それって!?実際どうなの課[字]【生瀬の野望に藤木直人が参戦!マグロで一獲千金狙え】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

それって!?実際どうなの課[字]【生瀬の野望に藤木直人が参戦!マグロで一獲千金狙え】

世の中のウマイ話を検証するドキュメントバラエティー!

【生瀬勝久&藤木直人がマグロ釣りで一獲千金狙う!!】
【ピカソの絵を持つお金持ちって、一体どんな人!?】

出演者
【MC】生瀬勝久

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)/藤木直人
番組内容
①【生瀬勝久&藤木直人 マグロ釣りで一獲千金!】
番組MCの生瀬課長が、夢の別荘購入を目指し、世の中のウマイ話に便乗してお金を増やすこの企画。
今回は生瀬課長の事務所の後輩、俳優・藤木直人さんが初登場!!
巨大なマグロを釣り上げ一獲千金を目指す!
番組内容2
②【ピカソの絵を持つお金持ちって、一体どんな人!?】
どうなの課・下世話調査担当の大島寅さんが取材!
ピカソの絵を所有している人って、果たしてどんな人物でどんな生活をしているのか?
制作
【構成】松本建一【演出】立澤哲也【企画・プロデュース】簑羽 慶(中京テレビ)
URL
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
情報/ワイドショー – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 大島
  2. 藤木
  3. マグロ
  4. 森川
  5. ハハハ
  6. ピカソ
  7. 絵画
  8. アート
  9. 今回
  10. 課長
  11. アジ
  12. スタッフ
  13. テーブル
  14. 購入
  15. 作品
  16. 生瀬
  17. kg
  18. リビング
  19. 華丸
  20. 実際

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



<あの…>

(大吉)あっ!
(森川)あ~っ!

(森川)別荘ほしい!
悪い顔してる。

<別荘 購入を目指し…>

<…この企画>

<題して>

(森川)久々だ。

(華丸)悲しかったな
これは。

<ここまで自前の切手コレクションを
売って作った

5000円を元手に>

<趣味である釣りで
金儲けを たくらむ課長>

<前回 女優…>

<…してもらったものの>

<出費が かさみ 現在の…>

<そこで今回は
借金 一撃返済を目指し

超 大物を狙う>

<それが>

お~っ!
(大島)え~っ。

<巨大なマグロを釣り上げ…>

(生瀬)…を 呼んでおります。

<そう 今回も…>

誰だ?

ハハハ…[笑]

(森川)え~っ!

藤木さん?

(藤木)おはようございます
藤木直人です。

<「どうなの課」初登場!俳優…>

会員証できてる!

<海の男たちの

マグロを かけた戦いに参戦>

<マグロで…>

(生瀬)さぁ 始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です
よろしくお願いします。

(大吉)よろしくお願いします。
(森川)よろしくお願いします。

「生瀬の野望」今回は
マグロ釣りに行ってきました。

(大島)へぇ~っ。
釣り。

いやいや…。

<俳優タッグで…>

…なっていただくということで。
(藤木)はい。

…ということで。

おばたのお兄さんとは
ちょっと違う感じで。

<実は課長と藤木さんは 同じ…>

<つまり今回は…>

<数々の映画・ドラマに出演し

バラエティー番組の司会もこなす
藤木さんは 実は…>

(藤木)はい。

そうそう[笑]
(藤木)ハハハ…[笑]

(藤木)そうですよね。

ハハハ…[笑]

マグロ!

いや本当に。
(藤木)はい。

<やって来たのは
相模湾をのぞむ…>

<それでは早速…>

<ちなみに
釣り好きの藤木さんは

私物の おしゃれ
ライフジャケットを持参>

(藤木)おはようございます。

<以前も お世話になった
よしひさ丸 橋親子>

<ちなみに父 稔さんは 元…>

そうだよ。

そう!

<これが…>

<勝久君が船長となり 活躍中>

<今回 狙うマグロは…>

<釣りには竿を餌代を含め

1人 1万7500円かかる>

<つまり 2人で…>

1kgあたり1000円?

<そして…>

何?これ。

(藤木)ウソ!

だから これが…

どのぐらいまで?

