 大丈夫?

<上りきった!>

(狩野)後ろ どう?
(大島さん)いや いいですよ。

(狩野)後ろ もうちょい?
(大島)はい。

(狩野)…俺 大島さん!
(大島さん)はい。

<あやうく…>

<そして 残るは しっかりと…>

(狩野)まだ いける?まだ?

(大島さん)何も なさそうですよ。
(狩野)もうちょい いくよ?

(大島さん)はい。

<そして>

(森川)お~っ!

(大島)すごい。

<見事…>

(狩野)あっ どうも…

(ぱんさん)お疲れ様でした[笑]
(大島さん)お疲れ様でした。

(ぱんさん)そうですね。

(重盛さん)すごかったです。
(ぱんさん)いや すごいです。

<ちなみに重盛さんは

1回から2回の切り返しで
入れてしまう>

<そして 続いての
ワケあり駐車場は…>

(狩野)これは もう…

(大島さん)カクカクっと 曲がって。
(狩野)あ~っ。

<今回のワケあり駐車場は

このクランクの先にある>

(大島さん)これは…。

(狩野)う~わ!

<2人が目にしたのは

電信柱が行く手を阻む

ワケあり駐車場>

(大島さん)邪魔ですね。

(狩野)あっ 大島さん。
(大島さん)はい。

(大島さん)あっ これは じゃあ
電柱だけ どかしても

ダメですね。(狩野)うん。

(大島さん)しかも…

(狩野)…これは。

<視聴者との対決に勝利し…>

<しかし どうして
こんな駐車場になったのか?>

<住人の篠崎さんに話を伺う>

(狩野)本当ですか?

<25年前に車を購入してから

今に至るまでに
4台 乗り換えており

その過程で徐々に車のサイズが
大きくなったので

このピッタリサイズでも
入れられるようになったという>

なるほどね。

<ちなみに こちらの…>

(篠崎さん)…ていう話でMAZDAさんに
行ったんですけども。

(篠崎さん)…車に慣れてるんで…

…て いったら…

(狩野)入らなかった?
(篠崎さん)入らなかったです。

<車の…>

<一体どれほどの ものなのか>

<すると狩野が ある…>

(狩野)…そうか。

(篠崎さん)出れないです。

<何と…>

<さらに運転手側も
狭いため>

(狩野)あっ だから…

<この駐車場の…>

(狩野)こちらの…

(狩野)極力…

いや~ 大丈夫かな?

(狩野)そっち…

<なるべく
トラブルを避けるため

縁石に乗り上げず 駐車を目指す>

<それでは…>

(狩野)ゆっくりいきますね。
(大島さん)はい。

ここからいくんだ?

<まずは駐車場へと続く
路地へと入っていく>

いや 怖すぎる!
(大島)怖い。

(狩野)いきます。

もう ここで嫌ですもん。
ここで 嫌ですね。

うん 本当に。

(狩野)狭いね。

<まずは最初のクランクを
難なくクリア>

(狩野)で こう いきます。
(大島さん)はい。

<そして
第2のクランクを迎えるも

難なく通過>

(狩野)そこだ。
(大島さん)そうですね。

(狩野)いったん じゃあ…

(大島さん)はい。
(狩野)大丈夫ですか?

(大島さん)はい 電柱 大丈夫です。

<まずは電信柱を越えてから

バックで切り返していく作戦>

(大島さん)はい。

(狩野)このまま…

(狩野)ちょっとだけ いくよ?

そっち側から いくの?

<電信柱に…>

(狩野)ハンドル切るよ。
(大島さん)ハンドルは真っすぐで。

<しかし おかまいなしに
誘導を続ける 大島てる>

(狩野)ハンドル真っすぐ?

