お笑い実力刃[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

お笑い実力刃[字]

MCアンタッチャブルとサンドウィッチマンのもとに、実力派芸人たちが集結!珠玉のネタを披露し、MCたちとネタや笑いについて熱くトークする硬派ネタバラエティ!

◇番組内容
実力派ツッコミ芸人たちが街の珍画像をお題にセンスあふれるツッコミを入れまくる『投稿!ツッコメCLUB』!
ツッコミ切れ味抜群!小籔千豊が初登場!さらに、今ブレイク中・ヒコロヒーに、オズワルド・伊藤俊介も加わり、MC陣とともに個性あふれるツッコミを披露しあう!
▽トークも熱い!小籔が「すごいと思うツッコミ芸人」や、M-1への思いなど、ここでしか聞けないトークも盛りだくさん!
◇出演者
【MC】アンタッチャブル、サンドウィッチマン
【進行】林美桜(テレビ朝日アナウンサー)
◇出演者2
伊藤俊介(オズワルド)、小籔千豊、ヒコロヒー
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/owaraijitsuryokuha/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ヒコロヒー
  2. ツッコミ
  3. 柴田
  4. 伊藤
  5. 一同
  6. 小籔
  7. 伊達
  8. ツッコ
  9. ハハハハ
  10. 富澤
  11. 本当
  12. 小籔君
  13. ネタ
  14. 新喜劇
  15. 言葉
  16. 二宮
  17. 面白
  18. お題
  19. チャイム
  20. 可愛

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



〈今夜は…〉

〈小籔君といえば
巧みな話術を使った

皮肉たっぷりの
ツッコミ〉

世の中には
夢は叶うんや的な歌 多すぎて

これ もう
撤廃してほしいんですよ。

夢なんか…
言うとくぞ 子ども。

絶対叶えへんから!

〈今夜は 小籔君らしいツッコミが
連発ですよ〉

(柴田)もう本当に…
こういう風になるんだな。

〈更に…〉

へえー…。

〈漫才コンビ
解散を経て

ピン芸人で活動する
小籔君が

出場が叶わなかった…〉

毎年 M-1見てたら

いつも 羨ましいなって思うから。

〈そんな小籔君が憧れる
賞レースで

現在 期待がかかる
若手の皮肉ツッコミも参戦〉

ハハハハ…!

(一同 笑い)

〈今夜は
ツッコミに性格が出まくる

スペシャルな回です〉

〈今夜は 待望のゲスト〉

(一同 笑い)

〈小籔君のツッコミを
当てっこしてたら

みんな 小籔君になっちゃった!?〉

このあと 塾…。

言いそう!

〈更に…〉

やっぱり…。

ええー!
えっ?

〈コンビ解散の秘話まで
明かしてくれました〉

(伊達・富澤)小籔さん。
座長が。

(一同 笑い)
(柴田)大きい声で また。

番宣ですね 番宣。

「御意 御意」言うてますんで。

いや もう いろんな方に
ツッコんでるから

引き出しがね だって。
全然。 それは もう

こんな チャンピオン
ファイナリスト。

ガールズ芸人?
あんま言われた事ない。

この中に入って 実力刃なんて
言わせてもらうなんて

恥ずかしいですね ちょっと。

もう これよ。
大統領じゃん 大統領。

そういう意味ではね
引き出しは かなり

多いんじゃないかと。
(柴田)着眼点がね。

あと…。

そうですね。
小籔節みたいな。

ツッコミというか
あざといみたいな感じでね。

重箱の隅つつく
みたいな感じもありますね。

(富澤)ヒコロヒーは…。
初ですよね? 女性。

そうです はい。
でも ピン芸人なので

基本 ボケやと
思われがちなんですけど

まあ あの ツッコミもできる。
これがピン芸人だというのをね

こう ちょっと
お見せできればと…。

〈それでは まいりましょう〉

〈最初にツッコむのは…〉

〈全国には
変わった石像や銅像が

たくさんあるみたいですよ〉

〈こちらは

(柴田)気持ち良さそうだね。

神様が雨降らせてるかのような…
神話のね。

(柴田)壮大だよな。

〈他にも…〉

えっ?
ミシンだ。

わらじをって事?
マスクしてるから 今かな? これ。

縫ってるって事? 早くない…?
2年ぐらいで。

1~2年でって事?
でしょうね 多分ね。

〈こちらのお寺では

〈他にも
パソコンを使っている石像

スマホを使っている石像など

ユニークなものが
たくさんあるんです〉

〈そして ツッコミ芸人さんに

ツッコんでもらうお題が
こちら〉

(チャイム)

(伊藤)ああ なるほど。
(柴田)手に持ってるのが もうね。

随分とね いろいろ言いたいけども
とりあえず うん…。

〈その手には タブレット〉

この写真に対する 小籔さんの
ツッコミから見ていきます。

いきなり 小籔さん?
(林)こちらです。

(一同 笑い)

拾いにいかんと。

なんで持っていってんねやと。

家 届くようにした方が
楽やでっていう。

今まで 「ほな」って言う人
いなかったからね。

それは 関西か
非関西っていうだけで…。

目線の事 言ってよ!
ハハハハ…!