75kg?
(勝久さん)75kg。

<何と…>

<これは…>

<キハダマグロは
平均的なサイズでも

ゆうに40kgを超える>

<つまり…>

<今までの負けを
チャラにできる…>

<それでは船へ乗り込み…>

ハハハ…[笑]

<いざ!>

(勝久さん)はい。
あ~っ。

<マグロがいるポイントまでは
およそ1時間>

(スタッフ)ちなみに…

そう!

(藤木)うん。

(藤木)はい。
やっぱり…

(藤木)はい。

そう いや だから…

(藤木)ハハハ…[笑]

でも…

だから…

先輩だから…

(藤木)はい。
きょうは。

<そう 昭和・平成の…>

<そして…>

お~っ!

…とかも。
(藤木)そうですね。

(藤木)そうなんですよ。
絶対。

(藤木)います。

<すると そこには…>

<この何十隻 全てが…>

<集まった…>

<しかし マグロを
釣り上げられるのは たった…>

<では ここで
マグロの釣り方を説明しよう>

(華丸)みんな じゃあ
狙ってるんだ。

<餌は こちらの…>

<仕掛けに詰めたオキアミを

海中で ばらまき>

<食いついたマグロを
釣り上げる…>

<…という手法で行う>

<しかし マグロ釣りは…>

(勝久さん)ずるずるって…

30kg級だったら100m
ぐらいで止まるんですけど。

(勝久さん)強引にやっちゃって
かまわないです。

全然 うわ~っ。

<…を持つマグロとの

力比べに勝った者だけが

大金を手に入れることができる

ハイリスク ハイリターンな闘い>

<現在の時刻は…>

おっ!

(藤木)45。
あっ 45に反応。

<さぁ!>

<まずはアタリを待つ>

<すると早速 課長に!>

(藤木)えっ?

うん。

<魚の…>

エサ取られた。

<船の下に…>

わ~っ100m 出してほしいな。

<マグロを探し
ポイントを変えていく>

でも 反応は出てるわけでしょ?

ぽつぽつ いるっていうことは。

(藤木)これでも…

集まってくるだろうね。
(藤木)ヤバイですよね。

<しかし
その後…>

あれ?でも…

<そう!マグロといえば…>

<ちなみに この大間の
巨大なマグロの品種は…>

<マグロといっても
種類は さまざま>

<日本で一般的に流通する
マグロは

大きく5種類>

<中でもクロマグロは
最も高級品とされ>

<脂が たっぷりのった…>

<…で 取引される>

<ちなみに今年もやります
一番マグロ!>

<そして回転ずしで
ビンチョウマグロや

ビントロと呼ばれるマグロは>

<正式名は…>

<小型で やわらかい食感が特徴>

<今回 狙うキハダマグロは

黄色みを おびており

しっかりとした赤身が特徴>

<比較的 小型で 釣りで狙うのは
主に このマグロ>

<そして>

<実はカツオも
マグロの仲間>

<実際…>

<英語では
両方「ツナ」と呼ばれる>

(藤木)僕だから…

大学生だ。

あ~っ すげぇな。

(藤木)そうですね。

…だったりして。

(藤木)…の 方ですもんね。
そう。

そうそう[笑]

<同じ事務所という
だけでなく…>

「GTO」だ!そうだ。

…デビュー。

(藤木)お巡りさん そうです。
お巡りさんだ。

<アタリを 待ち続けるが

なかなかマグロは食いつかない>

<周りの船にも動きは なく>

<マグロが動き出す瞬間を待つ>

うん。

<すると ここで>

<時刻は チャンスタイムの
9時を回った>

<すると>

<ついに…>

(藤木)どこ?

マジか。
船の上に。

<マグロが かかった船は
回転灯を回し

周りの船に
知らせなければ ならない>

<広範囲を暴れ回るため

ほかの糸と絡まないように
警戒を促すのだ>

えっ えっ…?

スイッチが入ったね。

おぉ~ 光ってる。

<我々の竿に…>

<そう!今…>

そういうことじゃないの
ロマンだから。

<さぁ!ここで…>

<マグロが食いつく気配は ない>

<…2人>

<船上に…>

アタらないと こうなるんよな
釣りロケは。

切り取るからだよ!

<さらに>

(大島)ハハハ…[笑]
聞こえないフリ。

何て答えれば
いいの?

