イッテQ!ガンバレがイモトに代わり日本ツアー絶景登山に挑戦&イケメン芸人第2弾[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

イッテQ!ガンバレがイモトに代わり日本ツアー絶景登山に挑戦&イケメン芸人第2弾[字]

ガンバレルーヤがイモトに代わってジャパンツアー!有明海で珍獣ハント&超過酷…日本一長い石段&九州最後の秘境で絶景登山▼ギャビン第2弾…屋久島でウミガメ調査

出演者
内村光良、宮川大輔、森三中、イモトアヤコ、いとうあさこ、出川哲朗、ガンバレルーヤ、ギャビン(まかろにステーション)
番組内容
世界の果てまでイッテQ!ガンバレルーヤど根性ジャパンツアーin 熊本・佐賀・宮崎!超過酷…日本一長い石段を上る&熊本伝統芸を全力リポート&有明海で珍獣ハント&九州最後の秘境・大崩山を絶景登山!山頂であの名曲を熱唱▼ギャビンのボランティア旅 in 熊本・鹿児島!エリート一家に生まれ、一流ブランドのモデル経験もあるイケメン米国人・ギャビンが働いて日本を学ぶ!屋久島でウミガメ調査&牧場で牛の出産お手伝い

ジャンル :
バラエティ – その他
バラエティ – 旅バラエティ
ドキュメンタリー/教養 – 自然・動物・環境

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. スタジオ
  2. スゴ
  3. 宮川
  4. 内村
  5. ギャビン
  6. 出川
  7. イモト
  8. 村上
  9. ハハハハ
  10. 大丈夫
  11. 佐藤兄
  12. 最後
  13. スタッフ
  14. Come
  15. OK
  16. ジャパンツアー
  17. 頑張
  18. 今回
  19. ゴール
  20. スゲェ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



さぁ 始まりました 『イッテQ!』。

2本立てでお送りします。
ワッショ~イ!

どうも どうも どうも!
(いとう) どうも~!

お願いしま~す!
(よしこ:まひる) ブイ!

さぁ イモトの代わりにですね

みんなで 「ジャパンツアー」
ということなんですけども。

今… イモトは
現在 何か月ですか?

今 8か月で…。

だいぶ マタニティー… はい
作っていただいたんですよ。

マタニティーセーラー服も
作っていただき…。

マタニティーセーラー服で
なんとか ギリギリまで

やらせていただきます
ありがとうございます。

いよいよ
近づいてきましたけれどもね。

そんなイモトに代わってですね
「ジャパンツアー」に

今回は ガンバレルーヤが。
(まひる) はい 今回はですね

九州を回って
珍獣ハントや登山などの魅力を

いっぱいリポートしてきました。
(いとう) 登山も? イモトっぽい。

ねぇ… あれだね
ガンバレルーヤがやると

「ジャパンツアー」にも やっぱ
「ど根性」が付くんだね。

(よしこ) そうなんですよ!
本当に どこに行かせても

「ど根性」が
付きまとってくるんですよ…。

「ど根性」っていったら…。

どっちかだよね。
(笑い)

<まず向かったのは

世界最大級
阿蘇カルデラを擁する…>

(まひる) どうも!
どうも どうも どうも!

まひるでございます!

よしこでございます!

(まひる)
さて どこにいるでしょうか?

<それでは いこう!>

(スタジオ:宮川) あそこちゃう…?
(スタジオ:出川) 見えてる 見えてる。

正解は…。

まーちゃん…。

<やって来たのは
世界有数のスケールを誇る…>

さぁ 皆さん…。

こうやってですね…。

<ここ阿蘇中岳は

噴煙が上がる火口を
間近で見学できる

世界でも珍しい火山>

<つい先日も噴火が起こるなど

活発に活動しているため…>

<さらに…>

スゴい!

(まひる)
顔 出しました ちょっとだけ。

<そこは…>

<阿蘇の大パノラマを
堪能できる…>

<この日は うっすらとしか
見られなかったが…>

<…としても有名で
運が良ければ

ご覧のような絶景を
見ることができる>

(スタジオ:内村) 急にセーラー服!

うわぁ~! 確かに…。

<それでは いこう!>

<まずは…>

<それが…>

<坂を疾走する…>

(よしこ:まひる) おぉ~…!

(末廣さん) 失礼しました。

(末廣さん)
ドイツからきた れっきとした

大人のスポーツアイテム
なんですけども。

<もともとは 登山家が

楽しく下山したいと
生み出したもので

ヨーロッパでは その速さを競う

世界選手権まで行われている>

えっ!
ある ある! めっちゃ重い。

うそじゃ ない…!

