ぶらり途中下車の旅[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ぶらり途中下車の旅[解][字]

高橋ユウが千代田線でぶらり旅▽燻製ほうじ茶のモンブラン▽ハラミアータ?イタリアン焼肉▽スーツのようなバッグ▽思い出の草花を粋な照明器具に▽インドの炊き込みご飯?

出演者
【旅人】高橋ユウ
番組内容
高橋ユウが千代田線でぶらり旅▽表参道で発見!旬を感じる!燻製ほうじ茶のモンブラン▽ハラミアータ?パスタ風の冷麺?イタリアン焼肉▽元洋服店の面白雑貨!スーツのようなバッグ▽思い出の草花を粋な照明器具に!▽富山の伝統工芸とアウトドアグッズがコラボ▽インドの炊き込みご飯?ビリヤニ専門店▽次週予告!初登場!渡辺いっけいがみなとみらい線・東横線でぶらり旅!かながわ丼?
音楽
【番組テーマ曲】「風旅」瑛人
制作
【制作協力】日テレ アックスオン

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ビリヤニ
  2. ワライカワセミ
  3. お店
  4. 本当
  5. イタリアン
  6. 失礼
  7. スーツ
  8. スパイス
  9. 栗焙
  10. お花
  11. ドライフラワー
  12. ハラミアータ
  13. ペグ
  14. ライト
  15. アクセサリー
  16. お作り
  17. シェラカップ
  18. スペアリブ
  19. パスタ
  20. 面白

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



♬~

<うわ~ キレイ!>

<優雅ですね>
(高橋) ずっと見てられますね。

かわいい!
<見とれちゃいますね>

<ユウさん おはようございます>

おはようございます 高橋ユウです。
<金魚 圧巻ですね>

すごくないですか?

すっごい大きな水槽なんですけど。

金魚だけの水槽なんですって。

<本当 すごい水槽ですね>
すごいですよね。

この大きな水槽が 足立区生物園の
シンボルみたいなんですけど。

小日向さん いらっしゃったこと
あるんですよね?

<そうそう! 珍しい チョウチョ
見に来ました>

そうですよね。

ここは
いろんな生物がいるんですけど

今日は カワセミを見に来ました。
<カワセミ?>

鳴き声が
人間の笑い声に そっくりな

ワライカワセミがいるんですって。
<え~ 見たい!>

<どこ? どこ?>
聞いてみましょうか。

<はい>

こんにちは。
こんにちは。

ワライカワセミが
いるって聞いたんですけど。

どこに行ったら会えますか?
そちら 正面 出ていただいて

外 出たら 右手のほうに沿って
進んで行くと

オーストラリアドームがあるので
そちらのほうに お進みください。

会いに行ってみます!
ありがとうございます。

オーストラリアドーム。

こっちですね 「庭園」。

オーストラリアドーム…。

うわ~ すごい!

気持ちいい! 光が。

めっちゃ気持ちいい!
<最高の天気ですね>

あっ! いますよ。
<えっ カワセミ?>

チャボさんたちが。
<あ~ チャボね>

すごい!

ドームって言ってましたよね
これかな? ドーム感。

ここかな? 多分 ここです。

だと思うけど…
入ってみましょうか。

こんにちは。
(吉田さん) こんにちは。

ここが オーストラリアドームですか?
(吉田さん) そうです。

オーストラリアの
鳥と動物がいます。

本当だ! カンガルー。

カンガルーの お父さんのカンタ君
お母さんのワッカちゃんです。

カンガルー 近くで見ると
迫力ありますね。

あの… ワライカワセミは
どこにいるんですか?

ワライカワセミは そこに…
角の所に。

あっ! あの?

男の子の コットン君ですね。
コットン君!

こちらのほうから 近くまで
見に行けますんで どうぞ。

うれしい!

うわ~!

ワライカワセミ…。

もっと インコちゃんぐらい
小っちゃいのを想像してました。

普通の 日本のカワセミの
10倍ぐらい 大きさあります。

大きいですね。

羽の部分がトラみたいな…。

トラ柄みたいでカッコいい!
カッコいいですよね。

尻尾 機嫌がいいと ああやって
上げたり下げたりして。

餌は 何なんですか?
餌はですね 肉食で。

普通のカワセミと同じように 魚も
食べるので ドジョウをあげたり。

今 気を引く作戦
やってくれてます。

鳴かないですね。
鳴かないですね。

聞きたいなぁ。
ちょっと 緊張しちゃったのかな。

待ち過ぎちゃったかな。
<あ~ 残念>

あっ これ…。
スマホをお持ちでしたら。

これで 鳴かなかった時に
鳴き声が聞けるようになってます。

聞いちゃうぞ!
<聞こう 聞こう!>

へぇ~!