そうですね。
それやったら買えよ みたいな。

そうですよ。
小籔節ですよね なんかね。

〈小籔君らしい 関西弁の
鋭い いいツッコミでしたね〉

〈続いては
関東ツッコミ 柴田君〉

はい。

(柴田)この 二宮の必要
ありますか? っていう。

もう これで
注意を促したいんだったら

もう 二宮にする必要
ないんじゃないのっていうところ。

そうなんだね ああ…。
もう 今の子でいいじゃん。

俺はね。 俺は結構
「二宮」って呼ぶのよ。

ハハハハ…!
(柴田)言わないよ。

言わない。 絶対言わないよ。
安達祐実ちゃんって

「安達祐実ちゃん」って
言っちゃうから。

それが気に入らない
っていうところ。

(林)さあ 続いては
伊達さんのツッコミ こちら。

おおー!
(富澤)あっ やっぱり。

皆さんのを代弁しました 全部。
(柴田)ありがとうございます。

僕は言う… 言いますね。
「二宮」じゃわからない。

ハハハハ…!

さあ 続いては
ヒコロヒーさんのツッコミです。

こちら。

(一同 笑い)
(柴田)どういう…? 二宮さんの?

二宮金次郎のファンからしたら

いや そういうの
見たないねんっていう。

いいね!
やっぱり 違うね みんなで。

目線が違いますね。
ああ いいね。

二宮金次郎さんの
ファンというものの存在を

まず考えたっていうのって…
すぐ出てこないよ やっぱり。

それで この…
像にツッコんでるというか

なんか… なんか わかんないけど
これを作った人に…。

どこにツッコんでるのかな?
これ わかんないけど。

ハハハハ…!

(柴田)なんか その 本当
切り口がすごいなと思って。

ありがとうございます。
光栄だな。

あっ 思ってないですか?
ファンおるとは思ってない。

ハハハハ…!
もう 「二宮」よ。

(伊藤)距離 縮まるんだ
「二宮」の方が。

(林)さあ 最後は
伊藤さんのツッコミです。

こちら。

ハハハハ…。 いいね なんか。
(柴田)すごいの…。

すごいの出してきたな。
なんか 食ってきたな これ。

パッと見た時に 僕は すぐ…。
すぐ思ったの? これ。

はい この六文字熟語が頭に…。
六文字熟語。

すごいよね こういう造語を
ちゃんと作れるという。

語呂もいいし。
これは浮かばないわ。

なんか その スッと…。
やっぱり 関西弁でね

「なんでやねん」って言えない分
我々 関東の芸人は

新しい言葉を作るしかない時が
あるんで やっぱり。

弾みのいい言葉をっていう…。

耳触りのいい言葉を
大体 出してくるよね。

そうですね。 それ 意識して
やってますね。

漫才でも そうよね。

確かに。

(柴田)俺からのやつが
欲しいっていう…。

そういうの言うの。
マジ 影響してくるから。

からくり解くんは
もう やめたってほしい…。

(伊藤)やめてください 本当に。
マジで…。

OBなんだ もう。
すみません。

〈それでは ぴったりツッコミを
決めましょう〉

〈みんなの
お気に入りのツッコミを

札を上げて教えてください〉

(林)せーの…。
はい。

(林)ヒコロヒーさん 小籔さん
柴田さん ヒコロヒーさん

小籔さん ヒコロヒーさん
小籔さんという事で

ヒコロヒーさんと小籔さんが
3票同士で同点です。

イエーイ!
決選投票だ。

一応ね。
どっちか。

じゃあ… ヒコロヒーで!

ああ すみません。 すみません。

(拍手)
面白い。

いや そういう番組じゃない。
そういう番組… 違う 違う…。

ねるとんパーティー
みたいなんじゃない。

それ ドキッとしたの。
ヒコロヒーは あんまり…。

違う 違う。 うれしいですけど
そういう番組ではない…。

そうじゃないの?
ねるとん系ではない。

ハハハハ…!

(伊藤)関西のクレーマーカップル。
クレーマーカップル言うな。

〈今夜は この2人の恋模様にも
注目ですよ〉

〈さあ
続いてツッコむジャンルは…〉

〈全国には 変わった標識が
いろいろあるんです〉

(ヒコロヒー)可愛い!
可愛い!

キツネとタヌキか。

注意しなさそうなぐらい可愛い。
(ヒコロヒー)うん 可愛い。

むしろ待っちゃうよね
こんな可愛い…。

出てきてほしい。

〈そして ツッコミ芸人さんに

ツッコんでもらうお題が
こちら〉

(チャイム)