いいんだよ
そんなこと言わなくたって!

<その体感速度は かなりのもの>

おぉ~! 速い 速い 速い。

(スタジオ:宮川) あぁ~ ちょっと…
よっちゃん…。

<カーブやスピードの調節は
足で地面をこすって行うため

どれだけ速く滑れるかは
まさに 根性次第>

よし…!
<そこで…>

(スタジオ:いとう) 速っ!
(よしこ:まひる) 速っ!

(スタッフ) …を差し上げます。
おぉ~!

<まずは よしこがいく>
(末廣さん) 用意 スタート!

ハァハァ ハァハァ…。

(スタジオ:出川) おぉ~!
速い 速い!

<なぜか 草むらのほうへ>

(スタジオ:内村)
危ない 危ない 危ない!

うっ…!
(スタジオの笑い)

<しかし
それを見ていた まひるは…>

やってないよ!

<ソフトクリーム目指して
まひるがいく>

(末廣さん) 用意 スタート!

(スタジオ:いとう) もう 速そう。
<ぐんぐん加速!>

<ほぼノーブレーキ>
(スタジオ:内村) おぉ~ いい!

(スタジオ:いとう) うまいな!
(スタジオ:イモト) 頑張れ!

(スタジオ:いとう)
おぉ~! スゴい!

<執念のゴール>

<さぁ 記録は?>

おぉ~!

やった~~~!

(スタジオ:宮川)
どういうことやねん!

うぅ~…!
<続いては…>

(よしこ:まひる) えっ?

(まひる) 「日本一の」。
「石段」。

<ここは 日本一長い石段…>

<その段数…>

「とりあえず上ろう」?

(よしこ:まひる) えぇ~!

ハハハハ…! 「よし…」。

(まひる:よしこ) こんにちは。

90分?

(まひる:よしこ) えぇ~!
<そこで 2人が決めたのは…>

いいよ。

<階段の上にあるのは

1200年の歴史を持つ
由緒あるお寺>

<道中は
ほぼ木に覆われた山の中>

<ここでは 年に一度 ただ…>

あぁ~! 痛い!

(スタジオ:いとう) 楽しそう。
フフフ…!

動いたり止まったり

動いたり止まったりとかしてたら
無理だよ。

やぁ~!
(スタジオ:宮川) なんやねん!

(スタジオ:いとう) 嫌だ 嫌だ。

<結果 上り始めてからの
所要時間は2時間>

(スタジオ:いとう) そんなかかるの?

勝った~!
(スタジオ:いとう) そんなかかるんだ。

つらかったね。
(スタッフ) どうしたの?

大丈夫だよ ここまで上ったことが
スゴいんだよ うっちー。

(内山) いや なんか…。

めっちゃ なんか…。

頑張って。

<彼女は ダイエット企画で
一緒に断食をした内山>

<当時…>

(スタジオの笑い)

<続いては 佐賀県で…>

<やって来たのは…>

<潮が引くと そこかしこに
ムツゴロウが姿を現し

以前 みやぞんが
むつかけ漁に挑んだ>

<だが…>

…を捕ります。

<それは 泥の中に生息しており

グロテスクな見た目から

その呼び名が付いた珍獣>

えぇ~!

(まひる) えぇ~!

<それでは…>

<使うのは
先端がフックになった…>

<移動は
潟スキーという板を使う>

<この広大な干潟で

5cmほどの穴を探して
掻くという

気の遠くなるような作業>

<と思いきや…>

(スタジオ:宮川) まさか…。

(まひる) いた! 先生!

<これが
お目当てのエイリアン…>

(まひる)
歯がギザギザで エイリアンだ!

<まひる…>

<ワラスボは
こんな見た目だが…>

<体長は
大きいと50cmにもなり

泥の中を進むため
目が著しく退化している>

<そして 最大の特徴が…>

ほら スゴい!
噛もうとしてる… 痛い!

<目の前に獲物が来ると
すぐに噛み付く獰猛さ>

エイリアンの歯です。

<泥の中にいる小魚や貝類など

何でも捕食するモンスター>

<やがて 2人の腕は
めきめき上達>

<よしこ もはや…>

(スタジオ:いとう) 大丈夫なの?
(スタジオ:宮川) スゴすぎるやんな。

<結果 1時間で…>

<…に成功>
痛~い!

