有吉ゼミ▼ギャル曽根VS大食いアスリート!メダリスト野球名手デカ盛り名勝負SP[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

有吉ゼミ▼ギャル曽根VS大食いアスリート!メダリスト野球名手デカ盛り名勝負SP[字]

デカ盛りVS大食いアスリートが大集結!▼五輪メダリストが続々!柔道金・ウルフアロン、バスケ銀・髙田&赤穂▼桧山&藪・阪神レジェンド▼織田信成&武尊&巻も爆食!

出演者
【教授】有吉弘行
【秘書】水卜麻美(日本テレビアナウンサー)
【ゼミ生】坂上忍、博多華丸・大吉、矢作兼、ギャル曽根
【ロケ出演】赤穂ひまわり、ウルフアロン、織田信成、金ちゃん(鬼越トマホーク)、髙田真希、トム・ブラウン、桧山進次郎、藤田憲右(トータルテンボス)、武尊、巻誠一郎、やす(ずん)、藪恵壹、U字工事ほか
番組内容
▼食欲の秋チャレンジグルメ祭り!大食いアスリート集結5番勝負SP
①デカ盛りタコライスVS
フィギュアスケート織田信成が華麗に参戦

②爆盛り岡山名物プレートVS
五輪柔道金ウルフアロンがギャル曽根を追い上げる!

③超ジャンボ角煮丼VS
ライスモンスター巻が爆食!

④爆盛りタイプレートVS
五輪女子バスケ銀コンビが意地を見せる!

⑤メガ盛り桜フラワー丼VS
猛虎レジェンド桧山&藪が参戦!
監督・演出
【企画・総合演出】橋本和明
制作
【チーフプロデューサー】秋山健一郎
【プロデューサー】横澤俊之、越山理志
【制作協力】えすと、AXON、極東電視台
おしらせ
有吉ゼミはTver&Huluでも見逃し配信中!
水曜7時からの姉妹番組「有吉の壁」もぜひご覧ください!

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – 旅バラエティ
情報/ワイドショー – グルメ・料理

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. スタジオ
  2. 曽根
  3. 有吉
  4. ギャル曽根
  5. ウルフ
  6. 布川
  7. 到達
  8. ヤバ
  9. 藤田
  10. 大食
  11. 一方
  12. 水卜
  13. 完食
  14. 頑張
  15. 織田
  16. 一同
  17. 挑戦者
  18. 矢作
  19. マジ
  20. 赤穂

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



(水卜) 『有吉ゼミ』。
(有吉) 開講!

<今夜は…>

<これまで 数多くの芸能人たちが
挑んで来た巨大グルメ>

<その中には>

(ギャル曽根) ヤバい!

<ギャル曽根も驚愕の
大食いアスリートたちが>

<そこで…>

<まずは

自慢の大口で
豪快な食べっぷりを見せた…>

(スタジオ:有吉) 織田君。

(スタジオ:有吉) ふざけ過ぎだよ。

<さらに>

<の息子で
今 注目を集める…>

<…が 大食いに挑む>

<挑んだメニューが>

(店員) お待たせいたしました。
(織田) うお~。

すげぇ!
(やす) 来ましたね これ。

(織田) うわ 迫力あるな~ これ。

<その量 なんと…>

<まずは ライスをドーム状に

どどんと 1kg>

<これをレタス100gで
覆ったら

ひよこ豆を加えて
じっくり煮詰めた

オリジナルのミートソースを
たっぷりとかけ…>

<…をトッピングすれば

合計1.4kgの
でーじ盛りタコライスに>

<隣には
たっぷりの具材と炒めた…>

<どっさり…>

<続いて
沖縄県産 糸もずくを使った…>

<ふわっふわに とじた…>

<沖縄名産の泡盛と
ダシで煮込んだ…>

<ぜいたくに…>

<その隣に…>

<仕上げに 沖縄の郷土料理…>

<を添えたら…>

<…の完成>

<総重量は 驚異の…>

(店員) スタート。
(一同) いただきます!

(織田)
おいしい! やわらかい もう。

<さらに>

(曽根) すごい…。

<ギャル曽根夫妻は よく…>

<食べに
行っていたそうで

大好きなラフテーとソーキに
箸が止まらない>

≪すごっ≫

(曽根) お肉 完食しました。
≪えっ マジっすか!≫

<…に到達>

<一方>

<沖縄塩焼きそばを
華麗に食べ進める織田信成>

(やす) えっ!