どんな鳴き声か聞きたいので。

(ワライカワセミの鳴き声)
あっ!

(ワライカワセミの鳴き声)

(ワライカワセミの鳴き声)
<あれ?>

(ワライカワセミの鳴き声)
<ちょっと ユウさん!>

(ワライカワセミの鳴き声)

(ワライカワセミの鳴き声)

自分の声に反応した。
すごい!

前 試した時は鳴かなかったけど。
反応しましたね。

(ワライカワセミの鳴き声)
もう1回。

(ワライカワセミの鳴き声)

アハハハ!
(ワライカワセミの鳴き声)

(ワライカワセミの鳴き声)

<アハハハ>
はぁ~!

すごい! 聞けました。
<ねぇ!>

待ったかい ありましたね。
待ったかい ありました!

<ワライカワセミが
足立区生物園に やって来たのは

今年6月>

<いつ鳴くかは 気分次第ですが

午前中に鳴くことが
多いそうです>

<今 ワライカワセミの人気は
急上昇>

<園内のショップで販売中の
縫いぐるみは

入荷後 すぐに
売り切れてしまうそうです>

ワライカワセミ
鳴いてくれて よかった!

<本当 本当!>

今日は ここから バスで
北千住まで行って

千代田線を
ぶらりしたいと思います。

<何だか
いい一日になりそうですね>

<北千住駅まで
バスで およそ20分>

実は 前 ドラマの撮影で

北千住にある銭湯に来たんですよ。
<へぇ~>

それぶりかなぁ。

せっかくなんで 懐かしいので
歩いてみていいですか?

<もちろんです>

さっき バスで こう来て

駅に向かったんですよね。
<ですよね>

だから 戻ることに
なっちゃうんだよなぁ。

どっか 小道 入ってみようかな。

こっち 行ってみますか。
<そうしますか>

う~ん 住宅街ですかね。

あっ。

何か いい感じ。

行っていいですか? 気になる!
<行ってみましょう>

いい細道ですね。

何屋さん?

美容室か。

美容室だった。

ふ~ん。

「ビリヤニ」。
<えっ?>

何だろう?

「ビリヤニ食堂」。

「スパイスご飯とチャイの店」。

何か… お家を改造した感じ。

おしゃれですね。

古民家を おしゃれにした感じです
改造して。

メニュー。

「ビリヤニ ベジタブル チキン」。

「本日のビリヤニ」。
<ビリヤニ?>

ビリヤニって何でしたっけ?

聞いたことあるんですけど。
<いや 全然 分かりません>

分からないですか?
何か スパイス系の…。

どこの国だっけ?
インドだっけな? スパイス…。

気になりますね。
<ねぇ>

入ってみていいですか?
<そうしましょう>

すっごい かわいいお店。

こんにちは。
(渡辺さん) いらっしゃいませ。

(渡辺さん) お好きなお席 どうぞ。
失礼します。

かわいいですね! 店内も。

落ち着いた雰囲気で。

いらっしゃいませ メニューです。
ありがとうございます。

ビリヤニって
どこの料理でしたっけ?

スリランカですとか
あと インドですね。

バスマティライスっていう
お米があるんですけど

それを スパイスで炊き込んだ
お料理です。

スリランカとかインドだと

お祝いの日に召し上がったり。
スリランカもなんですね。

じゃあ どうしようかな。

ビリヤニの中でも
ベジタブル チキン…。

本日のビリヤニが
ほろほろスペアリブですか。

ほろほろスペアリブとか
絶対おいしいじゃん!

この 本日のビリヤニ
スペシャルプレート ほろほろスペアリブ を

1つ ください。
かしこまりました ご用意します。

楽しみだ!

おなか すいて来たなぁ。

ちょっと 気合 入れておこう。

来た来た来た!

お待たせしました。
ありがとうございます。

本日のビリヤニの
ほろほろスペアリブですね。

すごい!
<うわ~!>

めっちゃボリューミー!
思ってたより。

このお米の部分がビリヤニ?
そうです そうです。

そこがビリヤニですね お米が。

どうやって食べれば
いいんですか?

お好みで… ヨーグルトのソースが
あるんですけど。

これ ヨーグルトなんですね。
これをかけたり

レモン 絞ったり。

こちら側のホッダという

スリランカの
カレーのルーのようなものです。

こっちは?
これは パリップというんです。

レンズ豆を
ココナツミルクで煮たものです。

ここにある野菜の付け合わせは?

口直しでもいいですし
ご飯と一緒でも。

お好きな感じで。
好きなように。

いただきます。

シンプルに
これだけで食べてみようかな。

これだけで。

<ビリヤニ
どんな味なんでしょう?>

<北千住で見つけた ビリヤニ>

<スパイスで炊き込んだお米を

さまざまな付け合わせで
いただきます>

まず シンプルに
これだけで食べてみようかな。

これだけで。

<どうですか?>
う~ん!