(スタジオ:宮川) スゴいね。

(まひる) スゲェ 先生。
スゲェ 先生。

スゴっ! スゴっ 先生。

<では お待ちかね…>

さぁ こちら 地元の居酒屋さんで
作っていただいた

ワラスボの
フルコースでございます。

スゴい! おいしそうだね!

<だが ガンバレルーヤ…>

スゴいね!

…に そっくり。

(噛む音)

うわっ スゴい… 音がスゴい。

(噛む音)

(まひる) でも なんか…。

(スタジオ:村上)
刺し身にもできるんだ。

(スタジオ:内村) ハハハハ…!

うん!

おいしい!

<続いて いったん箸休め>

<よしこの夢を叶える
おしゃれアート>

こんにちは。
(今井さん) こんにちは。

<それが…>
うわぁ~!

<人に花を生ける
アート…>

(スタジオ:いとう)
あら すてき。

(今井さん) そうです
コスモスを使って ちょっと…。

うわぁ~!

…って言ってたもんね。
はい そうなんです!

<そう 子どものころから

お花で作ったドレスで
結婚式を挙げるのが夢なのだ>

うれしい!

<まずは ベースとなる針金を
髪に固定し

ドライフラワーの枝を
結び付ける>

<そこに テーマに合わせ
花を生けていく>

<体には 木のツルで
たっぷりと装飾>

<あとは 写真を撮れば完成>
(スタジオ:いとう) いいんじゃない?

<まひるの写真から お披露目>

(スタジオ:いとう) きれい きれい。

<まるで
『ゼクシィ』の表紙のような…>

(スタジオ:いとう)
かわいい! いい顔。

あぁ~ かわいい…!

かわいいね!

(スタジオ:宮川) あぁ~
乗ってきたね 乗せられたね。

<一方 本命…>

<ウエディングというより
サスペンス>

(スタジオ:大島) 「イメージどおり」。

(スタジオ:出川)「すてき~ すてき~」。
(スタジオ:宮川) 乗ってきたね!

<…と 自分に言い聞かせ続ける
今井さんだった>

<さぁ 続いては 熊本の…>

<それは…>
お願いしま~す!

(佐藤兄) よっ!

おぉ~!

えぇ~!

(スタジオ:いとう)
何やってるか分からない。

(佐藤弟) はっ! はっ!
(佐藤兄) よいしょ~!

<これは 独楽を投げ上げ
空中で回す

400年続く…>

<紐1本で行う離れ業ゆえ

「世界一難しい独楽」とも
いわれている>

スゴ~い!

<今回は この
佐藤兄弟が行う

アクロバット技を
マスターし

4人でのパフォーマンスを
目指す>

はい よいしょ!

(まひる) スゴ~い!
スゴ~い!

<すぐに…>

(佐藤兄) で… よっ!

(まひる) おぉ~!
あぁ~!

あぁ~!
(佐藤兄) こういう状態。

(佐藤兄) そうですね。

<そう ディアボロ経験のある
2人なら

なんとかなると踏んでいたが…>

(佐藤兄) 掛け直すんですね。
(まひる) えっ!

(佐藤兄) 空中で。
(よしこ:まひる) えぇ~!

<そう 大誤算だったのが
この基本のドリブル>

<これができなければ
もう 何もできないのだが

いくらやっても…>

(スタジオ:内村) これは難しいよね。

これ むずっ!

難しいよ!
<では…>

<ご覧ください>

<できないパフォーマンスは
顔芸頼み>

<先輩…>

(スタジオ:イモト)
それだけじゃないですよ。

(スタジオ:イモト)
それだけじゃないですけどね。

<まずは 雰囲気だけで盛り上げ
出番を持つ>

(スタジオ:内村) 踊ってるんだね。

<そして 唯一できるのが…>

(スタジオ:いとう)
でも スゴい スゴい!

<成功!>
は~い!

<早くも…>

<佐藤弟の手乗せから…>

<木の板を転がす>

よっ!
はっ!

やぁ~!
<よしこが ためて…>

やぁ~! はっ!

<まひるへ>
(スタジオ:いとう) うまい!

<…からの ラスト 返し技>

はっ!
(スタジオ:一同) おぉ~!

はっ!

(よしこ:まひる) やぁ~!

<ラストは 宮崎県で…>

(ハリウッドザコシショウ)お米ちゃーん。

お米ちゃん。 国産米100%!
♬~

コメコメコメコメ。 釜炊き製法!