ああ なるほど!
ほほう…。

一瞬 何かなと思ったけど。
そういう事ね。

〈動物の足元が

車輪になっていますね〉

(林)この写真に対するツッコミ

柴田さんから
見ていきたいと思います。

こちらです。

(一同 笑い)
(柴田)いや これ いるなら…。

ああ 確かに。
出てきてちょうだい これ。

見たいよ!
待っちゃいますよね これ。

やっぱり
動物がお好きっていうところも

乗っかってるから
すごい 内から出てる感じが…。

ホンマに思てる感じが 一番…。

見たいですね これね。
魂の叫びみたいなね。

(林)さあ 続いては
伊達さんのツッコミ こちらです。

ああー!
ちょっと まあ 一緒…。

ちょっと詳しく。

でも 「見たい」だと
結構 遠くからだけど

「会いたい」だと
すごく近距離な感じがするよね。

そうですね。
うん。

ハハハハ…!
じかで見たいのかなっていう…。

さあ 次は
小籔さんのツッコミです。 こちら。

(柴田)もう本当に…
こういう風になるんだな。

パッて見て えっ 何?
ってなるような標識を

オーケーしたヤツ 誰?
ってなる…。

(ヒコロヒー)そこが気になる。

普段 別に…。

(林)さあ 次は
伊藤さんのツッコミです。 こちら。

ああ…。

(伊藤)その
車輪みたいなのがついてるんで

これは もう…。

(ヒコロヒー)なるほど なるほど。

(林)さあ 最後は
ヒコロヒーさんのツッコミです。

こちら。

「改造こまされたんか」。
(柴田)すごい事 言うね。

トナカイやから。
トナカイかなと思って

鬼畜なサンタが
もう お前 遅いでと。

ソリでやってられへんな お前
っていって

改造こまされたんか?
っていうような…。

(一同 笑い)

すごいね。
とうとう 人のまで言い始めて。

みんなで褒め合う…。
認め合う… 認め合っていこうよ。

全然 死んでないよ。
大丈夫だよ。

そりゃ 「温故知新化身」…。
「温故知新化身」じゃないって。

めちゃくちゃ気に入ってるじゃん。
(伊藤)別に…。

その俺が出した言葉を。

〈伊藤君 当クラブは

楽しくツッコむ
クラブ活動ですよ〉

〈みんなで楽しみましょう〉

〈それでは ぴったりツッコミを
決めましょう〉

〈みんなの
お気に入りのツッコミを

札を上げて教えてください〉

(林)せーの…。

柴田さん 柴田さん 伊達さん
柴田さん

伊達さん 小籔さん 伊達さん。

柴田さん 3票 伊達さん 3票で

では 部長が伊達さんという事で
伊達さんです。

部長は富澤なんだけどね。

(伊藤)一存だけで
決まったみたいな。

やっぱ 優しい…
「会いたいわっ!!」っていうのが

良かったなっていう。
確かに。

「ゆっくり走るわ!」って
この感じがね なんか

想像しやすくて。 これ見て 逆に

「ゆっくり走るわ!」っていうのが
なんか いいなと思いました。

ありがとうございます。

瞬発力で
パーンって返せるのが…。

いや うれしいですね。
いいね 伊達ちゃん。

僕 柴田さんって言って
柴田さんが 僕って言われたの

すごいうれしいですね。

僕も選んでもらったのうれしい…。

そうですね 確かに。
小籔さんだけ ずっと

なんかね
ねるとん系でやってる…。

続かなそうだよ!
(伊藤)見てらんないから。

終わってるのよ 2人の中で。
すみませんね。

ここから もうひとくだり
しんどいのよ。

〈ところで
今日のスペシャルゲスト

〈吉本新喜劇では 座長として

若手から大御所にまで
ツッコんだり

バラエティーでも
歯に衣着せぬ

切れ味鋭いツッコミが
魅力ですが…〉

〈この人のツッコミは
すごいと思った

一目置いている芸人さんは
誰なんでしょうか?〉

僕 ホンマはボケなので

あんまり この ツッコミの方を

すげえとかって思う事は
ないんですけど

宮川大輔さんの
「なんでやねん!」は

若い時からおもろいんですよ。
ああ…。

大輔さんの
特徴ありますよね。

あの人の
プレーン「なんでやねん」で

ちょっと笑てまう…。
わかるな。

ソウルなんですかね?
なんか あの人って。

いや だから
僕は 大輔さんの

プレーン「あかん」が
大好きなんですよ。

「あかん」っていう もう
あのひと言だけで

なんか もう…。

こねくり回したツッコミ
宮川さんが言うてるんじゃなくて

あのシンプル
パチーンって言うてる

目が本気で怒ってる
「なんでやねん」は

自分がないところを持ってて

すごい羨ましいなとは
思いますしね。

(富澤)伊藤は どうなの?

やっぱ 関西のツッコミの方も
そうなんですけど

やっぱ どうしても
東京のツッコミの方

すごいなって 僕 思うのは

二郎さんです
東京ダイナマイトの。

ハチミツ二郎さん?
ハチミツ二郎さんね。

なんか やっぱり
あの人とかを見てると

なんか あっ 別に
ワードなんか食わなくても…。

センスとね。
めっちゃ思うんですよ。

めちゃくちゃマネして
やってた時もあったんですけど…。

ああ また
憧れとは違うっていうね。

向いてる 向いてないは
あるなと思ったんですけど。

やっぱ 東京の芸人は
あの系譜 ありますよね。

あるね。 錦鯉の渡辺君も
そうですもんね。

ああ そうだね。 うんうん。

〈続いてツッコむジャンルは…〉

〈全国には
変わったお店がたくさん〉

〈例えば…〉

(柴田)うわあ こういうのね…。
(ヒコロヒー)どういう事?