香りが す~ごい広がります。

これだけで食べると
スパイシーというよりかは

やさしい感じです。

<スリランカやインドなど

南アジアを中心に
食べられているという

炊き込みご飯 ビリヤニ>

<こちらのお店では
お米の中でも 粒の長い

バスマティライスという
インディカ米に

シナモン ブラックペッパー
クローブなど

8種類のスパイスを
重ねるように加え

オーブンで
40分かけて 炊き上げます>

<炊き上がったら

味が染み込んだお米に スパイスが
さらに よくなじむように

かき混ぜて 出来上がり>

ココナツミルクは?
お好みで。

好きなように。
フリーダムで。

まろやか! 合いますね。

スパイスの効いたビリヤニと。

ヨーグルトは…。

どうしようか?
この辺にかけて…。

<おいしそ~う!>

うん!

合う!

ヨーグルトの酸味が

スパイスと 本当にマッチしてて。

より 香りが
豊かになる感じがしますね。

スペアリブ 行ってみようかな。
<気になってました>

ほ~お!
ほろっ! 取れちゃった!

ナイフ いらないですね。

このまま 行ってみようかな。

<ほろほろですか?>

フフっ!
<「フフっ」て!>

う~ん!
<おいしいんでしょうね>

すっごく軟らかいんですけど

食べ応え ありますね。

マスクして…。

ビリヤニ 本当に おいしいです。

ビリヤニ専門店を 何で また
始めようと思われたんですか?

すぐ近くに 姉妹店があるんです。
そうなんですか!?

スリランカ式のカレー 出してる。
へぇ~!

そこで 夜 ビリヤニ 出してて。

結構 評判 良かったんです。
あ~!

それで ビリヤニのお店 出せたら
いいよね!みたいになって

そしたら ここが ちょうど空いて。

合ってますね すごく。
ありがとうございます。

ビリヤニ食堂と。

<スペシャルプレートは
スペアリブの他

季節によって
内容が変わるので

飽きが来ないと
評判なんだそうです>

ちょうどで お願いします。

また お待ちしてます。
ありがとうございます。

痛っ! 頭 打っちゃった。

はぁ~! 満足!
<いいお店 見つけましたね>

本当に おいしかったなぁ。

もう スパイスの とりこだわ。
<アハハハ>

じゃあ
北千住駅に戻って来たので…。

千代田線に レッツラゴー!

(電子音)

<足立区の北綾瀬と

渋谷区の代々木上原を結ぶ
千代田線>

<深まる秋に どんな出会いが
あるでしょうか?>

<最初の途中下車は根津>

あ~!
<えっ 何?>

ここ 不忍通りですね。

<詳しいですね>
降り立って 気付きました。

私 前に フルマラソン 挑戦してて…。
<えっ?>

その時に
練習で この辺り 走ってました。

<フルマラソン!?>

懐かしい!

<すごいなぁ>

何か キレイな道ですね
こっち 行ってみましょうか。

えっ? 何?

何か
おしゃれチックなお店 見っけ!

<何のお店?>
何ですかね? このお店は。

洋服も売ってるけど…。

これかな?

これ お店の名前ですよね 多分。
<どれ? どれ?>

ツギキ?

<あ~>

これ Tシャツですよね。

Tシャツ…。

あと これ ランタンですよね。

アウトドア?

あと 富山県かな?
富山県の「TOYAMA」?

どういうことだろう?
<聞いてみますか>

じゃあ ちょっと 行ってみます。

(木原さん) こんにちは。
ちょっと 失礼します。

うわ~ おしゃれ! すごい!

ここは
何屋さんになるんですか?

(木原さん)
ここはですね 伝統工芸…。

富山の伝統工芸と アウトドアを
テーマにした セレクトショップ。

アウトドア 好きなんです。
お好きなんですか。

キャンプ 行ったりしてるんです。
そうですか!

富山の伝統工芸品っていうのは
どれですかね?

今 当店のほうではですね…
例えば こちら。

富山県の 銅着色の
伝統工芸士さんが作られた

シェラカップになっております。
シェラカップだ!

<シェラカップって何?>

キャンプの時とかに
お皿とか コップとかに使える

すごい万能な調理器具なんです。
<へぇ~>

基本は 銀な感じですもんね
アルミだったりとか。

ほぼ ステンレスっていうのが
99%と言っても

過言ではないかもしれないですね。
そうですよね。

持ってもいいですか?
手に取って 見てください。

これ…。

かわいい!