(少年)おいしい~。

ちゃんちゃかちゃんちゃん… お米~‼

釜炊き製法!
♬~

国産米100%!

ん! 実においしい~。

あぁぁ~‼ マンマーマンマー‼
「カレーメシ」‼

♪~ いつか きっと
つくっちゃおう

♪~ すごいもの つくっちゃおう

♪~ つくるって たのしいよ

やってみよー!
♪~ かんがえるとウキウキ

♪~ なんだかゾクゾク

♪~ ニヤニヤしちゃうよ

こんなこと
そんなこと あんなこと!

♪~ ぜったいぜったい
できるよね

♪~ ほんとに ほんとに
できるよね

♪~ みらいは すぐそこだよ
<子どもたちに誇れるしごとを>

♪~ レッツゴー!
<清水建設>

<ラストは 宮崎県で…>

<初心者の2人を
サポートしてくれるのは

山岳ガイドのこちらの皆さん>

<それは…>

<宮崎の奥地にあり
登山道も困難なことから

あまり知られていない…>

<…は かかるため
入山は朝5時半>

(スタジオ:内村) 本気の登山。

(スタジオ:宮川)
これ ヤバいな 真っ暗なるな。

<そう この山は
とにかく 勾配がきつい>

<ハシゴやロープが必要な場所が
至る所にあり

体力が削られる>

<ここで
ようやく見えてきたのが…>

(成崎さん)
まだ見えてない あの…。

(よしこ:まひる) えぇ~!
<そう あれが今回の目標>

<荒々しい岩肌がそびえ立つ
大崩山の全貌>

<だが ここからは
さらに勾配が激しくなる>

<延々続く…>

嫌だ 怖い…。

(まひる) 大丈夫だよ よっちゃん。

よっちゃん 落ち着いて
慌てない 慌てない。

<半べそでも…>

(スタジオ:いとう) スゴい スゴい。

<ここで…>

スゴい!
スゴ~い!

うわぁ~! 何? ここ!

<2人がいるのは 断崖絶壁>

<正面には
ゴールの頂も迫ってきた>

<すると…>

<山ロケあるある
カメラマンの…>

(スタジオの笑い)

<ここからも続く過酷な道>

<一行は 300mを超える

切り立った稜線を
慎重に進んでいく>

<目指すゴールは
ひと際高い

上湧塚と呼ばれる場所>

<まさに 最後の秘境といわれるに
ふさわしい

壮大なスケール>

<ここまで来ると もはや…>

<高所恐怖症のまひるにとって
この先が正念場>

(スタジオ:いとう) 頑張れ! 頑張れ!

<ラストは最も危険な場所>

<すると…>

♪~ 『スマイル』

♪~ いつでもスマイルしようね

♪~ とんでもないことが
おきてもさあ

<実は このマイク
2人が家から持参したもの>

♪~ なんでもない顔して

♪~

♪~ もう決めてんだ。

<そう 頂上で
『カイト』を歌うのが

2人の目標>
♪~ イェ~イ

<まひるの顔にも笑顔が戻った>

♪~

(スタジオの笑い)

♬~ 『カイト』

♬~
(スタジオ:いとう) 『カイト』が…。
(スタジオ:内村) きたよ。

♬~
頑張れ! 大丈夫 大丈夫!
大丈夫 大丈夫!

♬~
(スタジオ:出川) スゴいな。

<そして…>

<間もなく 頂上>

♬~

<最後は やぶの中を抜ければ
ゴール>

♬~
うわぁ~! スゲェ! スゴっ!

♬~
スゴ~い!
スゴ~い!

<それでは…>

♬~
(スタジオ:内村) うわぁ~!

<ここが九州最後の秘境…>

(スタジオ:内村) スゲェな!

<進んできた道のりも
一望できる

大絶景>

♬~

♪~

(スタジオ:内村)
♪~ 何なんだよ これ。

♪~

<以上…>

イモト どうでした?
スゴい盛りだくさんだった…。

でも 最後の
登山ブロックのBGMというか。

あれは…。
今回 イモトさんの

「ジャパンツアー」を
背負ってますから。

いや 違う 違う 違う 違う…!
あの最後のやつは…。

(イモト) 嫌だ 嫌だ 嫌だ!
怖い 怖い 怖い 怖い!

(村上)
でも いつもね イモトさんの

「ジャパンツアー」でも
見てましたけど 私たち。

えぇ~!
(村上) そういうことですよ。

♪~

♪~ (スタジオ:内村) 謝れ! 謝れ!