っていうぐらい ホント…。

(スタジオ:有吉) ふざけるなよ。

<大事な記念日に うっかり

大食いの仕事を
入れてしまった織田>

<それでも
「頑張って」と

見送ってくれた妻の優しさに…>

<完食を誓ったそうで>

(曽根) 奥さん
見てるんじゃないですか?

(曽根) おぉ~! 同じ。

<ギャル曽根と並ぶ…>

<…に到達>

<と 幸せな織田を

うらやましそうに見ながら
食べ続ける…>

これで…。

頂けたら ありがたいですけど。

<そんな中 一番の
スタートダッシュを切ったのが…>

(時任) 父も…。

(曽根) お父様に?
はい。

<寿司の
食べ放題で…>

<今日は 得意の…>

<とどろかせたい>

(やす) いや 早いな!
(曽根) すごいな!

<誰よりも早い…>

<…に到達>

<だが ここで
挑戦者たちに 思わぬ…>

(やす)
ご飯の量が半端ないっすね。

<そう 周りの料理に隠れ
気付きづらいが…>

<…にもなる
ビッグマウンテン>

<前半に 油が多い
肉や天ぷらを食べ

胃が疲弊した挑戦者には
途方もない量>

<すると>

使ってみたかったんです。

(曽根) ひと口で それ入ります?

あっ 入る!

(曽根) しかも…。

(曽根) アハハハ。

<ギャル曽根も驚く その大口で

特盛りタコライスの
突破を試みる織田>

(曽根) すご~い。

<…に到達>

<織田に感化された
大食いクイーンも

ここから一気にギアを上げる>

(やす) 曽根さん
ペース上がってますよね。

(やす) すげぇ。

<…に到達>

<だが ここで 挑戦者たちに…>

ギャル… ギャル曽根さん!
(曽根) はい。

(織田) タコライスの下から
スパム出て来ました!

(曽根) スパム!

<そう…>

<身が ぎっしり詰まった
スパムは…>

(やす)
すごいですね このスパムの。

<これには
さすがの挑戦者たちも

手が止まる>

<一方 大食いクイーンは>

ひとかじりで 3口ぐらい行ける。

(やす)
うわ~! すごい いい締め。

<…で ラストスパート>

(織田) マジで言うてるんですか。

勢い 全然 止まんないですね。

(スタジオ:有吉) すげぇよ。

うん ごちそうさまです!

<ギャル曽根…>

<そして>

さくらちゃん!
≪2・1

終了です≫
あぁ~!

(曽根) ごちそうさまでした。

<結果は ご覧のとおり>

(ウルフ) こんにちは。

(実況) 来た~! 一本!

<見事…>

<…が緊急参戦>

<さらに>

(高山) よろしくお願いします。

<女大魔神の異名で

女子ソフトボール日本代表
エースとして活躍>

<…が大食いに挑む>

さらに…。

来ていただきました!

(みちお)♪~ 食べ 食べ 食~べ
食~べ 食べ 食べ 食べ 食べる

<「トム・ブラウン」みちおが

東京パラリンピックの開会式を
盛り上げた

偽布袋寅泰に扮して参戦>

<挑んだメニューが>

(店員) お待たせいたしました。

(曽根) うわ~!
(みちお) ヤッバ!

(曽根) おいしそう!
(ウルフ) これは でも

結構な量ですね。
(みちお) すごいな。

<その量 なんと…>

<まずは むきエビと 玉ねぎの
みじん切りをしっかり炒め…>

<投入>

<そこに デミグラス
ウスターなど

8種類を混ぜた
濃厚なソースと

錦糸卵をたっぷりと のせたら

あらゆる うま味が
エビと絡む…>

<続いて ご飯をお皿の中心に
どどんと1kg盛り付け…>

<ご飯の上に
300gトッピング>

<たっぷりと かけたら

鬼の角のごとく
倉敷ソーセージがそびえる…>

<…を炒めたら

どっさり…>

<ソースをしっかり絡めると

もっちもちの…>

<最後に ゆで卵を添えたら…>

<…の完成>

<総重量は 驚異の…>

(スタジオ:有吉) うるさいよ。
(スタジオ:坂上) 誰だよ。

(一同) いただきます!