当たるよ?
えっ 当たってない。

<一方の…>

こっち絶対 無理だって。

(狩野)乗り上げそうだわ。
(大島さん)本当ですか。

<確かに
大島てる側がこんな状態で>

<狩野側が これだと
これ以上…>

えっ どうするの?これ。

(狩野)ちょっと…

そりゃ そうです。

<電信柱が行く手を阻み
こちら側からの…>

<ということで…>

<次の作戦は 左側から進入し

バックで切り返していく>

(狩野)さっきよりは…

(大島さん)そうですね。

<しかし こちらも こちらで
通常サイズの…>

(狩野)おっと!

(大島さん)こっち大丈夫です。

<そして…>

(狩野)マジ邪魔 これ。

<切り返す
ポイントを間違えると

ドツボに はまってしまう>

(狩野)さぁ ここから…

(狩野)大島さん いきますよ。
(大島さん)はい。

<そして…>

<しかし…>

見えない。

見えないよ 電信柱。

(狩野)もう俺
そっち見てないですからね。

(狩野)どうしました?大島さん。

<しかし その…>

<意を決して 後ろに突き進む>

<車体後方に…>

<危うく ぶつかるところだった>

(大島さん)いや 今…

(狩野)いや だって大島さん。

(大島さん)ハハハ…[笑]

(大島さん)はい。

(大島さん)はい。

(狩野)みたいな感じで…

(森川)ハハハ…[笑]

そのリクエストが
よく分からないし。

(大島さん)いいですよ
オーライですよ。

(大島さん)いけます。

はい。

<電信柱…>

<しかし 間髪入れずに…>

(森川)見えないです[笑]

見えないのに
どうやって気をつける?

<そう!道に突き出した…>

(森川)あぁ~!
本当だ。

<逆に言えば ブロック塀さえ
目視できれば…>

そうだね。
そこまで 小刻みに。

(大島さん)ちょっと…

<目視できるまで 延々と小刻みな
切り返しが続く>

これ多分 夜帰ってきたら
もう 無理ですね。

ですよね。

<狩野側にも注意を払いながら

切り返しを重ねた…>

(大島さん)どのぐらい やるか…。

<大島てる ついに…>

ギリギリまで
下がるって事だね。

<しかし…>

<ブロック塀
ギリギリに寄せなければ

車から出ることができない>

(大島さん)大丈夫です。
(狩野)いける?

(大島さん)いけます。
(狩野)大島さん…

(大島さん)はい。

(大島さん)大丈夫です
右に切った状態で。

で えっと ちょっと
止まってください。

<反対の…>

<前へ切り返そうとした…>

(大島さん)ストップ!
ストップ!

うわぁ~。
(森川)すご~い。

(大島さん)危ない かなり危ないです
(狩野)うわっ!

(大島さん)ちょっと 危ない…。
(狩野)なんか…

(大島さん)あれ
どうしちゃったの?

<一瞬の…>

<2人には…>

<…が繰り広げられる>

(狩野)ここはバック?

もうちょい?(大島さん)いや…

<思わず ため息が出るほど…>

(狩野)もうちょい バック?
(大島さん)はい。

今のハンドル
動かさずにバックで。

で それで はい!
さらに もうちょっと。

(狩野)さらに
もうちょい。

(大島さん)…な 感じです。

<そう! 今度は…>

(狩野)大島さん…

<大島てる
大胆にも 今の状態で…>

(大島さん)ミラーも ブロック塀も
大丈夫で…。

<果たして…>

(大島さん)もうちょっとだけ
バックしてください。

<問題なく…>

(大島さん)これで
もうミラーは大丈夫なので。

<しかし…>

<ブロック塀と…>

(狩野)もうちょい ハンドル右?
(大島さん)そのぐらいで。

それで またバックを。

(狩野)どう?
(大島さん)大丈夫です 大丈夫です。

うわぁ~ 攻めたな。

(大島さん)成功じゃあ?