うわぁ~ 今さらながらで…。

ひどいですね
あんなことしてたの? 私。

はい 続いては こちら。

(拍手)

<お試し企画の担当は…>

<彼は 決して…>

<もともとは 海外ロケが
通訳なしで できるため

ロケ費の節約になると
目を付けていた>

ハハハハ…!

(ギャビン) モデルは…。

なぜ お笑い…。

<コロナで
海外ロケに行けなくなり

オーディションから1年以上

ずっと ほったらかしになっていた
ギャビン>

<そこで…>

おぉ~!

<…この企画>

<ここは…>

<早速…>

<実は この橋…>

<これにより…>

はい。

(スタッフ) あのキャラで。
むしろね…。

(スタジオ:出川) えぇ~!
<それでは いこう!>

<まずは…>

縁起物の野菜?
(スタジオ:内村) あいにくの雨ですな。

<一方…>

(スタジオ:出川) 生で食べれるんだ。

(スタジオ:いとう)
そう 糸 引くんだよね。

(スタジオ:いとう) えっ? レタス?

(スタジオ:出川) 早いよ 反省!

<そして…>

ということで
からしレンコンが出来ました。

(スタジオ:内村) どうなんだろう?
ギャビンは これ。

(せき込み)

(スタジオ:いとう) ハハハハ…!
(スタジオ:内村) めっちゃ飲んでる。

(スタジオ:村上) 足りないよね?
大丈夫? ギャビン。

(スタジオ:宮川) うそつけ!

♬~ どん兵衛のきつね 食べとったら

♬~ いつでも ウチと一緒やで

(こがけん)
西のおだしは 昆布が効いてて おいしいな。

(西のどんぎつね)
ほんまに? めっちゃうれしい。

次は東。

鰹だしが最高だぁ。

(東のどんぎつね)でしょ~?
えっ えっ えっ えっ。

で どっちが好きなの?
どっちが好きなん?

東ですよね?
西やんな?

俺の時代。

<東西だし比べ やってます>
<日清のどん兵衛>

東?
西?
オ~マイガ~‼

<依頼主は 東京ドーム7個分の
広大な敷地を持つ…>

はい!

(坂本さん) ハハハハ…!

<ここで ギャビンは…>

(スタジオ:宮川) 何?

(スタジオ:いとう)
スゴいタイミングのときに…。

(スタジオ:いとう)
うわぁ~ スゴい!

<しかし まだ ぐったりしている
赤ちゃん>

<飼育員さんが慌てて取り出す>

<逆さづりにして

気管に詰まっている羊水を
吐き出させ

気道を確保>

<無事に息をしてくれた
赤ちゃん>

<赤ちゃんが風邪をひかないよう
急いで羊水を拭き取る>

<生まれてすぐに お母さんの
初乳を飲ませることで

免疫力が強くなるという>

<そして…>

(スタジオ:出川) えぇ~!

(スタジオ:村上) スゴい スゴい!

おぉ~!

<この牧場で ギャビンは
1週間 お手伝い>

(スタジオ:出川)
いやいや いやいや…!

(実況)

ギャビンさん もう…。

(スタジオ:いとう)
本当に ボランティアじゃん。

<ロケ終わり
浮かない顔のギャビン>

なんか もっと…。

(スタジオ:いとう) ギャビン!
(スタジオ:宮川) ギャビン。

(スタジオ:内村)
泊まる所 いつも暗いんだよ。

<皆で…>

…みたいなことも
言ってくれて。

(スタジオ:いとう)
うれしいこと言ってくれて。

<しかし…>

(スタジオ:宮川)
こんなんもやってたんや。

<それは…>

<それでは…>

<小学校で草むしりをお手伝い>

(スタジオ:いとう)
そんなこともしたの?

<さらに 世界的に知名度の高い
国際的な広告デザイン賞

ニューヨークADC賞を
受賞した…>

<その材料の調達をお手伝い>

(スタジオ:いとう)
スイッチの入れ方が…。

<ジェイソンは…>

(スタジオ:いとう)
ジェイソン やるから。

<続いての舞台は…>

<ここでの依頼は
ウミガメ調査のボランティア>

<しかし その前に…>

<ギャビンの
休日>

<まずは…>

(スタジオ:宮川) マジで?

<素潜りで狙う>
(スタジオ:出川) えぇ~!

<ここで…>

(スタジオ:出川)
いや 6mって相当だよ。

<6mまで やすやすと潜る>
(スタジオ:村上) スゴい スゴい!