(森川)ハハハ…[笑]

<ついに 課長は
ロケ中にも かかわらず>

ハハハ…[笑]

寝る?

ハハハ…[笑]
あ~ あ~。

いや だから 移動してる…。

<そして…>

ヤバイよ!
あと2時間ですよ。

(森川)早い!

<VTRの…>

そう
「藤木さんといえば」なのよ。

<藤木さんの特技
ルービックキューブを用意>

(藤木)僕 何か…

(藤木)そうしたら そこに…

これ もう むちゃくちゃ 今。

よ~い ドン。

マジで 船の上で
するものじゃないよ これは。

<尺は もう
たっぷり余っているので

ノーカットで ご覧いただこう>

いや でも すごいよな
回し方が もう すごいもんな。

すごい 本当。
(森川)あっ すごい。

意味が分からない。

(森川)でも もう
揃い始めてる。

(大島)本当だ。
気持ちいいよな。

お~っ。
(森川)あ~っ すごい。

あっ!もう くるよ。
(森川)あ~ すごい!

(藤木)はい。

(森川)あっ すごい!
(大島)え~っ!

<なんと…>

(森川)いいな これ
やりたいな。

(大島)ヤバイ
やりたくなってきちゃった?

(森川)やりたく
なっちゃいます。

うわ~っ!

(藤木)うらやましいな。
かけたい。

(大島)うわ~っ!
すごい。

<周りには 既に
マグロを釣り上げた 船も>

そうそう!いるわけだからね。

<そう!>

<1匹かかれば
カネも 撮れ高も

一気に逆転できるはず>

<マグロを釣り上げるには
運も重要な要素>

<1匹も…>

<…も ある>

<こうなれば もう
最終手段に出るしか ない!>

(森川)ハハハ…[笑]
出た!

<そう…>

釣れたんだよね
これ。

<前回の釣り企画で
尺稼ぎのために行ったのだが>

僕は「D」!「D」

(仲間)「A」!「A」の せっけん。
おい!

(仲間)えっ?

<なぜか クイズを きっかけに
魚が釣れだした>

(大島)そうだ。

<ということで…>

はい。

(スタッフ)こちらの漢字
何という お魚でしょう?

あ~っ!

そう!いや あると思う。

憧れ?
(藤木)えっ?

<まだ…>

(藤木)あ~っ!旗?

カジキだ!

<藤木さん 見事 正解!>

<続いて…>

はい[笑]

<今度こそ 来るか?>

ツナが逆立ちしてるから。

(スタッフ)正解です!
(藤木)いやいや俺でしょ。

来た?来た?

(森川)あっ
終わっちゃった。

(藤木)やっぱり…

<万策尽き 時刻は…>

<ここで…>

いや~っ…

<しかし…>

やった!

<少しでも カネを稼ぐため…>

<何も釣れなかったら…>

<しかし…>

<ここから釣れる魚を探し
船を走らせる>

<そして…>

<さぁ!ここから…>

58m?

<すると!>

<糸の先に…>

<果たして 何が かかったのか>

クエか何か 来い!

<釣れたのは?>

やっとだよ!

<アジだ!>

<サイズも大きい!>

<そして 藤木さんの竿にも>

(藤木)よいしょ~!
ハハハ…[笑]やっと。

<アジ!>

<すると ここで…>

(藤木)はい ありがとうございます

(藤木)おぉ~!

…が 釣れました。

ハハハ…[笑]

<さぁ!>

(藤木)よいしょ!

<そして 最後に>

ちっちゃい サメ?
(藤木)そう。

あ~っ!

<サメが釣れ ここで終了時間>

<ということで…>

せ~の ドン!
(藤木)う~ん。

(大島)すごい。

ハハハ…[笑]
課長!

<合計 アジ6匹!>

<それでは…>

<こちらは 港まで魚の
出張買い取りをしてくれる…>

(藤木)いや いいアジだ。
立派じゃないですか?

ハハハ…[笑]

(上田さん)1.96ですね。

<合計は…>

<買い取り金額は 果たして?>

(上田さん)全部で…

(藤木)えっ?