こんなシェラカップ
キャンプ場で持ってたら

人気者ですよ。

こちらは 大本の素材が
真ちゅうという金属になります。

真ちゅうっていうのは 亜鉛と銅の
合金なんですけれども

銅の部分が 化学変化によって
いろんな色に変わって行くという。

そういう技を使って いろんな
色を作る 伝統工芸の技術が

富山県にありましてですね。

塗ってるわけじゃないんですか?
そうなんですよ。

要は さびさせるんですね 銅を。

これも そうですもんね。

これも 銅着色で できてる。

かわいい どっちも! おしゃれ!

ちょっとした模様っぽく
なってますもんね。

世の中に1つとして
同じ色というか 柄がないんです。

たった1つの色の。
たった1つの色で。

欲しい!

こちらも?
これも同じ手法で作られてまして。

こちらのほうは
ガスカートリッジカバーですね。

こういう ランタンであったりとか
バーナーとか。

例えば 1つだけ
ふぁっと 色を添えてあげると

食卓が すごくキレイになる。
おしゃれ!

他は… あれ?

これ あれですよね。
<えっ 何?>

テント 設営の時に。

テントを
風で飛ばないように固定する

ペグって呼ばれるものになります。
<あ~>

ペグですね。
よかったら 持っていただくと。

ペグも売ってる。

軽っ!

ペグって もっと重いですよね
固定するために使うから。

こちらは ペグの形をした
本漆塗りのお箸になります。

<え~!>
うわ~! 面白い!

これ かわいい!

隣に 本物のペグも
置いてありますんで

重さを比べていただけると。

そうですよ 重いです。

これが 本当のペグ。

だまされました!
一見 分かんないですね。

だまされたのを見て
にやりとしたくて 作ってます。

<アハハ!>

富山の工芸品 取り扱ってる。

富山県出身 そういう感じですか?
まさに おっしゃる通りで。

富山県出身でございます。
そういうことですよね。

<元々は アウトドア用品メーカーに
勤めていた

店主の木原さん>

<故郷
富山県高岡の伝統工芸品を

多くの人に
知ってもらいたいと独立>

<自らの足で
職人さんの元を訪ね歩き

コラボ商品を開発しています>

<一番人気は
伝統工芸の技術を生かした

シェラカップ>

<こちらは
老舗漆器店の協力で作った

拭き漆の湯飲み>

<そして
高岡の名産である錫製品の

錫タンブラー>

<あれ? 何か買ったの?>
かわいい! レジ。

<何 買ったんですか?>

ジャジャン!

<あ~ やっぱり!>
シェラカップ。

こちらの色を
購入しちゃいました。

ありがとうございます。
ありがとうございます。

あ~ 楽しかった!

いいお店に出会えましたね。

<キャンプに また 楽しみが
増えましたね ユウさん>

<次の途中下車は新御茶ノ水>

よいしょ~! 到着!

新御茶ノ水駅。

あ~ ここに出るのか。
<この通りは?>

ここは 靖国通りの所ですね。
<あ~!>

あ~! そっか そっか!
スノボだ。

スキーショップとか
結構 ありますね 新御茶ノ水って。

<はい>

みんな
これから シーズンですもんね。

<あっという間に 冬ですね>

あっ!

古本屋さんだ 古本屋さんだ。

そっか… ここ 神保町?
<ですね>

いつの間にか
神保町まで来ちゃった。

ここも本屋さん。

うん? 何だろう?
<えっ?>

「鶴谷洋服店」って書いてある。

いや
「元鶴谷洋服店」って書いてある。

小っちゃく 「元」って書いてある。
<本当だ>

何で?

本も売ってるし…。

何? 面白いものが売っている。

<何屋さん?>

あっ あそこ。

黄色い所 よく見たら

「文化屋雑貨店」って
書いてありますね。

<あれ? 渋谷の?>

ちょっと 入ってみます。

失礼します。
(岩船さん) いらっしゃいませ。

お邪魔します。

すごい!

だいぶレトロな感じですね。

いろいろある。

へぇ~! かわいいかも。

アクセサリーとかもあるんだ。

かわいいなぁ
こういう がまぐちのもあって。

え~!
これ 何? トートバッグかな?

トートバッグだけど 何か…。

何か 見たことあるなぁ。

こちら 手で持ってもいいですか?

(岩船さん) どうぞ。
失礼します。

形が面白い!

あっ 分かった!
<何? 何?>

これ スーツかな?

スーツから
そのまま かたどったのかな?

すいません。

このトートバッグは

スーツですよね? 違うかな?

(岩船さん) スーツを模してます。

元々がスーツってわけではなく?
元々 スーツではないです。

リメイクではなくて。
そうなんですね。

あえて このデザインに。
そうです。

掛けてみてもいいですか?
はい どうぞ。

ありがとうございます。

お~!

っていうか
ジャケット 着てる気分!