(柴田)「まさか!?
寿司職人が…」だよ。

「濃厚博多とんこつラーメン!」ね。

ツッコむっていうより
ええー そんな店あんねや! って。

〈そして ツッコミ芸人さんに

ツッコんでもらうお題が
こちら〉

(チャイム)

(柴田)「新台入替」ですね。
「新台入替」ね。

〈コインランドリーらしくない
のぼりが気になりますね〉

(林)さあ 早速 皆さんのツッコミ
見ていきましょうか。

(ヒコロヒー)見たい!
(林)まずは 柴田さんのツッコミ

こちらです。

「パチンコ屋かっ!」ですね。
これ 山崎さんね。

ハハハハ…!

ごめんなさい ごめんなさい。
ごめんなさい ごめんなさい!

そうだね。

(一同 笑い)

結構 真っすぐなやつ
言うから

一番初めに思ったやつを
外して言ってくれないと

もう 出ちゃうから。
ハハハハ…!

まあ 一発 これは
言っときたいかな。

まあ そうだね。
「新台入替」。

どうにか… あったとしても
「パチンコ屋かっ!」っていうのは

ひと言 まず 置いときたいな
っていう。

ホンマに…。

…という部分で言うと
これは 別に 本当に正解ですね。

いや でも これがなきゃ
始まらないっていうのがね。

ここから始まるのよ。
(伊藤)これから始まりますから。

さあ 次は 伊達さんのツッコミ
見ていきましょう。

こちらです。

(一同 笑い)

伊達さん ありがとうございます
なんか…。

すみませんね。
柴田さん…。

ちょっと
「闇」付いちゃってますけどね。

(一同 笑い)

これ もう 1文字ずつ
増やしていくゲームに

なってきてますね。

1個 「闇パチンコ屋かっ!」って
出てくるんだ。

思わへんもんな 普通の人間。
伊達らしいなっていう。

そこが やっぱね いいのよ。

〈柴田君と伊達君は

〈本当に仲良しですね〉

〈続いては ヒコロヒーさん〉

〈ギャンブル好きみたいですけど
どんなツッコミかな?〉

ハハハハ…!

すごいね。
もう 完全にパチンコの方で。

そう。
もう パチンコの方で はい。

(柴田)押したね。
ヒコロヒーらしい うん。

(林)では 次は
伊藤さんのツッコミ

見ていきます。 こちら。

(一同 笑い)

もう パチンコ屋だね。
(伊藤)パチンコ屋…

パチンコ屋みてえにしてっけど
っていう。

「そんなに並ばねえよ
コインランドリーに」っていう…。

雰囲気 出してるけどな。
(伊藤)これを短い言葉で。

コインランドリーだしっていうね。
…だし そうですね。

(林)さあ 最後は
小籔さんのツッコミです。

こちら。

(富澤)ノッた!
ノリツッコミ!

ああ! なるほど!
なるほど!

初じゃない?
「なるほど」って事はないねんけど。

さすが小籔さん!
誰も… 今までなかったから。

1回 ノるんですね。
恥ずかしいですね。

この字面で… 字面でされると。
この企画でノッたのは

小籔さん初めてですね
これね 多分。

しっかり
これはノッてますもん。

ノリこなしてる。
しっかり。 100ノッてますね。

〈それでは ぴったりツッコミを
決めましょう〉

〈みんなの
お気に入りのツッコミを

札を上げて教えてください〉

(林)せーの…。

小籔さん 小籔さん
伊達さん ヒコロヒーさん

伊達さん 小籔さん 伊藤さん。

という事で この写真の
ぴったりツッコミは

小籔さん 3票で
ツッコミ 決定します!

(拍手)
(柴田)まあ ぴったり。

そうなん? そんな事ないやろ!

そんな事ないんじゃないの?
もう やっぱ 難しいですよね。

ハハハハ…!
「はい?」じゃなくて。

「はい?」じゃなくて。
ハハハハ…!

(柴田)確かにね。
お分けに。

東のバージョンも見たいよね
やっぱり。

こういうノリ方がスタンダードな
東のノリ方ですよ みたいな。

(富澤)こういう感じかな
っていうのをね。

まあ だから…。

これですね 僕は。
(ヒコロヒー)コウメ太夫さんいた!

(柴田)東で見た事ない。
(ヒコロヒー)コウメ太夫さん いたやん。

違うんですよ あの…

これ 信じてもらえないと
思うんですけど 今の…。

(柴田)あっ 違う意思?
嘘やん!

信じれないですよ。
なんか 言わされてるの?

〈続いてツッコむジャンルは…〉

〈全国には 変わった案内板が
いろいろあるようですよ〉

(柴田)すごい距離!
地球1周しちゃう。

4万キロって1周って事か。
1周だよね。

だから ギャグね。
ここよって事よね。

ああ そういう事か。
真っすぐ行けばっていうね。

〈そのとおり! この看板は
江別市の端にあって

地球1周したら
江別市に戻るという

ユニーク案内板なんです〉

〈そして ツッコミ芸人さんに

ツッコんでもらうお題が
こちら〉

(チャイム)