<アジは kg単価1000円>

<買い取り金額は 1960円>

<ということで>

<なんと!
借金が倍増してしまった>

でも…

(藤木)したいです。
まずね。

直人君は
ウチに入ってもらいます。

(藤木)ハハハ…[笑]
組合の社員として。

(藤木)いつでも
呼んでください。

ハハハ…[笑]

ハハハ…!

カメラマンの女の子が[笑]

<夢の別荘 購入を目指し…>

(大島)ハハハ…[笑]
いや 本当。

…してましたね。

(森川)…私も。

(一同)ハハハ…[笑]

<皆さん…>

うん?オーロラ。

<部屋の中に
100インチ以上の…>

あっ!100インチ?

(森川)見たことない[笑]

<そして 室内プールが
完備されている家や>

<映画や ドラマなどでは
見たことは あるが

実際に そんなモノを持っている
家で生活をしている人を

見たことが ない>

<そこで 我々は

めったに お目に かかれない
モノの持ち主を…>

徹底リサーチ>

<すると とんでもないモノを
持っている人が見つかった>

<それが>

<誰もが ご存じ
ピカソの絵画の持ち主は

どんな人物で どんな生活をし

そして どんな場所に
飾っているのだろうか?>

<調査するのは>

寅さんなんだ。

<どうなの課…>

(スタッフ)今回なんですけど…

<そう ピカソといえば
誰もが知っている…>

<その絵画は
オークションで…>

<…で 落札されるほど>

(大島)じゃないと…

<大島寅さんが想像する…>

(大島)そりゃあ…

(大島)何か そういう…

…してるのかな?なんて。

<多分 大島が…>

<大島が…>

<こちらが…>

若いよ。
男前だな。

お医者さん…?

ぽいですね。
ねぇ?何か。

<そんな礒さんは 何者なのか>

<そして どんな生活を
しているのか 探っていこう>

<まずは…>

(大島)え~っ えっ?
こざっぱりしてますね。

(森川)あ~っ ビックリした。

<突然の礒ギャグに…>

(大島)あっ!

(大島)えっ そんな…

<ということで ピカソの前に…>

(礒さん)まさか…

(礒さん)あっ これこれ。

(大島)「きりん いそざき」って
書いてある!

ちょっと…

<さらに こちらの 先ほど…>

(大島)このソファと
この後ろの このボコボコは

一緒なんですか?
(礒さん)そうですね。

(大島)何?このアート。

(礒さん)訳わからないですね。

そうみたいですね だから…

<それでは…>

いや 場所 取るな。

えっ?
クッションなんだ。

(礒さん)ねぇ。

<そんな ほぼ使っていない…>

うわ~っ。

(礒さん)120万円。
(大島)え~っと…

(礒さん)座らないソファ。

はい。

120万円。

<そう これは
礒さんに とっては…>

<続いての調査は リビング
すると>

<ついに…>

(大島)ほら ピカソっぽい。

(礒さん)じゃないですね。

<こちらの特徴的な作風の絵画>

<…さんの 作品>

(大島)「7」の。

(大島)何て言うの?

<そう こちらの作品に
はり付けられているのは

ガーナの…>

<…が込められている>

<そして そのメッセージに
共感した

名だたる方々が作品を購入>

<その値段は…>

<…の値がつくほど>

<ちなみに こちらの…>

(大島)だから…

(礒さん)そう。

<そう 常に…>

<…ものと言われているため…>

<さらに>

<値崩れしづらいアートは

現在 投資でも注目されており

その市場は世界規模で

年間7兆円とも言われている>

<アートの裏事情を知った大島>

<調査 再開 リビングへ>

(大島)お邪魔します。

<こちらがピカソの持ち主
礒さんの家の…>

イスが。

<…のデザインが目に映る
部屋の広さは…>

<そして大島が気になったのは>

デカい。
(森川)大きい。

(スタッフ)デカい[笑]

<なんと その…>

えぇ~!

<このリビングの大半を
占めているテーブルは

イタリアの
高級家具メーカー製で

その お値段…>

<これだけ長いテーブル>

<礒さんは…>

誕生日席?

(大島)はい。

こっちじゃないんだ。
キッチン?

(森川)えぇ~!