(曽根) 岡山名物 いただきます。

(曽根)
味も しっかりしてて おいしい。

うん おいしい。

(曽根) おいしいですね。

(ウルフ) 余裕です。

(曽根) …って ウルフさんに
すごい言われて。

<自信満々のウルフ アロンに
早くも焦りを感じるギャル曽根>

<序盤から…>

(布川)
曽根さんは やっぱり早いな。

(みちお) すごい!

<…に到達>

<…と その横で>
ヤバい!

ウルフさん めっちゃ早い!

(布川) すごいですよ これ。

<意外にも…>

<…が 柔道同様 手数の多さで

スタートダッシュを決める…>

(曽根) ヤバい!

(スタジオ:有吉) すげぇ!

…ぐらい食べてました。
え~!

小学校に
入学する前に…。

(布川) え~!

<…というのが
両親の教え>

<焼肉屋に行くと
1人で30人前以上

食べていたというウルフ>

<…と
オファーを受けたそう>

(曽根) ヤバい!

<今日は
ギャル曽根に勝利し…>

<…を獲得したい>

(曽根) ヤバい。

<ホルモンうどんを
全て食べきり…>

<…と ギャル曽根を上回る>

(スタジオの笑い)

<一方>

(布川)
高山さんも かなり食べてますよ。

<大好きなデミカツと 野菜を
交互に食べ進める…>

<実は 今回の
挑戦に向けて…>

(曽根) え~!

(布川) 旦那さんだったんですか!?

(曽根) すてき。

<高山の…>

<…だという夫に
頑張る姿を見せたい>

(布川) いいペースです。

(曽根) さすが。

<…に到達>

<と ここで
挑戦者たちに…>

(スタジオ:有吉) うるさいねぇ。

<そう
この鬼ヶ島プレートは…>

<中でも…>

<ついつい 水を飲み…>

あ~ これ すごい。

<だが 大食いクイーンは>

(布川) なるほど 同じ味だと
飽きちゃうからですね。

<全くペースが落ちない>

(布川) すごい!

<早くも…>

<トップに>

(スタジオの笑い)

(布川)
「始め!」って言って ドンって…。

なるほど。
(布川) 1回 やってみましょうよ。

(太鼓の音)

(曽根) 何 これ ハハハ!

ウルフさん 行きます。

(太鼓の音)
(スタジオ:有吉) 真面目な顔して。

(スタジオ:有吉) うるさいな。

ハハハハ!
(曽根) 指導 入った。

(ウルフ) 頑張りましょう。
(布川) 行きましょう これ。

<布川の奇策 打ち込み食いで
なぜか気合が入り…>

<ここから…>

(スタジオ:有吉) 行こう。

<ウルフは…>

<みちおは…>

<ギャル曽根に迫る>

<と ここで…>

(みちお) ホントだ。
(ウルフ) デカいっすよ めっちゃ。

(布川) デカっ!
(ウルフ) これはデカい。

<現れたのは…>

<…の唐揚げ>

<これには ウルフも>

<後半の思わぬ揚げ物に 一同…>

<だが ウルフには 今回…>

(みちお) あ~ すてき。

<子供たちに 硬派な
イメージの柔道を

親しみやすく感じて

興味を持って
もらいたいそうで>

<最近は…>

俺も…。

ハハハハハ!

<完食して注目を集め…>

(曽根) やっぱ ウルフさん
すごいな めちゃくちゃ食べるな。

<この接戦に焦るギャル曽根も
ペースアップ>

(布川) すごいな これは。

<だが>
(布川) でも ウルフさん 早いぞ。

(曽根) ヤバい。
(布川) すごいよ。

<再び ウルフが
ギャル曽根を上回る>

(布川) これマジで五分ですよ。

これはヤバい ヤバい すごい。

<ギャル曽根とウルフが
ここに来て さらにスピードアップ >

(布川) すごい!

(布川)
曽根さんとウルフさん もう これ
めちゃくちゃいい勝負ですよ。

(みちお) ウルフさん 行ける!
(布川) ウルフさん 勝てますよ!