(ヒコロヒー)うわあー! うん うん…。
(柴田)ありとあらゆる…。

〈とにかく お風呂が
たくさんあるようなんですが…〉

(林)最初は
伊達さんのツッコミからです。

こちら。

なるほど! なるほど!
(柴田)いろいろあるけど。

確かに。
はい。 もう ここが

非常出口っていうのは あるから。
もう そこだなと。

いや でも 素晴らしいですね
伊達ちゃんのまとめ方は。

(ヒコロヒー)うん まとめ方。
うん。

(林)次は 伊藤さんのツッコミに
まいります。 こちら。

(ヒコロヒー)シンプル!
何? 言い方いいね 今の。

読みながら 一生懸命
こう 地図を描いてたんですけど

なんか ごちゃごちゃしてきて
「多いな!」ってなったんで

「いや 多いな!」とかなるのかな。
(柴田)絶対言うから。

「多いなあ」じゃないんだね。
(伊藤)「多いな!」。

(一同 笑い)

(富澤)なるほど。
まあ 確かに。 面白い。

続いては
柴田さんのツッコミです。

こちら。

(一同 笑い)

あっちこっち あっちこっち…
「は?」。

いいですね。
まあ 1文字だからね。

この勇気ですよね。
うん これは すごいですね。

柴田さんっぽい。
それ めっちゃいいです。

(林)では ヒコロヒーさんの
ツッコミにまいります。

こちら。

(一同 笑い)

いっぱいあるからね。
なるほど。

村人が こう言ったみたいなね。
(柴田)本当 難しいよ これは。

(伊藤)さっきの
ノリツッコミじゃないですけど…。

(伊藤)なんか 面白い部分は
ここだよみたいなのを…。

ねっ!
(伊藤)はい。 さすがだなと…。

(林)そして 最後は
小籔さんのツッコミです。

こちら。

(一同 笑い)

「使た事あるやろ」って…。

これ ちょっと 難しくて。
(ヒコロヒー)いや 難しかったですね。

僕からしたら
別に何もボケてないというか。

いや そうなんですよ。
まあ 説明をね。

何回も「内風呂」「露天風呂」
「内風呂」「露天風呂」言うたら

「えらい語呂えーの」って。
(一同 笑い)

ある意味
ちょっと ツッコミの人って

わがままというか。 やっぱり…。

だから もう 面倒くせえわ!
っていうと

「は?」だし。
なるほど なるほど。

ちゃんと理解しようとしてる人は

そういうツッコミには
ならないっていう。

なんか 出るよね
人それぞれ なんかね。

〈それでは ぴったりツッコミを
決めましょう〉

〈みんなの
お気に入りのツッコミを

札を上げて教えてください〉

(林)どうぞ!
はい。

(林)ヒコロヒーさん 柴田さん
伊藤さん ヒコロヒーさん

ヒコロヒーさん ヒコロヒーさん
柴田さんという事で

ヒコロヒーさんのツッコミに
決定しました!

(拍手)
いや これ いいですよね。

(柴田)面白かった。
(ヒコロヒー)ありがとうございます。

全然違う切り口で みんなと。

伊達君のが 僕の中では
ほぼ正解というか

お手本なんかなって
すごい思ったんですけど。

だから ヒコロヒーさんと
迷ったんですけど

やっぱ ちょっと
その辺は…。

「意識してる分」?
「意識してる分」って…。

(柴田)まだ してるんですね
ちゃんと。

(柴田)結構 しっかり好きだな。

伊達ちゃんも可愛いと
思いますけどね。

迷ったんですけどね。
嫉妬しますわ。

クソ月9
出来上がってるだけですよ 今。

(ヒコロヒー)どんどんね。

〈そんな小籔君が気になる
ヒコロヒーさんですが…〉

そういうとこやで。

文明… 発展せえへんの。

〈斜に構えた1人コントで
今 大注目ですが もし

そうですね
ボケの芸人さんだと

でも ザキヤマさんは
やってみたいですね。

ええー!
(柴田)なんで?

えっ?
(スタッフの笑い)

(ヒコロヒー)ええー!
もう イヤなのよ。

「巻き込まないでよ」って
なんですか?

それ また 言い始めると
本当 俺やないけど…

なんで ザキヤマさんなんや…。
(ヒコロヒー)ちゃうちゃう…。

なんなんですか?
なんなんですか?

仕立て上げてるやん。

(一同 笑い)

最終的には
いいストーリーになるんだけど。

意外! だって 選ばれたから…
あんまり そういう…。

どっちかといったら
こう クールなね

トミーとかの方が なんか
合うのかなと思ったけど。

(ヒコロヒー)でも なんか こう 私も
ずっとピン芸人なので

相方にするなら どういう人が
ええのかなって考えた時に

私が 結構 前にバーンって
出れなかったりするので

なんか こう 明るくて 皆さんと
コミュニケーション取れるような方が

いいな みたいなのは
ずっと思ってるんですよ。

でも 本当に…。

ぜひ なんか機会があるんやったら
全部…。

(一同 笑い)
どういう事ですか?

待ってくださいよ 小籔さん。
どういう事なんですか?

「言葉だけは いらん」って。

一番最初に呼ばれたかった…。
(富澤)気持ちが欲しいんだと。

(ヒコロヒー)そっか。
言葉だけじゃなくね。

小籔ちゃんを?
(ヒコロヒー)はい 小籔ちゃんを…。

〈続いてツッコむジャンルは…〉

〈全国には 変わった看板が
いろいろあるようですよ〉

〈「夫とは とっくに
心もディスタンス」?〉

(柴田)ハハハハ…!