(大島)ハハハ…[笑]

<そう この ほとんど使わない
およそ150万円のテーブルも

礒さんにとっては
アートの1つ>

<そして 先ほどからテーブルの
上に置いてあったものは…>

<その お値段…>

<さらに>

(礒さん)…ていう場所があって…

<アート知識から
突然 始まった…>

どこだ?

(大島)下。

<そう この巨大なテーブルを
支えているのは

重さ…>

<その搬入方法が こちら>

<クレーンで つり上げ 男性…>

<続いて大島 再びアートを発見>

(大島)ピカソ?

孫さんね。

(礒さん)そう やっぱり…

(礒さん)あれだけ…

(礒さん)…と思って。

<そう 礒さんは…>

<その 何かは のちほど>

<このあと 大島はリビングに
併設されているキッチンで…>

(礒さん)はい どうぞ。

立って食べるくらいやからな。

(大島)あっ!

あっ!あっ すごい でも…

<これは
「どうなの課」調べだが…>

<そして
礒さんのアート好きは

こんなところまで>

(大島)広い。

(大島)これ…

<なんと 先ほどのアートな…>

<この2台で お値段…>

(礒さん)僕が…

(森川)筋トレ?
どこで?

<もはや…>

(大島)やっぱり。(礒さん)そう。

<そう 礒さん 私服は

ARMANIが お気に入り>

(大島)お洋服は。

<購入時 モデルが
実際に着て見せてくれたり>

<併設されているレストランに
招待されるという>

<すると大島…>

(大島)ちょっと失礼します。

<果たして…>

(大島)「ピカソ トロス」

<発見したのは
「ピカソ」と書かれた箱>

<まさか ピカソを…>

(礒いや…

<このあと 念願の…>

<果たして どんな絵画なのか?>

(礒さん)こちらになります。

<それでは いよいよ…>

(華丸)何?これ。

<そう これこそが
礒さん自慢の お宝>

<ピカソの絵画 その名も…>

<一見すると
素人目には分からないが

一体 何が描かれているのか?>

これ野球選手の
サインじゃないの?

(礒さん)闘牛って ほら オーレ!

マントやって 最後 ほら
とどめ刺すんですよね。

終わった後って。

(礒さん)多分。

<スペイン語で…>

<左から闘牛と

馬の上から槍を刺す

闘牛士たちが描かれており

その下には観客たちの姿も>

<スペイン生まれのピカソは

国技である闘牛を
モチーフにした作品を

多数 残している>

<この作品も…>

<…と言われている>

(大吉)15万?

<そう 実はピカソ

絵画の他にも
版画や彫刻も制作しており

なんと その…>

<その数は 最も多作な
芸術家として

ギネス世界記録にも
なっている>

<礒さんは…>

<なんとなく…>

<…と言う礒さん>

<しかし そこから
アートへの尊敬の念が高まり

購入に至ったという>

(大島)これは でも…

<ちなみに こちらのお値段も

価値が固定されてしまう
恐れがあるため内緒>

(森川)一括!?

<このあと
ピカソの絵画の所有者

礒さんの正体が明らかに>

(大島)礒さん では…

(大島)あぁ~!

(礒さん)そうですか?

<そう 礒さんの職業は

不動産投資をメインとした
コンサル業>

<主に立地が悪い古びた物件を
購入し修繕>

<そして安い家賃で貸す方法を
多くの人に教え

日本の空き家問題の解決にも
ひと役 買っている>

<そんな礒さん…>

(礒さん)ですよね。(大島)はい。

(礒さん)…だと
思うんですよね。

<そう No.1の絵画を
身近に置くことで

自らもビジネスの世界で

No.1を目指す意気込みの
表れだという>

<そんな…>

(大島)はぁ~っ!

<なんと 個人経営で…>

<最後に皆さん一度は
思ったことがある アレを調査>

<…と頼み込めば…>

<…のではないか?>

<果たして
ピカソの絵画の持ち主…>

(大島)あららら…!

<果たして…>

(大島)何だろう?
何 持ってきてくれるんだろう?

(生瀬)靴?

(大島)あららら…!

<ARMANIの…>

<ということで お金持ちの
絵画事情を少しだけ知れた

大島寅さんであった>

(大吉)僕は ちょっと…

何か あるんでしょうね。

(大島)私は ちょっと…

すみません。

(華丸)これはね。
感性。

(♪~)

(♪~)