デッドヒートだ これ
マジで ホント 勝てるやつです。

(スタジオ:有吉)
こっから強いよ 曽根ちゃん。

(布川) いや~ すごいな これは。

ヤバい ヤバい すごい。

(みちお) ウルフさん 行ける!
(布川) ウルフさん 勝てますよ!

(スタジオ:有吉) すげぇ!

早いか 曽根ちゃん。

お~ 早えぇ。

(布川) ウルフさん 頑張れ
ウルフさん 頑張れ!

さすが金メダリスト。

早くない?

(布川) あれ?
(みちお) あれ?

(スタジオ:有吉) 強えぇ いや すげぇ。

ごちそうさまです 完食。

<ギャル曽根…>

<一方>

早いな。
(スタジオ:水卜) すごい。

<ウルフは…>

(布川) これ あと もう
唐揚げだけですもんね。

(スタジオ:水卜)
全然 つらそうじゃ ない。

(曽根) ヤバっ すごっ!
(布川) すごい すごい!

(曽根) あれ?
もうあとひと口じゃないですか。

はい。
(布川) すごい!

最後 いただきます。
(曽根) うわ! 最後のひと口!

(拍手)
(一同) すごい!

<ウルフ アロン…>

ただ…。

(曽根) ハハハハハ!

<高山と みちおは
ご覧の結果に終わった>

<挑戦したのは>

(武尊) シュっ シュっ シュっ…。

(スタジオ:有吉) 誰だ?

<そして…>

<…として活躍>

<挑んだメニューが>

(武尊) えぇ!?
(巻) マジ?

<その量 なんと…>

<まずは 炊きたての…>

<これを 直径32cmの
大皿に盛り付け

じっくり…>

<皿の周りに 合計…>

<さらに…>

<ご飯の上に>

<そして 同じタレで
丸ごと煮込んだ じゃがいもを

角煮の間に 6個トッピング>

<ここに お口直しの…>

<立て掛け

仕上げに 超濃厚 特製…>

<を唐揚げに絡めた…>

<山のように盛り付ければ…>

<…の完成>

<総重量は 驚異の…>

うん!

うん!

(福田) うまい。

<あまりのおいしさに
ギャル曽根の食欲が止まらない>

<…に到達>

<ギャル曽根の食べっぷりに…>

<…も猛追>

ずっと食べずに…。

<試合前は…>

<…しか
食べないという武尊>

<久しぶりの揚げ物に
スプーンが止まらず>

(スタジオ:有吉) おっ すげぇじゃん。

<ギャル曽根に並ぶ…>

<…に到達>

<さらに
ギャル曽根を驚かせたのは>

(益子) 巻さん すげぇ。

(スタジオ:有吉)
おぉ~ すごい すごい。

<驚異の…>

<…に挑む>

<…のスピードを
見せつける巻>

取りあえず…。

<恩師 オシムの言葉を思い出し
さらに ペースアップ>

(スタジオ:有吉) えっ すげぇんだ。

<ギャル曽根を超える…>

<…に到達>

でも やっぱ
武尊さん 巻さん…。

今日。

<と…>

<放り込む作戦に>

<一方…>

<を持つ武尊にも…>

…で 頑張ります。

(巻) なるほどね。

<…に到達>

<そんな中 黙々と食べ進め

スピードが落ちない
ライスモンスター 巻>

(曽根) でしょ? 早い!

(曽根) えっ びっくりした 今
ちょっと 余裕で食べてた。

<なんと 残り20分で
ギャル曽根を上回る…>

<焦るギャル曽根 ここで…>

なるべく…。

<そう このチャレンジ
最後の難関は…>

<が混ぜ合わさった…>

<これが 終盤になって
挑戦者たちに…>

(スタジオ:有吉) あら。

(巻) あぁ! そうなんですよね。

はい。

<そう…>

(益子) 言ってました?
その頃を思い出して。

<と言うと…>

(益子) すげぇ
行っちゃうんじゃない? これ。

(スタジオ:有吉)
おぉ~ すごい すごい。

<3kgを突破>

(曽根) ちょっと 今 私…。

<これぞ…>

<ほとんど…>

<お互い 一歩も譲らぬ…>

(スタジオ:水卜) すごいな~。

(武尊) すごいっすね。

(曽根) えぇ~
巻さん めちゃ行くじゃん。

もう これ…。

足じゃない…。

(笑い)

<果たして…>

(スタジオ:有吉) うわ!
(スタジオ:矢作) 行けんだ。

≪すげぇ!≫
(スタジオ:有吉) うわ 行け!