何? これ。 標語的な事? これ。

ドライバーさんに
何を知らせたいのよ。

(ヒコロヒー)これ見て
どう思えばいいんですかね?

夫婦で見るのイヤだな これ。

〈他にも…〉

〈「天草四郎が通った
かも知れない道」?〉

「かも知れない道」。 怪しいね。
(伊藤)怪しいですね。

可能性はあるって事か。
まあ 正直者だね

そういう意味じゃね。
通ってない事もある…。

(柴田)どこだって そうじゃねえか
って話じゃん そうしたら。

なんでも言える。

〈そして ツッコミ芸人さんに
ツッコんでもらうお題が

こちら〉

(チャイム)

ええー! あるの?

「噂通り」
(ヒコロヒー)「噂通り」

(林)皆さんのツッコミ
順番に見ていきたいと思います。

まずは 柴田さんのツッコミに
まいりたいと思います。 こちら。

(一同 笑い)
(ヒコロヒー)モラルあるな。

大人ですね。
大人だね。

そういうのは嫌いなの 俺は。
もう 噂とかすんな。

ゴシップね。 うん。
(柴田)これも だから 俺は

噂をする通りっていう…。
いろんな人が噂をしてると。

そうそう。 だから すんなっていう
方向で捉えたって事よね。

捉え方だな
これ。

(林)続いては 伊藤さんの
ツッコミです。 こちら。

(ヒコロヒー)ハハハ…! 出どころね。
(伊藤)もう 出どころ…。

なんの噂通りなんだろう?
なるほどね。

これも ちょっと
難しいんだよな。

意味が… 意味合いが
ちょっと 2つ…。

どう 自分が解釈するかで
全然ね 違うもんね。

次は伊達さんのツッコミです。
こちら。

格好いい!
伊達節はね

すぐ 違う設定 作ってくるから。
ハハハハ…!

真実通りがあるんですよ 奥に。
真実通り!

本当に ここにさ
伊達ちゃんみたいな人と

ヒコロヒーみたいな子が
腕組んで カップルが歩いて…。

言ってそうだよね なんか。

(ヒコロヒー)真実通りのラブホテルに。

〈伊達君らしい発想の
ツッコミでしたね〉

〈続いては 小籔君。
どんなツッコミかな?〉

おおー!
噂… 噂された人がね。

はい。
真実通りとは また違う。

やっぱ
その絵が浮かぶなというか。

この通りでハクション ハクション
言ってるヤツら…。

噂をしてる人たちと…。
噂をすると…。

(林)そして ヒコロヒーさんの
ツッコミ こちらです。

ああー!
なるほどね。

あんまり 男性では出てこない
ツッコミなのかな

っていう感じがあって。
ああー! なるほど。 そうかな。

ここで集めてるのかな 情報。
(ヒコロヒー)ゴシップがお好きな方たちが。

ファーストネームで呼ぶっていう。
ハハハハ…!

「井上公造さん」とは言わないのね。
私 下の名前で呼ぶ…。

(柴田)わかりやすいもんね
「公造」の方が。

〈それでは ぴったりツッコミを
決めましょう〉

〈みんなの
お気に入りのツッコミを

札を上げて教えてください〉

(林)せーの…。
はい!

(林)小籔さん ヒコロヒーさん…。
これも割れましたね。

小籔さんが3票と

ヒコロヒーさんが3票という事で

部長がヒコロヒーさんを
上げているので

ぴったりツッコミは
ヒコロヒーさんです!

すみません。
ありがとうございます。

すみません。

本当 難しかったので

「公造さんと駒井さんが
生まれ育った町?」みたいなのは

ああ なるほどなと思いました。

ただ シンプルに選んだ
というだけです。

あら!
次 向いてる…。

やっと忘れられたのかな?
(柴田)前を向いてるよ。

いろんな 変な
ヒコロヒーの噂を

耳に入れちゃってるんじゃない?
噂通りでね。

今回 僕とヒコロヒーが
本当に お互い 上げてるんだね。

すごい展開数の物語。
ひと言 言えるとしたら…。

優しい元カレ。 うわー!
別れるんじゃなかった。

(富澤)さっきまで
すげえ罵倒してたのに。

〈ここで お悩み相談〉

〈絶賛 賞レースに挑戦中の
ヒコロヒーさんですが

勝負ネタを
どうやって選べばいいか

悩んでいるそう〉

〈我らがM-1チャンピオンの
アンタとサンドは

どうやって
ネタを選んだんですか?〉

〈アドバイス お願いします〉

賞レースに向けての
ネタ選びっていうのを

皆さんが
どうしてらっしゃるのかな

っていうのを
ちょっと お伺いしたいなと。

W あるんでしょ? だって。

…あるので ずっと調整し続けては
いるんですけど。

(ヒコロヒー)なんか そこを こう
削ったり 足したりしながら

こう 向かっていくわけじゃ
ないですか。

でも それを どこまで こう
やるのかな…。

どこまで 自分を信じてというか
そのネタを信じて

ここは変えないって決めたりとか
ここは ちょっと調整しようって

決めたりとか。
むずいやろな。 だって いっぱい

おもろいネタが
自分らの中であるわけやもんな。

2本だけ おもろいんやったら
それでいくけど。

多分 12本ぐらいの中から選ぶって
すごい事よね。

サンドは どう?
僕らですか?