もうちょい?(狩野)もう気持ち。

<車体が まだ道路に
出てしまっているので

このままでは…>

(大島さん)もうちょい?はい じゃあ
ハンドルは そのままで 後ろへ はい。

<さらに スレスレをいきながら
バックしていく>

あぁ~ いやいや…。

(狩野)いや 大島さん。

「おぉ~」とか
「あぁ~」とかじゃなくて。

(大島さん)いや これ もう…。

(狩野)OK?

<これ以上ない
というほど…>

いや すごい
当たってない。

<そして…>

<40分かけ
無事に駐車成功>

(狩野)暑い!

(大島)すご~い。

(狩野)フラッフラッだな。
(大島さん)ハハハ…[笑]

(篠崎さん)はい。

ハハハ…[笑]
(森川)ハハハ…[笑]

<ちなみに…>

<切り返し回数も少なく

スムーズに駐車してしまう>

うわぁ すごい!すごい!
(森川)すご~い。

(狩野)ということで…

…いや…

(狩野)ということで
皆さんの応募

待ってるぜぇ~!
(大島さん)待ってるぜ。

(大島)何だろう?

<達人たちが
長い年月をかけて

磨いてきた技の数々を>

<空気を読まずに…>

<こよいは
型紙を使って作品を作り出す…>

<…に挑戦>

(大島)へぇ~。

あっ すごい!
えっ 何?これ。

<神出鬼没のアーティスト>

<あのバンクシーの
作品としても知られる>

<デザインを切り抜いた型紙
ステンシルを使い

スプレーなどで作り上げる…>

<強いメッセージが込められた
彼のステンシル作品は

世界に衝撃を与え>

<現在 東京でも
展覧会が開催されるなど

世界が最も注目する
アーティストの1人>

(森川)…ですよね。

<以前の放送で>

そうなのよね。

<…を狙っている森川は>

<世界進出を見据え…>

<早速…>

こんにちは。

<彼こそが…>

<これまでに…>

<…してきた
気鋭のアーティスト>

(大島)へぇ~。
かっこいい。

へぇ~。

(赤池さん)背景の色とか

輪郭を分からせる色とか。

<さらに!>

(赤池さん)あぁ~ うれしいですね。

<達人は過去に
あの「NIKE」とコラボし>

<ステンシルを使った

スニーカーの
カスタムイベントにも 参加>

(大島)かわいい。

(森川)てっきり
型紙とか やるから…

(森川)えっ?
この色 変えるのとかって。

(赤池さん)そうですね。
(森川)えっ すごい!

(赤池さん)結構 大変な作業には
なってくるんですけども。

(森川)細かい!

(赤池さん)型紙があって。
(森川)へぇ~!

(赤池さん)これは
全部で3色なので

黄色の部分とか
赤の部分っていうのを…

(森川)えっ!

(赤池さん)そうですね。

あんまり…

<あらかじめデザインできて
素早く作品を残せるため

ステンシルを好んで使用する
バンクシー>

<だが ステンシルも
使い方次第で

達人のように…>

<…ことが可能だという>

(森川)へぇ~!

<…を見せ始めた 森川>

<まずは 達人に…>

<…を 見せてもらう>

<すると>

(赤池さん)きょうはですね
こういうのを まず作ってきました

(森川)え~ スゴい!

ありがとうございます。

(森川)これ
作っていただけるんですか?

<番組のポスターをもとにした
ステンシルを

用意してくれていた 達人>

<さらに今回は
陰影を付けるため…>

<1枚ずつ貼って
スプレーを吹き付けていく>

ここのところは
誰だって できるよな。

(森川)うわ~ 怖い!

<ステンシルを変え
さらに上から

黒のスプレーで
塗りつぶしていく>

どうなりますか?
切ってあるのがね。

<そして>

(森川)お~っ すごい!かわいい。

<あっという間に…>

<…が 完成!>

(森川)…結構…

(赤池さん)そうですね。

<さらに 複数のステンシルを
組み合わせて

色を付けていくと>

(赤池さん)何か そうすると また。
(森川)すごい!本当だ かわいい。

<部分的に デザインを変えた
また違った雰囲気の作品に>

(森川)いや もう…

<同じステンシルを使って…>

(赤池さん)中に入って ダラダラと…

<垂らすことなく 軽快に
スプレーを吹き付けていく>

(赤池さん)いや 全然。

青を入れて。

似合うやつ ちょうだい
似合うやつ。

(赤池さん)おっ!