元洋服店… テーラーだったので

スーツをモチーフにしてみました。

「元鶴谷洋服店」っていうのは

スーツの仕立て屋さん?
そうです。

私の おじ夫婦がやってました。

10年前からは…
おじが他界してしまったので

スーツ用の生地が
いっぱい残ってまして。

手触りも すごい…
今と違う いいものなので

小物にしたら
女性にも受けるかなって。

探りながら やってます。

あっ これは?

かわいい!

がまぐちのバッグ。
<へぇ~>

それも 提げると 部分的に

ジャケットに
見えるようにしました。

こうやって
肩に掛けて 持ってたら

本当に
服と くっついてるみたいな。

一体感が生まれるように
作られてるんですね。

そういうイメージです。
面白い!

しかも 本当に ポケットとしても
機能するから 便利ですね。

鍵だったり ここに入れて。

がまぐちの
結構 多いじゃないですか 商品。

一番 取っ掛かりは
がまぐち 小さいの作り始めて。

このへんの生地も
スーツの生地を がまぐちにして

女性でも
手に取りやすくっていう。

あっ これ!

店頭… 外にも置いてあって
すごい気になったんですけど。

これは? すごい面白いですけど。
おかめです。

おしゃれかも!
本当に こういうの。

このデザインは
元々あるデザインなんですかね?

それは 文化屋雑貨店っていう

以前あった 人気雑貨店の
オリジナル商品です。

文化屋雑貨店って
ここの 店頭の看板の…。

文化屋雑貨店って お店が…。
以前あって

閉店してしまったんですけど。
<あら~>

閉店された後に
たまたま知り合うことができて。

雑貨店のレジェンド なんですけど…。
<そう そう!>

こんな小さな店に

コーナーができるぐらい。

<文化屋雑貨店は

1970年代に
渋谷で創業した雑貨店>

<僕も よく通いました>

<そのオリジナル商品である

蔦谷喜一の絵を使った
小物入れや

ヒョウ柄の食器などを
お店で扱っています>

<ユニークな商品を
取りそろえる

店主の岩船洋子さん>

<義理のおじさんが

仕立て屋さんを
店じまいすることになり

それを受けて
雑貨店にリニューアルしました>

<さらに
お店に残っていたスーツ生地で

オリジナル商品を製作>

<古本の街にちなんで
ブック・ジャケットと名付けた

ブックカバーも作りました>

<しおりは Yシャツとネクタイを
イメージしています>

<おしゃれ!>

<旅を続けましょう>

<次の途中下車は赤坂>

あ~ すごい! 都会ですね。

高層ビルから。

カフェから。

何があるんだろうなぁ。

こっち 曲がってみよっかなぁ。

う~ん。

気になるのを見つけました。
<えっ 何?>

見て… えっ?

「焼肉×イタリアン=進化系焼肉」。

<進化系?>

ニンニクとか
オリーブオイルを使った

焼き肉屋さん?
<ってことですかね?>

何でしょうね?
どういうことだろう?

あっ 「かいだん あがって
すぐそこ!」って書いてあります。

<聞いてみますか?>
そうですね 行ってみますか。

あっ ここだ!
マンツォヴィーノ ピッコロ。

すいませ~ん!
(小出さん) は~い。

(小出さん) あっ どうも。
すいません。

今 営業中ですか?
(小出さん) まだ準備中でして。

焼き肉とイタリアンって
どういうことですか?

うちのオーナーが 元々 人形町で
ビブグルマンを獲得した

イタリアンをやっておりまして。
そうなんですか。

そこのオーナーが

焼き肉に イタリアンテイストを
盛り込んだら

面白いんじゃないか
ということで始めた

新しい形の焼き肉。
焼き肉屋さん。

元々 イタリアンをやられてた方が
オーナーで。

気になる!

すいません 準備中に。
いえいえ。

何時オープンですか?
5時半になります。

後で来させていただきますので。
お待ちしてます。

高橋が伺います。
はい ありがとうございます。

焼き肉屋さん 一応 ジャンルでいうと。
<ですね>

楽しみ!

<進化系焼き肉 楽しみですね>

<次に降りたのは表参道>

あ~ 表参道に到着だ!

まぁ 表参道はね よく来ます。

<先週も ねこちゃんと来ました>

ここ 真っすぐ行くと
外苑前ですもんね。

こっちは よく行くので…
どうしようかな。

こっち 行ったことないかも。

こっち 行ってみよっかな。
<そうしますか>

どうしよっかな。

う~ん。

う~ん 悩む… どっち。

こっち 行ってみますか。
<いいですよ>

何かね。

何か お店がありますね。

「MOZZARELLA」。

チーズ屋さん?

こっち 何ですかね?

<「TEA」?>
「JAPANESE GREEN TEA」。

「カネ十農園」。
<日本茶ですかね?>

私 カフェ巡りが好きなんですよ。
<あ~ そう>

いつも コーヒーなんですけど…
お茶なのかな?