(スタジオ:出川) うわぁ~ スゴいな。
(スタジオ:村上) スゴいよ!

(スタジオ:出川) スゴい!
(スタジオ:内村) スゴい!

(スタジオ:出川) スゴい!
(スタジオ:いとう) スゴい!

(スタッフ) 8インチぐらい?
はい。

<捕れたてを
お刺し身でいただく>

いただきます。

OK! It’s…。

<…ギャビン>

(スタジオ:村上) 何の話してるのか
よく分からない…。

(スタジオ:村上) 何の話…?

<ランチの後は 観光客に大人気の
ジェラートを満喫>

(スタジオ:いとう) 杉のフレーバー?

(スタッフ) ハハハハ…!

<それでは 本題>

<…の お手伝い>

<依頼主は…>

(西田さん) はい。

<気温35度 炎天下の砂浜で…>

<浜には…>

(西田さん) 実際に…。

<実は…>

(せき込み)

(スタジオ:宮川) いいね。

<ギャビン…>

<たった30分で
ご覧の量を回収>

(スタジオ:いとう) 来てるの?
<体長およそ80cm…>

<後ろ足で
器用に砂をすくい取り…>

(スタジオ:いとう) スゴいよね。

<そして…>

<これを 1シーズンに
3回から5回 行い…>

こうやって。

<前足も使って
穴を きれいに隠していく>

<甲羅の大きさと
何時に どこで産んだかを記録し

親ガメ調査は終了>

<一方 こちら…>

<巣穴から出てきた
子ガメたちは…>

<天敵が多い沿岸部を
素早く抜けるため

丸1日 休みなく
ひたすら 足を動かし続ける>

<屋久島から巣立った
子ガメたちは

黒潮に乗って
カリフォルニア沿岸まで行き

ハワイの南を通って帰ってくる>

<その…>

<海へと旅立つ子ガメを見て
ギャビンは…>

<全てを投げ捨て 海を渡って

たどり着いたのが…>

<いまだに
両親は心配しているそうで…>

(スタッフ)
これは 結構 あれじゃない?

…言われたんですよね。

(スタジオの笑い)

…って言われましたね。
(スタジオの笑い)

(スタジオ:宮川) やめろ!
<最後は…>

<…されているオオウナギだが

ここ…>

<まずは…>

(スタジオ:内村)
きれいなとこだね やっぱ。

(スタジオ:イモト) 大きい!

<これが お目当てのオオウナギ>

<最大で2m 体重20kgにまで
成長するモンスター>

<そして チャンスが!>

<発見したのは…>

<さぁ ギャビン
仕留められるか?>

<その後…>

(スタジオ:いとう)
えっ! ウジャウジャいたのに?

<荒れるギャビン>

<そこで…>

投げれた!

<餌のにおいに
ウジャウジャ集まってきた>

<本気になったギャビン>

OK! Come on!
Come on! Come on!

<そして…>

OK! OK! OK!

[ 英語 ]

Yes! Yes! Yes!

<ウナギとは思えない
ぶっといフォルム>

(スタジオ:内村)
そういうこと言うなよ…。

<豪快に 蒲焼きでいただく>

めっちゃおいしそう!
めっちゃおいしそう! 熱い!

(スタジオ:宮川) 何? 何?
<最後も…>

なんか その…。

(スタジオ:宮川) はぁ?

(スタジオ:宮川) はぁ?

<以上 「ギャビンの
ボランティア旅」でした>

(拍手)
ハハハハ…!

英語で めちゃくちゃ
まくし立てるところとか

とっても面白いですよね
最後 ウナギのときなんか

だって
ずっと英語じゃないですか。

「Come here! Come here!」。

(イモト) ハハハハ…!
あれは 気持ちが乗ってるから…。

伝わるんだよな。
(大島) 伝わりますね。

彼が成長するには
哲ちゃん どうすればいい?

大輔に鍛えてもらうしか…。
(宮川)ちょっと待ってくださいよ。

それよりも 大先輩のお二人が
いるじゃないですか。

いや ここは 宮川君だよな。
なんでなんですか!

いや ここは 宮川君に育てて…。

いや もう…。

<「ニッポンお祭り道中」>

<挑むは…>

<金メダリスト ウルフ アロンが
緊急参戦>

(チャンカワイ) 気を付けなはれや!
<さらに あの2人が帰ってきた>

<力を合わせて 山を乗り越えろ>

オェ…!
<果たして

無敵の王者に勝てるのか?>