(益子) 頑張って 巻さん。
(スタジオ:有吉) 早いか。

(スタジオ:有吉) 余裕なんだもんな。

(一同) うわ~!
(拍手)

<ギャル曽根 残り37秒で
見事 完食>

<この時 巻は…>

(益子) 頑張って 巻さん。

(スタジオ:有吉) 信じられない。
(スタジオ:坂上) すごいよ。

(福田:益子) うお~!

<巻 誠一郎 残り18秒で完食>

<武尊とU字工事は
ご覧の結果に終わった>

めちゃくちゃカッコいい。

と思ったけど…。

ホントだね。

(スタジオ:有吉) 出た バスケ。

<…で 強いフィジカルを武器に
得点を量産し

チームをけん引>

<に貢献した…>

<さらに>

<挑んだメニューが>

(店員) お待たせしました。
(金ちゃん) デカっ!

(高田) うわ~ デカっ!

<その量 なんと…>

<まずは ジャスミンライスに

フライドガーリックを加えて
炒めた…>

<どど~んと豪快に…>

<続いて…>

<甘酸っぱい味が特徴の…>

<大量投入し

野菜と炒め上げた…>

<これでもかと…>

<山のように盛り付けたら

ふわふわに仕上げた…>

<どっさりと…>

<ひき肉と野菜を
甘辛く炒めた…>

<たっぷりと…>

<大量に>

<ライスを覆い隠すよう…>

<エビのすり身と ひき肉を
ぎっしり詰め込んだ…>

<たっぷり…>

<トッピングすれば

定番のタイ料理が
一度に味わえる…>

<…が完成>

<総重量は 驚異の…>

(一同) いただきます!

(曽根) 麺から行ってみよう。

うん!

≪よっしゃ~!≫

<大食いでも メダリストらしい
堂々とした食べっぷりを見せる

女子バスケコンビ>

(曽根) 早い。

この…。

(スタジオ:有吉) うわ うれしい。

<練習後…>

<…だという高田>

<今日は
作戦を考えて来たそうで>

私…。

なので このボールを
ご飯にバウンドさせて。

(笑い)
(スタジオ:有吉) 何をしてんの?

<『有吉ゼミ』に出た際には
必ずやると決めていた…>

<序盤から
テンポよく減らして行き>

(曽根) 早い。

<…に到達>

ちょっと…。

<序盤から豪快な食べっぷりを
見せる高田に 焦るギャル曽根>

<すると>

(スタジオ:有吉)
なるほど 素晴らしいね。

<…と言うと>

(スタジオ:水卜) 3ポイント食い。

うん 3ポイント。
(スタジオ:有吉) 何 それ。

<現役女子バスケ選手たちの
お株を奪う3ポイント食いで

メダリストと真っ向勝負>
(坂井) 早いな。

<見る見る
おかずを減らして行き>

(金ちゃん) 早っ。

<…に到達>

<一方 負けじとハイペースで
食べ進める…>

(金ちゃん) 赤穂さん めっちゃ早い。

<オリンピックでも
スピード感あふれるドリブルで

相手を抜き去って来た赤穂>

<今日も
持ち前のスピードを生かし

スタートダッシュ>
(スタジオ:有吉) いいね。

(曽根) すごっ。

(曽根) お~!

(スタジオ:有吉) 何でよ。

(スタジオ:有吉)
そんなことしなくていいんだよ。

(スタジオの笑い)
(曽根) 赤穂さん…。

<若干 照れてはいるものの
春巻き3ポイント食いで勢いをつけ>

(曽根) ヤバっ!