飲めるのかな?
<どうでしょう?>

ちょっと 行ってみますか。

お茶 飲みた~い。

あっ すご~い。

なるほど なるほど。

こんにちは。
(前山田さん) こんにちは。

そちらにある チーズのお店とは

別のお店ですか?
向こうは チーズ屋さんで

うちは 日本茶屋の
カフェとなっておりまして。

全く別のお店となっております。
別のお店で

同じ建物でやってる。

ちょっと 見てもいいですか?
ぜひ ご覧になってください。

ありがとうございます。

かわいいですね 何か。

パッケージが
英語で書いてあるんですね。

そうですね。

ここで作られてるんですか?

本社が
静岡の牧之原にございまして。

そちらに 茶園がありまして。

静岡だったら
もう 間違いないですね。

これも おいしそう!

ほうじ茶 好きなんですけど。

「栗焙じ茶」。
<えっ?>

栗?

すいません 栗焙じ茶というの
あるんですけれども。

国産の栗を 低温乾燥させたものが
入っておりまして

甘みが出て より ほうじ茶の
香ばしさと すっきりさと…。

そこに 甘みもプラスで加わるので
飲みやすい仕上がりになってます。

飲んでみたいなぁ!
ここで飲めるんですか?

こちらの店は イートインも
やってますので お茶も飲めます。

よろしければ
先払いのお会計になりますので

こちらでお願いいたします。

飲んで行こう せっかくだから。

栗焙じ茶ですと
今 お出ししてるのが

こちらの 期間限定商品の
燻製焙じ茶モンブランに付いてます。

燻製焙じ茶モンブランって

普通のモンブランと
違うんですか?

ほうじ茶の粉自体を
燻製機にかけて…。

より深みと香ばしさを出した
ほうじ茶の粉を使った

モンブランとなっています。

これ ください。

燻製焙じ茶モンブランと
栗焙じ茶のホットで

お願いします。
かしこまりました。

これで お願いします。

こちらの席に どうぞ。
は~い。

楽しみ!
<栗焙じ茶にモンブラン 楽しみ>

お茶を 背中に感じながら。

すごい! うわ~ おいしそう!

<お~!>

お待たせいたしました
失礼します。

燻製焙じ茶モンブランの
栗焙じ茶付き ホットですね。

ありがとうございます。

おいしそう!

ほうじ茶の
すごい いい香りも広がります。

ホットだと 香りが引き立ちます。
すっごい いい香り。

せっかくなので
お茶屋さんなので

栗焙じ茶から
いただきたいと思います。

いただきます いい香り。

<どんな味なんでしょう?>

あ~ おいしい!

本当ですね
こっくりとした甘さで

鼻に抜ける感じとかが
栗なんですよね。

これが きっと。
<へぇ~>

モンブランをいただきます。
<うれしそう!>

栗! どうしよう?

まず 横の 絞ってくださった
あんの部分を。

いただきます。

(咀嚼音)

う~ん!

(咀嚼音)

<あれ? ポリポリ いってる>

あ~ おいしい! 踊り出しちゃう。
<アハハハ>

これ…。
はい。

栗だけですか?

こちらの あんがですね

栗あんと ほうじ茶パウダーと

クリームチーズが入ってます。
クリームチーズ!

クリームチーズとお茶って
すごく相性が良くて。

酸味と ほうじ茶の苦味が
すごいバランスが良くて。

さらに お茶の苦味も
少し 和らげる効果があるので。

う~ん! う~ん!

あれ!?

中に プリンのようなものが。

ほうじ茶プリンとなってます。
ここにも ほうじ茶が。

お茶の味を
ダイレクトに楽しめるのが

スポンジとか メレンゲとかよりも
プリンが伝わりやすかったので

プリンにさせていただきました。

程よい苦味というか お茶み…。

<お茶み?>
お茶み?

合ってますか?
<いいんじゃないでしょうか>

う~ん!

<お茶の風味が たっぷり詰まった
燻製焙じ茶モンブランは

温めた牛乳に
コンデンスミルク ゼラチン

燻製した ほうじ茶を
混ぜて 型に入れ

冷やして
土台となるプリンを作ります>

<あ~
これだけでも おいしそう!>

<その上に ラム酒に漬けた栗

砕いたヘーゼルナッツをのせ

クリームチーズと
ラム酒の入った

栗あんをかければ 出来上がり>

<栗焙じ茶と
口直しに もなかが付いた

いり玄米と クルミのみそあえが
セットになっています>

ステキな時間を
ありがとうございます。

幸せだった~。
<大満足でしたね>

せっかく 表参道 来たのでね
反対側とか 行ってみます?