<…のだが…>

<…森川>

<そして>

うわ!塗りつぶして
大丈夫?

(森川)剥がします。

いや~っ!
おぉ~!

(森川)剥がします。
(赤池さん)はい。

(華丸)うわ~っ!

(大島)いい。
(生瀬)それっぽい。

<…が 完成!>

<だが>

(森川)あ~っ そうか!ここ
ピンクになっちゃったのか。

<いまいち…>

<すると>

<再び ステンシルを手に取り>

大吉さんの顔ですよ
あれ。

<デザインを追加し始めた>

<そして>

えっ えっ?

(森川)あっ かわいい!

<独自の世界観を
生かした作品に

進化させた>

(森川)すごい ポップな
スーツになった!かわいい。

ちょっと これは いいです[笑]

(森川)ハハハ…[笑]将来性
ありますか?(赤池さん)えぇ。

(森川)でも…

(赤池さん)そうですね。

<そう 陰影を考えながら

細かく ステンシルを作る作業が

ステンシルアートで
最も苦労するポイント>

(赤池さん)実は コツが必要なので。

(森川)もう ほぼ…

<…の 三刀流を目指し
アクセル全開!>

<イラストが描けるという 森川は
既に>

<実業家としての地盤を
もう固め始めていた>

<予定には なかったが
急きょ…>

うまいな。
(大島)あら。

(大吉)それっぽいの描くなぁ。
(大島)かわいい。

それっぽいわ。

あ~ あ~。

<飼っている2匹の猫を
モチーフに選んだ 森川>

<さらに 陰影を考えながら

細かくペンを走らせていく>

<しかし>

(赤池さん)例えば
4とかっていう数字の

ここが全部 切れちゃってると
この真ん中が

抜けちゃうっていうことが あって
(森川)あ~っ そうか。

<そう ステンシルには欠かせない
この「つなぎ」の部分を

あらかじめ デザインに
落とし込むのは 至難の業>

そうだ。
(大島)大変。

(森川)はぁ~。

こういうことですか?
(赤池さん)そうそう。

(森川)あ~っ すごい!

<すぐに…>

<…森川>

(赤池さん)別に あれですよね?

<そして>

(森川)これで。
(赤池さん)いや~ 素晴らしい。

いや すげぇよ!
真ん中やん。

(赤池さん)すごい。

アオイシー?

<かなり強引な語呂合わせ>

<いよいよ ステンシルにするため
紙に…>

(森川)あれ?これは どこまで
切って いいんだ?果たして。

(赤池さん)僕も こんなふうに
教えたことも ないですから。

<そう ステンシル作りは…>

<…の連続>

(森川)よし。

(赤池さん)やってますね。

<根気強く…>

(森川)はい!
(赤池さん)おっ すごい。

(森川)よし できました!

<…が完成>

<そして 慎重に
スプレーを吹き付けていくと>

(森川)よし 外します。

(森川)よいしょ あっ かわいい!

いや すごいよ。
(大島)かわいい。

<イチから オリジナルで
作り上げた

ステンシルアートが 完成>

(森川)写真 撮って。

(森川)やった。

<これが…>

<さらに スプレーではなく
ローラーや>

<模型などの塗装で使用する
エアブラシを使えば>

<…することも できる>

(森川)へぇ~。

<実際に…>

<まずは達人に
作り方を見せてもらう>

<Tシャツに…>

(森川)あ~っ!