どうやって選んだっていうか。

ああ…!
これだったら…

これで落ちたら もう
しょうがねえなっていう。

一番好きなネタっていうのかな。
それは 2人 合致してたの?

僕ら
敗者復活からだったんですけど

決勝の決勝は もう1本
やらなくちゃいけなくて

その時 何やる? っつったら
もう

「ピザ屋」しかないなっていうのは
もう…。

それしか 逆に
なかったっていうか。 ねえ。

その時の新しめのネタを
一応 合わせたんですけど

運ばれてる時に。
なんか うまく合わなくて。

じゃあ もう やっぱ
あれでいこう…。

あれでダメだったら
もう ダメなんだという。

導かれてるな。
そこで うまい事いけへんのが

良かったんやな ある意味な。
まあ そうですね。

(柴田)うまくいっちゃってたらね
ネタが…。

どうですか? お二人とか。

俺たち どうやって選んだ…?
いや それ 覚えてないね なんか。

〈更に ただ今 M-1奮闘中の
オズワルドは

ネタ選びを
どうしてるのか?〉

聞きたい 聞きたい。
(伊藤)はい。

今回のM-1ね
どういう風に選んでるのか。

俺は Aでいきたい。
相方が いや Bでいきたい。

どうするの?
シンプルに 最終的には…。

〈過去2回の
M-1決勝を経験している

アンタッチャブルは ネタ選びを
どうやっていたのか?〉

俺たち どうやって選んだ…?
いや それ 覚えてないね なんか。

途中…。

2003年はね。
なんで…

なんで
他の人が決めるんですか?

「あれ 見たいなぁ」とか言うから。
大きい声でね 言ってくれたのよ。

でも 最後は…。
2回目は もう…。

どうやって決めたんだろう?

これとかでよくない? みたいな。
なんか もう… そうよね。

「これとかでよくない?」。

なんか まあ
ほら ヒコロヒーとかは

やっぱ ネタが
テーマがあったら

ちゃんと その
1つのストーリーみたいな。

僕らみたいなのは ちょっと もう
貼り絵みたいなとこあるんで。

もう あそこのあれ
持ってきちゃおうぜ みたいな。

だから もう なんかね
ギュウギュウに詰めて みたいな。

このネタのベースを大事にとか
全くないんですよ。

このギャグと このギャグと
このギャグと

このギャグ くっつけたら
こんな設定で どうですか。

入れれる 入れれる!
みたいなので もう本当に

バラエティー袋みたいな。
いや それがすごいんですよ。

もう いいとこ取りみたいな感じで
僕らは やりました…。

お二人のスタイルやから
それ いけたわけですもんね。

あんまりね
正しいどうのこうのじゃないから。

〈ところで 現役M-1戦士
優勝を狙うオズワルドは

どうやって
ネタを選んでいるんですか?〉

〈ちょっとだけでも
教えてください〉

リアルな話になってくるね
ここはね。

(伊藤)そうなんですよね。
聞きたい 聞きたい。

今回のM-1ね
どういう風に選んでるのか。

なんのネタやるとか
言わないですよ。

言うわけないじゃないですか。

まあ 相方と…
例えば 俺は Aでいきたい。

相方が いや Bでいきたい。

また 周りが Cちゃうか?
言われた時は どうするの?

シンプルに 最終的には

一番ウケるやつですね。

その… 好きだから
これ入れたいは

賞レースにおいては
削ってますね。

へえー!
(伊藤)めっちゃ面白いって

自分で思ってても あんま
はまってないなと思ったら…。

(ヒコロヒー)へえー!
へえー!

いや すごい。 それが やっぱ
できないんですよ 私 もう。

3回 試して 3回 スベっても

いや もう おもろいやん!
で やっちゃうんですよ。

だから そういう事かも
しれないですね。

…だと思うんですよね。

すごいわかる。
変な盛り上がり方してる。

そろそろ THE Wとかでしょ?
(ヒコロヒー)そうですね。

いや でも ちょっと
いろいろ 話 聞いて…。

まあ 自分が心中できて
継ぎはぎして

ウケまくるやつ この3つで…。

やめた方がいいよ。
やめた方がいい。

〈ここまで さまざまな個性ある
ツッコミを見てきましたが…〉

(柴田)もう本当に…
こういう風になるんだな。

(一同 笑い)

「使た事あるやろ」って…。

〈角度が鋭い
小籔君の関西ツッコミを

皆さんに当ててもらいます〉

〈お題は こちら〉

(チャイム)

〈胸には 「このあと塾」と
書かれていますね〉

〈さあ 小籔君は このお題に
なんてツッコんだのか?〉

〈小籔君になりきって
ツッコみましょう〉

(一同 笑い)
(富澤)ああ でも…。

ハハハハ…!
俺のモノマネっていうより

モノマネしてる人の
モノマネやんか それ。

ああ…。
(ヒコロヒー)ああ…。

(一同 笑い)
(ヒコロヒー)面倒見いいですね。

いや 難しい…。

ああ…。 違う?