<そうしましょう>

もう 外国みたいですね。

おしゃれ こういう表示とかも。

おしゃれだなぁ どこまでも。

だいぶ 裏の裏に回って来ました。

<静かですね>

ここ すごい のどかで
落ち着いちゃいますけど。

え~ 何? ここ。
<お店?>

えっ 何? アトリエ? 何? これ。

どっから見よう?

こっちも…。

見てください。

小日向さん これ 何でしょう?

ライトだけど すごい かわいい!

お花?
<かなぁ?>

何屋さん? お花屋さんなの?
気になりますね。

お店なのかな?

あっ お店だ!

こんにちは。
(大矢さん) こんにちは。

入って大丈夫ですか?
(大矢さん) 大丈夫です もちろん。

失礼します。

何か かわいい!
<何のお店?>

こんにちは。
(大矢さん) こんにちは。

入って大丈夫ですか?
(大矢さん) 大丈夫です もちろん。

失礼します。
(大矢さん) いらっしゃいませ。

何か かわいい!
ありがとうございます。

外から見えて…。
ありがとうございます。

この…。
ライト。

ライトですよね。

ドライフラワーを たくさん入れて
お作りしている照明になります。

<あ~!>
ドライフラワーなんだ。

ドライフラワーが
ライトになってるって…。

ちょっと珍しいんですけど。
ですよね!

触っていただいて大丈夫です。
失礼します。

後ろ 動かしていただくと

お花が違う感じで見えるので。
本当ですね!

結婚式とかで使ったブーケも

こういう アフターブーケとして
残して行くっていうのが

メインでやっております。
アフターブーケ!

あ~ 持って来ればよかった。
<アハハハハ>

なかなか残しておけないので。
そうですよね。

残そうと思って頑張ったんですよ
家で ひっくり返して。

断念しちゃった。

結婚式以外でも お祝いのお花も

できるようになってるので。
そうなんですか。

サイズが いろいろありまして。
こういう ちょっと大きいのも。

あと 下にも置いてるんですけど
大きめのサイズとかも。

あっ 見てください! かわいい!

こういうライトの置き方も
おしゃれですね。

すごい いい!

あっ ドライフラワーも

ここに置いてあるんですね。

ドライフラワーも
全部 アトリエで お作りして…。

お好きなお花で ああいうライトも
お作りできるようになってます。

これって あれですよね?

プロテアですよね?
よく ご存じで。

結婚式で使ったんです!
そうなんですね!

大好きなお花です。
そうなんですね。

これ すごい大きいライトで作ると
めちゃくちゃ かわいいんです。

ですよね。
もったいないですね。

でも ここで再現できる。
そうなんですよ。

ない方も 使ったお花
言っていただいたら

ご用意できる場合があるので。

これに合わせて選んでとかも
できますし。

そういうのも お作りは いつでも
できるようになっております。

<ドライフラワーの
ボトルライトは

現在 注文から完成まで
およそ4か月>

<入学式や卒業式などの
お祝いで頂いた花で作る人も

多いそうです>

<サイズは4種類>

<お店では 完成品も
販売しているそうですよ>

耳に着けてらっしゃる これは?

ここで
お作りしているものなんです。

耳に引っ掛けるタイプの
アクセサリー。

かわいいですね。
ありがとうございます。

これも ドライフラワーですか?
布のお花でお作りしてるんです。

こんな感じで調節ができて

耳に ぴったり合うように
お作りできてるので。

そういうアクセサリーとかも
結構 あるんですか?

そちらのほうに たくさん
そろえているんですけど。

こちらに置いてるのが
真ちゅうとシルバーを使った

アクセサリーになっておりまして。
かわいい!

ここのシリーズが

誕生花と誕生石をモチーフにして
お作りしておりまして。

誕生日 何月ですか?
1月です。

1月は ローズマリーのお花に
なっております。

ローズマリー!?

ガーネットが誕生石。
誕生石も!

でも こういう 5月も…。

スイートピーですね。
スイートピー。

スイートピー この色も…。
渋めな色になっているんですけど。

カッコいい感じだと思います。
カッコいい!

これも5月ですか?
5月です。

指に着けてもいいですか?
もちろんです。

試しに着けてみてください。
失礼します。

よいしょ。

かわいい!
いいですね。

夫が5月だから。

それを 私が着けるっていうのも
何か いいですね。

すごいキレイ!

<お店で人気の
誕生花のアクセサリー>

<11月は 秋の訪れを告げる花
リンドウをモチーフにした

ピアスやリング>

<そして 12月は

イソギクをモチーフにした
アクセサリー>

<使い込むことで 金属の
色の変化も楽しめるそうです>

<おっ 赤坂に戻りますね!>

<ということは
例の進化系焼き肉ですね>

<すっかり 日も落ちて
まさに 焼き肉タイム>

おっ! 明かり ついてますね!

オープンしてますね!