<番組名物 森川の

びっくり顔ステンシルを用意>

(森川)えっ すごい!すごい。

<今回は この2枚を使用する>

(大島)すごい。

<まずは…>

(赤池さん)剥がします。
(森川)おぉ~。

<ここからは
ステンシルを使って…>

(赤池さん)最初はね…

(赤池さん)こうやってやると 少し…

<ステンシルを変えて
最後の仕上げ>

<そして>

(森川)お~っ!
(赤池さん)おぉ~。

(森川)お~っ!すごい。
(赤池さん)おぉ~。

楳図かずおみたいな。

<背景も インパクト大の…>

(森川)へぇ~ いや…

<…アオイシー>

(森川)あっ はい!

(森川)…ということで。

<ということで 森川が…>

<…に挑戦!>

<初めて触るため…>

<…を学ぶ>

(赤池さん)割と こう 近くで
こうやると。(森川)あっ。

(赤池さん)細かく こう描ける。
(森川)へぇ~。

(赤池さん)で 離すと 少し こう
拡散する感じで。

シュ~ッてなる。
(森川)あ~っ ぼや~っと。

(赤池さん)そうですね。

<すぐに…>

<駆け足で…>

<…に 突入!>

<まずは 背景から>

<イメージを膨らませながら

3色を重ねていく>

(森川)はい。

<ひとまず…>

<いよいよ ローラーを使って…>

<選んだ色は>

<ピンク>

(森川)あっ すごい。

モチモチ。

(赤池さん)うん いいですね。

(森川)うわ~…

<これは 色を間違えたか?>

<そして 最後に>

<黒を入念に重ねていく>

<…の森川>

<果たして…>

(森川)オープン。

うわ~っ!

すごい!いいですね。

(赤池さん)めっちゃ きれいですね
色の感じが。

(森川)何か…

<色のメリハリが利いた

アーティスティックな
Tシャツを完成させた 森川>

<番組の途中から見た方は…>

<…と思ったでしょうが>

<バンクシーから もじって…>

<…のだが>

<このTシャツの 出来だけは…>

(生瀬)ハハハ…[笑]
目立つわ。

<ということで こちらの
アオイシーTシャツを

視聴者の皆さんに プレゼント!>

<詳しくは
番組公式Twitterで>

<さらに>

<ということで
ステンシルを使って…>

(森川)この…

<目標とするのは
シンプルな ドットや

ストライプを ちりばめた
モノトーンのデザイン>

(赤池さん)少し…

…で 作ってます。

<まずは 紙の上で
ステンシルを動かして

イメージを膨らませていく>

(森川)あ~っ…。

(赤池さん)そうすると…

(森川)へぇ~。

(森川)あっ 面白い!

<そして>

(森川)見えました。

<デザインの…>

(森川)いきます。

あっ。

(森川)あ~っ。

<塗料が少し にじんでしまった>

(赤池さん)…どうしても。だから…

<その後は順調に

ステンシルで動きを付けていく
森川>

<最後に
自分で描いた…>

<…を入れたら>

(赤池さん)かわいい。

<森川オリジナルの

カスタムスニーカーが
完成>

(森川)ジャジャ~ン。

<モノトーンながら
存在感は抜群の一足に>

<左右に ちりばめられた花柄>

<そして
オリジナルのアイコンは

インパクト大>

(大島)かわいい。

(赤池さん)度胸も
やっぱ必要なんですよね。

(森川)お~っ!

<そして このあと
神出鬼没の アオイシー参上!>

(大島)えっ?
(生瀬)ちょっと待って 待って。

(華丸)アオイシー来たの?

これ 前から あった?

(森川)残念ながら。

あるある。
(森川)それじゃないです。

(大島)えっ?

え~っ!
本当に?

(大島)あ~っ!
(森川)アオイシーが。

(大島)アオイシー いた。
すごいね これ でも。

<収録前のスタジオに
姿を現すと>

<バンクシーさながらに
あっという間に…>

(森川)いや~。

(森川)ハハハ…[笑]
ねぇ。

(♪~)

(♪~)