<…に到達>

<だが ここで…>

(金ちゃん)
タイ料理はね ちょっと…。

<そう 油の染み込んだ
ガーリックライスや

タイのラー油が
たっぷり200m入った

クンパッポンカリーなど…>

<そんな中>

(スタジオ:有吉) さすが。

<ギャル曽根 大好物の…>

(金ちゃん) すげぇわ。

<大食いクイーンの
貫禄を見せつける

圧巻の食べっぷりで…>

(金ちゃん) 早っ。

<パッタイを
ほぼ制覇し…>

(スタジオ:有吉) いいよ。

<ギャル曽根の挑発に
メダリスト高田が…>

…を取りたいなと思います。

<ギャル曽根に差をつけられまいと
メダリストの意地を見せる>

<…に到達>

<そして 赤穂も
ペースを変えずに懸命に>

(坂井) すごいね。

<実は どうしても…>

(スタジオ:有吉) 厳しいね。

<実は…>

<アスリート一家で

勝負である以上…>

<父に いい知らせを届けるべく
食べ進め…>

<ギャル曽根に迫る…>

<だが ここで…>

(曽根) えっ?

(赤穂) ご飯の下に。
(金ちゃん) ご飯の下?

♬~(真矢) お口は!

ケアしたいことがいっぱい!

一緒にケアできるなら 歯ぐき含めて

≪「ハグキプラスプレミアム」!≫

≪「ハグキプラスプレミアム」!≫

♬~ (真矢)デンタルリンスで
ケアしたいこといっぱい!

私は 贅沢な香りもほしい

だから ケアも香りも

ぜーんぶ お願い!

《8つの機能をひとつに》
♬~ ハグキプラス

《「プレミアム リンス」誕生》
贅沢な香り~

<…に挑む>

<と ここで…>

(曽根) えっ?

(赤穂) ご飯の下に。
(金ちゃん) ご飯の下?

(赤穂) とんでもないものが
埋まってます。

(金ちゃん) マジだ!
(曽根) 何 これ!

<そう ライスの下には

オーブンで じっくり焼いた後

油で カラっと揚げた…>

<巨大チキンの出現に
メダリスト赤穂も>

(スタジオ:有吉) ヤバい。

<一方 キャプテン高田は

ガイヤーンに
真っ向から食らい付く>

(曽根) 焼肉Tシャツ?
はい。

<実は 高田 お祝い事の際は

肉ケーキを食べるほど…>

<お肉の出現で
かえって 勢いがつき…>

<…に到達>

<として…>

(一同) うわ~!

<ここに来ても
まだまだ余裕なギャル曽根>

(高田)
ホントに すごいですね。

<ペースを落とすことなく
減らし…>

<だが ここで>

<終盤になるにつれ
エスニックの濃厚な味付けが

挑戦者を苦しめる>

<ここまで奮闘して来た
女子バスケ選手も…>

<一方 大食いクイーンは>

<…と>

(店員) はい。

<なんと チャレンジ終盤にも
かかわらず…>

(スタジオ:水卜) さすが過ぎ。

(スタジオ:有吉) よく食べるね。

<量は増えているはずだが
お構いなし>

<最後まで おいしくいただく
ギャル曽根スタイルで

ラストスパート!>

(坂井) すごいな。

天才だ。
(高田) すごい。

(スタジオ:有吉) すげぇ。
(スタジオ:水卜) あ~ さすが。

うん!
(スタジオ:矢作) あ~。

(曽根) ごちそうさまです 完食。
<ギャル曽根…>

<余裕の完食>

<…に終わった>

<…が参戦>

来てくださいました!

(桧山) …といわれておりました。

<さらに>

<…が伝説に!>

<…として君臨>

来てくださいました!

(藤田) パシ… シャっ!

<…も参戦!>

<挑んだメニューが>

(店員) お待たせいたしました!
(桧山) えぇ~!

(藤田) ヤベェな おい!
(曽根) ヤバっ。

<その量 なんと…>

<ショウガが香る お店特製…>

<どど~んと1kg 豪快に!>

<大量の…>

<山盛りの…>

<さらに 錦糸卵をまぶして
見た目も鮮やかに>

<ぜいたくに 器1周…>

<強火で しっかりと焼いた…>

<豪快に>

<バーナーで炙った…>

<トッピング>

<ダメ押しに
見た目も華やかな…>

<4種類 まるでタワーのように
積み上げれば

器に咲き誇る 肉の花…>

<…の完成>

<総重量は 驚異の…>

(一同) いただきます!

(曽根) お肉。

(藤田) やらかいわ これ。

≪うまいね これ うまい≫

<さらに>

う~ん!

(藤田) うまいな この豚。

<いつにも増して ハイペースで
食べ進める ギャル曽根>

≪ホンマや≫

<強敵 藤田を相手に…>

(藤田) すごいな!