おなか すいた!
<楽しみですね>

(小出さん) いらっしゃいませ。
ありがとうございます。

焼き肉といえば
牛タンから食べたいんですけど

牛タンはメニューにありますか?
はい ございます。

右の下のほうにですね

タンジェノヴァっていうのが…。
タンジェノヴァ。

「焼き上げた牛タンに

マンツォヴィーノ風ジェノヴェーゼソース をかけて
お召し上がりください」。

レモンじゃなくて?
そうなんですよ。

気になりますね!
いきなり イタリアンですね。

あとは… そうだな。

普通のお肉だと
何がお薦めですか?

ハラミアータっていうのが…。
ハラミアータ!?

アラビアータじゃなくて?
そうなんですよ。

じゃあ
ハラミアータも お願いします。

締め… すごい!

リゾットって書いてありますよ。

リゾットとか パスタ ありますよ。

これが締めな感じですよね?
そうです。

こういうとこはイタリアンですね。

締めのお薦めは?

しらすとホタテミンチの
冷製トマトソース。

冷麺があるんですけど。
気になりますね。

<イタリアンの冷麺ってこと?>

これにします。
かしこまりました。

イタリアンのメニューだもん
こういう感じとか。

楽しみだなぁ。

<赤坂で見つけた
イタリアン焼き肉>

<しかも 進化系!>

失礼いたします。
はい。

おっ?

こちらが
タンジェノヴァになります。

これがタンなんだ!
すごい おいしそう!

これだ。

こっちが ハラミアータですか?
そうです。

うわ~!
こんな焼き肉 見たことない!

タンから焼きたいんですけど。
牛タンを 両面 焼いて

その後に こちらの オリジナルの
ジェノヴァソースを垂らして

包んで お召し上がりいただく。
包んで。

このハラミアータ 味 付いてる?
味も付いております。

追いアラビアータ
していただいてもいいし

チーズ かけて まろやかに
召し上がっていただいても。

焼き肉に チーズ!?

でも おいしそう!

やってみます。

おいしそう! 焼いてみます。

(焼ける音)

<あ~!>
あ~ いい音!

味も違うのかな?

よし! おいしそう!

ここに かけちゃっていいんだ。

<そんなに!?>

包んで いただきます。

う~ん!

うん!
<えっ?>

何これ!?
<どんな味?>

おいしい!

ジェノヴァソースのバジルが
すごく しっかりしてて

絡み合って
より濃厚な味になって…。

これは おいしい!

次 ハラミアータ
行ってみましょうか。

<アラビアータならぬ
ハラミアータ>

どうなるんだろう?

裏返していいのかな?

うわ~ おいしそう!

<あ~ いい感じ!>

うわ~!

追いアラビアータ やってみよう。

おいしそう!
イタリアンなことしてる。

たっぷり チーズ かけちゃおう!
<あららららら>

おしゃれ! イタリアンでしょ。

<いやいや イタリアンですね>

どんな味するんでしょうね?

う~ん!

うん!

アラビアータの
トマトソースの感じが

甘さと酸っぱさがあって。

でも そこに
辛さが ピリピリって来て。

これ イタリアン独特の
ピリ辛おいしさみたいなんが

お肉に合うんですね。
<ほぉ~>

不思議! 1つになれるんだなぁ。

焼き肉とイタリアンって。
<ねぇ>

失礼いたします。

おっ! 来た来た。

え~!

パスタにしか見えないですけど。

<あら~ これが冷麺!?>

<イタリアン焼き肉のお店でいただく
トマトソースの冷麺>

え~!

パスタにしか見えないですけど。

しらすとホタテのミンチの
冷製生トマト麺になります。

これ 冷麺なんですね。

<パスタにしか
見えませんけどね>

うん うん うん。

う~ん!

何か パスタよりも
少し あっさりしている感じ。

太麺なので
食べ応えは しっかりあって。

かみ応えが パスタにはない感じ。
<へぇ~>

イタリアンかな? どっちかな?
っていう感じで食べるけど

焼き肉屋さんだったなって!
これで締まる感じがしますね。

<マンツォヴィーノ ピッコロが
オープンしたのは

去年の9月>

<肉は 厳選したA5ランクの
黒毛和牛を使っています>

<合わせるのは
イタリアン風にアレンジされた

つけダレや ソース>

<こちらは たっぷりと
トリュフをのせた 上ロース>

<おいしそうですね!>

<締めに人気の一品は

ハラミステーキののった
カルボナーラ>

<和牛フィレカツの
フォッカッチャサンドも好評です>

<食欲の秋>

<いいお店に いっぱい出会えて
よかったですね ユウさん!>

<街の片隅を ぶらりと歩けば

思わぬ発見
ちょっとした幸せ気分が

心を和ませてくれますよ>