みんな
いいですね。

(ヒコロヒー)ああ…。
違う。

言いそう!
言いそうやけど ちゃう。

おお… おお…。

(ヒコロヒー)ええー!
(富澤)あっ やっぱり。

ああー! すごいね!
すごい!

すごい!
すごい 当たった。

ちょっと なんか…。

やめてよ 首 縦に振るの。

(一同 笑い)

忘れてへんやん…
忘れてないんやなと。

〈現在 新喜劇で 座長として
活躍している小籔君ですが

実は 20年以上前は
漫才コンビとして

活動して
いたんです〉

〈解散してから
誰かと組もうとは

思わなかったのでしょうか?〉

小籔さんは
一緒にやってみたい人とか

いるんですか?
いや それは もう

考えた事ないよね。
ああ…。

へえー…。

毎年 M-1見てたら
いつも 羨ましいなって思うから。

中川家さんの時から
ずっと羨ましいもん。

あっ そうですか。

俺らからしたら
もう 考えられへんから。

それぐらい切羽詰まって
懸けてたんやな

一生懸命
やりはったんやなと思って

毎年 見てたら
ファイナリストとか

まあ… 決勝
いかれへんかった人らとかも

泣いたりしてるやん。 こんだけ
一生懸命 突き詰めてるん

羨ましいなって思うから。
そんな…。

ええー? いや でも…。

いや そんなん…。

なんで そんな言い方するの?

(一同 笑い)
(富澤)見てるわ。

でも 新喜劇 出してもらった時に
すげえなと思ったの。

でも 俺も入って
稽古 2回ぐらいしかやらないの。

確かに。
(柴田)それで もう 全員 本番。

そうですね。
そんな

多岐にわたる
お芝居じゃないというか。

大体…。

そんなんしか言わへんから
たまに 弁護士の役 バーンきて

民法何条みたいなん
4行ぐらい言え 言われた時は

もう 目むいて
こうなったけど。

すごいよね 新喜劇の皆さん。
すごいと思わない?

いきなり こう もう1回 ゼロから
芸人 始めるってなったとしたら

一発目から 新喜劇 入ります?

それとも 漫才師になります?
ああ コンビでね。

もともと 漫才師やったから
やっぱり…。

ええー!
えっ?

吉本の偉いさんに呼び出されて

今度 冬に
M-1いうの できんねん。

お前ら 頼むぞ みたいな。
頑張れよ みたいなの言われて

ありがとうございますって
言うてたけども

解散するの決めてたから。
(柴田・ヒコロヒー)ええー!

ええー!
そのタイミングだったんですか。

はい。 だから
そんなんあんねや ええなあ。

まあ でも 相方 やめるって
言ってるしと思って

新喜劇 入ってるから
そういう その なんていうの

憧れというか 出たかったなと。
まあ そんな 決勝なんか無理よ。

無理やけど チャレンジ
したかったなとかは思うけど。

だから 俺 解散して…

でも
この世界に残るってなった時の

漫才師を選ばへんかった理由は…。
すごい。

〈本日のスペシャルゲスト

「私も
参加させていただいております

『Doctor-X』は 毎週木曜
よる9時放送でございます」

「僕は 野村萬斎さん演じる
蜂須賀内科部長の腰巾着として

米倉涼子さん演じる大門未知子と
日々 戦っております」

「よかったら ご覧ください」
(柴田)「よっ!」

(大門未知子)
100パーセント 失敗しないので。

俺 解散して…

でも
この世界に残るってなった時の

漫才師を選ばへんかった理由は…。

ああ…。

だから
ピンか新喜劇っていうのは…。

そのトラウマがあるから
選んでないだけで。

それは 新喜劇もあれやけど
漫才とかコントとかは

見てて
すごい ええなって思う。

やるんだったら 次。

もし これから
なんか 新喜劇がなくなったと。

で 漫才で 結果出さな
お前 クビなとかって

吉本に言われて。

でも 家族はおる 家賃もいる
ってなった時は

ツッコミになるんかなという。

生々しい…。
(ヒコロヒー)それによって変えていく。

手堅くいくなら… 手堅くいくなら
そっちかなというか。

(富澤)へえー。
(柴田)へえー 面白い。

あるんだな いろいろ。
例えばの話ですけど。

(林)さあ 皆さんは
いかがでしたでしょうか?

いや 楽しかったですね。

ほんで また この皆さんの
ツッコミの違いみたいなんを…。

楽しかったですね。
めちゃくちゃ面白かったですし

ちょっと…。

へえー!
(ヒコロヒー)やらない?

(ヒコロヒー)私 主役で。

〈次回の『お笑い実力刃』は

コントと漫才 両方できる
若手実力刃芸人が集結〉

俺の事 見えてる?
うん?

これ 信じてもらえないと
思うんですけど 今の…。

〈この番組を
もう一度 見たい方は

TVer TELASAで配信中〉

〈更に 過去の放送を見逃した方は
テラサで配信中〉

〈ぜひ
チェックしてみてください〉

〈次回の『お笑い実力刃』は…〉

〈若手実力刃
お笑い二刀流スペシャル〉

〈コントと漫才 両方できる
若手実力刃芸人が集結〉

ちょっと 父ちゃん…。

♬~(2人)「門限 守って 偉いね」