<…に到達>

<一方 代打の神様こと…>

僕ね ちょっとね…。

ちょっと…。

だから…。

行ったほうがいいなっていうのが。
(藪) なるほど。

<…で食べ進める>

(曽根) 早っ! えっ!?

<…に到達>

<そして 阪神の元エース…>

<そう 実は 藪
1回の食事で…>

<一気に食べる…>

<その巨体を生かした

豪快な食べっぷりで>

(曽根)
藪さん すごい 早っ。

<一方
トータルテンボス・藤田には ある…>

<肉巻き寿司作戦で

ギャル曽根を猛追>

<肉と 巻き寿司が
同時に見る見る減って行き>

(曽根) やっぱり
食べるの すごい早くって。

(曽根) だから 今回は もう…。

(スタジオ:水卜)
すごい 本気を見られる。

<お互いの意地とプライドが
ぶつかり合う…>

<辛うじて
ギャル曽根が 一歩リード>

<一方 阪神のレジェンド2人は>

(藪) 弱い時は…。

双眼鏡が飛んで来たり

食べてない牛丼が…。

<と呼ばれるほど弱小だった
90年代後半の阪神で…>

<…として
マウンドに立ち続けた 藪>

<大食いでも 決して…>

<…に到達>

<そして…>

<桧山には
どうしても…>

やっぱりね…。

(桧山) 行こう。

<愛する息子たちも

今や19歳 16歳と
大きく成長>

<最近 あまり
構ってくれないそうで

完食して 威厳を取り戻し

昔のように 父の おちゃらけで
笑ってほしい!>

<ついに…>

<…に到達>

<と ここで…>

何か 真ん中のほうに…。

(藪) これ 何? これ。
(桧山) ホンマや。

<…に挑む>

<と ここで…>

何か 真ん中のほうに…。

(藪) これ 何? これ。
(桧山) ホンマや。

<挑戦者たちに
立ちはだかるのが…>

<屈強な猛虎軍団も
苦戦を強いられる中

ギャル曽根は>

≪すげぇな≫

<チャレンジ終盤にもかかわらず

食を楽しみ
圧巻の食べっぷりを披露>

≪すごいわ≫

<だが この男も負けてはいない>

(藤田) ならば 俺も 秘技。

(曽根) うわ 出た!

ダブルフィンガー。
≪すげぇ≫

<伝家の宝刀 ダブルフィンガー で
ギャル曽根を猛追>

<両者 一歩も譲らない

熾烈なデッドヒート!>

(スタジオ:有吉) 行け!

ハハハ すげぇ うわ~。

(スタジオ:有吉) 曽根ちゃんか?

(スタジオ:矢作) ちょっと有利か?

(スタジオ:有吉) 行け 藤田!

(スタジオ:水卜) 藤田さん すごっ。
(スタジオ:有吉) 藤田って すごいな。

(スタジオ:矢作)
絶対 食べれんじゃん。

(スタジオ:有吉) うわ。
≪すごいわ≫

(スタジオ:有吉) 行け~!
(スタジオ:矢作) これ 分かんないよ。

(スタジオ:有吉) 行け 藤田!
(スタジオ:水卜) 曽根さん 頑張れ!

(スタジオ:博多大吉)マジで すげぇわ。
(スタジオ:博多華丸)何 この2人。

(スタジオ:有吉) すっげぇ勝負だ。
(スタジオ:水卜) あぁ よかった 危な。

(スタジオ:矢作)
何なんだよ ホントに。

(スタジオ:有吉) うわ~ 行った。

(曽根) ごちそうさまです 完食。

<ギャル曽根…>

<さらに 藤田も>

(スタジオ:矢作) これも すげぇけど。
(スタジオ:有吉) すごいわ 藤田は。

(スタジオ:矢作) いや~。

(スタジオ:有吉) さすが。

<結果…>

<…に終わった>

僕ね やっぱりね U字工事がね…。

カッコいい すてきですね。
すっごい…。

大食い…。

なかなか行けないんだよね。
…みたいですね。

<TVerでは 番組の最新話が
無料で見られます>

<そして Huluでは

本日の放送回も 過去の放送回も
いつでも どこでも見られます>